岡田 正大 (オカダ マサヒロ)

Okada, Masahiro

写真a

所属(所属キャンパス)

経営管理研究科 (日吉)

職名

教授

HP

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1993年03月

    本田技研工業株式会社

  • 1993年05月
    -
    1994年08月

    Arthur.D.Little(Japan)Inc.

  • 1999年10月
    -
    2002年03月

    大学専任講師(ビジネス・スクール)

  • 1999年10月
    -
    2002年03月

    大学専任講師(大学院経営管理研究科)

  • 2002年04月
    -
    継続中

    大学助教授(ビジネス・スクール)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年12月

    米国オハイオ州立大学

    アメリカ合衆国, 大学院, 修了, 博士

  • 1993年03月

    慶應義塾, 経営管理研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 1985年03月

    早稲田大学, 政治経済学部政治学科

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 経営学博士, 米国オハイオ州立大学, 課程, 1999年12月

  • 経営学修士, 慶應義塾, 課程, 1993年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経営学 (Business Administration)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 企業戦略論【下】全社戦略編 競争優位の構築と持続

    岡田 正大, ダイヤモンド社, 2003年12月

    担当範囲: 312

     概要を見る

    従来の競争戦略を中心とした戦略論に、リソース・ベースト・ビュー(経営資源に基づく戦略論)の概念を統合させた初めてのテキストである。企業の目的から戦略の本質を明確に定義づけ、一貫した「競争に成功するための戦略理論」を網羅的に解説する。

  • 企業戦略論【上】基本編 競争優位の構築と持続

    岡田 正大, ダイヤモンド社, 2003年12月

    担当範囲: 326

     概要を見る

    従来の競争戦略を中心とした戦略論に、リソース・ベースト・ビュー(経営資源に基づく戦略論)の概念を統合させた初めてのテキストである。企業の目的から戦略の本質を明確に定義づけ、一貫した「競争に成功するための戦略理論」を網羅的に解説する。

  • 企業戦略論【中】事業戦略編 競争優位の構築と持続

    岡田 正大, ダイヤモンド社, 2003年12月

    担当範囲: 298

     概要を見る

    従来の競争戦略を中心とした戦略論に、リソース・ベースト・ビュー(経営資源に基づく戦略論)の概念を統合させた初めてのテキストである。企業の目的から戦略の本質を明確に定義づけ、一貫した「競争に成功するための戦略理論」を網羅的に解説する。

論文 【 表示 / 非表示

  • 包括的ビジネス・BOPビジネス研究における社会経済的成果の統合的評価の重要性とその方法について

    岡田 正大

    『持続可能な発展とイノベーション』【企業と社会シリーズ2】 (企業と社会フォーラム編 千倉書房)  2 2013年09月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等), 単著, 査読有り

  • 持続可能な発展における先進国企業によるイノベーションの役割について

    岡田 正大

    『持続可能な発展とイノベーション』【企業と社会シリーズ2】 (企業と社会フォーラム編 千倉書房)  2 2013年09月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等), 単著, 査読無し

  • 包括的ビジネス・BOPビジネスの決め手 第4回 包括的(BOP)ビジネスをやるか、やらないかを決める

    岡田 正大

    DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(オンライン) (ダイヤモンド社)  2013年04月

    研究論文(その他), 単著, 査読無し

  • 開発途上国低所得層市場(BOP層市場)への参入における戦略的提携の形成について

    岡田 正大

    慶應経営論集 (慶應義塾大学大学院経営管理学会)  30 ( 1 ) 1-41 2013年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • 包括的ビジネス・BOPビジネスの決め手 第3回「包括的ビジネスを促す外部環境の動向:企業を取り巻く利害関係者の変化」

    岡田 正大

    DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(オンライン) (ダイヤモンド社)  2013年01月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 企業の社会的成果と経済的成果の統合的評価手法について:包括的ビジネスにおける研究

    岡田 正大

    企業と社会フォーラム第2回年次大会―持続可能な発展とイノベーション― (早稲田大学 早稲田キャンパス11号館5階) , 2012年09月, 口頭(一般), 企業と社会フォーラム

  • The Potential Source of Sustainable Competitive Advantage at the Base of the Economic Pyramid: Theory building through case analyses in Bangladesh, Tanzania and Nigeria

    岡田 正大

    Global Strategy Conference: Leveraging Mega Trends for Global Advantage (東京) , 2010年12月, 口頭(招待・特別), 国際大学

  • 実践的戦略論

    岡田 正大

    組織学会 50周年記念事業 ミニ・コンファレンスシリーズ1 (東京) , 2009年09月, 口頭(一般), 組織学会

  • 戦略理論の進化:企業パフォーマンスの説明力

    岡田 正大

    2009年度組織学会年次大会 (名古屋大学) , 2008年10月, 口頭(一般), 組織学会

  • 経営資源・ケイパビリティ論とSCPロジックの動学的統合仮説

    中村洋・岡田 正大・澤田直宏

    2004年度組織学会研究発表大会 (東京大学 本郷キャンパス 経済学研究科棟) , 2004年06月, 口頭(一般), 組織学会

     概要を見る

    これまで対立関係にあるとされてきた、産業組織論ベースのSCPロジックと個別企業の経営資源の異質性に着目するリソース・ベースト・ビューが、動学的見地からは統合可能であるという新たな仮説を提示している。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • ビジョナリーC(EMBA)

    2019年度

  • ビジョナリーB(EMBA)

    2019年度

  • ビジョナリーA(EMBA)

    2019年度

  • 戦略コンサルティング

    2019年度

  • 経営政策特殊講義

    2019年度

全件表示 >>