Haruta, Junji

写真a

Affiliation

School of Medicine, Medical Education Center (Shinanomachi)

Position

Associate Professor (Non-tenured)

E-mail Address

E-mail address

Contact Address

35 Shinanomachi Shinjukuku Tokyo,160--8582 Japan

Profile Summary 【 Display / hide

  • 地域の市中病院で総合診療医として研鑽し、医学教育領域で博士課程を取得し、現在Academic GP(General Practitioner)として多職種連携や総合的な視点を持った医療者教育などの研究に注力しております。また、領域横断的に、様々な領域の研究者・教育者の方々と協働しながら、慶應義塾大学の医療者教育をより良いものにし、さらに医療者教育や地域包括ケアに関わる研究を進めて参ります。総合大学としての義塾の強みを活かし、世界のどこよりも早く超高齢社会を迎える本邦の知見を臨床実践・教育・研究から発信していきたいと思っております。

Other Affiliation 【 Display / hide

  • 筑波大学医学医療系, 客員准教授

Career 【 Display / hide

  • 2004.04
    -
    2006.03

    東京ほくと王子生協病院, 初期研修医

  • 2006.04
    -
    2010.03

    東京ほくと王子生協病院, 後期研修医

  • 2011.04
    -
    2015.03

    東京大学大学院医学系研究科, 医学教育国際研究センター, 博士

  • 2015.04
    -
    2018.03

    筑波大学附属病院, 総合診療グループ, 病院講師

  • 2018.04
    -
    2019.03

    筑波大学医学医療系, 講師

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1998.04
    -
    2004.03

    Asahikawa Medical College, 医学部, 医学科

    University, Graduated

  • 2011.04
    -
    2015.03

    The University of Tokyo, 大学院医学系研究科内科学

    Graduate School, Graduated, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • Doctor (Medicine), The University of Tokyo, Coursework, 2015.03

    How do healthcare professionals and lay people in a community learn interactively? A case of trans-professional education

Licenses and Qualifications 【 Display / hide

  • 日本内科学会認定内科認定医, 2009.10

  • 日本プライマリ・ケア学会認定家庭医療専門医, 2010.04

  • 日本プライマリ・ケア学会認定家庭医療指導医, 2013.11

  • 医学教育学会認定医学教育専門家, 2016.07

  • Certificate in Measurement and Assessment in Medical Education in Iowa University, 2017.07

display all >>

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Medical sociology (総合診療、医学教育、多職種連携)

 

Books 【 Display / hide

  • 地域における多職種連携、地域医療学入門

    春田淳志, 診断と治療社, 2019.08,  Page: 42-44

  • 日々の継続的なケースログから抽出してポートフォリオを作成する 総合診療専門医 ポートフォリオ実例集

    春田淳志, 南山堂, 2018.07,  Page: 150-152

  • 評価基準(ルーブリック)について 総合診療専門医 ポートフォリオ実例集

    春田淳志, 南山堂, 2018.07,  Page: 6-7

  • 各国の多職種連携コンピテンシーについて①IPの基本と原則 (ラーニングシリーズ IP(インタープロフェッショナル)/保健・医療・福祉専門職の連携教育・実践)

    春田淳志, 吉本尚, 協同医書出版社, 2018.03,  Page: 80-92

  • 定期的な省察による生涯学習 草場鉄周(編集主幹) 総合診療専門医 何をどう教え学ぶか 工夫と実例

    春田淳志, 中山書店, 2016,  Page: 145-151

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • Validation of the professional self-identity questionnaire for medical students during clinical practice in Japan

    J Haruta, T Maeno, A Takayashiki, R Goto, S Ozone, T Maeno

    International Journal of Medical Education 12, 160-165 12   160 - 165 2021.08

    ISSN  2042-6372

  • Comparison of Interprofessional Collaboration, Work Burden, Workplace Satisfaction, and Relationship with Neighboring Facilities between Clinic/Small Hospital Staff and those at Regional Core Hospitals

    Komori Satoko, Ozone Sachiko, Goto Ryohei, Haruta Junji

    An Official Journal of the Japan Primary Care Association (JAPAN PRIMARY CARE ASSOCIATION)  44 ( 1 ) 11 - 16 2021.03

