松元 一明 (マツモト カズアキ)

Matsumoto, Kazuaki

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 薬効解析学講座 (芝共立)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 薬剤部, 医療職員

  • 2007年04月
    -
    2014年03月

    鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 薬剤部, 主任

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学薬学部, 実務薬学講座, 准教授

  • 2017年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学薬学部, 薬効解析学講座, 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    熊本大学, 薬学部, 薬学科

    日本, 大学, 卒業

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

    熊本大学, 薬学研究科

    日本, 大学院, 修了, 博士前期

  • 2000年04月
    -
    2003年03月

    熊本大学, 薬学研究科

    日本, 大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 熊本大学, 課程, 2003年03月

    α1-酸性糖蛋白質の生理作用と動態特性に関する研究

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許証, 1998年07月

  • 日本薬剤師研修センター認定薬剤師, 2006年03月

  • 日本医療薬学会認定薬剤師, 2009年01月

  • インフェクションコントロールドクター, 2009年01月

  • 感染制御専門薬剤師, 2009年03月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Drug Delivery System

  • 抗菌化学療法

  • 高齢者医療

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 医薬品の薬効評価と副作用解析に基づいた至適投与方法に関する研究, 

    2014年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 今日の治療指針2021

    松元一明, 医学書院, 2021年01月

    担当範囲: 市中肺炎/急性中耳炎 服薬指導・薬剤情報

  • 今日の治療薬2021

    松元一明, 南江堂, 2021年01月

  • 小児感染症治療ハンドブック2020-2021

    松元一明, 診断と治療社, 2020年12月

    担当範囲: 小児科領域でTDMの対象となる薬剤/PK/PD

  • AST虎の巻 日常の疑問に答える!

    松元一明, 中外医学社, 2020年05月

    担当範囲: バンコマイシンでも最近負荷投与が必要と聞きましたが、腎障害など大丈夫ですか?その意義についても教えてください.

  • 今日の治療薬2020

    松元一明, 南江堂, 2020年01月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Liposome-encapsulated methemoglobin as an antidote against cyanide poisoning.

    Suzuki Y, Taguchi K, Kure T, Sakai H, Enoki Y, Otagiri M, Matsumoto K

    Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society 337   59 - 70 2021年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0168-3659

  • Population Pharmacokinetic Analysis and Dosing Optimization Based on Unbound Daptomycin Concentration and Cystatin C in Nonobese Elderly Patients with Hypoalbuminemia and Chronic Kidney Disease.

    Samura M, Takada K, Yamamoto R, Ito H, Nagumo F, Uchida M, Kurata T, Koshioka S, Enoki Y, Taguchi K, Higashita R, Kunika N, Tanikawa K, Matsumoto K

    Pharmaceutical research (Pharmaceutical Research)  38 ( 6 ) 1041 - 1055 2021年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0724-8741

     概要を見る

    Purpose: This study evaluated the population pharmacokinetics of daptomycin in nonobese elderly patients with hypoalbuminemia and chronic kidney disease (CKD) using the glomerular filtration rate estimated from cystatin C (eGFRcys) and estimated its optimal dose. Methods: We performed population pharmacokinetic analysis of the unbound concentrations of daptomycin. The probability of target attainment of 90% for achieving an area under the concentration–time curve of unbound daptomycin at steady state/ minimum inhibitory concentration ratio of ≥66.6 was stochastically simulated. Results: In the population pharmacokinetic analysis of 25 patients aged ≥65 years, the two-compartment model using eGFRcys and age as covariates of clearance in central compartment of unbound daptomycin were optimal. The unbound fraction rate (fu) was 0.05–0.14. According to the Monte Carlo simulation, the optimal doses for patients with eGFRcys of 20–60 mL/min and aged 65–95 years were calculated as 200–500 mg q24h. Conclusion: These results suggest that establishing the dose using total concentrations may result in under- or overestimation caused by alterations in fu. The optimal dose for nonobese elderly patients with hypoalbuminemia and CKD depends on eGFRcys and age, and a standard dose may be insufficient for some patients.

  • Retrospective study of the efficacy and safety of metronidazole and vancomycin for Clostridioides difficile infection.

