大江 知之 (オオエ トモユキ)

OHE Tomoyuki

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬科学科 医薬品化学講座 (芝共立)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    1997年03月

    日本学術振興会 特別研究員

  • 1997年
    -
    1999年

    万有製薬株式会社(MSD) つくば研究所 創薬研究所

  • 1999年
    -
    2000年

    Merck Research Laboratories(West Point, PA, USA)

  • 2000年
    -
    2009年

    万有製薬株式会社(MSD) つくば研究所 薬物動態研究所

  • 2009年
    -
    2011年

    大鵬薬品工業株式会社 創薬センター 分子標的薬研究所

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年03月

    東京大学, 薬学部, 製薬化学科

    大学, 卒業

  • 1994年03月

    東京大学, 薬学系研究科, 生命薬学

    大学院, 修了, 修士

  • 1997年03月

    東京大学, 薬学系研究科, 生命薬学

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 東京大学, 課程, 1997年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師, 1992年

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 化学系薬学 (Chemical Pharmaceutical Science)

  • 物理系薬学

  • 創薬化学 (Drug Development Chemistry)

  • 環境・衛生系薬学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 創薬化学

  • 薬物代謝

  • 分析化学

  • 薬物動態

  • 抗酸化剤

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 肝毒性を示す医薬品の代謝的活性化を回避した創薬, 

    2011年
    -
    継続中

  • 薬物代謝・薬物動態を考慮したリード化合物の最適化, 

    2012年
    -
    継続中

  • 反応性代謝物を捕捉する新規トラッピング剤の開発, 

    2017年
    -
    継続中

  • 臓器標的型プロドラッグ戦略の開発, 

    2018年
    -
    継続中

  • フラーレン誘導体の合成とその生理活性に関する研究, 

    2011年
    -
    継続中

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of Fluorescent-Labeled Trapping Reagents Based on Cysteine to Detect Soft and Hard Electrophilic Reactive Metabolites

    Shibazaki C., Ohe T,. Takahashi K., Nakamura S., Mashino T.

    Drug Metabolism and Pharmacokinetics 39   100386 2021年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Novel pyridinium-type fullerene derivatives as multitargeting inhibitors of HIV-1 reverse transcriptase, HIV-1 protease, and HCV NS5B polymerase

    Kobayashi T, Yasuno T, Takahashi K, Nakamura S, Mashino T, Ohe T

    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters in press 2021年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • p62/SQSTM1-droplet serves as a platform for autophagosome formation and anti-oxidative stress response

    Kageyama S., Gudmundsson S.R., Sou Y.S., Ichimura Y., Tamura N., Kazuno S., Ueno T., Miura Y., Noshiro D., Abe M., Mizushima T., Miura N., Okuda S., Motohashi H., Lee J.A., Sakimura K., Ohe T., Noda N.N., Waguri S., Eskelinen E.L., Komatsu M.

    Nature Communications (Nature Communications)  12 ( 1 ) 16 2021年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    © 2021, The Author(s). Autophagy contributes to the selective degradation of liquid droplets, including the P-Granule, Ape1-complex and p62/SQSTM1-body, although the molecular mechanisms and physiological relevance of selective degradation remain unclear. In this report, we describe the properties of endogenous p62-bodies, the effect of autophagosome biogenesis on these bodies, and the in vivo significance of their turnover. p62-bodies are low-liquidity gels containing ubiquitin and core autophagy-related proteins. Multiple autophagosomes form on the p62-gels, and the interaction of autophagosome-localizing Atg8-proteins with p62 directs autophagosome formation toward the p62-gel. Keap1 also reversibly translocates to the p62-gels in a p62-binding dependent fashion to activate the transcription factor Nrf2. Mice deficient for Atg8-interaction-dependent selective autophagy show that impaired turnover of p62-gels leads to Nrf2 hyperactivation in vivo. These results indicate that p62-gels are not simple substrates for autophagy but serve as platforms for both autophagosome formation and anti-oxidative stress.

  • Fullerene derivatives as dual inhibitors of HIV-1 reverse transcriptase and protease

    Yasuno T., Ohe T., Kataoka H., Hashimoto K., Ishikawa Y., Furukawa K., Tateishi Y., Kobayashi T., Takahashi K., Nakamura S., Mashino T.

    Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters (Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters)  31   127675 2021年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0960894X

     概要を見る

    © 2020 Elsevier Ltd In the present study, we newly synthesized three types of novel fullerene derivatives: pyridinium-type derivatives trans-3a and 4a-5b, piperidinium-type derivative 9, and proline-type derivatives 10a-12. Among the assessed compounds, 5a, 10e, 10f, 10i, 11a-d, and 12 were found to inhibit both HIV reverse transcriptase and HIV protease (HIV-PR), with IC50 values in the low micromolar range being observed. Regarding HIV-PR inhibition activity, proline-type derivatives 11a-11d and 12, bearing an alkyl chain between the hydroxylmethylcarbonyl (HMC) moiety and pyrrolidine ring, were more potent than other derivatives. This result might indicate that connecting HMC moieties with proline-type fullerene derivatives through properly sized alkyl chain leads to improved HIV-PR inhibitory activity.

  • Development of Novel Diclofenac Analogs Designed to Avoid Metabolic Activation and Hepatocyte Toxicity

    Tateishi Y., Ohe T., Ogawa M., Takahashi K., Nakamura S., Mashino T.

    ACS Omega (ACS Omega)  5 ( 50 ) 32608 - 32616 2020年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    © Diclofenac (DCF) is widely used as a nonsteroidal anti-inflammatory drug; however, it is associated with severe liver injury. This adverse reaction is thought to be related to the reactive quinone imine (QI) and acyl glucuronide (AG) metabolites of DCF, but it remains controversial which reactive metabolites mainly contribute to DCF-induced toxicity. In this study, we synthesized five types of DCF analogs that were designed to mitigate the formation of reactive QI and/or AG metabolites and evaluated their metabolic stability, cyclooxygenase (COX) inhibitory activity, and toxicity to cryopreserved human hepatocytes. Compounds with fluorine at the 5- A nd 4-positions of aromatic rings exhibited modest and high metabolic stability to oxidation by cytochrome P450, respectively, but induced cytotoxicity comparable to DCF. Replacing the carboxylic group of DCF with its bioisosteres was effective in terms of stability to oxidative metabolism and glucuronidation; however, sulfonic acid and sulfonamide groups were not preferable for COX inhibition, and tetrazole-containing analogs induced strong cytotoxicity. On the other hand, compounds that have fluorine at the benzylic position were resistant to glucuronidation and showed little toxicity to hepatocytes. In addition, among these compounds, those with hydrogen at the 4-position (2a and 2c) selectively inhibited the COX-2 enzyme. Throughout these data, it was suggested that compounds 2a and 2c might be novel safer and more efficacious drug candidates instead of DCF.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 低毒性ベンズブロマロン誘導体の創製

    大江知之

    BIO Clinica (北隆館)  35 ( 2 ) 59 - 62 2020年02月

    総説・解説(学術雑誌)

  • 既存薬の代謝活性化を回避した低毒性医薬品の創製

    大江知之

    Precision Medicine (北隆館)  2 ( 9 ) 47 - 51 2019年08月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 反応性代謝物とその評価.

    Ohe T.

    日本薬理学雑誌 (日本薬理学会)  134   338-341 2009年12月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • Evaluation of drug interactions with P-glycoprotein in drug discovery: in vitro assessment of the potential for drug-drug interactions with P-glycoprotein.

    Hochman JH, Yamazaki M, Ohe T, Lin JH.

    Curr Drug Metab (Bentham Science Publishers)  3   257-273 2002年06月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Nrf2活性を制御するタンパク質間相互作用阻害剤の創成

    安田大輔, 今村理世, 小島宏建, 岡部隆義, 高橋恭子, 熊谷直哉,一村義信, 小松雅明, 山本雅之, 長野哲雄, 増野匡彦, 大江知之

    日本ケミカルバイオロジー学会第15回年会, 2021年06月, ポスター(一般)

  • p62-Keap1-Nrf2 系を標的とした抗がん剤感受性増強剤の創製

    安田大輔, 吉田逸平, 高橋恭子, 熊谷直哉, 増野匡彦, 今村理世, 小島宏建, 岡部隆義, 一村義信, 小松雅明, 山本雅之, 長野哲雄, 大江知之

    第74回日本酸化ストレス学会, 2021年05月, 口頭(一般)

  • 代謝活性化の回避を目指したトファシチニブ類縁体の合成と評価

    立石 泰寛、大江 知之、高橋 恭子、中村 成夫、増野 匡彦

    日本薬学会第141年会 (広島(オンライン)) , 2021年03月, 口頭(一般)

