春田 淳志 (ハルタ ジュンジ)

Haruta, Junji

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 医学教育統轄センター (信濃町)

職名

准教授(有期)

メールアドレス

メールアドレス

研究室住所

〒160-8582  東京都新宿区信濃町35

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 地域の市中病院で総合診療医として研鑽し、医学教育領域で博士課程を取得し、現在Academic GP(General Practitioner)として多職種連携や総合的な視点を持った医療者教育などの研究に注力しております。また、領域横断的に、様々な領域の研究者・教育者の方々と協働しながら、慶應義塾大学の医療者教育をより良いものにし、さらに医療者教育や地域包括ケアに関わる研究を進めて参ります。総合大学としての義塾の強みを活かし、世界のどこよりも早く超高齢社会を迎える本邦の知見を臨床実践・教育・研究から発信していきたいと思っております。

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学医学医療系, 客員准教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    東京ほくと王子生協病院, 初期研修医

  • 2006年04月
    -
    2010年03月

    東京ほくと王子生協病院, 後期研修医

  • 2011年04月
    -
    2015年03月

    東京大学大学院医学系研究科, 医学教育国際研究センター, 博士

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    筑波大学附属病院, 総合診療グループ, 病院講師

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    筑波大学医学医療系, 講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2004年03月

    旭川医科大学, 医学部, 医学科

    大学, 卒業

  • 2011年04月
    -
    2015年03月

    東京大学, 大学院医学系研究科内科学

    大学院, 卒業, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 東京大学, 課程, 2015年03月

    どのように医療専門職と地域住民は相互に学びあうのか? トランスプロフェッショナルエデュケーション(職種を超えた連携教育)の事例

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会認定内科認定医, 2009年10月

  • 日本プライマリ・ケア学会認定家庭医療専門医, 2010年04月

  • 日本プライマリ・ケア学会認定家庭医療指導医, 2013年11月

  • 医学教育学会認定医学教育専門家, 2016年07月

  • Certificate in Measurement and Assessment in Medical Education in Iowa University, 2017年07月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療社会学 (総合診療、医学教育、多職種連携)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 地域における多職種連携、地域医療学入門

    春田淳志, 診断と治療社, 2019年08月,  ページ数: 42-44

  • 評価基準(ルーブリック)について 総合診療専門医 ポートフォリオ実例集

    春田淳志, 南山堂, 2018年07月,  ページ数: 6-7

  • 日々の継続的なケースログから抽出してポートフォリオを作成する 総合診療専門医 ポートフォリオ実例集

    春田淳志, 南山堂, 2018年07月,  ページ数: 150-152

  • 各国の多職種連携コンピテンシーについて①IPの基本と原則 (ラーニングシリーズ IP(インタープロフェッショナル)/保健・医療・福祉専門職の連携教育・実践)

    春田淳志、吉本尚, 協同医書出版社, 2018年03月,  ページ数: 80-92

  • 定期的な省察による生涯学習 草場鉄周(編集主幹) 総合診療専門医 何をどう教え学ぶか 工夫と実例

    春田淳志, 中山書店, 2016年,  ページ数: 145-151

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Better Patient Experience is Associated with Better Vaccine Uptake in Older Adults: Multicentered Cross-sectional Study

    Kaneko, M., Aoki, T., Goto, R., Ozone, S., Haruta, J.,

    Journal of General and Internal Medicine  2020年09月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • Exploring the structure of social media application-based information-sharing clinical networks in a community in Japan using a social network analysis approach

    Junji Haruta, Sho Tsugawa, Kazunari Ogura

    Family Medicine and Community Health 8   e000396 2020年09月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • Doctors' professional identity and socialisation from medical students to staff doctors in Japan: Narrative analysis in qualitative research from a family physician perspective

    Haruta J., Ozone S., Hamano J.

