松元 一明 (マツモト カズアキ)

Matsumoto, Kazuaki

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 薬効解析学講座 (芝共立)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 薬剤部, 医療職員

  • 2007年04月
    -
    2014年03月

    鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 薬剤部, 主任

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学薬学部, 実務薬学講座, 准教授

  • 2017年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学薬学部, 薬効解析学講座, 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    熊本大学, 薬学部, 薬学科

    日本, 大学, 卒業

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

    熊本大学, 薬学研究科

    日本, 大学院, 修了, 博士前期

  • 2000年04月
    -
    2003年03月

    熊本大学, 薬学研究科

    日本, 大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 熊本大学, 課程, 2003年03月

    α1-酸性糖蛋白質の生理作用と動態特性に関する研究

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許証, 1998年07月

  • 日本薬剤師研修センター認定薬剤師, 2006年03月

  • 日本医療薬学会認定薬剤師, 2009年01月

  • インフェクションコントロールドクター, 2009年01月

  • 感染制御専門薬剤師, 2009年03月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Drug Delivery System

  • 抗菌化学療法

  • 高齢者医療

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 医薬品の薬効評価と副作用解析に基づいた至適投与方法に関する研究, 

    2014年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 今日の治療指針2021

    松元一明, 医学書院, 2021年01月

    担当範囲: 市中肺炎/急性中耳炎 服薬指導・薬剤情報

  • 今日の治療薬2021

    松元一明, 南江堂, 2021年01月

  • 小児感染症治療ハンドブック2020-2021

    松元一明, 診断と治療社, 2020年12月

    担当範囲: 小児科領域でTDMの対象となる薬剤/PK/PD

  • AST虎の巻 日常の疑問に答える!

    松元一明, 中外医学社, 2020年05月

    担当範囲: バンコマイシンでも最近負荷投与が必要と聞きましたが、腎障害など大丈夫ですか?その意義についても教えてください.

  • 今日の治療薬2020

    松元一明, 南江堂, 2020年01月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Multivalent cation and polycation polymer preparations influence pharmacokinetics of dolutegravir via chelation-type drug interactions

    Enoki Y., Kishi N., Sakamoto K., Uchiyama E., Hayashi Y., Suzuki N., Ito M., Taguchi K., Yokoyama Y., Kizu J., Matsumoto K.

    Drug Metabolism and Pharmacokinetics (Drug Metabolism and Pharmacokinetics)  37   100371 2021年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  13474367

     概要を見る

    © 2020 The Japanese Society for the Study of Xenobiotics Dolutegravir (DTG) is an integrase inhibitor, whose gastrointestinal absorption is impaired by the formation of chelates with multivalent metal cation preparations. However, little is known regarding the interactions of DTG with preparations containing other multivalent metal cations or with polycation polymer preparations. This study examined how the pharmacokinetics of DTG are affected by co-administration with Al(OH)3, LaCO3, and the polycation polymers bixalomer (Bxl) and sevelamer (Svl). Prior to oral administration of DTG (5 mg/kg), rats were orally administered Al(OH)3 (150 or 300 mg/kg), LaCO3 (50 or 75 mg/kg), Bxl (250 or 500 mg/kg), or Svl (300 or 600 mg/kg). Serum concentrations of DTG were then measured over the next 24 h. Compared to the administration of DTG alone, its co-administration with Al(OH)3, LaCO3, Bxl, and Svl led to reduced serum concentration of DTG, and consequently, a significantly reduced area under the curve. These comparisons also revealed a considerable reduction in the maximum concentration, suggesting that the interactions of these agents with DTG in the intestinal tract inhibit absorption of DTG. The above results demonstrate that Al(OH)3, LaCO3, Bxl, and Svl affect the pharmacokinetics of DTG and indicate the need for caution when combining any of the above preparations with DTG.

  • Performance of Area under the Concentration-Time Curve Estimations of Vancomycin with Limited Sampling by a Newly Developed Web Application.

    Oda K, Hashiguchi Y, Kimura T, Tsuji Y, Shoji K, Takahashi Y, Matsumoto K, Kawamura H, Saito H, Takesue Y

    Pharmaceutical research 2021年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0724-8741

  • Optimal trough concentration of teicoplanin for the treatment of methicillin-resistant Staphylococcus aureus infection: A systematic review and meta-analysis.

