松元 一明 (マツモト カズアキ)

Matsumoto, Kazuaki

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 薬効解析学講座 (芝共立)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 薬剤部, 医療職員

  • 2007年04月
    -
    2014年03月

    鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 薬剤部, 主任

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学薬学部, 実務薬学講座, 准教授

  • 2017年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学薬学部, 薬効解析学講座, 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    熊本大学, 薬学部, 薬学科

    大学, 卒業

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

    熊本大学, 薬学研究科

    大学院, 修了, 博士前期

  • 2000年04月
    -
    2003年03月

    熊本大学, 薬学研究科

    大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 熊本大学, 課程, 2003年03月

    α1-酸性糖蛋白質の生理作用と動態特性に関する研究

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許証, 1998年07月

  • 日本薬剤師研修センター認定薬剤師, 2006年03月

  • 日本医療薬学会認定薬剤師, 2009年01月

  • インフェクションコントロールドクター, 2009年01月

  • 感染制御専門薬剤師, 2009年03月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 医療薬学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Drug Delivery System

  • 抗菌化学療法

  • 高齢者医療

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 医薬品の薬効評価と副作用解析に基づいた薬物療法の最適化に関する研究, 

    2014年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 今日の治療指針2023

    松元一明, 医学書院, 2023年01月

    担当範囲: 市中肺炎/急性中耳炎 服薬指導・薬剤情報

  • 救急・集中治療アドバンス 敗血症 感染症と臓器障害への対応

    松元一明, 中山書店, 2023年01月

    担当範囲: 抗菌薬のTDMの工夫.

  • 今日の治療薬2023

    松元一明, 南江堂, 2023年01月

  • 今日の治療指針2022

    松元一明, 医学書院, 2022年01月

    担当範囲: 市中肺炎/急性中耳炎 服薬指導・薬剤情報

  • 今日の治療薬2022

    松元一明, 南江堂, 2022年01月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Prognostic impact of tumor ureteral invasion on recurrence after radical cystectomy.

    Saito T, Matsumoto K, Tanaka N, Fukumoto K, Yasumizu Y, Takeda T, Morita S, Kosaka T, Mizuno R, Asanuma H, Hara S, Oya M

    International urology and nephrology 2023年09月

    共著,  ISSN  0301-1623

  • Model-informed precision dosing of vancomycin for rapid achievement of target area under the concentration-time curve: A simulation study.

    Oda K, Yamada T, Matsumoto K, Hanai Y, Ueda T, Samura M, Shigemi A, Jono H, Saito H, Kimura T

    Clinical and translational science 2023年09月

    共著,  ISSN  1752-8054

  • A combination of 5/6-nephrectomy and unilateral ureteral obstruction model accelerates progression of remote organ fibrosis in chronic kidney disease

    Homma Kyoka, Enoki Yuki, Uchida Sato, Taguchi Kazuaki, Matsumoto Kazuaki

    FASEB BIOADVANCES 2023年08月

    共著

  • Polysarcosine-Coated liposomes attenuating immune response induction and prolonging blood circulation.

    Hu M, Taguchi K, Matsumoto K, Kobatake E, Ito Y, Ueda M

    Journal of colloid and interface science (Journal of Colloid and Interface Science)  651   273 - 283 2023年07月

    共著,  ISSN  0021-9797

     概要を見る

    Hypothesis: Liposomes coated with long polysarcosine (PSar) chains at a high density might enable long blood circulation and attenuate accelerated blood clearance (ABC) phenomenon. Experiments: In this study, we controlled the length (23, 45, 68 mers) and density (5, 10, 15 mol%) of PSar on liposomal coatings and, furthermore, investigated the effects of PSar length and density on the blood circulation time, biodistribution, immune response, and ABC phenomenon induction. Length-controlled PSar-bound lipids (PSar-PEs) were synthesized using a click reaction and inserted into bare liposomes at different combinations of chain lengths and proportions. Findings: Although all PSar-coated liposomes (PSar-lipos) had similar morphological, physical, and chemical properties, they had different blood circulation times and biodistribution, and exerted varied effects on the immune system. All PSar-lipos with different PSar length and density showed a similar anti-PSar IgM response. Liposomes modified with the longest PSar chain (68 mers) at a high density (15 mol%) showed the longest blood circulation time and, additionally, attenuated ABC phenomenon compared with PEG-lipo. The ex vivo analysis of the biodistribution of liposomes revealed that a thick PSar layer enhanced the blood circulation time of liposomes due to the reduction of the accumulation of liposomes in the liver and spleen. These findings provide new insights into the relationship between IgM expression and ABC phenomenon inhibition.

  • The anti-inflammatory effect of tedizolid on carrageenan-induced footpad edema rat model.

