Oguma, Yuko

写真a

Affiliation

Research Centers and Institutes, Sports Medicine Research Center (Hiyoshi)

Position

Associate Professor

Profile 【 Display / hide

  • 4年の内科研修の後、内分泌内科研究室に入局。その頃より、予防医学に焦点をあて、糖尿病を中心に生活習慣病の、運動・食事といった生活習慣改善による介入研究を実施。2000年から2003 年までハーバード大学公衆衛生大学院疫学科 I-Min Lee 先生のもとに留学し、physical activity epidemiology(運動疫学)を中心に研究。 現在は、臨床・教育面では生活習慣病の運動療法の指導や、一般の方への身体活動の普及啓発に注力している。研究面では、学際的な超高齢者コホート研究や鶴岡みらい健康調査に、運動疫学の専門家として携わり、身体活動と健康上のアウトカムとの関連を検討する研究を行っているほか、地方自治体(特に藤沢市)との 協働による健康増進事業・研究、企業との協働による新しい形の個人を対象とした健康増進サポート事業・研究等も行っている。 代表著書『サクセスフル・エイジング: 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上』慶應義塾大学出版会(2014年)。

Profile Summary 【 Display / hide

  • 4年の内科研修の後、内分泌内科研究室に入局。その頃より、予防医学に焦点をあて、糖尿病を中心に生活習慣病の、運動・食事といった生活習慣改善による介入研究を実施。2000年から2003 年までハーバード大学公衆衛生大学院疫学科 I-Min Lee 先生のもとに留学し、physical activity epidemiology(運動疫学)を中心に研究。 現在は、臨床・教育面では生活習慣病の運動療法の指導や、一般の方への身体活動の普及啓発に注力している。研究面では、学際的な超高齢者コホート研究や鶴岡みらい健康調査に、運動疫学の専門家として携わり、身体活動と健康上のアウトカムとの関連を検討する研究を行っているほか、地方自治体との 協働による健康増進事業・研究、企業との協働による新しい形の個人を対象とした健康増進サポート事業・研究等も行っている。 代表著書『サクセスフル・エイジング: 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上』慶應義塾大学出版会(2014年)。

Other Affiliation 【 Display / hide

  • Health Center, 兼担

  • School of Medicine, スポーツ医学総合センター, 兼担

  • Graduate School of Health Management, Major in Nursing, Health Care and Sports Management, 准教授

Career 【 Display / hide

  • 1993.05
    -
    1997.04

    大学助手(医学部内科学)(無給)

  • 1997.05
    -
    1998.04

    大学助手(医学部内科学)(有給)

  • 1998.05
    -
    1998.12

    大学助手(医学部内科学)(無給)

  • 1999.01
    -
    1999.04

    大学助手(医学部内科学)(有給)

  • 1999.05

    大学助手(医学部内科学)(無給)

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1991.03

    Keio University, Faculty of Medicine

    University, Graduated

  • 2002.06

    Harvard School of Public Health, Department of Epidemiology

    USA, Graduate School, Completed, Master's course

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Environmental physiology (including physical medicine and nutritional physiology)

  • Epidemiology and preventive medicine

  • Metabolomics (Metabolism Studies)

  • Endocrinology

Research Keywords 【 Display / hide

  • physical activity

  • Physical activity epidemiology

  • health promotion

  • lifestyle modification

  • preventive medicine

display all >>

Research Themes 【 Display / hide

  • Community-wide intervention of physical activity, 

    2013.04
    -
    Present

  • Physical activity of the oldest old in Japan., 

    2013.04
    -
    Present

  • アスリートの健康とパフォーマンス, 

    2010.04
    -
    Present

  • がんサバイバーと生活習慣, 

    2015.04
    -
    Present

  • 女性の健康支援 特に身体活動・運動について, 

    2016.04
    -
    Present

 

Books 【 Display / hide

  • 第5章 メンタルヘルスの身体活動疫学 4節 自殺

    小熊祐子 and 岡檀, 杏林書院, 2016

  • 身体活動・座位行動の科学~疫学・分子生物学から探る健康~

    OGUMA YUKO,Mayumi Oka, 杏林書院, 2016

    Scope: 第5章 メンタルヘルスの身体活動疫学 4節 自殺.

