松元 一明 (マツモト カズアキ)

Matsumoto, Kazuaki

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 薬効解析学講座 (芝共立)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 薬剤部, 医療職員

  • 2007年04月
    -
    2014年03月

    鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 薬剤部, 主任

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学薬学部, 実務薬学講座, 准教授

  • 2017年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学薬学部, 薬効解析学講座, 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    熊本大学, 薬学部, 薬学科

    日本, 大学, 卒業

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

    熊本大学, 薬学研究科

    日本, 大学院, 修了, 博士前期

  • 2000年04月
    -
    2003年03月

    熊本大学, 薬学研究科

    日本, 大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 熊本大学, 課程, 2003年03月

    α1-酸性糖蛋白質の生理作用と動態特性に関する研究

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許証, 1998年07月

  • 日本薬剤師研修センター認定薬剤師, 2006年03月

  • 日本医療薬学会認定薬剤師, 2009年01月

  • インフェクションコントロールドクター, 2009年01月

  • 感染制御専門薬剤師, 2009年03月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Drug Delivery System

  • 抗菌化学療法

  • 高齢者医療

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 医薬品の薬効評価と副作用解析に基づいた至適投与方法に関する研究, 

    2014年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 今日の治療薬2020

    松元一明, 南江堂, 2020年01月

  • 今日の治療指針2020

    松元一明, 医学書院, 2020年01月

    担当範囲: 市中肺炎/急性中耳炎 服薬指導・薬剤情報

  • 看護学テキストNiCE 病態・治療論 [10] 感染症/アレルギー/膠原病

    松元一明, 南江堂, 2019年07月

    担当範囲: 第Ⅱ章感染症の診断・治療 4抗菌薬治療の基本.

  • ベーシック薬学教科書シリーズ 薬物治療学(第2版)

    松元一明, 化学同人, 2019年04月

    担当範囲: 第13章感染症と薬物治療.

  • Common Diseaseの病態生理と薬物治療

    松元一明, オーム社, 2019年03月

    担当範囲: 第16章感染症 薬物治療.

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Pharmacokinetics/Pharmacodynamics Evaluation of Flomoxef against Extended-Spectrum Beta-Lactamase-Producing Escherichia coli In Vitro and In Vivo in a Murine Thigh Infection Model.

    Tashiro S, Hayashi M, Takemura W, Igarashi Y, Liu X, Mizukami Y, Kojima N, Enoki Y, Taguchi K, Yokoyama Y, Nakamura T, Matsumoto K

    Pharmaceutical research (Pharmaceutical Research)  2021年01月

    ISSN  0724-8741

     概要を見る

    © 2021, The Author(s), under exclusive licence to Springer Science+Business Media, LLC part of Springer Nature. Purpose: Although flomoxef (FMOX) has attracted substantial attention as an antibiotic against extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli (ESBL-producing E. coli), the pharmacokinetics/pharmacodynamics (PK/PD) characteristics of FMOX against ESBL-producing E. coli is unclear. The aim of this study was to determine the PK/PD index of FMOX against ESBL-producing E. coli. Methods: In vitro time-kill curve studies and in vivo PK/PD experiments were carried out. Results: Time–kill curves exhibited a unique bactericidal activity: time-dependent activity at low concentrations and concentration-dependent activity at high concentrations. In neutropenic murine thigh infection experiments, the antibacterial activity of FMOX correlated with the time that the free drug concentration remaining above the minimum inhibitory concentration (MIC) (fT>MIC) and the ratio of the area under the free drug concentration–time curve for a 24 h period to the MIC (fAUC24/MIC). However, the burden of ESBL producing E. coli significantly reduced when the time intervals for administration were shorter among three dosage regimens with same magnitude of fAUC24/MIC, indicating that fT>MIC is significant PK/PD index. The target value of fT>MIC for 1 log10 kill reduction was 35.1%. Conclusions: fT>MIC is the most significant PK/PD index of FMOX against ESBL-producing E. coli and its target value is ≥ 40%.

