野村 浩二 (ノムラ コウジ)

NOMURA Koji

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 産業研究所 (三田)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2003年03月

    慶應義塾大学, 産業研究所, 助手

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    ハーバード大学, ケネディスクール(KSG), CBGフェロー

  • 2003年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学, 産業研究所, 准教授

  • 2005年07月
    -
    2008年09月

    内閣府, 経済社会総合研究所(ESRI), 客員主任研究員

  • 2006年11月
    -
    2007年08月

    経済協力開発機構(OECD), 科学技術産業局(STI), エコノミスト

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年03月

    北海道立函館中部高校

    卒業

  • 1993年03月

    慶應義塾, 商学部

    大学, 卒業

  • 1995年03月

    慶應義塾, 商学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 1998年03月

    慶應義塾, 商学研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士, 慶應義塾, 課程, 1995年03月

  • 博士(商学), 慶應義塾, 論文, 2005年

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経済政策

  • 経済統計

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 経済成長・資本蓄積・生産性

  • エネルギー・環境

  • 労働投入・人的資本

  • 日本経済論・アジア経済

 

著書 【 表示 / 非表示

  • APO Productivity Databook 2018

    Koji Nomura and Fukunari Kimura, Asian Productivity Organization, 2018年09月

    担当範囲: pp.1-170

     概要を見る

    This is the eleventh edition in the APO Productivity Databook series. Productivity gains, which enable an economy to produce more for the same amount of inputs, or to consume less to produce the same amount of outputs, are the only route to sustainable economic growth in the long run. Thus, it follows that monitoring and improving national productivity capability are important targets of public policy. The Databook aims to provide a useful reference for the quality of economic growth and productivity, which are comparable across countries at different development stages in Asia. A significant achievement of this edition of the Databook is the projection out to 2030 of the future economic growth. In this edition of the Databook, baseline indicators on economic growth and productivity are calculated for 30 Asian economies, representing the 20 Asian Productivity Organization member economies (APO20) and the 10 non-member economies in Asia. The APO20 consists of Bangladesh, Cambodia, the Republic of China (ROC), Fiji, Hong Kong, India, Indonesia, the Islamic Republic of Iran (Iran), Japan, the Republic of Korea (Korea), the Lao People’s Democratic Republic (Lao PDR), Malaysia, Mongolia, Nepal, Pakistan, the Philippines, Singapore, Sri Lanka, Thailand, and Vietnam. The 10 non-member economies in Asia are: the People’s Republic of China (China), the Kingdom of Bhutan (Bhutan), Brunei, Myanmar, and the Gulf Cooperation Council (GCC) that consists of Bahrain, Kuwait, Oman, Qatar, Saudi Arabia, and the United Arab Emirates (UAE). In addition, Australia, the European Union (EU), Turkey, and the United States (US) are included as reference economies. This edition covers the period from 1970 to 2016.

  • Green Productivity and Productivity Measurement Program for Myanmar

    Koji Nomura et al., Asian Productivity Organization, 2018年09月

    担当範囲: pp.1-123

  • "Productivity Growth in Asia and its Country Origins," in Deb Kusum Das (eds.) Productivity Dynamics in Emerging and Industrialized Countries

    Koji Nomura, Routledge, 2018年04月

    担当範囲: Chapter 3 (pp.81-112)

     概要を見る

    © 2018 selection and editorial matter, Deb Kusum Das; individual chapters, the contributors. Recovery from the global financial crisis of 2008-09 has been notably slow in the European economy, with its growth rate for 2010-14 steady at 0.5 percent per annum on average, relative to 2.1 percent growth in the pre-crisis period of 2000-07 (as represented by 15 member countries of EU prior to enlargement). In contrast, the United States has managed to raise its growth rate to 1.9 percent for 2010-14, and is beginning to return to its long-term growth track. The Asian economy, which has become increasingly autonomous from the Western economies and even contributed to stabilizing the global economy at the time of the global financial crisis, has been maintaining a stable economic growth of 5.3 percent per annum on average during 2010-14. Yet, this represents a slowdown of 1 percentage point from the level recorded in the pre-crisis period. Our study indicates that it is mainly due to the reduction in the growth of total factor productivity (TFP) of the Asian economy.

