河添 仁 (カワゾエ ヒトシ)

Kawazoe, Hitoshi

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門 (芝共立)

職名

専任講師

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年08月
    -
    2008年03月

    香川大学医学部附属病院 薬剤部

  • 2008年04月
    -
    2018年03月

    愛媛大学医学部附属病院 薬剤部

  • 2013年04月
    -
    2018年03月

    愛媛大学医学部附属病院 薬剤部 薬剤主任

  • 2016年04月
    -
    2020年03月

    松山大学薬学部 非常勤講師兼任

  • 2018年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学薬学部 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門 専任講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2001年03月

    徳島大学, 薬学部, 薬学科

    大学, 卒業

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    徳島大学, 薬学研究科 医療薬学専攻博士前期課程

    大学院, 修了

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    徳島大学, 薬科学教育部 医療生命薬学専攻博士後期課程

    大学院, 修了

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 徳島大学, 課程, 2008年03月

    がん治療関連毒性に対する薬物療法に関する臨床薬学的研究

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本MBTI協会MBTI認定ユーザー, 2018年12月

  • 日病薬病院薬学認定薬剤師, 2018年07月

  • 日本医療薬学会がん専門薬剤師認定, 2010年01月

  • 日本医療薬学会がん指導薬剤師認定, 2010年01月

  • 日本医療薬学会指導薬剤師委嘱, 2010年12月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • がん治療関連毒性の臨床薬学的研究

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 抗がん剤の副作用回避および支持療法の開発を目的とした臨床薬学的研究, 

    2018年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 臨床場面でわかる!くすりの知識 ナースが出会う14の場面, 134の疑問(改訂第2版)

    河添 仁, 南江堂, 2019年09月,  ページ数: 124, 131-138

    担当範囲: 複数のくすりをつかうとき配合変化・相互作用に注意する

  • がん看護

    河添 仁, 鈴木小夜, 中村智徳, 南江堂, 2019年07月,  ページ数: 24 (6): 543-546

    担当範囲: 【総論】がん患者の服薬アドヒアランス~安全で有効な治療の遂行と適切な服薬管理のために~

  • 外来治療をサポートする がん薬物療法マネジメントブック

    河添 仁, じほう, 2016年09月

  • がん化学療法 レジメン管理マニュアル 第2版

    河添 仁, 医学書院, 2016年06月

  • 臨床の疑問に答える がん薬物療法アップデート

    河添 仁, じほう, 2016年01月

論文 【 表示 / 非表示

  • A nationwide, multicenter registry study of antiemesis for carboplatin-based chemotherapy-induced nausea and vomiting in Japan

    Iihara H, Shimokawa M, Hayashi T, Kawazoe H, Saeki T, Aiba K, Tamura K

    Oncologist (Oncologist)  24   1 - 8 2019年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  10837159

     概要を見る

    © 2019 The Authors. The Oncologist published by Wiley Periodicals, Inc. on behalf of AlphaMed Press. Background: We previously reported the results of a prospective study of chemotherapy-induced nausea and vomiting (CINV) in a cohort of patients who received carboplatin-based chemotherapy and were selected from a nationwide registry of those scheduled for moderately (MEC) or highly emetogenic chemotherapy (HEC) by the CINV Study Group of Japan. Of 1,910 previously registered patients (HEC: 1,195; MEC: 715), 400 patients received carboplatin-based chemotherapy. The frequency of CINV was determined, and the risk factors for CINV were assessed. Materials and Methods: CINV data were collected from 7-day diaries. Risk factors for CINV were identified using logistic regression models. Results: Of 400 patients scheduled for carboplatin-based chemotherapy, 267 patients received two antiemetics (5-hydroxytryptamine-3 receptor antagonist [5-HT3 RA] and dexamethasone [DEX]), 118 patients received three antiemetics (5-HT3 RA, DEX, and neurokinin-1 receptor antagonist [NK1 RA]), and 15 were nonadherent to the treatment. In these patients, the CINV overall, acute, and delayed phase rates of complete response (CR), defined as no vomiting with no rescue medication, were 67.0%, 98.2%, and 67.5%, respectively. The rates of no nausea were 55.6%, 94.0%, and 56.1%, respectively, and those of no vomiting were 81.3%, 99.0%, and 81.8%, respectively. Older age was associated with a decreased non-CR, whereas female sex, history of pregnancy-related emesis, and dual antiemetic therapy were associated with an increased non-CR during the overall period. Conclusion: In a clinical practice setting, in patients who received carboplatin-based chemotherapy, adherence is quite high and appropriate antiemetic prophylaxis requires a triple antiemetic regimen including NK1 RA. Implications for Practice: For patients receiving carboplatin-based chemotherapy, triple antiemetic therapy with 5-hydroxytryptamine-3 receptor antagonist, dexamethasone, and neurokinin-1 receptor antagonist should be given prophylactically regardless of risk factor status.

