地引 綾 (ジビキ アヤ)

Jibiki, Aya

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門 (芝共立)

職名

助教

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2014年07月

    筑波大学附属病院, 薬剤部, 主任

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2003年03月

    明治薬科大学, 薬学部

    大学, 卒業

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    千葉大学, 大学院薬学研究院

    大学院, 修了, 修士

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許, 2003年06月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 医療薬学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ステロイド製剤の適正使用

  • 更年期障害に対する薬物治療

  • 漢方製剤

  • 膠原病

  • 医薬品の苦味マスキング

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 更年期障害に対する漢方製剤処方実態調査および漢方治療不応例の要因分析, 

    2018年02月
    -
    2021年03月

     研究概要を見る

    更年期障害の女性に対する漢方製剤処方実態調査を行うとともに、漢方治療の不応例についてその要因を分析し、更年期障害に対する漢方製剤を中心とした薬物治療の最適化、個別化につなげていく

  • グルココルチコイド(GC)使用膠原病患者におけるGC誘発性糖尿病に対する処方実態調査および治療薬の有用性の検討, 

    2017年12月
    -
    2020年03月

     研究概要を見る

    GC製剤を使用している膠原病患者において、糖尿病(GC誘発性糖尿病)の発現状況、GC誘発性糖尿病に対する治療薬の処方実態や臨床検査値等について調査し、各種糖尿病治療薬のGC誘発性糖尿病に対する有用性について検討する。

 

著書 【 表示 / 非表示

  • こどもと薬のQ&A続

    石川洋一 監修 小児薬物療法研究会 編集(編集協力者:地引 綾), じほう, 2018年09月

論文 【 表示 / 非表示

  • Prognostic Value of Baseline Medications Plus Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio in the Effectiveness of Nivolumab and Pembrolizumab in Patients With Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer: A Retrospective Study

    Ogiwara T., Kawazoe H., Egami S., Hashimoto H., Saito Y., Sakiyama N., Ohe Y., Yamaguchi M., Furukawa T., Hara A., Hiraga Y., Jibiki A., Yokoyama Y., Suzuki S., Nakamura T.

    Frontiers in Oncology (Frontiers in Oncology)  11 2021年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Background: Nivolumab and pembrolizumab are the standard treatments for patients with advanced non-small-cell lung cancer (NSCLC). While there are reports on several inflammatory indices and the prognosis of patients with cancer, no study has combined baseline medication with the neutrophil-to-lymphocyte ratio (NLR) to predict clinical outcomes. This study investigated the efficacy of baseline medications plus NLR to predict the effectiveness of nivolumab and pembrolizumab in a real-world clinical setting. Methods: We conducted a single-center retrospective observational study of consecutive patients with advanced NSCLC who received nivolumab or pembrolizumab as first-line, second-line, or beyond treatment between December 2015 and November 2018 at the National Cancer Center Hospital in Japan. Progression-free survival (PFS) and overall survival (OS) were estimated using the Kaplan–Meier method. The drug-based prognostic score for baseline medications plus NLR was weighed based on the regression β coefficients. The multivariable Cox proportional hazard model was used to assess the association between the prognostic score-stratified groups and survival outcomes. Results: In total, 259 patients were evaluated in this study. A prognostic score calculated from the baseline medications plus NLR was used to categorize the patients into good (score 0), intermediate (scores 1–2), and poor (scores 3–6) -prognosis groups. The multivariable Cox proportional hazard model revealed a significant association between the poor-prognosis group and reduced OS. The hazard ratio of OS was 1.75 (95% confidence interval: 1.07–2.99; P = 0.031). In contrast, no association between these prognosis groups and PFS was observed. Conclusions: The findings suggest that the baseline medications with nivolumab or pembrolizumab plus NLR could lead to progressively shorter survival outcomes in patients with advanced NSCLC and could be used as a prognostic index for poor outcomes. However, to ascertain the clinical application of these findings, these concomitant medications need further validation in a large-scale multicenter study.

  • Drug repositioning of antipsychotic drugs for cisplatin-induced pica behavior in mice

    Sekiguchi M., Sagano N., Kawazoe H., Hiraga Y., Jibiki A., Yokoyama Y., Suzuki S., Nakamura T.

