松元 一明 (マツモト カズアキ)

Matsumoto, Kazuaki

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 薬効解析学講座 (芝共立)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 薬剤部, 医療職員

  • 2007年04月
    -
    2014年03月

    鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 薬剤部, 主任

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学薬学部, 実務薬学講座, 准教授

  • 2017年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学薬学部, 薬効解析学講座, 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    熊本大学, 薬学部, 薬学科

    大学, 卒業

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

    熊本大学, 薬学研究科

    大学院, 修了, 博士前期

  • 2000年04月
    -
    2003年03月

    熊本大学, 薬学研究科

    大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 熊本大学, 課程, 2003年03月

    α1-酸性糖蛋白質の生理作用と動態特性に関する研究

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許証, 1998年07月

  • 日本薬剤師研修センター認定薬剤師, 2006年03月

  • 日本医療薬学会認定薬剤師, 2009年01月

  • インフェクションコントロールドクター, 2009年01月

  • 感染制御専門薬剤師, 2009年03月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 医療薬学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Drug Delivery System

  • 抗菌化学療法

  • 高齢者医療

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 医薬品の薬効評価と副作用解析に基づいた薬物療法の最適化に関する研究, 

    2014年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 今日の治療指針2022

    松元一明, 医学書院, 2022年01月

    担当範囲: 市中肺炎/急性中耳炎 服薬指導・薬剤情報

  • 今日の治療薬2022

    松元一明, 南江堂, 2022年01月

  • 厚生労働省委託事業 令和3年度院内感染対策講習会テキスト

    松元一明, 一般社団法人 日本環境感染学会, 2021年11月

    担当範囲: 抗菌薬適正使用と支援チームの活動

  • 侵襲性カンジダ症に対するマネジメントのための臨床実践ガイドライン

    松元一明, 日本医真菌学会, 2021年08月

  • 抗菌化学療法認定薬剤師テキスト改訂版

    松元一明, 日本化学療法学会, 2021年07月

    担当範囲: 抗菌薬の治療薬物モニタリング,  担当ページ: 41-50

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Concentration-Dependent Activity of Pazufloxacin against <i>Pseudomonas aeruginosa</i>: An In Vivo Pharmacokinetic/Pharmacodynamic Study.

    Umezaki Y, Matsumoto K, Ikawa K, Yokoyama Y, Enoki Y, Shigemi A, Watanabe E, Nakamura K, Ueno K, Terazono H, Morikawa N, Takeda Y

    Antibiotics (Basel, Switzerland) 11 ( 7 )  2022年07月

    共著

  • Methemoglobin-albumin clusters for the treatment of hydrogen sulfide intoxication.

    Suzuki Y, Taguchi K, Okamoto W, Enoki Y, Komatsu T, Matsumoto K

    Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society (Journal of Controlled Release)  349   304 - 314 2022年07月

    共著,  ISSN  0168-3659

     概要を見る

    Hydrogen sulfide (H2S) has attracted significant attention as a seed in drug development. However, H2S is toxic and induces lethal acute intoxication. Here, we developed methemoglobin (metHb)-albumin clusters as detoxifying agents for H2S intoxication, which were designed based on the inherent binding property of metHb with H2S. The metHb-albumin clusters comprising an autoxidized ferric Hb center wrapped covalently with an average of three human serum albumins showed a similar H2S binding affinity to that of naked metHb. Owing to the H2S binding capability, metHb-albumin clusters suppressed cell death induced by H2S exposure while maintaining mitochondrial function in H9c2 cells. In addition, lethal H2S intoxication model mice were rescued by a single administration of metHb-albumin clusters, resulting from the recovery of cytochrome c oxidase activity. Furthermore, the metHb-albumin clusters possessed essential characteristics, such as adequate pharmacokinetic properties and biocompatibility, for their use as detoxifying agents against H2S intoxication. In conclusion, the results obtained in this study suggest that metHb-albumin clusters are promising detoxifying agents for H2S intoxication and that harnessing the inherent H2S binding properties of metHb is an innovative approach to develop detoxifying agents for H2S intoxication.

