宮川 尚子 (ミヤガワ ナオコ)

Miyagawa, Naoko

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 衛生学公衆衛生学教室 (信濃町)

職名

助教(有期)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 最新臨床高血圧学-高血圧治療の最前線- Ⅹ特論 4減塩社会への取り組み

    株式会社 日本臨床社, 2014年

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of diabetes and prediabetes on the development of disability and mortality among middle-aged adult Japanese: a 22-year follow-up of NIPPON DATA90.

    Tran Ngoc Hoang P, Kadota A, Yuichiro Y, Akiko H, Takehito H, Shohei O, Miyagawa N, Kondo K, Nagako O, Kita Y, Okayama A, Yukihiro F, Maegawa H, Miura K, Okamura T, Ueshima H, NIPPON DATA90 Research Group.

    Journal of diabetes investigation (Journal of Diabetes Investigation)  2022年06月

    ISSN  2040-1116

     概要を見る

    Aims/Introduction: To examine the association between diabetes and prediabetes at baseline, and disability, mortality over a 22-year period among middle-aged Japanese adults. Materials and Methods: Participants consisted of 1,788 adults aged 45–64 years at baseline from the cohort study National Integrated Project for Prospective Observation of Non-communicable Disease and its Trends in the Aged 1990 (NIPPON DATA90). Disability, defined as having a decline in activities of daily living (ADL), was assessed by a modified Katz questionnaire at four time points. Disability and death without disability for 22-year follow up were used as outcomes to test the association with a diagnosis of diabetes or prediabetes at baseline, using multinomial logistic regression. Adjusted odds ratios (ORs) were obtained from four models that contained appropriate adjustment factors, such as age, sex, smoking status, drinking status, body mass index and cardiovascular risk factors (hypertension, hypercholesterolemia, triglycerides, low serum high-density lipoprotein), at baseline. Results: In the present study, 334 participants (18.7%) reported at least one disability, and 350 (19.6%) were reported dead without observation of disability during follow up. Adjusting sex and other risk factors, participants with diabetes and prediabetes had a higher risk for disability (OR 1.43, 95% confidence interval [CI] 1.07–1.91 and OR 1.66, 95% CI 1.10–2.50, respectively) and for mortality (OR 1.56, 95% CI 1.16–2.08 and OR 1.77, 95% CI 1.18–2.65, respectively) than individuals with normal glucose tolerance. Conclusions: In middle-aged Japanese adults, individuals with diabetes and prediabetes were more likely to be associated with disability and mortality. Our findings suggest that prediabetes and diabetes in middle-aged adults should be paid more attention, and requires more intervention to prevent disability and mortality in later life.

  • Association between C-Reactive Protein Levels and Functional Disability in the General Older-Population: The Takashima Study.

    Takashima N, Nakamura Y, Miyagawa N, Kadota A, Saito Y, Matsui K, Miura K, Ueshima H, Kita Y

    Journal of atherosclerosis and thrombosis (一般社団法人 日本動脈硬化学会)  advpub ( 0 )  2022年03月

    ISSN  1340-3478

     概要を見る

    AIMS: High-sensitivity C-reactive protein (hsCRP) associates with atherosclerotic diseases such as stroke. However, previous results on the association between hsCRP levels and functional disability were controversial. METHODS: We analyzed 2,610 men and women who did not exhibit functional disability or death within the first 3 years of the baseline survey and those aged 65 years or older at the end of follow-up. The levels of hsCRP were assessed using latex agglutination assay at baseline survey from 2006 to 2014. Functional disability was followed up using the long-term care insurance (LTCI) program until November 1, 2019. Functional disability was defined as a new LTCI program certification. Cox proportional hazards model with competing risk analysis for death was used to evaluate the association between hsCRP levels and future functional disability. RESULTS: During a 9-year follow-up period, we observed 328 cases of functional disability and 67 deaths without prior functional disability incidence. The multivariable-adjusted hazard ratio (HR, 95% confidence interval [CI]) of functional disability in log-transferred hsCRP levels was 1.43 (1.22-1.67) in men and 0.97 (0.81-1.15) in women. When hsCRP level was analyzed as a categorical variable, low hsCRP levels (<1.0 mg/l) as the reference, the multivariable-adjusted HR (95% CI) of functional disability in high hsCRP levels (≥ 3.0 mg/l) was 2.37 (1.56-3.62). Similar results were observed when stratified by sex, but it was not significant in women. CONCLUSIONS: This study demonstrates that low-grade systemic inflammation to assess hsCRP might predict the future incidence of functional disability, especially in men.