  • APO Productivity Databook 2017

    Koji Nomura and Fukunari Kimura, Asian Productivity Organization, 2017年09月

    担当範囲: pp.1-166

     概要を見る

    This publication is the tenth edition in the APO Productivity Databook series. The Databook aims to provide a useful reference for the quality of economic growth in Asia. It presents authoritative estimates of productivity and its decomposition, which are comparable across countries at different development stages in the middle and long run. Productivity gains, which enable an economy to produce more for the same amount of inputs or to consume less to produce the same amount of outputs, are the only route to sustainable economic growth in the long run. Thus it follows that monitoring and improving national productivity capability are important targets of public policy.
    In this edition of the Databook, baseline indicators on economic growth and productivity are calculated for 30 Asian economies, representing the 20 Asian Productivity Organization member economies (APO20) and the 10 non-member economies in Asia. The APO20 consists of Bangladesh, Cambodia, the Republic of China (ROC), Fiji, Hong Kong, India, Indonesia, the Islamic Republic of Iran (Iran), Japan, the Republic of Korea (Korea), the Lao People’s Democratic Republic (Lao PDR), Malaysia, Mongolia, Nepal, Pakistan, the Philippines, Singapore, Sri Lanka, Thailand, and Vietnam. The 10 non-member economies in Asia are: the People’s Republic of China (China), the Kingdom of Bhutan (Bhutan), Brunei, Myanmar, and the Gulf Cooperation Council (GCC) that consists of Bahrain, Kuwait, Oman, Qatar, Saudi Arabia, and the United Arab Emirates (UAE). In addition, Australia, the European Union (EU), Turkey, and the United States (US) are included as reference economies. This edition covers the period from 1970 to 2015.

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 「エネルギー価格変動に対する日本経済の脆弱性―実質単位エネルギーコストの変化要因―」

    野村浩二

    RCGW Discussion Paper (日本政策投資銀行 設備投資研究所 地球温暖化研究センター)   ( 63 )  2019年08月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読無し

     概要を見る

    本稿は、日本経済における実質単位エネルギーコスト(RUEC)とその日米格差の測定によって、エネルギー価格高騰による経済的な耐性を評価することを目的としている。日米比較によれば、日米RUEC格差は米国のシェール革命以降に急速に拡大しており、近年では米国に比して60%上回る水準にまで拡大している。それは戦後のピークに達する水準であり、エネルギー価格変動に対する日本経済の脆弱性が相対的に高まっていることを示している。日米RUEC格差の拡大要因は、エネルギー生産性格差の縮小と実質エネルギー価格差の拡大の両面によっている。近年、米国のエネルギー生産性の改善率は高く、日本の優位性はこの20年間で半減している。
    日本経済における長期的な傾向をみれば、RUECが上昇へと転じた転換点は1990年代半ばである。オイルショック後に強化されたエネルギー価格高騰に対する耐性は、この20年間に再び脆弱化している。第一の要因は、おもに賃金率低下によって誘導されたデフレ型の実質エネルギー価格の上昇である。1990年代半ば以降、二度のオイルショックを含む期間(1973–1995年)に比して、名目エネルギー価格の上昇率は1/3ほどに縮小されたが、実質エネルギー価格の上昇率としては年率1.0%から1.5%へとむしろ高まっている。デフレ型のRUEC上昇は、エネルギー価格高騰に対する耐性の脆弱化がエネルギー多消費産業のみではなく、より広範な産業活動へ及ぶことを意味している。第二の要因は、エネルギー生産性改善における低迷である。実質エネルギー価格上昇が逓増傾向にありながらも、安価に利用可能な省エネ技術は限られたものとなり、エネルギー生産性の改善率は逓減している。
    長期化するデフレ経済は、エネルギー価格高騰に対する脆弱性も増大させてきた。日本経済におけるエネルギー価格高騰への耐性強化のためには、再エネ推進のためのコスト拡大の抑制、原子力や石炭利用を含めた適切なエネルギーミックスの実現とともに、労働生産性の改善を通じた賃金上昇や高付加価値化など、デフレ経済からの脱却のための経済政策が求められる。

