河内 一博 (カワチ カズヒロ)

Kawachi, Kazuhiro

写真a

所属(所属キャンパス)

商学部 (日吉)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    2000年02月

    慶應義塾志木高等学校, 外国語科, 専任教諭

  • 2008年10月
    -
    2010年09月

    防衛大学校, 総合教育学群外国語教育室, 講師

  • 2010年10月
    -
    2017年03月

    防衛大学校, 総合教育学群外国語教育室, 准教授

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

    防衛大学校, 総合教育学群外国語教育室, 教授

  • 2021年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 商学部, 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1986年03月

    慶應義塾高等学校

    卒業

  • 1986年04月
    -
    1990年03月

    慶應義塾大学, 商学部

    大学, 卒業

  • 1990年04月
    -
    1992年03月

    慶應義塾大学, 文学部

    大学, 卒業

  • 1996年07月
    -
    1996年08月

    カリフォルニア大学バークレー校, 英語教育 Certificate プログラム

    アメリカ合衆国, 修了

  • 1997年08月
    -
    2007年06月

    ニューヨーク州立大学バファロー校, 言語学 & 認知科学センター Ph.D. プログラム

    アメリカ合衆国, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D. in Linguistics, ニューヨーク州立大学バファロー校, 2007年06月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校 教員免許(英語), 1990年03月

  • 中学校 教員免許(英語), 1992年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 言語学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 言語類型論

  • 認知言語学

  • 意味論・語用論

  • 統語論・形態論

  • 心理言語学

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • The Oxford Handbook of Ethiopian Languages

    Ronny Meyer, Bedilu Wakjira, and Zelealem Leyew (eds.), Oxford University Press, 2022年12月

    担当範囲: Chapter 17: Sidaama.,  担当ページ: 321-344 , 査読有り

  • Associated Motion

    Antoine Guillaume and Harold Koch (eds.), De Gruyter Mouton, 2021年02月

    担当範囲: Chapter 19: The ‘along’–deictic-directional verb suffix complex in Kupsapiny.,  担当ページ: 747-777

     概要を見る

    https://doi.org/10.1515/9783110692099-019

  • Broader Perspectives on Motion Event Descriptions

    Yo Matsumoto and Kazuhiro Kawachi (eds.), John Benjamins., 2020年08月,  ページ数: 324

     概要を見る

    https://doi.org/10.1075/hcp.69

  • Mermaid Constructions: A Compound-Predicate Construction with Biclausal Appearance

    Tasaku Tsunoda (ed.), De Gruyter Mouton, 2020年08月

    担当範囲: Chapter 16: Sidaama. ,  担当ページ: 679-733

     概要を見る

    https://doi.org/10.1515/9783110670844-016

  • Broader Perspectives on Motion Event Descriptions

    Yo Matsumoto and Kazuhiro Kawachi (eds.), John Benjamins., 2020年08月

    担当範囲: Chapter 7: Should Talmy’s motion typology be expanded to visual motion?,  担当ページ: 205-233

     概要を見る

    https://doi.org/10.1075/hcp.69.07kaw

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Long default and short indefinite noun forms in Kupsapiiny: Synchronic usage and diachronic development

    Kazuhiro Kawachi

    言語研究 163 2023年01月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  0024-3914

     概要を見る

    Nearly all common nouns in Kupsapiiny, a Southern Nilotic language of Uganda, have four forms depending on number (singular vs. plural) and the presence vs. absence of a suffix. This study examines how long and short common noun forms (with and without the suffix, respectively) occur in discourse by means of Dryer’s (2014) Reference Hierarchy. It shows that short forms are only infrequently used for indefinites, with their mandatory use restricted to two types of indefinites, semantically nonspecific indefinites involving negation and true-predicate nominals, whereas long forms serve as frequently used, default forms, which occur not only in definite situations, but also – in fact, more commonly than short forms – in most indefinite situations. The present study hypothesizes that long forms have semantically generalized from forms marking definiteness, i.e., the speaker’s assumption about the identifiability or accessibility of the referent to the hearer (Givón 1995, 2001), to those indicating the speaker’s assumption about the accessibility of the referent (type) to the hearer (or sometimes the speaker themself) with the result that their context extended from definite situations to include most indefinite situations, as reported about the diachronic development of definite articles in other languages (e.g., Greenberg 1978). It speculates that the context extension for long forms was brought about by associations between referents in discourse based on the Gricean maxim of relation as well as subjectification. Other types of factors than the speaker’s assumption about the referent (type) accessibility and indefiniteness in the choice between long and short forms (generational, lexical, and constructional differences as well as special uses of short forms for definites) are also described. The present study also points out that the Kupsapiiny noun system as a whole contradicts the grammatical form–frequency correspondence hypothesis (Haspelmath 2021).

  • Directness of causation and morphosyntactic complexity of constructions: Japanese and Korean cases.

    Kawachi, Kazuhiro, Sang-Hee Park, and Erika Bellingham

    Japanese/Korean Linguistics (Stanford, CA: CSLI Publications)  26   225 - 236 2020年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  9781684000654

  • Different types of causality and clause linkage in English, Japanese, Sidaama, and Yucatec Maya.

    Kawachi, Kazuhiro, Erika Bellingham, and Jürgen Bohnemeyer

    Papers from the 18th National Conference of the Japanese Cognitive Linguistics Association (2017) (日本認知言語学会)  18   47 - 59 2018年06月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著,  ISSN  1346-7964

  • Is Sidaama (Sidamo) a marked-nominative language?