  • Dietary Patterns and Their Associations with Intermediate Age-Related Macular Degeneration in a Japanese Population

    Sasaki M., Miyagawa N., Harada S., Tsubota K., Takebayashi T., Nishiwaki Y., Kawasaki R.

    Journal of Clinical Medicine (Journal of Clinical Medicine)  11 ( 6 )  2022年03月

     概要を見る

    This population-based cross-sectional study investigated the influence of dietary patterns on age-related macular degeneration (AMD) in a Japanese population. The Tsuruoka Metabolomics Cohort Study enrolled a general population aged 35–74 years from among participants in annual health check-up programs in Tsuruoka City, Japan. Eating habits were assessed using a food frequency questionnaire. Principal component analysis was used to identify dietary patterns among food items. The association between quartiles of scores for each dietary pattern and intermediate AMD was assessed using multivariate logistic regression models. Of 3433 participants, 415 had intermediate AMD. We identified four principal components comprising the Vegetable-rich pattern, Varied staple food pattern, Animal-rich pattern, and Seafood-rich pattern. After adjusting for potential confounders, higher Varied staple food diet scores were associated with a lower prevalence of intermediate AMD (fourth vs. first quartile) (OR, 0.63; 95% confidence interval [CI], 0.46–0.86). A significant trend of decreasing ORs for intermediate AMD associated with increasing Varied staple food diet scores was noted (p for trend = 0.002). There was no significant association between the other dietary patterns and intermediate AMD. In a Japanese population, individuals with a dietary pattern score high in the Varied staple food pattern had a lower prevalence of intermediate AMD.

  • 高血圧の指摘や治療の継続状況と野菜摂取量の関連 NIPPON DATA2010

    中川 夕美, 由田 克士, 荒井 裕介, 尾島 俊之, 藤吉 朗, 中川 秀昭, 奥田 奈賀子, 宮川 尚子, 門田 文, 近藤 慶子, 岡村 智教, 大久保 孝義, 西 信雄, 上島 弘嗣, 岡山 明, 三浦 克之

    日本循環器病予防学会誌 ((一社)日本循環器病予防学会)  57 ( 1 ) 42 - 54 2022年03月

    ISSN  1346-6267

     概要を見る

    【目的】高血圧者に対する食事指導等の介入によって野菜摂取量の増加が認められたとする報告はこれまでにもあるが、高血圧を指摘されることそれ自体や治療の継続状況と野菜摂取量の関連を検討した報告はない。そこで本研究では、高血圧の指摘や治療の継続状況が、実際の野菜摂取量に影響を与えるのか検討した。【方法】平成22年国民健康・栄養調査及びNIPPON DATA2010の20歳以上の参加者を対象とした。このうち、これまでに医療機関や健康診査で脳卒中、心筋梗塞、腎臓病または腎機能低下と指摘されたことはないが、高血圧の指摘を受けている者もしくは高血圧、糖尿病、脂質異常症のいずれの指摘も受けたことはないが、国民健康・栄養調査の血圧測定値が高血圧(収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上の者と定義)であった高値血圧者の男女1,004人を解析対象とした。野菜摂取量が多いこと(1日350g以上)をアウトカムとして、高血圧を指摘されることやその後の治療の継続状況(治療継続、治療中断、未治療)との関連をロジスティック回帰分析にて検討した。【結果】野菜摂取量が多いことと高血圧を指摘されることは男女とも有意な関連はなく、野菜を積極的に摂取しようと心がけることとのオッズ比が男性1.72(95%CI:1.17-2.53)、女性1.51(95%CI:1.04-2.21)と有意な正の関連が認められた。野菜摂取量が多いことと高血圧者における治療の継続状況では、野菜を積極的に摂取しようと心がけることとのオッズ比が男性1.69(95%CI:1.07-2.68)と有意な正の関連、「治療中断」の女性でオッズ比0.37(95%CI:0.15-0.90)と有意な負の関連がみられた。【結論】男女とも野菜の摂取量と高血圧の指摘自体との関連は認められなかったが、女性では治療中断と負の関連が示唆された。(著者抄録)

  • A genome-wide association study on adherence to low-carbohydrate diets in Japanese.

