Yokodaido, Satoshi

写真a

Affiliation

Law School (Mita)

Position

Professor

External Links

Career 【 Display / hide

  • 2007.04
    -
    2009.09

    Kagoshima University, Faculty of Education, Assistant Professor

  • 2009.10
    -
    2015.03

    Kagoshima University, Faculty of Education, Associate Professor

  • 2015.04
    -
    2018.03

    Keio University, Law School, Associate Professor

  • 2018.04
    -
    Present

    Keio University, Law School, Professor

Academic Background 【 Display / hide

  • 1998.04
    -
    2002.03

    Aoyama Gakuin University, 法学部, 私法学科

    University, Graduated

  • 2002.04
    -
    2004.03

    Keio University, 法学研究科, 公法学専攻

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 2004.04
    -
    2007.03

    Keio University, 法学研究科, 公法学専攻

    Graduate School, Withdrawal after completion of doctoral course requirements, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 博士(法学), Keio University, Coursework, 2011.02

    表現活動への公的助成と憲法――アメリカにおける表現の自由論の現代的展開

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Public law

Research Keywords 【 Display / hide

  • Constitutional law

  • 政治部門の憲法解釈

  • 比較憲法

  • freedom of speech

 

Books 【 Display / hide

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • 「アメリカにおける公教育と自由観」

    横大道 聡

    憲法研究 (信山社)   ( 9 ) 103 - 115 2021.11

    Research paper (scientific journal), Single Work, Except for reviews,  ISSN  9784797265293

  • 「【統治構造において司法権が果たすべき役割・第2部第3回】 統治構造において「違憲審査制」が果たすべき役割」 

    横大道 聡

    判例時報 (判例時報社)     117 - 129 2019.11

    Research paper (scientific journal), Single Work

  • 「内閣と先例――憲法解釈を中心に」

    横大道 聡

    公法研究 (有斐閣)   ( 81 ) 123 - 134 2019.10

    Research paper (scientific journal), Single Work

  • Constitutional stability in japan not due to popular approval

    Satoshi Yokodaido

    German Law Journal (Cambridge University Press)  20 ( 2 ) 263 - 283 2019.04

    Research paper (scientific journal), Single Work, Accepted

  • 「アメリカ合衆国における政府の憲法解釈」

    YOKODAIDO SATOSHI

    レファレンス (国立国会図書館)   ( 818 ) 81 - 100 2019.03

    Research paper (other science council materials etc.), Single Work, Except for reviews,  ISSN  0034-2912

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

display all >>

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • プラットフォームという権力と憲法――アメリカにおける議論から

    横大道聡

    比較憲法学会 (オンライン) , 2021.10, Oral Presentation(guest/special), 比較憲法学会

     View Summary

    第33回比較憲法学会総会及び研究会

    研究報告  テーマ: 私的主体と憲法
    司 会: 渡邊亙(名城大学) 田近肇(近畿大学)
    第1報告 岡田順太(獨協大学)「公共としての私的主体――「営業の自由」論の再考を中心として」
    第2報告 木下和朗(岡山大学)「イギリスにおける民営化――「公」「私」の主体と活動」
    第3報告 波多江悟史(愛知学院大学)「イタリア公共放送RAIのガバナンスについて」
    第4報告 實原隆志(福岡大学)「GAFA の保護利益とその限界――ドイツの議論」
    第5報告 横大道聡(慶応義塾大学)「プラットフォームという権力と憲法――アメリカにおける議論から」

  • 新型コロナウイルス感染症対策に現れた法文化の憲法学的考察

    横大道聡

    中央大学 社会科学研究所 研究チーム「文化現象の政治的、歴史的、法的分析:学術的挑戦」 (オンライン(Webex)) , 2021.09, Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others, 中央大学 社会科学研究所 研究チーム「文化現象の政治的、歴史的、法的分析:学術的挑戦」

     View Summary

    内 容:
    1、泉 美知子 研究員(文学部准教授)
    「近代フランスにおける文化遺産とライシテ――ソレム修道院の復興とカトリック文化」
    2、横大道 聡 氏(慶應義塾大学法務研究科教授)
    「新型コロナウイルス感染症対策に現れた法文化の憲法学的考察」

  • 敵対的聴衆の法理

    横大道聡

    うぐいすリボン (オンライン(youtube)) , 2021.08, Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others, うぐいすリボン

     View Summary

    https://www.youtube.com/watch?v=9tvOFWzSq9k

  • アメリカにおける表現の自由の現在

    横大道聡

    アメリカ学会・第55回年次大会 (オンライン) , 2021.06, Symposium, Workshop, Panelist (nomination), アメリカ学会

     View Summary

    シンポジウム「表現の自由と不自由のあいだ」
    司会: 小林剛(関西大学)・小森真樹(武蔵大学)
    報告: 横大道聡(慶応義塾大学)「アメリカにおける表現の自由の現在」
    梅﨑透(フェリス女学院大学)「「自由」と「憎悪」のあいだで―言論の自由をめぐる 1960 年代以降の政治文化」
    加治屋健司(東京大学)「表現と芸術のあいだ―アメリカにおける「芸術の自由」」
    大和田俊之(慶応義塾大学)「ペアレンタル・アドバイザリー ―アメリカの音楽と検閲」
    吉本光宏(早稲田大学)「映画、あるいは表現という不自由」