    Misawa K, Iketani O, Enoki Y, Taguchi K, Uno S, Uwamino Y, Hasegawa N, Matsumoto K

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy (Journal of Infection and Chemotherapy)  2021年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1341-321X

     概要を見る

    Introduction: According to the Japanese guidelines for the management of Clostridioides difficile infection (CDI), the first choice is metronidazole (MNZ) for non-severe cases and vancomycin (VCM) for severe cases. However, the appropriateness of this first choice in Japanese patients is unclear. We therefore evaluated the appropriateness of the CDI management guidelines and the incidence of adverse drug reactions. Methods: The electronic chart data at Keio University Hospital between January 2012 and June 2019 were retrospectively reviewed. The response rate, the relapse rate, and the adverse reaction rate of treatment for CDI using MNZ or VCM were investigated according to the disease severity. Factorial analysis associated with the response, relapse, and adverse reaction was also performed. Results: In the 352 patients surveyed, no significant difference was observed in the response rate between MNZ and VCM regardless of the severity of CDI. The presence of cancer was a factor related to the persistence of diarrheal symptoms and older age was a risk factor for relapse. MNZ induced nausea significantly more frequently than VCM, and young age and female sex were risk factors for nausea. Conclusion: As no significant difference was observed in the response rate of CDI between MNZ and VCM, the Japanese CDI management guidelines, which recommend MNZ as the first choice, were demonstrated to be appropriate. Attention to nausea was also suggested to be necessary when administering MNZ to young females.

  • 健康セミナー参加者におけるセルフメディケーション税制に関する実態調査と税制改定に向けた課題の抽出

    田口 和明, 榎木 裕紀, 有賀 聡美, 榊原 幹夫, 堀 里子, 山浦 克典, 松元 一明

    医療薬学 ((一社)日本医療薬学会)  47 ( 5 ) 256 - 263 2021年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1346-342X

  • Favorable Effects of Voriconazole Trough Concentrations Exceeding 1 μg/mL on Treatment Success and All-Cause Mortality: A Systematic Review and Meta-Analysis.

    Hanai Y, Hamada Y, Kimura T, Matsumoto K, Takahashi Y, Fujii S, Nishizawa K, Miyazaki Y, Takesue Y

    Journal of fungi (Basel, Switzerland) (Journal of Fungi)  7 ( 4 )  2021年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    This systematic review and meta-analysis examined the optimal trough concentration of voriconazole for adult patients with invasive fungal infections. We used stepwise cutoffs of 0.5–2.0 µg/mL for efficacy and 3.0–6.0 µg/mL for safety. Studies were included if they reported the rates of all-cause mortality and/or treatment success, hepatotoxicity, and nephrotoxicity according to the trough concentration. Twenty-five studies involving 2554 patients were included. The probability of mortality was significantly decreased using a cutoff of ≥1.0 µg/mL (odds ratio (OR) = 0.34, 95% confidence interval (CI) = 0.15–0.80). Cutoffs of 0.5 (OR = 3.48, 95% CI = 1.45–8.34) and 1.0 µg/mL (OR = 3.35, 95% CI = 1.52–7.38) also increased the treatment success rate. Concerning safety, significantly higher risks of hepatotoxicity and neurotoxicity were demonstrated at higher concentrations for all cutoffs, and the highest ORs were recorded at 4.0 µg/mL (OR = 7.39, 95% CI = 3.81–14.36; OR = 5.76, 95% CI 3.14–10.57, respectively). Although further high-quality trials are needed, our findings suggest that the proper trough concentration for increasing clinical success while minimizing toxicity is 1.0–4.0 µg/mL for adult patients receiving voriconazole therapy.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【肺炎をめぐるトピックス:基礎から臨床まで】バンコマイシンをめぐるPK/PD理論の新展開.

