鈴木 小夜 (スズキ サヨ)

Suzuki, Sayo

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門 (芝共立)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 薬学部 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門 , 教授

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    慶應義塾大学, 薬学部 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門, 准教授

  • 2010年01月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学, 薬学部医療薬学センター, 専任講師

  • 2009年04月
    -
    2009年12月

    慶應義塾大学, 医学部臨床薬剤学講座, 助教

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学, 医学部薬剤部, 助教

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  •  

    京都大学, 薬学研究科

    大学院, 修了, 修士

  •  

    京都大学, 薬学部, 薬学科

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 薬学修士, 京都大学, 課程

    ラットにおけるCisplatinの腎排泄挙動と毒性

  • 博士(医学), 慶應義塾, 論文, 2013年10月

    S100A10 protein expression is associated with oxaliplatin sensitivity in human colorectal cancer cells.

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許, 1989年

  • 高等学校教諭二級普通免許(理科), 1989年

  • 高等学校教諭専修免許(理科), 1991年

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学 (医療薬学/個別化医療)

  • 医療系薬学 (医学教育/薬学教育)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 個別化治療

  • 医学・薬学教育

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 今日の臨床サポート 改訂第4版

    西村 あや子, 鈴木 小夜, エルゼビア・ジャパン株式会社, 2021年02月

    担当範囲: 授乳婦への薬物投与

  • 今日のOTC薬 -解説と便覧-(改訂第5版)

    鈴木 小夜, 南江堂, 東京, 2021年02月,  ページ数: 689

    担当範囲: 17. やけど用薬,  担当ページ: 390-397

  • 今日のOTC薬 -解説と便覧- (改訂第5版)

    鈴木 小夜, 南江堂, 東京, 2021年02月,  ページ数: 689

    担当範囲: 26. 強心薬,  担当ページ: 486-493

  • 今日の治療指針 2021年度版

    谷川原祐介,鈴木 小夜., 医学書院,東京, 2021年01月

    担当範囲: 薬物治療モニタリング(TDM)

  • 今日の治療指針 2020年度版

    谷川原祐介,鈴木 小夜., 医学書院,東京, 2020年01月

    担当範囲: 薬物治療モニタリング(TDM)

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 代表的8疾患と薬局実習が病院実習の到達度に与える影響

    清宮 啓介, 津田 壮一郎, 池淵 由香, 鈴木 小夜 他.

    医療薬学 46 ( 12 ) 715 - 721 2020年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • [Pharmacy students’ self-efficacy for pharmaceutical expertise affects successful experiences as enactive attainments in pharmacy practice experience in Japan].

    Fumihiro Kikuyama, Sayo Suzuki*, Aya Jibiki, Yuta Yokoyama. Hitoshi Kawazoe, Tomonori Nakamura.

    Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan (YAKUGAKU ZASSHI)  140 ( 6 ) 799 - 808 2020年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00316903

     概要を見る

    © 2020 The Pharmaceutical Society of Japan Pharmacy practice experience (PPE) is essential in the six-year course of pharmaceutical education in Japan. We previously found that PPE reinforced students' self-efficacy for curriculums (SECs), leading robust acquisition and reconstruction of pharmaceutical expertise. In this study, we aimed to clarify whether students' SECs aŠect successful experiences as enactive attainments in PPE. We distributed survey questionnaires to the fifth-year students in Keio University in 2016-2017 before and after PPE. The students made a self-assessment of their psychological state ``expect to do well'' on a seven-point Likert scale for each curriculum (C1 to C18), and their successful experiences were also collected from free description type questionnaire. We could follow up 139 students. The SEC scores increased from prePPE to post I (p < 0.001) and II terms (p < 0.01). The increase in SEC scores during PPE was associated with the rate of students' successful experiences in the first-term PPE (p = 0.04). The path analysis revealed the following as significant predictive factors of SECs for successful experiences: basic sciences (C1, C2, C3, C4, C5, and C6) with standardizing coefficient 0.35, health and environmental sciences (C11 and C12) with 0.39, and pharmaceutical sciences (C7, C8, C9, C10, C13, and C14) with - 0.51. Students in the first-term PPE tended to experience successful performance in medical professions by using their pharmaceutical expertise that they had learned. In this study, for the first time, we demonstrated that Japanese students' SECs for pharmaceutical expertise affected successful experiences, leading better outcomes of PPE.

