村山 光義 (ムラヤマ ミツヨシ)

Murayama, Mitsuyoshi

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 体育研究所 (日吉)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 「からだ」を持つ自分や他人について考えましょう。「からだ」を動かしながら人間を理解しましょう。「からだ」とうまく付き合いながら豊かな人生を過ごしましょう。 私が、それを、体育やスポーツを通じてお手伝いします。 村山光義のページ http://web.keio.jp/~murayama/

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1993年03月

    慶應義塾大学体育研究所, 大学助手(嘱託)

  • 1993年04月
    -
    1994年03月

    慶應義塾大学体育研究所, 大学助手(嘱託)

  • 1994年04月
    -
    1995年03月

    慶應義塾大学体育研究所, 大学助手(嘱託)

  • 1995年04月
    -
    1998年03月

    慶應義塾大学体育研究所, 大学助手

  • 1998年04月
    -
    2004年03月

    慶應義塾大学体育研究所, 大学専任講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年03月

    順天堂大学, 体育学部, 体育学科

    大学, 卒業

  • 1991年03月

    順天堂大学, 体育学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 2005年03月

    順天堂大学, スポーツ健康科学研究科

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • スポーツ健康科学博士, 順天堂大学, 課程, 2005年03月

    筋硬度変化の生理学的要因に関する研究 -筋硬度計測の意義-

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 全日本スキー連盟 指導員, 2000年02月

  • 日本フライングディスク協会 インストラクター2級, 2018年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学 (Sports Science)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 筋硬度

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 筋硬度計測の生理学的意義, 

    1989年
    -
    継続中

  • 教育カリキュラム研究 FDと成績評価問題, 

    2005年
    -
    継続中

     研究概要を見る

    大学における成績評価

  • 運動技術の向上に関する総合的研究, 

    2005年
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 新・体育理論

    慶應義塾大学体育研究所編,佐々木玲子,村松憲,村山 光義,吉田泰将(分担執筆), 慶應義塾大学出版会, 2006年04月

  • 健康づくりのサイエンス -目的別運動プログラムの理論と実際ー

    南谷和利監修,山本利春,村山 光義,ほか(分担執筆), サンウェイ出版, 2001年06月

     概要を見る

    スポーツ医学的見地から、健康のための運動の実践と効用を解説した。特に柔軟性・筋肉にまつわる諸テーマを執筆。

  • 役に立つスポーツと健康の知識

    南谷和利監修,朝野 聡,伊藤 衛,村山光義,山本利春, 青山社(東京), 1994年04月

     概要を見る

    一般のスポーツ愛好家向けにスポーツ医学的見地から、運動の功罪と実践を解説した。特に筋肉にまつわる諸テーマを執筆。

論文 【 表示 / 非表示

  • Optimum displacement of muscle in relation to thickness for biceps brachii hardness measurement using a push-in meter

    村山 光義

    Biomedical Physics & Engineering Express 5 ( 1 ) 017001 2018年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    押圧時の変位-力関係の波形から上腕二頭筋の筋硬度推定法を検討した。2層弾性モデルによる推定の信頼範囲を回帰直線の決定係数およびPieacewise Linear Regression法から計算した。その結果直線性が維持される範囲は個人の筋厚の25-30%と考えられた。この考え方によって、個人間の組織量を規格化した筋硬度値の比較が可能となる。

  • Association of muscle hardness with muscle tension dynamics: a physiological property

    MURAYAMA MITSUYOSHI, Watanabe K, Kato R, Uchiyama T, Yoneda T

    European Journal of Applied Physiology 112   105-112 2011年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    筋張力と筋硬度の関係を検証するため、筋の長さ-張力関係全体を網羅して両者の関係をみた。その結果、よく知られている逆U字型の筋の長さ-張力関係および、静止張力と活動張力の和で示されえる全張力の関係において、張力を硬さに置き換えた長さ-硬さ関係がほぼ同様に成り立つことが示された。

  • Muscle tension dynamics of isolated frog muscle with application of perpendicular distortion

