小熊 祐子 (オグマ ユウコ)

Oguma, Yuko

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 スポーツ医学研究センター (日吉)

職名

准教授

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 4年の内科研修の後、内分泌内科研究室に入局。その頃より、予防医学に焦点をあて、糖尿病を中心に生活習慣病の、運動・食事といった生活習慣改善による介入研究を実施。2000年から2003 年までハーバード大学公衆衛生大学院疫学科 I-Min Lee 先生のもとに留学し、physical activity epidemiology(運動疫学)を中心に研究。 現在は、臨床・教育面では生活習慣病の運動療法の指導や、一般の方への身体活動の普及啓発に注力している。研究面では、学際的な超高齢者コホート研究や鶴岡みらい健康調査に、運動疫学の専門家として携わり、身体活動と健康上のアウトカムとの関連を検討する研究を行っているほか、地方自治体(特に藤沢市)との 協働による健康増進事業・研究、企業との協働による新しい形の個人を対象とした健康増進サポート事業・研究等も行っている。 代表著書『サクセスフル・エイジング: 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上』慶應義塾大学出版会(2014年)。

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 4年の内科研修の後、内分泌内科研究室に入局。その頃より、予防医学に焦点をあて、糖尿病を中心に生活習慣病の、運動・食事といった生活習慣改善による介入研究を実施。2000年から2003 年までハーバード大学公衆衛生大学院疫学科 I-Min Lee 先生のもとに留学し、physical activity epidemiology(運動疫学)を中心に研究。 現在は、臨床・教育面では生活習慣病の運動療法の指導や、一般の方への身体活動の普及啓発に注力している。研究面では、学際的な超高齢者コホート研究や鶴岡みらい健康調査に、運動疫学の専門家として携わり、身体活動と健康上のアウトカムとの関連を検討する研究を行っているほか、地方自治体との 協働による健康増進事業・研究、企業との協働による新しい形の個人を対象とした健康増進サポート事業・研究等も行っている。 代表著書『サクセスフル・エイジング: 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上』慶應義塾大学出版会(2014年)。

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 保健管理センター, 兼担

  • 医学部, スポーツ医学総合センター, 兼担

  • 大学院健康マネジメント研究科, 看護・医療・スポーツマネジメント専攻, 准教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年05月
    -
    1997年04月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

  • 1997年05月
    -
    1998年04月

    大学助手(医学部内科学)(有給)

  • 1998年05月
    -
    1998年12月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

  • 1999年01月
    -
    1999年04月

    大学助手(医学部内科学)(有給)

  • 1999年05月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2001年09月
    -
    2002年06月

    ハーバード公衆衛生大学院, 公衆衛生学修士コース

    米国, 大学院, 修了, 修士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

  • 疫学・予防医学

  • 代謝学 (Metabolism Studies)

  • 内分泌学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 身体活動

  • 運動疫学

  • 健康増進

  • 生活習慣改善

  • 予防医学

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 身体活動コミュニティワイド介入研究, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • 超高齢者における身体活動の把握と意義, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • アスリートの健康とパフォーマンス, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • がんサバイバーと生活習慣, 

    2015年04月
    -
    継続中

  • 女性の健康支援 特に身体活動・運動について, 

    2016年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 第5章 メンタルヘルスの身体活動疫学 4節 自殺

    小熊祐子 and 岡檀, 杏林書院, 2016年

  • 身体活動・座位行動の科学~疫学・分子生物学から探る健康~

    小熊 祐子, 岡壇, 杏林書院, 2016年

    担当範囲: 第5章 メンタルヘルスの身体活動疫学 4節 自殺.

  • アンチエイジング医学の基礎と臨床 第3版 アンチエイジングと身体活動・運動の疫学

    小熊 祐子, メジカルビュー社, 2015年09月

  • サクセスフル・エイジング 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上

    小熊 祐子, 富田眞紀子、今村晴彦, 慶應義塾大学出版会, 2014年10月

  • ウエルエイジングのための女性医療

    隅田 祥子、小熊 祐子, 2011年11月

    担当範囲: 245-252

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Behavioral changes and hygiene practices of older adults in Japan during the first wave of COVID-19 emergency

    Arai Y., Oguma Y., Abe Y., Takayama M., Hara A., Urushihara H., Takebayashi T.