    Hanai Y, Takahashi Y, Niwa T, Mayumi T, Hamada Y, Kimura T, Matsumoto K, Fujii S, Takesue Y

    Journal of clinical pharmacy and therapeutics (Journal of Clinical Pharmacy and Therapeutics)  2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0269-4727

     概要を見る

    © 2021 John Wiley & Sons Ltd What is known and objective: It has been recommended that the trough concentration (Cmin) of teicoplanin should be maintained at ≥20 μg/ml for difficult-to-treat complicated infections caused by methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA). Conversely, Cmin of teicoplanin of at least 10 μg/ml is required for non-complicated MRSA infections. Considering the low incidence of nephrotoxicity for teicoplanin, Cmin = 15–30 μg/ml has been suggested for most MRSA infections. Thus, we assessed the clinical efficacy and adverse effects of teicoplanin at this target Cmin. Methods: We searched electronic databases (PubMed, Cochrane Central Register of Controlled Trials and Ichushi-Web) to identify eligible studies. Studies were included if they provided the incidence of treatment success, mortality in patients with MRSA infection, and/or hepatotoxicity and nephrotoxicity according to the Cmin range. Results and discussion: Four trials assessing clinical success (n = 299) and three studies assessing adverse effects (n = 546) were included. Cmin = 15–30 μg/ml significantly increased the probability of treatment success compared with Cmin < 15 μg/ml (odds ratio [OR] = 2.68, 95% confidence interval [CI] = 1.14–6.32, p = 0.02). The all-cause mortality rate did not differ between the groups (OR = 0.46, 95% CI = 0.13–1.61, p = 0.22). Cmin = 15–30 μg/ml did not increase the risks of nephrotoxicity (OR = 0.91, 95% CI = 0.49–1.69, p = 0.76) or hepatotoxicity (OR = 0.67, 95% CI = 0.18–2.44, p = 0.54). What is new and conclusion: Teicoplanin therapy using a Cmin target of 15–30 μg/ml is likely to be associated with better clinical responses than Cmin < 15 μg/ml without increasing the risk of adverse effects.

  • The optimal trough-guided monitoring of vancomycin in children: Systematic review and meta-analyses.

    Moriyama H, Tsutsuura M, Kojima N, Mizukami Y, Tashiro S, Osa S, Enoki Y, Taguchi K, Oda K, Fujii S, Takahashi Y, Hamada Y, Kimura T, Takesue Y, Matsumoto K

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy (Journal of Infection and Chemotherapy)  27 ( 5 ) 781 - 785 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1341-321X

     概要を見る

    © 2021 Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases We carried out a systematic review and meta-analysis exploring the relationship between vancomycin (VCM) trough concentrations and its effectiveness and nephrotoxicity in pediatric patients. We conducted our analysis using MEDLINE, Web of Sciences, and Cochrane Register of Controlled Trials as electronic databases (June 29, 2019). Odds ratios (ORs) and 95% confidence intervals (CIs) were calculated. We identified 16 studies that were eligible for the meta-analysis. A total of 351 and 3,266 patients were included in the analysis for effectiveness and nephrotoxicity, respectively. Pediatric MRSA infection patients with VCM trough concentrations ≥ 10 μg/mL had significantly lower treatment failure rates (OR 0.54, 95% CI 0.30–0.96). The incidence of nephrotoxicity was significantly higher in trough concentrations ≥ 15 μg/mL than when they were < 15 μg/mL (OR 3.02, 95% CI 2.08–4.38). We identified the optimal VCM trough concentrations associated with effectiveness and nephrotoxicity in pediatric patients with MRSA infection. Further prospective studies are needed to find optimal dosing and monitoring strategy on VCM in pediatric population.

  • The monitoring of vancomycin: a systematic review and meta-analyses of area under the concentration-time curve-guided dosing and trough-guided dosing.

    Tsutsuura M, Moriyama H, Kojima N, Mizukami Y, Tashiro S, Osa S, Enoki Y, Taguchi K, Oda K, Fujii S, Takahashi Y, Hamada Y, Kimura T, Takesue Y, Matsumoto K

    BMC infectious diseases (BMC Infectious Diseases)  21 ( 1 ) 153 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    © 2021, The Author(s). Background: This systematic review and meta-analysis explored the relationship between vancomycin (VCM) monitoring strategies and VCM effectiveness and safety. Methods: We conducted our analysis using the MEDLINE, Web of Sciences, and Cochrane Register of Controlled Trials electronic databases searched on August 9, 2020. We calculated odds ratios (ORs) and 95% confidence intervals (CIs). Results: Adult patients with methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) bacteraemia with VCM trough concentrations ≥15 μg/mL had significantly lower treatment failure rates (OR 0.63, 95% CI 0.47–0.85). The incidence of acute kidney injury (AKI) increased with increased trough concentrations and was significantly higher for trough concentrations ≥20 μg/mL compared to those at 15–20 μg/mL (OR 2.39, 95% CI 1.78–3.20). Analysis of the target area under the curve/minimum inhibitory concentration ratios (AUC/MIC) showed significantly lower treatment failure rates for high AUC/MIC (cut-off 400 ± 15%) (OR 0.28, 95% CI 0.18–0.45). The safety analysis revealed that high AUC value (cut-off 600 ± 15%) significantly increased the risk of AKI (OR 2.10, 95% CI 1.13–3.89). Our meta-analysis of differences in monitoring strategies included four studies. The incidence of AKI tended to be lower in AUC-guided monitoring than in trough-guided monitoring (OR 0.54, 95% CI 0.28–1.01); however, it was not significant in the analysis of mortality. Conclusions: We identified VCM trough concentrations and AUC values that correlated with effectiveness and safety. Furthermore, compared to trough-guided monitoring, AUC-guided monitoring showed potential for decreasing nephrotoxicity.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【肝障害時の薬物療法 肝機能を考慮したマネジメントの基礎と実践】肝障害を合併する患者の薬物療法マネジメント 真菌症×肝障害

