地引 綾 (ジビキ アヤ)

Jibiki, Aya

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門 (芝共立)

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2014年07月

    筑波大学附属病院, 薬剤部, 主任

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2003年03月

    明治薬科大学, 薬学部

    大学, 卒業

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    千葉大学, 大学院薬学研究院

    大学院, 修了, 修士

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許, 2003年06月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ステロイド製剤の適正使用

  • 更年期障害に対する薬物治療

  • 漢方製剤

  • 膠原病

  • 医薬品の苦味マスキング

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 更年期障害に対する漢方製剤処方実態調査および漢方治療不応例の要因分析, 

    2018年02月
    -
    2021年03月

     研究概要を見る

    更年期障害の女性に対する漢方製剤処方実態調査を行うとともに、漢方治療の不応例についてその要因を分析し、更年期障害に対する漢方製剤を中心とした薬物治療の最適化、個別化につなげていく

  • グルココルチコイド(GC)使用膠原病患者におけるGC誘発性糖尿病に対する処方実態調査および治療薬の有用性の検討, 

    2017年12月
    -
    2020年03月

     研究概要を見る

    GC製剤を使用している膠原病患者において、糖尿病(GC誘発性糖尿病)の発現状況、GC誘発性糖尿病に対する治療薬の処方実態や臨床検査値等について調査し、各種糖尿病治療薬のGC誘発性糖尿病に対する有用性について検討する。

 

著書 【 表示 / 非表示

  • こどもと薬のQ&A続

    石川洋一 監修 小児薬物療法研究会 編集(編集協力者:地引 綾), じほう, 2018年09月

論文 【 表示 / 非表示

  • 代表的8疾患と薬局実習が病院実習の到達度に与える影響

    清宮 啓介, 津田壮一郎, 池淵由香, 鈴木小夜, 地引 綾, 岩田紘樹, 横山雄太, 河添 仁, 小林典子, 藤本和子, 山浦克典, 中村智徳, 村松 博, 青森 達, 望月眞弓

    医療薬学 (一般社団法人 日本医療薬学会)  46 ( 12 ) 715 - 721 2020年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • デキサメタゾン配合後における先発及び後発品のゲムシタビン注射剤の製剤学的安定性の評価

    吉浦誠海, 河添 仁, 鈴木小夜, 横山雄太, 地引 綾, 中村智徳

    日本臨床腫瘍薬学会雑誌 (日本臨床腫瘍薬学会)  14   1 - 7 2020年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Pharmacy Students' Self-efficacy for Pharmaceutical Expertise Affects Successful Experiences as Enactive Attainments in Pharmacy Practice Experience in Japan

    Kikuyama F., Suzuki S., Jibiki A., Yokoyama Y., Kawazoe H., Nakamura T.

    Yakugaku Zasshi (Yakugaku Zasshi)  140 ( 6 ) 799 - 808 2020年

    ISSN  00316903

     概要を見る

    © 2020 The Pharmaceutical Society of Japan Pharmacy practice experience (PPE) is essential in the six-year course of pharmaceutical education in Japan. We previously found that PPE reinforced students' self-efficacy for curriculums (SECs), leading robust acquisition and reconstruction of pharmaceutical expertise. In this study, we aimed to clarify whether students' SECs aŠect successful experiences as enactive attainments in PPE. We distributed survey questionnaires to the fifth-year students in Keio University in 2016-2017 before and after PPE. The students made a self-assessment of their psychological state ``expect to do well'' on a seven-point Likert scale for each curriculum (C1 to C18), and their successful experiences were also collected from free description type questionnaire. We could follow up 139 students. The SEC scores increased from prePPE to post I (p < 0.001) and II terms (p < 0.01). The increase in SEC scores during PPE was associated with the rate of students' successful experiences in the first-term PPE (p = 0.04). The path analysis revealed the following as significant predictive factors of SECs for successful experiences: basic sciences (C1, C2, C3, C4, C5, and C6) with standardizing coefficient 0.35, health and environmental sciences (C11 and C12) with 0.39, and pharmaceutical sciences (C7, C8, C9, C10, C13, and C14) with - 0.51. Students in the first-term PPE tended to experience successful performance in medical professions by using their pharmaceutical expertise that they had learned. In this study, for the first time, we demonstrated that Japanese students' SECs for pharmaceutical expertise affected successful experiences, leading better outcomes of PPE.

  • 改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習に向けたルーブリック形式の概略評価を用いたパフォーマンス評価の先行導入:学生視点に基づくアウトカム評価と教育効果向上のための提案

    鈴木小夜,河添 仁,地引 綾,横山雄太,中村智徳

    医療薬学 45 ( 4 ) 228 - 239 2019年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Suppression of infliximab antibody levels by azathioprine in patients with rheumatoid arthritis

    Tohru Aomori, Ayumi Tsuchiya, Sayo Suzuki, Aya Jibiki, Naoko Otsuka, Eriko Ishioka, Yuko Kaneko, Tsutomu Takeuchi, Tomonori Nakamura

    Die PHARMAZIE 72   95 - 97 2017年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • がん薬物治療における職業性暴露対策の新たな動きと未来展望

    河添 仁, 鈴木小夜, 横山雄太, 地引 綾, 中村智徳

    医薬品安全性学会 5 ( 2 ) 67 - 76 2019年12月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • がん薬物治療におけるステロイド

    地引 綾, 横山雄太, 河添 仁, 鈴木小夜, 中村智徳

    医薬品安全性学会 5 ( 1 ) 1 - 13 2019年06月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • がん薬物治療と臨床試験におけるスペシャル・ポピュレーション

    鈴木小夜,地引 綾,横山雄太,河添 仁,中村智徳

    日本医薬品安全性学 (日本医薬品安全性学会)  4 ( 2 ) 83 - 97 2018年12月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • 上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬おける治療薬物モニタリングのルーチン化に向けて

    横山雄太,鈴木小夜,地引 綾,河添 仁,中村智徳

    日本医薬品安全性学 (日本医薬品安全性学会)  4 ( 1 ) 3 - 13 2018年07月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • クロピドグレルの効果に影響する因子は何か?