    Pharmazie (Pharmazie)  76 ( 10 ) 484 - 487 2021年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00317144

     概要を見る

    We aimed to clarify whether various antipsychotics ameliorate cisplatin-induced pica behavior in mice using a drug repositioning approach. Mice were administered cisplatin (12.5 mg/kg, i.p.) with or without olanzapine (1 mg/kg, i.p.), asenapine (4 mg/kg, i.p.), mirtazapine (5 mg/kg, i.p.) or standard three-drug antiemetics (granisetron [0.5 mg/kg, i.p.], fosaprepitant [25 mg/kg, i.p.], and dexamethasone [3 mg/kg, i.p.]). Kaolin, food, and water intake, and spontaneous motor activity on the day before and seven consecutive days after the cisplatin administration were measured using a telemetry system. At the primary endpoint, kaolin intake was significantly higher at day three in the cisplatin group than in the pre-treatment and saline groups (p < 0.05). Additionally, kaolin intake was not significantly higher in cisplatin with olanzapine, asenapine, and mirtazapine groups for seven days than in the pre-treatment group. At the secondary endpoint, cisplatin decreased the food and water intake, and spontaneous motor activity in a time-dependent manner. Three antipsychotics failed to improve the cisplatin-induced decrease in food and water intake, and spontaneous motor activity. The findings suggest that prophylactic administration of antipsychotics besides olanzapine may improve cisplatin-induced nausea and vomiting in a delayed phase and de-escalate standard 3-drug antiemetics.

  • 薬学教育モデル・コアカリキュラムに基づく実務実習におけるルーブリック形式の概略評価は実習生のパフォーマンスレベルを評価できるか?

    河添 仁, 鈴木小夜, 平賀ゆい, 横山雄太, 地引 綾, 岩田紘樹, 小林典子, 藤本和子, 中田英夫, 青森 達, 山浦克典, 中村智徳, 村松 博, 青森 達, 望月眞弓

    医療薬学 (一般社団法人 日本医療薬学会)  47 ( 9 ) 513 - 524 2021年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 院内製剤の抗微生物薬,抗ウイルス薬,塩化ナトリウム点眼薬の長期保存における安定性の評価

    武田真美, 横山雄太, 渡邉武明, 平賀ゆい, 地引 綾, 河添 仁, 鈴木小夜, 門田佳子, 中村智徳

    医療薬学 (日本医療薬学会)  47 ( 6 ) 316 - 325 2021年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 代表的8疾患と薬局実習が病院実習の到達度に与える影響

    清宮 啓介, 津田壮一郎, 池淵由香, 鈴木小夜, 地引 綾, 岩田紘樹, 横山雄太, 河添 仁, 小林典子, 藤本和子, 山浦克典, 中村智徳, 村松 博, 青森 達, 望月眞弓

    医療薬学 (一般社団法人 日本医療薬学会)  46 ( 12 ) 715 - 721 2020年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • がん薬物治療における職業性暴露対策の新たな動きと未来展望

    河添 仁, 鈴木小夜, 横山雄太, 地引 綾, 中村智徳

    医薬品安全性学会 5 ( 2 ) 67 - 76 2019年12月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

  • がん薬物治療におけるステロイド

    地引 綾, 横山雄太, 河添 仁, 鈴木小夜, 中村智徳

    医薬品安全性学会 5 ( 1 ) 1 - 13 2019年06月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

  • がん薬物治療と臨床試験におけるスペシャル・ポピュレーション

    鈴木小夜,地引 綾,横山雄太,河添 仁,中村智徳

    日本医薬品安全性学 (日本医薬品安全性学会)  4 ( 2 ) 83 - 97 2018年12月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

  • 上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬おける治療薬物モニタリングのルーチン化に向けて

    横山雄太,鈴木小夜,地引 綾,河添 仁,中村智徳

    日本医薬品安全性学 (日本医薬品安全性学会)  4 ( 1 ) 3 - 13 2018年07月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

  • クロピドグレルの効果に影響する因子は何か?

    ファルマシア (日本薬学会)  45 ( 11 ) 1142 - 1143 2009年11月

    記事・総説・解説・論説等(その他), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Trends in the use of antidiabetic drugs for glucocorticoid-induced diabetes mellitus in a large-scale hospital database in Japan

    Aya Jibiki, Moeka Kuji, Yuta Yokoyama, Hitoshi Kawazoe, Sayo Suzuki, Tomonori Nakamura

    The 21st Asian Conference on Clinical Pharmacy (Online Conference) , 

    2022年02月

    ポスター発表, Asian Conference on Clinical Pharmacy

  • Ingenol mebutate inhibits proliferation of pancreatic cancer cells at lower concentration than other established antitumor agents for pancreatic cancer

    Fumihiro Kikuyama, Sayo Suzuki, Haruka Yoshioka, Yu Hirose, Yuta Yokoyama, Aya Jibiki, Hitoshi Kawazoe, Tomonori Nakamura

    The 21st Asian Conference on Clinical Pharmacy (Online Conference) , 

    2022年02月

    ポスター発表, Asian Conference on Clinical Pharmacy

  • A novel assay development and validation for simultaneous quantification of parent compounds and active metabolites of second-/third-generation EGFR-TKIs in human serum using LC-MS/MS, and its clinical application for cancer patients

