川原 繁人 (カワハラ シゲト)

Kawahara, Shigeto

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 言語文化研究所 (三田)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 2002年に国際基督教大学教養学士、2007年にマサチューセッツ大学言語学博士取得。ジョージア大学Assistant professorで1年、Rutgers, the State University of Jerseyで5年間教鞭をとった後に、慶應義塾大学言語文化研究所に移籍。 日本学術会議若手音声研究者ネットワーク代表者 Associate editor: Linguistics Vanguard Editorial board: Phonetical Phonology Natural Language and Linguistic Theory (NLLT) The journal of the phonetic society of Japan Linguistics and Philosophy at Bloomsbury Academic

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年
    -
    2013年

    Rutgers, the State University of New Jersey, the linguistics department, Assistant Professor

  • 2009年
    -
    2013年

    Rutgers, the State University of New Jersey, Graduate faculty in the psychology department

  • 2011年
    -
    2013年

    Rutgers, the State University of New Jersey, Rutgers University Center for Cognitive Science (RuCCs)

  • 2012年01月
    -
    2012年02月

    国際基督教大学, 客員研究員

  • 2007年
    -
    2008年

    University of Georgia, Assistant Professor

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年
    -
    2007年09月

    マサチューセッツ大学アマースト校

    アメリカ合衆国, 大学院, 修了, 博士

  • 2006年

    トロムソ大学 (客員大学院生)

    ノルウェー, 大学院

  • 1998年04月
    -
    2002年03月

    国際基督教大学

    日本, 大学, 卒業

  • 2000年
    -
    2001年

    カリフォルニア大学サンタクルーズ校(交換留学生)

    アメリカ合衆国, 大学

学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D. (Linguistics), University of Massachusetts, Amherst, 課程, 2007年09月

    The Emergence of Phonetic Naturalness

  • 教養学士, 国際基督教大学, 2002年03月

    Similarity among Variants: Output-Variant Correspondence

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 言語学 (音声学)

  • 言語学 (音韻論)

  • 文化人類学・民俗学 (名前学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 音声学、音韻論、実験音韻論、福祉音声学、音声教育、社会貢献

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 濁音と促音の知覚・音韻, 

    2005年09月
    -
    継続中

  • 実験音韻論の手法, 

    2011年09月
    -
    継続中

  • 医療福祉音声学, 

    2013年09月
    -
    継続中

  • 言語学と情報理論, 

    2015年06月
    -
    継続中

  • ベイズ推測と言語行動, 

    2015年06月
    -
    継続中

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Hana-bana: A festschrift for Junko Ito and Armin Mester

    Bennett, Ryan, Andrew, Angeles, Adrian Brasoveanu, Dhyana Buckley, Shigeto Kawahara, Grant McGuire & Jaye Padgett, 2018年12月

  • The role of predictability in shaping human language sound patterns.

    Jason Shaw & Shigeto Kawahara, 2018年10月

  • ビジュアル音声学

    川原 繁人, 三省堂, 2018年06月

  • Japanese Korean Linguistics 24

    Funakoshi, Kenshi, KAWAHARA Shigeto, Christopher Tancredi, CSLI, 2018年02月

  • 『「あ」は「い」より大きい!?:音象徴で学ぶ音声学入門』

    川原 繁人, ひつじ書房, 2017年10月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • ポケモン名付けにおける母音と有声阻害音効果: 実験と理論からアプローチ

    熊谷学而・川原繁人

    言語研究 155 2019年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 「マイボイス」を使って音声学を教える有効性について:アンケート調査の報告

    川原繁人・桃生朋子

    音声研究 23   22 - 25 2019年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Acoustics of the four-way laryngeal contrast in Drenjongke (Bhutia): Observations and implications

    Lee, Seunghun, Shigeto Kawahara, C´eleste Guillemot & Tomoko Monou

    Journal of the Phonetic Society of Japan 23 ( 1 ) 65 - 75 2019年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Accounting for the stochastic nature of sound symbolism using Maximum Entropy model

    Kawahara, Shigeto, Hironori Katsuda & Gakuji Kumagai

    Open Linguistics 2019年

  • Expressing evolution in Pokémon names: Experimental explorations

    Kawahara, Shigeto & Gakuji Kumagai

    Journal of Japanese Linguistics 2019年

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 子供の科学2019年6月号

     2019年05月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 連濁の心理言語学的研究

    川原 繁人・竹村亜希子

    連濁の研究 (開拓社)   2017年12月

    総説・解説(その他), 共著

  • 生成音韻論における連濁の理論的分析

    川原 繁人 ・三間英樹

    連濁の研究 (開拓社)   2017年12月

    総説・解説(その他), 共著

  • In Memoriam: Osamu Fujimura

    Erickson, Donna and KAWAHARA Shigeto

    Phonetica 74 ( 4 ) I - IV 2017年05月

    その他記事, 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Assessing tonal specifications through simulation and classification: The case of post-wh accent in Japanese