    Isobe N, Chuang VTG, Liu X, Enoki Y, Taguchi K, Matsumoto K

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy (Journal of Infection and Chemotherapy)  29 ( 11 ) 1088 - 1090 2023年07月

    共著,  ISSN  1341-321X

     概要を見る

    Tedizolid (TZD) is an oxazolidinone anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) drug. Linezolid (LZD), another oxazolidinone, has been shown to have an anti-inflammatory effect. TZD has been shown to exhibit an anti-inflammatory effect in a murine model of hematogenous pulmonary infection. In this study, we further investigated the anti-inflammatory effect of TZDs using a carrageenan-induced rat footpad edema model. TZD was administered at 0, 10, 20, and 40 mg/kg to the carrageenan-induced rat footpad edema model, and the edema rate was measured over time up to 9 h later. The area under the time curve of the edema rate profile (AUCedema0→9) decreased in a TZD dose-dependent manner. In addition, the correlation between AUCedema0→9 and the area under the time curve of free TZD plasma concentration (fAUCblood) obtained from the pharmacokinetic study of TZD in the carrageenan-induced rat footpad edema model was examined. fAUCblood and AUCedema0→9 showed a good negative correlation. These results indicate that TZD suppresses carrageenan-induced footpad edema and that TZD exerts its anti-inflammatory effects in a plasma concentration-dependent manner.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 三学会合同ブレイクポイント 臨床応用検討委員会報告 呼吸器及び尿路感染症におけるブレイクポイント 新規抗菌薬の追加(2023)

    平松 和史, 松元 一明, 青木 弘太郎, 荒岡 秀樹, 猪川 和朗, 石井 良和, 大塚 喜人, 大谷 真理子, 柴山 恵吾, 舘田 一博, 松永 直久, 三学会合同ブレイクポイント臨床応用検討委員会

    日本化学療法学会雑誌 ((公社)日本化学療法学会)  71 ( 4 ) 349 - 351 2023年07月

    ISSN  1340-7007

  • 【抗真菌薬選択がよくわかる 表在性皮膚真菌症・深在性真菌症の薬物治療】抗真菌薬の投与設計 抗真菌薬の薬物動態の特徴

    松元 一明

    薬事 ((株)じほう)  65 ( 8 ) 1545 - 1548 2023年06月

    ISSN  0016-5980

     概要を見る

    <Key Points>▼(ホス)フルコナゾールとフルシトシンは腎排泄型であり,腎機能に応じた投与設計が必要である。▼透析患者では,(ホス)フルコナゾールとフルシトシンは,透析終了時に通常量を投与する。▼上記以外の抗真菌薬は,肝代謝型である。▼カスポファンギンとボリコナゾールはChild Pugh分類に従って用法・用量が決定される。(著者抄録)

  • Clostridioides difficile感染症診療ガイドライン2022

    國島 広之, 大毛 宏喜, 鈴木 広道, 中村 敦, 松元 一明, 三鴨 廣繁, 森 伸晃, 森永 芳智, 柳原 克紀, 山岸 由佳, 吉澤 定子, 公益社団法人日本化学療法学会・一般社団法人日本感染症学会CDI診療ガイドライン作成委員会

    感染症学雑誌 ((一社)日本感染症学会)  97 ( Suppl.1 ) S1 - S96 2023年01月

    ISSN  0387-5911

  • Clostridioides difficile感染症診療ガイドライン2022

    國島 広之, 大毛 宏喜, 鈴木 広道, 中村 敦, 松元 一明, 三鴨 廣繁, 森 伸晃, 森永 芳智, 柳原 克紀, 山岸 由佳, 吉澤 定子, 公益社団法人日本化学療法学会, 一般社団法人日本感染症学会CDI診療ガイドライン作成委員会

    日本化学療法学会雑誌 ((公社)日本化学療法学会)  71 ( 1 ) 1 - 90 2023年01月

    ISSN  1340-7007

  • 【2022年なにあった?】Catch Up!診療ガイドライン 抗菌薬TDM臨床実践ガイドライン,改訂!

    松元 一明

    薬局 ((株)南山堂)  73 ( 13 ) 3016 - 3022 2022年12月

    ISSN  0044-0035

     概要を見る

    <Key Points>●バンコマイシンの有効性・安全性の指標がトラフ値からAUCに変更となり,その目標値として400〜600μg*h/mLが推奨された.●バンコマイシンの初回TDMは投与開始2日目にトラフ値とピーク値を測定し,AUC評価のためのソフトウエア「practical AUC-guided TDM for vancomycin(PAT)」の使用が推奨された.●バンコマイシン投与開始初日,2日目にAUCを400μg*h/mL以上とするために,腎機能障害の有無にかかわらず,初回負荷投与(25〜30mg/kg)が推奨された.●テイコプラニンは投与開始4日目にトラフ値を測定し,その目標値として,非複雑性感染症では15〜30μg/mL,複雑性感染症・重症感染症では20〜40μg/mLが推奨され,低アルブミン血症患者では目標トラフ値の設定を下げることが考慮された.●ボリコナゾールは投与開始3〜5日目にトラフ値を測定し,その目標値として1〜4μg/mL(アスペルギルスによる感染症では2μg/mL以上)が推奨された.(著者抄録)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • シンポジウム1:人工赤血球製剤(ヘモグロビン小胞体)の最新開発状況「一酸化炭素結合型ヘモグロビン小胞体の薬剤誘発性臓器傷害に対する抑制効果」

    田口和明、松元一明.