  • アンチエイジング医学の基礎と臨床 第3版 アンチエイジングと身体活動・運動の疫学

    OGUMA YUKO, メジカルビュー社, 2015.09

  • サクセスフル・エイジング 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上

    OGUMA YUKO, MAKIKO TOMITA, HARUHIKO IMAMURA, 慶應義塾大学出版会, 2014.10

  • ウエルエイジングのための女性医療

    SUMIDA SACHIKO, OGUMA YUKO, 2011.11

    Scope: 245-252

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • Preoperative Instrumental Activities of Daily Living Predicts Survival After Transcatheter Aortic Valve Implantation

    S Fukui, M Kawakami, Y Otaka, A Ishikawa, F Yashima, K Hayashida, ...

    Circulation Reports, CR-19-0109  2020

  • 地域在住高齢者におけるポリファーマシーと抗コリン作動薬及び鎮静作用薬が身体・認知・精神に与える影響の評価 The Kawasaki Wellbeing Project

    田中 あさひ, 新井 康通, 平田 匠, 阿部 由紀子, 小熊 祐子, 漆原 尚巳

    日本老年医学会雑誌 ((一社)日本老年医学会)  56 ( 4 ) 504 - 515 2019.10

    ISSN  0300-9173

     View Summary

    目的:本研究の目的は高齢者におけるポリファーマシー,抗コリン作動薬及び鎮静作用薬の使用による薬剤負荷の影響を調査することである.方法:川崎市在住非介護高齢者コホートThe Kawasaki Wellbeing Projectにて2017年3月から12月までに参加した396名を対象とした.ベースライン時の薬剤情報から薬剤数を算出,抗コリン作動薬及び鎮静作用薬に該当する薬剤から対象者のDrug Burden Index(DBI)を算出し薬剤負荷とした.アウトカム指標であるADL,IADL,MMSE,J-CHS,EQ5D5Lについて多変量回帰分析を行い,使用薬剤数又はDBIとの関連性を検討した.調整には性別,年齢,疾患数,教育歴,飲酒歴,喫煙歴を用いた.結果:解析の対象となった389名において年齢の中央値は86歳,男性は48%にあたる187名であった.ポリファーマシーに該当した対象者は243名(62%)であり,DBI該当薬の使用者は142名(36.5%)となった.各アウトカム指標の結果から本集団は身体機能,QOLが高く,フレイルのリスクの低い集団であることが分かった.使用薬剤数はJ-CHS(β:0.04),EQ5D5L(-0.01)と有意に負の関連を示し,DBIスコアはEQ5D5L(-0.04)と有意に負に関連していた.結論:調査結果から本集団は一般的な高齢者と比較すると身体機能及び認知機能の高い健康な集団であることが示された.しかし,ポリファーマシー及び抗コリン作動薬及び鎮静作用薬による薬剤負荷は高齢者のフレイル,QOLの低下と関連していることが示唆された.今後はより大規模で多角的な調査項目を含めた長期間の観察を行うことが望ましい.(著者抄録)

  • Drug burden of polypharmacy and anticholinergic/sedative drugs and physical/cognitive/mental related outcomes of the community-dwelling elderly people: The Kawasaki well-being project

    Asano Ringo, Tanaka Asahi, Arai Yasumichi, Hirata Takumi, Abe Yukiko, Oguma Yuko, Urushihara Hisashi

    PHARMACOEPIDEMIOLOGY AND DRUG SAFETY 28   293 - 293 2019.08

    ISSN  1053-8569

  • 食育に役立つ配膳を基本としたたまごの大きさを基準に摂取量を回答する食事調査票「たまごの大きさで数える食事チェックシート-簡単版-」の開発

    鈴木 亜夕帆, 小熊 祐子, 東 宏一郎, 渡邊 智子

    千葉県立保健医療大学紀要 (千葉県立保健医療大学)  10 ( 1 ) 97 - 105 2019.03

    ISSN  1884-9326

     View Summary

    摂取量をたまごの大きさで回答する「たまごの大きさで数える食事チェックシート」の簡単版を開発した.質問用紙は,両面カラー印刷,仕上がりA4版サイズ,二つ折,全4ページの様式とした.質問用紙は,表紙,回答方法の説明,食事内容回答,生活習慣回答ページの4つの構成とした.食事内容回答ページは,見開きページにして一覧で見ることができるようにした.個人結果票は,カラー印刷,A4版サイズ,1枚とし,食事配膳区分を中心とした結果表示とした.摂取量は,たまごの大きさでどのくらいか回答できるため,摂取重量が不明でも本人が回答しやすいものであること,食事配膳区分でのみ回答をするため,質問の項目が少なくなり,食事に興味があまりない方への食事調査で回答のハードルを下げること,食育イベント等で来場した方へ短時間で結果を配布することが可能になると考えられる.妥当性と再現性は,現在解析中である.(著者抄録)

