Miyata, Yosuke

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Department of Humanities and Social Science (Library and Information Science) (Mita)

Position

Research Associate/Assistant Professor/Instructor

 

Books 【 Display / hide

  • スキルアップ!情報検索 : 基本と実践

    中島 玲子, 安形 輝, 宮田 洋輔, 日外アソシエーツ, 2017

  • メタデータとウェブサービス

    日本図書館情報学会研究委員会, 勉誠出版, 2016

    Scope: 21世紀の書誌コントロール

  • 大学でどう学ぶか2015[第3版]

    帝京大学総合教育センター導入教育検討委員会「アカデミック・スキルズ」ワーキンググループ編, 帝京大学総合教育センター導入教育検討委員会「アカデミック・スキルズ」ワーキンググループ, 2015

    Scope: 第5章 「発表する」 : 知を分かち合うためのプレゼンテーション・スキル

Papers 【 Display / hide

  • 公立図書館の複合施設化と図書館利用

    宮田洋輔

    帝京大学学修・研究支援センター論集= Teikyo journal of Center for Active … 10   31 - 42 2019.03

    Research paper (bulletin of university, research institution), Single Work

  • 「『学びをデザインする』 世界のラーニングコモンズ最前線ー学生のアイデアを形にする学習空間の作り方」 報告

    宮田洋輔

    帝京大学 学修・研究支援センター論集, 135-137  2019

  • A Qualitative Comparative Analysis of Factors on Disparity of Public Library Services within Prefectures

    宮田 洋輔

    帝京大学 学修・研究支援センター論集 (八王子 : 帝京大学 学修・研究支援センター)  9   31 - 44 2018.03

    Research paper (bulletin of university, research institution), Single Work,  ISSN  2433-6912

  • Analyzing Library?and?Information Science Full-Text Articles using a Topic Modeling Approach

    Keiko Kurata, Yosuke Miyata, Emi Ishita, Michimasa Yamamoto, Fang Yang, Azusa Iwase

    ASIS&T annual meeting, Proceedings of the Association for Information Science and Technology 55 ( 1 ) 847 - 848 2018

    Joint Work, Accepted

  • Analyzing Library and Information Science Full-Text Articles Using a Topic Modeling Approach

    Keiko Kurata, Yosuke Miyata, Emi Ishita, Michimasa Yamamoto, Fang Yang, Azusa Iwase

    Proceedings of the 81st ASIS&T Annual Meeting, (Association for Information Science & Technology)  55 ( 1 ) 847 - 848 2018

     View Summary

    Copyright © 2018 by Association for Information Science and Technology The topic modeling approach can indicate hidden relationships between articles in a particular academic discipline. This study aims to examine topics in library and information science (LIS) using the latent Dirichlet allocation method. From representative five journals, 1,648 full-text articles were analyzed. We labeled 30 identified topics based on the top 10 highly weighted terms for each topic, title, and body of articles. From the topic mapping, commonly used methods and shift of research issues in LIS were found.

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • IT を活用した問題解決能力に影響する要因:「OECD 国際成人力調査 (PIAAC)」 のオープンデータを用いて

    山岡加奈, 岩瀬梓, 王雨晴, 広江理紗子, 吉田直輝, 宮田洋輔, 石田栄美, ...

    三田図書館・情報学会研究大会発表論文集, 25-28 (三田図書館・情報学会)     25 - 28 2019

    Other, Joint Work,  ISSN  1344-3283

  • 引用分析から見た形成期の図書館情報学

    宮田洋輔

    三田図書館・情報学会研究大会発表論文集, 57-60 (三田図書館・情報学会)     57 - 60 2019

    Other, Single Work,  ISSN  1344-3283

  • Annual Reports : Brief Report of the Facility Tour of Teikyo University and the CAESL Seminar

    宮田 洋輔

    帝京大学学修・研究支援センター論集 = Teikyo journal of Center for Active Engagement and Student Learning (八王子 : 帝京大学 学修・研究支援センター)  10   135 - 137 2019

