小林 典子 (コバヤシ ノリコ)

Kobayashi, Noriko

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医療薬学・社会連携センター 社会薬学部門 (芝共立)

職名

助教

外部リンク

学歴 【 表示 / 非表示

  •  

    武蔵野大学, 通信教育部人間関係学部, 人間関係学科

    大学, 卒業

  •  

    共立薬科大学, 薬学部, 薬学科

    大学, 卒業

  •  

    武蔵野大学大学院通信教育部, 人間学研究科, 人間学専攻

    大学院, 修了, 修士

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(人間学), 武蔵野大学, 課程

 

著書 【 表示 / 非表示

  • セルフケアとOTC医薬品

    小林 典子, ネオメディカル, 2017年03月

    担当範囲: 消化器機能障害に伴う症状 

論文 【 表示 / 非表示

  • Expression of precipitating factors of pruritus found in humans in an imiquimod-induced psoriasis mouse model

    Oishi N., Iwata H., Kambe N., Kobayashi N., Fujimoto K., Sato H., Hisaka A., Ueno K., Yamaura K.

    Heliyon (Heliyon)  5 ( 6 )  2019年06月

    ISSN  24058440

     概要を見る

    © 2019 The Authors Aims: To use a mouse model of imiquimod-induced psoriasis to investigate the relationship between pruritus and mast cells, nerve growth factor (NGF) and endogenous pruritogenic peptides, which are highly expressed in the skin of psoriasis patients. Main methods: We developed a mouse model of imiquimod-induced psoriasis and measured the frequency and duration of the model animals’ self-scratching behavior using the SCLABA®-Real real-time scratch counting system. We then harvested the ears and subjected them to toluidine blue staining and real-time PCR. Key findings: Topical application of imiquimod increased the Psoriasis Area and Severity Index score as well as the frequency and duration of self-scratching. Regarding internal factors, increases in mast cells number and mRNA expression of NGF and endogenous pruritogenic peptide precursor were confirmed. Significance: Self-scratching behavior is accompanied by increased number of mast cells and expression of NGF and endogenous pruritogenic peptides in our imiquimod-induced psoriasis model. The expression of these factors was consistent with the features in patients with pruritic psoriasis, suggesting that our model reflects at least some of the precipitating factors of pruritus found in humans.

  • A survey on awareness of the "finger-tip unit" and medication guidance for the use of topical steroids among community pharmacists, Drug discoveries & therapeutics

    Oishi N, Iwata H, Kobayashi N, Fujimoto K, Yamaura K

    Drug discoveries & therapeutics 13 ( 3 ) 128 - 132 2019年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 大学生が「ピラティス」を受講する目的 : 慶應義塾大学生とアメリカ人大学生の場合

    板垣 悦子小林 典子木林 弥生

    体育研究所紀要 57 ( 1 )  2018年01月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 共著

  • 学生のニーズに基づき学生主体で構築した新たなアドバンスト服薬指導事前実習の実施とその評価

    鈴木 小夜, 青野 いづみ, 今井 奈津美, 桑原 亜記, 剱田 侑希, 松元 美奈子, 吉田 彩, 渡邊 明日香, 高木 彰紀, 小林 典子, 佐伯 晴子, 大谷 壽一, 中村 智徳, 木津 純子

    薬学雑誌 (日本薬学会)  137 ( 11 ) 1391 - 1408 2017年11月

  • 中学生に対する医薬品の適正使用教育と薬物乱用防止教育の在り方と他職種からの視点

    城山 今日子岸本 桂子小林 典子山浦 克典福島 紀子

    社会薬学 (日本社会薬学会)  36 ( 1 ) 1 - 12 2017年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 愛知県内保険薬局における薬学的疑義照会の不対応事例に関する実態調査

    加藤 光彦, 魚住 三奈, 近藤 靖子, 日上 健太, 大石 信雄, 岩田 紘樹, 小林 典子, 藤本 和子, 山浦 克典, 岩月 進

    第52回日本薬剤師会学術大会 (山口県下関市) , 2019年10月, ポスター(一般), 日本薬剤師会

  • 薬局薬剤師業務に対する国民の認知度と必要性の理解度の関連性

    竹内 淳,大石 信雄,岩田 紘樹,小林 典子,藤本 和子,山浦 克典

    日本社会薬学会第38年会 (松山) , 2019年09月, ポスター(一般), 日本社会薬学会

  • 医師及び患者により抗菌薬の不正使用に対する薬局薬剤師の対応の実態

    清 悠人, 小林 典子, 藤本 和子, 岩田 紘樹, 山浦 克典

    日本社会薬学会第38年会 (松山) , 2019年09月, ポスター(一般), 日本社会薬学会

  • 薬局における唾液検査の実施及び口腔セルフケアの情報提供の有用性

    柴野 孝一, 岩田 紘樹, 岡﨑 光洋, 藤巻 弘太郎, 小林 典子, 藤本 和子, 五島 朋幸, 山浦 克典

    日本薬学会第139年会, 2019年03月, 口頭(一般)

  • 頻出疑義照会に関する保険薬局と診療所の包括的合意の試み

    川本 嘉子, 林 直子, 岩田 紘樹, 今津 嘉宏, 小林 典子, 山浦 克典,

    日本薬学会第139年会 (千葉) , 2019年03月, ポスター(一般), 日本薬学会

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 卒業研究A

    2019年度

  • 実務実習事前学習5

    2019年度

  • 実務実習事前学習1

    2019年度

  • 実務実習事前学習(実習)

    2019年度

  • 知的障がい者との交流から学ぶ

    2019年度

全件表示 >>