宮川 尚子 (ミヤガワ ナオコ)

Miyagawa, Naoko

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 衛生学公衆衛生学教室 (信濃町)

職名

助教(有期)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 最新臨床高血圧学-高血圧治療の最前線- Ⅹ特論 4減塩社会への取り組み

    株式会社 日本臨床社, 2014年

論文 【 表示 / 非表示

  • Association between awareness of limiting food intake and all-cause mortality: A cohort study in Japan.

    Nishimoto D, Ibusuki R, Shimoshikiryo I, Shibuya K, Tanoue S, Koriyama C, Takezaki T, Oze I, Ito H, Hishida A, Tamura T, Kato Y, Tamada Y, Nishida Y, Shimanoe C, Suzuki S, Nishiyama T, Ozaki E, Tomida S, Kuriki K, Miyagawa N, Kondo K, Arisawa K, Watanabe T, Ikezaki H, Otonari J, Wakai K, Matsuo K

    Journal of epidemiology 2023年11月

    ISSN  0917-5040

  • Metabolomics profiles alterations in cigarette smokers and heated tobacco product users.

    Harada S, Ohmomo H, Matsumoto M, Sata M, Iida M, Hirata A, Miyagawa N, Kuwabara K, Kato S, Toki R, Edagawa S, Sugiyama D, Sato A, Hirayama A, Sugimoto M, Soga T, Tomita M, Shimizu A, Okamura T, Takebayashi T

    Journal of epidemiology 2023年11月

    ISSN  0917-5040

  • Association of Arterial Stiffness and Atherosclerotic Burden With Brain Structural Changes Among Japanese Men.

    Azahar NM, Yano Y, Kadota A, Shiino A, Syaifullah AH, Miyagawa N, Kondo K, Moniruzzaman M, Torii S, Segawa H, Hisamatsu T, Fujiyoshi A, Nozaki K, Tooyama I, Ueshima H, Miura K, SESSA Research Group

    Journal of the American Heart Association (Journal of the American Heart Association)  12 ( 11 ) e028586 2023年06月

     概要を見る

    BACKGROUND: Little is known regarding whether arterial stiffness and atherosclerotic burden are each independently associated with brain structural changes. Simultaneous assessments of both arterial stiffness and atherosclerotic burden in associations with brain could provide insights into the mechanisms of brain structural changes. METHODS AND RESULTS: Using data from the SESSA (Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis), we analyzed data among 686 Japanese men (mean [SD] age, 67.9 [8.4] years; range, 46–83 years) free from history of stroke and myo-cardial infarction. Brachial-ankle pulse wave velocity and coronary artery calcification on computed tomography scans were measured between March 2010 and August 2014. Brain volumes (total brain volume, gray matter, Alzheimer disease signature and prefrontal) and brain vascular damage (white matter hyperintensities) were quantified using brain magnetic resonance imaging from January 2012 through February 2015. In multivariable adjustment models including mean arterial pressure, when brachial-ankle pulse wave velocity and coronary artery calcification were entered into the same models, the β (95% CI) for Alzheimer disease signature volume for each 1-SD increase in brachial-ankle pulse wave velocity was −0.33 (−0.64 to −0.02), and the unstandardized β (95% CI) for white matter hyperintensities for each 1-unit increase in coronary artery calcification was 0.68 (0.05–1.32). Brachial-ankle pulse wave velocity and coronary artery calcification were not statistically significantly associated with total brain and gray matter volumes. CONCLUSIONS: Among Japanese men, higher arterial stiffness was associated with lower Alzheimer disease signature vol-umes, whereas higher atherosclerotic burden was associated with brain vascular damage. Arterial stiffness and atheroscle-rotic burden may be independently associated with brain structural changes via different pathways.

  • Circulating plasma phospholipid fatty acid levels as a biomarker of habitual dietary fat intake: The INTERMAP/INTERLIPID Study

    Miyagawa N., Sekikawa A., Miura K., Evans R.W., Okuda N., Fujiyoshi A., Yoshita K., Chan Q., Okami Y., Kadota A., Willcox B., Masaki K., Rodriguez B., Sakata K., Nakagawa H., Saitoh S., Okayama A., Kuller L.H., Elliott P., Stamler J., Ueshima H.

