Maekawa, Masashi

写真a

Affiliation

Faculty of Pharmacy, Department of Pharmacy 代謝生理化学講座 (Shiba-Kyoritsu)

Position

Assistant Professor/Senior Assistant Professor

Related Websites

External Links

Profile 【 Display / hide

  • 2013年に東京大学大学院薬学系研究科で線虫遺伝学を用いた膜輸送研究で学位取得後、トロント (カナダ)にポスドクとして2年半留学し、脂質研究に従事。愛媛大学医学部/プロテオサイエンスセンターにて6年間に渡り、医学研究・教育に従事。2021年9月から現職 (慶應義塾大学 薬学部 代謝生理化学講座 専任講師)。

Message from the Faculty Member 【 Display / hide

  • 【研究】リン脂質多様性・コレステロール・膜タンパク質が織り成す生体膜バイオロジーの生理的意義とその仕組みが知りたくて研究を行っています。特に、リポキシゲナーゼ・アシルCoA合成酵素・アシル基転移酵素の脂質代謝 (リピドーム)とタンパク質間相互作用 (インタラクトーム)の解析を通して、ストレス応答/シグナル伝達/細胞膜形態変化/細胞内膜輸送/細胞周期の分子機構解析を行っています。従来の生化学、細胞生物学的手法に加え、コムギ無細胞タンパク質合成系、アルファスクリーン、高深度質量分析法を取り入れて研究を推進しています。生体膜脂質環境を介入点として捉え、医薬品開発に繋がるsolidなbasic scienceを目指しています。

    【教育】慶應義塾大学薬学部の生化学講義/基礎実習/英語演習/卒業研究指導及び、慶應義塾大学大学院 薬学系研究科の大学院生の研究指導を担当しています。

Career 【 Display / hide

  • 2010.04
    -
    2013.03

    日本学術振興会, 特別研究員 DC1

  • 2013.04
    -
    2015.09

    St. Michael's Hispital, Toronto, Canada, 博士研究員

  • 2015.10
    -
    2020.11

    愛媛大学 プロテオサイエンスセンター, 助教

  • 2020.12
    -
    2021.08

    愛媛大学 プロテオサイエンスセンター, 講師

  • 2021.09
    -
    Present

    慶應義塾大学 薬学部, 専任講師

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 2004.04
    -
    2008.03

    The University of Tokyo, 薬学部, 薬学科

    University, Graduated

  • 2008.04
    -
    2010.03

    The University of Tokyo, 薬学系研究科, 機能薬学専攻

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 2010.04
    -
    2013.03

    The University of Tokyo, 薬学系研究科, 機能薬学専攻

    Graduate School, Completed, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • Doctor (Pharmaceutical Sciences), The University of Tokyo, Coursework, 2013.03

    PIPs代謝によるマクロピノサイトーシスの制御機構

Licenses and Qualifications 【 Display / hide

  • 薬剤師免許, 2009.01

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Life Science / Cell biology

Research Keywords 【 Display / hide

  • エンドサイトーシス

  • コムギ無細胞タンパク質合成

  • コレステロール

  • ユビキチンリガーゼ

  • リピドミクス

display all >>

Research Themes 【 Display / hide

  • 無細胞ヒトプロテインアレイを用いたリポキシゲナーゼの活性制御機構の解明, 

    2022.04
    -
    Present

  • 脂質とタンパク質の機能を制御する核酸アプタマーの創出, 

    2021.09
    -
    Present

  • 酸化リン脂質の生合成経路と生理機能の解明, 

    2021.09
    -
    Present

  • マクロピノサイトーシスの新規分子機構の解明, 

    2021.09
    -
    Present

  • DNA複製を制御する新規脂質分子の同定と機能解析, 

    2021.09
    -
    Present

 

Books 【 Display / hide

  • 月刊「細胞」(がんの進展における血管新生と免疫)

    前川大志, 2021.01

    Scope: CUL3型ユビキチンリガーゼ複合体が制御する血管新生と腫瘍増殖研究の進展

  • 細胞工学2月号 エンドソームの多彩な機能

    前川大志, 2015.01

    Scope: PIPs脱リン酸化酵素が制御するマクロピノソームの形成機構

Papers 【 Display / hide

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • HER2陽性乳癌細胞におけるEGFRフォスファターゼ活性化の新規メカニズム

    西山加那子, 西山加那子, 西山加那子, 前川大志, 前川大志, 中山淳, 村上朱里, 村上朱里, 亀井義明, 亀井義明, 高田泰次, 東山繁樹, 東山繁樹, 東山繁樹

    日本癌学会学術総会抄録集(Web) 80th 2021

  • The novel role of SPOP in regulating topoisomerase 2A in prostate cancer cells as a potential therapeutic marker for DNA repair targeted therapy

    渡辺隆太, 渡辺隆太, 前川大志, 前川大志, 檜枝美紀, 田口友彦, 三浦徳宣, 菊川忠彦, 東山繁樹, 東山繁樹, 雑賀隆史

    西日本泌尿器科学会総会抄録集(Web) 73rd 2021

  • SPOP is essential for DNA-protein crosslink repair in prostate cancer cells.