  • 抗パーキンソン病薬を目指した新規オキシカムA環芳香族複素環アナログの創製

    鶴岡 航太朗、小町 元輝、鈴木 啓太、高橋 恭子、中村 成夫、大江 知之、大久保 知子、眞鍋 貴之、田﨑 嘉一、増野 匡彦

    日本薬学会第141年会, 2021年03月, 口頭(一般)

  • 反応性の高いアシルグルクロニドを検出する新規蛍光標識トラッピング剤の創製

    柴﨑 智香子、大江 知之、高橋 恭子、中村 成夫、増野 匡彦

    日本薬学会第141年会, 2021年03月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新型コロナウイルス感染症治療薬を目指した新規フラーレン誘導体の創製

    2021年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省, 挑戦的研究(萌芽), 大江知之, 補助金,  代表

  • 既存薬を基盤とした臓器標的型プロドラッグの創製

    2021年04月
    -
    2022年03月

    福澤基金研究補助, 大江知之, 補助金,  代表

  • 探索段階における反応性代謝物リスク評価法の開発

    2020年10月
    -
    2021年09月

    旭化成ファーマ株式会社, A-COMPASS, 大江知之, 共同研究契約,  代表

  • 抗真菌薬を基盤とした胆道・膵臓がんに対する新規治療薬の創製

    2020年04月
    -
    2023年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 齋藤義正, 補助金,  分担

  • 既存薬のADMET 特性を変換することによる新規医薬品の創製研究

    2019年04月
    -
    2020年03月

    慶應義塾, 福澤基金研究補助, 大江知之, 補助金,  代表

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • パーキンソン病治療薬

    特願: PCT/JP2020/003462  2020年01月 

    特許, 共同, PCT国際出願

  • パーキンソン病治療薬

    特願: 特願2019-014281  2019年01月 

    特許, 共同, 国内出願

  • 潰瘍性大腸炎の予防または治療剤と新規フラーレン誘導体

    特願: PCT/JP2014/053950  2014年02月 

    特開: WO2014/129513  2014年08月 

    特許, 共同, PCT国際出願

  • 潰瘍性大腸炎の予防または治療剤と新規フラーレン誘導体

    特願: 特願2013-030455  2013年02月 

    特許, 共同

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2019年度学部長賞(教育)

    2020年03月, 慶應義塾大学薬学部

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 2017年度学部長賞(運営)

    2018年03月, 慶應義塾大学薬学部

    受賞区分: 塾内表彰等

  • Merck Award for Excellence

    2008年07月

  • Drug Metabolism of Disposition Best Paper of the Year 1997

    1997年

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(分子創成化学)

    2021年度

  • 演習(分子創成化学)

    2021年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2021年度

  • 高度研究機器特別演習

    2021年度

  • 英語演習(薬学科)

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • C4(4)化学物質の構造決定

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 200人

  • C5(1)官能基の導入・変換

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 200人

  • C5(2)複雑な化合物の合成

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 200人

  • C6(1)生体分子のコアとパーツB

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 200人

  • 精密有機合成

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 60人

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • スタンダード薬学シリーズⅡ 化学系薬学 Ⅱ生体分子・医薬品の化学による理解 日本薬学会編 東京化学同人 

    2016年04月

    , 教科書・教材の開発

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 薬学協議会薬科学担当教員会議

    2020年12月
    -
    継続中
  • 芳香族アミン取扱事業所で発生した膀胱がんの業務上外に関する検討会検討委員

    厚生労働省

    2020年02月
    -
    2021年03月
  • 日本薬学会代議員

    2019年03月
    -
    継続中
  • 日本薬物動態学会評議員

    2014年04月
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会, 

    2016年
    -
    継続中
  • 日本酸化ストレス学会, 

    2012年
    -
    継続中
  • 日本薬物動態学会, 

    2008年
    -
    継続中
  • 日本薬学会(医薬化学部会), 

    1992年
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    2015年09月

    学生交換・在外研修委員, 慶應義塾国際センター

  • 2013年10月
    -
    2015年09月

    学習指導主任, 慶應義塾国際センター

  • 2017年04月
    -
    継続中

    学生相談室芝共立キャンパス兼担カウンセラー, 慶應義塾

  • 2017年10月
    -
    継続中

    芝共立キャンパスITC所長, 慶應義塾

  • 2014年04月
    -
    継続中

    CBT実施委員長, 慶應義塾大学薬学部