    Emi Ishikawa, Yuta Yokoyama, Haruna Chishima, Ouki Kuniyoshi, Itaru Satou, Naoki Nakaya, Hideo Nakajima, Motonori Kimura, Jun Hakamata, Naoya Suehiro, Hideo Nakada, Shinnosuke Ikemura, Aya Jibiki, Hitoshi Kawazoe, Hiroshi Muramatsu, Sayo Suzuki, Tomonori Nakamura

    The 21st Asian Conference on Clinical Pharmacy (Online Conference) , 

    2022年02月

    ポスター発表, Asian Conference on Clinical Pharmacy

  • Establishment of a plasma concentration conversion method and genetic polymorphism analyses of dried blood spots using hemaPEN to advance therapeutic drug monitoring in community pharmacies and patient homes

    Yuta Yokoyama, Mina Hatanaka, Masataka Iwashita, Emi Ishikawa, Aya Jibiki, Hitoshi Kawazoe, Sayo Suzuki, Tomonori Nakamura

    The 21st Asian Conference on Clinical Pharmacy (Online Conference) , 

    2022年02月

    ポスター発表, Asian Conference on Clinical Pharmacy

  • Implementing the Professionalism Mini-Evaluation Exercise (P-MEX) for assessing students’ medical professionalism during pharmacy practice experience (PPE) in Japan

    Sayo Suzuki, Tsukasa Manabe, Koju Matsuno, Hiroki Makiyama, Shun Kawamoto, Tomoaki Maeda, TatsuyaHirokawa, Yuki Kawai, Fumihiro Kikuyama, Aya Jibiki, Yuta Yokoyama, Hitoshi Kawazoe, Tomonori Nakamura

    The 21st Asian Conference on Clinical Pharmacy (Online Conference) , 

    2022年02月

    Asian Conference on Clinical Pharmacy

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 更年期障害患者に対する最適な治療薬選択を目指したエストロゲン受容体遺伝子解析

    2021年04月
    -
    2022年03月

    慶應義塾大学, 慶應義塾2021年度学事振興資金 研究補助, 地引 綾, 補助金,  研究代表者

  • グルココルチコイド誘発性糖尿病患者におけるインスリン離脱困難例の要因分析

    2019年04月
    -
    2020年03月

    慶應義塾大学, 慶應義塾2019年度学事振興資金 研究補助, 地引 綾, 補助金,  研究代表者

  • 更年期障害に対する漢方治療不応例の要因分析

    2018年04月
    -
    2021年03月

    公益財団法人 薬学研究奨励財団, 地引 綾, 補助金,  研究代表者

  • グルココルチコイド誘発性糖尿病に対する薬物治療の洗練化と発症予測因子の検討

    2018年04月
    -
    2020年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 地引 綾, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    グルココルチコイド(GC)の副作用のうち、GC誘発性糖尿病に着目し、薬物治療の洗練化およびGC誘発性糖尿病の発症予測や早期発見を目指して以下の検討を行う。
    ①GC誘発性糖尿病患者の処方実態について調査し、各種糖尿病治療薬のGC誘発性糖尿病に対する有用性について検討する。
    ②GC内服患者の血中・尿中の11β-Hydroxysteroid dehydrogenase type 1(11β-HSD1)活性を測定し、GC誘発性糖尿病の発現
    群と非発現群において11β-HSD1活性に違いがあるかどうかを比較検討するとともに、11β-HSD1活性とインスリン抵抗性との間に相関があるかどうか検討し、発症予測や早期発見の指標として利用できるか否かを検証する。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 卒業研究1(薬学科)

    2022年度

  • 実務実習事前学習3

    2022年度

  • 実務実習事前学習(実習)

    2022年度

  • 地域住民の健康サポート体験学習

    2022年度

  • 実務実習

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 実務実習事前学習(実習)

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    秋学期, 実習・実験, 兼任, 4時間, 40人

  • 実務実習事前学習3

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    秋学期, 講義, 兼任, 160人

    緊急情報の扱い方

  • 実務実習の前に(6)

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 講義, 兼任, 1時間, 160人

  • 実務実習事前学習3

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    秋学期, 講義, 兼任, 1時間, 160人

    緊急情報の取り扱い

  • 実務実習の前に(6)

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    春学期, 講義, 兼任, 1時間, 152人

    治験薬管理

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医薬品安全性学会, 

    2019年
    -
    継続中
  • 日本薬学教育学会, 

    2017年
    -
    継続中
  • 日本老年医学会, 

    2015年05月
    -
    2021年03月
  • 日本病院薬剤師会, 

    2015年
    -
    継続中
  • 日本薬剤師会, 

    2015年
    -
    継続中

全件表示 >>