  • Use of an alternative signature peptide during development of a LC-MS/MS assay of plasma nivolumab levels applicable for multiple species

    Ohuchi M., Yagishita S., Taguchi K., Goto Y., Fukahori M., Enoki Y., Shimada T., Yamaguchi M., Matsumoto K., Hamada A.

    Journal of Chromatography B: Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences (Journal of Chromatography B: Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences)  1162   122489 2021年01月

    ISSN  15700232

     概要を見る

    © 2020 Elsevier B.V. Recently, immune checkpoint inhibitors, including anti-programmed cell death protein 1 (PD-1) antibodies, have dramatically changed treatment strategies for several cancers. In pharmacokinetic/pharmacodynamic studies, experiments using a variety of animal species are assumed. We have identified optimal multiple reaction monitoring transitions for signature candidate peptides of nivolumab in human, mouse, and rat plasma and developed a liquid chromatography-tandem mass spectrometry (LC-MS/MS) method to quantify nivolumab (an anti-PD-1 antibody) using trastuzumab as the internal standard. Calibration curves were linear in the range of 1–200 µg/mL. The intra- and inter-day precision and accuracy in human plasma fulfilled Food and Drug Administration guideline criteria for bioanalytical validation. There was no need to change the measurement method in mouse plasma. On the other hand, in rat plasma, an interference peak was observed at a retention time similar to that of the surrogate peptide ASGITFSNSGMHWVR (550.75 > 661.50) employed in human and mouse plasma. Therefore, we confirmed that ASQSVSSYLAWYQQKPGQAPR (785.0 > 940.2) can be used as an alternate nivolumab surrogate peptide in rat plasma at the same concentration range as used in human and mouse plasma. Using our method, the concentration range and a gradual increase in trough value were confirmed in clinical samples from two antibody-treated patients, including one with gastric cancer and one with non-small-cell lung cancer. The time course and blood concentration transition also were evaluated in nivolumab administration experiments in mouse and rat. The present study showed that the selection of the optimal peptide is essential for accurate LC-MS/MS measurement of nivolumab concentration in human, mouse, and rat plasma. The method developed here is expected to be of use in non-clinical and clinical pharmacokinetic studies.

  • Optimal trough concentration of voriconazole with therapeutic drug monitoring in children: A systematic review and meta-analysis.

    Hanai Y, Hamada Y, Kimura T, Matsumoto K, Takahashi Y, Fujii S, Nishizawa K, Takesue Y

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy (Journal of Infection and Chemotherapy)  2020年12月

    ISSN  1341-321X

     概要を見る

    © 2020 Objectives: This systematic review and meta-analysis was designed to determine the optimal trough concentration of voriconazole for children with invasive fungal infections (IFIs). Methods: We searched electronic databases (PubMed, Cochrane Central Register of Controlled Trials, ClinicalTrials.gov and Japana Centra Revuo Medicina) for clinical studies describing the voriconazole trough concentration. We used stepwise cut-off values of 1.0–2.0 mg/L for efficacy and 3.0–6.0 mg/L for safety. The efficacy outcomes were treatment success and all-cause mortality, and the safety outcomes were hepatotoxicity, neurotoxicity and all-cause adverse events. Results: Nine studies involving 211 patients were included in the analysis. The probability of treatment success against IFIs was significantly increased at cut-off values of ≥1.0 mg/L (odds ratio [OR] = 2.65, 95% confidence interval [CI] = 1.20–5.87). Our analysis did not find any relationship between the trough concentration and survival. Concerning safety, the occurrence of any outcomes did not significantly differ according to the voriconazole trough concentrations at any cut-off value. However, in a subgroup analysis of Asian study locations, a significantly higher risk of hepatotoxicity was demonstrated at voriconazole trough cut-off values ≥ 3.0 mg/L (OR = 8.40, 95% CI = 1.36–51.92). Although a significant correlation between the voriconazole concentration and hepatotoxicity was evident in regression curve analysis, (y = 0.1198e0.2298x), no correlation was demonstrated for neurotoxicity (y = 0.3913e−0.008x). Conclusion: Our findings suggest that the optimal trough concentration for increasing clinical success and minimizing hepatotoxicity during voriconazole therapy in children with IFIs, particularly for Asian populations, is 1.0–3.0 mg/L.