    Joint Work, Except for reviews,  ISSN  2185-2928

     View Summary

    <p><b>Introduction: </b>This study compared perceptions of interprofessional collaboration and recognition of work between clinic/small hospital staff and those at regional core hospitals.</p><p><b>Methods: </b>An anonymous, self-administered questionnaire was administered to the staff at 4 clinics/small hospital and those at 3 regional core hospitals responsible for regional medical care. The following items were compared between the 2 groups: Assessment of Interprofessional Team Collaboration (AITCS) Japanese version, Readiness for Interprofessional Learning Scale (RIPLS) Japanese version, workplace satisfaction, and relationship with neighboring facilities.</p><p><b>Results: </b>The subjects were 74 staff members at clinics and small hospital and 576 staff members at regional core hospitals; their average ages were 41.9 years and 40.6 years, respectively. Compared to staff at regional core hospitals, those at the clinics and small hospitals had significantly higher AITCS scores, RIPLS scores, and workplace satisfaction, and they also considered their institutions to have better relationship with neighboring facilities.</p><p><b>Conclusion: </b>The staff of clinics and small hospital were more aware of interprofessional collaboration than hospital staff, and were more satisfied with their workplaces. Understanding the underlying organizational differences may facilitate vertical integration in community-based integrated care systems.</p>

  • The influence of family caregivers’ experience of interprofessional care on their participation in health checkups as preventive health behavior in Japan—a cross-sectional analysis

    Nakayama G, Masumoto S, Haruta J, Maeno T

    International Journal of Environmental Research and Public Health (International Journal of Environmental Research and Public Health)  18 ( 1 ) 1 - 12 2021.01

    Joint Work, Except for reviews,  ISSN  16617827

     View Summary

    Background: The role of family caregivers has been vital, especially in superaging societies like Japan’s. The caregivers’ experience of interprofessional care is a key aspect in their evaluation of the quality of integrated care. We sought to explore whether family caregivers’ experience of interprofessional care is associated with their own participation in health checkups as preventive health behaviors. Methods: We used cross-sectional data obtained during the development of the Japanese version of the Caregivers’ Experience Instrument (J-IEXPAC CAREGIVERS). Participants who had provided care for at least one year were surveyed (n = 251). We assessed family caregivers’ experience of interprofessional care using J-IEXPAC CAREGIVERS and their participation in health checkups. Results: Multivariate logistic regression analysis revealed that the J-IEXPAC CAREGIVERS total score was significantly associated with the caregivers’ participation in health checkups [odds ratio per 1-point increase = 1.05; 95% confidence interval 1.01–1.09]. Two domain scores (attention for the patient and attention for the caregiver) of J-IEXPAC CAREGIVERS were significantly associated with the outcome. Conclusions: Family caregivers with more positive experiences of interprofessional care were more likely to participate in health checkups. These results support the significance of family caregivers’ experience of care, which may promote preventive health behaviors.

  • Impact of Early Exposure to Simulation Program on Undergraduate Medical Students’ Interest in Urology

    T Kimura, K Kojo, M Shiga, I Chihara, A Ikeda, S Kandori, T Kojima, ...

    Journal of Medical Education and Curricular Development 8, 23821205211020750 8   23821205211020750 2021.01

    Joint Work, Except for reviews

  • What Role Conceptions Do Multi-Healthcare Professionals Have of Physicians and What Role Expectation Do They Have of Physicians in a Community?

    J Haruta, R Goto, S Ozone, T Maeno

     2021

display all >>

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • ニューノーマル時代における多職種連携を考える コロナ禍での在宅における多職種連携とそこで顕在化した不具合とその解決の糸口

    春田 淳志

    リハビリテーション連携科学 (日本リハビリテーション連携科学学会)  22 ( 1 ) 45 - 46 2021.06

    ISSN  1880-7348

  • 多職種連携を円滑に進めるためのコンテキスト(文脈)を理解するにはどうしたらよいか?

