熊倉 和歌子 (クマクラ ワカコ)

Kumakura, Wakako

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (三田)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年09月
    -
    2007年09月

    カイロ大学文学部歴史学研究所, 特別研究員

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    東洋文庫, 日本学術振興会特別研究員

  • 2014年04月
    -
    2016年05月

    東京大学, 附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門, 特任研究員

  • 2016年06月
    -
    2018年03月

    早稲田大学, イスラーム地域研究機構, 研究助手

  • 2018年04月
    -
    2022年03月

    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 助教

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1998年03月

    茨城県立土浦第一高等学校, 普通科

  • 1998年04月
    -
    2002年03月

    お茶の水女子大学, 文教育学部, 人文科学科

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

    お茶の水女子大学, 人間文化研究科, 人文学専攻

  • 2005年04月
    -
    2011年03月

    お茶の水女子大学, 人間文化研究科, 比較社会文化学

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / アジア史、アフリカ史 (イクター制・徴税制度)

  • 人文・社会 / アジア史、アフリカ史 (ナイル水利灌漑・農業・土地制度)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • エジプト

  • エジプト史

  • オスマン朝

  • マムルーク朝

  • 土地制度

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • イスラーム信頼学へのいざない

    黒木, 英充, 後藤, 絵美, 東京大学出版会, 2023年03月,  ページ数: vi, 282p

    担当範囲: 第10章「見えないつながりを描き出す:デジタル人文学の可能性」

  • 中世エジプトの土地制度とナイル灌漑

    熊倉, 和歌子, 東京大学出版会, 2019年02月,  ページ数: vii, 286, 22p

     概要を見る

    エジプトの支配がチェルケス・マムルーク朝からオスマン朝へと引き継がれる16世紀にかけて,土地制度やナイル川の灌漑の維持管理にはどのような変化と連続性があったのか.詳細な史料分析に基づき,イクター制を正面から捉えることによって,エジプトにおける支配・被支配をめぐる統治体制の展開を明らかにする.

  • International seminar on Islam and multiculturalism : history, challenges and prospects

    秋山, 徹, 熊倉, 和歌子, 杉山, 隆一(イスラーム研究), 早稲田大学イスラーム地域研究機構, Organization for Islamic Area Studies, Waseda University, 2017年,  ページ数: 138 p.

  • 歴史学と、出会う—41人の読書経験から—

    熊倉 和歌子, 青木書店, 2015年05月

    担当範囲: 佐藤次高『中世イスラム国家とアラブ社会—イクター制の研究—』

  • 比較文化事典

    熊倉 和歌子, 明石書店, 2015年02月

    担当範囲: 「アラブの春」「イスラーム主義」「ウラマー」「ウンマ」「オリエンタリズム」「サダカ」「サラフィー主義」「シーア派」「ジハード」「シャリーア」「ハッジュ」「ハディース」「ハラール食品」「ファトワー」「フトバ」「ポスト・コロニアリズム」「ムスリム」「六信五行」「ワクフ」

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 国会図書館デジタルコレクションがつなぐエジプトと日本、そしてリン鉱石

    熊倉和歌子

    人文情報学月報 141 2023年04月

    筆頭著者

  • 祈りと医学:中世ペスト禍の中東地域の人々

    熊倉 和歌子

    FIELDPLUS 25   19 - 19 2021年01月

    筆頭著者

  • 書評 加藤博著『アブー・スィネータ村 : 個人史のなかのエジプト村落論』

    熊倉, 和歌子

    社会経済史学 (社会経済史学会)  87 ( 3 ) 304 - 306 2021年

    筆頭著者,  ISSN  00380113

  • 《巻頭言》「VRは歴史学に何をもたらすか:Qalawun VR Projectの試み」

    熊倉和歌子

    人文情報学月報 111 2020年10月

    筆頭著者

  • 巻頭特集緒言

    熊倉和歌子

    FieldPlus 23 2020年01月

    筆頭著者

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Turbulence at the End of the Fourteenth Century as Seen in the Inventory Estate of a Khorasan Merchant

    Wakako Kumakura, Omar Ali

    Archival Practices Materialised: The Persian and Persianate Documents (13th-14th centuries) from al-Ḥaram al-Sharīf in Jerusalem, 

    2023年09月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • Oriental Despotism or Bottom-up Approach? A Discussion on the Irrigation Maintenance System of the Nile in Ottoman Egypt

    Wakako Kumakura

    The Seventh Biennial Conference of East Asian Environmental History (EAEH 2023), 

    2023年06月
    -
    2023年07月

    口頭発表(一般)

