小林 典子 (コバヤシ ノリコ)

Kobayashi, Noriko

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医療薬学・社会連携センター 社会薬学部門 (芝共立)

職名

専任講師

外部リンク

学歴 【 表示 / 非表示

  •  

    武蔵野大学, 通信教育部人間関係学部, 人間関係学科

    大学, 卒業

  •  

    共立薬科大学, 薬学部, 薬学科

    大学, 卒業

  •  

    武蔵野大学大学院通信教育部, 人間学研究科, 人間学専攻

    大学院, 修了, 修士

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(人間学), 武蔵野大学, 課程

 

著書 【 表示 / 非表示

  • セルフケアとOTC医薬品 改訂版

    小林典子 他, ネオメディカル, 2020年03月

    担当範囲: 消化器機能障害に伴う症状 胸やけ・胃もたれ・食欲不振、吐き気・嘔吐,  担当ページ: 95-111

  • セルフケアとOTC医薬品

    小林 典子, ネオメディカル, 2017年03月

    担当範囲: 消化器機能障害に伴う症状 

論文 【 表示 / 非表示

  • 代表的8疾患と薬局実習が病院実習の到達度に与える影響

    清宮啓介,津田壮一郎,池淵由香,鈴木小夜,地引綾,岩田紘樹,横山雄太,河添仁,小林典子,藤本和子,山浦克典,中村智徳,村松博,青森達,望月眞弓

    医療薬学 46 ( 12 ) 715 - 721 2020年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Patient satisfaction with oral health check-ups at a community pharmacy and their effect on oral self-care habits and dental consultation behavior

    Hiroki Iwata, Koichi Shibano, Mitsuhiro Okazaki, Kotaro Fujimaki, Noriko Kobayashi, Kazuko Fujimoto, Naoko Hayashi, Tomoyuki Goto, Katsunori Yamaura

    Drug Discoveries & Therapeutics 14 ( 6 ) 319 - 324 2020年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 患者の処方薬に関する情報源の実態と入手情報の満足度およびニーズ調査

    荒川健人,渡邊伸一,林直子,岩田紘樹,小林典子,藤本和子,山浦克典

    医療薬学 46 ( 11 ) 615 - 627 2020年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 抗がん剤副作用情報の入手に関する経験と患者の服薬調節行動の関連性

    熊谷智樹,渡邊伸一,林直子,岩田紘樹,小林典子,藤本和子,山浦克典

    医療薬学 46 ( 11 ) 628 - 639 2020年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Expression of precipitating factors of pruritus found in humans in an imiquimod-induced psoriasis mouse model

    Oishi N., Iwata H., Kambe N., Kobayashi N., Fujimoto K., Sato H., Hisaka A., Ueno K., Yamaura K.

    Heliyon (Heliyon)  5 ( 6 )  2019年06月

    ISSN  24058440

     概要を見る

    © 2019 The Authors Aims: To use a mouse model of imiquimod-induced psoriasis to investigate the relationship between pruritus and mast cells, nerve growth factor (NGF) and endogenous pruritogenic peptides, which are highly expressed in the skin of psoriasis patients. Main methods: We developed a mouse model of imiquimod-induced psoriasis and measured the frequency and duration of the model animals’ self-scratching behavior using the SCLABA®-Real real-time scratch counting system. We then harvested the ears and subjected them to toluidine blue staining and real-time PCR. Key findings: Topical application of imiquimod increased the Psoriasis Area and Severity Index score as well as the frequency and duration of self-scratching. Regarding internal factors, increases in mast cells number and mRNA expression of NGF and endogenous pruritogenic peptide precursor were confirmed. Significance: Self-scratching behavior is accompanied by increased number of mast cells and expression of NGF and endogenous pruritogenic peptides in our imiquimod-induced psoriasis model. The expression of these factors was consistent with the features in patients with pruritic psoriasis, suggesting that our model reflects at least some of the precipitating factors of pruritus found in humans.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 薬学部における倫理観・コミュニケーション能力醸成の到達度を測るための学年横断的ルーブリック評価表の作成とその評価

    井上賀絵、石川さと子、市川大樹 、今岡鮎子、岩田紘樹、河添仁、木村真規、小林典子、中村智徳、横田惠理子、漆原尚巳

    第5回日本薬学教育学会大会, 2020年09月, ポスター(一般), 日本薬学教育学会

  • かかりつけ薬剤師制度利用者の語りから得た制度の有用性と課題

    塩谷 真子、小林 典子、藤本 和子、岩田 紘樹、山浦 克典

    日本薬学会第140年会, 2020年03月, ポスター(一般), 日本薬学会

  • 改訂モデル・コアカリキュラム実務実習における代表的8疾患実習の実施状況に基づく検証(第4報)

    岩田 紘樹、鈴木 小夜、地引 綾、横山 雄太、河添 仁、小林 典子、藤本 和子、早川 智久、中田 英夫、青森 達、望月 眞弓、山浦 克典、中村 智徳

    日本薬学会第140年会, 2020年03月, ポスター(一般), 日本薬学会

  • 抗がん剤副作用情報の入手に関する経験と患者の服薬調節行動の関連性

    熊谷 智樹、渡邊 伸一、大石 信雄、小林 典子、岩田 紘樹、藤本 和子、山浦 克典

    日本薬学会第140年会, 2020年03月, 口頭(一般), 日本薬学会

  • 実務実習記録による評価に関する運用の工夫とその検証(第2報)

    地引 綾、鈴木 小夜、岩田 紘樹、横山 雄太、河添 仁、小林 典子、藤本 和子、早川 智久、中田 英夫、青森 達、望月 眞弓、山浦 克典、中村 智徳

    日本薬学会第140年会, 2020年03月, ポスター(一般), 日本薬学会

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 卒業研究1(薬学科)

    2021年度

  • 実務実習事前学習5

    2021年度

  • 実務実習事前学習1

    2021年度

  • 実務実習事前学習(実習)

    2021年度

  • 知的障がい者との交流から学ぶ

    2021年度

全件表示 >>