    MURAYAMA MITSUYOSHI,Tsugutake Yoneda and Sachio Kawai

    European Journal of Applied Physiology 93 ( 4 ) 489-495 2005年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    蛙摘出筋を用い、伸張・収縮等の条件における長軸方向の張力変化と筋腹への垂直押圧による反力の関係を検討した。伸張時の張力増加とともに、押し込み反力も増加を示し、張力と反力の関係は、直線的傾向を示した。また、収縮張力の大小に、押し込み反力も比例関係を示し、収縮張力と押し込み反力にも直線関係が見出せた。

  • Changes in muscle hardness of the elbow flexors after eccentric exercise

    Mitsuyoshi Murayama ,Kazunori Nosaka, Tsugutake Yoneda and Kazutoshi Minamitani

    European Journal of Applied Physiology 82   P361-367 2000年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Eccentric Exercise後の筋硬度変化について、HORIKWAらの押圧法によるmuscle hardness計測によって評価した。筋損傷後には肘屈筋の短縮に伴い、筋硬度が肘伸展位で有意に増加し、RANGの減少といったstiffness変化と関係が示された。また4日目以後のRelax位での硬度上昇から、Muscle Swellingの関与も示唆された。

  • 筋疲労改善に対するLLLT・LEDT の効果

    村山 光義

    日本レーザー医学会誌 38 ( 4 ) 432 - 438 2018年03月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

     概要を見る

    近年,LLLT(Low reactive level laser therapy)およびLEDT(Light emitting diode therapy)によって筋疲労の遅延,パフォーマンスの向上,高いトレーニング効果がもたらされることが報告されている.本稿では筋疲労誘発の条件別にその概要をまとめるとともに,LLLT・LEDTが疲労抑制に作用するメカニズムについて解説した

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 押し込み反力計測による筋硬度評価の意義

    村山 光義

    バイオメカニズム学会誌 (日本バイオメカニズム学会)  40 ( 2 ) 79 - 84 2016年05月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

     概要を見る

    日本バイオメカニズム学会誌の解説論文として押し込み反力計測による筋硬度評価の意義についてまとめた。筋硬度変化の生理学的要因には筋線維由来の張力変化と組織容積増大による内圧変化が考えられ、その変動要因を考慮して硬さの持つ意味を提示していくことが重要と考えられる

  • 筋硬度研究の全体および計測法、硬さを測る意義 ―硬さそのもの、hardnessという概念について(特集 筋の硬さ : 曖昧なものをはっきりさせる時代へ)

    村山 光義

    Sportmedicine (ブックハウス・エイチディ)   ( 166 ) 8 - 15 2014年12月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

     概要を見る

    「筋の硬さ」に関する特集記事の中で、筋硬度研究における計測法やhardnessの概念について、主に押し込み式筋硬度計測の研究成果を中心に解説をした。

  • スポーツ文化からオリンピズムを理解する

    村山 光義

    みんなのスポーツ  ( 425 ) 12 - 14 2016年07月

    総説・解説(その他), 単著

     概要を見る

    オリンピズムの理解を深めるため、スポーツの起源、PLAY論、新たなスポーツの拡大(ゆるスポーツ)などから解説を行った。スポーツを通じた人類の発展と平和な社会構築にむけた活動が,競技大会の成功以上に重視され,実践される必要がある。その活動とは,「国民へのスポーツ振興」であり、国民がスポーツという文化を深く理解し,オリンピズムも理解し,日常的に実践したり身近な存在として関わることを推進するべきである。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • RESTING MUSCLE HARDNESS ASSESSED BY A PRESSURE METER IN RELATION TO MUSCLE STIFFNESS ASSESSED BY ULTRASOUND SHEAR WAVE ELASTOGRAPHY

    村山 光義

    23th Annual congress of the European College of Sport Science (Dablin, Ireland) , 2018年07月, 口頭(一般)

