小熊 祐子 (オグマ ユウコ)

Oguma, Yuko

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 スポーツ医学研究センター (日吉)

職名

准教授

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 4年の内科研修の後、内分泌内科研究室に入局。その頃より、予防医学に焦点をあて、糖尿病を中心に生活習慣病の、運動・食事といった生活習慣改善による介入研究を実施。2000年から2003 年までハーバード大学公衆衛生大学院疫学科 I-Min Lee 先生のもとに留学し、physical activity epidemiology(運動疫学)を中心に研究。 現在は、臨床・教育面では生活習慣病の運動療法の指導や、一般の方への身体活動の普及啓発に注力している。研究面では、学際的な超高齢者コホート研究や鶴岡みらい健康調査に、運動疫学の専門家として携わり、身体活動と健康上のアウトカムとの関連を検討する研究を行っているほか、地方自治体(特に藤沢市)との 協働による健康増進事業・研究、企業との協働による新しい形の個人を対象とした健康増進サポート事業・研究等も行っている。 代表著書『サクセスフル・エイジング: 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上』慶應義塾大学出版会(2014年)。

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 4年の内科研修の後、内分泌内科研究室に入局。その頃より、予防医学に焦点をあて、糖尿病を中心に生活習慣病の、運動・食事といった生活習慣改善による介入研究を実施。2000年から2003 年までハーバード大学公衆衛生大学院疫学科 I-Min Lee 先生のもとに留学し、physical activity epidemiology(運動疫学)を中心に研究。 現在は、臨床・教育面では生活習慣病の運動療法の指導や、一般の方への身体活動の普及啓発に注力している。研究面では、学際的な超高齢者コホート研究や鶴岡みらい健康調査に、運動疫学の専門家として携わり、身体活動と健康上のアウトカムとの関連を検討する研究を行っているほか、地方自治体との 協働による健康増進事業・研究、企業との協働による新しい形の個人を対象とした健康増進サポート事業・研究等も行っている。 代表著書『サクセスフル・エイジング: 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上』慶應義塾大学出版会(2014年)。

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 保健管理センター, 兼担

  • 医学部, スポーツ医学総合センター, 兼担

  • 大学院健康マネジメント研究科, 看護・医療・スポーツマネジメント専攻, 准教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年05月
    -
    1997年04月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

  • 1997年05月
    -
    1998年04月

    大学助手(医学部内科学)(有給)

  • 1998年05月
    -
    1998年12月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

  • 1999年01月
    -
    1999年04月

    大学助手(医学部内科学)(有給)

  • 1999年05月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2002年06月

    ハーバード公衆衛生大学院, 疫学科

    アメリカ, 大学院, 修了, 修士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

  • 疫学・予防医学

  • 代謝学 (Metabolism Studies)

  • 内分泌学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 身体活動

  • 運動疫学

  • 健康増進

  • 生活習慣改善

  • 予防医学

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 身体活動コミュニティワイド介入研究, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • 超高齢者における身体活動の把握と意義, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • アスリートの健康とパフォーマンス, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • がんサバイバーと生活習慣, 

    2015年04月
    -
    継続中

  • 女性の健康支援 特に身体活動・運動について, 

    2016年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 第5章 メンタルヘルスの身体活動疫学 4節 自殺

    小熊祐子 and 岡檀, 杏林書院, 2016年

  • 身体活動・座位行動の科学~疫学・分子生物学から探る健康~

    小熊 祐子, 岡壇, 杏林書院, 2016年

    担当範囲: 第5章 メンタルヘルスの身体活動疫学 4節 自殺.

  • アンチエイジング医学の基礎と臨床 第3版 アンチエイジングと身体活動・運動の疫学

    小熊 祐子, メジカルビュー社, 2015年09月

  • サクセスフル・エイジング 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上

    小熊 祐子, 富田眞紀子、今村晴彦, 慶應義塾大学出版会, 2014年10月

  • ウエルエイジングのための女性医療

    隅田 祥子、小熊 祐子, 2011年11月

    担当範囲: 245-252

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Prevalence of Metabolic Syndrome and Lifestyle Characteristics by Business Type among Japanese Workers in Small- and Medium-sized Enterprises

    Hozawa, H., Takeuchi, A. and Oguma, Y.