    松元 一明

    呼吸器内科 ((有)科学評論社)  39 ( 6 ) 544 - 548 2021年06月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著,  ISSN  1884-2887

  • 【肝障害時の薬物療法 肝機能を考慮したマネジメントの基礎と実践】肝障害を合併する患者の薬物療法マネジメント 真菌症×肝障害

    松元 一明

    薬局 ((株)南山堂)  71 ( 13 ) 3634 - 3638 2020年12月

    ISSN  0044-0035

     概要を見る

    <Key Points>◎抗真菌薬は(ホス)フルコナゾールとフルシトシン以外は肝代謝性である。◎イトラコナゾールは重篤な肝疾患の現症、既往歴のある患者に対して投与禁忌である。◎ボリコナゾールは肝障害を回避するためにTDMを実施する。◎カスポファンギンとボリコナゾールはChild-Pugh分類に従って用法・用量が決定される。(著者抄録)

  • 抗菌化学療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師としての矜持 新たな薬物療法の創生

    松元 一明

    薬事新報 ((株)薬事新報社)   ( 3170 ) 7 - 11 2020年10月

    その他記事, 単著,  ISSN  0289-3290

  • 【薬物動態・薬物相互作用・薬物アレルギーから最適化 スペシャル・ポピュレーションの抗菌薬投与設計】(第3章)特殊病態の患者 四肢切断患者

    榎木 裕紀, 松元 一明

    薬事 ((株)じほう)  62 ( 10 ) 2080 - 2087 2020年07月

    その他記事, 共著,  ISSN  0016-5980

     概要を見る

    <Key Points>・四肢切断患者では骨格筋組織の喪失により、血清クレアチニンを指標とした腎機能予測は腎機能を過大評価する恐れがあり不適切である。そのため血清シスタチンCに基づいた腎機能予測が有用である。・血清シスタチンCに基づいた腎機能推算式は、日本腎臓学会の提唱する推定腎糸球体濾過量推算式が日本人患者の腎機能予測に有用である。・四肢切断後の患者において、腎障害は予後不良因子となるため、腎障害を誘発する薬物の投与に当たっては十分な腎機能モニタリングが必要である。・過量投与による腎障害を回避するためには、四肢切断後の実測体重、体表面積補正を用いることが望ましいが、過少投与を避けるための最適な投与方法については今後検証が必要である。(著者抄録)

  • 創薬におけるタンパク質の魅力 ヘモグロビンの生理活性ガス運搬能を利用した創薬戦略

    田口 和明, 松元 一明, 丸山 徹, 小田切 優樹

    薬学雑誌 ((公社)日本薬学会)  140 ( 2 ) 141 - 146 2020年02月

    ISSN  0031-6903

     概要を見る

    ヘモグロビンは酸素運搬の役割を担うほか、一酸化炭素(CO)の内因性のリザーバーでありキャリアとしての役割も担っている。近年、COを医療ガスとして疾患の予防や治療に臨床応用するために、CO供与体の開発が行われている。筆者らが明らかにしたCO結合型赤血球およびCO結合型ヘモグロビン小胞体のCO供与体としての有用性と、ヘモグロビンを基盤とした生理活性ガスの創薬戦略について概説した。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 小児におけるバンコマイシントラフ値の有用性に関するsystematic review、メタ解析.

    水上雄貴、森山大夢、筒浦萌子、小島菜奈、田代渉、長邑花、榎木裕紀、田口和明、竹末芳生、松元一明.

    MRSAフォーラム2020 (大阪府) , 2021年07月, 口頭(一般)

  • 教育講演2:抗菌薬TDMガイドライン-バンコマイシンを中心に-

    松元一明.

    MRSAフォーラム2020 (大阪府) , 2021年07月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 低アルブミン血症を伴う高齢の慢性腎臓病患者におけるダプトマイシンの蛋白非結合型濃度を用いた母集団薬物動態解析と最適投与法の検討.

    佐村優、髙田啓介、山本理紗子、伊藤勇人、南雲史雄、内田仁樹、倉田武徳、腰岡桜、榎木裕紀、田口和明、谷川浩司、松元一明.

    MRSAフォーラム2020 (大阪府) , 2021年07月, 口頭(一般)

  • 好中球減少マウス大腿部MRSA感染モデル用いたテジゾリドのPK/PD評価.

