中澤 洋介 (ナカザワ ヨウスケ)

Nakazawa, Yosuke

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 衛生化学講座 (芝共立)

職名

専任講師

メールアドレス

メールアドレス

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

    摂南大学薬学部, 助手

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

    慶應義塾大学薬学部, 助手

  • 2012年04月
    -
    2019年03月

    慶應義塾大学薬学部, 助教

  • 2016年09月
    -
    2017年08月

    The University of Auckland, Faculty of Medical and Health Sciences, Visiting Researcher

  • 2019年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学薬学部, 専任講師

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師, 2003年04月

  • 健康食品管理士, 2019年01月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Balance of Drug Residence and Diffusion in Lacrimal Fluid Determine Ocular Bioavailability in In Situ Gels Incorporating Tranilast Nanoparticles

    Minami M, Otake H, Nakazawa Y, Okamoto N, Yamamoto N, Sasaki H, Nagai N.

    Pharmaceutics 13 ( 9 ) 1425 - 1425 2021年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Differences in a Single Extracellular Residue Underlie Adhesive Functions of Two Zebrafish Aqp0s

    Vorontsova Irene, Hall James E., Schilling Thomas F., Nagai Noriaki, Nakazawa Yosuke

    CELLS 10 ( 8 )  2021年08月

  • Prevention of postprandial hyperglycemia by ophthalmic nanoparticles based on protamine zinc insulin in the rabbit

    Deguchi S., Ogata F., Isaka T., Otake H., Nakazawa Y., Kawasaki N., Nagai N.

    Pharmaceutics (Pharmaceutics)  13 ( 3 )  2021年03月

     概要を見る

    Postprandial hyperglycemia, a so-called blood glucose spike, is associated with enhanced risks of diabetes mellitus (DM) and its complications. In this study, we attempted to design nanopar-ticles (NPs) of protamine zinc insulin (PZI) by the bead mill method, and prepare ophthalmic formulations based on the PZI-NPs with (nPZI/P) or without polyacrylic acid (nPZI). In addition, we investigated whether the instillation of the newly developed nPZI and nPZI/P can prevent postprandial hyperglycemia in a rabbit model involving the oral glucose tolerance test (OGTT). The particle size of PZI was decreased by the bead mill to a range for both nPZI and nPZI/P of 80–550 nm with no observable aggregation for 6 d. Neither nPZI nor nPZI/P caused any noticeable corneal toxicity. The plasma INS levels in rabbits instilled with nPZI were significantly higher than in rabbits instilled with INS suspensions (commercially available formulations, CA-INS), and the plasma INS levels were further enhanced with the amount of polyacrylic acid in the nPZI/P. In addition, the rapid rise in plasma glucose levels in OGTT-treated rabbits was prevented by a single instillation of nPZI/P, which was significantly more effective at attenuating postprandial hyperglycemia (blood glucose spike) in comparison with nPZI. In conclusion, we designed nPZI/P, and show that a single instillation before OGTT attenuates the rapid enhancement of plasma glucose levels. These findings suggest a better management strategy for the postprandial blood glucose spike, which is an important target of DM therapy.

  • Effect of Alpha-Glucosyl-Hesperidin Consumption on Lens Sclerosis and Presbyopia

    Nakazawa Y, Doki Y, Sugiyama Y, Kobayashi R, Nagai N, Morisita N, Endo S, Funakoshi-Tago M, Tamura H

    Cells (Cells)  10 ( 2 ) 382 - 382 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Presbyopia is characterized by a decline in the ability to accommodate the lens. The most commonly accepted theory for the onset of presbyopia is an age-related increase in the stiffness of the lens. However, the cause of lens sclerosis remains unclear. With age, water microcirculation in the lens could change because of an increase in intracellular pressure. In the lens, the intracellular pressure is controlled by the Transient Receptor Potential Vanilloid (TRPV) 1 and TRPV4 feedback pathways. In this study, we tried to elucidate that administration of α-glucosyl-hesperidin (G-Hsd), previously reported to prevent nuclear cataract formation, affects lens elasticity and the distribution of TRPV channels and Aquaporin (AQP) channels to meet the requirement of intracellular pressure. As a result, the mouse control lens was significantly toughened compared to both the 1% and 2% G-Hsd mouse lens treatments. The anti-oxidant levels in the lens and plasma decreased with age; however, this decrease could be nullified with either 1% or 2% G-Hsd treatment in a concentration- and exposure time-dependent manner. Moreover, G-Hsd treatment affected the TRPV4 distribution, but not TRPV1, AQP0, and AQP5, in the peripheral area and could maintain intracellular pressure. These findings suggest that G-Hsd has great potential as a compound to prevent presbyopia and/or cataract formation.

  • [Look Back on the Eye with Basic Research, Clinical Science and Drug Repositioning].

    Kosano H, Nakazawa Y, Hara H

    Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan 141 ( 1 ) 33 - 34 2021年

    ISSN  0031-6903

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Look back on the eye with basic research, clinical science and drug repositioning

    Kosano H., Nakazawa Y., Hara H.

    Yakugaku Zasshi (Yakugaku Zasshi)  141 ( 1 ) 33 - 34 2021年01月

    ISSN  00316903

  • フィレンシンによるアクアポリン0(AQP0)の機能解析.

    中澤洋介.

    日本白内障学会誌 (日本白内障学会)  26   28-29 2014年06月

    研究論文, 単著

  • 水晶体中のRNAの解析.