  • 実務実習生の薬学専門科目に対する自己効力感は実務実習での成功体験に影響を与える

    菊山 史博, 鈴木 小夜, 地引 綾, 横山 雄太, 河添 仁, 中村 智徳

    薬学雑誌 ((公社)日本薬学会)  140 ( 6 ) 799 - 808 2020年06月

    査読有り,  ISSN  0031-6903

     概要を見る

    実務実習生の薬学専門科目に対する自己効力感(「得意である」という心理)が患者に貢献した成功体験に及ぼす影響を明らかにした。実務実習生299名を対象に、実習直前の説明会(以下、実習前)、I期実務実習後(以下、I期後)およびII期実務実習後(以下、II期後)の3時点でアンケート調査を実施した。I期後およびII期後の得意値はそれぞれ実習前より上昇した。I期病院実習群では得意値が上昇した人、すなわち得意値の変化量が正であった場合に成功体験を経験した実習生が多かったが、I期薬局実習群では得意値の変化量の違いによる成功体験の有無に差は認められなかった。パス解析の結果、I期病院実習生において「基礎科学」や「衛生薬学」が成功体験に対する有意な正の影響要因、「薬物治療学」は負の影響要因であり、標準化係数の絶対値は正の影響要因を示した「基礎科学」や「衛生薬学」よりも大きかった。成功体験に関する記述の対応分析の結果、I期およびII期薬局実習生の成功体験が医療従事者より患者を対象に記述する傾向があった。I期病院実習生の成功体験に関する記述は医療従事者を記述する傾向があり、「薬」や「処方」の「提案」、「減量」または「変更」などが近位に表出され専門知識が直接的に必要と推測される成功体験であったと推測された。

  • デキサメタゾン配合後における先発及び後発品のゲムシタビン注射剤の製剤学的安定性の評価

    吉浦 誠海, 河添 仁, 鈴木 小夜, 横山 雄太, 地引 綾, 中村 智徳

    日本臨床腫瘍薬学会雑誌 ((一社)日本臨床腫瘍薬学会)  14   1 - 7 2020年04月

    査読有り

     概要を見る

    ゲムシタビン誘発性血管痛は末梢静脈投与で生じ、臨床上未解決のままとなっている。エピルビシンとオキサリプラチンにおける先行研究によれば、抗炎症作用とpH調整目的にデキサメタゾンがオプションとなる。本研究の目的は、先発及び後発品のゲムシタビンとデキサメタゾン配合の製剤学的安定性を調査することであった。我々はデキサメタゾン配合後の凍結乾燥製剤及び液体製剤のゲムシタビン先発及び後発品11品目の濃度、pH及び外観変化を生理食塩液及び5%ブドウ糖液希釈において24時間後まで評価した。濃度とpHはそれぞれ高速液体クロマトグラフィーとpHメータで測定した。配合液の濃度及びpHは生理食塩液及び5%ブドウ糖液希釈において24時間後まで変化しなかった。ゲムシタビンの液体製剤のpHは凍結乾燥製剤と比較して、生理食塩液及び5%ブドウ糖液希釈においてわずかに低かった。さらに、生理食塩液及び5%ブドウ糖液希釈において外観変化はなかった。これらの結果は、すべての先発及び後発品のゲムシタビンの製剤学的安定性はデキサメタゾン配合によって影響を受けなかった。本研究は、実臨床においてゲムシタビン誘発性血管痛の可能性を減らすために、先発及び後発品のゲムシタビンはデキサメタゾンと配合投与できることを示唆する。(著者抄録)