  • あるホラーサーン商人の遺産関連文書にみる14世紀末の動乱

    熊倉和歌子, オマル・アリー

    シンポジウム「 中央アジア・西アジア文書研究の最前線 --ハラム文書研究事始めによせて」, 

    2023年03月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • エルサレム・沖縄・クセイルで考えたこと:デジタルアーカイブ学会セッション「文脈をアーカイブする」を踏まえて

    熊倉和歌子

    コモンズカフェ, 

    2022年12月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Morphological Analysis of Nineteenth-century Cairo

    Naoko Fukami, Susumu Sato, Yuta Arai, Takenori Yoshimura, Yuko Abe, Wakako Kumakura

    The 1st International Conference of Remote Sensing and Space Sciences Applications, 

    2022年12月

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 政治中心の移動と水系:アフロ・ユーラシアにおける集団・国家の形成と拡大と首都圏

    2023年04月
    -
    2027年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 舩田 善之, 長峰 博之, 井黒 忍, 宮野 裕, 中村 篤志, 岩田 啓介, 中村 和之, 熊倉 和歌子, 諫早 庸一, 基盤研究(B), 研究分担者

     研究概要を見る

    本研究は、10世紀から20世紀初頭のアフロ・ユーラシア地域における諸集団・国家の形成と拡大の重要な要因を、政治中心の移動と首都圏に見出し、それらの類型化と比較を行う。政治中心ないし首都圏の範囲・立地と水系の関係に焦点を当てることにより、植生・環境・資源などの要素も分析対象に含めつつ、それらの歴史的展開のダイナミズムを提示する。

  • マムルーク朝時代のエルサレムにおける遺贈戦略と国家の対応:ハラム文書コレクションの解読

    2022年09月
    -
    2023年08月

    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 共同利用・共同研究課題(外国人客員共同研究型), 共同利用・共同研究課題, 研究代表者

  • ハラム文書に含まれるペルシア語文書の解読と研究

    2021年04月
    -
    2025年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 川本 正知, 磯貝 健一, 矢島 洋一, 伊藤 隆郎, 佐藤 健太郎, 熊倉 和歌子, 近藤 信彰, 磯貝 真澄, 基盤研究(B), 未設定

     研究概要を見る

    1970年代にイェルサレムで13-14世紀に書かれた900点ほどの「ハラム文書」とよばれる文書群が発見された。
    その中の28点のペルシア語文書の研究はいまだ行われていない。また、14点のアラビア語文書は、28点のペルシア語文書とイラン北部の地名、文書形式、発行年代が共通し両者は一つの文書群をなす。
    当研究は、これら42点の文書を解読し、テキストを作成し、翻訳し、既知の文書や既刊の文書集と比較・対照し、その結果をもとに国内外の文書研究者と議論し、それらの文書の資料的価値を決定し、研究成果を解説を付した資料集として出版し、13-14世紀モンゴル支配時代イランの社会史研究の基礎的資料とする。
    当科研研究は2021年4月にはじまったが、文書を読解していくためにはまず東洋文庫所蔵の2000枚ほどのハラム文書のマイクロフィルムから、この科研で読むPersian文書とPersianate文書42点を選び出して焼き付けて研究分担者が共有しなければならなかった。このためには研究代表者が4月に東洋文庫を訪れて写真を選定してその焼き付けを申請する予定であった。しかし、幸いなことに2021年1月に東洋文庫が所有するマイクロフィルムのPDFが、そのオリジナルの所有者であるカナダのMcGill Institute of Islamic Studiesからオンライン上に上げられた。それをダウンロードし、PDFを全てをJPEGにして、全員が共有するクラウドDropboxの共有ファイルに収納し、それによって全てのハラム文書写真を全員が共有することができた。そして2021年7月から8月にかけて、3週間奈良大学の大学院生1名を雇用してデータベースソフトFile Maker Pro2に、Donald P. Littleによるカタログ(Beirut, 1984)情報とともに全ハラム文書のJPEGを貼り付け、ハラム文書のデータベースを完成させた。
    9月以降、Dropboxの共有ファイル中のJPEGおよびデータベースをつかって月一回のペースでZoomによる研究会をひらいて文書を読み進め、現在まで予定の42点の文書中Persian7点、Persianate3点を解読した。
    2021年5月に、Zoomによる研究会において研究分担者の伊藤隆郎博士にChristian Muller, Der Kadi und seine Zeugen, Wiesbaden, 2013の内容を詳細に紹介してもらった。
    2021年6月24日に、Konrad Hirschler博士を長とするドイツのハラム文書を研究する3人と当研究会8人でシンポジウムをおこない、今後の研究協力について協議した。
    2021年度はコロナ禍のため対面での研究会が一度ももてず、すべてzoomによるネット会議になったが、分担者たちの協力により月一回の研究会のペースをなんとか維持することができた。
    当初予想していたよりも文書読解は進んでいない。それはpersianおよびpersianate文書が書かれているくずし字のアラビア文字の読解が予想をこえる困難さを伴っていたからである。今後文字に慣れていきさえすれば読解の速度はあがると思われる。
    2022年度は昨年度通り月一回のぺースでネット上での研究会をおこなっていく。
    2022年9月4日(日)から5日間イェルサレムのIslamic Museumで文書調査をおこない、ハラム文書全体のデジタルデータを購入予定。

