小熊 祐子 (オグマ ユウコ)

Oguma, Yuko

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 スポーツ医学研究センター (日吉)

職名

准教授

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 4年の内科研修の後、内分泌内科研究室に入局。その頃より、予防医学に焦点をあて、糖尿病を中心に生活習慣病の、運動・食事といった生活習慣改善による介入研究を実施。2000年から2003 年までハーバード大学公衆衛生大学院疫学科 I-Min Lee 先生のもとに留学し、physical activity epidemiology(運動疫学)を中心に研究。 現在は、臨床・教育面では生活習慣病の運動療法の指導や、一般の方への身体活動の普及啓発に注力している。研究面では、学際的な超高齢者コホート研究や鶴岡みらい健康調査に、運動疫学の専門家として携わり、身体活動と健康上のアウトカムとの関連を検討する研究を行っているほか、地方自治体(特に藤沢市)との 協働による健康増進事業・研究、企業との協働による新しい形の個人を対象とした健康増進サポート事業・研究等も行っている。 代表著書『サクセスフル・エイジング: 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上』慶應義塾大学出版会(2014年)。

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 4年の内科研修の後、内分泌内科研究室に入局。その頃より、予防医学に焦点をあて、糖尿病を中心に生活習慣病の、運動・食事といった生活習慣改善による介入研究を実施。2000年から2003 年までハーバード大学公衆衛生大学院疫学科 I-Min Lee 先生のもとに留学し、physical activity epidemiology(運動疫学)を中心に研究。 現在は、臨床・教育面では生活習慣病の運動療法の指導や、一般の方への身体活動の普及啓発に注力している。研究面では、学際的な超高齢者コホート研究や鶴岡みらい健康調査に、運動疫学の専門家として携わり、身体活動と健康上のアウトカムとの関連を検討する研究を行っているほか、地方自治体との 協働による健康増進事業・研究、企業との協働による新しい形の個人を対象とした健康増進サポート事業・研究等も行っている。 代表著書『サクセスフル・エイジング: 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上』慶應義塾大学出版会(2014年)。

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 保健管理センター, 兼担

  • 医学部, スポーツ医学総合センター, 兼担

  • 大学院健康マネジメント研究科, 看護・医療・スポーツマネジメント専攻, 准教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年05月
    -
    1997年04月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

  • 1997年05月
    -
    1998年04月

    大学助手(医学部内科学)(有給)

  • 1998年05月
    -
    1998年12月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

  • 1999年01月
    -
    1999年04月

    大学助手(医学部内科学)(有給)

  • 1999年05月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2002年06月

    ハーバード公衆衛生大学院, 疫学科

    アメリカ, 大学院, 修了, 修士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

  • 疫学・予防医学

  • 代謝学 (Metabolism Studies)

  • 内分泌学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 身体活動

  • 運動疫学

  • 健康増進

  • 生活習慣改善

  • 予防医学

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 身体活動コミュニティワイド介入研究, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • 超高齢者における身体活動の把握と意義, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • アスリートの健康とパフォーマンス, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • がんサバイバーと生活習慣, 

    2015年04月
    -
    継続中

  • 女性の健康支援 特に身体活動・運動について, 

    2016年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 第5章 メンタルヘルスの身体活動疫学 4節 自殺

    小熊祐子 and 岡檀, 杏林書院, 2016年

  • 身体活動・座位行動の科学~疫学・分子生物学から探る健康~

    小熊 祐子, 岡壇, 杏林書院, 2016年

    担当範囲: 第5章 メンタルヘルスの身体活動疫学 4節 自殺.

  • アンチエイジング医学の基礎と臨床 第3版 アンチエイジングと身体活動・運動の疫学

    小熊 祐子, メジカルビュー社, 2015年09月

  • サクセスフル・エイジング 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上

    小熊 祐子, 富田眞紀子、今村晴彦, 慶應義塾大学出版会, 2014年10月

  • ウエルエイジングのための女性医療

    隅田 祥子、小熊 祐子, 2011年11月

    担当範囲: 245-252

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Correction: The Smart Life Stay (SLS) program: effects of a lifestyle intervention program in combination with health tourism and health guidance for type 2 diabetes.