  • 代表的8疾患と薬局実習が病院実習の到達度に与える影響

    清宮 啓介, 津田 壮一郎, 池淵 由香, 鈴木 小夜, 地引 綾, 岩田 紘樹,横山 雄太, 河添 仁, 小林 典子, 藤本 和子, 山浦 克典, 中村 智徳,村松 博, 青森 達, 望月 眞弓

    医療薬学 in press 2020年

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 薬学生の一般性自己効力は実務実習により上昇し病院実務実習における成功体験に寄与する

    菊山 史博, 鈴木 小夜, 地引 綾, 横山 雄太, 河添 仁, 中村 智徳

    医学教育 ((一社)日本医学教育学会)  51 ( Suppl. ) 206 - 206 2020年07月

    ISSN  0386-9644

  • 後発品の適正使用に向けたゲムシタビン液体製剤誘発性血管痛対策の基礎検討

    河添 仁, 吉浦 誠海, 横山 雄太, 地引 綾, 鈴木 小夜, 中村 智徳

    日本臨床腫瘍薬学会雑誌 ((一社)日本臨床腫瘍薬学会)  15   396 - 396 2020年05月

  • 改訂モデル・コアカリキュラム実務実習における代表的8疾患実習の実施状況に基づく検証(第4報)

    岩田 紘樹, 鈴木 小夜, 地引 綾, 横山 雄太, 河添 仁, 小林 典子, 藤本 和子, 早川 智久, 中田 英夫, 青森 達, 望月 眞弓, 山浦 克典, 中村 智徳

    日本薬学会年会要旨集 ((公社)日本薬学会)  140年会   28P - pm242 2020年03月

    ISSN  0918-9823

  • 指導者の明確な「目標の明示」と「フィードバック」は実務実習生の成長実感を向上させる 学生視点に基づくアウトカム評価と概略評価による教育効果向上のための提案

    鈴木 小夜, 清宮 啓介, 千葉 直子, 地引 綾, 岩田 紘樹, 横山 雄太, 河添 仁, 小林 典子, 藤本 和子, 中田 英夫, 早川 智久, 津田 壮一郎, 別府 紀子, 青森 達, 望月 眞弓, 山浦 克典, 中村 智徳

    日本薬学会年会要旨集 ((公社)日本薬学会)  140年会   28P - pm243 2020年03月

    ISSN  0918-9823

  • 実務実習記録による評価に関する運用の工夫とその検証(第2報)

    地引 綾, 鈴木 小夜, 岩田 紘樹, 横山 雄太, 河添 仁, 小林 典子, 藤本 和子, 早川 智久, 中田 英夫, 青森 達, 望月 眞弓, 山浦 克典, 中村 智徳

    日本薬学会年会要旨集 ((公社)日本薬学会)  140年会   28P - pm244 2020年03月

    ISSN  0918-9823

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 院内製剤バンコマイシン、ガンシクロビル、ミカファンギン点眼液の長期保存における安定性の評価

    武田真実,横山雄太,渡邉武明,地引綾,河添仁,鈴木小夜,門田佳子,中村智徳

    第30回日本医療薬学会年会 (名古屋) , 2020年10月, ポスター(一般), 一般社団法人 日本医療薬学会

  • 実習生の一般性自己効力は薬局実習後に醸成される「E3薬物治療に役立つ情報」及び「F薬学臨床」に対する自己効力感を介して実務実習での成功体験に寄与する

    5. 菊山史博,鈴木小夜,横山雄太,河添 仁,平賀ゆい,地引 綾,中村智徳.

