川原 繁人 (カワハラ シゲト)

Kawahara, Shigeto

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 言語文化研究所 (三田)

職名

教授

HP

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 2002年に国際基督教大学教養学士、2007年にマサチューセッツ大学言語学博士取得。ジョージア大学Assistant professorで1年、Rutgers, the State University of Jerseyで5年間教鞭をとった後に、慶應義塾大学言語文化研究所に移籍。 日本学術会議若手音声研究者ネットワーク代表者 Associate editor: Phonology, Language and Linguistic Compass. Editorial board: Phonetica; Natural Language and Linguistic Theory (NLLT); Phonological Data and Analysis; Languages

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年
    -
    2013年

    Rutgers, the State University of New Jersey, the linguistics department, Assistant Professor

  • 2009年
    -
    2013年

    Rutgers, the State University of New Jersey, Graduate faculty in the psychology department

  • 2011年
    -
    2013年

    Rutgers, the State University of New Jersey, Rutgers University Center for Cognitive Science (RuCCs)

  • 2012年01月
    -
    2012年02月

    国際基督教大学, 客員研究員

  • 2007年
    -
    2008年

    University of Georgia, Assistant Professor

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年
    -
    2007年09月

    マサチューセッツ大学アマースト校

    アメリカ合衆国, 大学院, 修了, 博士

  • 2006年

    トロムソ大学 (客員大学院生)

    ノルウェー王国, 大学院

  • 1998年04月
    -
    2002年03月

    国際基督教大学

    大学, 卒業

  • 2000年
    -
    2001年

    カリフォルニア大学サンタクルーズ校(交換留学生)

    アメリカ合衆国, 大学

学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D. (Linguistics), University of Massachusetts, Amherst, 課程, 2007年09月

    The Emergence of Phonetic Naturalness

  • 教養学士, 国際基督教大学, 2002年03月

    Similarity among Variants: Output-Variant Correspondence

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 言語学 (音声学)

  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学 (名前学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 音声学、音韻論、実験音韻論、福祉音声学、音声教育、社会貢献

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 濁音と促音の知覚・音韻, 

    2005年09月
    -
    継続中

  • 実験音韻論の手法, 

    2011年09月
    -
    継続中

  • 医療福祉音声学, 

    2013年09月
    -
    継続中

  • 言語学と情報理論, 

    2015年06月
    -
    継続中

  • ベイズ推測と言語行動, 

    2015年06月
    -
    継続中

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • フリースタイル言語学

    川原繁人, 大和書房, 2022年06月

  • 音声学者、娘とことばの不思議に飛び込む~プリチュアからカピチュウ、おっけーぐるぐるまで~

    川原繁人, 朝日出版社, 2022年05月

  • 言語学者、外の世界へ羽ばたく〜ラッパー・声優・歌手とのコラボからプリキュア・ポケモン名の分析まで〜

    川原繁人, リベラルアーツコトバ双書, 2022年04月

  • IPAカード:楽しく学ぶ国際音声記号

    川原繁人、平田佐智子、桃生朋子, 2020年

  • ICU Working Papers in Linguistics VII: Festschrift for Professor Tomoyuki Yoshida on his 60th Birthday

    Yurie Hara, Shigeto Kawahara, Seunghun Lee, 2019年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Speaking rate normalization across different talkers in the perception of Japanese stop and vowel length contrasts

    Kawahara, Shigeto, Misaki Kato and Kaori Idemaru

    Journal of the Acoustical Society of America 2022年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 筆頭著者, 査読有り

  • The bouba/kiki effect is robust across cultures and writing systems

    Ćwiek A., Fuchs S., Draxler C., Asu E.L., Dediu D., Hiovain K., Kawahara S., Koutalidis S., Krifka M., Lippus P., Lupyan G., Oh G.E., Paul J., Petrone C., Ridouane R., Reiter S., Schümchen N., Szalontai Á., Ünal-Logacev Ö., Zeller J., Perlman M., Winter B.

    Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences (Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences)  377 ( 1841 )  2022年

    ISSN  09628436

     概要を見る

    The bouba/kiki effect - the association of the nonce word bouba with a round shape and kiki with a spiky shape - is a type of correspondence between speech sounds and visual properties with potentially deep implications for the evolution of spoken language. However, there is debate over the robustness of the effect across cultures and the influence of orthography. We report an online experiment that tested the bouba/kiki effect across speakers of 25 languages representing nine language families and 10 writing systems. Overall, we found strong evidence for the effect across languages, with bouba eliciting more congruent responses than kiki. Participants who spoke languages with Roman scripts were only marginally more likely to show the effect, and analysis of the orthographic shape of the words in different scripts showed that the effect was no stronger for scripts that use rounder forms for bouba and spikier forms for kiki. These results confirm that the bouba/kiki phenomenon is rooted in crossmodal correspondence between aspects of the voice and visual shape, largely independent of orthography. They provide the strongest demonstration to date that the bouba/kiki effect is robust across cultures and writing systems. This article is part of the theme issue 'Voice modulation: from origin and mechanism to social impact (Part II)'.

  • Testing MaxEnt with sound symbolism: A stripy wug-shaped curve in Japanese Pokémon names

    Kawahara S.

    Language (Language)  97 ( 4 ) e341 - e359 2021年12月

    ISSN  00978507

     概要を見る

    An issue that is actively explored in the contemporary linguistics literature is how to account for probabilistic generalizations, for which there are currently various competing theories. To bear on this debate, Hayes (2021) proposes that we examine a grammatical framework in terms of its quantitative signature, typical probabilistic patterns that the framework is predicted to generate. In this research report, I zoom in on the quantitative signature of maximum entropy harmonic grammar (MaxEnt HG), because this framework has proven useful in modeling probabilistic generalizations across different linguistic domains. Given a linear scale of violations of one constraint, MaxEnt yields a sigmoid curve. When another constraint is relevant and can be violated multiple times, this sigmoid curve can be shifted, yielding multiple sigmoid curves, which results in a stripy wug-shaped curve. Expanding upon a previous study (Kawahara 2020b), the current experiment demonstrates that we observe a stripy wug-shaped curve in a particularly clear manner in patterns of sound symbolism, systematic associations between sounds and meanings. Concretely, the experiment with Japanese speakers shows that the judgment of Pokémons’ evolution status is affected by the mora counts of nonce names, resulting in a sigmoid curve, and that this sigmoid curve is shifted according to the number of voiced obstruents contained in the names. The overall results suggest that MaxEnt is a useful tool for modeling systematic sound-meaning correspondences.*.

  • Bouba and kiki across the globe: Evidence for crossmodal correspondence in speakers of 25 different languages

    Cwiek, Aleksandra et al. (7th among 22 authors)

    Philosophical Transactions B. 2021年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • The diachronic origins on Lyman’s Law: Evidence from phonetics, dialectology, and philology

    Vance, Timothy, Shigeto Kawahara and Mizuki Miyashita

    Phonology 2021年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Sound symbolism and theoretical phonology

    Kawahara S.

    Language and Linguistics Compass (Language and Linguistics Compass)  14 ( 8 )  2020年08月

  • 子供の科学2019年6月号

     2019年05月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • Opaque allomorph selection in Japanese and harmonic serialism: A reply to kurisu 2012

    Hall E., Jurgec P., Kawahara S.

    Linguistic Inquiry (Linguistic Inquiry)  49 ( 3 ) 599 - 610 2018年07月

    ISSN  00243892

  • 連濁の心理言語学的研究

    川原 繁人・竹村亜希子

    連濁の研究 (開拓社)   2017年12月

    記事・総説・解説・論説等(その他), 共著

  • 生成音韻論における連濁の理論的分析

    川原 繁人 ・三間英樹

    連濁の研究 (開拓社)   2017年12月

    記事・総説・解説・論説等(その他), 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Does Lyman’s Law count?

    Shigeto Kawahara and Gakuji Kumagai

    Workshop accompanying Japanese/Korean Linguistics, 

    2021年10月

    口頭発表(招待・特別)

  • Token frequency in the grammar: A wug-test of Voiced Velar Nasalization in Japanese

    Kawahara, Shigeto, Canaan Breiss & Hironori Katsuda

    Annual Meeting of Phonology, 

    2021年10月

    口頭発表(一般)

  • 機械学習を用いたポケモン名における音象徴の分析:ランダムフォレスト を用いて

    川原繁人

    日本音声学会, 

    2021年09月

    口頭発表(一般)

  • マイボイス: 言語学と医療の接点の一例として

    川原繁人

    日本言語学会, 

    2021年06月

    口頭発表(基調)