    BMC Geriatrics (BMC Geriatrics)  21 ( 1 ) 137 2021年12月

     概要を見る

    Background: On April 7, 2020, Japan declared a state of emergency due to the first wave of coronavirus disease 2019 (COVID-19) with the associated social distancing likely to have had a great impact on older adults’ lifestyle and health. This study aimed to explore the behavioral changes and personal hygiene practices in relation with background psychosocial and health characteristics of older adults during the COVID-19 emergency. Methods: A cross-sectional telephonic survey was conducted with the participants of the Kawasaki Aging and Wellbeing Project (KAWP), an on-going longitudinal cohort study of older adults aged 85 or older. The interviews were conducted using a structured questionnaire consisting of 11 closed questions regarding behavioral changes and personal hygiene practices during the state of emergency. Sociodemographic and health data were obtained from the KAWP baseline survey conducted 2.2 years before the telephonic survey. Results: Overall, 487 participants from the KAWP responded to the telephonic survey (response rate: 89.2%). 94.5% of the respondents reported no changes in basic lifestyle habits, such as eating, sleeping, smoking, and drinking, whereas 28.1% reported a decrease in physical activity, and 54.6% reported going out less frequently. One-third of the respondents reported a decrease in the number of people to converse with, as well as the amount of time to converse. For personal hygiene practices, 93.8% reported wearing a mask when they went out, and 50.3% reported an increased frequency of handwashing. Multiple logistic regression analysis revealed that engagement in physical activity at baseline (odds ratio [OR] = 1.95, 95% confidence interval [CI] = 1.23–3.08), smartphone ownership (OR = 2.15, 95% CI = 1.33–3.47), and visual impairment (OR = 1.79; 95% CI = 1.10–2.91) were independently associated with decreased physical activity during the COVID-19 emergency. Female respondents and smartphone ownership were significantly associated with more frequent handwashing. Conclusions: The study revealed that older adults in an urban setting responded to the COVID-19 emergency with behavioral changes. The findings of this study have implications for the design of preventive strategies to maintain the health and wellbeing of at-risk older adults.

  • Physical activity and all-cause mortality and mediators of the association in the very old

    Osawa Y., Abe Y., Takayama M., Oguma Y., Arai Y.

    Experimental Gerontology (Experimental Gerontology)  150   111374 2021年07月

    共著, 査読無し,  ISSN  05315565

     概要を見る

    Background and objective: Physical activity (PA) confers protection to individuals from the risk of death. However, in the very old, the dose-response relationship between PA and all-cause mortality and the possible biological mediators of this association are less known. We investigated whether PA predicts 6-year all-cause mortality and what biomarkers mediate the association. Design: Prospective cohort data from the Tokyo Oldest Old Survey on Total Health study. Setting: Community-dwelling population. Participants: A total of 441 women and men aged over 85 years. Measurements: Questionnaire-based PA was assessed at baseline and 3-year and 6-year follow-up visits. Survival status was confirmed up to the 6-year follow-up visit (153 deaths, 34.7%). Data of plasma albumin, cholinesterase, NT-proBNP, interleukin-6, cystatin C, and HbA1c levels were collected. For mediation analysis for survival analysis, we used the baseline PA and biomarkers with Weibull distribution accelerated failure time model and linear regression model adjusted for age, sex, body mass index, smoking, education level, and Mini-Mental State Examination. Results: A curvilinear relationship was observed in the association between baseline PA and all-cause mortality. Compared to the inactive (0 METs*h/week), light amount of PA was associated with a lower risk of mortality. Compared to the highest tertile of PA (11.2 METs*h/week), higher PA did not reduce the risk of death. Circulation levels of albumin and cholinesterase mediated the association between baseline PA and all-cause mortality (proportion mediated, 54%, both; p < 0.05). Conclusions: Compared to completely inactive, light PA reduces the risk of all-cause mortality in the very old population. Mediation analysis suggests that protein synthesis in the liver may mediate the association between PA and all-cause mortality. Further studies are needed to understand the underlying association between PA, nutrition, and death.