    松元 一明

    薬局 ((株)南山堂)  71 ( 13 ) 3634 - 3638 2020年12月

    ISSN  0044-0035

     概要を見る

    <Key Points>◎抗真菌薬は(ホス)フルコナゾールとフルシトシン以外は肝代謝性である。◎イトラコナゾールは重篤な肝疾患の現症、既往歴のある患者に対して投与禁忌である。◎ボリコナゾールは肝障害を回避するためにTDMを実施する。◎カスポファンギンとボリコナゾールはChild-Pugh分類に従って用法・用量が決定される。(著者抄録)

  • 真菌症×肝障害

    松元 一明

    薬局 (南山堂)  71 ( 13 ) 3634 - 3638 2020年12月

    その他記事, 単著,  ISSN  0044-0035

     概要を見る

    <Key Points>◎抗真菌薬は(ホス)フルコナゾールとフルシトシン以外は肝代謝性である。◎イトラコナゾールは重篤な肝疾患の現症、既往歴のある患者に対して投与禁忌である。◎ボリコナゾールは肝障害を回避するためにTDMを実施する。◎カスポファンギンとボリコナゾールはChild-Pugh分類に従って用法・用量が決定される。(著者抄録)

  • 抗菌化学療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師としての矜持 新たな薬物療法の創生

    松元 一明

    薬事新報 ((株)薬事新報社)   ( 3170 ) 7 - 11 2020年10月

    その他記事, 単著,  ISSN  0289-3290

  • 【薬物動態・薬物相互作用・薬物アレルギーから最適化 スペシャル・ポピュレーションの抗菌薬投与設計】(第3章)特殊病態の患者 四肢切断患者

    榎木 裕紀, 松元 一明

    薬事 ((株)じほう)  62 ( 10 ) 2080 - 2087 2020年07月

    その他記事, 共著,  ISSN  0016-5980

     概要を見る

    <Key Points>・四肢切断患者では骨格筋組織の喪失により、血清クレアチニンを指標とした腎機能予測は腎機能を過大評価する恐れがあり不適切である。そのため血清シスタチンCに基づいた腎機能予測が有用である。・血清シスタチンCに基づいた腎機能推算式は、日本腎臓学会の提唱する推定腎糸球体濾過量推算式が日本人患者の腎機能予測に有用である。・四肢切断後の患者において、腎障害は予後不良因子となるため、腎障害を誘発する薬物の投与に当たっては十分な腎機能モニタリングが必要である。・過量投与による腎障害を回避するためには、四肢切断後の実測体重、体表面積補正を用いることが望ましいが、過少投与を避けるための最適な投与方法については今後検証が必要である。(著者抄録)

  • 創薬におけるタンパク質の魅力 ヘモグロビンの生理活性ガス運搬能を利用した創薬戦略

    田口 和明, 松元 一明, 丸山 徹, 小田切 優樹

    薬学雑誌 ((公社)日本薬学会)  140 ( 2 ) 141 - 146 2020年02月

    ISSN  0031-6903

     概要を見る

    ヘモグロビンは酸素運搬の役割を担うほか、一酸化炭素(CO)の内因性のリザーバーでありキャリアとしての役割も担っている。近年、COを医療ガスとして疾患の予防や治療に臨床応用するために、CO供与体の開発が行われている。筆者らが明らかにしたCO結合型赤血球およびCO結合型ヘモグロビン小胞体のCO供与体としての有用性と、ヘモグロビンを基盤とした生理活性ガスの創薬戦略について概説した。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 老年薬学会合同シンポジウム:薬物療法と性差「感染症と性差」

    松元一明

    第14回日本性差医学・医療学会学術集会 (東京都) , 2021年02月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • スイーツセミナー6:抗菌薬TDMガイドラインにおけるバンコマイシンの改訂のポイント

    松元一明

    第42回日本病院薬剤師会近畿学術大会 (大阪府) , 2021年01月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 腎機能障害を伴う高齢者におけるダプトマイシンのクリアランスと各種腎機能評価法に関する検討.