  • 外来がん化学療法患者に対する診察後から診察前への薬剤師面談の変更とその効果

    芳野知栄, 田坂友紀, 小池香苗, 矢野安樹子, 白石沙弥, 河添 仁, 山本祐司, 井門敬子, 田中 守, 飛鷹範明, 田中亮裕, 渡部祐司, 荒木博陽

    日本臨床腫瘍薬学会雑誌 ((一社)日本臨床腫瘍薬学会)  10   1 - 7 2019年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    愛媛大学医学部附属病院では、2016年6月より消化管・腫瘍外科の外来がん化学療法施行患者を対象に、薬剤師による面談を診察後から前へ変更した。そこで、診察前面談の有用性を評価し、改善点を明らかにすることを目的に変更前後6ヵ月間(前:2015年12月〜2016年5月、後:2016年7月〜12月)を比較検討した。変更前は延べ84名中47名、変更後は延べ139名中70名に面談を実施した。提案割合は変更前(23.4%、11/47名)と比較して変更後(40.0%、28/70名)で増加し、医師に当日採択された割合も変更後有意に上昇した(診察後面談:54.5%、6/11件vs診察前面談:100.0%、39/39件、p<0.001)。また、医師へのインタビューからも薬剤師の診察前面談内容が医師の診察時に共有されることで医師の業務負担軽減にも繋がり、患者の安全な薬物療法遂行に早期から貢献できていることが考えられた。(著者抄録)

  • 改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習に向けたルーブリック形式の概略評価を用いた パフォーマンス評価の先行導入:学生視点に基づくアウトカム評価と教育効果向上のための提案

    鈴木小夜†,河添 仁†,地引 綾,横山雄太,中村智徳

    医療薬学 45 ( 4 ) 228 - 239 2019年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Impact of e-mail-delivered Cupressaceae pollen dispersal data on prophylactic treatment and patient satisfaction

    Okada K, Takatori S, Kawazoe H, Toyota Y, Ishida N, Shimizu H, Obana E, Kashiwagi A, Miyano Y, Namba H

    Jpn J Palynol 64 ( 2 ) 55 - 62 2019年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Association Between Immune-Related Adverse Events and Clinical Efficacy in Patients with Melanoma Treated With Nivolumab: A Multicenter Retrospective Study

    Okada N, Kawazoe H, Takechi K, Matsudate Y, Utsunomiya R, Zamami Y, Goda M, Imanishi M, Chuma M, Hidaka N, Sayama K, Kubo Y, Tanaka A, Ishizawa K

    Clinical Therapeutics (Clinical Therapeutics)  41 ( 1 ) 59 - 67 2019年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  01492918

     概要を見る

    © 2018 Elsevier Inc. Purpose: Nivolumab, an anti–programmed death 1 antibody, produces antitumor effects by activating host immunity, which also causes immune-related adverse events (irAEs). The aim of this study was to analyze the association between antitumor effect and irAEs induced by nivolumab in patients with melanoma. Methods: Fifteen patients with melanoma who had received nivolumab at Tokushima University Hospital or Ehime University Hospital between January 2015 and December 2016 were enrolled in this study. Patients who had and did not have irAEs during nivolumab treatment were classified into an irAEs-positive group (n = 8) and an irAEs-negative group (n = 7), respectively. We compared the disease control rate (DCR) and overall survival (OS) between the 2 groups. Data on blood cell counts were also analyzed. Findings: After a median of 4 cycles of nivolumab treatment, irAEs occurred. The DCRs were 75% and 14% in the irAEs-positive and irAEs-negative groups, respectively (p < 0.05). OS in the irAEs-positive group was higher than that in the irAEs-negative group (p < 0.05). Multivariable Cox proportional hazards regression analysis revealed that irAE occurrence affected OS with nivolumab treatment. Moreover, the increase in baseline peripheral lymphocyte count at the time of onset of irAEs was significantly greater in the irAEs-positive group than in the irAEs-negative group after 4 cycles of nivolumab treatment (p < 0.05). Implications: Our study indicated that clinical response with nivolumab treatment improves with irAE occurrence in patients with melanoma. Moreover, the early increase in peripheral lymphocyte count may act as a biomarker for predicting the occurrence of irAEs induced by nivolumab.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • がん薬物治療における職業性曝露対策の新たな動きと未来展望