  • Drug burden of polypharmacy and anticholinergic/sedative drugs and physical/cognitive/mental related outcomes of the community-dwelling elderly people: The Kawasaki well-being …

    R Asano, A Tanaka, Y Arai, T Hirata, Y Abe, Y Oguma, H Urushihara

    PHARMACOEPIDEMIOLOGY AND DRUG SAFETY 28, 293-293  2019

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • 身体活動の普及戦略-最新のエビデンスと研究の実際- 都市部における地域全体への多面的介入 ふじさわプラス・テン(神奈川県藤沢市)の取り組み

    齋藤 義信, 小熊 祐子

    体力科学 ((一社)日本体力医学会)  69 ( 1 ) 96 - 96 2020.02

    ISSN  0039-906X

  • 日本体力医学会における運動療法ガイドライン策定に向けた取り組み 日本体力医学会としての「脳心血管病予防に関する包括的リスク管理チャート」改定への参画

    小熊 祐子, 井上 茂, 永富 良一

    体力科学 ((一社)日本体力医学会)  69 ( 1 ) 120 - 120 2020.02

    ISSN  0039-906X

  • 大学女子アスリートのストレス反応、生活習慣が月経前症候群に与える影響 構造方程式モデリングによる横断的検討

    谷 麻也夏, 小熊 祐子, 石田 浩之, 齋藤 義信

    日本臨床スポーツ医学会誌 ((一社)日本臨床スポーツ医学会)  27 ( 4 ) S258 - S258 2019.11

    ISSN  1346-4159

  • 住民主体のグループ運動の実施状況 藤沢市老人クラブを対象とした悉皆調査

    齋藤 義信, 小熊 祐子, 今村 晴彦, 田島 敬之, 伊藤 智也, 川瀬 敦子

    日本公衆衛生学会総会抄録集 (日本公衆衛生学会)  78回   562 - 562 2019.10

    ISSN  1347-8060

  • 高齢者コミュニティにおけるグループ運動参加者の移動機能と体力変化に関する縦断研究

    伊藤 智也, 小熊 祐子, 齋藤 義信, 田島 敬之, 川瀬 敦子

    日本公衆衛生学会総会抄録集 (日本公衆衛生学会)  78回   232 - 232 2019.10

    ISSN  1347-8060

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • Relationship of objectively measured physical activity and physical function of community-dwelling very old in Kawasaki, Japan: baseline assessment of Kawasaki well-being prospective cohort study

    Oguma, Y., Tajima, T., Saito, Y., Fukui, S., Kibayashi, Y., Yoshida, N., Ishida, H., Hirata, T., Abe, Y. and Arai, Y.

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018.10, Oral Presentation(general), International Society of Physical Activity and Health

  • RE-AIM evaluation of a community-wide physical activity intervention based on the Japanese guideline in adults: the Fujisawa+10 project

    Saito, Y., Tanaka, A., Tajima, T., Kibayashi, Y., Miyachi, M. and Oguma, Y.

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018.10, Poster (general), International Society of Physical Activity and Health

  • Effects of replacing sedentary behavior with different intensities of physical activity on physical function among community-dwelling elderly: A cross-sectional study

    Tajima, T., Saito, Y., Kibayashi, Y. and Oguma, Y.