  • Functional status and instrumental activities of daily living after transcatheter aortic valve replacement

    Fukui S., Kawakami M., Hayashida K., Ishikawa A., Mori N., Oguma Y., Fukuda K., Tsuji T.

    Topics in Geriatric Rehabilitation (Topics in Geriatric Rehabilitation)  37 ( 2 ) 128 - 131 2021年04月

    共著, 査読無し,  ISSN  08827524

     概要を見る

    The purpose of this study was to investigate changes over time in instrumental activities of daily living (IADL), physical function, physical frailty, cognitive function, and nutritional status after transcatheter aortic valve implantation (TAVI). Fifty consecutive older patients with aortic stenosis as possible candidates for TAVI were prospectively enrolled. Their average age was 84.6 ± 3.1 years, and 39 (78%) were female. The results of the linear mixed-effects model for the isometric knee extension muscular strength showed a significant change. IADL and nutritional status were significantly different preoperatively compared with 6 months postoperatively after transfemoral TAVI.

  • 身体活動ガイドラインの認知・知識の評価方法、並びに身体活動量との関連性についてのレビュー

    田島 敬之, 齋藤 義信, 小熊 祐子

    運動疫学研究: Research in Exercise Epidemiology (日本運動疫学会)  23 ( 1 ) 15 - 35 2021年03月

    共著, 査読無し,  ISSN  1347-5827

     概要を見る

    目的:本研究は,成人を対象とした身体活動ガイドラインにおける認知・知識の評価方法の特性や,身体活動ガイドラインの認知・知識と身体活動量の関連について網羅的なレビューを実施することで,これまでの国内外の研究動向を整理し,今後の研究課題の探索と提言を行うことを目的とした。方法:データベースはPubMed,PsycINFO,医中誌を用いた。検索語は「ガイドライン」,「認知または知識」,「身体活動または座位行動」に関するキーワードが含まれるように選定し,検索式を設計した。設定した適格基準を基にスクリーニングを実施して採択の可否を判定し,論文の概要を抽出した。結果:2001年以降に発表された25編を採択した。身体活動ガイドラインの認知の評価方法は純粋想起法と助成想起法に大別された。純粋想起法と身体活動量の間には正の関連を認めたが,助成想起法では結果が一貫していなかった。ガイドラインの知識の評価方法は多様であり,推奨量を数値で回答させる評価方法が多かった。ガイドラインの知識では,推奨量を数値で回答させる・選択肢から適切な推奨量を回答させる研究で身体活動量との正の関連を認めた研究が多かった。座位行動を評価した研究は1編のみであった。結論:身体活動ガイドラインの認知・知識の評価方法は,研究間で異なっており,身体活動量との関連は結果が一貫していなかった。認知・知識の評価方法の確立と客観的な身体活動・座位行動の評価による研究の蓄積が今後の課題である。(著者抄録)