    Nakamura Y, Tamura T, Narita A, Shimizu A, Sutoh Y, Takashima N, Matsui K, Miyagawa N, Kadota A, Miura K, Otonari J, Ikezaki H, Hishida A, Nagayoshi M, Okada R, Kubo Y, Tanaka K, Shimanoe C, Ibusuki R, Nishimoto D, Oze I, Ito H, Ozaki E, Matsui D, Mikami H, Kusakabe M, Suzuki S, Watanabe M, Arisawa K, Katsuura-Kamano S, Kuriki K, Nakatochi M, Momozawa Y, Kubo M, Takeuchi K, Wakai K, J-MICC Research Group Consortium.

    European journal of clinical nutrition (European Journal of Clinical Nutrition)  76 ( 8 ) 1103 - 1110 2022年02月

    ISSN  0954-3007

     概要を見る

    Background/objectives: Low-carbohydrate diets (LCD) are useful for weight reduction, and 50–55% carbohydrate consumption is associated with minimal risk. Genetic differences were related to nutritional consumption, food preferences, and dietary patterns, but whether particular genetic differences in individuals influence LCD adherence is unknown. Subjects/methods: We conducted a GWAS on adherence to LCD utilizing 14,076 participants from the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort study. We used a previously validated semiquantitative food frequency questionnaire to estimate food consumption. Association of the imputed variants with the LCD score by Halton et al. we used linear regression analysis adjusting for sex, age, total dietary energy consumption, and components 1 to 10 by principal component analysis. We repeated the analysis with adjustment for alcohol consumption (g/day) in addition to the above-described variables. Results: Men and women combined analysis without adjustment for alcohol consumption; we found 395 variants on chromosome 12 associated with the LCD score having P values <5 × 10−8. A conditional analysis with the addition of the dosage data of rs671 on chromosome 12 as a covariate, P values for all 395 SNPs on chromosome 12 turned out to be insignificant. In the analysis with additional adjustment for alcohol consumption, we did not identify any SNPs associated with the LCD score. Conclusion: We found rs671 was inversely associated with adherence to LCD, but that was strongly confounded by alcohol consumption.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 一般住民における内臓脂肪の蓄積に関連するメタボロミクスプロファイル 鶴岡メタボロームコホート研究

    宮川 尚子, 原田 成, 飯田 美穂, 桑原 和代, 加藤 寿寿華, 佐田 みずき, 松元 美奈子, 平田 あや, 岡村 智教, 武林 亨

    Journal of Epidemiology ((一社)日本疫学会)  32 ( Suppl.1 ) 164 - 164 2022年01月

    ISSN  0917-5040

  • 【心疾患と栄養】循環器疾患と食生活

    宮川 尚子, 岡村 智教

    栄養 ((株)ジェフコーポレーション)  36 ( 4 ) 179 - 185 2021年12月

    ISSN  2435-4503

     概要を見る

    食生活は内容によって循環器疾患の危険因子にも防御因子にもなりうることが、多くの疫学研究から明らかになっている。脂質やたんぱく質のうち、飽和脂肪酸は循環器疾患のリスクを高め、魚に多く含まれるn-3系不飽和脂肪酸や植物性たんぱく質は循環器疾患の発症に予防的に働くことが報告されている。一方、炭水化物から摂取するエネルギー割合は低すぎても高すぎても死亡リスクが高くなる。食塩は循環器疾患の主要な要因である血圧を上昇させて循環器疾患リスクを高め、反対に野菜や果物は、カリウムなど含まれる様々な栄養素の機能が複合的に作用して高血圧や循環器疾患のリスクを低下させる。これらの循環器疾患に関連する食品を組み合わせて摂取する、健康的な食事パターンをスコア化した食事指標を用いた検討では、指標の遵守度が高いほど循環器疾患リスクが低下していた。食事内容の改善により循環器疾患の予防が期待できるため、摂取する食品の内容や量を適切に選択することが大切である。(著者抄録)