     概要を見る

    押圧式筋硬度計・Pressure Meter(PM)のヤング率(E_PM)と剪断波Elastography(SWE)のヤング率(E_SWE)について比較した。対象筋は上腕二頭筋の肘関節0,30, 90°条件(BB0,BB30,BB90),大腿直筋: RF,腓腹筋内側:GMとした。その結果,BB0,BB30ではE_SWE が有意に大きく,RF,GM ではE_PM が有意に大きかった。両ヤング率にはBB0,BB30 のみ有意な相関関係が示された(BB0: r = 0.833,BB30: r = 0.497)。2つの筋硬度計測はいずれもヤング率として表されるが,PM によって評価される筋硬度(Hardness)とSWE によって評価される筋硬度(Stiffness)は基本的に異なる特性を評価していると考えられた。

  • OPTIMUM PORTION OF FORCE-DISPLACEMENT CURVE TO ASSESS MUSCLE HARDNESS WITH A PUSH-IN METER

    村山 光義

    22th Annual congress of the European College of Sport Science (Essen, Germany) , 2017年07月, 口頭(一般)

     概要を見る

    押圧法による筋硬度評価においては、力-変位曲線の内、筋成分の直線部位の傾きの情報が必要である。しかし、のその範囲を決定する際に個人の筋量を考慮した検討がなされてこなかった。本研究は上腕二頭筋における筋硬度決定の適切な範囲について検討した。筋厚の5%毎の範囲の反力の傾きについて決定係数を比較した。その結果、決定係数は筋厚の25,30%をピークとして増減を示した。15-40%の各決定係数に有意差はなかったが、直線性が安定し、より押圧量を抑えられる点から筋厚の0-30%の範囲が上腕二頭筋の硬度を決定する適切な範囲であることを提案した。

  • CHANGES IN BICEPS BRACHII MUSCLE HARDNESS ASSESSSEDBY ULTRASOUND STRAIN ELASTOGRAPHY AFTER ECCENTRIC EXERCISE OF THE ELBOW FLEXORS

    村山 光義

    22th Annual congress of the European College of Sport Science (Essen, Germany) , 2017年07月, 口頭(一般)

     概要を見る

    Eccentric運動による筋損傷後において筋収縮中の筋硬度についてElstographyを用いて評価した。その結果、運動負荷直後において、運動前と同等の筋発揮をした際、顕著に筋硬度が増加(Strain Ratioが低下)した。1-4日目においてもそのレベルは徐々に下がるものの、運動前に比較して硬い結果が示された。しかし、運動直後と1-4日目の収縮時の筋の動態は異なることが考えられた。

  • Biceps brachii mechanomyographic and electromyographic activity changes after eccentric exercise of the elbow flexors

    村山 光義

    22th Annual congress of the European College of Sport Science (Essen, Germany) , 2017年07月, ポスター(一般)

     概要を見る

    Eccentric運動による筋損傷後において筋収縮中の筋電図(EMG)と筋音図(MMG)を比較した。その結果、運動負荷直後において、運動前と同等の筋発揮をした際、顕著にEMG/MMGが増加した。1-4日目においてもそのレベルは徐々に下がるものの、運動前に比較して増加が示された。しかし、運動直後と1-4日目の収縮時の筋の動態は異なることが考えられた。

  • CHANGES IN BICEPS BRACHII MUSCLE HARDNESS AFTER ECCENTRIC EXERCISE OF THE ELBOW FLEXORS

    村山 光義

    21th Annual congress of the European College of Sport Science (Vienna,Austria) , 2016年07月, 口頭(一般)

     概要を見る

    Eccentric Exercise後の筋硬度変化について、押圧法とStrain Elastographyによるmuscle hardness計測によって評価した。筋損傷後には肘屈筋の短縮に伴い、筋硬度が肘伸展位で有意に増加したが、Elastographyでは、伸展位以外の硬度増加も検出された。従来の押圧法による筋硬度評価とElastographyは異なる硬さ情報を評価してる可能性が示唆された。

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 超音波画像を用いたスポーツマッサージによる筋の凝りの解消度評価