    Matsushita M, Muramoto A, Nomura E, Eguchi Y, Kato A, Sano Y, Kabayama M, Arakawa M, Oguma Y, Yabe D, Matsunaga M, Yatsuya H, Arima H, Tsushita K

    Nutrition & diabetes 10 ( 1 ) 34 2020年09月

    共著, 査読無し

  • Preoperative Instrumental Activities of Daily Living Predicts Survival After Transcatheter Aortic Valve Implantation

    S Fukui, M Kawakami, Y Otaka, A Ishikawa, F Yashima, K Hayashida, ...

    Circulation Reports, CR-19-0109 2020年

    共著, 査読無し

  • The Smart Life Stay (SLS) program: effects of a lifestyle intervention program in combination with health tourism and health guidance for type 2 diabetes

    M Matsushita, A Muramoto, E Nomura, Y Eguchi, A Kato, Y Sano, ...

    Nutrition & diabetes 10 (1), 1-9 10 ( 1 ) 33 2020年

    共著, 査読無し,  ISSN  2044-4052

  • The role and attitude of senior leaders in promoting group-based community physical activity: a qualitative study

    H Komatsu, K Yagasaki, Y Oguma, Y Saito, Y Komatsu

    BMC geriatrics 20 (1), 1-9 (BMC Geriatrics)  20 ( 1 ) 380 2020年

    共著, 査読無し

     概要を見る

    © 2020 The Author(s). Background: In the context of worldwide public health, it is very important to promote physical activity among the older people. This study explored the roles and attitudes of senior leaders in promoting group-based exercise in their local communities, specifically to determine the level and extent to which to elderly participation was encouraged. Methods: This study conducted semi-structured face-to-face in-depth interviews and employed a subsequent thematic analysis. Participants included 10 club leaders and five sub-leaders who were working at senior clubs in Fujisawa-city, Kanagawa, Japan, from July to September 2018. Results: Four themes emerged from the interview responses, including "unwavering attitude/conviction in relation to the vision,""leaders must set an example,""a search for balance in delegating responsibilities to members,"and "creating and fostering culture and environment of mutual help."Further, each participant outlined several aims, including "achieving healthy longevity for the entire local community,""having older people promote healthy activities among the older people,"and "creating a pro-health town."Conclusions: Findings indicate that policymakers, public health workers, and healthcare providers should recognize the pivotal roles that senior group leaders play in promoting healthy activities for the older people. These efforts should be strongly considered when developing policies and strategies designed to promote overall healthy longevity from a general community perspective.

  • 地域在住高齢者におけるポリファーマシーと抗コリン作動薬及び鎮静作用薬が身体・認知・精神に与える影響の評価 The Kawasaki Wellbeing Project

    田中 あさひ, 新井 康通, 平田 匠, 阿部 由紀子, 小熊 祐子, 漆原 尚巳

    日本老年医学会雑誌 ((一社)日本老年医学会)  56 ( 4 ) 504 - 515 2019年10月

    共著, 査読無し,  ISSN  0300-9173

     概要を見る

    目的:本研究の目的は高齢者におけるポリファーマシー,抗コリン作動薬及び鎮静作用薬の使用による薬剤負荷の影響を調査することである.方法:川崎市在住非介護高齢者コホートThe Kawasaki Wellbeing Projectにて2017年3月から12月までに参加した396名を対象とした.ベースライン時の薬剤情報から薬剤数を算出,抗コリン作動薬及び鎮静作用薬に該当する薬剤から対象者のDrug Burden Index(DBI)を算出し薬剤負荷とした.アウトカム指標であるADL,IADL,MMSE,J-CHS,EQ5D5Lについて多変量回帰分析を行い,使用薬剤数又はDBIとの関連性を検討した.調整には性別,年齢,疾患数,教育歴,飲酒歴,喫煙歴を用いた.結果:解析の対象となった389名において年齢の中央値は86歳,男性は48%にあたる187名であった.ポリファーマシーに該当した対象者は243名(62%)であり,DBI該当薬の使用者は142名(36.5%)となった.各アウトカム指標の結果から本集団は身体機能,QOLが高く,フレイルのリスクの低い集団であることが分かった.使用薬剤数はJ-CHS(β:0.04),EQ5D5L(-0.01)と有意に負の関連を示し,DBIスコアはEQ5D5L(-0.04)と有意に負に関連していた.結論:調査結果から本集団は一般的な高齢者と比較すると身体機能及び認知機能の高い健康な集団であることが示された.しかし,ポリファーマシー及び抗コリン作動薬及び鎮静作用薬による薬剤負荷は高齢者のフレイル,QOLの低下と関連していることが示唆された.今後はより大規模で多角的な調査項目を含めた長期間の観察を行うことが望ましい.(著者抄録)