  • Rational dosage regimens for cephalothin and cefazolin using pharmacokinetics and pharmacodynamics analysis in healthy horses.

    Kuroda T, Minamijima Y, Niwa H, Tamura N, Mita H, Fukuda K, Kaimachi M, Suzuki Y, Enoki Y, Taguchi K, Matsumoto K, Toutain PL, Bousquet-Melou A, Kasashima Y

    Equine veterinary journal 2020年12月

    ISSN  0425-1644

  • Remdesivir for the treatment of coronavirus COVID-19: a meta-analysis of randomised controlled trials.

    Enoki Y, Igarashi Y, Watabe Y, Honma K, Suzuki Y, Hayashi Y, Hiraoka K, Taguchi K, Matsumoto K

    Journal of global antimicrobial resistance 24   81 - 82 2020年12月

    ISSN  2213-7165

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 腎機能障害を伴う高齢者におけるダプトマイシンのクリアランスと各種腎機能評価法に関する検討

    佐村 優, 高田 啓介, 山本 理紗子, 伊藤 勇人, 南雲 史雄, 内田 仁樹, 倉田 武徳, 腰岡 桜, 榎木 裕紀, 田口 和明, 谷川 浩司, 松元 一明

    日本腎臓病薬物療法学会誌 (日本腎臓病薬物療法学会)  9 ( 特別号 ) S135 - S135 2020年11月

    ISSN  2187-0411

  • 抗菌化学療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師としての矜持 新たな薬物療法の創生

    松元 一明

    薬事新報 ((株)薬事新報社)   ( 3170 ) 7 - 11 2020年10月

    ISSN  0289-3290

  • 非好中球減少患者のカンジダ血症におけるアゾール系薬とポリエン系薬の有効性及び安全性に関するsystematic review、メタ解析

    長 邑花, 田代 渉, 五十嵐 裕貴, 劉 小茜, 榎木 裕紀, 田口 和明, 真弓 俊彦, 竹末 芳生, 松元 一明, 渡部 佑樹

    日本化学療法学会雑誌 ((公社)日本化学療法学会)  68 ( Suppl.A ) 325 - 325 2020年09月

    ISSN  1340-7007

  • 在宅医療における感染症予防と治療

    松元 一明

    日本在宅薬学会学術大会プログラム・講演抄録集 ((一社)日本在宅薬学会)  13回   34 - 34 2020年09月

  • 侵襲性カンジダ症治療ガイドライン改訂 非好中球減少患者におけるカンジダ菌血症の治療

    松元 一明

    日本化学療法学会雑誌 ((公社)日本化学療法学会)  68 ( Suppl.A ) 95 - 95 2020年09月

    ISSN  1340-7007

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 教育セミナー9:科学的根拠に基づいたMRSA感染症治療薬の使い方

    松元一明

    第69回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第67回日本化学療法学会東日本支部総会 (東京都) , 2020年10月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • シンポジウム1:侵襲性カンジダ症に対するマネジメントのための臨床実践ガイドライン、発表に向けて「カンジダ血症に対する抗真菌治療」

    松元一明

    第64回日本医真菌学会総会・学術大会 (東京都) , 2020年10月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • シンポジウム7:その抗菌薬を使いこなせれば治療の幅が広がる!(オキサセフェム、リファンピシン、ST合剤、テトラサイクリン)「オキサセフェム系抗菌薬」

    田代渉, 林茉里奈, 五十嵐裕貴, 劉小茜, 竹村渉, 榎木裕紀, 田口和明, 横山雄太, 中村智徳, 松元一明

    第68回日本化学療法学会総会 (兵庫県) , 2020年09月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • シンポジウム1:抗菌薬TDMガイドライン再改訂「バンコマイシン」