  • ヒストリカル・デジタルグローブで俯瞰する戦間期アレクサンドリアと横浜

    2021年04月
    -
    2024年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 後藤 寛, 黒田 賢治, 加藤 博, 臼杵 陽, 三沢 伸生, 熊倉 和歌子, 上山 一, 勝沼 聡, 白鳥 圭志, 基盤研究(B), 未設定

     研究概要を見る

    戦間期の国際交易をアレクサンドリアをハブとした物流・人流およびインド洋航路を通した横浜/日本との交易を軸にとらえ直し、グローバルヒストリー研究に立脚した新しい地域研究の視座として戦間期の日本と中東・地中海の関係を明らかにすることを目指す。それとともに、史資料の整理とビジュアル化の新しい方法としてGIS技術を時空間情報の整理・検索・表示に拡張・特化させた「ヒストリカル・デジタルグローブ」と名付けるデータベースを構築し、そこに情報を集約することでデジタルアーカイブの新機軸を目指す。

  • イスラーム的コネクティビティにみる信頼構築:世界の分断をのりこえる戦略知の創造

    2020年11月
    -
    2025年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A), 黒木 英充, 太田 信宏, 長岡 慎介, 野田 仁, 近藤 信彰, 山根 聡, 石井 正子, 熊倉 和歌子, 野田 仁, 長岡 慎介, 太田 信宏, 石井 正子, 山根 聡, 熊倉 和歌子, 近藤 信彰, 学術変革領域研究(A), 未設定

     研究概要を見る

    イスラーム文明は1400年の歴史の中で、人と人の水平方向の「つながりづくり」を発展させて拡大してきた。人・モノ・情報の移動の現場の多彩なつながりづくりを「コネクティビティ」という言葉でとらえ、そこで人と人、集団と集団の間でどのように信頼が構築されてきたかを明らかにする。イスラームの歴史的な国家間関係、人々のしたたかな戦略的行動と思想、世界の紛争現場における平和構築、といった各方面からこれらの問題に取り組む。人文情報学の手法も使い、これまで意識されつつも具体的に見えてこなかった「暗黙知」を明らかにして、現代世界にて深刻化する分断をのりこえるための確かな「戦略知」を提示する。
    イスラーム的コネクティビティをいかにとらえるか、そこで重要となる信頼の問題をいかなる形で設定するべきか、といった本プロジェクトの基本的枠組みを確実に共有するために、研究分担者・研究協力者からなる第1回全体集会を2021年1月9日に開催し、領域代表者・計画研究班代表者より研究方針を説明した。特に、コネクティビティを「多方向への関係づくり」ととらえ、そこで信頼を構築する際の「賭け」の要素を重視し、それを過去と現在のグローバルな時空間の中の様々な局面で、各計画研究班の視点で分析すること、そこに現れる「経験知」を取り上げて「戦略知」に洗練し、高めてゆくという基本方針を確認した。
    この方針の下、3月5日にキックオフ・シンポジウムを開催し、各計画研究班からの代表者がそれぞれの班の研究方針を最もよくわかる形で、事例を提示しつつ説明する機会を設け、今後の研究方針を確たるものとするとともに、シンポジウム自体を公開して関連研究者への参画を促した。1月29日には公募研究説明会を開催して、本プロジェクトの概要を改めて対外的に示すとともに、若手研究者に対して積極的な応募を促す機会とした。
    ウェブサイトを設計し立ち上げ、研究情報の公開と蓄積の基盤とした。
    総括班付きの特任助教を公募・採用し、事務局を整備して研究体制を整えた。またコロナ状況下での円滑なプロジェクト推進のための機材の購入、事務局スペースの整備を進めた。ニュースレター第1号を刊行して本プロジェクトの活動内容の対社会発信を開始した。
    中東都市の貴重大型古写真を購入し、デジタル化の計画を立てたほか、日本語訳されたクルアーンの全テクストのデジタル化も開始した。またシビルダイアログ・キャラバン事業の一環として都内保育園における、こどものみならずその親や地域社会に向けた展示と関連企画を開催し、大きな反響を得た。
    コロナ状況下ゆえの海外調査や海外研究者の招聘は不可能となったが、オンラインによる会議を問題なく行うことができた。2021年1月から3月までの3か月間だけでも、全体集会とキックオフシンポジウムを各1回に加えて、ワークショップを15回開催した。特にワークショップは複数班の共催、もしくは本プロジェクト外の科研費や研究会等との共催で行うという原則を立て、それを守って開催したため、本プロジェクト内部での横のつながりが密になるとともに、外部プロジェクトとの関係構築や、外部研究者を招聘してのワークショップ開催による連携研究者の拡大など、順調なスタートをきることができた。こうした活動の活発さについては3月18日に開催した評価委員会(アドバイザリーボード)においても委員から高い評価を受けた。
    各計画研究班の研究分担者を中心としたワークショップを、複数班共催の原則を守りつつさらに進めて全員の研究内容と問題意識をが共有されるようにする。また、オンライン環境を生かして、海外の研究者と結んだワークショップなどを開催し、A01(イスラーム経済)班とB01(イスラーム国家体系)班との共催になる2021年度国際会議の開催を支援する。
    また、海外渡航が可能になった場合に備えて、速やかに海外調査を実施できるよう、プロジェクト内部での情報交換を密に行うようにする。
    研究資料収集やデジタル化、またその技術習得の機会を設け、国内においても新たな研究領域の開拓が可能になるよう、メンバー間の情報交換が一層密になるよう、支援する。