    劉小茜、五十嵐裕貴、竹村渉、田代渉、榎木裕紀、田口和明、横山雄太、中村智徳、松元一明.

    MRSAフォーラム2020 (大阪府) , 2021年07月, 口頭(一般)

  • バンコマイシンの有効性、安全性に関係するAUCとトラフ目標値、及びAUC ガイドとトラフガイドの比較に関するsystematic review、メタ解析.

    小島菜奈、筒浦萌子、森山大夢、水上雄貴、田代渉、長邑花、榎木裕紀、田口和明、竹末芳生、松元一明.

    MRSAフォーラム2020 (大阪府) , 2021年07月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Hollow-Fiber Infection Modelを応用した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対する治療薬の開発促進に向けた評価法・検証法の構築に資する基盤研究

    2021年01月
    -
    2023年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業, 舘田 一博, 松元 一明, 共同研究契約,  分担

  • OP0595の臨床有効性評価

    2019年07月
    -
    2021年07月

    Meiji Seikaファルマ株式会社, 松元 一明, 受託研究,  代表

  • 新規迅速診断遺伝子診断法ならびに非臨床PK/PD理論を活用した新規β-ラクタマーゼ阻害薬(OP0595)の単味製剤の研究開発

    2019年04月
    -
    2023年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 医療研究開発革新基盤創生事業, 小林 大吉郎, 松元 一明, 共同研究契約,  分担

  • ヘモグロビン内封リポソームを用いたシアン化物中毒解毒剤の開発

    2019年04月
    -
    2021年03月

    橋渡し研究戦略的推進プログラム シーズA, 田口 和明, 松元 一明, その他,  分担

  • 耐性菌感染症の克服を目指した抗菌薬個別最適化投与法の構築

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 松元 一明, 基盤研究(C), 補助金,  代表

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • メトヘモグロビン小胞体を有効成分として含む医薬およびその使用

    特願: 特願2020-144044  2020年08月 

    特許, 共同, 国内出願

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2020 Top Reviewer Award for Biological and Pharmaceutical Bulletin (BPB)

    松元一明, 2021年05月

    受賞国: 日本

  • 日本薬学会第141年会 口頭発表の部 学生優秀発表賞

    永井智也、榎木裕紀、中村秀明、田口和明、松元一明, 2021年03月, 慢性腎臓病誘発サルコペニアに対するapelinの有用性評価

    受賞国: 日本

  • 真菌症フォーラム2020学術集会奨励賞

    榎木裕紀、長邑花、田代渉、五十嵐裕貴、渡部佑樹、劉小茜、田口和明、松元一明, 2020年11月, カンジダ血症におけるカテーテル抜去の有用性に関する検討:ランダム化比較試験のサブグループ解析に基づく検証.

    受賞国: 日本

  • 真菌症フォーラム2020学術集会優秀賞

    廣瀬直樹、佐村優、倉田武徳、石井淳一、南雲史雄、高田啓介、腰岡桜、内田仁樹、井上純樹、谷川浩司、國島広之、松元一明, 2020年11月, 横浜総合病院における薬剤師主導の抗真菌薬適正使用支援の成果に関する検討.

    受賞国: 日本

  • 第3回フレッシャーズ・カンファランス優秀演題発表賞

    佐村優、山本理紗子、伊藤勇人、髙田啓介、倉田武徳、南雲史雄、内田仁樹、榎木裕紀、田口和明、関根寿一、松元一明, 2019年06月, ダプトマイシンの腎障害患者における母集団薬物動態解析と最適投与法に関する検討

    受賞国: 日本

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(薬効解析学)

    2021年度

  • 演習(薬効解析学)

    2021年度

  • 先端医科学研究

    2021年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2021年度

  • 実務実習事前学習4

    2021年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医真菌学会, 

    2019年02月
    -
    継続中
  • 日本DDS学会, 

    2018年05月
    -
    継続中
  • 日本臨床微生物学会, 

    2018年03月
    -
    継続中
  • 日本老年薬学会 理事・評議員, 

    2016年04月
    -
    継続中
  • 日本薬剤学会, 

    2015年12月
    -
    継続中

全件表示 >>