川原 繁人 (カワハラ シゲト)

Kawahara, Shigeto

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 言語文化研究所 (三田)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 2002年に国際基督教大学教養学士、2007年にマサチューセッツ大学言語学博士取得。ジョージア大学Assistant professorで1年、Rutgers, the State University of Jerseyで5年間教鞭をとった後に、慶應義塾大学言語文化研究所に移籍。 日本学術会議若手音声研究者ネットワーク代表者 Associate editor: Linguistics Vanguard Editorial board: Phonetical Phonology Natural Language and Linguistic Theory (NLLT) The journal of the phonetic society of Japan Linguistics and Philosophy at Bloomsbury Academic

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年
    -
    2013年

    Rutgers, the State University of New Jersey, the linguistics department, Assistant Professor

  • 2009年
    -
    2013年

    Rutgers, the State University of New Jersey, Graduate faculty in the psychology department

  • 2011年
    -
    2013年

    Rutgers, the State University of New Jersey, Rutgers University Center for Cognitive Science (RuCCs)

  • 2012年01月
    -
    2012年02月

    国際基督教大学, 客員研究員

  • 2007年
    -
    2008年

    University of Georgia, Assistant Professor

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年
    -
    2007年09月

    マサチューセッツ大学アマースト校

    アメリカ合衆国, 大学院, 修了, 博士

  • 2006年

    トロムソ大学 (客員大学院生)

    ノルウェー, 大学院

  • 1998年04月
    -
    2002年03月

    国際基督教大学

    日本, 大学, 卒業

  • 2000年
    -
    2001年

    カリフォルニア大学サンタクルーズ校(交換留学生)

    アメリカ合衆国, 大学

学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D. (Linguistics), University of Massachusetts, Amherst, 課程, 2007年09月

    The Emergence of Phonetic Naturalness

  • 教養学士, 国際基督教大学, 2002年03月

    Similarity among Variants: Output-Variant Correspondence

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 言語学 (音声学)

  • 言語学 (音韻論)

  • 文化人類学・民俗学 (名前学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 音声学、音韻論、実験音韻論、福祉音声学、音声教育、社会貢献

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 濁音と促音の知覚・音韻, 

    2005年09月
    -
    継続中

  • 実験音韻論の手法, 

    2011年09月
    -
    継続中

  • 医療福祉音声学, 

    2013年09月
    -
    継続中

  • 言語学と情報理論, 

    2015年06月
    -
    継続中

  • ベイズ推測と言語行動, 

    2015年06月
    -
    継続中

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Hana-bana: A festschrift for Junko Ito and Armin Mester

    Bennett, Ryan, Andrew, Angeles, Adrian Brasoveanu, Dhyana Buckley, Shigeto Kawahara, Grant McGuire & Jaye Padgett, 2018年12月

  • The role of predictability in shaping human language sound patterns.

    Jason Shaw & Shigeto Kawahara, 2018年10月

  • ビジュアル音声学

    川原 繁人, 三省堂, 2018年06月

  • Japanese Korean Linguistics 24

    Funakoshi, Kenshi, KAWAHARA Shigeto, Christopher Tancredi, CSLI, 2018年02月

  • 『「あ」は「い」より大きい!?:音象徴で学ぶ音声学入門』

    川原 繁人, ひつじ書房, 2017年10月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 音象徴の抽象性:赤ちゃん用のオムツの名付けにおける 唇音. 言語研究

    熊谷学而・川原繁人

    157 2020年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Gotta name them all: An experimental study on the sound symbolism of Pokémon names in Brazilian Portuguese

    Godoy, Mahayana C., Neemias Silva de Souza Filho, Juliana G. Marques de Souza, Hális Alves, Shigeto Kawahara

    Journal of Psycholinguistic Research 2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • ポケモン名付けにおける母音と有声阻害音効果: 実験と理論からアプローチ

    熊谷学而・川原繁人

    言語研究 155 2019年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 「マイボイス」を使って音声学を教える有効性について:アンケート調査の報告

    川原繁人・桃生朋子

    音声研究 23   22 - 25 2019年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Acoustics of the four-way laryngeal contrast in Drenjongke (Bhutia): Observations and implications

    Lee, Seunghun, Shigeto Kawahara, C´eleste Guillemot & Tomoko Monou

    Journal of the Phonetic Society of Japan 23 ( 1 ) 65 - 75 2019年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 子供の科学2019年6月号

     2019年05月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 連濁の心理言語学的研究

    川原 繁人・竹村亜希子

    連濁の研究 (開拓社)   2017年12月

    総説・解説(その他), 共著

  • 生成音韻論における連濁の理論的分析

    川原 繁人 ・三間英樹

    連濁の研究 (開拓社)   2017年12月

    総説・解説(その他), 共著

  • In Memoriam: Osamu Fujimura

    Erickson, Donna and KAWAHARA Shigeto

    Phonetica 74 ( 4 ) I - IV 2017年05月

    その他記事, 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Perception of vowel length contrast in Drenjongke (Bhutia)

    Guillemot Celeste, Seunghun Lee, Shigeto Kawahara, Tomoko Monou & Jeremy Perkins

    Seoul International Conference on Speech Sciences (SICSS), 2019年11月

  • Do Japanese speakers always prosodically group wh-elements and their licenser? Implications for Richards' (2010) theory of wh-movement.

