小熊 祐子 (オグマ ユウコ)

Oguma, Yuko

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 スポーツ医学研究センター (日吉)

職名

准教授

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 4年の内科研修の後、内分泌内科研究室に入局。その頃より、予防医学に焦点をあて、糖尿病を中心に生活習慣病の、運動・食事といった生活習慣改善による介入研究を実施。2000年から2003 年までハーバード大学公衆衛生大学院疫学科 I-Min Lee 先生のもとに留学し、physical activity epidemiology(運動疫学)を中心に研究。 現在は、臨床・教育面では生活習慣病の運動療法の指導や、一般の方への身体活動の普及啓発に注力している。研究面では、学際的な超高齢者コホート研究や鶴岡みらい健康調査に、運動疫学の専門家として携わり、身体活動と健康上のアウトカムとの関連を検討する研究を行っているほか、地方自治体(特に藤沢市)との 協働による健康増進事業・研究、企業との協働による新しい形の個人を対象とした健康増進サポート事業・研究等も行っている。 代表著書『サクセスフル・エイジング: 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上』慶應義塾大学出版会(2014年)。

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 4年の内科研修の後、内分泌内科研究室に入局。その頃より、予防医学に焦点をあて、糖尿病を中心に生活習慣病の、運動・食事といった生活習慣改善による介入研究を実施。2000年から2003 年までハーバード大学公衆衛生大学院疫学科 I-Min Lee 先生のもとに留学し、physical activity epidemiology(運動疫学)を中心に研究。 現在は、臨床・教育面では生活習慣病の運動療法の指導や、一般の方への身体活動の普及啓発に注力している。研究面では、学際的な超高齢者コホート研究や鶴岡みらい健康調査に、運動疫学の専門家として携わり、身体活動と健康上のアウトカムとの関連を検討する研究を行っているほか、地方自治体との 協働による健康増進事業・研究、企業との協働による新しい形の個人を対象とした健康増進サポート事業・研究等も行っている。 代表著書『サクセスフル・エイジング: 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上』慶應義塾大学出版会(2014年)。

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 保健管理センター, 兼担

  • 医学部, スポーツ医学総合センター, 兼担

  • 大学院健康マネジメント研究科, 看護・医療・スポーツマネジメント専攻, 准教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年05月
    -
    1997年04月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

  • 1997年05月
    -
    1998年04月

    大学助手(医学部内科学)(有給)

  • 1998年05月
    -
    1998年12月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

  • 1999年01月
    -
    1999年04月

    大学助手(医学部内科学)(有給)

  • 1999年05月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2002年06月

    ハーバード公衆衛生大学院, 疫学科

    アメリカ, 大学院, 修了, 修士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

  • 疫学・予防医学

  • 代謝学 (Metabolism Studies)

  • 内分泌学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 身体活動

  • 運動疫学

  • 健康増進

  • 生活習慣改善

  • 予防医学

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 身体活動コミュニティワイド介入研究, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • 超高齢者における身体活動の把握と意義, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • アスリートの健康とパフォーマンス, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • がんサバイバーと生活習慣, 

    2015年04月
    -
    継続中

  • 女性の健康支援 特に身体活動・運動について, 

    2016年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 第5章 メンタルヘルスの身体活動疫学 4節 自殺

    小熊祐子 and 岡檀, 杏林書院, 2016年

  • 身体活動・座位行動の科学~疫学・分子生物学から探る健康~

    小熊 祐子, 岡壇, 杏林書院, 2016年

    担当範囲: 第5章 メンタルヘルスの身体活動疫学 4節 自殺.

  • アンチエイジング医学の基礎と臨床 第3版 アンチエイジングと身体活動・運動の疫学

    小熊 祐子, メジカルビュー社, 2015年09月

  • サクセスフル・エイジング 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上

    小熊 祐子, 富田眞紀子、今村晴彦, 慶應義塾大学出版会, 2014年10月

  • ウエルエイジングのための女性医療

    隅田 祥子、小熊 祐子, 2011年11月

    担当範囲: 245-252

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Drug burden of polypharmacy and anticholinergic/sedative drugs and physical/cognitive/mental related outcomes of the community-dwelling elderly people: The Kawasaki well-being project

    Asano Ringo, Tanaka Asahi, Arai Yasumichi, Hirata Takumi, Abe Yukiko, Oguma Yuko, Urushihara Hisashi

    PHARMACOEPIDEMIOLOGY AND DRUG SAFETY 28   293 - 293 2019年08月

    ISSN  1053-8569

  • Drug burden of polypharmacy and anticholinergic/sedative drugs and physical/cognitive/mental related outcomes of the community-dwelling elderly people: The Kawasaki well-being …