  • 動脈硬化と食事 4 食塩,野菜・果物,長鎖不飽和脂肪酸,炭水化物摂取と動脈硬化性疾患

    宮川尚子, 三浦克之

    動脈硬化予防 16 ( 1 ) 28‐32 2017年03月

    ISSN  1347-7056

  • 【動脈硬化と食事】食塩、野菜・果物、長鎖不飽和脂肪酸、炭水化物摂取と動脈硬化性疾患

    宮川 尚子, 三浦 克之

    動脈硬化予防 ((株)メジカルビュー社)  16 ( 1 ) 28 - 32 2017年03月

    ISSN  1347-7056

     概要を見る

    動脈硬化性の脳心血管疾患の発症の危険因子である高血圧、糖尿病、脂質異常症の改善・予防は食事との関連が大きいため、食事内容の改善により脳心血管疾患の予防が期待できる。日本人を対象とした疫学研究において、食塩の過剰摂取が血圧上昇と脳心血管疾患リスクを高め、野菜・果物の摂取や魚介類に多く含まれる長鎖多価不飽和脂肪酸の摂取が脳心血管疾患保護的に働くことが報告されている。一方、低炭水化物食は、短期的な体重減少は見込めるが、反対にLDLコレステロール値の上昇を認めるため、長期的な脳心血管疾患保護への影響は未だ明らかではない。国内外の観察研究と介入研究の成果の集積により、栄養素や食品の摂取と動脈硬化性疾患との関連が明らかになりつつある。(著者抄録)

  • 危険因子 食塩

    宮川 尚子, 三浦 克之

    動脈硬化予防 ((株)メジカルビュー社)  15 ( 2 ) 73 - 74 2016年06月

    ISSN  1347-7056

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 一般住民における腎機能低下と無症候性脳血管障害の関連

    2019年04月
    -
    2022年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 宮川 尚子, 若手研究, 未設定

     研究概要を見る

    近年、腎細小血管の解剖学的、機能的類似性から腎機能と無症候性脳血管疾患との関連が指摘され始めており、患者コホートからの報告ではその関連が報告されているが、一般住民からの報告はまだ少なく、その評価は分かれている。本研究では、40歳代から80歳代の850人の健常な日本人一般住民を対象として、腎機能およびその経年変化と無症候性脳血管疾患との関連、およびこの関連への循環器疾患発症因子の介在の程度を明らかにする。無症候性脳血管疾患は脳卒中および認知機能低下指標として注目されているため、本研究で得られた結果は、高齢社会における認知症・脳卒中の早期発見マーカーとして予防に繋がることが期待される。
    本研究は一般地域住民から年齢層化無作為抽出した集団のうち協力が得られた者を対象として、頭部MR画像を用いて評価した無症候性脳血管障害と潜在性動脈硬化指標および危険因子の測定を実施している既存の前向きコホートの成績を用いて、腎機能およびその経年変化と無症候性脳血管疾患の関連を検討するものである。昨年度測定した随時尿中の微量アルブミン、クレアチニン、ナトリウム値をデータベースに突合し、日本人一般集団における尿アルブミン/クレアチニン比(ACR)およびeGFRの経年変化の分布を確認し、無症候性脳血管疾患との関連を検討した。
    新型コロナウイルス感染拡大のため、成果発表の一部が遅延している。
    次年度は最終年度であるため、日本人一般集団における無症候性脳血管疾患と尿アルブミン/クレアチニン比(ACR)およびeGFRの経年変化との関連についてさらに詳細に検討を進める。また、その成果を学会や専門誌で報告する予定である。

  • 日本の一般住民において食習慣が臨床および画像により評価した認知機能に及ぼす影響(国際共同研究強化)

    2016年
    -
    2019年

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化), 宮川 尚子, 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化), 未設定