    渡辺隆太, 渡辺隆太, 前川大志, 前川大志, 檜枝美紀, 田口友彦, 三浦徳宣, 三浦徳宣, 菊川忠彦, 菊川忠彦, 雑賀隆史, 雑賀隆史, 東山繁樹, 東山繁樹

    日本泌尿器科学会総会(Web) 108th 2020

  • Cullin-3ユビキチン複合体による膜型メタロプロテアーゼ制御機構解析

    近藤 綾乃, 松木 依理奈, 楠本 智章, 藤原 章, 坂上 倫久, 前川 大志, 藤崎 亜耶子, 福田 信治, 東山 繁樹, 中山 寛尚

    臨床検査学教育 ((一社)日本臨床検査学教育協議会)  11 ( 1 ) 113 - 114 2019.03

    ISSN  1883-3144

  • PIPs代謝によるマクロピノサイトーシスの制御機構の解明

    寺坂 慎平, 前川 大志, 荒木 伸一, 田口 友彦, 新井 洋由

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 ((公社)日本生化学会)  87回   [4T14p - 13] 2014.10

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • 特殊な生体膜脂質環境を可視化することはできませんか?

    前川大志

    岡本研究室ゲストトーク (東京大学工学部) , 

    2023.11

    Oral presentation (general)

  • リゾリン脂質アシル基転移酵素による酸化リン脂質の生合成経路の解明

    前川大志, 山本貴大, 橋本怜暉, 岩尾鳳紀, 青柳良平, 永沼達郎, 大場陽介, 津川裕司, 有田誠

    第96回 日本生化学会 大会, 

    2023.10
    -
    2023.11

    Poster presentation

  • 飽和型カルジオリピンとDCNL1の相互作用

    望月大, 前川大志, 有田誠, 東山繁樹, 河野望, 青木淳賢

    第96回 日本生化学会 大会, 

    2023.10
    -
    2023.11

    Poster presentation

  • 飽和型カルジオリピンとDCNL1の相互作用

    望月大, 前川大志, 有田誠, 東山繁樹, 河野望, 青木淳賢

    第96回 日本生化学会 大会, 

    2023.10
    -
    2023.11

    Oral presentation (general)

  • G1/S arrest細胞の脂質シグナチュアの解析

    大谷航平, 前川大志, 津川裕司, 有田誠

    第17回 メタボロームシンポジウム, 

    2023.10

    Poster presentation

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 老化抑制剤開発に資するSPOPの機能解析

    2022.08
    -
    2027.03

    武田科学振興財団, 2022年度 薬学系研究助成, Research grant, Principal investigator

  • DNAアプタマーを利用したタンパク質分解システムの開発

    2022.06
    -
    2023.03

    愛媛大学プロテオサイエンスセンター PRiME, 2022年度 共同研究グラント, Other, Principal investigator

  • 細胞老化を抑制する新しい機能性脂質の同定とその作用機構の解明

    2022.04
    -
    2024.03

    慶應義塾大学, 2022-23年度 次世代研究プロジェクト推進プログラムC, Research grant, Principal investigator

  • 基礎研究と創薬研究を加速させる自由自在にタンパク質を分解に導く革新的手法の開発

    2022.04
    -
    2023.03

    慶應義塾大学, 2022年度 福澤基金研究補助, Research grant, Principal investigator

  • 酸化リン脂質の生合成経路の包括的解析とその組織内空間分布の可視化

    2022.04
    -
    2023.03

    慶應義塾大学, 2022年度 学事振興資金 個人研究, Research grant, Principal investigator

display all >>

Intellectual Property Rights, etc. 【 Display / hide

  • Fluorescent agent the detects gamma-glutamyltranferase 5 (GGT5)

    Patent, Joint

  • 特願2020-059546 CBF1結合核酸分子およびその用途

    Patent, Joint

  • 特願2017-244776 細胞内輸送を介した膜蛋白質の分解又はリサイクリングの制御剤

    Patent, Joint

  • 特願2017-193118 血管新生制御剤及びその利用法

    Patent, Joint

  • 特願2017-110363 新規ユビキチンリガーゼ及びその利用法

    Patent, Joint

Awards 【 Display / hide

  • Young Innovator Award

    2022.04, CREST細胞外微粒子

    Type of Award: Award from Japanese society, conference, symposium, etc.

  • 令和2年度 ベストティーチャー賞

    2022.01, 愛媛大学医学部

    Type of Award: Other

  • 令和元年度 ベストティーチャー賞

    2020.12, 愛媛大学医学部

    Type of Award: Other

  • 令和元年度 ベストティーチャー賞

    2020.05, 愛媛大学大学院 医学系研究科

    Type of Award: Other

  • 平成30年度 ベストティーチャー賞

    2019.07, 愛媛大学医学部

    Type of Award: Other

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • STUDY OF MAJOR FIELD: (PHYSIOLOGICAL CHEMISTRY AND METABOLISM)

    2023

  • SEMINAR: (PHYSIOLOGICAL CHEMISTRY AND METABOLISM)

    2023

  • RESEARCH FOR BACHELOR'S THESIS 1

    2023

  • PHARMACEUTICAL-ENGLISH SEMINAR

    2023

  • INTRODUCTION TO THE LABORATORY PROCEDURES

    2023

display all >>

 

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 日本脂質生化学会, 

    2023.02
    -
    Present
  • 日本薬学会, 

    2021.01
    -
    Present
  • 日本癌学会, 

    2020.04
    -
    Present
  • 日本生化学会, 

    2016.06
    -
    Present