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 超高齢者における身体活動量と総死亡、心疾患死との関連 前向きコホート研究

    新井 康通, 大澤 祐介, 阿部 由紀子, 小熊 祐子, 高山 美智代, 中澤 進, 山村 憲, 海老原 良典

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 ((一社)日本動脈硬化学会)  52回   257 - 257 2020年07月

    その他記事, 共著,  ISSN  1347-7099

  • 身体活動のすすめ 今求められるシステムズアプローチ、歯科とのつながりを考える

    小熊 祐子, 齋藤 義信

    日本歯科医師会雑誌 ((公社)日本歯科医師会)  73 ( 4 ) 293 - 304 2020年07月

    その他記事, 共著,  ISSN  0047-1763

     概要を見る

    身体活動は多くの健康上の効果があるものの、不活動者は世界的に蔓延している。世界保健機構(WHO)は2018年6月にGlobal Action Plan on Physical Activity 2018-2030(GAPPA:身体活動に関する世界行動計画2018-2030)を発表した。身体活動促進はSDGsの達成にも貢献する。多領域が協力して、社会としてシステム思考で、コベネフィット(他分野への利益)を創出することが重要である。本稿では日本の施策、藤沢市で筆者らが行う身体活動促進の経過と成果、歯科との協働の可能性についても言及する。(著者抄録)

  • 【オリンピック・レガシーと身体活動促進】Global Action Plan on Physical Activity 2018-2030について SDGs、オリンピック・レガシーとともに考える

    小熊 祐子

    日本健康教育学会誌 (日本健康教育学会)  28 ( 2 ) 92 - 100 2020年05月

    その他記事, 単著,  ISSN  1340-2560

     概要を見る

    身体活動は多くの健康上の効果が認められているにもかかわらず,不活動者は世界的に増加している.蔓延する身体不活動の問題に世界レベルでより積極的に取り組むため,2018年5月の世界保健総会で決議され,6月に世界保健機関がGlobal Action Plan on Physical Activity 2018-2030(GAPPA)を発表した.GAPPAでは,身体不活動を減らし,健康的で持続可能な世界をつくるため,「アクティブな社会を創造」「アクティブな環境を創造」「アクティブな人々を育む」「アクティブなシステムを創造」という4つの戦略目標とそれぞれの目標に4-6項目,計20の政策措置が設定されている.これらの戦略目標及び政策措置はそれぞれ独立したものではなく,相互に関わり合っており,システムベースのアプローチにより,コベネフィットを生み出し得るものであり,各分野が協調して取り組むことで成し得るものである.アウトカムは健康だけでなく,持続可能な行動目標(Sustainable Development Goals,SDGs)の多くの項目にもつながっていく.長期的なオリンピック・レガシーを考えたとき目指すものが共有できそうだ.今後各レベルでステークホルダーが集まりGAPPAを咀嚼し自分たちに合ったシステム図を描き,実行・再評価・共有し,スケールアップしていく必要がある.(著者抄録)

  • 身体活動の普及戦略-最新のエビデンスと研究の実際- 都市部における地域全体への多面的介入 ふじさわプラス・テン(神奈川県藤沢市)の取り組み

    齋藤 義信, 小熊 祐子

    体力科学 ((一社)日本体力医学会)  69 ( 1 ) 96 - 96 2020年02月

    その他記事, 共著,  ISSN  0039-906X

  • 日本体力医学会における運動療法ガイドライン策定に向けた取り組み 日本体力医学会としての「脳心血管病予防に関する包括的リスク管理チャート」改定への参画

    小熊 祐子, 井上 茂, 永富 良一

    体力科学 ((一社)日本体力医学会)  69 ( 1 ) 120 - 120 2020年02月

    その他記事, 共著,  ISSN  0039-906X

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Effects of replacing sedentary behavior with different intensities of physical activity on physical function among community-dwelling elderly: A cross-sectional study

    Tajima, T, Saito, Y, Kibayashi, Y, Oguma, Y

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018年10月, ポスター(一般), International Society of Physical Activity and Health

  • Relationship of objectively measured physical activity and physical function of community-dwelling very old in Kawasaki, Japan: baseline assessment of Kawasaki well-being prospective cohort study

    Oguma, Y., Tajima, T., Saito, Y., Fukui, S., Kibayashi, Y., Yoshida, N., Ishida, H., Hirata, T., Abe, Y. and Arai, Y.