    佐村優、高田啓介、山本理紗子、伊藤勇人、南雲史雄、内田仁樹、倉田武徳、腰岡桜、榎木裕紀、田口和明、谷川浩司、松元一明.

    第14回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会2020 (徳島県) , 2020年12月, 口頭(一般)

  • 横浜総合病院における薬剤師主導の抗真菌薬適正使用支援の成果に関する検討.

    廣瀬直樹、佐村優、倉田武徳、石井淳一、南雲史雄、高田啓介、腰岡桜、内田仁樹、井上純樹、谷川浩司、國島広之、松元一明.

    真菌症フォーラム2020学術集会 (東京都) , 2020年11月, 口頭(一般)

  • 造血器腫瘍患者におけるフルコナゾールの母集団薬物動態解析および200mg/日予防投与での治療効果予測.

    坂本靖宜、磯野ひかる、榎木裕紀、田口和明、萩原真紀、松本憲二、小池博文、中島秀明、佐橋幸子、松元一明.

    真菌症フォーラム2020学術集会 (東京都) , 2020年11月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Hollow-Fiber Infection Modelを応用した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対する治療薬の開発促進に向けた評価法・検証法の構築に資する基盤研究

    2021年01月
    -
    2023年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業, 舘田 一博, 松元 一明, 共同研究契約,  分担

  • OP0595の臨床有効性評価

    2019年07月
    -
    2021年07月

    Meiji Seikaファルマ株式会社, 松元 一明, 受託研究,  代表

  • 新規迅速診断遺伝子診断法ならびに非臨床PK/PD理論を活用した新規β-ラクタマーゼ阻害薬(OP0595)の単味製剤の研究開発

    2019年04月
    -
    2023年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 医療研究開発革新基盤創生事業, 小林 大吉郎, 松元 一明, 共同研究契約,  分担

  • ヘモグロビン内封リポソームを用いたシアン化物中毒解毒剤の開発

    2019年04月
    -
    2021年03月

    橋渡し研究戦略的推進プログラム シーズA, 田口 和明, 松元 一明, その他,  分担

  • 耐性菌感染症の克服を目指した抗菌薬個別最適化投与法の構築

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 松元 一明, 基盤研究(C), 補助金,  代表

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • メトヘモグロビン小胞体を有効成分として含む医薬およびその使用

    特願: 特願2020-144044  2020年08月 

    特許, 共同, 国内出願

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第3回フレッシャーズ・カンファランス優秀演題発表賞

    佐村優、山本理紗子、伊藤勇人、髙田啓介、倉田武徳、南雲史雄、内田仁樹、榎木裕紀、田口和明、関根寿一、松元一明, 2019年06月, ダプトマイシンの腎障害患者における母集団薬物動態解析と最適投与法に関する検討

    受賞国: 日本

  • 第62回日本薬学会関東支部大会優秀ポスター発表賞

    田代渉、五十嵐裕貴、榎木裕紀、田口和明、松元一明, 2018年09月, Clostridium difficile感染症治療におけるバンコマイシンとメトロニダゾールのメタ解析

    受賞国: 日本

  • 第12回炭山賞(日本外科感染症学会雑誌最優秀論文賞)

    茂見茜里、松元一明、渡辺英里香、猪川和朗、金澤直子、横山雄太、梅﨑雄太、池田龍二、森川則文、武田泰生, 2017年11月, CYP2C19遺伝子多型と代謝物濃度をふまえたTDMによるボリコナゾール投与量適正化が有用であった2例

    受賞国: 日本

  • MRSAフォーラム2016優秀ポスター賞

    川村英樹、茂見茜里、松元一明、古城剛、折田美千代、中川彩、徳田浩一、永野聡、小宮節郎、西順一郎, 2016年07月, 整形外科清潔手術における非保菌者のMRSA手術部位感染発症リスクの検討

    受賞国: 日本

  • MRSAフォーラム2015優秀ポスター賞

    川村英樹, 茂見茜里, 折田美千代, 中川彩, 松元一明, 小宮節郎, 徳田浩一, 西順一郎, 2015年07月, 積極的監視培養と手指衛生・接触予防策・術後感染予防抗菌薬適正使用遵守を中心とした整形外科領域MRSA手術部位感染対策の効果

    受賞国: 日本

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(薬効解析学)

    2021年度

  • 演習(薬効解析学)

    2021年度

  • 先端医科学研究

    2021年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2021年度

  • 実務実習事前学習4

    2021年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医真菌学会, 

    2019年02月
    -
    継続中
  • 日本DDS学会, 

    2018年05月
    -
    継続中
  • 日本臨床微生物学会, 

    2018年03月
    -
    継続中
  • 日本老年薬学会 理事・評議員, 

    2016年04月
    -
    継続中
  • 日本薬剤学会, 

    2015年12月
    -
    継続中

全件表示 >>