    Kawachi, Kazuhiro

    LACUS Forum (2010) (Houston, TX: Linguistic Association of Canada and the United States.)  37   75 - 86 2017年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  0195-377X

  • Event integration patterns in Kupsapiny.

    Kawachi, Kazuhiro

    Asian and African Languages and Linguistics (Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies)  10   37 - 91 2016年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  2188-0840

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Review of Motomichi Wakasa (2020) A Descriptive Study of the Modern Wolaytta Language.

    Kazuhiro Kawachi

    Nilo-Ethiopian Studies.  2023年

  • 新しいアフリカ言語研究

    大野仁美、河内一博、中川裕、米田信子、亀井伸孝、森壮也、宮本律子

    アフリカ研究 (日本アフリカ学会)   ( 100 ) 67 - 72 2021年12月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著,  ISSN  0065-4140

  • クプサビニィ語とシダーマ語における通言語的傾向と類型タイプの現れ

    河内 一博

    日本言語学会第157回大会予稿集 (日本言語学会)     362 - 367 2018年11月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

  • クプサビニィ語の名詞の定性の区別:Dryer の定性の標識の類型論的枠組みでの分析

    河内 一博

    日本言語学会第157回大会予稿集 (日本言語学会)     330 - 335 2018年11月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

  • クプサビニィ語の Associated Motion を表す構文:類型的観点からの分析

    河内 一博

    日本言語学会第156回大会予稿集 (日本言語学会)     295 - 300 2018年06月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Using statistical classification to discover cross-linguistic semantic prototypes: The causation domain.

    Juergen Bohnemeyer, Erika Bellingham, Andrea Ariño-Bizarro, Jing Du, James Essegbey, Stephanie Evers, Saima Hafeez, Iraide Ibarretxe-Antuñano, Pia Järnefelt, Kazuhiro Kawachi, Fuyin Thomas Li, Yu Li, Tatiana Nikitina, Sang-Hee Park, Anastasia Stepanova, Guillermo Montero-Melis and Emanuel Bylund

    97th Annual Meeting of the Linguistic Society of America at the Hyatt Regency Denver at Colorado Convention Center in Denver, Colorado, 

    2023年01月

    口頭発表(一般)

  • Diachronic development of associated motion constructions in Kupsapiiny.

    Kazuhiro Kawachi

    Neglected Aspects of Motion-Event Description 2022: Deixis and Other Topics in Motion-Event Description. Kyoto University., 

    2022年11月

  • High frequency of deixis mention due to different types of obligatory requirements to specify deictic directions in Kupsapiiny and Kathmandu Newar.

    Kazuhiro Kawachi and Ikuko Matsuse

    Neglected Aspects of Motion-Event Description 2022: Deixis and Other Topics in Motion-Event Description. Kyoto University., 

    2022年11月

  • Diachronic development of idioms with the verbs ‘say’ and ‘do’ in Sidaama and their grammatical integration.

    Kazuhiro Kawachi

    Workshop on Typology of Ideophones at York University, Toronto, Canada, and Nagoya University (online)., 

    2022年06月

    口頭発表(一般)

  • Reports on a semantic-typology experiment on causative constructions: The Sidaama case.

    Kazuhiro Kawachi

    日本アフリカ学会第59回学術大会 於長崎大学(オンライン), 

    2022年05月

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 東アフリカの言語のデータを使った空間・人称・時間ダイクシスに関する研究

    2022年06月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 河内 一博, 挑戦的研究(萌芽), 研究代表者

  • 類別詞と文法的性を中心にした文法的体言化に関する類型的研究

    2022年04月
    -
    2027年03月

    文部科学省・日本学術振興会 , 科学研究費助成事業 , 河内 一博, 基盤研究(B), 研究代表者

  • 空間移動と状態変化の表現の並行性に関する統一的通言語的研究

    2019年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 松本 曜, 基盤研究(B), 補助金,  研究分担者

  • 言語使用におけるアイコニシティ:因果関係を表す事象に使われる構文の通言語的研究

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 河内 一博, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • Causality across Languages

    2015年09月
    -
    2019年01月

    National Science Foundation, Jürgen Bohnemeyer, 補助金,  その他

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 山崎奨励賞

    2014年03月

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • Linguistic Association of Canada and the United States Presidents' Prize for 2009

    2009年08月

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • College of Arts and Sciences Dissertation Fellowship, 2005-2006

    2005年08月

    受賞区分: その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 外国語演習S(実践英語演習Ⅱ)

    2022年度

  • 外国語演習S(実践英語演習Ⅰ)

    2022年度

  • 総合教育セミナーDb(Ⅱ類)

    2022年度

  • 総合教育セミナーDa(Ⅱ類)

    2022年度

  • 英語リーディングⅠb(中級)

    2022年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本認知言語学会, 

    2007年09月
    -
    継続中
  • 日本言語学会, 

    2007年10月
    -
    継続中
  • 日本英語学会, 

    2010年05月
    -
    継続中
  • Association for Linguistic Typology, 

    2010年10月
    -
    継続中
  • 日本アフリカ学会, 

    2016年01月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    科学研究費委員会専門委員(英語学), 日本学術振興会

  • 2015年04月
    -
    継続中

    評議員 , 日本言語学会

  • 2014年05月
    -
    2015年08月

    大会運営委員, World Congress of African Linguistics

  • 2012年07月
    -
    2015年06月

    大会運営委員, 日本言語学会

  • 2011年11月

    発表賞審査員2012年11月, 2014年06月, 2014年11月, 2018年06月, 2019年11月, 日本言語学会