植草 義徳 (ウエクサ ヨシノリ)

Uekusa, Yoshinori

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 天然医薬資源学講座 (芝共立)

職名

助教

外部リンク

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • Scripps Institution of Oceanography, University of California, San Diego , Center for Marine Biotechnology and Biomedicine, Visiting Scholar

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    Center for Marine Biotechnology and Biomedicine, Scripps Institution of Oceanography, University of California, San Diego, Visiting Scholar

  • 2016年07月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 薬学部, 助教

  • 2016年07月
    -
    継続中

    国立医薬品食品衛生研究所, 食品部, 協力研究員

  • 2013年05月
    -
    2016年06月

    国立医薬品食品衛生研究所, 食品部, 厚生労働技官・任期付研究員

  • 2013年04月

    名古屋市立大学大学院, 薬学研究科, 研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2010年03月

    静岡県立大学, 生活健康科学研究科, 食品栄養科学専攻

    大学院, 修了, 博士後期

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    静岡県立大学, 生活健康科学研究科, 食品栄養科学専攻

    大学院, 修了, 博士前期

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    東京薬科大学, 生命科学部, 分子生命科学科

    卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(食品栄養科学), 静岡県立大学, 課程, 2010年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 天然資源系薬学 (天然物化学)

  • 分析化学 (Analytical Chemistry)

  • 食品科学 (食品化学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 分析化学

  • 天然物化学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 試料分析講座 糖質分析

    丸善出版, 2019年07月

    担当範囲: 6.4 NMR による糖鎖–タンパク質相互作用の解析,  担当ページ: 246–252

論文 【 表示 / 非表示

  • Preparation of menisdaurigenin and related compounds

    Shirakawa, R., Ishikawa, S., Takahashi, M., Ueno, Y., Uekusa, Y., Narukawa, Y., Sugai, T., and Kiuchi, F.

    J. Nat. Med. (Journal of Natural Medicines)  73 ( 1 ) 236 - 243 2019年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  13403443

     概要を見る

    © 2018, The Japanese Society of Pharmacognosy and Springer Japan KK, part of Springer Nature. Menisdaurin (1), a cyano glucoside, was first isolated in 1978 from Menispermum dauricum (Menispermaceae) and named after the plant. It has been also isolated from several plant sources. The stereochemistry of the aglycone part was first reported as (Z,4R,6S)-enantiomer of (4,6-dihydroxy-2-cyclohexen-1-ylidene)acetonitrile based on the CD spectrum of menisdaurilide (2), the α,β-unsaturated γ-lactone obtained by an acid hydrolysis of menisdaurin. Later, the absolute stereochemistry was revised as (Z,4S,6R) by X-ray crystal analysis of 1 isolated from Saniculiphyllum guangxiens. The aglycone part of menisdaurin (1) has not been obtained from 1, because an acid hydrolysis of 1 gave menisdaurilide (2), and enzymatic hydrolysis with emulsin did not give the aglycone. On the other hand, a compound named coculauril (3) was isolated from Cocculus lauriforius. This compound has the same planner structure corresponding to the aglycone of 1, but the stereochemistry was reported to be (E,4R,6S). Here, we confirmed the absolute stereochemistry of 1 by Mosher’s method to be (Z,4S,6R), and prepared the aglycone of 1, i.e., menisdaurigenin (4) by an enzymatic hydrolysis of 1. We also revealed that 4 is a different compound from 3 and unstable in water and MeOH.

  • Efficient Synthesis of Theaflavin 3-Gallate by a Tyrosinase-Catalyzed Reaction with (-)-Epicatechin and (-)-Epigallocatechin Gallate in a 1-Octanol/Buffer Biphasic System

    Narai-Kanayama A., Uekusa Y., Kiuchi F., Nakayama T.

    Journal of Agricultural and Food Chemistry (Journal of Agricultural and Food Chemistry)  66 ( 51 ) 13464 - 13472 2018年12月

    ISSN  00218561

     概要を見る

    © 2018 American Chemical Society. Theaflavins, the orange-red pigments contained in black tea, have attracted attention as a result of their health-promoting effects. However, their synthetic preparation, in which the enzymatic oxidation of catechol-type catechin is followed by the quinone-induced oxidative dimerization of selectively combined catechol- and pyrogallol-type catechins, provides only a low yield. In the present study, we found that a 1-octanol/buffer biphasic system improved the yield of theaflavin 3-gallate in a tyrosinase-catalyzed synthetic reaction with (-)-epicatechin and (-)-epigallocatechin gallate. When the enzymatic reaction proceeded in a buffer solution, oxidized (-)-epigallocatechin gallate was preferentially used for self-dimerization. However, self-dimerization was suppressed in the octanol phase, allowing oxidized (-)-epigallocatechin gallate to participate in coupling with (-)-epicatechin quinone, leading to effective production of theaflavin 3-gallate. Furthermore, the preferential localization of theaflavin 3-gallate in the octanol phase prevented (-)-epicatechin-quinone-induced degradation.

  • Concentration of radioactive cesium in domestic foods collected from the Japanese market in fiscal years 2014-2016

    Imamura M., Nabeshi H., Tsutsumi T., Uekusa Y., Maisuda R., Maeda T., Soga K., Teshima R., Hachisuka A., Akiyama H.