    Other, Single Work,  ISSN  2433-6912

  • LDAを用いた図書館情報学の研究トピックの変化:2期間の雑誌論文の全文を対象に

    宮田洋輔, 山本通正, 楊芳, 岩瀬梓, 石田栄美, 倉田敬子, 上田修一

    2018年度三田図書館・情報学会研究大会発表論文集    41 - 44 2018.10

    Other, Joint Work

  • 学会発表の形式とアクセスの現況

    宮田洋輔, 上田修一, 若宮俊, 石田栄美, 倉田敬子

    2016年度日本図書館情報学会研究大会発表論文集    23 - 26 2016.11

    Other, Joint Work

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • LDAを用いた図書館情報学の研究トピックの変化:2期間の雑誌論文の全文を対象に

    宮田洋輔, 山本通正, 楊芳, 岩瀬梓, 石田栄美, 倉田敬子, 上田修一

    三田図書館・情報学会研究大会, 

    2018.10

    Oral presentation (general)

  • 質的比較分析を用いた都道府県内における図書館数格差の要因分析

    門脇夏紀, 宮田洋輔

    三田図書館・情報学会研究大会発表論文集, 13-16, 

    2017

    Other

  • A Structural Equation Model of Information Retrieval Skills.

    Emi Ishita, Yosuke Miyata, Shuichi Ueda, Keiko Kurata

    Proceedings of the 2017 Conference on Conference Human Information Interaction and Retrieval, CHIIR 2017, Oslo, Norway, March 7-11, 2017, 

    2017

    Poster presentation

  • 図書館情報学研究の立脚点

    宮田 洋輔

    日本図書館情報学会研究大会発表論文集, 

    2017

    Other

  • 学会発表の形式とアクセスの現況

    宮田 洋輔, 上田 修一, 若宮 俊, 石田 栄美, 倉田 敬子

    日本図書館情報学会研究大会発表論文集, 

    2016

    Other

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • Transformation of scholarly communication in the era of open science

    2019.04
    -
    2022.03

    Keio University, Grant-in-Aid for Scientific Research (B), No Setting

     View Summary

    研究プロセスがデジタル化し,研究成果とデータの共有を目指すオープンサイエンスの時代に,学術コミュニケーションの将来を考えることは重要な課題である。本研究は,①オープンサイエンスで提案されてきた政策等の分析,②学術雑誌論文と研究データのオープン化のマクロな動向の把握,③個別の研究プロセスと研究データのミクロな調査の3つのアプローチから,学術コミュニケーション全体の生態系を具体的な根拠に基づき明らかにする。

  • 文理融合型学際領域の形成に関する構造分析: 図書館情報学を事例とした実証研究

    2019.04
    -
    2022.03

    Teikyo University, Grant-in-Aid for Scientific Research (C), No Setting

     View Summary

    この研究では,文理融合型の学問の形成の過程について分析する。学問の形成という大きな動きの中で,個別の論文を対象としてどのような変化のパターンが起こるかを明らかにする。具体的には,新たな学問が形成された期間に,学術雑誌に掲載された論文を分析し,引用関係や扱うトピック,著者のような学問における構造的変化を明らかにする。
    一定の歴史を持った文理融合型の学問分野である図書館情報学分野を,分析の事例として用いる。本研究の結果は,現在生まれつつある文理融合型の学問領域が,確立した学問分野として受け入れられるようになるのかを考える上で重要な示唆を与えるだろう。

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • LIBRARY INTERNSHIP 2

    2022

  • LIBRARY INTERNSHIP 1

    2022

  • INTRODUCTION TO LIBRARY AND INFORMATION SCIENCE

    2022

  • INFORMATION MANAGEMENT:BASICS 2

    2022

  • BASIC READINGS IN LIBRARY AND INFORMATION SCIENCE LITERATURE 2

    2022

display all >>