松元 一明 (マツモト カズアキ)

Matsumoto, Kazuaki

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 薬効解析学講座 (芝共立)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 薬剤部, 医療職員

  • 2007年04月
    -
    2014年03月

    鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 薬剤部, 主任

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学薬学部, 実務薬学講座, 准教授

  • 2017年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学薬学部, 薬効解析学講座, 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    熊本大学, 薬学部, 薬学科

    日本, 大学, 卒業

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

    熊本大学, 薬学研究科

    日本, 大学院, 修了, 博士前期

  • 2000年04月
    -
    2003年03月

    熊本大学, 薬学研究科

    日本, 大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 熊本大学, 課程, 2003年03月

    α1-酸性糖蛋白質の生理作用と動態特性に関する研究

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許証, 1998年07月

  • 日本薬剤師研修センター認定薬剤師, 2006年03月

  • 日本医療薬学会認定薬剤師, 2009年01月

  • インフェクションコントロールドクター, 2009年01月

  • 感染制御専門薬剤師, 2009年03月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Drug Delivery System

  • 抗菌化学療法

  • 高齢者医療

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 医薬品の薬効評価と副作用解析に基づいた至適投与方法に関する研究, 

    2014年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 今日の治療薬2020

    松元一明, 南江堂, 2020年01月

  • 今日の治療指針2020

    松元一明, 医学書院, 2020年01月

    担当範囲: 市中肺炎/急性中耳炎 服薬指導・薬剤情報

  • 看護学テキストNiCE 病態・治療論 [10] 感染症/アレルギー/膠原病

    松元一明, 南江堂, 2019年07月

    担当範囲: 第Ⅱ章感染症の診断・治療 4抗菌薬治療の基本.

  • ベーシック薬学教科書シリーズ 薬物治療学(第2版)

    松元一明, 化学同人, 2019年04月

    担当範囲: 第13章感染症と薬物治療.

  • Common Diseaseの病態生理と薬物治療

    松元一明, オーム社, 2019年03月

    担当範囲: 第16章感染症 薬物治療.

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Concurrent administration with multivalent metal cation preparations or polycationic polymer preparations inhibits the absorption of raltegravir via its chelation.

    Enoki Y, Suzuki N, Ito M, Uchiyama E, Kishi N, Ito C, Kitahiro Y, Sakamoto K, Taguchi K, Yokoyama Y, Kizu J, Matsumoto K

    The Journal of pharmacy and pharmacology 72 ( 10 ) 1361 - 1369 2020年07月

    ISSN  0022-3573

  • Echinocandins versus non-echinocandins for empirical antifungal therapy in patients with hematological disease with febrile neutropenia: A systematic review and meta-analysis

    Yamashita C., Takesue Y., Matsumoto K., Ikegame K., Enoki Y., Uchino M., Miyazaki T., Izumikawa K., Takada T., Okinaka K., Ueda T., Miyazaki Y., Mayumi T.

    Journal of Infection and Chemotherapy (Journal of Infection and Chemotherapy)  26 ( 6 ) 596 - 603 2020年06月

    ISSN  1341321X

     概要を見る

    © 2020 Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases Empirical antifungal therapy is recommended in high-risk patients who have persistent febrile neutropenia (FN) despite broad-spectrum antibiotic therapy. Based on high-quality evidence, most guidelines recommend caspofungin. The aim of this study was to clarify whether echinocandins, including micafungin, are associated with improved clinical outcomes in patients with persistent FN. We conducted a meta-analysis of randomized controlled trials (RCTs) of empirical therapy with echinocandins and non-echinocandins for FN in patients with hematological disease. The primary outcome was all-cause mortality within 7 days after completion of therapy. Secondary outcomes included treatment success, and discontinuation of therapy because of adverse events. For subgroup analysis, we compared RCTs of echinocandins with liposomal amphotericin B. Six RCTs (four that evaluated caspofungin and two that evaluated micafungin) were included in the meta-analysis. Mortality and adverse events in echinocandin-treated patients were significantly lower than in those treated with non-echinocandins [risk ratio (RR) 0.70, 95% confidence interval (CI) 0.49–0.99; RR 0.48, 95% CI 0.33–0.71, respectively]. There was no significant difference in treatment success (RR 1.09, 95% CI 0.87–1.36). Mortality and adverse events in echinocandin-treated patients were significantly lower than in those treated with liposomal amphotericin B (RR 0.68, 95% CI 0.46–0.99; RR 0.53, 95% CI 0.37–0.74, respectively). In conclusion, patients with persistent FN treated with echinocandins had decreased risk of death and adverse events. Both caspofungin and micafungin may be recommended as first-line empirical antifungal therapy in these patients. However, the small number of enrolled patients and the lack of RCTs involving pediatric patients should be considered when using micafungin.

