Misawa, Hidemi

写真a

Affiliation

Faculty of Pharmacy, Department of Pharmaceutical Sciences 薬理学講座 (Shiba-Kyoritsu)

Position

Professor

External Links

Other Affiliation 【 Display / hide

  • Dean, Graduate School of Pharmaceutical Sciences

Career 【 Display / hide

  • 1989.04
    -
    2001.03

    Research Scientist, Tokyo Metropolitan Institute for Neuroscience

  • 1998.04
    -
    2000.04

    University of California at San Francisco, Visiting Scientist

  • 2001.04
    -
    2005.03

    Senior Research Scientist, Tokyo Metropolitan Institute for Neuroscience

  • 2005.04
    -
    2007.04

    Kyoritsu University of Pharmacy, Associate Professor

  • 2007.04
    -
    2008.03

    Kyoritsu University of Pharmacy, Professor

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1987.03

    Kyoto University, Faculty of Pharmaceutical Science

    University, Graduated

  • 1989.03

    Kyoto University, Graduate School, Division of Pharmaceutical Sciences

    Graduate School, Completed, Master's course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 博士(薬学), Kyoto University, Dissertation, 1993.07

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Life Science / Neuroscience-general (Nerve Chemistry/Nerve Pharmacology)

 

Books 【 Display / hide

  • グッドマン・ギルマン 薬理書:薬物治療の基礎と臨床 第13版

    2022.01

  • スタンダード薬学シリーズ Ⅱ-9 薬学演習 Ⅰ. 医療薬学・臨床薬学

    日本薬学会編, 三澤日出巳, 東京化学同人, 2020.10

  • 臨床薬学テキストシリーズ「神経・筋・精神 / 麻酔・鎮痛」

    三澤日出巳, 山下博史, 中山書店, 2019.08

    Scope: 筋萎縮性側索硬化症,  Contact page: 151-156

  • 脳内環境辞典

    三澤 日出巳, メディカルドゥ, 2017.03

    Scope: オステオポンチン

  • グッドマン・ギルマン薬理書:薬物治療の基礎と臨床 12版

    三澤 日出巳, 廣川書店, 2013.04

    Scope: 314-339

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • Depletion of perivascular macrophages delays ALS disease progression by ameliorating blood-spinal cord barrier impairment in SOD1G93A mice

    Adachi K, Miyata K, Chida Y, Hirose M, Morisaki Y, Yamanaka K, Misawa H

    Front Cell Neurosci 17   1291673 2023.11

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Last author, Corresponding author, Accepted

  • LAG-3 expression in microglia regulated by IFN-γ/STAT1 pathway and metalloproteases

    Morisaki Y, Ohshima M, Suzuki H, Misawa H

    Front Cell Neurosci 17   1308972 2023.11

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Last author, Corresponding author, Accepted

  • GTS-21 enhances regulatory T cell development from T cell receptor-activated human CD4+ T cells exhibiting varied levels of CHRNA7 and CHRFAM7A expression

    Mashimo M, Fujii T, Ono S, Moriwaki Y, Misawa H, Azami T, Kasahara T, Kawashima K

    Int J Mol Sci 24   12257 2023.07

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • Lysophosphatidic acid stimulates pericyte migration via LPA receptor 1

    Yonezu Y, Tanabe S, Misawa H, Muramatsu R

    Biochem Biophys Res Commun 618   61 - 66 2022.08

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • Involvement of neuronal and muscular Trk-fused gene (TFG) defects in the development of neurodegenerative diseases.

    Yamamotoya T, Hasei S, Akasaka Y, Ohata Y, Nakatsu Y, Kanna M, Fujishiro M, Sakoda H, Ono H, Kushiyama A, Misawa H, Asano T

    Scientific reports 12 ( 1 ) 1966 2022.02

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • 【BBBー単なる障壁ではない】疾患における変化 ALSの動物モデルにおけるアクアポリン4の局在化異常

    三澤 日出巳

    Clinical Neuroscience ((株)中外医学社)  40 ( 12 ) 1586 - 1589 2022.12

    Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)

  • 【神経免疫 メカニズムと疾患 神経系と免疫系を結ぶ分子機構の解明からバイオマーカー・治療標的の探索まで】(第1章)神経免疫のメカニズム 神経炎症の誘導と制御(臓器連関) 血液を介した臓器連関ネットワークによる神経回路修復の制御

    米津 好乃, 三澤 日出巳, 村松 里衣子

    実験医学 ((株)羊土社)  39 ( 15 ) 2386 - 2392 2021.09

    ISSN  0288-5514

     View Summary

    神経回路が修復されるメカニズムは、これまで、中枢神経系内の細胞および分子群の役割や、神経系細胞同士の連関を解明する形で、明らかになってきた。近年新たに、脈管系、免疫系、その他さまざまな臓器が産生する分子群が神経回路の修復に関与することが報告され、中枢神経系-末梢臓器間の連関という観点からさらなる研究が進められている。本稿では、疾患特異的な環境の変化である血管バリア機能の破綻に着目し、血管バリア機能の破綻に伴って流入する血液に含まれる、神経回路の修復作用をもつ分子について紹介する。(著者抄録)

  • 脂質代謝調節による神経再生への寄与

    米津好乃, 三澤日出巳, 村松里衣子

    日薬理誌 (日本薬理学会)  155   354 - 354 2020.09

    Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal), Joint Work

  • 最近の話題 脂質代謝調節による神経再生への寄与

    米津 好乃, 三澤 日出巳, 村松 里衣子

    日本薬理学雑誌 ((公社)日本薬理学会)  155 ( 5 ) 354 - 354 2020.09

    ISSN  0015-5691

  • 血液中の中皮腫マーカーHEG1を測定可能なsandwich ELISA系の構築

    加藤 嵩大, 森脇 康博, 三澤 日出巳, 今井 浩三, 辻 祥太郎

    日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録 (日本分子腫瘍マーカー研究会)  39回   44 - 45 2019.09

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • 運動ニューロンのサブタイプと生理・病態

    三澤日出巳

    基盤医学特論 (名古屋市) , 

    2019.10

    Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech, 名古屋大学環境医学研究所

  • Postnatal selective elimination of slow-type motor neurons induces late-onset neuromuscular deficits in mice: Red muscle atrophy, posture abnormality and kinetic tremor.

