石井 太 (イシイ フトシ)

Ishii, Futoshi

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (三田)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    2005年08月

    厚生労働省

  • 2005年08月
    -
    2012年03月

    国立社会保障・人口問題研究所, 室長

  • 2012年04月
    -
    2019年03月

    国立社会保障・人口問題研究所, 人口動向研究部, 部長

  • 2019年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 経済学部, 教授

学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D., カリフォルニア大学バークレー校, 2014年12月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人口学

  • 数理統計学

  • 年金数理

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 人口学

  • 死亡分析

  • 数理人口学

  • 数理統計学

  • 年金数理

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 長寿・健康の人口学

    金子 隆一, 石井 太(編著), 原書房, 2021年11月

  • わが国における震災と死亡

    別府 志海, 石井 太, 原書房, 2021年

    担当範囲: 井上孝・和田光平(編著)『自然災害と人口』, 第4章, pp.75-98.

  • Centenarians and Supercentenarians in Japan

    Saito Y., Ishii F., Robine J.M., Demographic Research Monographs, 2021年

     概要を見る

    In this chapter, we use censuses, lists of centenarians, and vital statistics to describe the demography of centenarians, defined as the group of people who are 100 years old or older. We also refer to the group of people between the ages of 105 and 109 as semi-supercentenarians. Finally, we refer to those individuals who reach the age of 110 and beyond as supercentenarians. Although our ability to describe centenarians using these data is currently very limited, censuses and the lists of centenarians can be used to determine the number of people who survive to age 100 or older. Moreover, vital statistics provides the number of deaths, by single year of age and by sex, for those who died above the age of 100 since 1899. Our study examines trends in the highest ages at death for each year between 1963 and 2015, and shows increasing trends during this period. Using the number of deaths and applying the extinct cohort method, we estimate the level of mortality of people aged 100 or older, as well as trends in mortality. We observe decreasing trends in mortality levels among people who have reached very high ages, even as mortality continues to increase with age until very high ages.

  • 出生水準が長期的な人口動向に及ぼす影響について

    石井 太, 慶應義塾大学出版会, 2020年

    担当範囲: 津谷典子・菅桂太・四方理人・吉田千鶴(編著)『人口変動と家族の実証分析』,第1章, pp.27-46.

  • 長寿化とその影響

    石井 太, 東京大学出版会, 2017年

    担当範囲: 森田朗(監修)・国立社会保障・人口問題研究所(編)『日本の人口動向とこれからの社会-人口潮流が変える日本と世界』, 第5章, pp.109-123.

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本版死亡データベースで用いる死因分類とその死亡分析への応用

    石井 太

    人口問題研究 (国立社会保障・人口問題研究所)  78 ( 1 ) 32 - 55 2022年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者

  • 複合死因データに関する分析手法とその応用 ―わが国データへのネットワーク分析適用の試み―

    石井 太, 林 玲子, 篠原 恵美子, 別府 志海

    人口問題研究 (国立社会保障・人口問題研究所)  78 ( 1 ) 56 - 77 2022年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 筆頭著者

  • 国際的視点から見た公的将来人口推計の科学的基礎と推計手法

    石井 太, 守泉 理恵, 岩澤 美帆, 中村 真理子

    人口問題研究 (国立社会保障・人口問題研究所)  77 ( 4 ) 335 - 357 2021年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • 死亡水準変動の人口学的評価法に関する考察

    石井 太

    国立社会保障・人口問題研究所ワーキングペーパーシリーズ (国立社会保障・人口問題研究所)  53 2021年

    研究論文(その他学術会議資料等), 単著,  ISSN  2434-1207

  • 新型コロナウイルス感染症が出生・死亡に与える影響について

    石井 太

    生活経済政策 (生活経済政策研究所)  294   9 - 14 2021年

    研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • わが国の全国将来人口の推計 -「日本の将来推計人口(平成29年推計)」の結果概要より-

    石井 太, 岩澤 美帆, 守泉 理恵, 別府 志海, 是川 夕, 余田 翔平, 佐々井 司

    人口問題研究 (国立社会保障・人口問題研究所)  73 ( 3 ) 196 - 205 2017年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

  • わが国の結婚と出産の動向:第15回出生動向基本調査(2015年社会保障・人口問題基本調査)の結果より

    石井 太, 釜野 さおり, 岩澤 美帆, 守泉 理恵, 別府 志海, 是川 夕, 余田 翔平, 中村 真理子, 新谷 由里子

    人口問題研究 (国立社会保障・人口問題研究所)  72 ( 4 ) 350 - 355 2016年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

  • Ⅱ.全国将来推計人口 【特集Ⅰ:人口問題研究所75周年記念事業―50周年以後(1989~2014年)を振り返る―研究活動の変遷(1989~2014年)】

    石井 太

    人口問題研究 (国立社会保障・人口問題研究所)  70 ( 4 ) 352 - 358 2014年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

  • XI.人口問題審議会への協力 【特集Ⅰ:人口問題研究所75周年記念事業―50周年以後(1989~2014年)を振り返る―研究活動の変遷(1989~2014年)】

    石井 太

    人口問題研究 (国立社会保障・人口問題研究所)  70 ( 4 ) 410 - 414 2014年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Analysis of the Multiple Causes of Death in Japan with Network Analysis

    Futoshi Ishii , Reiko Hayashi , Emiko Shinohara, Motomi Beppu

    Fifth meeting of the MultiCause network (Federal Institute of Drugs and Medical Devices (BfArM), Bonn (hybrid meeting)) , 

    2022年05月

    口頭発表(一般)

  • Application of Network Analysis to Multiple Causes of Death Data in Japan

    Futoshi Ishii , Reiko Hayashi , Emiko Shinohara, Motomi Beppu

    The 29th International Population Conference (IPC2021), 

    2021年12月

    口頭発表(一般), International Union for the Scientific Study of Population (IUSSP)

  • 将来人口推計と公的年金財政

    石井 太

    International Symposium on the Pensions of the Republic of Korea and Japan: Demographic Challenges and Future Responses, 

    2021年11月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), The Korean Pension Association

  • 長寿を測るー生命表とその応用ー

    石井 太

    青山学院大学ジェロントロジー研究所連続講演会第 6 回 (青山学院大学) , 

    2021年11月

    口頭発表(招待・特別), 青山学院大学ジェロントロジー研究所

  • 日本版死亡データベースの 地域分析・死因分析への拡張・応用

    石井 太, 別府 志海, 菅 桂太

    日本人口学会第 73回大会 (東京大学(zoom開催)) , 

    2021年06月

    口頭発表(一般), 日本人口学会

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 社会・環境論特論

    2022年度

  • 社会・環境論演習

    2022年度

  • 人口論演習

    2022年度

  • 研究会d

    2022年度

  • 研究会c

    2022年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ人口学会, 

    2005年
    -
    継続中
  • 日本人口学会, 

    2003年
    -
    継続中
  • 日本統計学会, 

    1991年
    -
    継続中