    R Asano, A Tanaka, Y Arai, T Hirata, Y Abe, Y Oguma, H Urushihara

    PHARMACOEPIDEMIOLOGY AND DRUG SAFETY 28, 293-293 2019年

  • Prevalence of Metabolic Syndrome and Lifestyle Characteristics by Business Type among Japanese Workers in Small-and Medium-sized Enterprises

    H Hozawa, A Takeuchi, Y Oguma

    The Keio journal of medicine 68 ( 3 ) 54 - 67 2018年12月

    共著, 査読無し,  ISSN  0022-9717

     概要を見る

    This cross-sectional study investigated the associations of business type with the prevalence of metabolic syndrome (MetS) and lifestyle characteristics among workers in small- and medium-sized enterprises. In total, data from 167,736 workers (114,746 men and 52,990 women) who participated in health checkups in 2013 were analyzed using multilevel logistic regression models. The odds ratios (ORs) of having MetS, defined based on the criteria of the joint interim statement, were significantly higher in employees of transportation businesses (reference OR =1) than in other business types among men (OR: 0.67-0.85) and similar result was observed among women (OR: 0.70-0.88). The prevalence of a smoking habit was significantly higher in transportation workers than in employees of other businesses for both men and women. Furthermore, male transportation workers were more likely to skip breakfast, engage in <1 h/day of walking, walk at a slower speed, and eat dinner just before going to bed. Female transportation workers were more likely to have gained 10 kg since the age of 20 years. In conclusion, the prevalence of MetS was higher in transportation workers than in workers from other busi

  • Elevated Creatine Kinase and Lactic Acid Dehydrogenase and Decreased Osteocalcin and Uncarboxylated Osteocalcin are Associated with Bone Stress Injuries in Young Female Athletes

    Miyamoto T., Oguma Y., Sato Y., Kobayashi T., Ito E., Tani M., Miyamoto K., Nishiwaki Y., Ishida H., Otani T., Matsumoto H., Matsumoto M., Nakamura M.

    Scientific Reports (Scientific Reports)  8 ( 1 ) 18019 2018年12月

    共著, 査読無し,  ISSN  2045-2322

     概要を見る

    © 2018, The Author(s). Stress fractures are a limitation for athletes not only in sports performance but in activities of daily living. Thus, preventing them is crucial. In female athletes, a triad of symptoms including low energy availability, functional hypothalamic amenorrhea and osteoporosis are considered risk factors for stress injuries, but biomarkers predictive of these outcomes are not available. Here, we evaluated 56 female university athletes and found that 13 had a history of stress bone injuries. Logistic regression analysis demonstrated that dysmenorrhea including amenorrhea, but not reduced food intake or body weight loss, was significantly associated with stress injuries. When we subdivided subjects into stress fracture and non-fracture groups, we found that serum levels of creatine kinase (CK) and lactic acid dehydrogenase (LDH) were significantly higher in the fracture group, while osteocalcin and uncarboxylated osteocalcin (ucOC), which are bone forming parameters, significantly decreased. Low vitamin D levels are associated with stress fractures, but serum vitamin D levels were higher in fracture compared to non-fracture subjects. We followed up 32 subjects for one year, and three exhibited new stress injuries during that period. A history of stress fracture history is significantly associated with experiencing a new stress fracture. We also found that subjects with new fracture performed significantly greater exercise activity than did non-fracture subjects. Taken together, our data indicate that increased serum CK and LDH and decreased serum osteocalcin and ucOC are biomarkers of stress injuries, and evaluating these markers along with dysmenorrhea, stress fracture history or high sports activity could predict future stress fractures in female athletes.

  • Physical Activity Among Postoperative Esophageal Cancer Patients

    Ichijo, Y., Takeda, Y., Oguma, Y., Kitagawa, Y., Takeuchi, H. and Doorenbos, A. Z.

    Cancer Nurs 2018年09月

    共著, 査読無し,  ISSN  0162-220

     概要を見る

    BACKGROUND: Previous literature has reported that regular physical activity enhances health-related quality of life for cancer patients. However, there is a lack of studies that focus on physical activity among postoperative esophageal cancer patients. OBJECTIVE: The aims of this study were to (1) describe the prevalence of physical activity among postoperative esophageal cancer patients, (2) explore variables related to physical activity (demographics, nutrition, dysphagia, and health-related qualify of life), and (3) examine potential reasons for inactivity among participants who scored low using case studies. METHODS: In this cross-sectional design, physical activity was evaluated by the Japanese version of the International Physical Activity Questionnaire. Variables were analyzed using Spearman rank correlation coefficients, Mann-Whitney U tests, or Fisher exact tests. RESULTS: Fifty-eight patients participated in this study; 79% met the recommended physical activity guidelines. Present occupational status and past leisure-time physical activity behavior before the cancer diagnosis were related to current leisure-time physical activity and meeting the guidelines postoperatively