    BMJ Open (BMJ Open)  10 ( 7 )  2020年07月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

     概要を見る

    © Author(s) (or their employer(s)) 2020. Re-use permitted under CC BY-NC. No commercial re-use. See rights and permissions. Published by BMJ. Objective Becoming a doctor involves transforming a lay person into a medical professional, which is known as professional socialisation. However, few studies have clarified differences in the professional socialisation process in detail. The aim of this study was to clarify the process of professional socialisation of medical students to residents to staff doctors. Design We used narrative analysis in qualitative research as a theoretical framework. Setting This study was conducted in Japan. Participants Participants were collected using a purposive sample of doctors with over 7 years of medical experience. We conducted semistructured interviews from September 2015 to December 2016, then used a structured approach to integrate the sequence of events into coherent configurations. Results Participants were 13 males and 8 females with medical careers ranging from 8 to 30 years. All participants began to seriously consider their own career and embodied their ideal image of a doctor through clinical practice. As residents, the participants adapted as a member of the organisation of doctors. Subsequently, doctors exhibited four patterns: first, they smoothly transitioned from peripheral' to full' participation in the organisation; second, they could no longer participate peripherally but developed a professional image from individual social interactions; third, they were affected by outsiders' perspectives and gradually participated peripherally; fourth, they could not regard the hospital as a legitimate organisation and could not participate fully. Conclusion The professional socialisation process comprises an institutional theory, professional persona, legitimate peripheral participation and threshold concepts. These findings may be useful in supporting professional development.

  • Measuring family caregivers’ experience of interprofessional care for patients and families: development of the Japanese version of the Caregivers’ Experience Instrument

    Nakayama Gen, Masumoto Shoichi, Haruta Junji, Maeno Tetsuhiro

    Family Practice cmaa059 2020年06月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • 医療者と文化人類学者の協働の試み 筑波での経験の報告

    木村周平, 春田淳志, 照山絢子, 後藤亮平

    歴史人類 48   66 - 48 2020年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要)

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 英国医学部卒前教育の社会学のコア・カリキュラムの指針についての日本語版の開発

    春田淳志、阪本直人

    医学教育 51 ( 4 )  2020年08月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • WS-08. 医療者と人類学者との視座の相違性からみえてくる異分野協働の「可能性」

    春田淳志、後藤亮平、木村周平、照山絢子

    医学教育 51 ( suppl ) 55 - 55 2020年07月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

  • O-351 [医師教育]. クリニカル・クラークシップの問題改善に向けた取組 ~ 院内各診療科相互視察と院外関連施設ヒアリング ~

    木村友和, 春田淳志, 高屋敷明由美, 前野貴美, 鈴木英雄, 前野哲博, 田中誠, 桝正幸

    医学教育 51 ( suppl ) 214 - 214 2020年07月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

  • O-197 [医師教育]. 都市部で活きる家庭医の専門性 - 川崎市内の地域比較からみえたこと

    秩父陽香, 高屋敷明由美, 春田淳志, 片岡義裕, 前野哲博

    医学教育 51 ( suppl ) 155 - 155 2020年07月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

  • O-192 [医師教育]. リアリスト分析で地域医療実習における医学生の健康の社会的決定要因についての学びのメカニズムを探る

    春田淳志, 高屋敷明由美, 小曽根早知子, 前野貴美, 前野哲博

    医学教育 51 ( suppl ) 153 - 153 2020年07月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 地域包括ケアにおける動的システムの評価方法の開発と検証

    2019年04月
    -
    2022年03月

    科学研究費補助金, 春田淳志, 若手研究, 補助金,  代表

  • 健康の社会的決定要因に関する体系的な医学教育カリキュラムの開発と効果の検証

    2019年04月
    -
    2022年03月

    科学研究費補助金, 高屋敷明由美, 前野 哲博、春田 淳志、前野 貴美 , 基盤研究(C), 補助金,  分担

  • 地域包括ケア病棟に入院する認知症高齢者を支援する多職種専従チームの開発

    2017年04月
    -
    2020年03月

    科学研究費補助金, 浜端賢次, 春田淳志、宮林幸江, 基盤研究(C), 補助金,  分担

  • 多職種連携教育の評価方法の開発と妥当性の検証

    2016年04月
    -
    2019年03月

    科学研究費補助金 , 春田淳志, 山本 由布 後藤 亮平 前野 貴美 , 若手研究(B), その他,  代表

  • 住民を巻き込んだ多職種連携教育(Transprofessional education)を基盤とした緩和ケアボランティア養成プログラムの開発-参加型アクションリサーチ-

    2014年04月
    -
    2016年03月

    日本プライマリ・ケア連合学会, 研究助成(チーム研究), 春田淳志, 大石愛、田直子, その他,  代表

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 医学教育賞 懸田賞

    2020年08月, 日本医学教育学会, Realist approach to evaluating an interprofessional education program for medical students in clinical practice at a community hospital

    受賞区分: 学会誌・学術雑誌による顕彰,  受賞国: 日本