    Keio J Med 2018年12月

    ISSN  0022-9717

     概要を見る

    This cross-sectional study investigated the associations of business type with the prevalence of metabolic syndrome (MetS) and lifestyle characteristics among workers in small- and medium-sized enterprises. In total, data from 167,736 workers (114,746 men and 52,990 women) who participated in health checkups in 2013 were analyzed using multilevel logistic regression models. The odds ratios (ORs) of having MetS, defined based on the criteria of the joint interim statement, were significantly higher in employees of transportation businesses (reference OR =1) than in other business types among men (OR: 0.67-0.85) and similar result was observed among women (OR: 0.70-0.88). The prevalence of a smoking habit was significantly higher in transportation workers than in employees of other businesses for both men and women. Furthermore, male transportation workers were more likely to skip breakfast, engage in <1 h/day of walking, walk at a slower speed, and eat dinner just before going to bed. Female transportation workers were more likely to have gained 10 kg since the age of 20 years. In conclusion, the prevalence of MetS was higher in transportation workers than in workers from other businesses; the associated risk factors may also vary by sex. To effectively promote public health, the labor environment, such as the business type, should be considered.

  • Physical Activity Among Postoperative Esophageal Cancer Patients

    Ichijo, Y., Takeda, Y., Oguma, Y., Kitagawa, Y., Takeuchi, H. and Doorenbos, A. Z.

    Cancer Nurs 2018年09月

    ISSN  0162-220

     概要を見る

    BACKGROUND: Previous literature has reported that regular physical activity enhances health-related quality of life for cancer patients. However, there is a lack of studies that focus on physical activity among postoperative esophageal cancer patients. OBJECTIVE: The aims of this study were to (1) describe the prevalence of physical activity among postoperative esophageal cancer patients, (2) explore variables related to physical activity (demographics, nutrition, dysphagia, and health-related qualify of life), and (3) examine potential reasons for inactivity among participants who scored low using case studies. METHODS: In this cross-sectional design, physical activity was evaluated by the Japanese version of the International Physical Activity Questionnaire. Variables were analyzed using Spearman rank correlation coefficients, Mann-Whitney U tests, or Fisher exact tests. RESULTS: Fifty-eight patients participated in this study; 79% met the recommended physical activity guidelines. Present occupational status and past leisure-time physical activity behavior before the cancer diagnosis were related to current leisure-time physical activity and meeting the guidelines postoperatively. Participants who scored 0 (little or no activity) in the questionnaire also scored low in health-related quality of life. CONCLUSIONS: Participants performed especially well in physical activity related to leisure time and transportation. Positive reinforcement is needed for patients who perform adequate levels of physical activity, and reviewing the benefits of regular physical activity is encouraged for all. IMPLICATIONS FOR PRACTICE: Occupational status and past leisure-time physical activity before diagnosis can be indicators for promoting physical activity among postoperative esophageal cancer patients. Inactive participants should be supported to promote both physical activity and health-related qualify of life.

  • 高齢者地域コミュニティのグループ運動継続に関わる特徴

    柴, 知里, 齋藤, 義信, 今村, 晴彦, 田中, あゆみ, 土村, 里佳 and 小熊, 祐子

    日本健康教育学会誌 26 ( 2 ) 144 - 154 2018年05月

    ISSN  1340-2560

     概要を見る

    目的:高齢者地域コミュニティのグループ運動継続に関わる特徴を把握する。事業/活動内容:対象は藤沢市で実施中の身体活動促進のための地域介入研究に参加し、6ヵ月間グループ運動を継続している8グループ(120名)である。研究参加時、6ヵ月後時点で質問紙調査、体力測定、認知機能評価を行った。運動プログラムやモニタリングツールを提供し、定期的なフォローアップや交流会、グループワークを行った。事業/活動評価:(1)リーダーの特徴と協力者の有無および協力の主体性で8グループを4群に分類し、質問紙による身体活動量、精神的健康、地域とのつながり、個人要因を比較した。(2)グループ向け質問紙、交流会、グループワークの質的情報から、グループの特徴を比較した。結果を統合してコミュニティづくりに重要なルール(自生した規則や制度)、ロール(自発的な役割)、ツール(道具や資源)の観点からグループの特徴を把握した。活動基盤となるルールは、全グループ共通のルール、円滑なグループ活動を行うためのルール、運動実施・継続のためのルールの3つに分類できた。今後の課題:ルールが明確なグループには、ロールがあり、効果的にツールを活用できていることが示唆された。住民参加型の身体活動促進の取り組みを通して、グループ運動実施・継続のためのルール、ロール、ツールが把握できた。長期的観察と成果の活用に向けた取り組みが今後の課題である。(著者抄録)