  • Liposomal methemoglobin as a potent antidote for hydrogen sulfide poisoning.

    Suzuki Y, Taguchi K, Kure T, Enoki Y, Otagiri M, Sakai H, Matsumoto K

    Toxicology and applied pharmacology (Toxicology and Applied Pharmacology)  450   116159 2022年07月

    共著,  ISSN  0041-008X

     概要を見る

    Hydrogen sulfide (H2S) induces acute and lethal toxicity at high concentrations. However, no specific antidotes for H2S poisoning have been approved. Liposomal methemoglobin (metHb@Lipo) was developed as an antidote for cyanide poisoning. As the toxic mechanism of H2S poisoning is the same as that of cyanide poisoning, metHb@Lipo could potentially be used as an antidote for H2S poisoning. In this study, we evaluated the antidotal efficacy of metHb@Lipo against H2S poisoning. Stopped-flow rapid-scan spectrophotometry clearly showed that metHb@Lipo scavenged H2S rapidly. Additionally, metHb@Lipo showed cytoprotective effects against H2S exposure in H9c2 cells by maintaining mitochondrial function. MetHb@Lipo treatment also improved the survival rate after H2S exposure in vivo, with the maintenance of cytochrome c oxidase activity and suppression of metabolic acidosis. Moreover, metHb@Lipo therapy maintained significant antidotal efficacy even after 1-year-storage at 4–37 °C. In conclusion, metHb@Lipo is a candidate antidote for H2S poisoning.

  • Analysis of adverse drug events in pulmonary Mycobacterium avium complex disease using spontaneous reporting system.

    Ozawa T, Namkoong H, Takaya R, Takahashi Y, Fukunaga K, Enoki Y, Taguchi K, Kizu J, Matsumoto K, Hasegawa N

    BMC infectious diseases (BMC Infectious Diseases)  22 ( 1 ) 580 2022年06月

    共著

     概要を見る

    Background: In Japan, Mycobacterium avium complex lung disease (MAC-LD) is the most common in nontuberculous mycobacterial lung disease. Patients often experience adverse events, resulting in the discontinuation of treatment, which causes treatment failure. The JADER (Japanese Adverse Drug Event Report) database is a database of adverse events that allows us to collect real-world data on adverse events. We can collect large-scale data cost-effectively and detect signals of potential adverse events such as reporting odds ratio (ROR) by using spontaneous reporting systems. In this study, we aimed to elucidate the adverse events of clarithromycin (CAM), ethambutol (EB), and rifampicin (RFP) using the JADER database. Methods: We included cases of MAC-LD between April 2004 and June 2017. We investigated sex, age, and medications that may have caused the adverse events, outcomes, and time of onset. We calculated the safety signal index as the ROR. Time-to-event analysis was performed using the Weibull distribution. Results: The total number of adverse events of CAM, EB, and RFP was 2780, with 806 patients. In the overall adverse events, hematologic and lymphatic disorders were the most common adverse events, with 17.3%, followed by eye disorders (16.6%), and hepatobiliary disorders (14.0%). The outcomes were as follows: recovery, 40.0%; remission, 27.1%; non-recovery, 11.2%; and death, 7.1%. Regarding the most common onset time of CAM, EB, and RFP was within 120 days at 40%, 181–300 days at 43.6%, and within 120 days at 88.5%. For CAM, the RORs of infections and infestations, hepatobiliary system disorders, and immune system disorders were 4.13 (95% confidence interval [CI], 2.3–7.44), 2.61 (95% CI, 1.39–4.91), and 2.38 (95% CI, 1.04–5.44). For EB, the ROR of eye disorders was 215.79 (95% CI, 132.62–351.12). For RFP, the RORs of renal and urinary tract disorders and investigations were 7.03 (95% CI, 3.35–14.77) and 6.99 (95% CI, 3.22–15.18). The β value of EB was 2.07 (95% CI, 1.48–2.76), which was classified as a wear-out failure type. Conclusions: For MAC-LD, the adverse event which has the highest ROR is infections and infestations in CAM, eye disorders in EB, renal and urinary tract disorders in RFP. Adverse events of EB occur after 180 days, whereas the adverse events of CAM and RFP occur early in the course of treatment.