    Journal of Clinical Lipidology (Journal of Clinical Lipidology)  17 ( 1 ) 131 - 141 2023年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 筆頭著者, 査読有り,  ISSN  19332874

     概要を見る

    Background: Accurate assessment of fat intake is essential to examine relationships between diet and disease risk. However, estimating individual intakes of fat quantity by dietary assessment is difficult. Objective: We assessed the association of plasma phospholipid fatty acid levels with dietary intake of fatty acids in the INTERMAP/INTERLIPID study, conducted with a standardized protocol. Methods: The study participants were 1339 men and women ages 40–59 years from five Japanese populations one from Hawaii; four from Japan. Fatty acid intake was estimated from four standardized 24-hour dietary recalls. Plasma phospholipid fatty acid composition was analyzed by gas chromatography. We illustrated the relationship between intake and circulating fatty acid levels using Spearman's rank-correlation coefficients, mean, and median values. Results: Spearman's rank-correlation coefficients between intake (g/d) and circulating fatty acid levels (µg/ml) were -0.03 to 0.21 for saturated fatty acids and monounsaturated fatty acids and -0.04 to 0.32 for trans fatty acids. The coefficients for essential n-3 and n-6 fatty acids were moderate to high, especially for eicosapentaenoic acid (EPA), 0.60; docosahexaenoic acid (DHA), 0.41; and EPA+DHA, 0.51. The circulating levels and intake of marine-derived n-3 fatty acids showed a linear association, at least for the intake of EPA+DHA up to 2.1 g/d. Conclusion: We observed high correlation between intake and circulating levels of marine-derived n-3 fatty acids in participants from Japanese and Japanese-American populations with high and low fish intake. Plasma phospholipid marine-derived n-3 fatty acid measurements are a simple and reliable biomarker for assessing dietary intake.

  • Coffee and metabolic phenotypes: A cross-sectional analysis of the Japan multi-institutional collaborative cohort (J-MICC) study

    Watanabe T., Arisawa K., Nguyen T.V., Ishizu M., Katsuura-Kamano S., Hishida A., Tamura T., Kato Y., Okada R., Ibusuki R., Koriyama C., Suzuki S., Otani T., Koyama T., Tomida S., Kuriki K., Takashima N., Miyagawa N., Wakai K., Matsuo K.

    Nutrition, Metabolism and Cardiovascular Diseases (Nutrition, Metabolism and Cardiovascular Diseases)  33 ( 3 ) 620 - 630 2022年12月

    ISSN  0939-4753

     概要を見る

    Background and aims: To date, the relationship between coffee consumption and metabolic phenotypes has hardly been investigated and remains controversial. Therefore, the aim of this cross-sectional study is to examine the associations between coffee consumption and metabolic phenotypes in a Japanese population. Methods and results: We analyzed the data of 26,363 subjects (aged 35–69 years) in the baseline survey of the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study. Coffee consumption was assessed using a questionnaire. Metabolic Syndrome (MetS) was defined according to the Joint Interim Statement Criteria of 2009, using body mass index (BMI) instead of waist circumference. Subjects stratified by the presence or absence of obesity (normal weight: BMI <25 kg/m2; obesity: BMI ≥25 kg/m2) were classified by the number of MetS components (metabolically healthy: no components; metabolically unhealthy: one or more components) other than BMI. In multiple logistic regression analyses adjusted for sex, age, and other potential confounders, high coffee consumption (≥3 cups/day) was associated with a lower prevalence of MetS and metabolically unhealthy phenotypes both in normal weight (OR 0.83, 95% CI 0.76–0.90) and obese subjects (OR 0.83, 95% CI 0.69–0.99). Filtered/instant coffee consumption was inversely associated with the prevalence of MetS and metabolically unhealthy phenotypes, whereas canned/bottled/packed coffee consumption was not. Conclusion: The present results suggest that high coffee consumption, particularly filtered/instant coffee, is inversely associated with the prevalence of metabolically unhealthy phenotypes in both normal weight and obese Japanese adults.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 地域高齢者におけるライフスタイルリスクスコアと機能障害

    宮川 尚子, 高嶋 直敬, 土岐 了大, 原田 成, 武林 亨, 岡村 智教, 門田 文, 三浦 克之, 上島 弘嗣, 喜多 義邦

    日本循環器病予防学会誌 ((一社)日本循環器病予防学会)  58 ( 2 ) 153 - 153 2023年05月

    ISSN  1346-6267

  • The Ratio of Circulating Eicosapentaenoic Acid to Arachidonic Acid Ratio in the Community-Dwelling Japanese Population

    Miyagawa N.