  • 地域在住高齢者における個人レベルのソーシャル・キャピタルと身体活動との関連 横断研究

    齋藤, 義信, 小熊, 祐子, 田島, 敬之, 加藤, 梨里, 木林, 弥生, 宮地, 元彦 and 武林, 亨

    体力科学 67 ( 2 ) 177 - 185 2018年04月

    ISSN  0039-906X

     概要を見る

    「健康と生活に関するアンケート」に回答した高齢者534名(男性260名、女性274名、68〜78歳)を対象とした。男女の比較で有意差を認めた人口統計学的属性・社会経済的属性は、居住形態(女性の独居割合が高い)、BMI(男性が高い)、身体活動の制限(女性の医師または足腰の痛みによる制限がある割合が高い)、教育歴(男性の大学卒以上の割合が高い)、収入がある仕事(男性の仕事をもつ割合が高い)であった。ソーシャル・キャピタル(SC)では地域の人とのかかわりと他世代との交流において有意な男女差(女性のSCが高い)を認めた。SCが低いと想定される回答を基準とした解析で、男性では、地域の支え合い:支え合うと思う、地域の人とのかかわり:立ち話をする人がいる、相談しあえる人がいる、他世代との交流:まあまあある、とてもあるにおいて有意な正の関連を認めた。トレンド検定では、有意な量反応関係を認めた。女性では、地域の人とのかかわり:相談しあえる人がいる、地域組織活動への参加:1団体以上において有意な正の関連を認めた。トレンド検定では、「地域の人とのかかわり」において有意な量反応関係を認めた。

  • Awareness of physical activity promotion, physical activity, and sedentary behavior in elderly Japanese

    Tajima, Takayuki, Saito, Yoshinobu, Kato, Riri, Kibayashi, Yayoi, Miyachi, Motohiko, Lee, I-Min and Oguma, Yuko

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine 7 ( 2 ) 113 - 119 2018年03月

    ISSN  2186-8131

     概要を見る

    本研究の目的は、日本人高齢者を対象に「アクティガイド」や「プラス・テン」などの身体活動プロモーションの認知と身体活動時間、座位行動時間の関連について検討することである。我々は2013年より神奈川県藤沢市において身体活動促進のためのコミュニティワイドキャンペーンを実施している。この取り組みの成果評価及び2015年度以降に行う全市的な介入の事前評価の位置づけで、2015年6月に20歳以上の藤沢市民3,000名を無作為抽出して質問紙調査を実施した。本研究ではその質問紙調査を用い、65歳以上の高齢者874名を対象者とした。このうち550名から返答があり、データに欠損のない373名を解析に用いた。48%(179/373名)が「アクティブガイド」や「プラス・テン」などの身体活動プロモーションを認知していた。身体活動時間(運動を行っている時間と歩行またはそれと同等以上の強度の生活活動を行っている時間の総和)の中央値は100分/日、座位行動時間の中央値は300分/日であった。身体活動プロモーションの認知と身体活動時間には有意な関連はみられなかったが(Odds Ratio(OR) for≧100minutes/day)=1.02,95% Confidence Interval(CI)=0.65-1.62)、座位行動時間との間には有意な関連性がみられた(OR for<300minutes/day)=1.60,95%CI=1.01-2.53)。高齢者において、強度を問わず日に40分以上の身体活動をすすめるアクティブガイドや、皆に今より10分多く体を動かすことをすすめるプラス・テンというメッセージの認知をすることは、高齢者において座位行動を減少させる可能性が示唆された。(著者抄録)

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • のばそう!健康寿命 第2回あと10分多く体を動かそう

    小熊 祐子

    Journal of Financial Planning 9   38 - 39 2015年09月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 運動療法の意義と日本の現状

    小熊 祐子

    日本臨床スポーツ医学会誌 23 ( 3 )  2015年08月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Relationship of objectively measured physical activity and physical function of community-dwelling very old in Kawasaki, Japan: baseline assessment of Kawasaki well-being prospective cohort study

    Oguma, Y., Tajima, T., Saito, Y., Fukui, S., Kibayashi, Y., Yoshida, N., Ishida, H., Hirata, T., Abe, Y. and Arai, Y.

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018年10月, 口頭(一般), International Society of Physical Activity and Health

  • RE-AIM evaluation of a community-wide physical activity intervention based on the Japanese guideline in adults: the Fujisawa+10 project

    Saito, Y., Tanaka, A., Tajima, T., Kibayashi, Y., Miyachi, M. and Oguma, Y.