  • Current Aspects of Pediatric Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of Antimicrobials in Japan: Importance of the Promotion of Population PK/PD Analysis.

    Shoji K, Saito J, Nakamura H, Matsumoto K, Oda K, Takesue Y, Miyairi I

    The Pediatric infectious disease journal 2022年06月

    共著,  ISSN  0891-3668

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • ケースでわかる処方箋のチェックポイント 外来・薬局感染症学 β-ラクタム系薬/マクロライド系薬

    松元 一明, 村木 優一, 辻 泰弘

    薬事 ((株)じほう)  64 ( 8 ) 1662 - 1671 2022年06月

    ISSN  0016-5980

  • 【抗菌薬TDM臨床実践ガイドライン2022はここに注目!新旧抗菌薬の使い方】ここが変わった抗菌薬のTDM バンコマイシン

    松元 一明

    薬事 ((株)じほう)  64 ( 7 ) 1347 - 1350 2022年05月

    ISSN  0016-5980

     概要を見る

    <Key Point>●安全性の観点からAUCを指標とする。●目標AUCは400〜600μg・h/mLである。●初回TDMは定常状態前の2日目に行う。●トラフ値とピーク値を用いてAUCを評価する。●Practical AUC-guided TDM(PAT)など日本人母集団薬物動態パラメータを用いたソフトウエアの使用が勧められる。(著者抄録)

  • 細菌性髄膜炎患者におけるバンコマイシンの髄液移行性に関する研究

    篠田 こずえ, 一ノ瀬 直樹, 小田 智三, 榎木 裕紀, 田口 和明, 松元 一明

    日本化学療法学会雑誌 ((公社)日本化学療法学会)  70 ( 1 ) 157 - 158 2022年01月

    ISSN  1340-7007

  • 潜在性結核感染症の治療を受けた生物学的製剤使用患者における結核発症のリスク因子の検討

    板垣 万里奈, 池谷 修, 榎木 裕紀, 田口 和明, 上蓑 義典, 宇野 俊介, 内田 翔, 南宮 湖, 松元 一明, 長谷川 直樹

    日本化学療法学会雑誌 ((公社)日本化学療法学会)  70 ( 1 ) 163 - 163 2022年01月

    ISSN  1340-7007

  • 小児患者を対象とした抗菌薬使用量と地域別使用動向に関する研究

    榎木 裕紀, 北野 道春, 田口 和明, 松元 一明

    日本化学療法学会雑誌 ((公社)日本化学療法学会)  70 ( 1 ) 155 - 155 2022年01月

    ISSN  1340-7007

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 潜在性結核感染症の治療を受けた生物学的製剤使用患者における結核発症のリスク因子の検討.

    板垣万里奈、池谷修、榎木裕紀、田口和明、上蓑義典、宇野俊介、内田翔、南宮湖、松元一明、長谷川直樹.

    第70回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (東京都) , 

    2021年10月

    口頭発表(一般)

  • リネゾリドにより高度の乳酸アシドーシスをきたした1例.

    藤井元輝、松田直也、髙橋芳徳、松元一明、細川直登.

    第70回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (東京都) , 

    2021年10月

    口頭発表(一般)

  • 細菌性髄膜炎患者におけるバンコマイシンの髄液移行性に関する研究.

    篠田こずえ、一ノ瀬直樹、小田智三、榎木裕紀、田口和明、松元一明.

    第70回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (東京都) , 

    2021年10月

    口頭発表(一般)

  • 小児患者を対象とした抗菌薬使用量と地域別使用動向に関する研究.

