Kizaki, Hayato

写真a

Affiliation

Faculty of Pharmacy, Department of Pharmacy 医薬品情報学講座 (Shiba-Kyoritsu)

Position

Research Associate/Assistant Professor/Instructor

E-mail Address

E-mail address

Career 【 Display / hide

  • 2018.11
    -
    Present

    慶應義塾大学薬学部, 医薬品情報学講座, 助教

Academic Background 【 Display / hide

  • 2010.04
    -
    2014.03

    The University of Tokyo, 薬学部, 薬科学科

    University, Graduated

  • 2014.04
    -
    2016.03

    The University of Tokyo, 薬学系研究科, 薬科学専攻

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 2016.09

    The University of Tokyo, 薬学系研究科, 薬科学専攻

    Graduate School, Doctoral course

  • 2017.09

    The University of Tokyo, 薬学系研究科, 薬学専攻

    Graduate School, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 薬科学(修士), The University of Tokyo, Coursework, 2016.03

    黄色ブドウ球菌コロニースプレッディングにおけるPSM毒素の役割

Licenses and Qualifications 【 Display / hide

  • 東京大学フューチャーファカルティプログラム修了, 大学教員としてのキャリアを進むにあたり不可欠となる教育力の向上をめざすプログラム, 2017.03

  • 薬剤師免許, 2019

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Medical pharmacy

  • Medical sociology

Research Keywords 【 Display / hide

  • 医薬品情報

  • 多職種連携

  • 薬剤師

 

Papers 【 Display / hide

  • ワークショップを用いた、介護施設における介護スタッフ・看護師・薬剤師の連携に関する問題点の抽出とその対応策の検討 介護施設入居者の適正な服薬を目指した取り組み

    木崎 速人, 白石 朗, 鳥居 雄治, 石井 貴之, 馬来 秀行, 三木 晶子, 佐藤 宏樹, 山本 大輔, 小西 ゆかり, 舟橋 健一, 臼井 順信, 堀 里子, 澤田 康文

    医薬品情報学 ((一社)日本医薬品情報学会)  22 ( 1 ) 44 - 52 2020.05

    ISSN  1345-1464

     View Summary

    三者連携による服薬支援に関する問題点を抽出し、その対応策について検討することを目的として、介護スタッフ(CW)・看護師・薬剤師を一堂に会したワークショップ(WS)を開催した。CW 9名、看護師4名、薬剤師8名の計21名がWSに参加し、四つのグループに分けた。各グループで抽出された問題点は「服薬介助に関する問題」、「薬の知識に関する問題」、「薬の管理に関する問題」、「情報把握に関する問題」、「コミュニケーションに関する問題」、「その他の問題」に分類された。また、各グループで検討した対応策が介護施設で実施されているか調査したところ、「施設ごとに気になることはなんでも書ける連絡ノートを作成する」、「バイタル・食事・排泄・水分量のチェックシートを薬剤師に開示する」、「薬剤師とCW同士で自己紹介を行い、CWから会話のきっかけをつくる」、「特定の入居者を選び看護師、CWの連携に薬剤師が参加する」などが実践されていた。

  • Cell-Surface Phenol Soluble Modulins Regulate Staphylococcus aureus Colony Spreading

    Hayato Kizaki, Yosuke Omae, Fumiaki Tabuchi, Yuki Saito, Kazuhisa Sekimizu, and Chikara Kaito.

    PLos One 11 ( 10 )  2016.10

    Research paper (scientific journal), Accepted

  • Novel Nucleoside Diphosphatase Contributes to Staphylococcus aureus Virulence.

    Kenta Imae, Yuki Saito, Hayato Kizaki, Hiroki Ryuno, Han Mao, Atsushi Miyashita, Yutaka Suzuki, Kazuhisa Sekimizu, and Chikara Kaito.

    The Journal of biological chemistry 291 ( 36 ) 18608 - 18619 2016.09

    Research paper (scientific journal), Accepted

  • Body-enlarging effect of royal jelly in a non-holometabolous insect species, Gryllus bimaculatus.

    Atsushi Miyashita, Hayato Kizaki, Kazuhisa Sekimizu, and Chikara Kaito.

    Biology Open 5 ( 6 ) 770 - 776 2016.06

    Research paper (scientific journal), Accepted

  • Multidrug-Resistance Transporter AbcA Secretes Staphylococcus aureus Cytolytic Toxins.

    Hirono Yoshikai, Hayato Kizaki, Yuki Saito, Yosuke Omae, Kazuhisa Sekimizu, and Chikara Kaito.

    The Journal of Infectious Diseases 213 ( 2 ) 295 - 304 2016.01

    Research paper (scientific journal), Accepted

display all >>

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • 新薬まるわかり セロトニン再取り込み阻害・セロトニン受容体調節薬 トリンテリックス10mg、20mg

    木崎速人,石井恵,佐藤宏樹,三木晶子,堀里子,澤田康文

    日経ドラッグインフォメーション【プレミアム版】 (日経BP社)   ( 279 ) PE22 - PE24 2021.01

    Introduction and explanation (others), Joint Work

  • 新薬まるわかり 選択的ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬 ミネブロ錠1.25mg、2.5mg、5mg