    春田 淳志, 木村 周平, 照山 絢子, 後藤 亮平, 涌水 理恵, 林 幹雄

    新しい医学教育の流れ (岐阜大学医学教育開発研究センター)  21 ( 1 ) S21 - S22 2021.05

    ISSN  2189-5872

  • 在宅ケアにおける多職種協働 在宅における多職種協働に求められる俯瞰的視点 場と対象者の相互作用を踏まえた多職種連携コンピテンシー

    春田 淳志

    日本在宅ケア学会誌 ((一社)日本在宅ケア学会)  24 ( 2 ) 11 - 16 2021.03

    Other article, Single Work,  ISSN  1346-9649

  • オンラインでの多職種連携教育実践報告(第1報) 初年次学生を対象とした教育的なインタラクションを促すオンラインの工夫

    春田 淳志, 後藤 道子, 野呂瀬 崇彦, 村岡 千種, 伊野 美幸, 石川 さと子, 内山 靖, 大槻 眞嗣, 加藤 博孝, 後藤 亮平, 内藤 知佐子, 前野 貴美, 吉見 憲二, 安井 浩樹, 多職種連携教育部会

    医学教育 ((一社)日本医学教育学会)  52 ( 1 ) 53 - 57 2021.02

    Other article, Joint Work,  ISSN  0386-9644

     View Summary

    教室での多職種連携教育はCOVID-19のため困難となった。オンラインでの多職種連携教育のノウハウを共有するため、2大学で実施したオンラインの初年次学生を対象とした多職種連携教育の実践報告を行う。三重大学ではZoomを用いた授業を実施し、クイズやチャットなどで教員と学生とのインタラクションを促す仕掛けが機能した。北海道科学大学ではZoomとLearning Management System(LMS)を用いてチーム医療体験ゲームを行い、ゲーム性と明確な指示のもと学生間のインタラクションが促進された。どちらも既存の多職種連携教育をオンラインでうまく活用し、学生の職種役割の理解やメンバーシップ/チームシップの理解は達成されたが、教員の慣れや時間配分などの課題があった。(著者抄録)

  • 多職種連携を学ぶ学生の評価を考えよう

    園井 教裕, 今福 輪太郎, 春田 淳志, 後藤 亮平

    新しい医学教育の流れ (岐阜大学医学教育開発研究センター)  20 ( 3 ) S121 - S122 2021.01

    ISSN  2189-5872

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • プライマリ・ケア医の仕事の意味にはどのような要因が関係するか?

    2021.04
    -
    2024.03

    University of Tsukuba, 山本 由布, 春田 淳志, 後藤 亮平, 前野 哲博, Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

     View Summary

    日本では少子高齢化などに伴いプライマリ・ケア(PC)への需要が高まっているが、PC医の数は不足している。PC医にとって、どのような仕事との関わりが「仕事の意味(Meaning of work)」と関連するかを明らかにすることで、PC医が仕事の意義を感じる契機を見つけ、活き活きと働くロールモデルとなり、PC医が増える可能性がある。本研究の目的は、PC医の仕事の意味に関連する要因を探索することである。

  • Curriculum development on social determinants of health for medical students and assessment on its educational effect.

    2019.04
    -
    2022.03

    University of Tsukuba, 高屋敷明由美, 前野 哲博、春田 淳志、前野 貴美 , Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Research grant, Co-investigator

     View Summary

    医療者は、健康に影響を与える貧困や労働・社会格差などの社会的要因(Social Determinants of Health, 以下SDH)を正しく理解し、アプローチを行う役割を担う。先行研究の蓄積が乏しいこの分野の卒前医学教育の現状を踏まえて、我が国で先駆的に医学生のSDH教育プログラムを導入した筑波大学および国内外の先行事例をあわせて、量的研究と質的研究(教員・学生インタビュー、文献調査)を複合的に行うアクションリサーチの研究デザインを用いて教育効果の検証を行い、SDHの教育推進に活用できる汎用可能なFaculty Developmentプログラムの開発を行う。

  • Development and analysis of system dynamic evaluation models in community-based integrated care system

    2019.04
    -
    2022.03

    University of Tsukuba, 春田淳志, Grant-in-Aid for Early-Career Scientists, Research grant, Principal Investigator