    Journal of Atherosclerosis and Thrombosis (Journal of Atherosclerosis and Thrombosis)  30 ( 6 ) 587 - 588 2023年

    ISSN  13403478

  • 一般住民における内臓脂肪の蓄積に関連するメタボロミクスプロファイル 鶴岡メタボロームコホート研究

    宮川 尚子, 原田 成, 飯田 美穂, 桑原 和代, 加藤 寿寿華, 佐田 みずき, 松元 美奈子, 平田 あや, 岡村 智教, 武林 亨

    Journal of Epidemiology ((一社)日本疫学会)  32 ( Suppl.1 ) 164 - 164 2022年01月

    ISSN  0917-5040

  • Dietary Intake of Manganese in the Japanese Diet and its Association with Cardiometabolic and Cardiovascular Diseases

    Miyagawa N.

    Journal of Atherosclerosis and Thrombosis (Journal of Atherosclerosis and Thrombosis)  29 ( 10 ) 1421 - 1422 2022年

    ISSN  13403478

  • 【心疾患と栄養】循環器疾患と食生活

    宮川 尚子, 岡村 智教

    栄養 ((株)ジェフコーポレーション)  36 ( 4 ) 179 - 185 2021年12月

    ISSN  2435-4503

     概要を見る

    食生活は内容によって循環器疾患の危険因子にも防御因子にもなりうることが、多くの疫学研究から明らかになっている。脂質やたんぱく質のうち、飽和脂肪酸は循環器疾患のリスクを高め、魚に多く含まれるn-3系不飽和脂肪酸や植物性たんぱく質は循環器疾患の発症に予防的に働くことが報告されている。一方、炭水化物から摂取するエネルギー割合は低すぎても高すぎても死亡リスクが高くなる。食塩は循環器疾患の主要な要因である血圧を上昇させて循環器疾患リスクを高め、反対に野菜や果物は、カリウムなど含まれる様々な栄養素の機能が複合的に作用して高血圧や循環器疾患のリスクを低下させる。これらの循環器疾患に関連する食品を組み合わせて摂取する、健康的な食事パターンをスコア化した食事指標を用いた検討では、指標の遵守度が高いほど循環器疾患リスクが低下していた。食事内容の改善により循環器疾患の予防が期待できるため、摂取する食品の内容や量を適切に選択することが大切である。(著者抄録)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • NCDs・フレイル予防の共通経路としての代謝物バイオマーカーの有用性評価と検証

    2023年04月
    -
    2028年03月

    科学研究費助成事業, 武林 亨, 寳澤 篤, 平山 明由, 宮川 尚子, 清水 厚志, 三浦 克之, 大桃 秀樹, 小巻 翔平, 基盤研究(A), 未設定

     研究概要を見る

    本研究は、開始後10年を経過した地域在住者コホート研究により、若年期から集積する心臓代謝リスクの併存状態(マルチモビディティ)からNCDsおよびフレイル・認知機能低下への移行を媒介する共通代謝経路・代謝バイオマーカーを疫学的に解明・検証した上で、その代謝経路と関連する変容可能な環境要因を明らかにして、中・高齢期の保健・介護予防一体的実施に最適な介入手法の基礎とすることを目的とする。また新型コロナウイルス感染によってその機能がリモデリングされる代謝経路にも焦点をあて、感染の後遺・遷延症状も考慮した地域保健現場での健康支援についても検討する。

  • サルコペニアのリスクとバイオマーカーで補正・推定したたんぱく質摂取量の関連

    2022年04月
    -
    2026年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 宮川 尚子, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • 一般住民における腎機能低下と無症候性脳血管障害の関連

