前田 正一 (マエダ ショウイチ)

Maeda, Shoichi

写真a

所属(所属キャンパス)

健康マネジメント研究科 (湘南藤沢)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール 【 表示 / 非表示

  •  医学・医療に関する技術は、近年、目覚ましく進歩しています。こうした技術の進歩は、これまでには不可能であった疾病の診断や予防、治療を可能にするなど、人々に多大な利益をもたらしています。その一方で、技術の進歩は、新たな倫理的・法的・社会的課題(ELSI:Ethical Legal and Social Issues)を生じさせています。医学に関する技術の進歩との関係でいえば、新型出生前診断とその後の人工妊娠中絶に関する問題を一つの例として示すことができます。また、医療に関する技術の進歩との関係でいえば、終末期における生命維持治療の差し控え・中止の問題を一つの例として示すことができます。さらに公衆衛生活動との関係でも、新型感染症に対する予防接種の優先順位の決定の問題など、多くの課題をELSIの例として示すことができます。このような中、近年、医療倫理に関する研究・教育が喫緊の課題であることが、これまで以上に指摘されるようになっています。  また、上記のように、近年、医療技術は目覚ましく進歩しています。しかし、その技術は複雑・高度化しています。こうした医療環境のなか、医療従事者不足など、技術の複雑・高度化以外の諸問題とも相まって、医療現場では、医療事故が多く生じるようになっています。医療事故の問題は、今日、わが国のみならず、世界的にも大きな問題となっており、医療安全活動や事故対応に関する研究・教育の必要性が強く指摘されるようになっています。  以上のような状況の変化は、これまでの理論的枠組みを超えた、公共政策のあり方の検討をも必要とするようになっています。このことは、例えば、上記のワクチン接種の優先順位の決定の問題をみると、良く理解することができます。また、医学研究や診療行為に関する行政ガイドラインの検討の問題についても同様です。近時、利益相反に関する問題も、社会に波紋を広げており、そのルールのあり方の検討も重要となっています。  そこで、本研究室は、公共政策のあり方の検討を含む、医療倫理・医療安全に関する諸課題について、多分野の研究者や、実務者、行政経験者が共同して検討することを目的としています。

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 医学部, 医療政策・管理学, 兼担教授

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 新領域法学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 医事法、臨床倫理、研究倫理、医療安全管理、リスクマネジメント

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 世界の医療・保健制度Ⅰ(比較制度論)

    2019年度

  • スポーツマネジメント特論Ⅱ

    2019年度

  • スポーツマネジメント特論Ⅰ

    2019年度

  • 健康マネジメント特論Ⅱ

    2019年度

  • 健康マネジメント合同演習

    2019年度

全件表示 >>