    ファルマシア (日本薬学会)  45 ( 11 ) 1142 - 1143 2009年11月

    総説・解説(その他), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 院内製剤バンコマイシン、ガンシクロビル、ミカファンギン点眼液の長期保存における安定性の評価

    武田真実, 横山雄太, 渡邉武明, 地引 綾, 河添 仁, 鈴木小夜, 門田佳子, 中村智徳

    第30回日本医療薬学会年会 (Web開催) , 2020年10月, 口頭(一般), 日本医療薬学会

  • 実習生の一般性自己効力は薬局実習後に醸成される「E3薬物治療に役立つ情報」及び「F薬学臨床」に対する自己効力感を介して実務実習での成功体験に寄与する

    菊山史博, 鈴木小夜, 横山雄太, 河添 仁, 平賀ゆい, 地引 綾, 中村智徳

    第5回日本薬学教育学会大会 (Web開催) , 2020年09月, 口頭(一般), 日本薬学教育学会

  • P-MEXを用いた実務実習生のプロフェッショナリズム評価の妥当性の検討 ―薬局実務実習での検討―

    川元 駿, 鈴木小夜, 前田智昭, 真鍋 司, 地引 綾, 横山雄太, 河添 仁, 中村智徳

    第5回日本薬学教育学会大会 (Web開催) , 2020年09月, 口頭(一般), 日本薬学教育学会

  • 薬学生の一般性自己効力は薬局実務実習により上昇し、病院実務実習における成功体験に寄与する

    菊山史博, 鈴木小夜, 地引 綾, 横山雄太, 河添 仁, 中村智徳

    第52回日本医学教育学会大会 (誌上開催) , 2020年07月, 口頭(一般), 日本医学教育学会

  • 実務実習記録による評価に関する運用の工夫とその検証(第2報)

    地引 綾、鈴木小夜、岩田紘樹、横山雄太、河添 仁、小林典子、藤本和子、早川智久、中田英夫、青森 達、望月眞弓、山浦克典、中村智徳

    日本薬学会第140年会 (誌上開催) , 2020年03月, ポスター(一般), 日本薬学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • グルココルチコイド誘発性糖尿病患者におけるインスリン離脱困難例の要因分析

    2019年07月
    -
    2020年03月

    慶應義塾2019年度学事振興資金 研究補助, 地引 綾, 補助金,  代表

  • 更年期障害に対する漢方治療不応例の要因分析

    2018年04月
    -
    2021年03月

    公益財団法人 薬学研究奨励財団, 地引 綾, 補助金,  代表

  • グルココルチコイド誘発性糖尿病に対する薬物治療の洗練化と発症予測因子の検討

    2018年04月
    -
    2020年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 地引 綾, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    グルココルチコイド(GC)の副作用のうち、GC誘発性糖尿病に着目し、薬物治療の洗練化およびGC誘発性糖尿病の発症予測や早期発見を目指して以下の検討を行う。
    ①GC誘発性糖尿病患者の処方実態について調査し、各種糖尿病治療薬のGC誘発性糖尿病に対する有用性について検討する。
    ②GC内服患者の血中・尿中の11β-Hydroxysteroid dehydrogenase type 1(11β-HSD1)活性を測定し、GC誘発性糖尿病の発現
    群と非発現群において11β-HSD1活性に違いがあるかどうかを比較検討するとともに、11β-HSD1活性とインスリン抵抗性との間に相関があるかどうか検討し、発症予測や早期発見の指標として利用できるか否かを検証する。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 卒業研究1(薬学科)

    2021年度

  • 実務実習事前学習3

    2021年度

  • 実務実習事前学習(実習)

    2021年度

  • 地域住民の健康サポート体験学習

    2021年度

  • 実務実習

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 実務実習事前学習(実習)

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 実習・実験, 兼任, 4時間, 40人

  • 実務実習事前学習3

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 兼任, 160人

    緊急情報の扱い方

  • 実務実習の前に(6)

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 講義, 兼任, 1時間, 160人

  • 実務実習事前学習3

    慶應義塾, 2017年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 兼任, 1時間, 160人

    緊急情報の取り扱い

  • 実務実習の前に(6)

    慶應義塾, 2017年度, 春学期, 専門科目, 講義, 兼任, 1時間, 152人

    治験薬管理

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医薬品安全性学会, 

    2019年
    -
    継続中
  • 日本薬学教育学会, 

    2017年
    -
    継続中
  • 日本老年医学会, 

    2015年05月
    -
    2021年03月
  • 日本病院薬剤師会, 

    2015年
    -
    継続中
  • 日本薬剤師会, 

    2015年
    -
    継続中

全件表示 >>