    第5回日本薬学教育学会大会 (東京) , 2020年09月, ポスター(一般), 日本薬学教育学会

  • P-MEXを用いた実務実習生のプロフェッショナリズム評価の妥当性の検討―薬局実務実習での検討―

    川元駿,鈴木小夜,前田智昭,真鍋司,地引綾,横山雄太,河添仁,中村智徳.

    第5回日本薬学教育学会大会 (東京) , 2020年09月, ポスター(一般), 日本薬学教育学会

  • 薬学生の一般性自己効力は実務実習により上昇し病院実務実習における成功体験に寄与する

    菊山 史博, 鈴木 小夜, 地引 綾, 横山 雄太, 河添 仁, 中村 智徳

    第52回日本医学教育学会大会 (鹿児島) , 2020年07月, ポスター(一般), (一社)日本医学教育学会

  • 指導者の明確な「目標の明示」と「フィードバック」は実務実習生の成長実感を向上させる―学生視点に基づくアウトカム評価と概略評価による教育効果向上のための提案―.

    鈴木小夜,清宮啓介,千葉直子,地引綾,横山雄太,河添仁,岩田紘樹,小林典子,藤本和子,早川 智久,中田 英夫,津田壮一郎,別府紀子,青森達,望月眞弓,山浦克典,中村智徳

    日本薬学会 第140年会 (京都) , 2020年03月, 口頭(一般), 公益社団法人 日本薬学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • スペシャルポピュレーションの抗がん剤感受性:血中胆汁酸上昇の影響とメカニズム解析

    2020年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 鈴木 小夜 , 中村 智徳, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    個々の患者の薬剤反応性に基づく治療の個別化は、がんの治療成績向上、患者の生活の質向上に不可欠である。本研究では、近年、がん細胞の生存と遺伝子レベルでの関わりが注目されている胆汁酸に着目し、例えば肝機能障害など血液中の胆汁酸が上昇するような病態が、がん細胞の増殖や抗がん剤反応性に与える影響、そのメカニズムについてがん細胞やがん細胞移植動物を用いて検討する。これにより、患者個々の病態に合わせた適切な抗がん剤の選択、効果的かつ安全ながん薬物治療の実現を目的とする。