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018年10月, 口頭(一般), International Society of Physical Activity and Health

  • RE-AIM evaluation of a community-wide physical activity intervention based on the Japanese guideline in adults: the Fujisawa+10 project

    Saito, Y, Tanaka, A, Tajima, T, Kibayashi, Y, Miyachi, M, Oguma, Y

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018年10月, ポスター(一般), International Society of Physical Activity and Health

  • 健康教育、ヘルスプロモーションの評価から得られること 身体活動促進のためのポピュレーションアプローチ「ふじさわプラス・テン」の取り組み

    齋藤, 義信, 田島, 敬之, 柴, 知里 and 小熊, 祐子

    日本健康教育学会誌, 2018年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 太極拳によるフロー体験と、生きがい感と自己効力感を介したSense of Coherence(SOC)の関係

    飯田, 健次 and 小熊, 祐子

    日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 2017年06月, 口頭(基調)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高齢者自主グループの運動を普及・継続するための仕組みづくり:住民参加型の実証研究

    2018年04月
    -
    2021年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 齋藤 義信, 補助金,  分担

  • 医療・介護保険情報と融合した地域高齢者コホート研究による要介護プロセスの解明

    2018年01月
    -
    2022年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 新井 康通, 補助金,  分担

  • 身体活動の地域介入研究‐継続のための仕組みづくりとその実証研究ー

    2017年04月
    -
    2020年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 小熊 祐子, 補助金,  代表

  • 心血管系、骨格筋系、および認知機能の老化に関わる分子バイオマーカーの国際共同研究開発

    2017年04月
    -
    2020年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構, 医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業・戦略的国際共同研究プログラム, 新井 康通, 分担

  • 身体活動の地域介入研究-継続のための仕組みづくりとその実証研究-

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小熊 祐子, 基盤研究(C), 補助金,  代表

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • セッション「生活習慣と認知症予防」

    三村 將、武林亨、秋山美紀、新井康通、小熊祐子

    SFC OPEN RESEARCH FORUM 2015  セッション「生活習慣と認知症予防」, 

    2015年11月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • 健康長寿特に運動・身体活動

    小熊祐子

    SFC OPEN RESEARCH FORUM 2015  セッション「生活習慣と認知症予防」, 

    2015年11月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • ふじさわプラス・テン(今より10分多くカラダを動かそう!)

    大学院健康マネジメント研究科小熊祐子ら

    藤沢市湘南台ファンタジア, 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • +10から始める職場の健康づくり

    よぼう医学 (東京都予防医学協会), 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 家を暖かくし身体活動を増やして健康長寿を目指しましょう

    かながわ健康・省エネ住宅推進協議会, 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 公衆衛生実践

    2020年度

  • 健康マネジメント概論

    2020年度

  • 運動疫学

    2020年度

  • 臨床入門

    2020年度

  • 特別研究

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 健康リスクアセスメント学

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 臨床入門

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 健康行動科学

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 健康増進プログラム論

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018年度

  • 看護医療学部「地域看護活動論」

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 111人

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 藤沢市健康づくり推進会議

    2014年06月
    -
    2018年03月
  • 日本学術会議健康・スポーツ分科会

    2014年
    -
    継続中
  • 日本学術会議連携会員

    2014年
    -
    継続中
  • 藤沢市健康づくり推進会議・専門部会

    2010年04月
    -
    2014年05月
  • ベネッセチャイルドケアセンター日吉 運営委員会

    2010年04月
    -
    2013年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本健康教育学会, 

    2010年
    -
    継続中
  • 日本運動療法学会, 

    2004年07月
    -
    継続中
  • American Diabetes Association, 

    2002年06月
    -
    2003年09月
  • The North American Association for the study of Obesity, 

    2002年06月
    -
    2003年05月
  • 日本フードシステム学会, 

    2001年10月
    -
    2002年09月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年
    -
    継続中

    学術委員, 日本健康教育学会

  • 2015年
    -
    継続中

    渉外委員, 日本体力医学会

  • 2014年10月
    -
    2017年09月

    男女共同参画推進委員, 日本体力医学会

  • 2014年06月
    -
    継続中

    健康づくり推進会議委員, 藤沢市

  • 2013年10月
    -
    2015年09月

    学術委員会プロジェクト研究委員, 日本体力医学会

全件表示 >>