    Kawahara, Shigeto, Jason Shaw, and Shinichiro Ishihara

    Annual Meeting of Phonology (AMP) (Stony Brook University) , 2019年10月

  • プリキュア名と両唇音の音象徴

    川原繁人

    日本音声学会第33回全国大会 (清泉女子大学) , 2019年09月

  • 音節構造から生じる音象徴:赤ちゃん用オムツの名前の分析

    熊谷学而・川原繁人

    日本音声学会第33 回全国大会 (清泉女子大学) , 2019年09月

  • Acquiring Jaw Movement Patterns in a second language: Some lexical factors

    Wilson, Ian, Donna Erickson, Shigeto Kawahara & Tomoko Monou

    日本音声学会第33回全国大会 (清泉女子大学) , 2019年09月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 宮古語池間方言と八重山語波照間方言における無声鼻音の研究

    2017年04月
    -
    継続中

    鹿島学術振興財団, 分担

  • Phonetics, Phonology and New Orthographies in Roman and Indigenous Script: Helping Native Language Communities in the Himalayas

    2017年04月
    -
    継続中

    国際共同研究事業, 分担

  • 名付けの音象徴: コーパス分析と実験による通言語的研究

    2017年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 川原 繁人, 若手研究(B), 補助金,  代表

  • 乳児の音素獲得のメカニズムに迫る:アジアの4言語の対照研究

    2016年04月
    -
    継続中

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 馬塚れい子, 補助金, 

  • 戦略的研究基盤形成支援事業・コミュニケーション行動の生涯発達研究拠点

    2015年10月
    -
    2018年03月

    皆川泰代, その他,  分担

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本音声学会学術研究奨励賞

    2016年03月, 日本音声学会, マイボイス:難病患者様の失われる声を救う

     説明を見る

    http://www.psj.gr.jp/jpn/psj_awards

  • 2015年度日本音声学会学術研究奨励賞

    2016年03月, 日本音声学会, マイボイス:難病患者様の失われる声を救う

    受賞区分: その他の賞

  • JICUF Scholarship Award

    2012年01月, Japan ICU Foundation

その他 【 表示 / 非表示

  • 2015年

     内容を見る

    Two is too much: Two is too much: [p]-driven geminate devoicing in Japanese. In Phonological
    Society of Japan (ed.) Phonological Studies 18. Tokyo: Kaitakusha

  • 2014年

     内容を見る

    Testing Rosen’s Rule and Strong Lyman’s Law. NINJAL Research Papers 7: 111-120.

  • 2014年

     内容を見る

    マイボイス:言語学が失われる声を救うために. In Phonological Society of Japan (ed.) Phonological Studies 18. Tokyo: Kaitakusha

  • 2013年

     内容を見る

    音象徴の普遍性: 大きさのイメーシを基に. 篠原和子、宇野良
    子(編) オノマトヘ研究の射程: 近づく音と意味. 東京:ひつじ書房, pp. 43-57.

  • 2013年

     内容を見る

    The phonetics of Japanese maid voice I: A preliminary study. In
    Phonological Society of Japan (ed.) Phonological Studies 16. Tokyo: Kaitakusha. pp.19-28.

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 言語学特殊ⅩⅡ

    2019年度

  • 言語学特殊ⅩⅠ

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 言語学特殊

    慶應義塾大学, 2018年度

  • Acoustic phonetics

    ICU, 2018年度

  • Phonetics

    Rutgers University, 2018年度

  • Topics in phonology

    Rutgers University, 2018年度

  • Phonology III

    Rutgers University, 2018年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • ビジュアル音声学

    2018年06月

    , 教科書・教材の開発

  • 「あ」は「い」より大きい!?:音象徴で学ぶ音声学入門

    2017年11月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

     

  • 音とことばのふしぎな世界(岩波サイエンスライブラリー)

    2015年11月

    , 教科書・教材の開発

  • Distinguished teaching award nomination (UMass, Amherst)

    2013年10月
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本人のおなまえ!

    2019年09月
  • 読売KODOMO新聞

    2019年08月
  • 誠文堂新光社特集記事:子供の科学6月号

    2019年05月
  • ひかりTV・dTV:KダブシャインのHIPHOPカレッジ

    2019年02月
  • 毎日新聞

    2019年01月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本音韻論学会

     
  • 日本音声学会

     
  • 日本音響学会