    木崎速人,勝田直子,佐藤宏樹,三木晶子,堀里子,澤田康文

    日経ドラッグインフォメーション【プレミアム版】 (日経BP社)   ( 277 ) PE16 - PE18 2020.11

    Introduction and explanation (others), Joint Work

  • 新薬まるわかり GnRHアンタゴニスト レルミナ錠40mg

    木崎速人,小林彩乃,佐藤宏樹,三木晶子,堀里子,澤田康文

    日経ドラッグインフォメーション【プレミアム版】 (日経BP社)   ( 275 ) PE22 - PE24 2020.09

    Introduction and explanation (others), Joint Work

  • 新薬まるわかり アルコール依存症 飲酒量低減薬 セリンクロ錠 10mg

    木崎速人,加藤木俊廣,佐藤宏樹,三木晶子,堀里子,澤田康文

    日経ドラッグインフォメーション【プレミアム版】 (日経BP社)   ( 273 ) PE018 - PE020 2020.07

    Introduction and explanation (others), Joint Work

  • 新薬まるわかり 過活動膀胱治療薬(選択的β₃アドレナリン受容体作動薬) べオーバ錠50mg

    木崎速人,久保田緑,佐藤宏樹,三木晶子,堀里子,澤田康文

    日経ドラッグインフォメーション【プレミアム版】 (日経BP社)   ( 270 ) PE022 - PE024 2020.04

    Introduction and explanation (others), Joint Work

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • フォーカスグループインタビューを用いた臨床研究コーディネーターによる被験者ケアにおける課題の抽出

    角田望,木崎速人,大島央子,石崎雅人,野呂幾久子,飯岡緒美,中野重行,堀里子

    第20回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議2020, 2020.11, Oral Presentation(general)

  • 入居者背景が介護施設における服薬に関するインシデント発生に及ぼす影響の解析

    宗方伸樹,木崎速人,益子幸太郎,山本大輔,馬来秀行,小西ゆかり,佐藤宏樹,澤田康文,堀里子

    第30回医療薬学会年会 (オンライン) , 2020.10, Oral Presentation(general)

  • サービス付き高齢者向け住宅1施設における服薬介助に伴うインシデントおよびその要因の分析

    池田百合香,佐藤宏樹,柳奈津代,益子幸太郎,木崎速人,山本大輔,馬来秀行,小西ゆかり,雨宮潤美,堀里子,澤田康文

    第30回医療薬学会年会, 2020.10, Oral Presentation(general)

  • オンライン服薬指導を受ける患者から見たその利点や課題点:半構造化インタビューによる探索的調査

    松本優作,木﨑速人,池田裕樹,仲村昌平,喜納信也,永井尭範,那須隆史,宮本興治,堀里子

    日本薬学会第140年会(誌面開催), 2020.03, Oral Presentation(general)

     View Summary

    講演ハイライト選出

  • 一般用医薬品販売における登録販売者−消費者間の情報収集・提供に影響を与える因子の解析

    木﨑速人,望月美里,堀里子,佐藤宏樹,吉田豊,石川香織,大石美也,澤田康文

    日本薬学会第140年会(誌面開催), 2020.03, Oral Presentation(general)

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 要介護等高齢者の薬物治療適正化・医療安全確保に向けた介護施設における医薬品関連インシデント事例の要因解析

    2019.04
    -
    2020.03

    日本医薬品情報学会, 課題研究班, 木﨑速人, 佐藤宏樹,堀里子,澤田康文, No Setting, Principal Investigator

Awards 【 Display / hide

  • 第21介医薬品情報学会・学術大会 学生優秀発表ポスター賞

    木崎速人,佐藤宏樹,山本大輔,馬来秀行,益子幸太郎,小西ゆかり,浅井康平,堀里子,澤田康文, 2018.06, 医薬品情報学会, 介護士による服薬介助に伴い発生したインシデントに関する記述疫学的解析

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • RESEARCH FOR BACHELOR'S THESIS 1

    2021

  • PRE-CLINICAL TRAINING FOR HOSPITAL & COMMUNITY PHARMACY

    2021

  • PHARMACEUTICAL-ENGLISH SEMINAR

    2021

  • EVIDENCE-BASED MEDICINE

    2021

  • ENGLISH EXERCISES FOR PHARMACEUTICAL SCIENCES

    2021

display all >>

Courses Previously Taught 【 Display / hide

  • 実務実習事前学習(実習)

    Keio University, 2018, Autumn Semester, Major subject, Laboratory work/practical work/exercise, 160people

Educational Activities and Special Notes 【 Display / hide

  • 明治大学 「教職実践演習」:「教育実習の総まとめ」、授業題目:正しい薬の育て方

    2017.11

    , Special Affairs

  • 東京大学教養学部 全学自由研究ゼミナール「伝えるを学ぼう」:第6回「大学院生による模擬授業・検討・解説3」、授業題目:創る薬から育てる薬へ

    2017.05

    , Special Affairs

  • 学校法人河合塾 知の追究講座 講師:「薬の創り方・育て方〜薬学研究の最前線〜」

    2017.04

    , Special Affairs

  • 東京大学文学部 第1回留学生ワークショップ 講師:「何気ない日本人の習慣・考え方を学ぼう!」

    2017.03

    , Special Affairs

  • 学校法人河合塾 学びみらいプログラム 講師:「正しい薬の育て方」

    2017.03

    , Special Affairs

 

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 薬学教育学会

     
  • 医薬品情報学会

     
  • 医療薬学会

     

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2020.04
    -
    Present

    研究企画委員会 委員, 一般財団法人 日本医薬品情報学会