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 身体活動を周囲に推奨する高齢者の特徴と動機要因 ふじさわプラス・テンプロジェクト地域高齢者グループにおける混合研究

    伊藤 智也, 小熊 祐子, 齋藤 義信, 田島 敬之

    日本健康教育学会誌 (日本健康教育学会)  27 ( Suppl. ) 119 - 119 2019年06月

    ISSN  1340-2560

  • 脳心血管病予防に関する包括的リスク管理チャート2019年版について

    寺本 民生, 荒井 秀典, 磯 博康, 野出 孝一, 松本 昌泰, 飯田 真美, 小熊 祐子, 井上 茂, 永富 良一, 庄司 哲雄, 楽木 宏実, 曽根 博仁, 宮崎 滋, 神崎 恒一, 脳心血管病協議会, 一般社団法人日本疫学会, 特定非営利活動法人日本高血圧学会, 一般社団法人日本循環器学会, 一般社団法人日本腎臓学会, 一般社団法人日本総合健診医学会, 一般社団法人日本体力医学会, 一般社団法人日本痛風・核酸代謝学会, 一般社団法人日本糖尿病学会, 一般社団法人日本動脈硬化学会, 一般社団法人日本内科学会, 一般社団法人日本脳卒中学会, 一般社団法人日本肥満学会, 一般社団法人日本老年医学会, 一般社団法人日本神経学会, 一般社団法人日本医学会連合, 公益社団法人日本医師会

    日本内科学会雑誌 ((一社)日本内科学会)  108 ( 5 ) 1024 - 1074 2019年05月

    ISSN  0021-5384

  • ドック受診男性における体幹筋・体脂肪分布と糖尿病の有無との関連

    東 宏一郎, 田畑 尚吾, 高山 美智代, 岩男 泰, 小熊 祐子, 石田 浩之, 松本 秀男

    糖尿病 ((一社)日本糖尿病学会)  62 ( Suppl.1 ) S - 143 2019年04月

    ISSN  0021-437X

  • 地域在住高齢者におけるポリファーマシーと抗コリン作動薬及び鎮静作用薬が身体・認知・精神に与える影響の評価 The Kawasaki Wellbeing Project

    田中 あさひ, 新井 康通, 平田 匠, 阿部 由紀子, 小熊 祐子, 漆原 尚巳

    日本薬学会年会要旨集 ((公社)日本薬学会)  139年会 ( 4 ) 157 - 157 2019年03月

    ISSN  0918-9823

  • 健康教育、ヘルスプロモーションの評価から得られること 身体活動促進のためのポピュレーションアプローチ ふじさわプラス・テンの取り組み

    齋藤 義信, 田島 敬之, 柴 知里, 小熊 祐子

    日本健康教育学会誌 (日本健康教育学会)  27 ( 1 ) 71 - 81 2019年02月

    ISSN  1340-2560

     概要を見る

    はじめに:本報告では、身体活動促進プロジェクト「ふじさわプラス・テン」を紹介し、健康教育、ヘルスプロモーションの評価方法・結果の活用について参考となる情報を提供することを目的とした。内容:ふじさわプラス・テンは、健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)の"プラス・テン(今より10分多くからだを動かそう)"をキーメッセージとして、神奈川県藤沢市と協働で多面的なポピュレーション介入を実施している。本プロジェクトは2013年から2年間4地区で実施し、その効果を前後2回の市民アンケートで評価した(フェーズ1)。RE-AIM評価より、住民への到達度は低く、アクティブガイドの知識は向上したものの、身体活動量は変化がなかった。2015年からは、フェーズ1の課題を考慮して全地区に応用した(フェーズ2)。介入の到達度向上を目指し、住民参加による普及を意図したグループ運動介入に注力した。グループ運動実施高齢者は1年後に体力が増強し、身体活動・認知機能が維持された。本研究への参加者は1年後に21%増加した。グループ活動を円滑に進めるための特徴をルール、ロール、ツールの観点から抽出・整理し、マニュアルを制作した。これらの成果は市の健康事業などで活用されている。結論:本プロジェクトはRE-AIMによる評価と戦略の改善により、ポピュレーションレベルの身体活動促進に取り組んできた。そして得られた知見を市の施策に還元し、取り組みを拡大している。日本では取り組み自体の増加に加え、RE-AIMモデルなどの評価の枠組みを活用した普及・実装手法のさらなる蓄積が必要である。(著者抄録)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Relationship of objectively measured physical activity and physical function of community-dwelling very old in Kawasaki, Japan: baseline assessment of Kawasaki well-being prospective cohort study

    Oguma, Y., Tajima, T., Saito, Y., Fukui, S., Kibayashi, Y., Yoshida, N., Ishida, H., Hirata, T., Abe, Y. and Arai, Y.

