Murata, Minori

写真a

Affiliation

Research Centers and Institutes, Center for Japanese Studies (Mita)

Position

Professor

External Links

Profile Summary 【 Display / hide

  • 主として計量分析を用いた文型研究とその成果を踏まえた日本語教育の方法論の開発を研究テーマとしています。

Career 【 Display / hide

  • 1990.04
    -
    1997.03

    専任講師(国際センター)

  • 1995.10
    -
    1997.09

    国際センター学習指導副主任、日本語・日本文化教育センター学習指導副主任

  • 1997.04
    -
    Present

    助教授(国際センター)

  • 1997.10
    -
    1999.09

    国際センター学習指導主任、日本語・日本文化教育センター学習指導主任

  • 1999.10
    -
    2001.09

    国際センター学習指導副主任、日本語・日本文化教育センター学習指導副主任

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1983.03

    Keio University, Faculty of Literature, 文学科

    University, Graduated

  • 1985.03

    Keio University, Graduate School, Division of Letters, 中国文学専攻

    Graduate School, Completed, Master's course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 博士(文学), Keio University, Dissertation, 2007.03

    論述文の文脈展開を支える文型の計量分析とその日本語教育への応用

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Linguistics (Mathemaical Linguistics)

  • Japanese language education (Japanese Education)

Research Keywords 【 Display / hide

  • ジャンル、テキスト、コーパス、文体

Research Themes 【 Display / hide

  • 1.テキストのジャンル判別 2.専門日本語教育, 

    1996.11
    -
    Present

     View Summary

    1.文型、複合辞、複合動詞(後項動詞)を指標としたテキストジャンルの判別分析
    2.1の成果を用いた専門日本語教育の方法研究

 

Books 【 Display / hide

  • 文化情報学事典

    村上征勝, 金明哲 他, 勉誠出版, 2019.12,  Page: 832

    Scope: 論述文の文体的特徴,  Contact page: 54-58

  • コーパスとテキストマイニング

    石田基弘・金明哲, 共立出版, 2012.12,  Page: 242

    Scope: 文章のジャンル判別に寄与する指標の研究-専門日本語教育への応用―,  Contact page: 166-180

  • 日本語中級からのスキルバランス

    姫野昌子村田 年伊東祐郎藤森弘子, 凡人社, 2005.04

    Scope: 132

  • 日本語Ⅱ-外国語としての-

    姫野昌子伊東祐郎村田 年藤森弘子, 放送大学教育振興会, 2003.04

  • ここからはじまる日本語教育

    むらたみのり,ひめのまさこ,こばやしゆきえ,かねこひろこ,>こみやちずこ, ひつじ書房,東京, 1998.10

    Scope: 19-36,87-104

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • 国語教科書の中の「女ことば」―小学1年生用教科書(上巻)を資料として―

    日本語と日本語教育 (日本語・日本文化教育センター)  46   45 - 71 2018.03

    Research paper (bulletin of university, research institution), Single Work, Except for reviews

  • 二字漢語「自己」を構成要素とする四字漢語の使用頻度調査―BCCWJを用いて―

    日本語と日本語教育 (日本語・日本文化教育センター)  45   79 - 105 2017.03

    Research paper (bulletin of university, research institution), Single Work, Except for reviews

  • BCCWJを用いた複合動詞使用頻度調査表の改訂―22後項動詞を指標として―

    MURATA MINORI

    日本語と日本語教育  ( 44 ) 115 - 131 2016.03

    Research paper (scientific journal), Single Work, Except for reviews

  • 文学書籍における複合動詞の使用傾向―22の後項動詞を指標として―

    MURATA MINORI

    日本語と日本語教育  ( 43 ) 61 - 80 2015.03

    Single Work, Except for reviews

  • 異なる文章ジャンルの判別可能性に関する調査―ブログ本文、新聞社説、文学作品、論文を対象として―

    MURATA MINORIRoman Lossa

    日本語と日本語教育  ( 42 ) 125 - 135 2014.03

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Except for reviews

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • 日本語教育における論述文指導のための語句の研究―主成分分析を用いて―

    MURATA MINORI

    日本行動計量学会第35回大会 (同志社大学(京田辺)) , 2007.09, Oral Presentation(general)

  • 文章のジャンルと機能語句の使用傾向―異なる分野の論文資料を中心に―

    MURATA MINORI

    日本行動計量学会第30回大会 (多摩大学(多摩市)) , 2002.09, Oral Presentation(general)

  • 機能語句を用いた文章の所属ジャンル判別

    MURATA MINORI

    日本行動計量学会第29回大会 (甲子園大学(宝塚市)) , 2001.09, Oral Presentation(general)

  • 接続語句・助詞相当句による文章の所属ジャンルの判別―多変量解析法   を用いて―

    MURATA MINORI

    言語処理学会第5回年次大会 (東京) , 1999.03, Oral Presentation(general)

  • 異なるジャンルの文章における文型の出現傾向の相違―論述文を支える    文型の確定を目指して―

    MURATA MINORI

    平成10年度日本語教育学会秋季大会 (北海道大学) , 1998.10, Oral Presentation(general), 日本語教育学会

Works 【 Display / hide

  • 計量言語学とその日本語教育への応用

    MURATA MINORI

    2007.02
    -
    Present

    Other

  • 口頭表現力-男女会話の場面から-

    MURATA MINORI

    2006.10

    Other, Single

  • 読み書き表現力-文型の重要性-

    MURATA MINORI

    2006.10
    -
    Present

    Other, Single

  • 放送教材45分番組×15本 放送大学『日本語Ⅱ-外国語としての-(03)』

    MURATA MINORI

    ラジオ放送(日本国内), 

    2003.04
    -
    Present

    Other, Joint

  • 言語教育―日本語教育の現場から―

    2000.11
    -
    2001.05

    Other, Single

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • INTERMEDIATE KANJI 2

    2019

  • INTERMEDIATE KANJI 3

    2019

  • INTERMEDIATE SENTENCE STRUCTURE 2

    2019

  • INTERMEDIATE SENTENCE STRUCTURE 3

    2019

  • INTERMEDIATE SPEAKING 3

    2019

display all >>

 

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • The Society for Teaching Japanese as a Foreign Language, 

    2009.01
    -
    Present

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2009.01
    -
    2015.12

    学会誌査読委員, 日本語教育学会学会