  • Carbon monoxide rescues the developmental lethality of experimental rat models of rhabdomyolysis-induced acute kidney injury

    Taguchi K., Ogaki S., Nagasaki T., Yanagisawa H., Nishida K., Maeda H., Enoki Y., Matsumoto K., Sekijima H., Ooi K., Ishima Y., Watanabe H., Fukagawa M., Otagiri M., Maruyama T.

    Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics (Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics)  372 ( 3 ) 355 - 365 2020年03月

    ISSN  00223565

     概要を見る

    © 2020 by The American Society for Pharmacology and Experimental Therapeutics Many victims, after being extricated from a collapsed building as the result of a disaster, suffer from disaster nephrology, a term that is referred to as the crush syndrome (CS). Recommended treatments, which include dialysis or the continuous administration of massive amounts of fluid are not usually easy in cases of such mass natural disasters. In the present study, we examined the therapeutic performance of a biomimetic carbon monoxide (CO) delivery system, CO-enriched red blood cells (CO-RBCs), on experimental animal models of an acute kidney injury (AKI) induced by traumatic and nontraumatic rhabdomyolysis, including CS and rhabdomyolysis with massive hemorrhage shock. A single CO-RBC treatment was found to effectively suppress the pathogenesis of AKI with the mortality in these model rats being improved. In addition, in further studies using glycerol-induced rhabdomyolysis model rats, the pathogenesis of which is similar to that for the CS, AKI and mortality were also reduced as the result of a CO-RBC treatment. Furthermore, CO-RBCs were found to have renoprotective effects via the suppression of subsequent heme protein-associated renal oxidative injury; the oxidation of myoglobin in the kidneys, the generation of reactive oxygen species by free heme produced from degraded-cytochrome P450 and hemoglobin-associated renal injury. Because CO-RBCs can be prepared and used at both hospitals and at a disaster site, these findings suggest that CO-RBCs have the potential for use as a novel cell therapy against both nontraumatic and traumatic rhabdomyolysis including CS-induced AKI.

  • Strategy of drug development based on the bioactive gas-carrying capacity of hemoglobin

    Taguchi K., Matsumoto K., Maruyama T., Otagiri M.

    Yakugaku Zasshi (Yakugaku Zasshi)  140 ( 2 ) 141 - 146 2020年02月

    ISSN  00316903

     概要を見る

    © 2020 The Pharmaceutical Society of Japan. Bioactive gas molecules, including oxygen, nitric oxide and carbon monoxide (CO), exhibit a variety of physiological activities, and are associated with the onset and progress of some disorders. These facts have led researchers to the development of bioactive gas donors for the treatment of intractable disorders. Hemoglobin is likely an ideal carrier of bioactive gases, since hemoglobin in red blood cells innately carries oxygen in the form of oxyhemoglobin, nitric oxide in the form of S-nitrosohemoglobin, and CO in the form of carbonylhemoglobin. In this study, we attempted to develop a biomimetic CO delivery system using a preparation of hemoglobin. Our strategy for the preparation of this hemoglobin-based CO carrier involves CO being exogenously bound to red blood cells or hemoglobin-encapsulated liposomes, called hemoglobin-vesicles (HbV), which mimic the structure and function of red blood cells. We accumulated evidence that the CO donors-CO-bound red blood cells and CO-bound HbV-showed therapeutic efficacy against intractable disorders in animal models. Here, we describe the potential of hemoglobin-based CO donors, especially CO-bound red blood cells and CO-bound HbV, for the treatment of certain disorders. Hemoglobin-based strategies for the delivery of other bioactive gases for novel drug development are also discussed.

  • Azoles versus conventional amphotericin B for the treatment of candidemia: A meta-analysis of randomized controlled trials

    Osa S., Tashiro S., Igarashi Y., Watabe Y., Liu X., Enoki Y., Taguchi K., Mayumi T., Miyazaki Y., Takesue Y., Matsumoto K.