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018年10月, 口頭(一般), International Society of Physical Activity and Health

  • RE-AIM evaluation of a community-wide physical activity intervention based on the Japanese guideline in adults: the Fujisawa+10 project

    Saito, Y., Tanaka, A., Tajima, T., Kibayashi, Y., Miyachi, M. and Oguma, Y.

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018年10月, ポスター(一般), International Society of Physical Activity and Health

  • Effects of replacing sedentary behavior with different intensities of physical activity on physical function among community-dwelling elderly: A cross-sectional study

    Tajima, T., Saito, Y., Kibayashi, Y. and Oguma, Y.

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018年10月, ポスター(一般), International Society of Physical Activity and Health

  • 健康教育、ヘルスプロモーションの評価から得られること 身体活動促進のためのポピュレーションアプローチ「ふじさわプラス・テン」の取り組み

    齋藤, 義信, 田島, 敬之, 柴, 知里 and 小熊, 祐子

    日本健康教育学会誌, 2018年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 宿泊型新保健指導(Smart Life Stay)における体験型プログラムが食習慣に与える影響

    佐野, 喜子, 村本, あき子 and 小熊, 祐子

    日本健康教育学会誌, 2017年06月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高齢者自主グループの運動を普及・継続するための仕組みづくり:住民参加型の実証研究

    2018年04月
    -
    2021年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 齋藤 義信, 補助金,  分担

  • 医療・介護保険情報と融合した地域高齢者コホート研究による要介護プロセスの解明

    2018年01月
    -
    2022年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 新井 康通, 補助金,  分担

  • 身体活動の地域介入研究‐継続のための仕組みづくりとその実証研究ー

    2017年04月
    -
    2020年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 小熊 祐子, 補助金,  代表

  • 心血管系、骨格筋系、および認知機能の老化に関わる分子バイオマーカーの国際共同研究開発

    2017年04月
    -
    2020年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構, 医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業・戦略的国際共同研究プログラム, 新井 康通, 分担

  • 身体活動の地域介入研究-継続のための仕組みづくりとその実証研究-

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小熊 祐子, 基盤研究(C), 補助金,  代表

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • セッション「生活習慣と認知症予防」

    三村 將、武林亨、秋山美紀、新井康通、小熊祐子

    SFC OPEN RESEARCH FORUM 2015  セッション「生活習慣と認知症予防」, 

    2015年11月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • 健康長寿特に運動・身体活動

    小熊祐子

    SFC OPEN RESEARCH FORUM 2015  セッション「生活習慣と認知症予防」, 

    2015年11月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • ふじさわプラス・テン(今より10分多くカラダを動かそう!)

    大学院健康マネジメント研究科小熊祐子ら

    藤沢市湘南台ファンタジア, 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • +10から始める職場の健康づくり

    よぼう医学 (東京都予防医学協会), 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 家を暖かくし身体活動を増やして健康長寿を目指しましょう

    かながわ健康・省エネ住宅推進協議会, 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 健康マネジメント特論Ⅰ

    2019年度

  • 医療マネジメント特論Ⅱ

    2019年度

  • 医療マネジメント特論Ⅰ

    2019年度

  • 健康マネジメント合同演習

    2019年度

  • 健康マネジメント概論

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 健康リスクアセスメント学

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 臨床入門

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 健康行動科学

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 健康増進プログラム論

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 看護医療学部「地域看護活動論」

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 111人

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 藤沢市健康づくり推進会議

    2014年06月
    -
    2018年03月
  • 日本学術会議健康・スポーツ分科会

    2014年
    -
    継続中
  • 日本学術会議連携会員

    2014年
    -
    継続中
  • 藤沢市健康づくり推進会議・専門部会

    2010年04月
    -
    2014年05月
  • ベネッセチャイルドケアセンター日吉 運営委員会

    2010年04月
    -
    2013年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本健康教育学会, 

    2010年
    -
    継続中
  • 日本運動療法学会, 

    2004年07月
    -
    継続中
  • American Diabetes Association, 

    2002年06月
    -
    2003年09月
  • The North American Association for the study of Obesity, 

    2002年06月
    -
    2003年05月
  • 日本フードシステム学会, 

    2001年10月
    -
    2002年09月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年
    -
    継続中

    学術委員, 日本健康教育学会

  • 2015年
    -
    継続中

    渉外委員, 日本体力医学会

  • 2014年10月
    -
    2017年09月

    男女共同参画推進委員, 日本体力医学会

  • 2014年06月
    -
    継続中

    健康づくり推進会議委員, 藤沢市

  • 2013年10月
    -
    2015年09月

    学術委員会プロジェクト研究委員, 日本体力医学会

全件表示 >>