    2019年04月
    -
    2022年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 宮川 尚子, 若手研究, 未設定

     研究概要を見る

    近年、腎細小血管の解剖学的、機能的類似性から腎機能と無症候性脳血管疾患との関連が指摘され始めており、患者コホートからの報告ではその関連が報告されているが、一般住民からの報告はまだ少なく、その評価は分かれている。本研究では、40歳代から80歳代の850人の健常な日本人一般住民を対象として、腎機能およびその経年変化と無症候性脳血管疾患との関連、およびこの関連への循環器疾患発症因子の介在の程度を明らかにする。無症候性脳血管疾患は脳卒中および認知機能低下指標として注目されているため、本研究で得られた結果は、高齢社会における認知症・脳卒中の早期発見マーカーとして予防に繋がることが期待される。
    本研究は一般地域住民から年齢層化無作為抽出した集団のうち協力が得られた者を対象として、頭部MR画像を用いて評価した無症候性脳血管障害と潜在性動脈硬化指標および危険因子の測定を実施している既存の前向きコホートの成績を用いて、腎機能およびその経年変化と無症候性脳血管疾患の関連を検討するものである。昨年度測定した随時尿中の微量アルブミン、クレアチニン、ナトリウム値をデータベースに突合し、日本人一般集団における尿アルブミン/クレアチニン比(ACR)およびeGFRの経年変化の分布を確認し、無症候性脳血管疾患との関連を検討した。
    新型コロナウイルス感染拡大のため、成果発表の一部が遅延している。
    次年度は最終年度であるため、日本人一般集団における無症候性脳血管疾患と尿アルブミン/クレアチニン比(ACR)およびeGFRの経年変化との関連についてさらに詳細に検討を進める。また、その成果を学会や専門誌で報告する予定である。

  • 日本の一般住民において食習慣が臨床および画像により評価した認知機能に及ぼす影響(国際共同研究強化)

    2016年
    -
    2019年

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化), 宮川 尚子, 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化), 未設定

     研究概要を見る

    本国際共同研究は,日本人一般住民を対象とした前向きコホート研究の参加者と,ハワイの日系移民を対象とした前向きコホート研究の参加者において、食習慣を含む生活習慣が認知機能に及ぼす影響について比較することを目的とする。
    いずれのコホートにおいても、認知機能の評価には神経心理検査(Cognitive Abilities Screening Instrument: CASI)を、形態学的評価には頭部MRI 撮像を実施されているため、これらをアウトカムとして日本在住日本人と日系ハワイ人における食習慣を含む生活習慣との関連を検討している。
    ハワイ滞在中は適宜、海外共同研究者であるハワイ大学医学部老年医学のKamal Masaki教授およびKuakini Medical Centerの生物統計家と相談しながら研究を遂行し、帰国後はメール等を利用して引き続き共同研究を行っている。

  • 一般住民において腸内細菌叢が潜在性動脈硬化の進展におよぼす影響

    2015年04月
    -
    2018年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 有馬 久富, 上島 弘嗣, 三浦 克之, 安藤 朗, ABBOTT ROBERT, 藤吉 朗, 門田 文, 高嶋 直敬, 近藤 慶子, 門脇 紗也佳, 久松 隆史, 大野 聖子, 宮川 尚子, 門脇 崇, 岡見 雪子, 基盤研究(B), 未設定

     研究概要を見る

    本研究では、滋賀県草津市の一般住民男性を対象とした前向きコホート研究において、669名の対象者の便検体から腸内細菌を同定した。胸部CT画像をもちいて標準的な方法でAgaston Scoreを算出し、10点以上を冠動脈石灰化と定義した。腸内細菌と冠動脈石灰化との関連を検討したところ、Lactobacillusは、冠動脈石灰化の有病リスク低下と関連していた(腸内細菌割合1標準偏差(9%)上昇あたりの多変量調整オッズ比0.84、95%信頼区間0.70-1.00)。Lactobacillusは、動脈硬化に予防的に働く可能性が示唆された。

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 看護のための栄養学

    2023年度