  • がん化学療法治療反応性に対する血中胆汁酸の影響とそのメカニズムに関する研究

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 鈴木 小夜, 中村 智徳, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究では、近年、遺伝子の転写発現調節を司る生理活性物質として注目されている胆汁酸に着目し、特に臨床血中で生じ得る範囲での胆汁酸濃度の上昇・変動ががん細胞の増殖及び抗がん剤感受性に及ぼす影響とその機序について明らかにする。化学療法を受ける患者で血中胆汁酸濃度が上昇する病態を有する患者の、がん特性や使用抗がん剤を考慮した薬物治療の評価と選択、治療個別化が可能となることを目指している。
    平成29年度は、ヒト慢性骨髄性白血病細胞株K562に0~50 mM デオキシコール酸(DCA)、ケノデオキシコール酸(CDCA)を24、48、72時間曝露し細胞生存率を算出し、さらに正常範囲と胆汁うっ滞患者の血中濃度に相当するDCA(1, 10μM)、CDCA(1, 50μM)で3日及び17日間曝露した細胞のイマチニブ(IM)及びメトトレキサート(MTX)感受性を評価した。その結果、臨床血中濃度(1, 10μM)のDCA、CDCAの24、48時間曝露は細胞生存率を低下させたが、72時間曝露により細胞生存率の有意な回復が認められた。さらに、10μM DCAの17日間曝露はK562のMTX感受性を有意に低下させ、一方、IM感受性は、1μM DCAの3日間曝露により感受性が低下した。
    これらの結果は、1)臨床血液中に存在し変動し得る範囲での胆汁酸濃度上昇が慢性骨髄性白血病における抗がん剤反応性に対する影響要因の一つとなり、その影響は抗がん剤の種類により異なる可能性があること、さらに2)胆汁酸血液腫瘍以外のがん種に対しても、血中胆汁酸濃度の変動が細胞増殖能や薬剤感受性に影響を与える可能性を検討する必要性を示したものと考える。血液中胆汁酸濃度が上昇するような病態を呈している患者における薬剤選択や薬物治療効果の評価、治療個別化に向けた重要な知見と考える。
    「5.研究実績の概要」に記載したとおり、ヒト慢性骨髄性白血病細胞株K562を用いた検討により、臨床血液中に存在し変動し得る範囲の濃度の胆汁酸が、1)細胞増殖能を上昇させること、2)抗がん剤反応性に対する影響要因の一つとなり、その影響は抗がん剤の種類により異なる可能性を明らかにした。これらの結果を踏まえ、さらに他がん種についてもヒトがん細胞株を購入し予備検討を進めている。
    平成30年度以降は、さらにがん種を増やしてがん細胞増殖及び抗がん剤感受性に対する胆汁酸濃度および曝露時間の影響についての検討を継続しながら、in vivoモデル動物実験についても検討する。胆汁酸の影響が明らかとなったがん種および抗がん剤を対象として、臨床情報を用いた疫学的調査研究(後方視的調査)を実施する。具体的には、
    1.ヒト肝細胞がん株(HepG2)、ヒト肺がん細胞株(A549)、ヒト乳がん細胞株(MCF7)などを用いて、DCA、CDCA曝露時および非曝露時の抗がん剤感受性を比較し、抗がん剤感受性に対する胆汁酸の影響を検討する。
    2.ラットやマウスはヒトと異なる胆汁酸代謝経路を持つため、まずは予備検討として胆管結紮モデルラットの血清を用いてヒトがん細胞株の増殖および抗がん剤感受性に対する影響を検討する。予備検討の結果に基づき、対象がん種のヒト細胞株を用いた担癌マウスを用いた検討を進め、DCAもしくはCDCAのがん細胞増殖及び抗がん剤反応性について検討する。
    3.胆汁酸曝露前後のヒトがん細胞株、及び担癌マウスの摘出腫瘍組織より抽出したmRNA、タンパク質を用いて胆汁酸関連分子の挙動を分析しメカニズムについて検討する。
    4. 胆汁酸の影響が明らかとなったがん種および抗がん剤について、カルテ記載などの臨床情報を用いた疫学的調査研究(後方視的調査)を実施し、肝胆道系臨床検査値および関連情報と化学療法に対する治療反応性について検証する。

  • COX阻害薬の特性とがん細胞のCOX阻害特性に基づく抗腫瘍効果予測に関する研究

    2016年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾, 慶應義塾学事振興資金, 鈴木 小夜, 補助金,  代表

  • COX阻害薬の特性とがん細胞のCOX阻害特性に基づく抗腫瘍効果予測に関する研究

    2015年04月
    -
    2016年03月

    慶應義塾, 慶應義塾学事振興資金, 鈴木 小夜, 補助金,  代表

  • COX阻害薬の特性とがん細胞のCOX阻害特性に基づく抗腫瘍効果予測に関する研究

    2014年04月
    -
    2015年03月

    慶應義塾, 慶應義塾学事振興資金, 鈴木 小夜, 補助金,  代表

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • Method for determining sensitivity to anticancer agent.

    特願: PCT/JP2010/069362  2010年10月 

    特許: EP 2495568 B1  2018年08月

    特許, 共同

  • 抗がん剤の感受性判定方法

    特願: 特願2011-538506  2010年10月 

    特許: 特許第5548693号  2014年05月

    特許, 共同, PCT国際出願

  • 抗がん剤の感受性の判定方法.

    特願: 特願2011-538507  2010年10月 

    特許: 特許第5548694号  2014年05月

    特許, 共同, PCT国際出願

  • METHOD FOR DTERMINATION OF SENSITIVITY TO ANTI-CANCER AGENT.