    榎木裕紀、北野道春、田口和明、松元一明.

    第70回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (東京都) , 

    2021年10月

    口頭発表(一般)

  • Mycobacterium abscessus complexに対するNacubactamとβラクタム薬の併用効果.

    三澤可奈、西村知泰、榎木裕紀、田口和明、宇野俊介、上蓑義典、松元一明、長谷川直樹.

    第70回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (東京都) , 

    2021年10月

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Investigation of the effectiveness of imeglimin as a potential therapeutic agent for sarcopenia

    2021年09月
    -
    2023年08月

    大日本住友製薬株式会社, 松元 一明, 受託研究,  研究代表者

  • 肺Mycobacterium abscessus complex症に対するクロファジミンの有効性及び安全性を検討する医師主導治験実施のためのプロトコール作成研究

    2021年08月
    -
    2022年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 革新的医療シーズ実用化研究事業, 南宮 湖、松元 一明, 共同研究契約,  研究分担者

  • MRSA骨感染症の克服を目指したテジゾリド最適化投与法の構築

    2021年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 渡部 欣忍、松元 一明, 基盤研究(C), 補助金,  研究分担者

  • Hollow-Fiber Infection Modelを応用した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対する治療薬の開発促進に向けた評価法・検証法の構築に資する基盤研究

    2021年01月
    -
    2022年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業, 舘田 一博、松元 一明, 共同研究契約,  研究分担者

  • OP0595の臨床有効性評価

    2019年07月
    -
    2021年12月

    Meiji Seikaファルマ株式会社, 松元 一明, 受託研究,  研究代表者

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • メトヘモグロビン小胞体を有効成分として含む医薬およびその使用

    出願日: 特願2020-144044  2020年08月 

    特許権, 共同

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第13回日本化学療法学会東日本支部 支部奨励賞(基礎)

    三澤可奈、西村知泰、榎木裕紀、田口和明、宇野俊介、上蓑義典、松元一明、長谷川直樹, 2022年01月, Mycobacterium abscessus complexに対するNacubactamとβラクタム薬の併用効果

  • 第13回日本化学療法学会東日本支部 支部長賞(臨床)

    劉小茜、長邑花、榎木裕紀、田口和明、松元一明, 2022年01月, リネゾリドによる血液毒性に与える腎障害またはトラフ値の影響

  • 第28回日本血液代替物学会年次大会優秀発表賞

    渡部佑樹、田口和明、榎木裕紀、酒井宏水、小田切優樹、松元一明, 2021年10月, 一酸化炭素結合型ヘモグロビン小胞体の急性呼吸窮迫症候群に対する有用性評価

  • 第31回日本医療薬学会年会 Young Investigator’s Award

    長邑花、榎木裕紀、田口和明、松元一明, 2021年10月, 廃用性筋萎縮による敗血症病態増悪における骨格筋由来エクソソームの関与

  • MRSAフォーラム2020 一般演題優秀賞

    田代渉、北廣夕貴、森山大夢、濱村有那、高畑勇、川邊理奈、榎木裕紀、田口和明、松元一明, 2021年07月, MRSA菌血症に対するダプトマイシンとバンコマイシンの有効性及び安全性の評価:システマティックレビュー&メタ解析

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 実務実習事前学習3

    2022年度

  • 実務実習事前学習1

    2022年度

  • 実務実習事前学習(実習)

    2022年度

  • 英語演習(薬学科)

    2022年度

  • 医薬品情報学2

    2022年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医真菌学会, 

    2019年02月
    -
    継続中
  • 日本DDS学会, 

    2018年05月
    -
    継続中
  • 日本臨床微生物学会, 

    2018年03月
    -
    継続中
  • 日本老年薬学会 理事・評議員, 

    2016年04月
    -
    継続中
  • 日本薬剤学会, 

    2015年12月
    -
    継続中

全件表示 >>