  • 成人における冬季の住宅内の暖房使用と座位行動および身体活動 スマートウェルネス住宅調査による横断研究

    伊藤 真紀, 伊香賀 俊治, 小熊 祐子, 齋藤 義信, 藤野 善久, 安藤 真太朗, 村上 周三, スマートウェルネス住宅調査グループ

    運動疫学研究: Research in Exercise Epidemiology (日本運動疫学会)  23 ( 1 ) 45 - 56 2021年03月

    共著, 査読無し,  ISSN  1347-5827

     概要を見る

    目的:成人を対象に,冬季の暖房使用と住宅内の座位行動および身体活動の関連を検討すること。方法:本研究は横断研究である。調査は沖縄県を除く46都道府県の工務店等を通して募集した断熱改修工事予定のある住宅に居住する20歳以上の成人を対象に2014年度から2017年度までの冬季(11月〜4月)に実施し,3,874名から同意を得た。加速度計は連続14日間の装着を依頼した。行動日誌から覚醒在宅時間帯を特定し,住宅内の座位行動と身体活動を評価した。コタツおよび脱衣所暖房使用の有無と住宅内の座位行動,身体活動との関連は目的変数を対数変換したうえで,日レベル(室温,オフセット項として覚醒在宅時加速度計装着時間等),個人レベル(年齢,BM等),世帯レベル(世帯年収,同居人数等)で調整した線形混合モデル(ランダム切片モデル)を男女別に実施した。非標準化偏回帰係数は指数変換し,目的変数への関連の程度を算出した。結果:有効データは3,482名であった。多変量解析の結果,コタツを使用しない場合は住宅内の座位行動時間が約2%短く[男性:exp(B)=0.98,p=0.022,女性:exp(B)=0.98,p=0.020],その中断回数は約10%多く[男性:exp(B)=1.10,p=0.001,女性:exp(B)=1.11,p<0.001],身体活動も5〜7%多かった[男性:exp(B)=1.07,p=0.005,女性:exp(B)=1.05,p=0.012]。脱衣所を暖房する場合も同様の関連が確認された。結論:コタツを使用しない人,脱衣所を暖房する人は,住宅内の座位行動時間が短く,かつ頻繁に中断し,身体活動量も多かった。局所暖房を使用せず,非居室でも暖房を行い家を暖かく保つことは,住宅内の座位行動を抑制し身体活動を促進する可能性がある。(著者抄録)

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • サクセスフル・エイジングに向けた健康政策とそのエビデンス 運動指導現場の立場から

    佐藤 真治, 小熊 祐子, 澤田 亨

    健康支援 (日本健康支援学会)  23 ( 1 ) 63 - 63 2021年02月

    その他記事, 共著,  ISSN  1345-0174

  • 身体活動基準2013と身体活動指針(アクティブガイド)の改定にむけて 慢性疾患有病者に対する身体活動基準案の作成・方向性の検討

    小熊 祐子, 齋藤 義信, 佐藤 真治, 田島 敬之, 田村 好史, 津下 一代, 宮下 政司

    体力科学 ((一社)日本体力医学会)  70 ( 1 ) 19 - 19 2021年02月

    その他記事, 共著,  ISSN  0039-906X

  • 身体活動促進とSDGs-多分野連携で進める研究と社会実装- 身体活動に関する世界行動計画2018-2030(GAPPA)の紹介と日本での展開について

    小熊 祐子, 齋藤 義信

    体力科学 ((一社)日本体力医学会)  70 ( 1 ) 62 - 62 2021年02月

    その他記事, 共著,  ISSN  0039-906X

  • 健康増進施設における運動療法プログラム 高齢者およびサルコペニアを有する人を対象にした運動プログラムの作成

    齋藤 義信, 小熊 祐子

    体力科学 ((一社)日本体力医学会)  70 ( 1 ) 34 - 34 2021年02月

    その他記事, 共著,  ISSN  0039-906X

  • 健康増進施設における運動療法プログラム 疾患別運動プログラム(肥満・メタボリックシンドローム、がんサバイバー)と指定運動療法施設・医療機関の連携について

    小熊 祐子, 齋藤 義信

    体力科学 ((一社)日本体力医学会)  70 ( 1 ) 33 - 33 2021年02月

    その他記事, 共著,  ISSN  0039-906X

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Relationship of objectively measured physical activity and physical function of community-dwelling very old in Kawasaki, Japan: baseline assessment of Kawasaki well-being prospective cohort study

    Oguma, Y., Tajima, T., Saito, Y., Fukui, S., Kibayashi, Y., Yoshida, N., Ishida, H., Hirata, T., Abe, Y. and Arai, Y.

