Nozue, Kiyoka

写真a

Affiliation

Faculty of Nursing and Medical Care (Shonan Fujisawa)

Position

Professor

Career 【 Display / hide

  • 1983.04
    -
    1984.03

    日本医科大学附属病院,看護師

  • 1986.04
    -
    1988.03

    聖路加国際病院,看護師

  • 1988.04
    -
    1991.03

    聖路加看護大学,専任講師

  • 1995.04
    -
    2001.03

    横浜市立市民病病院,精神看護専門看護師

  • 2001.04
    -
    Present

    大学教授(慶應義塾大学看護医療学部)

Academic Background 【 Display / hide

  • 1983.03

    Kochi Women's University, Faculty of Nursing

    University, Graduated

  • 1986.03

    St. Luke's College of Nursing

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 1995.03

    St. Luke's College of Nursing

    Graduate School, Completed, Doctoral course

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Clinical nursing (Clinical Nursing Science)

Research Keywords 【 Display / hide

  • 精神看護、リエゾン精神看護、うつ、睡眠、アサーション、高度看護実践

Proposed Theme of Joint Research 【 Display / hide

  • がん患者のうつ症状改善のための看護ケア効果

  • アサーション・トレーニングの効果

 

Books 【 Display / hide

  • 精神看護スペシャリストに必要な理論と技法

    NOZUE KIYOKA, 日本看護協会出版会, 2009.03

  • こころを癒す : 実践オレム-アンダーウッド理論

    NOZUE KIYOKA, 講談社, 2005.03

    Scope: 39-44,124-130,359-374

  • 未来への貢献 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス―産学の対話2004―

    NOZUE KIYOKA, 水曜社, 2004.07

    Scope: 116-127

  • リエゾン精神看護 : 患者ケアとナース支援のために

    野末聖香, 東京 : 医歯薬出版, 2004.06

  • ナースのためのアサーション

    NOZUE KIYOKA, 金子書房, 2002.12

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • 心通う看護を支えるコミュニケーション アサーションがもたらすもの

    野末聖香

    聖路加看護学会誌 1-2 ( 22 ) 33 - 35 2019

    Research paper (scientific journal), Single Work, Except for reviews

  • 【医療従事者・支援者のストレスケア】 看護師のストレス予防と対処のためのアサーション・トレーニング(解説/特集)

    NOZUE KIYOKA

    ストレス科学 31 ( 3 ) 209-216 2017.03

  • Randomized Controlled Study Evaluating the Intervention Effect of Certified Nurse Specialist in Psychiatric Mental Health Nursing on Depressive Cancer Patients

    Kiyoka Nozue, Shiori Usami, Noriko Fukuda, Takeo Kuwahara, Michiko Ishii, Yoshie Fukushima, Yumiko Hayashida, Sachiko Ando, Kyoko Ueno, Tsuneo Shimokawa

    journal 36   147 - 155 2016.12

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

     View Summary

    Purpose: The purpose of this study was to determine the effect of intervention by certified nurse specialist in psychiatric mental health nursing (PMHCNS) on depressive cancer patients.
    Method: The randomized controlled trial design was used. Inpatients from three hospitals were randomly allocated into the intervention (n = 34) or control group (n = 37). Participants in the former group received PMHCNS intervention while control participants were given a booklet about self-management of depressive symptoms. The primary outcome was scores of depression evaluated on the Patient Health Questionnaire (PHQ)-9 scale before and after intervention.
    Results: PHQ-9 scores improved in both groups. As a result of 2-way ANOVA, there were significant interaction effects between the intervention and time in the scores.
    Conclusion: The result of the study provided evidence to support that PMHCNS intervention improves depression.