    岡 美佳子, 梅澤 和寛, 中澤 洋介, 竹鼻 眞.

    日本眼科学会雑誌 (日本眼科学会)  117(10)   826-826 2013年10月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • 水晶体線維細胞分化に伴う遺伝子発現の変化.

    梅澤 和寛, 岡 美佳子, 中澤 洋介, 竹鼻 眞.

    日本眼科学会雑誌 (日本眼科学会)  115(9)   848-848 2011年09月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • 糖尿病性白内障発症前後でのアスコルビン酸トランスポーターの発現解析.

    中澤洋介, 岡美佳子, 竹鼻眞.

    日本眼科学会雑誌 (日本眼科学会)  114   809-809 2010年09月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 水晶体タンパク質の糖化抑制を介したヘスペレチンの抗老視および抗白内障効果

    土岐 友理、中澤 洋介、森下 尚紀、遠藤 伸、多胡 めぐみ、田村 悦臣

    第68回 日本食品科学工学会, 2021年08月, 口頭(一般)

  • α-グルコシルヘスペリジンの経口摂取は、老眼の発症を抑制する。

    中澤 洋介、土岐 友理、杉山 裕紀、森下 尚紀、遠藤 伸、田村 悦臣、多胡 めぐみ

    第68回 日本食品科学工学会, 2021年08月, 口頭(一般)

  • トウガラシ含有成分Capsaicinを介したTRPV1活性化による後発白内障への影響

    杉山 裕紀、河田 沙礼、阪上 瞳子、中澤 洋介、田村 悦臣、多胡 めぐみ

    第68回 日本食品科学工学会, 2021年08月, 口頭(一般)

  • 後発白内障におけるCapsaicinの機能解析

    杉山 裕紀、河田 沙礼、阪上 瞳子、中澤 洋介、田村 悦臣、多胡 めぐみ

    日本薬学会 第141年会, 2021年03月, 口頭(一般)

  • 墨魚点滴 白内障予防に糖転移ヘスペリジン!?

    中澤洋介

    みなと新聞, 2020年11月, メディア報道等

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 老眼発症機序の解明とTRPVチャネルを標的とした抗老眼薬創製の基盤研究

    2020年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 中澤洋介, 補助金,  代表

  • 抗老眼薬創製を見据えた水晶体浸透圧制御機構の解明とTRPVチャネルの機能解明

    2020年04月
    -
    2022年03月

    JSPS-NZRS, JSPS 二国間共同事業, 中澤洋介, 補助金,  代表

  • 老眼発症遅延薬の開発を見据えて:老眼発症メカニズムの解明と老眼モデル動物の開発

    2018年09月
    -
    2019年08月

    ひと・健康・未来財団, 中澤洋介, 補助金,  代表

  • アクアポリン0およびアクアポリン5の機能解明とこれらを標的とした新規抗白内 障薬の創生

    2016年09月
    -
    2017年08月

    公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団, 補助金, 

  • 新規白内障治療薬の開発を目指したアクアポリン0の機能解明

    2016年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 中澤洋介, 補助金,  代表

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会2019年度関東支部 奨励賞

    中澤洋介, 2019年09月, 公益社団法人日本薬学会関東支部, 抗白内障薬/抗老眼薬の創製を見据えて:水晶体透明性維持機構の解明と疾患予防の基盤研究

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞,  受賞国: 日本

  • 日本白内障学会 学術賞

    中澤洋介, 2014年09月, 日本白内障学会, 水晶体のアクアポリン0の役割および機能に関する新しい知見

  • 2019年度 助成研究発表会 優秀賞

    2019年11月, 公益財団法人 ひと・健康・未来研究財団

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Imaging competion Winner 2019

    2019年07月, Vector Laboratories社, lens E10 section

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞,  受賞国: CA, USA

  • Young Investigator Awards

    Yosuke Nakazawa, Rosica S. Petrova, Hiroomi Tamura, Paul J. Donaldson, 2017年12月, National Foundation for Eye Research, The subcellular expression patterns of the mechano-sensitive channels TRPV1/4 in the mouse lens are modulated by changes in zonular tension

    受賞国: Kona, Hawaii

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会 第141年会 一般シンポジウム オーガナイザー

    2021年03月

     内容を見る

    日本薬学会 第141年会
    一般シンポジウム オーガナイザー

    [S20] 老化と眼疾患ーいつまでも健康な視機能をー

  • 日本薬学会 第140年会 一般シンポジウム オーガナイザー

    2020年03月

     内容を見る

    日本薬学会 第140年会
    一般シンポジウム オーガナイザー

    今いちど,眼科領域の進歩を考える ―基礎,臨床,そしてドラッグリポジショニングについて―

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(衛生化学)

    2021年度

  • 細胞培養・遺伝子実験特別演習

    2021年度

  • 演習(衛生化学)

    2021年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2021年度

  • 高度研究機器特別演習

    2021年度

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年07月

    大会長, 第44回 水晶体研究会 

  • 2018年07月
    -
    継続中

    白内障学会誌 副編集委員長, 日本白内障学会

  • 2012年06月
    -
    継続中

    世話人, 水晶体研究会

  • 2012年06月
    -
    2018年07月

    白内障学会誌 編集委員, 日本白内障学会

  • 2019年07月
    -
    継続中

    評議員, 白内障学会

全件表示 >>