    河添 仁, 鈴木小夜, 横山雄太, 地引 綾, 中村智徳

    日本医薬品安全性学会会誌 5 ( 2 ) 67 - 76 2019年

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • がん薬物治療におけるステロイド

    地引 綾, 横山雄太, 河添 仁, 鈴木小夜, 中村智徳

    日本医薬品安全性学会会誌 ((一社)日本医薬品安全性学会)  5 ( 1 ) 1 - 14 2019年

    総説・解説(学術雑誌), 共著

     概要を見る

    ステロイドはがん薬物治療の領域において様々な場面で用いられている。免疫抑制作用、抗炎症、抗腫瘍、治療に伴う副作用の軽減、腫瘍による症状の緩和など多様な効果が期待される。近年がん薬物治療の領域は目覚ましい進歩を遂げており、それに合わせてがん薬物治療における最適なステロイドの種類・投与量・投与期間、使用上の注意点も変化していると考えられる。多発性骨髄腫の治療や制吐療法ではデキサメタゾンが重要な役割を担っており、治療成績の向上に伴いステロイドの投与量は減少してきている。一方、近年新たに承認された去勢抵抗性前立腺癌の治療薬や、免疫チェックポイント阻害薬による免疫関連有害事象の発現により、プレドニゾロンが使用される機会が増えた。ステロイドは、適正に使用すればがん薬物治療の効果を最大限に高めつつ副作用を最小限にとどめることが可能である。ステロイドの投与により易感染、骨粗鬆症、高血糖、吃逆などの副作用が発現するだけでなく、免疫チェックポイント阻害薬の治療効果が減弱する可能性もあることが報告されているため、使用の際には投与目的、投与量、投与期間が患者の病態に適しているかどうかを適切に評価する必要がある。(著者抄録)

  • 研究方法のレクチャー: (1) 研究方法~臨床薬学的研究の紹介~

    河添 仁, 鈴木小夜, 横山雄太, 地引 綾, 中村智徳

    日本臨床腫瘍薬学会雑誌 9   20 - 25 2019年

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • がん薬物治療と臨床試験におけるスペシャル・ポピュレーション

    鈴木小夜, 地引 綾, 横山雄太, 河添 仁, 中村智徳

    日本医薬品安全性学会会誌 ((一社)日本医薬品安全性学会)  4 ( 2 ) 83 - 98 2018年

    総説・解説(学術雑誌), 共著

     概要を見る

    スペシャル・ポピュレーション(特別な背景を有する患者)とは薬物の体内動態(PK)や感受性(PD)が一般の患者集団とは異なる生理状態にある患者(腎機能低下患者、肝機能低下患者、高齢者、小児、妊婦・授乳婦など)のことであり、ハイリスク薬である抗がん薬の投与に際しては臨床症状や治療方針、リスク・ベネフィットを考慮した適切な用量調節を考慮する必要がある。近年開発が目覚ましい抗体製剤、特に最近注目されている免疫チェックポイント阻害剤は標的細胞に取り込まれて分解するためPKに対する影響要因が全く異なり、消失過程は腎機能や肝機能に依存しないとされている。スペシャル・ポピュレーションのがん薬物治療における問題の1つは、彼らが多くの場合において治験対象とはならないため、上市された後に予期せぬ副作用や問題が生じることである。米国では、国立がん研究所Organ Dysfunction Working Groupが腎機能や肝機能の低下患者を対象とした抗がん薬のPKおよびPDと推奨用量について検討している他、最近、米国臨床腫瘍学会(ASCO)や米国食品医薬品局(FDA)において、治験時の対象選択基準を拡大してより実臨床に近い試験結果を得ようとする動きが活発化している。今後、スペシャル・ポピュレーションにとってより安全かつ効果的ながん薬物治療が推進されることが期待される。(著者抄録)

  • 上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬における治療薬物モニタリングのルーチン化に向けて

    横山雄太, 鈴木小夜, 地引 綾, 河添 仁, 中村智徳

    日本医薬品安全性学会会誌 4   1 - 11 2018年

    総説・解説(学術雑誌), 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 後発品の適正使用に向けたゲムシタビン液体製剤誘発性血管痛対策の基礎検討

    河添 仁, 吉浦誠海, 横山雄太, 地引 綾, 鈴木小夜, 中村智徳

    日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020, 2020年03月, ポスター(一般)

  • 研究の目的は患者さんのために~PDCAサイクルを回す~

    河添 仁

    日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020, 2020年03月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 薬学実務実習における代表的8疾患の経験数が概略評価に与える影響

