高橋 傑 (タカハシ スグル)

Takahashi, Suguru

写真a

所属(所属キャンパス)

一貫教育校(小・中・高等学校) 普通部 (日吉)

職名

教諭

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年07月
    -
    2000年03月

    東京大学, 史料編纂所, 非常勤職員

  • 2001年04月
    -
    継続中

    慶應義塾, 普通部, 教諭(普通部)

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学, 教育・総合科学学術院, 非常勤講師

  • 2018年09月
    -
    2019年03月

    早稲田大学, 文学学術院, 非常勤講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年03月

    早稲田大学, 第一文学部

    大学, 卒業

  • 2000年03月

    早稲田大学, 文学研究科, 史学(日本史)

    大学院, 修了, 修士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学), 早稲田大学, 論文, 2019年02月

    中世荘園における収取秩序と景観に関する研究

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 日本史

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 日本中世史

  • 村落

  • 村落史

  • 検注

  • 荘園

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • よみがえる荘園 景観に刻まれた中世の記憶

    海老澤 衷, 勉誠出版, 2019年02月,  ページ数: 426

    担当範囲: 上野国新田荘の水田景観と新田氏,  担当ページ: 29-60

  • 中世荘園村落の環境歴史学: 東大寺領美濃国大井荘の研究

    海老澤 衷, 吉川弘文館, 2018年06月,  ページ数: 274

    担当範囲: 美濃国大井荘における景観の変遷 三塚を中心に,  担当ページ: 135-162

  • 里山という物語: 環境人文学の対話

    結城 正美、黒田 智 , 勉誠出版, 2017年06月,  ページ数: 323

    担当範囲: 東京近郊の里山が辿った歴史 横浜市港北区日吉周辺を中心に,  担当ページ: 232-242

  • 歴史教育の中の絵画資料

    高木 徳郎、松井 吉昭、高橋 傑、黒田 智, 学文社, 2016年03月,  ページ数: 50

    担当範囲: 地域の歴史学習における地籍図とGISの活用,  担当ページ: 29-37

  • 中世の荘園空間と現代 備中国新見荘の水利・地名・たたら

    海老澤 衷、酒井 紀美、清水 克行, 勉誠出版, 2014年12月,  ページ数: 232

    担当範囲: 鎌倉期における新見荘の地名と下地中分,  担当ページ: 89-112

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 下地中分再論-荘園経営の一側面-

    髙橋 傑

    日本史攷究 (日本史攷究会)   ( 42 ) 23 - 42 2018年12月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し,  ISSN  1883-325X

  • 中世後期荘園における検注と検注使-永享二年の粉河寺領東村を中心に-

    髙橋 傑

    ヒストリア (大阪歴史学会)   ( 263 ) 51 - 74 2017年08月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  04392787

  • 歴史学習のフィールドワークにおけるGISの活用

    髙橋 傑

    2016年度日本地理教育学会第66回大会要旨集 (日本地理教育学会)  2016年08月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等), 単著, 査読無し

  • 地域の歴史学習における地籍図とGISの活用

    髙橋 傑

    教育総合研究所所報 (早稲田大学教育総合研究所)   ( 24 ) 46 - 50 2016年06月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等), 単著, 査読無し

  • 備中国新見荘における正中二年検注帳の地名について

    髙橋 傑

    WASEDA RILAS JOURNAL (早稲田大学総合人文科学研究センター)  2   256 - 221 2014年10月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  2187-8307

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 薗部寿樹『日本中世村落文書の研究』 内容紹介+中世前期荘園研究からみて

    高橋 傑

    シンポジウム 日本中世の「地下」社会 (立教大学) , 2019年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 中世地下文書研究会

  • 地頭請所と下地中分

    髙橋 傑

    早稲田大学史学会大会日本史部会, 2018年10月, 口頭(一般), 早稲田大学史学会

  • 地租改正大絵図と近世・近代の耕地 -GISの利用を通じて-

    髙橋 傑

    荘園調査とweb公開-備中国新見荘から美濃国大井荘へ, 2018年09月, 口頭(招待・特別), 早稲田大学総合人文科学研究センター(研究部門トランスナショナル)・高等研究所(研究エリア比較文明史)

  • 中世における検注再考-鎌倉期における検注帳の残存状況について-

    髙橋 傑

    日本史攷究会大会, 2017年12月, 口頭(一般), 日本史攷究会

  • GISによる荘園調査 -播磨国矢野荘・美濃国大井荘を事例に-

    髙橋 傑

    Hiyoshi Research Portfolio, 2016年11月, ポスター(一般), Hiyoshi Research Portfolio運営委員会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 播磨国矢野荘における荘園情報化モデルの開発

    2016年04月
    -
    2017年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 高橋傑, 代表

  • 歴史民俗調査成果のGISデータ化と教育へのフィードバックに関する研究

    2015年04月
    -
    2018年03月

    慶應義塾, 慶應義塾学事振興資金, 高橋傑, 補助金,  代表

  • 荘園故地における景観復原調査と前期中等教育への応用―山城国久多荘を中心に―

    2003年04月
    -
    2004年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 高橋 傑, 補助金,  代表

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 歴史学研究会, 

    1997年06月
    -
    継続中
  • 日本史研究会, 

    1998年01月
    -
    継続中
  • 鎌倉遺文研究会, 

    1997年04月
    -
    継続中
  • 日本歴史学会, 

    2004年12月
    -
    継続中
  • 大阪歴史学会, 

    2005年01月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年06月
    -
    継続中

    会員, 歴史学研究会

  • 1998年01月
    -
    継続中

    会員, 日本史研究会

  • 1997年04月
    -
    継続中

    会員, 鎌倉遺文研究会

  • 2004年12月
    -
    継続中

    会員, 日本歴史学会

  • 2005年01月
    -
    継続中

    会員, 大阪歴史学会

全件表示 >>