IWAKAWA Takatsugu

写真a

Affiliation

Faculty of Law, Department of Law (Mita)

Position

Associate Professor

Career 【 Display / hide

  • 2013.04
    -
    2016.03

    東京大学, 大学院法学政治学研究科, 助教

  • 2016.04
    -
    2020.08

    北海道大学, 大学院法学研究科,  准教授

  • 2020.09
    -
    Present

    慶應義塾大学, 法学部, 准教授

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 学士(法学), Waseda University, 2011.03

  • 法務博士(専門職), The University of Tokyo, 2013.03

Licenses and Qualifications 【 Display / hide

  • 司法試験, 2013.09

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Civil law

 

Books 【 Display / hide

  • 双務契約の牽連性と担保の原理 - 同時履行の抗弁・法定解除・留置権・相殺

    岩川隆嗣, 有斐閣, 2020.08

Papers 【 Display / hide

  • フランス法における責任追及の直接訴権―2017年民事責任法改正草案を踏まえて

    岩川 隆嗣

    慶應義塾大学法学研究 94 ( 11 ) 75 - 103 2021.12

    Single Work, Except for reviews

  • 預金債権の共同相続後における金融機関による相殺

    岩川 隆嗣

    NBL  ( 1160 ) 24 - 32 2019.12

    Single Work, Except for reviews

  • 双務契約の牽連性と担保の原理 ― フランス法における同時履行の抗弁を中心として(十・完)

    岩川 隆嗣

    135 ( 12 ) 57 - 133 2018.12

    Single Work, Except for reviews

  • 双務契約の牽連性と担保の原理 ― フランス法における同時履行の抗弁を中心として(九)

    岩川 隆嗣

    135 ( 10 ) 68 - 129 2018.10

    Single Work, Except for reviews

  • 双務契約の牽連性と担保の原理 ― フランス法における同時履行の抗弁を中心として(八)

    岩川 隆嗣

    法学協会雑誌 135 ( 8 ) 1 - 63 2018.08

    Single Work, Except for reviews

display all >>

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • 判批 破産者たる請負人に対する注文者による違約金債権の取得が、破産法72 条2 項2 号の 「前に生じた原因」に基づくとされた事例(最判令和2年9月8日民集74巻6号1643頁)

    岩川隆嗣

    新・判例解説Watch 29   67 - 70 2021.10

    Other article, Single Work

     View Summary

    2021年3月にWeb版に掲載した評釈を、雑誌化する際、加筆修正したもの。

  • 判批 破産者たる請負人に対する注文者による違約金債権の取得が、破産法72 条2 項2 号の 「前に生じた原因」に基づくとされた事例(最判令和2年9月8日裁時1751号4頁)

    岩川隆嗣

    新・判例解説Watch 民法(財産法)No.208    1 - 4 2021.03

    Other article, Single Work

  • 経済法分野における利益の衡量と比例性のコントロール:競争法を例として

    岩川隆嗣(訳), シルヴェーヌ・ポワイヨ=ペルツェット(著)

    ICCLP Publications  ( 15 ) 23 - 31 2020.05

    Introduction and explanation (bulletin of university, research institution), Joint Work

  • 判批 所有権留保がされた動産に対する集合動産譲渡担保権の成否(消極)(最判平成30年12月7日民集72巻6号1044頁)

    岩川隆嗣

    令和元年度重要判例解説  ( ジュリスト臨時増刊1544号 ) 68 - 69 2020.04

    Other article, Single Work

  • 双務契約の牽連性と担保の原理 ―フランス法における同時履行の抗弁を中心として

    岩川 隆嗣

    私法  ( 81 ) 108 - 114 2019.08

    Summary of the papers read (national conference and other science council), Single Work

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • フランスにおけるCISGの統一的解釈と直接訴権の成否

    岩川隆嗣

    北大民事法研究会/私法統一研究会, 2021.10, Oral Presentation(general)

  • 研究の評価基準 - 思考整理のための報告

    岩川隆嗣

    慶應義塾大学民法合同演習, 2021.07, Oral Presentation(general)

  • 預金債権の共同相続後における金融機関による相殺

    岩川 隆嗣

    札幌民事実務研究会, 2020.02, Oral Presentation(guest/special)

  • 預金債権の共同相続後における金融機関による相殺

    岩川 隆嗣

    北大民事法研究会, 2019.10, Oral Presentation(general)

  • 双務契約の牽連性と担保の原理 — フランス法における同時履行の抗弁を中心として

    岩川 隆嗣

    日本私法学会第82回大会, 2018.10, Other

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 多極化時代グローバル私法の新地平:私法統一の弾性化と国内受容における偏差の研究

    2020.04
    -
    2025.03

    Hokkaido University, 曽野 裕夫, 藤田 友敬, 小塚 荘一郎, 森下 哲朗, 松井 和彦, 岩川 隆嗣, 沖野 眞已, 青木 則幸, 原 恵美, 西谷 祐子, 村上 正子, 林 貴美, 横溝 大, 児矢野 マリ, 高杉 直, Grant-in-Aid for Scientific Research (A), Research grant, Principal Investigator

     View Summary

    国によって法が異なることの不都合を克服すべく19世紀に西欧で始まった私法統一活動は、20世紀には地球規模の企てとなったが、今日では、その重心は「法の統一」から「法の平準化」「法の現代化」へと遷移し、「統一」は断念され、受容国による「偏差」が許容されるものとなっている。
    私法統一が前提とした「自由主義経済」に対する対抗軸である「国家資本主義」の勃興や、「先端技術」による「法」の駆逐などの、さまざまな「多極化」現象はさらに「法の統一」を後退させる。
    本研究は、このような「多極化」の時代における私法統一の国内受容における「偏差」の現状・要因を分析し、その許容度についての指針の獲得を目的とする。

  • 契約法上の担保的制度の具体的考察

    2019.04
    -
    2023.03

    Hokkaido University, 岩川 隆嗣, Grant-in-Aid for Early-Career Scientists, Research grant, Principal Investigator

     View Summary

    本研究は,契約法上の担保的機能を有する諸制度は契約などの発生原因によって予定されていた正しい履行を実現させるための諸制度であるという分析視角を通じて,担保的制度の適用を各契約類型や当事者の単複等の差異に照らして検討し,以ってこの抽象的な分析視角を担保的制度に共通する担保の原理として具体化しようとするものである。

  • Correlation of obligations in synallagmatic contract: based on defense of simultaneous performance in French law

    2016.04
    -
    2019.03

    Hokkaido University, Iwakawa Takatsugu, Grant-in-Aid for Young Scientists (B), Research grant, Principal Investigator

     View Summary

    This research reveals by referring to the french civil law that the rights for the simultaneous performance of contractual obligations (defense of simultaneaous performance , right of retention , right of cancellation , set-off between obligations arisen from same contract) are not founded on their causal relation, but on the identity of their ground.

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • SEMINAR: LAW

    2021

  • SEMINAR (DEPARTMENT OF LAW) 2

    2021

  • SEMINAR (DEPARTMENT OF LAW) 1

    2021

  • SEMINAR

    2021

  • JOINT SEMINAR: CIVIL LAW 2

    2021

display all >>

 

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 日本私法学会, 

    2013
    -
    Present
  • 日仏法学会, 

    2016
    -
    Present

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2017.10
    -
    2019.09

    運営懇談会委員 , 日本私法学会