住吉 朋彦 (スミヨシ トモヒコ)

Sumiyoshi, Tomohiko

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 斯道文庫 (三田)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    2000年03月

    宮内庁書陵部図書課第一図書調査室

  • 2000年04月
    -
    2005年03月

    大学助手(附属研究所斯道文庫)

  • 2005年04月
    -
    2008年03月

    専任講師(附属研究所斯道文庫)

  • 2008年04月
    -
    継続中

    准教授(附属研究所斯道文庫)

  • 2011年04月
    -
    継続中

    主事(附属研究所斯道文庫)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月

    慶應義塾, 文学部

    大学, 卒業

  • 1993年03月

    慶應義塾, 文学研究科

    大学院, 修了, 修士

学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士, 慶應義塾, 論文, 1993年03月

  • 博士(文学), 慶應義塾, 論文, 2010年10月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 日本文学 (日本漢学研究)

  • 書誌学(和漢韓)

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 宮内庁書陵部収蔵漢籍の書誌調査研究, 

    2012年
    -
    継続中

  • 日本国外に現存する日本漢籍の研究, 

    2003年
    -
    2006年

  • 中世漢学の研究(禅林注釈書・類書・漢詩文集・法語集の調査研究), 

    2001年
    -
    継続中

  • 諸文庫の蔵書調査(建仁寺両足院・陽明文庫・佐川町立青山文庫・小布施町立図書館鴻山文庫・尾道市立中央図書館等), 

    2000年
    -
    継続中

  • 斯道文庫蔵特殊文庫の調査研究(坦堂文庫,大曾根文庫目録の作成), 

    2000年
    -
    継続中

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 図書寮漢籍叢考

    宮内庁書陵部蔵漢籍研究会 代表 住吉 朋彦, 汲古書院, 2018年02月

    担当範囲: 474

  • 合壁影印中日分蔵珍本 分門纂類唐宋時賢千家詩選

    住吉 朋彦, 北京大学出版社, 2014年03月

    担当範囲: 727

  • 中世日本漢学の基礎研究 韻類編

    住吉 朋彦, 汲古書院, 2012年02月

    担当範囲: 742

  • 東アジアの木版印刷

    住吉 朋彦, 韓国国学振興院, 2008年10月

    担当範囲: 509-639

  • 台湾大学図書館蔵珍本東亜文献目録 ―日本漢籍篇

    住吉 朋彦, 国立台湾大学出版中心, 2008年07月

    担当範囲: 189

論文 【 表示 / 非表示

  • 五山版『韻鏡』再考

    住吉 朋彦

    学林 (中国藝文研究会)  62   206 - 236 2016年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

  • 大曾根文庫綫装本待修目録并善本解題

    住吉 朋彦

    斯道文庫論集 (慶應義塾大学附属研究所斯道文庫)  50   445 - 560 2016年02月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 共著, 査読無し

  • 日本近世の書籍と学問の伝播―19世紀文人高井鴻山蔵書研究―

    住吉 朋彦

    韓国文化 (ソウル大学奎章閣韓国学研究院)  72   47 - 68 2015年12月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読有り,  ISSN  1226-8356

  • 『方輿勝覧』版本考

    住吉 朋彦

    斯道文庫論集 (慶應義塾大学附属研究所斯道文庫)  49   167-237 2015年02月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読無し

  • 五山版『三註』考

    住吉 朋彦

    これからの国文学研究のために―池田利夫追悼論集 (佐藤道生,高田信敬,中川博夫編 東京・笠間書院刊)  2014年10月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等), 単著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 宮内庁書陵部収蔵漢籍の伝来に関する再検討―デジタルアーカイブの構築を目指して―

    2012年
    -
    2016年

    日本学術振興会, 補助金,  代表

  • 日本および周辺地域に波及した祝穆編書の版本研究―建陽坊刻類書の伝播に関する考察―

    2008年
    -
    2011年

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究では、日本の中世期以降に常用された宋末の編集者祝穆制作の書物に注目し、日本および周辺地域に波及する過程を、版本研究の方法によって明らかにした。その結果、日本における祝穆編書の受容は、『方輿勝覧』と『事文類聚』を中心とし、中世には五山周辺における宋元版の使用に限られたことが判明した。その後『方輿勝覧』は、後続の同類書に交代し、その複製が低調となったのに対し、『事文類聚』は、朝鮮や日本で流行して、近世初に朝鮮本由来の古活字本が、江戸前期には複数の明版を校合した和刻本が派生、菊池耕齋の附訓を伴う版本や、抄出された版本が、近世の学者の需要に応じ、広く行われた。

  • 日本漢籍の本文形成に関する研究―五山版・古活字版を中心に―

    2005年
    -
    2007年

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究では、中近世の日本文化に基盤的影響を及ぼした漢籍四種を取り上げ、日本における本文流通の主体となった五山版・古活字版を中心として、内外の諸伝本に調査を加え、その本文形成の様相を明らかにしてきた。前年度までには『増続会通韻府群玉』『氏族大全』について、その元明版・朝鮮版から日本漢籍の生ずる過程を究明した。続いて19年度には、まず『聯珠詩格』につき、現在は失われた元刊本を翻刻したと思われる五山版が、卓絶したその古本に当たるが、朝鮮朝で増注された朝鮮甲寅字刊本とその覆刻整版本が日本に流布し、江戸初刊整版本二種を産み出す一方、五山版は翻版を持たなかったことを明らかにした。さらに『翰墨全書』一について、その元明版が境域を超え、朝鮮と日本にも豊富に行われ、大規模にして複雑な編成と改編の激しさも原因となり、両朝にはかえって翻版を産まず、室町期には日明貿易により、また朝鮮への侵略を契機として、日本において興隆した本書への需要が満たされた様を推定した。当該書目四種の研究を通じ、日本伝来漢籍の諸本は、室町期までは中国から直に、また近世初以降には朝鮮経由の本文も平行して流れ込んだと仮設されるが、個々の書目における本文形成は、諸本の交叉干渉する独特の過程を持ち、時には原則に従わない固有の版本情況を示し、あくまで予断を許さないことが確かめられた。総じて、版本研究の対象を拡充し、引き続き総論にも修正を加えていくことが必要と認められた。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 斯道文庫書誌学講座Ⅳ

    2019年度

  • 斯道文庫書誌学講座Ⅲ

    2019年度