    Kamishima K, Koyama T, Ohgaki L, Yamanaka T, Itohara S, Ogihara N, Sawano S, Mizunoya W, Misawa H.

    Neuroscience 2019 (Chicago) , 

    2019.10

    Poster presentation

  • アルファー7型ニコチン受容体に対する新たな内在性修飾因子Ly6Hの作用機構: GPIアンカーの必要性

    浅野慎介, 森脇康博, 渡邊みずほ, 久保那月, 加藤総夫, 三澤日出巳

    第140回日本薬理学会関東部会 (東京都) , 

    2019.07

    Oral presentation (general)

  • 抗原提示細胞上に発現するアルファー7ニコチン性アセチルコリン受容体 (alpha7 nAChR)は, CD4+ T細胞の分化を抑制する

    村瀬真美, 間下雅士, 小森眞紗代, 藤井健志, 小野史郎, 森脇康博, 三澤日出巳, 川島紘一郎

    第92回日本薬理学会年会 (大阪市) , 

    2019.03

    Poster presentation

  • 悪性中皮腫の新規マーカーHEG1に対するモノクローナル抗体の作製

    加藤嵩大, 森脇康博, 三澤日出巳, 辻祥太郎.

    第92回日本薬理学会年会, 

    2019.03

    Poster presentation

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 脳に常在する境界性マクロファージの役割解明とALS治療を目指した実験的介入研究

    2022.04
    -
    2025.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 基盤研究(C), Principal investigator

  • 神経変性疾患における毒性タンパク質の細胞間伝播とグリアリンパ系の関与

    2019.04
    -
    2022.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Principal investigator

     View Summary

    神経変性疾患の特徴として、細胞内外での毒性タンパク質の凝集体形成と蓄積が知られている。また、それらの毒性タンパク質が細胞間で伝播することも明らかとなりつつある。「脳にはリンパ系がない」というのが長年の定説であったが、近年「脳のゴミ処理システム」としてグリアリンパ系が発見され、脳内水環境の制御とその異常に注目が集まっている。グリアリンパ系では、アストロサイトが血管に伸ばした突起(足突起)でのアクアポリン4 の局在が重要である。本研究では、筋萎縮性側索硬化症の原因タンパク質の異常構造に着目し、マウス個体での毒性タンパク質の伝播を追跡するための実験系を確立し、グリアリンパ系の関与を解析する。
    遺伝性ALSの原因遺伝子である変異型SOD1を過剰発現させたトランスジェニックマウスでは、運動神経に毒性SOD1分子種(オリゴマーや凝集体など)が蓄積し、運動神経が進行性に死滅することが知られている。近年、脳からの代謝物・老廃物の新たな排泄機構としてグリアリンパ系 (glymphatic system) が注目されている。グリアリンパ系では、脳血管を覆うアストロサイト足突起への水チャネルであるアクアポリン4 (AQP4)の集積が重要であり、脳実質内への水流入(脳脊髄液の流入)と代謝物・老廃物の洗い出しの駆動力を担うと考えられている。我々は、ALSモデル(SOD1のG93A変異体を発現する)マウスにおいてAQP4を欠損させたところ、病態が加速(病状が悪化)することをすでに報告している。また、ALSマウスでのAQP4の発現・局在を調べたところ、脊髄前角などの病態部位において顕著な発現上昇と局在異常が観察された。本年は、グリアリンパ系の活性を定量的に評価するために、薬物動態解析のコンパートメントモデルを導入して分布および排泄に関するパラメーターの算出を行った。蛍光標識したトレーサータンパク質をCSF中に投与し(大槽内投与法)、脊髄へのトレーサータンパク質の流入・流出の定量解析を行ったところ、ALSマウスでは脳実質でのタンパク質の蓄積がより起こりやすくなっているとの結論を得た。このことから、ALSモデルマウスのグリアリンパ系では脳内間質液・細胞外液 (interstitial fluid) の一方向性の流れが障害し、淀み(stagnation) が発生しているとの新たな病態モデルを提唱した。
    リアリンパ系の定量解析のために、薬物動態解析のコンパートメントモデルによる定量解析を導入した。分布および排泄に関する速度定数を算出することで、ALSモデルマウスのグリアリンパ系が正常マウスに比べて60%低下することが判明した。
    ALSモデルマウスでのグリアリンパ系の異常が、AQP4欠損マウスで見られる異常とどの様に異なるのかを解明し、ALSの病態と治療法に新たな視点を提供したいと考えている。また、アルツハイマー病やパーキンソン病などの他の神経変性疾患との差異も検討すべき重要な課題である。

  • Crisis management systems by neurons to defend against systemic immune storms

    2016.04
    -
    2018.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, Principal investigator

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • PHARMACOLOGY 2

    2023

  • PHARMACOLOGY 1

    2023

  • PHARMACEUTICAL-ENGLISH SEMINAR

    2023

  • PHARMACEUTICAL SCIENCES OF DISEASES

    2023

  • MOLECULAR ONCOLOGY AND NEUROSCIENCE

    2023

display all >>