    特願: 13/504,985  2010年10月 

    特許: US 8,765,713 B2  2014年07月

    特許, 共同, PCT国際出願

  • 抗癌剤感受性的判定方法

    特願: 201080049197. 8  2010年10月 

    特許: ZL 2010 8 0049197.8  2016年03月

    特許, 共同, PCT国際出願

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 学生優秀発表賞

    川元駿,鈴木小夜,前田智昭,真鍋司,地引綾,横山雄太,河添仁,中村智徳, 2020年09月, 第5回日本薬学教育学会大会, P-MEXを用いた実務実習生のプロフェッショナリズム評価の妥当性の検討 ―薬局実務実習での検討―

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 学生優秀発表賞

    菊山史博,鈴木小夜,横山雄太,地引綾,河添仁,中村智徳, 2019年08月, 第4回日本薬学教育学会大会, 一般性自己効力(Generalized self-efficacy)は薬局実務実習における課題達成行動(成功体験)に寄与する

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 優秀発表賞

    菊山史博,鈴木小夜,高木彰紀,地引綾,横山雄太,青森達,中村智徳, 2017年09月, 第2回日本薬学教育学会大会, 薬学実務実習が実習生の専門知識(C1~C18)の定着及び新規構築に与える影響

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 慶應義塾大学薬学部・学部長賞

    2017年03月, 慶應義塾大学薬学部, (教育部門)

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 優秀ポスター賞

    〇羽田有里, 青森達, 城下真大, 荒木拓也, 山本康次郎, 鈴木小夜, 地引綾, 中村智徳, 2015年09月, 第59回日本薬学会関東支部大会, アプレピタントによる補助療法ががん化学療法の治療経過に与える影響

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • Introduction to overseas clinical rotation

    2020年度, 専門科目

  • Case Study practice

    2020年度, 専門科目

  • 海外アドバンスト実習

    2020年度, 専門科目

  • 課題研究(医療薬学)

    2021年度

  • 演習(医療薬学)

    2021年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年度 実務実習教科担当教員会議・薬学臨床系教員連絡会議 合同会議講演

    実務実習教科担当教員会議/薬学臨床系教員連絡会議

    2021年03月
  • University of Southern California Marshall School of Business GSBA 580 C – PRIME Japan 2019 Japanese Women in Business

    University of Southern California Marshall School of Business

    2019年05月
  • University of Southern California Marshall School of Business GSBA 580 C – PRIME Japan 2018 Japanese Women in Business

    University of Southern California Marshall School of Business

    2018年05月
  • 「改訂コアカリキュラムのルーブリック評価とは」

    メディファーム株式会社, Excellent Pharmacy, 

    2017年11月
    -
    継続中
  • 「ルーブリック評価,薬局・病院実習でトライアル実施 日本薬学教育学会大会で報告」薬事日報.

    薬事日報 (2017年9月6日(水)第11917号(1面))

    2017年09月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • American Association of Cancer Research, 

    2006年
    -
    継続中
  • International Association of Therapeutic Drug Monitoring and Clinical Toxicology, 

    2016年
    -
    継続中
  • 日本癌学会, 

    2005年
    -
    継続中
  • 日本癌治療学会, 

    2017年
    -
    継続中
  • 日本薬学会, 

    1991年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年02月
    -
    継続中

    日本薬学会 代議員, 公益社団法人 日本薬学会

  • 2021年02月
    -
    継続中

    日本薬学会 関東支部幹事, 公益社団法人 日本薬学会

  • 2020年04月
    -
    継続中

    日本医療薬学会 研究推進委員会委員, 一般社団法人日本医療薬学会

  • 2019年04月
    -
    継続中

    日本薬学会 学術誌編集委員, 公益社団法人日本薬学会

  • 2013年04月
    -
    継続中

    関東地区調整機構 大学委員, 薬学教育協議会 病院・薬局実務実習関東地区調整機構

全件表示 >>