石川 学 (イシカワ マナブ)

Ishikawa, Manabu

写真a

所属(所属キャンパス)

商学部 (日吉)

職名

専任講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年
    -
    2005年

    東京大学, 大学院総合文化研究科, 地域文化研究専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2005年
    -
    2006年

    パリ第7大学, 大学院文学・芸術・現代思想研究科, 文学・理論・現代性専攻

    フランス, 大学院, 修了, 修士

  • 2005年
    -
    2011年

    東京大学, 大学院総合文化研究科, 地域文化研究専攻

    大学院, 単位取得退学, 博士

  • 2006年
    -
    2008年

    パリ第7大学, 大学院文学・芸術・現代思想研究科, 言語・文学・イメージ・文明・人文科学専攻

    フランス, 大学院, 退学, 博士

  • 2014年

    東京大学, 大学院総合文化研究科, 地域文化研究専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(学術), 東京大学, 課程, 2005年

  • Master, パリ第7大学, 課程, 2006年

  • 博士(学術), 東京大学, 課程, 2014年

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ文学 (20世紀フランス文学)

  • 思想史 (近現代フランス思想)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ジョルジュ・バタイユ

  • 二大戦間期の文学・思想

  • 文学と政治

  • 文学論

 

著書 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • バタイユとレヴィナス 交差、懸隔、そして

    レヴィナス研究  ( 1 ) 24 - 35 2019年

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

  • 「神話」から「神話の不在」へ 「社会学研究会」(1937-39年)におけるジョルジュ・バタイユ

    Résonances  ( 10 ) 63 - 71 2018年

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読有り

  • 文学と無力への意志 ジョルジュ・バタイユの第二次世界大戦以後の思索をめぐって

    フランス語フランス文学研究  ( 109 ) 173 - 186 2016年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • 無とその力 ジャン=ポール・サルトル「新しい神秘家」(1943年)以後のジョルジュ・バタイユ

    Résonances  ( 9 ) 108 - 115 2015年

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読有り

  • 空間から時間へ ジョルジュ・バタイユのファシズム論をめぐって

    Résonances  ( 8 ) 9 - 16 2014年

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読有り

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • バタイユ思想の「倫理」的射程 戦争をめぐる思索から

    慶應義塾大学教養研究センター「研究の現場から」, 2019年10月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • バタイユ、文学、反抗(の不在)

    第36回渋沢・クローデル賞表彰式・受賞記念講演 (日仏会館) , 2019年07月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 自著について+α:ブランショとの対比を通して

    バタイユ・ブランショ研究会 (東京大学) , 2019年06月, 口頭(招待・特別)

  • バタイユとレヴィナス 交差、懸隔

    レヴィナス研究会大会 (慶應義塾大学) , 2018年09月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • ジョルジュ・バタイユ 戦争を前にした思想

    日仏会館人文社会系若手セミナー (日仏会館) , 2018年07月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ジョルジュ・バタイユを起点としたフランス思想史の再構築

    2019年
    -
    2021年

    日本学術振興会, 科学研究費補助金 研究活動スタート支援, 補助金,  代表

  • 19世紀終盤から20世紀中盤までのフランスにおける理性主義と感性主義の相互運動

    2011年
    -
    2014年

    日本学術振興会, 特別研究員奨励費, 補助金,  代表

  • 個別から普遍への移行を問題化する文学論の諸相——ジョルジュ・バタイユを起点として

    2008年
    -
    2010年

    日本学術振興会, 特別研究員奨励費, 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第36回渋沢・クローデル賞奨励賞

    2019年, 日仏会館・読売新聞社

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 第7回東京大学南原繁記念出版賞

    2017年, 東京大学出版会

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

その他 【 表示 / 非表示

  • 2020年

     内容を見る

    石川学「バタイユ、文学、反抗(の不在)」、『日仏文化』89号、168-171ページ、ISSN:02891085

  • 2019年

     内容を見る

    石川学「ジョルジュ・バタイユと現代」、『青淵』848号、30-33ページ、ISSN:09123210

  • 2019年

     内容を見る

    レジーヌ・アズリア、ダニエル・エルヴュー=レジェ編 『宗教事象事典』(担当:共訳, 範囲:項目「供犠、犠牲」(102-114ページ)、「死」(133-143ページ))、みすず書房、ISBN:9784622087984

  • 2017年

     内容を見る

    『叢書 アナール 1929-2010』第V巻、浜名優美監訳 (担当:単訳、範囲:フィリップ・ビュラン「政治と社会 ファシスト・イタリアとナチス・ドイツにおける権力の諸構造」(125-157頁))、藤原書店、ISBN:9784865781267

  • 2015年

     内容を見る

    『叢書 アナール 1929-2010』第IV巻、浜名優美監訳(担当:単訳、範囲:ミシュリーヌ・ボーラン「粉々になった家族 十七世紀人口学の一側面について」(233-247頁))、藤原書店、ISBN:9784865780307

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 総合教育セミナーDb(Ⅱ類)

    2020年度

  • 総合教育セミナーDa(Ⅱ類)

    2020年度

  • フランス語インテンシブⅡb

    2020年度

  • フランス語インテンシブⅡa

    2020年度

  • フランス語インテンシブⅠb

    2020年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本フランス語フランス文学会, 

    2006年
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    継続中

    日本フランス語フランス文学会常任幹事

  • 2019年
    -
    2020年

    日本フランス語フランス文学会語学教育委員長

  • 2018年
    -
    2020年

    日本フランス語フランス文学会語学教育委員

  • 2018年
    -
    2020年

    フランス語教育国内スタージュ運営委員

  • 2016年
    -
    2018年

    日本フランス語フランス文学会『関東支部論集』編集委員