     研究概要を見る

    本国際共同研究は,日本人一般住民を対象とした前向きコホート研究の参加者と,ハワイの日系移民を対象とした前向きコホート研究の参加者において、食習慣を含む生活習慣が認知機能に及ぼす影響について比較することを目的とする。
    いずれのコホートにおいても、認知機能の評価には神経心理検査(Cognitive Abilities Screening Instrument: CASI)を、形態学的評価には頭部MRI 撮像を実施されているため、これらをアウトカムとして日本在住日本人と日系ハワイ人における食習慣を含む生活習慣との関連を検討している。
    ハワイ滞在中は適宜、海外共同研究者であるハワイ大学医学部老年医学のKamal Masaki教授およびKuakini Medical Centerの生物統計家と相談しながら研究を遂行し、帰国後はメール等を利用して引き続き共同研究を行っている。

  • 一般住民において腸内細菌叢が潜在性動脈硬化の進展におよぼす影響

    2015年04月
    -
    2018年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 有馬 久富, 上島 弘嗣, 三浦 克之, 安藤 朗, ABBOTT ROBERT, 藤吉 朗, 門田 文, 高嶋 直敬, 近藤 慶子, 門脇 紗也佳, 久松 隆史, 大野 聖子, 宮川 尚子, 門脇 崇, 岡見 雪子, 基盤研究(B), 未設定

     研究概要を見る

    本研究では、滋賀県草津市の一般住民男性を対象とした前向きコホート研究において、669名の対象者の便検体から腸内細菌を同定した。胸部CT画像をもちいて標準的な方法でAgaston Scoreを算出し、10点以上を冠動脈石灰化と定義した。腸内細菌と冠動脈石灰化との関連を検討したところ、Lactobacillusは、冠動脈石灰化の有病リスク低下と関連していた(腸内細菌割合1標準偏差(9%)上昇あたりの多変量調整オッズ比0.84、95%信頼区間0.70-1.00)。Lactobacillusは、動脈硬化に予防的に働く可能性が示唆された。

  • 日本の一般住民において食習慣が臨床および画像により評価した認知機能に及ぼす影響

    2015年04月
    -
    2018年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 宮川 尚子, 若手研究(B), 未設定

     研究概要を見る

    本研究は、地域住民から無作為抽出された日本人一般住民男性を対象として、食習慣と脳を機能的・構造的に評価した認知機能との関連について検討した。脳の構造的評価として画像解析ソフトウェアを用いて頭部MR画像の白質病変容積等を解析した。脳の機能的評価には認知機能検査CASI(Cognitive Abilities Screening Instrument)を用いた。横断的検討の結果、野菜の摂取頻度は、統計的に有意にCASIスコアと正の関連、白質病変容積と負の関連を示した。

  • 一般日本人女性における潜在性動脈硬化と脳萎縮の実態解明

    2015年04月
    -
    2018年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 三浦 克之, 藤吉 朗, 村田 喜代史, 有馬 久富, ABBOTT ROBERT, 椎野 顯彦, 門田 文, 上島 弘嗣, 高嶋 直敬, 野崎 和彦, 久松 隆史, 堀江 稔, 遠山 育夫, 前川 聡, 関川 暁, 岡村 智教, 大久保 孝義, 田原 康玄, 大野 聖子, 門脇 紗也佳, 宮川 尚子, 基盤研究(A), 未設定

     研究概要を見る

    本研究は、高齢化が進行している日本人一般女性集団を対象とし、潜在性動脈硬化、脳萎縮、認知機能障害の実態と関連要因を明らかとし、その予防法を解明することを目的とする。当初より基盤A研究2期分で目標対象者数800名に対して調査を実施する予定であり、平成27-29年度は第1期にあたる。第1期では、草津市住民基本台帳より60-85歳の女性を無作為抽出し、同意を得た266名に対して、胸腹部CT、頭部MRI、頚部超音波、認知機能検査、身体機能評価、血圧、心電図、血液・尿検査、など多岐にわたる調査を実施した。平成30-33年度も、第2期として、さらに約500名に対して調査を実施する予定である。

全件表示 >>