  • がん患者の抑うつ状態に対する精神看護専門看護師によるケアの効果 無作為化比較試験による検討

    野末 聖香, 宇佐美 しおり, 福田 紀子, 桑原 武夫, 石井 美智子, 福嶋 好重, 林田 由美子, 安藤 幸子, 上野 恭子, 下川 恒生

    日本看護科学会誌 ((公社)日本看護科学学会)  36   147 - 155 2016.12

    ISSN  0287-5330

     View Summary

    目的:がん患者の抑うつ状態を改善するためのケア・パッケージを用いた精神看護専門看護師による介入の効果を検討する.方法:造血器腫瘍あるいは肺がんの診断を受け,化学療法目的で入院した患者を対象とした.うつ尺度(PHQ-9)によるスクリーニングで軽度から中等度の抑うつ状態にある対象者を介入群(n=34)と対照群(n=37)の2群に無作為に割り付けた.介入群には1回30分以上,週2回,合計4回の個別面接を実施し,対照群には心理教育パンフレットを手渡して,介入/観察前後の2時点で無作為化比較試験による評価を行った.結果:二元配置分散分析の結果,両群とも有意にPHQ-9得点が改善した.加えて介入と時間の交互作用が認められ,介入群の改善度が大きいことが示された.結論:ケア・パッケージを用いた精神看護専門看護師による介入は,がん患者の抑うつ状態の改善度を高めると考えられた.(著者抄録)

  • 長期入院予備軍の精神障害者に対する在宅療養移行支援(TC)の実態

    NOZUE KIYOKA

    日本看護科学学会学術集会講演集 35th   509 2015.11

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • 身体疾患で抑うつ状態がある患者への在宅移行支援セルフケアプログラム(TSCP)の効果に関する研究

    成井 花奈恵, 宇佐美 しおり, 野末 聖香

    日本看護科学学会学術集会講演集 ((公社)日本看護科学学会)  40回   O10 - 03 2020.12

  • 看護学生の睡眠および睡眠衛生行動の実態と日常ストレス、精神的健康との関連

    松本 奈央, 野末 聖香, 福田 紀子

    日本精神保健看護学会学術集会・総会プログラム・抄録集 ((一社)日本精神保健看護学会)  30回   76 - 76 2020.07

  • 精神障がい者が地域の事業所で看護実習生と関わる経験

    福田 紀子, 緑川 綾, 西池 絵衣子, 野末 聖香

    日本精神保健看護学会学術集会・総会プログラム・抄録集 ((一社)日本精神保健看護学会)  30回   135 - 135 2020.07

  • 【アサーション・トレーニングと心身の健康】看護におけるアサーション・トレーニング

    野末 聖香

    精神療法 ((株)金剛出版)  46 ( 3 ) 324 - 329 2020.06

    ISSN  0916-8710

  • Assertion Training in Nursing

    野末 聖香

    精神療法 (金剛出版)  46 ( 3 ) 324 - 329 2020.06

    ISSN  0916-8710

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • The Method Which Mediate Post Traumatic Stress Response under Disaster and Critical Incident through the Group Therapy

    Hiroko Minami,NOZUE KIYOKANoriko Fukuda,Shiori Usami

    8th Pacific Rim Regional Congress of International Association for Group Psychotherapy and Group Processes 14th Conference of International Association of Dynamic Psychotherapy (島根県) , 2008.10, Other

     View Summary

    This course provides the lecture and role play for professionals including nurses who need to mediate post traumatic stress response under the conditions of disaster and sudden medical incident in the hospital. Also this course provides the methods for therapeutic intervention, which create the safety environment under the disaster and severe incident.

  • 精神看護専門看護師の直接ケアの実態および評価に関する研究

    KATAHIRA YOSHIE, USAMI SHIORI, SUMIYOSHI AYAKO, NOZUE KIYOKA, FUKUDA NORIKO

    第24回日本看護科学学会学術集会 (東京国際フォーラム) , 2004.12, Oral Presentation(general), 日本看護科学学会

  • 精神看護専門看護師のコンサルテーションの実態および評価に関する研究―看護師による評価―

    SUMIYOSHI AYAKO, USAMI SHIORI, KATAHIRA YOSHIE, FUKUDA NORIKO, NOZUE KIYOKA

    第24回日本看護科学学会学術集会 (東京国際フォーラム) , 2004.12, Oral Presentation(general), 日本看護科学学会

  • 臓器移植患者への精神看護専門看護師の活動と実態と役割に関する研究

    USAMI SHIORI, FUKUDA NORIKO, KATAHIRA YOSHIE, SUMIYOSHI AYAKO, NOZUE KIYOKA,

    第24回日本看護科学学会学術集会 (東京国際フォーラム) , 2004.12, Oral Presentation(general), 日本看護科学学会

  • 精神看護専門看護師による評価研究の課題と方向性

    USAMI SHIORI, NOZUE KIYOKA, KATAHIRA YOSHIE, FUKUDA NORIKO, SUMIYOSHI AYAKO, KAMA EISUKE, HAUAKAWA MASAKO

    第24回日本看護学会学術集会 (東京国際フォーラム) , 2004.12, Other, 日本看護科学学会

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 生体センサを活用した心不全患者のための「こころと眠りの支援プログラム」開発と評価