     View Summary

    本研究は2025年までに地域包括ケアシステムを評価する方法は確立するため、効果的な地域包括ケアの実態を可視化することを目的とする。研究方法は、ネットワーク分析とリアリスト分析を用い、3年で3つのフィールドで調査する予定である。八戸や神栖は目的型、笠間は地縁型コミュニティ構築の戦略を取り、他に転用可能なモデルとなり得る先進的な地域であるため、目的的に研究のフィールドとして選択した。本研究で地域包括ケアにおけるネットワークとその構築プロセスが可視化され、効果的なネットワークを構築できれば、本邦だけでなく、今後高齢社会を迎える先進国にむけても一つのEvidenceとなる。

  • 地域包括ケア病棟に入院する認知症高齢者を支援する多職種専従チームの開発

    2017.04
    -
    2020.03

    Jichi Medical University, 浜端賢次, 春田淳志、宮林幸江, Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Research grant, Co-investigator

     View Summary

    質問紙調査を行うため、1年目に作成した質問紙を用いて医療機関でパイロットスタディを実施した。質問紙の項目には、前年度検討した属性(筋骨格系疾患、呼吸器疾患、外傷・熱傷・中毒、消化器疾患(肝臓、胆道、膵臓疾患等)を設定したが、複合的に疾患を持つ患者が多く単一的な疾患に分類することが困難であった。また、退院時の行き先を自宅と介護施設と想定したが、転院せざるを得ないケース等も散見された。質問項目の多職種による連携内容では、BPSDの対応、サルコペニア、リハビリ栄養、服薬の指導などを想定していたが、退院支援そのものが連携の中心であるとの回答も見られた。さらに、質問紙項目の認知症高齢者の実状についてもBPSD等による困難さはあまり目立たず、認知症に関する多職種の関わりでも現状把握は難しかった。特に、限定された職種が関わることで多職種の関わりが限局され、本来は関わったほうが良いと推測される職種がその場におらず連携の実状が限定されていた。このことから、多職種の関わりについてはそれぞれの医療機関に属している職種でモデルを考える必要に迫られた。これらから、現時点での質問紙では地域包括ケア病棟の現状を把握することが難しいことが分かった。そこで、本研究の目的を北海道・東北エリアの2病院に説明し、フォーカスグループにて地域包括ケア病棟の多職種の実状を尋ねた。現在、分析中ではあるが、この結果を基に再度質問紙の修正を行っている。
    1年目は本研究に関連する文献検討から、質問紙項目の属性と多職種に関する内容を整理した。それに従って質問紙を作成し、パイロットスタディを行ってみたところ、本研究の目的を明らかにするには質問紙が不十分であることが分かった。そこで、質問紙調査を行う前に、現場の実際を尋ねるフォーカスグループを実施することとした。現在、データを分析中ではあるが、その内容を踏まえ再度質問紙を検討している。そのため、今年度に予定されていた質問紙調査を行うことができなかった。
    現在、分析している質的データ結果を踏まえ、質問紙を修正して調査を実施する。質問紙調査の結果については、早急に集計する。集計した結果を踏まえ、1~2病院でフォーカスグループを実施し、多職種連専従チームを検討する。

  • Development of the tools to assess interprofessional competency and examination of their impact

    2016.04
    -
    2019.03

    University of Tsukuba, Haruta Junji, Yamamoto Yu, Goto Ryohei, Maeno Takami, Grant-in-Aid for Young Scientists (B), Other, Principal Investigator

     View Summary

    As tools to assess interprofessional competency, we developed four assessment methods that were tested for content validity, reliability, and feasibility. We developed Script Concordance Test as a written test, and an Interprofessional Performance Scale in Conference that can be implemented in the clinical field as an observational assessment tool. In addition, we developed a Japanese version of a self-assessment questionnaire to evaluate interprofessional collaborations in practice in Canada, and developed an objective structured clinical examination to assess the practical skills for students. When these assessment tools can be spread from individuals to organizations with little variation in evaluation, the criteria and improvement points become clear, and healthcare professionals can be motivated from pre-graduated education to continuous professional development. We expect that the interprofessional competency of healthcare professionals will be improved using these tools.

display all >>

Awards 【 Display / hide

  • 医学教育賞 懸田賞

    2020.08, 日本医学教育学会, Realist approach to evaluating an interprofessional education program for medical students in clinical practice at a community hospital

    Type of Award: Celebration by Official journal of a scientific society or Academic Journal.  Country: 日本

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • EARLY EXPOSURE PROGRAM 2

    2021