  • Pokemonastics: what we are doing and why we are doing it

    Shigeto Kawahara

    University of College London, Colloquium, 

    2021年05月

    口頭発表(基調)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • アジアと欧米:コミュニケーションの文化差から言語の獲得過程を探る

    2020年04月
    -
    継続中

    特別推進研究, 未設定

  • 音声科学に基づく英語発音指導教材の開発と整理 — MRI動画と音声記号カード

    2019年04月
    -
    2020年03月

    学事振興資金個人研究, 未設定

  • 実験音韻論と脳遺伝学に基づく潜在的な読字困難の指標化

    2018年04月
    -
    2021年03月

    科学研究費基盤研究, 未設定

  • 言語獲得初期における階層性学習と意図共有の脳内横構

    2018年04月
    -
    2019年03月

    科学研究費新学術領域研究 共創言語進化, 未設定

  • 宮古語池間方言と八重山語波照間方言における無声鼻音の研究

    2017年04月
    -
    継続中

    鹿島学術振興財団, 研究分担者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本音声学会学術研究奨励賞

    2016年03月, 日本音声学会, マイボイス:難病患者様の失われる声を救う

     説明を見る

    http://www.psj.gr.jp/jpn/psj_awards

  • 2015年度日本音声学会学術研究奨励賞

    2016年03月, 日本音声学会, マイボイス:難病患者様の失われる声を救う

    受賞区分: その他

  • JICUF Scholarship Award

    2012年01月, Japan ICU Foundation

その他 【 表示 / 非表示

  • 2015年

     内容を見る

    Two is too much: Two is too much: [p]-driven geminate devoicing in Japanese. In Phonological
    Society of Japan (ed.) Phonological Studies 18. Tokyo: Kaitakusha

  • 2014年

     内容を見る

    Testing Rosen’s Rule and Strong Lyman’s Law. NINJAL Research Papers 7: 111-120.

  • 2014年

     内容を見る

    マイボイス:言語学が失われる声を救うために. In Phonological Society of Japan (ed.) Phonological Studies 18. Tokyo: Kaitakusha

  • 2013年

     内容を見る

    音象徴の普遍性: 大きさのイメーシを基に. 篠原和子、宇野良
    子(編) オノマトヘ研究の射程: 近づく音と意味. 東京:ひつじ書房, pp. 43-57.

  • 2013年

     内容を見る

    The phonetics of Japanese maid voice I: A preliminary study. In
    Phonological Society of Japan (ed.) Phonological Studies 16. Tokyo: Kaitakusha. pp.19-28.

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 言語学特殊ⅩⅡ

    2022年度

  • 言語学特殊ⅩⅠ

    2022年度

  • 言語学特殊ⅩⅡ

    2021年度

  • 言語学特殊ⅩⅠ

    2021年度

  • 言語学特殊ⅩⅡ

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • An intro to linguistics

    University of Massachusetts

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • Linguistic Analysis

    ICU

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • Japanese 2

    University of California, Santa Cruz

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 音声学入門

    首都大学東京

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • Advanced topics in linguistics

    ICU

    2018年04月
    -
    2019年03月

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 川原繁人の音声学入門

    2020年04月
    -
    継続中

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    Youtubeで無料公開しているオンライン教材

  • ビジュアル音声学

    2018年06月

    , 教科書・教材の開発

  • IPAカード:楽しく学ぶ国際音声記号

    2018年04月
    -
    継続中

    , 教科書・教材の開発

  • 「あ」は「い」より大きい!?:音象徴で学ぶ音声学入門

    2017年11月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

     

  • 音とことばのふしぎな世界(岩波サイエンスライブラリー)

    2015年11月

    , 教科書・教材の開発

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 読売KODOMO新聞

    2019年08月
  • 誠文堂新光社特集記事:子供の科学6月号

    2019年05月
  • 毎日新聞

    2019年01月
  • IPAカード 監修

    2018年11月
    -
    継続中
  • 読売KODOMO新聞:特集記事

    2018年05月

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 朝日新聞

    2022年01月

  • チコちゃんに叱られる!

    2022年01月

  • アフター6ジャンクション

    2021年09月

  • 朝日新聞

    朝日新聞, 2021年06月

  • 多田しげおの気分爽快 朝からP.O.N

    2020年04月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 実験音韻論学会, 

    2020年04月
    -
    継続中
  • アメリカ言語学会, 

    2020年04月
    -
    継続中
  • 日本音響学会

     
  • 日本音韻論学会

     
  • 日本音声学会