    Journal of the Food Hygienic Society of Japan (Journal of the Food Hygienic Society of Japan)  59 ( 5 ) 239 - 247 2018年10月

    ISSN  00156426

     概要を見る

    © 2018 Food Hygienic Society of Japan.All right reserved. Between fiscal years 2014 and 2016, we surveyed the concentration of radioactive cesium in commercial foods produced in areas where there is a risk of radiation contamination due to the Fukushima Daiichi nuclear disaster. The number of samples with a concentration of radioactive cesium that exceeded the regulatory limit(100 Bq/kg for general foods)was 9 out of 1,516(0.6%)in fiscal 2014, 12 out of 900(1.3%)in fiscal 2015, and 10 out of 654(1.5%)in fiscal 2016. Even though some samples were expected to be contaminated with radioactive cesium, because wild mushrooms and edible wild plants were intentionally included in this survey, the percentage of samples that exceeded the regulatory limit was only around 1%. The surveillance results confirmed that the pre-shipment food monitoring conducted by local governments was properly and efficiently performed, although continuous monitoring of the concentration of radioactive cesium in cultivated and wild mushrooms, edible wild plants, and wild animal meats is still required.

  • Determination of polychlorinated biphenyls in marine fish obtained from tsunami-stricken areas of Japan

    Uekusa, Y., Takatsuki, S., Tsutsumi, T., Akiyama, H., Matsuda, R., Teshima, R., Hachisuka, A., and Watanabe, T.

    PLOS ONE 12 ( 4 ) e0174961 2017年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 福島第一原子力発電所事故に由来した放射性セシウムが検出された食品のウラン濃度の調査

    植草 義徳,鍋師 裕美,片岡 洋平,渡邉 敬浩,蜂須賀 暁子,穐山 浩,堤 智昭,松田 りえ子,手島 玲子

    日本食品化学学会誌 23   43 - 48 2016年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 多成分系から相乗作用に関与する化合物を探し出す

    植草 義徳

    ファルマシア 54 ( 10 ) 982 2018年10月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • NMR characterization of the conformations, dynamics, and interactions of glycosphingolipids

    Yagi-Utsumi, M., Yamaguchi, Y., Uekusa, Y., and Kato, K.

    NMR in Glycoscience and Glycotechnology (RSC Publishing (Cambridge))     161 - 178 2017年05月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Solubility-enhancement of berberine-baicalin complex by crocins

    American Society of Pharmacognosy 2019 Annual Meeting, 2019年07月, ポスター(一般)

  • Structural analysis of the complex of baicalin and berberine in aqueous solution

    American Society of Pharmacognosy 2019 Annual Meeting, 2019年07月, ポスター(一般)

  • チェストツリー成分の女性ホルモン分泌に対する影響に関する研究

    日本薬学会第139年会, 2019年03月, ポスター(一般)

  • 抗トリパノソーマ活性を有するラクウショウ由来成分の探索

    日本薬学会第139年会, 2019年03月, ポスター(一般)

  • 五苓散の脂肪細胞分化に対する影響

    日本薬学会第139年会, 2019年03月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 生物活性発現初期段階におけるフラボン類とリン脂質膜との相互作用解析

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 植草 義徳, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • フラボノイド混合物の抗炎症作用メカニズムの解析とその応用

    2018年04月
    -
    2021年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  分担

  • テアフラビン類とリン脂質との分子間相互作用の解析

    2018年04月
    -
    2021年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  分担

  • 生薬の品質評価および基原植物推の推定を目的とした多成分一斉分析法の開発

    2017年04月
    -
    2018年03月

    慶應義塾大学, 福澤諭吉記念基金, 補助金, 

  • 震災に起因する食品中の放射性物質ならびに有害化学物質の実態に関する研究 震災・津波による食品の化学物質汚染実態の調査

    2015年04月
    -
    2016年03月

    厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 補助金,  分担

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本生薬学会第65回年会優秀発表賞

    2018年09月, 水溶液中におけるbaicalinとberberineの複合体構造の解析

  • 日本食品化学学会 奨励賞

    2016年06月, 日本食品化学学会, 東日本大震災に起因した食品中の有害物質等の実態に関する研究

  • 日本フードファクター学会 Young Investigator Award

    2009年11月, 日本フードファクター学会, NMR法による緑茶カテキン類のリン脂質膜中における存在位置の解明

  • 第18回フードサイエンスフォーラム 最優秀プレゼンテーション賞

    2008年11月, フードサイエンスフォーラム, ECgの脂質膜中における動態挙動解析(固体NMRによる相互作用解析)

  • 第17回フードサイエンスフォーラム 最優秀プレゼンテーション賞

    2008年03月, フードサイエンスフォーラム, 茶カテキン類は生体膜(脂質二重層)の表面と相互作用する(溶液NMRを用いた相互作用部位の解析)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(天然医薬資源学)

    2019年度

  • 演習(天然医薬資源学)

    2019年度

  • 卒業研究A

    2019年度

  • 高度研究機器特別演習

    2019年度

  • 生薬学実習

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 医薬分子設計化学

    慶應義塾, 2017年度, 春学期

  • 生体分子・生理活性物質の構造解析

    慶應義塾, 2017年度, 春学期

  • 天然薬物学

    慶應義塾, 2017年度, 春学期

  • 生薬学実習

    慶應義塾, 2017年度, 秋学期

  • 薬学基礎実習

    慶應義塾, 2017年度, 秋学期

全件表示 >>