  • "Benchmark 2011 Integrated Estimates of the Japan-U.S. Price Level Index for Industry Outputs"

    Koji Nomura, Kozo Miyagawa, and Jon D. Samuels

    BEA Working Paper (Bureau of Economic Analysis, the U.S. Department of Commerce)  2018年12月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 共著, 査読無し

     概要を見る

    This paper provides new benchmark estimates of industry-level price differentials between Japan and the U.S. for 2011 based on a bilateral price accounting model anchored to the Japan-US input-output tables. We apply the model to translate available demand-side data on purchaser’s price PPPs for final uses (e.g. the Eurostat-OECD PPPs) and intermediate uses (e.g. the METI survey) to unmeasured producer’s price PPPs for industry output. These PPPs allow us to produce price level indexes at the industry level, which we use to assess price competitiveness between Japan and the U.S. Under the nominal exchange rate of 110.6 yen per dollar as of the beginning of July 2018, we estimate that producers in Japan have a pricing advantage in 66 of 106 industries in the manufacturing sector, and in 24 of 50 industries in the service sector. We conclude that price competitiveness of Japanese service industries has considerably improved in the more recent time period. However, Japanese producers have a significant price disadvantage in comparison to their U.S. counterparts in electricity and gas supply, and most of the agricultural producing industries.

  • "Measurement of Depreciation Rates using Microdata from Disposal Survey of Japan"

    Koji Nomura and Yutaka Suga

    The 35th IARIW General Conference, Copenhagen, Denmark 2018年08月

    研究論文(その他), 共著, 査読無し

     概要を見る

    This paper estimates the asset service lives (ASL), the rates of depreciation, and the declining balance rates (DBR) based on a finely-defined classification of assets, which distinguishes 369 asset types, using data on ASL and aged-prices of disposed assets collected in the Survey on Capital Expenditures and Disposals from 2006 to 2014 in Japan. This survey collected 1,111,913 data of disposed assets from business accounts of private corporations, of which 936,861 are defined as retired assets acquired new and are used to estimate the survival profiles, and of which 84,291 are defined as sold assets for continued uses with positive prices are used to estimate the age-price profiles.
    The Japan’s rates of geometric depreciation estimated in this study are broadly similar to the estimates at Statistics Canada (Baldwin, Liu, and Tanguay, 2015), but considerably higher than those used in the U.S. BEA (2013), e.g. 7.5%, 7.3%, and 3.2%, respectively, for industrial building construction, 7.6%, 6.7%, and 2.5% for office buildings, 29.1%, 27.9%, and 19.3% for automobiles, 24.4%, 24.9%, and 11.2% for telecommunication equipment, and 17.9%, 17.2%, and 11.0% for industrial machinery. The sources in these gaps are due to the shorter ASL and the higher DBR in Japan and Canada, compared to the U.S. The exceptional asset is computers. Japan’s rate of depreciation for computers is estimated as 29.6%, compared to 43.1% in Canada and 33.9% in the U.S. The gap is originated from much longer ASL observed in Japan (8.0 years on average), compared to Canada (4.9 years).

  • 「産業連関体系のリバランスとGDP評価―商業マージン表の改訂に向けた一試論」

    野村浩二・宮川幸三

    『経済統計研究』 (経済産業統計協会)  46 ( I ) 29 - 55 2018年06月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 共著, 査読無し