    Kawahara, Shigeto, Jason Shaw, and Shinichiro Ishihara

    HISPho- nCog, 2019年05月

  • A quantitative analysis of a laryngeal contrast in Dranjongke (Bhutia) fricatives

    Guillemot, Céleste, Shigeto Kawahara, Tomoko Monou, Jeremy Perkins, & Seunghun J. Lee

    Phonology Festa 2017. Meikai University, 2019年03月

  • 日本語のポケモンの技名における音象徴について

    鈴木成典・川原繁人・熊谷学而

    Phonology Festa 2017, 2019年03月

  • 音声実現における話者間バリエーションに潜む構造:日本語の子音持続時間の分析

    川原繁人

    Phonology Festa 2017. Meikai University, 2019年03月

  • Comprehension of non-linguistic vocalizations across cultures

    Cwiek, Aleksandra, Christoph Draxler, Susanne Fuchs, Shigeto Kawahara, Bodo Winter & Marcus Perlman

    Inter- national Cognitive Linguistics Conference 15, 2019年

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 宮古語池間方言と八重山語波照間方言における無声鼻音の研究

    2017年04月
    -
    継続中

    鹿島学術振興財団, 分担

  • Phonetics, Phonology and New Orthographies in Roman and Indigenous Script: Helping Native Language Communities in the Himalayas

    2017年04月
    -
    継続中

    国際共同研究事業, 分担

  • 名付けの音象徴: コーパス分析と実験による通言語的研究

    2017年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 川原 繁人, 若手研究(B), 補助金,  代表

  • 乳児の音素獲得のメカニズムに迫る:アジアの4言語の対照研究

    2016年04月
    -
    継続中

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 馬塚れい子, 補助金, 

  • 戦略的研究基盤形成支援事業・コミュニケーション行動の生涯発達研究拠点

    2015年10月
    -
    2018年03月

    皆川泰代, その他,  分担

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本音声学会学術研究奨励賞

    2016年03月, 日本音声学会, マイボイス:難病患者様の失われる声を救う

     説明を見る

    http://www.psj.gr.jp/jpn/psj_awards

  • 2015年度日本音声学会学術研究奨励賞

    2016年03月, 日本音声学会, マイボイス:難病患者様の失われる声を救う

    受賞区分: その他の賞

  • JICUF Scholarship Award

    2012年01月, Japan ICU Foundation

その他 【 表示 / 非表示

  • 2015年

     内容を見る

    Two is too much: Two is too much: [p]-driven geminate devoicing in Japanese. In Phonological
    Society of Japan (ed.) Phonological Studies 18. Tokyo: Kaitakusha

  • 2014年

     内容を見る

    Testing Rosen’s Rule and Strong Lyman’s Law. NINJAL Research Papers 7: 111-120.

  • 2014年

     内容を見る

    マイボイス:言語学が失われる声を救うために. In Phonological Society of Japan (ed.) Phonological Studies 18. Tokyo: Kaitakusha

  • 2013年

     内容を見る

    音象徴の普遍性: 大きさのイメーシを基に. 篠原和子、宇野良
    子(編) オノマトヘ研究の射程: 近づく音と意味. 東京:ひつじ書房, pp. 43-57.

  • 2013年

     内容を見る

    The phonetics of Japanese maid voice I: A preliminary study. In
    Phonological Society of Japan (ed.) Phonological Studies 16. Tokyo: Kaitakusha. pp.19-28.

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 言語学特殊ⅩⅡ

    2019年度

  • 言語学特殊ⅩⅠ

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 言語学特殊

    慶應義塾大学, 2018年度

  • Acoustic phonetics

    ICU, 2018年度

  • Phonetics

    Rutgers University, 2018年度

  • Topics in phonology

    Rutgers University, 2018年度

  • Phonology III

    Rutgers University, 2018年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • ビジュアル音声学

    2018年06月

    , 教科書・教材の開発

  • 「あ」は「い」より大きい!?:音象徴で学ぶ音声学入門

    2017年11月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

     

  • 音とことばのふしぎな世界(岩波サイエンスライブラリー)

    2015年11月

    , 教科書・教材の開発

  • Distinguished teaching award nomination (UMass, Amherst)

    2013年10月
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本人のおなまえ!

    2019年09月
  • 読売KODOMO新聞

    2019年08月
  • 誠文堂新光社特集記事:子供の科学6月号

    2019年05月
  • ひかりTV・dTV:KダブシャインのHIPHOPカレッジ

    2019年02月
  • 毎日新聞

    2019年01月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本音響学会

     
  • 日本音韻論学会

     
  • 日本音声学会