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018年10月, ポスター(一般), International Society of Physical Activity and Health

  • Effects of replacing sedentary behavior with different intensities of physical activity on physical function among community-dwelling elderly: A cross-sectional study

    Tajima, T., Saito, Y., Kibayashi, Y. and Oguma, Y.

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018年10月, ポスター(一般), International Society of Physical Activity and Health

  • 健康教育、ヘルスプロモーションの評価から得られること 身体活動促進のためのポピュレーションアプローチ「ふじさわプラス・テン」の取り組み

    齋藤, 義信, 田島, 敬之, 柴, 知里 and 小熊, 祐子

    日本健康教育学会誌, 2018年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 宿泊型新保健指導(Smart Life Stay)における体験型プログラムが食習慣に与える影響

    佐野, 喜子, 村本, あき子 and 小熊, 祐子

    日本健康教育学会誌, 2017年06月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高齢者自主グループの運動を普及・継続するための仕組みづくり:住民参加型の実証研究

    2018年04月
    -
    2021年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 齋藤 義信, 補助金,  分担

  • 医療・介護保険情報と融合した地域高齢者コホート研究による要介護プロセスの解明

    2018年01月
    -
    2022年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 新井 康通, 補助金,  分担

  • 身体活動の地域介入研究‐継続のための仕組みづくりとその実証研究ー

    2017年04月
    -
    2020年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 小熊 祐子, 補助金,  代表

  • 心血管系、骨格筋系、および認知機能の老化に関わる分子バイオマーカーの国際共同研究開発

    2017年04月
    -
    2020年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構, 医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業・戦略的国際共同研究プログラム, 新井 康通, 分担

  • 身体活動の地域介入研究-継続のための仕組みづくりとその実証研究-

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小熊 祐子, 基盤研究(C), 補助金,  代表

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • セッション「生活習慣と認知症予防」

    三村 將、武林亨、秋山美紀、新井康通、小熊祐子

    SFC OPEN RESEARCH FORUM 2015  セッション「生活習慣と認知症予防」, 

    2015年11月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • 健康長寿特に運動・身体活動

    小熊祐子

    SFC OPEN RESEARCH FORUM 2015  セッション「生活習慣と認知症予防」, 

    2015年11月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • ふじさわプラス・テン(今より10分多くカラダを動かそう!)

    大学院健康マネジメント研究科小熊祐子ら

    藤沢市湘南台ファンタジア, 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • +10から始める職場の健康づくり

    よぼう医学 (東京都予防医学協会), 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 家を暖かくし身体活動を増やして健康長寿を目指しましょう

    かながわ健康・省エネ住宅推進協議会, 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 健康マネジメント概論

    2019年度

  • 運動疫学

    2019年度

  • スポーツマネジメント合同演習

    2019年度

  • 医療マネジメント合同演習

    2019年度

  • 臨床入門

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 健康リスクアセスメント学

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 臨床入門

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 健康行動科学

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 健康増進プログラム論

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 看護医療学部「地域看護活動論」

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 111人

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 藤沢市健康づくり推進会議

    2014年06月
    -
    2018年03月
  • 日本学術会議健康・スポーツ分科会

    2014年
    -
    継続中
  • 日本学術会議連携会員

    2014年
    -
    継続中
  • 藤沢市健康づくり推進会議・専門部会

    2010年04月
    -
    2014年05月
  • ベネッセチャイルドケアセンター日吉 運営委員会

    2010年04月
    -
    2013年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本健康教育学会, 

    2010年
    -
    継続中
  • 日本運動療法学会, 

    2004年07月
    -
    継続中
  • American Diabetes Association, 

    2002年06月
    -
    2003年09月
  • The North American Association for the study of Obesity, 

    2002年06月
    -
    2003年05月
  • 日本フードシステム学会, 

    2001年10月
    -
    2002年09月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年
    -
    継続中

    学術委員, 日本健康教育学会

  • 2015年
    -
    継続中

    渉外委員, 日本体力医学会

  • 2014年10月
    -
    2017年09月

    男女共同参画推進委員, 日本体力医学会

  • 2014年06月
    -
    2018年03月

    健康づくり推進会議委員, 藤沢市

  • 2013年10月
    -
    2015年09月

    学術委員会プロジェクト研究委員, 日本体力医学会

全件表示 >>