    Journal of Infection and Chemotherapy (Journal of Infection and Chemotherapy)  26 ( 11 ) 1232 - 1236 2020年

    ISSN  1341321X

     概要を見る

    © 2020 Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases Because exclusive use of echinocandins can induce the drug-resistant strains, appropriate use of azoles and polyenes is still necessary in the treatment of candidemia. In this study, we conducted a meta-analysis of randomized controlled trials regarding the efficacy and safety of azole and polyene antifungals in the treatment of candidemia. MEDLINE and the Cochrane Register of Controlled Trials were used as reference databases, and papers published up to June 10, 2019 were searched. The search results were carefully scrutinized, duplicate references were removed, and the study was ultimately carried out using three reports. Among azole antifungals, fluconazole and voriconazole were extracted, however; only conventional amphotericin B (AMPH-B) was extracted among polyene antifungals. Treatment successes with the use of azoles and AMPH-B were compared, and findings showed that AMPH-B was significantly superior (RR = 0.90, 95% CI 0.82–1.00, p = 0.04). However, there was no significant difference in mortality (RR = 0.87, 95% CI 0.72–1.07, p = 0.19). Analysis of adverse events showed that renal disorders were significantly less common with azoles than with AMPH-B (RR = 0.26, 95% CI 0.10–0.68, p = 0.006). In conclusion, AMPH-B were superior to azoles in terms of efficacy, but had a risk of causing renal disorders.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【薬物動態・薬物相互作用・薬物アレルギーから最適化 スペシャル・ポピュレーションの抗菌薬投与設計】(第3章)特殊病態の患者 四肢切断患者

    榎木 裕紀, 松元 一明

    薬事 ((株)じほう)  62 ( 10 ) 2080 - 2087 2020年07月

    ISSN  0016-5980

     概要を見る

    <Key Points>・四肢切断患者では骨格筋組織の喪失により、血清クレアチニンを指標とした腎機能予測は腎機能を過大評価する恐れがあり不適切である。そのため血清シスタチンCに基づいた腎機能予測が有用である。・血清シスタチンCに基づいた腎機能推算式は、日本腎臓学会の提唱する推定腎糸球体濾過量推算式が日本人患者の腎機能予測に有用である。・四肢切断後の患者において、腎障害は予後不良因子となるため、腎障害を誘発する薬物の投与に当たっては十分な腎機能モニタリングが必要である。・過量投与による腎障害を回避するためには、四肢切断後の実測体重、体表面積補正を用いることが望ましいが、過少投与を避けるための最適な投与方法については今後検証が必要である。(著者抄録)

  • 潰瘍性大腸炎モデルマウスにおけるラクトフェリンナノ粒子の治療効果

    田口 和明, 橋本 麻衣, 中山 真雪, 榎木 裕紀, 西 弘二, 松元 一明, 瀬尾 量, 小田切 優樹, 山崎 啓之

    日本薬剤学会年会講演要旨集 ((公社)日本薬剤学会)  35年会   261 - 261 2020年05月

  • 一酸化炭素結合型ヘモグロビン小胞体の閉塞性細気管支炎に対する有効性評価

    渡部 佑樹, 田口 和明, 榎木 裕紀, 酒井 宏水, 丸山 徹, 小田切 優樹, 河野 光智, 松元 一明

    日本薬剤学会年会講演要旨集 ((公社)日本薬剤学会)  35年会   198 - 198 2020年05月

  • 薬学共用試験OSCEの結果解析 2019

    岡村 昇, 野田 幸裕, 田村 豊, 橋詰 勉, 有田 悦子, 石田 志朗, 入江 徹美, 小澤 孝一郎, 木内 祐二, 向後 麻里, 富岡 佳久, 中嶋 幹郎, 松下 良, 松元 一明, 吉冨 博則, 渡邊 真知子, 木津 純子, 伊藤 智夫, 奥 直人

    日本薬学会年会要旨集 ((公社)日本薬学会)  140年会   28P - pm272 2020年03月

    ISSN  0918-9823

  • Nivolumabの血中滞留性は腎機能低下時に低下する

    山田 穂高, 大内 麻由, 柳下 薫寛, 林 侑孝, 榎木 裕紀, 田口 和明, 松元 一明, 濱田 哲暢

    日本薬学会年会要旨集 ((公社)日本薬学会)  140年会   27Y - am03 2020年03月

    ISSN  0918-9823

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 教育セミナー9:科学的根拠に基づいたMRSA感染症治療薬の使い方

    松元一明

    第69回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第67回日本化学療法学会東日本支部総会 (東京都) , 2020年10月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • シンポジウム1:侵襲性カンジダ症に対するマネジメントのための臨床実践ガイドライン、発表に向けて「カンジダ血症に対する抗真菌治療」

    松元一明

    第64回日本医真菌学会総会・学術大会 (東京都) , 2020年10月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • シンポジウム7:その抗菌薬を使いこなせれば治療の幅が広がる!(オキサセフェム、リファンピシン、ST合剤、テトラサイクリン)「オキサセフェム系抗菌薬」