    清宮啓介, 池淵由香, 津田壮一郎, 別府紀子, 青森 達, 鈴木小夜, 地引 綾, 横山雄太, 河添 仁, 岩田紘樹, 小林典子, 藤本和子, 早川智久, 山浦克典, 中村智徳, 村松 博, 望月 眞弓

    第29回日本医療薬学会年会, 2019年11月, ポスター(一般)

  • 後ろ向き観察研究をインパクトファクターの高い学術雑誌へ掲載する戦略

    河添 仁

    第29回日本医療薬学会年会, 2019年11月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 喫煙防止・禁煙支援に関する松山大学の初年次教育の評価-2011 年度~2018 年度の喫煙率年次推移-

    難波弘行, 河添 仁, 高取真吾, 井上捷人, 高橋芹奈, 黒田 普, 山内真央子, 寺岡誠朗, 岡本良美, 谷川容子, 勝田智子, 柴田和彦

    第14回日本禁煙科学会学術総会, 2019年09月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 抗がん剤誘発悪心・嘔吐に有効な抗精神病薬ドラッグ・リポジショニングと機序解明

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C)(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

  • 抗がん剤誘発悪心・嘔吐に有効な抗精神病薬ドラッグリポジショニングと機序解明

    2019年04月
    -
    2020年03月

    慶應義塾, 福澤基金研究補助, 補助金,  代表

  • 後発品の適正使用に向けたゲムシタビン液体製剤誘発血管痛の基礎および臨床研究

    2019年01月
    -
    2020年12月

    日本臨床腫瘍薬学会, 2018 (平成30) 年度がん研究助成, 補助金,  代表

  • Myers-Briggs Type Indicatorを用いた体験型実習による薬学生の社会感受性の育成

    2018年04月
    -
    2019年03月

    慶應義塾, 慶應義塾学事振興資金, 補助金,  代表

  • 外来化学療法におけるがん患者指導管理料3のアウトカムと医療経済効果の基盤研究

    2016年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019 優秀演題賞

    河添 仁 (代表受賞者), 亀井義明, 村上朱里, 山下美智子, 薬師神芳洋, 中村智徳, 2019年03月, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019, 標準制吐療法下における乳がんアンスラサイクリン誘発悪心・嘔吐の患者関連リスク因子

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 平成29年度日本医療薬学会奨励賞

    河添 仁, 2017年11月, 日本医療薬学会, 外来化学療法における薬学的介入と双方向性の情報共有の臨床的アウトカム

  • 第28回霧島神経薬理フォーラム奨励賞

    内田真美 (代表受賞者), 河添 仁, 魚住龍史, 森下茉鈴, 座間味義人, 石澤啓介, 川崎博己, 難波弘行, 田中亮裕, 高取真吾, 荒木博陽, 2017年08月, 第28回霧島神経薬理フォーラム, オキサリプラチン、パクリタキセルおよびビンクリスチン誘発末梢神経障害に対するレニン・アンジオテンシン系阻害薬の抑制効果

  • Japanese Medical Exchange Program 2011

    Hitoshi Kawazoe, 2011年04月, MD Anderson Cancer Center, MDアンダーソンがんセンターでチーム医療を学ぶ5週間留学研修プログラム

  • 第18回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会若手奨励賞

    河添 仁 (筆頭受賞者), 土橋浩章, 田中裕章, 谷久美子, 福岡憲泰, 亀田智広, 洲崎賢太郎, 橘高克治, 石田俊彦, 芳地 一, 2007年10月, 第18回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会, 関節リウマチ患者に対するタクロリムスの血中濃度と有効性の検討

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(医療薬学)

    2019年度

  • 演習(医療薬学)

    2019年度

  • 卒業研究B

    2019年度

  • 卒業研究A

    2019年度

  • 実務実習事前学習3

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(医療薬学)

    慶應義塾, 2018年度

  • 演習(医療薬学)

    慶應義塾, 2018年度

  • 薬学生のための体験学習プログラムF

    慶應義塾, 2018年度

  • 薬学英語演習S

    慶應義塾, 2018年度

  • 卒業研究C

    慶應義塾, 2018年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床腫瘍薬学会 代議員

    2020年01月
    -
    継続中
  • 日本医療薬学会 代議員

    2019年03月
    -
    継続中
  • 日本臨床腫瘍薬学会 会誌編集委員会

    2014年01月
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会, 

    2019年08月
    -
    継続中
  • 日本MBTI協会, 

    2018年12月
    -
    継続中
  • 東京都病院薬剤師会, 

    2018年04月
    -
    継続中
  • 日本臨床腫瘍薬学会, 

    2013年10月
    -
    継続中
  • 日本臨床腫瘍学会, 

    2009年10月
    -
    継続中

全件表示 >>