    2018.04
    -
    2023.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 野末 聖香, Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Principal Investigator

  • Needs assessment and development of care-protocol by Psychiatric and Mental Health Clinical Nurse Specialist for patients and families

    2010.04
    -
    2014.03

    文部科学省, KIYOKA NOZUE

  • 患者・家族を対象とした精神看護介入のニーズ分析とプロトコール開発

    2010.04
    -
    2013.03

    -, Research grant

  • 退院3カ月未満で再入院をするもしくは入院3カ月以上の精神障害者の退院促進ならびに地域生活定着支援研究事業-医療・福祉および病院・行政統合型ケア・マネジメントモデルの評価

    2009.04
    -
    2010.03

    Health and Labour Sciences Research Grants, Research grant

     View Summary

    上記の対象者40名に今回開発したケア・マネジメントモデルを実施し、その評価を行っている最中である。

  • 精神障害者の自立支援のためのセルフ・マネジメントプログラム開発

    2007.04
    -
    2008.03

    Health and Labour Sciences Research Grants, Research grant

     View Summary

    精神障害者の自立支援を促進するため、地域における社会資源を活用できない精神障害者50名を対象に、スタンフォード大学セルフ・マネジメントプログラム(Chronic Disease Self-Management Program,CDSMP)を実施し、地域における居場所や安心・安全空間を障害者同士で構築できるよう病気の自己管理に関するプログラムを提供し、その評価を行った。

display all >>

Works 【 Display / hide

  • 精神看護スペシャリストのケア評価-患者および医療チームに及ぼす効果の視点から-

    野末 聖香

    六本木ヒルズ, 

    2003.11
    -
    Present

    Other, Single

  • ナースのためのアサーション

    野末 聖香

    2003.10
    -
    Present

    Other, Single

  • 患者さんの心を開くために

    野末 聖香

    2003.09
    -
    Present

    Other, Single

  • リエゾン精神看護が「つなぐ」患者・医療者・家族

    2002.09
    -
    Present

    Other

  • アサーティブコミュニケーションの実践に向けて

    2001.12
    -
    Present

    Other

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • THERAPEUTIC INTERVENTIONS IN PSYCHIATRIC AND MENTAL HEALTH NURSING

    2021

  • THEORETICAL ISSUES IN PSYCHIATRIC AND MENTAL HEALTH NURSING

    2021

  • SENIOR PROJECT 2

    2021

  • SENIOR PROJECT 1

    2021

  • SEMINAR IN PSYCHIATRIC AND MENTAL HEALTH NURSING INTERVENTIONS

    2021

display all >>

 

Social Activities 【 Display / hide

  • 日本精神保健看護学会理事長

    2012.07
    -
    Present
  • 日本看護系大学協議会高度実践看護師制度推進委員会委員

    2010.06
    -
    Present
  • 日本看護系大学協議会専門看護師教育課程認定委員会専門分科会(精神看護)

    2009.06
    -
    Present
  • 慶應義塾ハラスメント防止委員会

    2008.10
    -
    2010.09
  • 医道審議会保健師助産師看護師分科会保健師助産師看護師国家試験出題基準改定部会

    2008.10
    -
    2009.05

display all >>

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 日本精神保健看護学会, 

    2009.06
    -
    Present
  • 日本精神保健看護学会第19回総会・学術集会, 

    2008.07
    -
    2009.06
  • 日本看護科学学会, 

    2005.01
    -
    2007.12
  • 聖路加看護学会, 

    2002.10
    -
    2004.03
  • 日本看護科学学会看護倫理検討委員, 

    2002.05
    -
    2004.06

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2010.06
    -
    Present

    Committee Member, 日本看護系大学協議会高度実践看護師制度推進委員会委員

  • 2009.06
    -
    Present

    Chair of the Board of Directors, 日本精神保健看護学会

  • 2009.06
    -
    Present

    Committee Vice-Chair, 日本看護系大学協議会専門看護師教育課程認定委員会専門分科会(精神看護)

  • 2008.10
    -
    2010.09

    Committee Chair, 慶應義塾ハラスメント防止委員会

  • 2008.10
    -
    2009.05

    Committee Member, 医道審議会保健師助産師看護師分科会保健師助産師看護師国家試験出題基準改定部会

display all >>