     概要を見る

    産業連関表(基本表)における卸・小売マージンは、日本の国民経済計算体系(JSNA)での商業生産額のベンチマーク推計値となるとともに、商品別マージン率はコモディティフローへと組み込まれ、GDP統計の精度に対して直接・間接的に大きな影響を与えている。野村・宮川・新井(2017)では産業連関表における商業マージン額について、その推計における諸課題を検討し、とくにはじめての「経済センサス–活動調査」に基づく2011年表において大幅な過小推計にあることを指摘している。本稿では、その再検討とともに基本分類レベルでのマージン表の改訂値を求め、産業連関体系のリバランスを通じてGDPにあたえる時系列的な影響の評価をおこなう。本稿での推計結果によれば、商業マージンの過小推計バイアスによるGDPとしての欠落は1995年では4.8兆円、2000年5.1兆円、2005年6.6兆円であり、2011年では25.6兆円と評価される。そうした改訂による名目GDP成長率としての影響は、2000年代半ばまでは年率0.1%ポイント未満と軽微であるが、2005–2011年では年率0.6%ポイントほど(年平均マイナス1.07%成長からマイナス0.44%成長へ)の上方改訂となる。現行のGDP統計に内在する過小推計バイアスは、かなり蓋然性が高いと考えられる諸仮定のもとで導かれたものであり、2011年基準JSNAにおけるGDP統計の再検討が求められよう。

  • "Progress on Measuring the Industry Origins of the Japan-U.S. Productivity Gap"

    Dale W. Jorgenson, Koji Nomura, and Jon D. Samuels

    Fifth World KLEMS Conference, Harvard University 2018年06月

    研究論文(その他), 共著, 査読無し

     概要を見る

    This paper reports recent progress in measuring price level indices and productivity gaps for Japanese and U.S. industries between 1955 and 2015. Price competitiveness is driven mainly by monetary policies in the two countries, but productivity gaps reflect relative progress in technology at the industry level. Using our new measure of the price level, we find that Japan lost price competitiveness with the U.S. in the late 1980’s, following the Plaza Accord of 1985. Japan did not regain price competitiveness until 2015 in response to rapid depreciation of the Japanese yen by the Bank of Japan’s monetary policy of quantitative easing under Governor Haruhiko Kuroda. In this paper we discuss the conceptual issues involved, document the data requirements, and describe improvements in the data and methods since our earlier paper, Jorgenson, Nomura, and Samuels (2016). A major improvement results from new benchmark purchasing power parity (PPP) estimates for outputs and KLEMS inputs by industry for the year 2011. Productivity in the U.S. exceeded that in Japan for the entire postwar period. In the 1980s and the 1990s, however, manufacturing productivity in Japan overtook the U.S. by a substantial margin. Over that same period, the gap in non-manufacturing productivity diminished, but not at the same rate as in manufacturing. Between 1991 and 2015, U.S. productivity growth exceeded that of Japan in manufacturing. Because the gap in non-manufacturing productivity remained stable over the period, the overall productivity gap widened.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 「発展の礎を築いた水力開発-福澤諭吉の洞察と桃介の起業家精神」(エネルギーを見る眼)

    野村浩二

    『エネルギー政策研究会 EP Report』 (エネルギーフォーラム社)   2019年08月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 「エネルギー生産性改善と隠れた構造変化」

    野村浩二

    RIETI コラム (RIETI)   2019年06月

    総説・解説(大学・研究所紀要), 単著

  • Energy Productivity Improvement and Invisible Structural Changes

    野村浩二

    RIETI Column (RIETI)   2019年06月

    総説・解説(大学・研究所紀要), 単著

  • 「韓国脱原発政策の影響-長期的成長力を棄損」(エネルギーを見る眼)

    野村浩二

    『エネルギー政策研究会 EP Report』 (エネルギーフォーラム社)   2019年05月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 「借りた技術と“意図しない”省エネ」(エネルギーを見る眼)

    野村浩二

    『エネルギー政策研究会 EP Report』 (エネルギーフォーラム社)   2019年02月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 「次世代エネルギーインフラをどう構築するか?-日本の経済成長とエネルギー需給構造」

    野村浩二

    自動車技術会 第11回エネルギー技術部門委員会 (自動車技術会第5会議室) , 2019年09月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 自動車技術会

  • 「エネルギー生産性改善と全体効率- 戦後日本経済成長の経験からのレッスン」

    野村浩二

    Springer Briefs (DBJ Series) 2019年度第1回論文報告会 (大手町フィナンシャルシティ3階カンファレンスセンター会議室A・B) , 2019年09月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 日本政策投資銀行 設備投資研究所