    田代渉, 林茉里奈, 五十嵐裕貴, 劉小茜, 竹村渉, 榎木裕紀, 田口和明, 横山雄太, 中村智徳, 松元一明

    第68回日本化学療法学会総会 (兵庫県) , 2020年09月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • シンポジウム1:抗菌薬TDMガイドライン再改訂「バンコマイシン」

    松元一明

    第68回日本化学療法学会総会 (兵庫県) , 2020年09月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 日本医真菌学会合同シンポジウム:侵襲性カンジダ症治療ガイドライン改訂「非好中球減少患者におけるカンジダ菌血症の治療」

    松元一明

    第68回日本化学療法学会総会 (兵庫県) , 2020年09月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • OP0595の臨床有効性評価

    2019年07月
    -
    2021年07月

    Meiji Seikaファルマ株式会社, 松元 一明, 受託研究,  代表

  • 新規迅速診断遺伝子診断法ならびに非臨床PK/PD理論を活用した新規β-ラクタマーゼ阻害薬(OP0595)の単味製剤の研究開発

    2019年04月
    -
    2023年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 医療研究開発革新基盤創生事業, 小林 大吉郎, 松元 一明, 共同研究契約,  分担

  • ヘモグロビン内封リポソームを用いたシアン化物中毒解毒剤の開発

    2019年04月
    -
    2021年03月

    橋渡し研究戦略的推進プログラム シーズA, 田口 和明, 松元 一明, その他,  分担

  • 耐性菌感染症の克服を目指した抗菌薬個別最適化投与法の構築

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 松元 一明, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 薬物の副作用の早期発見を目指したbiomarker探索研究

    2018年02月
    -
    2019年03月

    上原記念生命科学財団, 平成29年度研究推進特別奨励金, 松元 一明, その他,  代表

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • メトヘモグロビン小胞体を有効成分として含む医薬およびその使用

    特願: 特願2020-144044  2020年08月 

    特許, 共同, 国内出願

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第3回フレッシャーズ・カンファランス優秀演題発表賞

    佐村優、山本理紗子、伊藤勇人、髙田啓介、倉田武徳、南雲史雄、内田仁樹、榎木裕紀、田口和明、関根寿一、松元一明, 2019年06月, ダプトマイシンの腎障害患者における母集団薬物動態解析と最適投与法に関する検討

    受賞国: 日本

  • 第62回日本薬学会関東支部大会優秀ポスター発表賞

    田代渉、五十嵐裕貴、榎木裕紀、田口和明、松元一明, 2018年09月, Clostridium difficile感染症治療におけるバンコマイシンとメトロニダゾールのメタ解析

    受賞国: 日本

  • 第12回炭山賞(日本外科感染症学会雑誌最優秀論文賞)

    茂見茜里、松元一明、渡辺英里香、猪川和朗、金澤直子、横山雄太、梅﨑雄太、池田龍二、森川則文、武田泰生, 2017年11月, CYP2C19遺伝子多型と代謝物濃度をふまえたTDMによるボリコナゾール投与量適正化が有用であった2例

    受賞国: 日本

  • MRSAフォーラム2016優秀ポスター賞

    川村英樹、茂見茜里、松元一明、古城剛、折田美千代、中川彩、徳田浩一、永野聡、小宮節郎、西順一郎, 2016年07月, 整形外科清潔手術における非保菌者のMRSA手術部位感染発症リスクの検討

    受賞国: 日本

  • MRSAフォーラム2015優秀ポスター賞

    川村英樹, 茂見茜里, 折田美千代, 中川彩, 松元一明, 小宮節郎, 徳田浩一, 西順一郎, 2015年07月, 積極的監視培養と手指衛生・接触予防策・術後感染予防抗菌薬適正使用遵守を中心とした整形外科領域MRSA手術部位感染対策の効果

    受賞国: 日本

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(薬効解析学)

    2020年度

  • 演習(薬効解析学)

    2020年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2020年度

  • 実務実習事前学習4

    2020年度

  • 実務実習事前学習3

    2020年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医真菌学会, 

    2019年02月
    -
    継続中
  • 日本DDS学会, 

    2018年05月
    -
    継続中
  • 日本臨床微生物学会, 

    2018年03月
    -
    継続中
  • 日本老年薬学会 理事・評議員, 

    2016年04月
    -
    継続中
  • 日本薬剤学会, 

    2015年12月
    -
    継続中

全件表示 >>