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018年10月, 口頭(一般), International Society of Physical Activity and Health

  • RE-AIM evaluation of a community-wide physical activity intervention based on the Japanese guideline in adults: the Fujisawa+10 project

    Saito, Y, Tanaka, A, Tajima, T, Kibayashi, Y, Miyachi, M, Oguma, Y

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018年10月, ポスター(一般), International Society of Physical Activity and Health

  • Effects of replacing sedentary behavior with different intensities of physical activity on physical function among community-dwelling elderly: A cross-sectional study

    Tajima, T, Saito, Y, Kibayashi, Y, Oguma, Y

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018年10月, ポスター(一般), International Society of Physical Activity and Health

  • 健康教育、ヘルスプロモーションの評価から得られること 身体活動促進のためのポピュレーションアプローチ「ふじさわプラス・テン」の取り組み

    齋藤, 義信, 田島, 敬之, 柴, 知里 and 小熊, 祐子

    日本健康教育学会誌, 2018年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 宿泊型新保健指導(Smart Life Stay)における体験型プログラムが食習慣に与える影響

    佐野, 喜子, 村本, あき子 and 小熊, 祐子

    日本健康教育学会誌, 2017年06月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 「人生100年時代の包括的身体活動促進-自治体と連携した多世代コホート研究を基盤に」

    2021年04月
    -
    継続中

    地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所, 受託研究,  代表

  • 令和2年度先進異分野融合プロジェクト研究立案・推進事業

    2020年06月
    -
    2020年10月

    地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所, 受託研究,  代表

  • 健康領域における普及と実装科学およびリアルワールドエビデンスに関する研究

    2020年04月
    -
    2021年03月

    補助金,  分担

  • 新状態における身体活動・スポーツの促進~オリンピックレガシー・SDGsの達成に向けて

    2020年04月
    -
    2021年03月

    補助金,  代表

  • 高齢者自主グループの運動を普及・継続するための仕組みづくり:住民参加型の実証研究

    2018年04月
    -
    2021年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 齋藤 義信, 補助金,  分担

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • セッション「生活習慣と認知症予防」

    三村 將、武林亨、秋山美紀、新井康通、小熊祐子

    SFC OPEN RESEARCH FORUM 2015  セッション「生活習慣と認知症予防」, 

    2015年11月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • 健康長寿特に運動・身体活動

    小熊祐子

    SFC OPEN RESEARCH FORUM 2015  セッション「生活習慣と認知症予防」, 

    2015年11月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • ふじさわプラス・テン(今より10分多くカラダを動かそう!)

    大学院健康マネジメント研究科小熊祐子ら

    藤沢市湘南台ファンタジア, 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • +10から始める職場の健康づくり

    よぼう医学 (東京都予防医学協会), 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 家を暖かくし身体活動を増やして健康長寿を目指しましょう

    かながわ健康・省エネ住宅推進協議会, 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 健康ビジネス開発論

    2021年度

  • 公衆衛生実践

    2021年度

  • 運動疫学

    2021年度

  • 臨床入門

    2021年度

  • 特別研究

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 健康リスクアセスメント学

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 臨床入門

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 健康行動科学

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 健康増進プログラム論

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 大学院健康マネジメント研究科「臨床入門」

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 20人

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 藤沢市高齢者施策検討委員会 委員

    2021年06月
    -
    継続中
  • 日本医師会 健康スポーツ医会 委員

    2021年04月
    -
    継続中
  • キャンサーフィットネス【セルフケア行動を行うための生活習慣プログラム】

    2021年02月
    -
    2021年03月
  • 日本学術会議連携会員

    2020年10月
    -
    継続中
  • 2020年度中央区区民カレッジ まなびのコース「連携講座」 誰もが安全・安心に身体活動を楽しむ仕組みづくり

    2020年10月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本サルコペニア・フレイル学会, 

    2020年
    -
    継続中
  • International Society of Physical Activity and Health, 

    2016年
    -
    継続中
  • 日本疫学会, 

    2015年
    -
    継続中
  • 日本行動療法学会, 

    2015年
    -
    継続中
  • 日本運動疫学会, 

    2013年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    継続中

    一般社団法人日本臨床スポーツ医学会 代議員, 一般社団法人日本臨床スポーツ医学会

  • 2020年
    -
    継続中

    副理事長, 日本運動疫学会

  • 2015年
    -
    継続中

    学術委員, 日本健康教育学会

  • 2015年
    -
    継続中

    渉外委員, 日本体力医学会

  • 2014年10月
    -
    2017年09月

    男女共同参画推進委員, 日本体力医学会

全件表示 >>