  • 「教育の質の変化を反映した価格・実質アウトプットの把握手法に関する調査研究」

    野村浩二

    ESRI 教育プロジェクト最終報告会, 2019年02月, 口頭(招待・特別)

  • 「エネルギー生産性改善の黄金期は再び訪れるか?- 20世紀の日本経済からのレッスンと2050年展望」

    野村浩二

    平成30年度ALPS国際シンポジウム-経済成長と長期大幅排出削減の両立に向けた挑戦- (虎ノ門ヒルズフォーラム(東京)) , 2019年02月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 公益財団法人 地球環境産業技術研究機構(RITE)

  • 「エネルギー生産性改善の黄金期は再び訪れるか?」(「エネルギー長期需要見通しのキー・イシューを考える」)

    野村 浩二

    エネルギー・資源学会 第4回エネルギー政策懇話会 (構造計画研究所) , 2018年11月, 口頭(一般), エネルギー・資源学会

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • アジア生産性データベース 2019年版(APO Productivity Database 2019)構築(1970-2017年)

    野村浩二, 白根啓史, 中山紫央里, 明石直之

    アジア生産性機構・慶應義塾大学産業研究所, 

    2018年10月
    -
    2019年08月

    データベース, 共同

  • アジア労働投入データベース 2019年版(Asia QALI (quality-adjusted labor inputs) Database 2019)構築(1970-2017年)

    野村浩二, 明石直之, 白根啓史

    慶應義塾大学産業研究所, 

    2018年10月
    -
    2019年07月

    データベース, 共同

  • 教育部門分析用拡張産業連関表(Extended Input-Output Table for Education Sector: EIOT)構築(1994-2016年)

    野村浩二, 白根啓史

    内閣府経済社会総合研究所・慶應義塾大学産業研究所, 

    2018年08月
    -
    2019年02月

    データベース, 共同

  • 教育サービス産出データベース(Education Service Outputs of Japan: ESJ)構築(1994-2016年)

    野村浩二, 白根啓史, 山本将史, 藤井悠

    内閣府経済社会総合研究所・慶應義塾大学産業研究所, 

    2018年06月
    -
    2019年02月

    データベース, 共同

  • KEOデータベース 2018(産業別生産性データベース)構築(1955-2016年)

    野村浩二, 白根啓史, 中山紫央里

    慶應義塾大学産業研究所, 

    2018年01月
    -
    2018年07月

    データベース, 共同

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日経・経済図書文化賞

    野村 浩二, 2005年11月, 日本経済新聞社・日本経済研究センター, 『資本の測定-日本経済の資本深化と生産性-』

    受賞区分: その他の賞

  • 義塾賞

    野村 浩二, 2005年11月, 慶應義塾大学

    受賞区分: 塾内表彰等

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 経済統計各論(指数論)

    2019年度

  • 研究会

    2019年度

  • 経済統計各論(産業連関分析)

    2019年度

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 「エネルギーミックス」(News勉強室)

    サンケイリビング新聞

    2019年03月
  • ISFJ政策フォーラム 経済社会③分科会

    日本政策学生会議

    2018年12月
  • 『2018年版ものづくり白書(製造基盤白書)』

    経済産業省

    2018年05月
  • 「モノづくりは没落したか」

    読売新聞

    2018年03月
  • Energy Transition in Germany & Japan: Consensus and Controversy (Outreach Event of the GJETC)

    German-Japanese Energy Transition Council (GJETC), Outreach Event of the GJETC (Conference Center in the building of Bundespressekonferenz, Berlin, Germany)

    2018年02月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年08月
    -
    2020年03月

    委員, 21世紀政策研究所 気候変動問題に関する研究会

  • 2019年08月
    -
    2020年03月

    委員, 地球環境産業技術研究機構 地球温暖化対策国際戦略技術委員会

  • 2019年08月
    -
    2020年03月

    委員, 地球環境産業技術研究機構 イノベーション・投資促進検討ワーキンググループ

  • 2019年08月
    -
    2020年03月

    主査, 地球環境産業技術研究機構 経済分析ワーキンググループ

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    客員主任研究員, 日本政策投資銀行 設備投資研究所

全件表示 >>