    松元一明

    第68回日本化学療法学会総会 (兵庫県) , 2020年09月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 日本医真菌学会合同シンポジウム:侵襲性カンジダ症治療ガイドライン改訂「非好中球減少患者におけるカンジダ菌血症の治療」

    松元一明

    第68回日本化学療法学会総会 (兵庫県) , 2020年09月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Hollow-Fiber Infection Modelを応用した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対する治療薬の開発促進に向けた評価法・検証法の構築に資する基盤研究

    2021年01月
    -
    2023年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業, 舘田 一博, 松元 一明, 共同研究契約,  分担

  • OP0595の臨床有効性評価

    2019年07月
    -
    2021年07月

    Meiji Seikaファルマ株式会社, 松元 一明, 受託研究,  代表

  • 新規迅速診断遺伝子診断法ならびに非臨床PK/PD理論を活用した新規β-ラクタマーゼ阻害薬(OP0595)の単味製剤の研究開発

    2019年04月
    -
    2023年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 医療研究開発革新基盤創生事業, 小林 大吉郎, 松元 一明, 共同研究契約,  分担

  • ヘモグロビン内封リポソームを用いたシアン化物中毒解毒剤の開発

    2019年04月
    -
    2021年03月

    橋渡し研究戦略的推進プログラム シーズA, 田口 和明, 松元 一明, その他,  分担

  • 耐性菌感染症の克服を目指した抗菌薬個別最適化投与法の構築

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 松元 一明, 基盤研究(C), 補助金,  代表

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • メトヘモグロビン小胞体を有効成分として含む医薬およびその使用

    特願: 特願2020-144044  2020年08月 

    特許, 共同, 国内出願

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第3回フレッシャーズ・カンファランス優秀演題発表賞

    佐村優、山本理紗子、伊藤勇人、髙田啓介、倉田武徳、南雲史雄、内田仁樹、榎木裕紀、田口和明、関根寿一、松元一明, 2019年06月, ダプトマイシンの腎障害患者における母集団薬物動態解析と最適投与法に関する検討

    受賞国: 日本

  • 第62回日本薬学会関東支部大会優秀ポスター発表賞

    田代渉、五十嵐裕貴、榎木裕紀、田口和明、松元一明, 2018年09月, Clostridium difficile感染症治療におけるバンコマイシンとメトロニダゾールのメタ解析

    受賞国: 日本

  • 第12回炭山賞(日本外科感染症学会雑誌最優秀論文賞)

    茂見茜里、松元一明、渡辺英里香、猪川和朗、金澤直子、横山雄太、梅﨑雄太、池田龍二、森川則文、武田泰生, 2017年11月, CYP2C19遺伝子多型と代謝物濃度をふまえたTDMによるボリコナゾール投与量適正化が有用であった2例

    受賞国: 日本

  • MRSAフォーラム2016優秀ポスター賞

    川村英樹、茂見茜里、松元一明、古城剛、折田美千代、中川彩、徳田浩一、永野聡、小宮節郎、西順一郎, 2016年07月, 整形外科清潔手術における非保菌者のMRSA手術部位感染発症リスクの検討

    受賞国: 日本

  • MRSAフォーラム2015優秀ポスター賞

    川村英樹, 茂見茜里, 折田美千代, 中川彩, 松元一明, 小宮節郎, 徳田浩一, 西順一郎, 2015年07月, 積極的監視培養と手指衛生・接触予防策・術後感染予防抗菌薬適正使用遵守を中心とした整形外科領域MRSA手術部位感染対策の効果

    受賞国: 日本

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 演習(薬効解析学)

    2020年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2020年度

  • 実務実習事前学習4

    2020年度

  • 実務実習事前学習3

    2020年度

  • 実務実習事前学習1

    2020年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医真菌学会, 

    2019年02月
    -
    継続中
  • 日本DDS学会, 

    2018年05月
    -
    継続中
  • 日本臨床微生物学会, 

    2018年03月
    -
    継続中
  • 日本老年薬学会 理事・評議員, 

    2016年04月
    -
    継続中
  • 日本薬剤学会, 

    2015年12月
    -
    継続中

全件表示 >>