    第29回日本血液代替物学会年次大会 (東京都) , 

    2022年12月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • ドキソルビシン担持一酸化炭素結合型ヘモグロビン-アルブミンクラスターの創製と抗腫瘍効果の評価.

    伊藤千尋、田口和明、山田大雅、榎木裕紀、小松晃之、松元一明.

    第29回日本血液代替物学会年次大会 (東京都) , 

    2022年12月

    口頭発表(一般)

  • メトヘモグロビン-アルブミンクラスターの硫化水素中毒解毒剤としての有用性評価.

    鈴木悠斗、田口和明、岡本航、榎木裕紀、小松晃之、松元一明.

    第29回日本血液代替物学会年次大会 (東京都) , 

    2022年12月

    口頭発表(一般)

  • 一酸化炭素を基盤とした急性呼吸窮迫症候群に対する新規治療法の検討.

    渡部佑樹、田口和明、榎木裕紀、小田切優樹、酒井宏水、松元一明.

    第29回日本血液代替物学会年次大会 (東京都) , 

    2022年12月

    口頭発表(一般)

  • シンポジウム2:ヘモアクト型人工酸素運搬体製剤の開発と応用展開「長期備蓄を目指した凍結乾燥粉末化メトヘモグロビン-アルブミンクラスター」

    田口和明、松元一明.

    第29回日本血液代替物学会年次大会 (東京都) , 

    2022年12月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ホローファイバー感染モデルを用いたカルバペネム耐性菌感染症の抗菌薬併用療法に関する橋渡し研究

    2022年04月
    -
    2025年03月

    国立研究開発法人国立国際医療研究センター, 国際医療研究開発事業, 齋藤 翔、松元 一明, 共同研究契約,  研究分担者

  • マウス肺感染モデルを用いたOP0595の臨床有効性予測

    2022年01月
    -
    2024年03月

    Meiji Seikaファルマ株式会社, 松元 一明, 受託研究,  研究代表者

  • Investigation of the effectiveness of imeglimin as a potential therapeutic agent for sarcopenia

    2021年09月
    -
    2023年08月

    大日本住友製薬株式会社, 松元 一明, 受託研究,  研究代表者

  • 肺Mycobacterium abscessus complex症に対するクロファジミンの有効性及び安全性を検討する医師主導治験実施のためのプロトコール作成研究

    2021年08月
    -
    2022年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 革新的医療シーズ実用化研究事業, 南宮 湖、松元 一明, 共同研究契約,  研究分担者

  • MRSA骨感染症の克服を目指したテジゾリド最適化投与法の構築

    2021年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 渡部 欣忍、松元 一明, 基盤研究(C), 補助金,  研究分担者

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • メトヘモグロビン小胞体を有効成分として含む医薬およびその使用

    出願日: 特願2020-144044  2020年08月 

    特許権, 共同

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第14回日本化学療法学会東日本支部 支部長賞(基礎)

    田代渉、榎木裕紀、田口和明、松元一明, 2023年01月, Clostridioides difficileに対するfidaxomicinのin vitro抗菌活性評価及びin vivo感染マウスモデルを用いた糞中PK/PD評価

  • 第29回日本血液代替物学会年次大会学生講演賞

    伊藤千尋、田口和明、山田大雅、榎木裕紀、小松晃之、松元一明, 2022年12月, ドキソルビシン担持一酸化炭素結合型ヘモグロビン-アルブミンクラスターの創製と抗腫瘍効果の評価

  • 第29回日本血液代替物学会年次大会学生講演賞

    渡部佑樹、田口和明、榎木裕紀、小田切優樹、酒井宏水、松元一明, 2022年12月, 一酸化炭素を基盤とした急性呼吸窮迫症候群に対する新規治療法の検討

  • MRSAフォーラム2022 一般演題優秀賞

    佐村優、廣瀬直樹、髙田啓介、倉田武徳、南雲史雄、腰岡桜、内田仁樹、井上純樹、榎木裕紀、田口和明、谷川浩司、松元一明, 2022年07月, ダプトマイシンよるクレアチンホスホキナーゼ上昇のリスク因子探索ならびに発症確率に関するリスク予測モデルの構築

  • 第13回日本化学療法学会東日本支部 支部奨励賞(基礎)

    三澤可奈、西村知泰、榎木裕紀、田口和明、宇野俊介、上蓑義典、松元一明、長谷川直樹, 2022年01月, Mycobacterium abscessus complexに対するNacubactamとβラクタム薬の併用効果

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(薬効解析学)

    2023年度

  • 演習(薬効解析学)

    2023年度

  • 先端医科学研究

    2023年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2023年度

  • 総合知演習(環境サステナビリティ)

    2023年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医真菌学会, 

    2019年02月
    -
    継続中
  • 日本DDS学会, 

    2018年05月
    -
    継続中
  • 日本臨床微生物学会, 

    2018年03月
    -
    継続中
  • 日本老年薬学会 理事・評議員, 

    2016年04月
    -
    継続中
  • 日本薬剤学会, 

    2015年12月
    -
    継続中

全件表示 >>