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • Qalawun(カラーウーン)VRプロジェクトからイスラム世界を学ぶ

    熊倉和歌子, 大野健人, 荒井雅子, 橋口望美, 本田佳奈, 高橋奈菜子

    2021年11月
    -
    継続中

    教材

     発表内容を見る

    Qalawun VR Projectのコンテンツを学校教育で利活用するための教材案
    https://trc-adeac.trc.co.jp/Html/UniversalViewer/9900000010/9900000010000020/ws2_grp02#?c=0&m=0&s=0&cv=0&r=0&xywh=504%2C-558%2C1499%2C1409

  • Database of Historical Monuments in Islamic Cairo

    Naoko Fukami, Wakako Kumakura, Satoru Nakamura, Takenori Yoshimura, Katsumi Shishido

    2021年04月
    -
    継続中

    データベース

  • Qalawun VR Project

    熊倉和歌子, 深見奈緒子, 吉村武典, 亀谷学, 久保亮輔, 山田弦太郎

    2020年04月
    -
    継続中

    Web Service

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2020年度地中海学会ヘレンド賞

    2021年12月, 地中海学会, 中世エジプトの土地制度とナイル灌漑

  • 日本学術振興会賞

    熊倉 和歌子, 2021年12月, 日本学術振興会, 中世から近世への移行期のエジプトにおける土地制度とナイル灌漑

  • 地域研究コンソーシアム賞(登竜賞)

    熊倉和歌子, 2020年10月, 地域研究コンソーシアム, 中世エジプトの土地制度とナイル灌漑

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 経済史演習

    2023年度

  • 研究会d

    2023年度

  • 研究会c

    2023年度

  • 研究会b

    2023年度

  • 研究会a

    2023年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 地域と文化

    成城大学

    2020年04月
    -
    継続中

  • 社会経済史(社会経済史II)

    成城大学

    2019年04月
    -
    継続中

  • 外国史

    中央大学

    2018年04月
    -
    2020年03月

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 関東学院大学六浦中学校「地球市民講座」第1回講演

    関東学院大学六浦中学校, 「地球市民講座」(3年生対象), 

    2015年11月
  • 「スーフィー・聖者研究会」(KIAS4/SIAS3連携研究会)共催研究会(2010年3月14日上智大学)

    上智大学イスラーム研究センター, スーフィー・聖者研究会, 

    2010年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 地中海学会, 

    2020年
    -
    継続中
  • 西南アジア研究会, 

    2020年
    -
    継続中
  • お茶の水史学, 

    2002年
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2023年06月
    -
    継続中

    Council Member, Association for Asian Environmental History

  • 2023年04月
    -
    継続中

    理事, 日本中東学会

  • 2018年04月
    -
    継続中

    広報委員, オリエント学会

  • 2015年06月
    -
    2017年06月

    委員, 歴史学研究会