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 2018.10, Poster (general), International Society of Physical Activity and Health

  • 健康教育、ヘルスプロモーションの評価から得られること 身体活動促進のためのポピュレーションアプローチ「ふじさわプラス・テン」の取り組み

    齋藤, 義信, 田島, 敬之, 柴, 知里 and 小熊, 祐子

    日本健康教育学会誌, 2018.06, Symposium, Workshop, Panelist (nomination)

  • 宿泊型新保健指導(Smart Life Stay)における体験型プログラムが食習慣に与える影響

    佐野, 喜子, 村本, あき子 and 小熊, 祐子

    日本健康教育学会誌, 2017.06, Oral Presentation(general)

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 高齢者自主グループの運動を普及・継続するための仕組みづくり:住民参加型の実証研究

    2018.04
    -
    2021.03

    独立行政法人日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, Yoshinobu Saito, Research grant, Co-investigator

  • 医療・介護保険情報と融合した地域高齢者コホート研究による要介護プロセスの解明

    2018.01
    -
    2022.03

    独立行政法人日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, Yasumichi Arai, Research grant, Co-investigator

  • 身体活動の地域介入研究‐継続のための仕組みづくりとその実証研究ー

    2017.04
    -
    2020.03

    独立行政法人日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, Yuko Oguma, Research grant, Principal Investigator

  • Biological signatures of cardiovascular, musculoskeletal and cognitive ageing in the very old.

    2017.04
    -
    2020.03

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構, 医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業・戦略的国際共同研究プログラム, 新井 康通, Co-investigator

  • 身体活動の地域介入研究-継続のための仕組みづくりとその実証研究-

    2017.04
    -
    2020.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 小熊 祐子, Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Principal Investigator

display all >>

Works 【 Display / hide

  • セッション「生活習慣と認知症予防」

    三村 將、武林亨、秋山美紀、新井康通、小熊祐子

    SFC OPEN RESEARCH FORUM 2015  セッション「生活習慣と認知症予防」, 

    2015.11
    -
    Present

    Other, Joint

  • 健康長寿特に運動・身体活動

    小熊祐子

    SFC OPEN RESEARCH FORUM 2015  セッション「生活習慣と認知症予防」, 

    2015.11
    -
    Present

    Other, Single

  • ふじさわプラス・テン(今より10分多くカラダを動かそう!)

    大学院健康マネジメント研究科小熊祐子ら

    藤沢市湘南台ファンタジア, 

    2015.10
    -
    Present

    Other, Joint

  • +10から始める職場の健康づくり

    よぼう医学 (東京都予防医学協会), 

    2015.10
    -
    Present

    Other, Single

  • 家を暖かくし身体活動を増やして健康長寿を目指しましょう

    かながわ健康・省エネ住宅推進協議会, 

    2015.10
    -
    Present

    Other, Single

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • PUBLIC HEALTH PRACTICE

    2020

  • PRINCIPLES OF HEALTH MANAGEMENT

    2020

  • PHYSICAL ACTIVITY EPIDEMIOLOGY

    2020

  • INTRODUCTION TO CLINICAL PRACTICE

    2020

  • INDEPENDENT RESEARCH

    2020

display all >>

Courses Previously Taught 【 Display / hide

  • 健康リスクアセスメント学

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018

  • 臨床入門

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018

  • 健康行動科学

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018

  • 健康増進プログラム論

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 2018

  • 看護医療学部「地域看護活動論」

    Keio University, 2015, Autumn Semester, Major subject, Lecture, 111people

display all >>

 

Social Activities 【 Display / hide

  • 藤沢市健康づくり推進会議

    2014.06
    -
    2018.03
  • 日本学術会議健康・スポーツ分科会

    2014
    -
    Present
  • 日本学術会議連携会員

    2014
    -
    Present
  • 藤沢市健康づくり推進会議・専門部会

    2010.04
    -
    2014.05
  • ベネッセチャイルドケアセンター日吉 運営委員会

    2010.04
    -
    2013.03

display all >>

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 日本健康教育学会, 

    2010
    -
    Present
  • 日本運動療法学会, 

    2004.07
    -
    Present
  • American Diabetes Association, 

    2002.06
    -
    2003.09
  • The North American Association for the study of Obesity, 

    2002.06
    -
    2003.05
  • 日本フードシステム学会, 

    2001.10
    -
    2002.09

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2015
    -
    Present

    学術委員, 日本健康教育学会

  • 2015
    -
    Present

    渉外委員, 日本体力医学会

  • 2014.10
    -
    2017.09

    男女共同参画推進委員, 日本体力医学会

  • 2014.06
    -
    Present

    健康づくり推進会議委員, 藤沢市

  • 2013.10
    -
    2015.09

    学術委員会プロジェクト研究委員, 日本体力医学会

display all >>