  • 公職者のSNSと表現の自由

    横大道 聡

    第4回NFIシンポジウム:デジタルプラットフォームの社会的役割と政策の在り方 (オンライン) , 2020.02, Symposium, Workshop, Panelist (nomination), 一般社団法人 次世代基盤政策研究所(NFI)

     View Summary

    第4回NFIシンポジウム:デジタルプラットフォームの社会的役割と政策の在り方
    第1部:トランプ前大統領アカウント停止から考えるデジタルプラットフォームの課題

    報告
    成原 慧 九州大学法学部准教授
    横大道 聡 慶應義塾大学大学院法務研究科教授
    小向 太郎 中央大学国際情報学部教授

    パネルディスカッション
    司会:森田 朗 NFI代表理事
       成原 慧 九州大学法学部准教授
       横大道 聡 慶應義塾大学大学院法務研究科教授
       小向 太郎 中央大学国際情報学部教授
       曽我部 真裕 NFI理事

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 海洋プラスチックごみ対策に関する政策と法制度研究

    2020.04
    -
    Present

    文部科学省・日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, 宗像優, Research grant, Co-investigator

     View Summary

    基盤研究(C)
    研究代表者:宗像優
    研究分担者:浅野一弘、高野恵亮、横大道聡、和泉田保一、

  • 比較憲法論の世界的多様化時代における日本憲法研究の国際的再定位に関する総合的研究

    2020.04
    -
    Present

    文部科学省・日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, 新井誠, Research grant, Co-investigator

     View Summary

    基盤研究(C)
    研究代表者:新井誠
    研究分担者:岡田順太、小谷順子、横大道 聡、徳永貴志、Serverin Simon、木下和朗

  • 多文化共生社会における法教育・主権者教育の研究――憲法政治の模擬体験を教材に

    2017.04
    -
    2021.03

    文部科学省・日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, 岡田順太, Research grant, Co-investigator

     View Summary

    基盤研究(C)
    研究代表者:岡田順太
    研究分担者:横大道 聡、栗田佳泰

  • 日本憲法研究の国際比較――グローバル立憲主義の形成における日本憲法の寄与可能性

    2017.04
    -
    2020.03

    文部科学省・日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, 新井誠, Research grant, Co-investigator

     View Summary

    基盤研究(C)
    研究代表者:新井誠
    研究分担者:小谷順子、木下和朗、岡田順太、徳永貴志、横大道 聡

  • 市民社会における記録とアーカイブズの意義に関する国際比較研究

    2016.04
    -
    2020.03

    文部科学省・日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, 藤吉圭二, Research grant, Co-investigator

     View Summary

    基盤研究(B)
    研究代表者:藤吉圭二
    研究分担者:磯村和人、岡田順太、横大道 聡、安倍尚紀、阿部哲

display all >>

Awards 【 Display / hide

  • 田上穣治賞(本賞)

    横大道聡, 2014.10, 比較憲法学会

Other 【 Display / hide

  • 2021年03月

     View Details

    令和2年度 海外の宗教事情に関する調査報告書(共著)

  • 2020年03月

     View Details

    令和元年度 海外の宗教事情に関する調査報告書(共著)

  • 2019年03月

     View Details

    平成30年度 海外の宗教事情に関する調査報告書(共著)

  • 2018年02月

     View Details

    平成29年度 海外の宗教事情に関する調査報告書(共著)

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • SEMINAR: LAW

    2020

  • SEMINAR (DEPARTMENT OF LAW) 4

    2020

  • SEMINAR (DEPARTMENT OF LAW) 3

    2020

  • SEMINAR

    2020

  • RESEARCH PAPER

    2020

display all >>

Courses Previously Taught 【 Display / hide

  • 憲法Ⅰ

    Keio University, 2018, Spring Semester, Major subject, Lecture, Within own faculty, 2h, 40people

  • ゼミナールⅣ(立正大学)

    Keio University, 2018, Full academic year, Major subject, Seminar, Outside own faculty (within Keio), 1h, 15people

  • ゼミナールⅢ(立正大学)

    Keio University, 2018, Full academic year, Major subject, Seminar, Outside own faculty (within Keio), 1h, 15people

  • ゼミナールⅡ(立正大学)

    Keio University, 2018, Full academic year, Major subject, Seminar, Outside own faculty (within Keio), 1h, 15people

  • 法学(含日本国憲法)(東京藝術大学)

    Keio University, 2018, Autumn Semester, General education subject, Lecture, Outside own faculty (within Keio), 1h

display all >>

 

Social Activities 【 Display / hide

display all >>

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • アメリカ学会, 

    2019.12
    -
    Present
  • 情報法制学会, 

    2018.10
    -
    Present
  • 日本選挙学会, 

    2013.03
    -
    Present
  • 日本臨床政治学会, 

    2010.12
    -
    Present
  • 日本公法学会, 

    2010.10
    -
    Present

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2020.10
    -
    2021.03

    令和2年司法試験予備試験考査委員, 法務省

  • 2020.08
    -
    Present

    港区個人情報保護運営審議会委員, 港区

  • 2020.05
    -
    2021.03

    共通到達度確認試験作問委員, 共通到達度確認試験管理委員会

  • 2019.07
    -
    2019.10

    令和元年司法試験予備試験考査委員, 法務省

  • 2019.05
    -
    2020.03

    共通到達度確認試験作問主任, 共通到達度確認試験管理委員会

display all >>