    2016年04月
    -
    2017年03月

    補助金,  代表

  • 筋損傷後の筋硬度とelastography法による筋弾性特性の関係

    2013年04月
    -
    2015年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金, 

  • 筋収縮中の伸張による張力増強と筋硬度の関係

    2008年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾学事振興資金, 補助金, 

  • 筋収縮中の筋硬度変化による発揮筋力の推定

    2007年04月
    -
    2010年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金, 

  • 筋収縮中の筋硬度変化による発揮筋力の推定

    2007年04月
    -
    2010年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金, 

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学・読売新聞社 市民講座「スポーツの見方・楽しみ方」講師 「スポーツ文化からオリンピックを理解する」

    村山 光義

    2014年06月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 慶應義塾通信教育課程 長野慶友会講演 「社会とスポーツ・遊び文化の 関係を考える ~2020東京オリンピック開催決定の折に~」

    村山 光義

    2013年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

  •  海老名市体育協会設立40周年講演会 講師 「Playerになろう ~遊びとスポーツと体育の話~

    村山 光義

    2013年03月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 慶應義塾通信教育課程 新潟慶友会講演 「スポーツとは何か」

    村山 光義

    2012年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

  •  神奈川県体操協会・神奈川県体力づくり体操連盟指導者研修会 講師 「スポーツと遊びの文化を考える」

    村山 光義

    2012年07月
    -
    継続中

    その他, 単独

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第21回日本レーザー治療学会 優秀ポスター賞

    村山 光義, 2009年07月, 低反応レーザー照射がスポーツのコンディショニングに及ぼす影響

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

     説明を見る

    レーザー照射が疲労回復を促進する可能性があり、運動前後にわたってスポーツコンディショニングのために有用な手技となる。さらに疲労回復の視点として筋硬度等との関連について考察を加え、レーザー照射の可能性について報告した。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 体育学講義

    2019年度

  • 体育実技A(フライングディスク)

    2019年度

  • 体育実技A(ニュースポーツ)

    2019年度

  • 体育実技A(バレーボール)

    2019年度

  • 体育実技B(スキー)

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • フライングディスク 体育実技A

    慶應義塾大学体育研究所, 2018年度

  • 体育学講義 スポーツの効用を科学的にみる(スポーツ総論)

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 教養科目, 講義, 専任, 1時間

  • ニュースポーツ 体育実技A

    慶應義塾大学体育研究所, 2018年度

  • 体育学講義 スポーツの技と文化を探る

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 教養科目, 講義, 専任, 1時間

  • バレーボール 体育実技A

    慶應義塾大学体育研究所, 2018年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学体育会バレーボール部女子 コーチ

    1992年12月
    -
    1998年12月

    , その他特記事項

  • 順天堂大学バレーボール部女子 コーチ

    1991年11月
    -
    1992年03月

    , その他特記事項

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人全国大学体育連合 総務部

    2007年04月
    -
    2015年03月
  • 千葉県船橋市ありんこジョギングクラブ指導員

    1989年04月
    -
    1990年01月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本体育学会会員, 

    1989年
    -
    継続中
  • 日本体力医学会会員, 

    1989年
    -
    継続中
  • 日本生理学会会員, 

    1991年
    -
    継続中
  • 日本運動生理学会員, 

    1995年
    -
    継続中
  • 日本バイオメカニクス学会会員, 

    1996年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年
    -
    継続中

    渉外委員(H19-20年度まで), 日本バレーボール学会会員

  • 2005年11月
    -
    継続中

    理事, 日本レーザー・スポーツ医科学学会

  • 2005年11月
    -
    2018年01月

    事務局長, 日本レーザー・スポーツ医科学学会

  • 2007年04月
    -
    2015年03月

    理事・総務部長(平成23年度~26年度)、総務部副部長(平成21年度~22年度), 公益社団法人全国大学体育連合

  • 2011年12月
    -
    2018年03月

    科学委員, 日本バイアスロン連盟

全件表示 >>