Osaka, Wakako

写真a

Affiliation

Faculty of Nursing and Medical Care (Shonan Fujisawa)

Position

Associate Professor

External Links

 

Books 【 Display / hide

  • ドレーン&チューブ管理マニュアル : 特定行為に役立つ : 臨床に活かせる

    永井 秀雄, 佐田 尚宏, 中村 美鈴, 学研メディカル秀潤社, 学研プラス (発売), 2019

  • これから始める!シェアード・ディシジョンメイキング : 新しい医療のコミュニケーション

    中山 健夫, 日本医事新報社, 2017

  • 乳がん診療聖路加スタイル : 最高のチーム医療をめざして

    北野 敦子, 山内 英子, 中外医学社, 2012

Papers 【 Display / hide

  • Shared decision making, physicians’ explanations, and treatment satisfaction: a cross-sectional survey of prostate cancer patients

    Kazuhiro Nakayama, Wakako Osaka, Nobuaki Matsubara, Tsutomu Takeuchi, Mayumi Toyoda, Noriyuki Ohtake, Hiroji Uemura

    BMC Medical Informatics and Decision Making (Springer Science and Business Media LLC)  20 ( 1 ) 334 2020.12

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

     View Summary

    <title>Abstract</title><sec>
    <title>Background</title>
    Hormone therapy is one option for some types of prostate cancer. Shared decision making (SDM) is important in the decision making process, but SDM between prostate cancer patients receiving hormone therapy and physicians is not fully understood. This study tested hypotheses: “Patients’ perception of SDM is associated with treatment satisfaction, mediated by satisfaction with physicians’ explanations and perceived effective decision making” and “The amount of information provided to patients by physicians on diseases and treatment is associated with treatment satisfaction mediated by patients’ perceived SDM and satisfaction with physicians’ explanations.”
    </sec><sec>
    <title>Methods</title>
    This cross-sectional study was conducted using an online panel via a private research company in Japan. The participants in this study were patients registered with the panel who had received or were currently receiving hormone therapy for prostate cancer and physicians registered with the panel who were treating patients with prostate cancer. Measures used in this study included a nine-item Shared Decision Making Questionnaire, levels of satisfaction with physicians’ explanations and treatment satisfaction, and effective decision making for patients (feeling the choice is informed, value-based, likely to be implemented and expressing satisfaction with the choice), and a Shared Decision Making Questionnaire for Doctors. The hypotheses were examined using path analysis.
    </sec><sec>
    <title>Results</title>
    In total, 124 patients and 150 physicians were included in the analyses. In keeping with our hypotheses, perceived SDM significantly correlated with the physicians’ explanations and perceived effective decision making for patients, and satisfaction with physicians’ explanations and perceived effective decision making for patients were both related to treatment satisfaction. Although the amount of information provided to patients was correlated with the perceived SDM, it was indirectly related to their satisfaction with physicians’ explanations.
    </sec><sec>
    <title>Conclusions</title>
    When physicians encourage patients to be actively involved in making decisions about treatment through the SDM process while presenting a wide range of information at the start of hormone therapy, patients’ effective decision making and physicians’ explanations may be improved; consequently, the patients’ overall treatment satisfaction may be improved. Physicians who treat patients with prostate cancer may have underestimated the importance of SDM before starting hormone therapy, even greater extent than patients.
    </sec>

  • Effect of a decision aid on the choice of pregnant women whether to have epidural anesthesia or not during labor

    Eri Shishido, Wakako Osaka, Ayame Henna, Yuko Motomura, Shigeko Horiuchi

    PLOS ONE (Public Library of Science (PLoS))  15 ( 11 ) e0242351 - e0242351 2020.11

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

     View Summary

    <sec id="sec001">
    <title>Objective</title>
    Decision aids (DAs) are useful in providing information for decision-making on using epidural anesthesia during birth. To date, there has been little development of DAs for Japanese pregnant women. Herein, we investigated the effect of a DA on the decision of pregnant women whether to have epidural anesthesia or not for labor during vaginal delivery. The primary outcome was changes in mean decision conflict score.
    </sec>
    <sec id="sec002">
    <title>Methods</title>
    In this non-randomized controlled trial, 300 low-risk pregnant women in an urban hospital were recruited by purposive sampling and assigned to 2 groups: DA (intervention) and pamphlet (control) groups. Control enrollment was started first (until 150 women), followed by intervention enrollment (150 women). Pre-test and post-test scores were evaluated using the Decision Conflict Scale (DCS) for primary outcome, knowledge of epidural anesthesia and satisfaction with decision making for secondary outcomes, and decision of anesthesia usage (i.e., with epidural anesthesia, without epidural anesthesia, or undecided).
    </sec>
    <sec id="sec003">
    <title>Results</title>
    Women in the DA group (n = 149: 1 excluded because she did not return post-test questionnaire) had significantly lower DCS score than those in the pamphlet group (n = 150) (DA: -8.41 [SD 8.79] vs. pamphlet: -1.69 [SD 5.91], p &lt; .001). Knowledge of epidural anesthesia and satisfaction with decision-making scores of women who used the DA were significantly higher than those of women who used the pamphlet (p &lt; .001). Women in the DA group showed a significantly lower undecided rate than those in the pamphlet group. The number of undecided women in the DA group significantly decreased from 30.2% to 6.1% (p &lt; .001), whereas that in the pamphlet group remained largely unchanged from 40.7% to 38.9%.
    </sec>
    <sec id="sec004">
    <title>Conclusion</title>
    This study indicates that a DA can be useful in helping women make a decision whether to have epidural anesthesia or not for labor during vaginal delivery.
    </sec>

  • 意思決定の葛藤をアセスメントするスクリーニングツールSURE test日本語版の開発 言語的妥当性を踏まえた翻訳版の作成

    大坂 和可子, 青木 頼子, 江藤 亜矢子, 北 奈央子, 有森 直子, 中山 和弘

    日本看護科学会誌 ((公社)日本看護科学学会)  39   334 - 340 2019.12

    ISSN  0287-5330

     View Summary

    目的:本研究の目的は,患者の意思決定の葛藤をスクリーニングするSURE(Sure of myself;Understand information;Risk-benefit ratio;Encouragement)test日本語版を,言語的妥当性を踏まえ開発することである.方法:SURE test日本語版は,第1段階:2名による順翻訳,第2段階:順翻訳統合,第3段階:2名による逆翻訳,第4段階:研究者協議(暫定版作成),第5段階:一般市民,医療者への調査,第6段階:再検討,を経て開発した.結果:暫定版作成後,第5段階の一般市民と医療者32名の調査において,「わかりやすい」と回答した割合は各項目で47%から78%であった.第6段階にて言語的妥当性を再検討し,日本語版を確定した.結論:一連の過程を経て,言語的妥当性を踏まえたSURE test日本語版を開発した.(著者抄録)

  • ディシジョン・エイドの質基準から見た説明文書の現状と課題 治験関係者へのインタビュー調査を含めて

    藤田 美保, 米倉 佑貴, 大坂 和可子, 中山 和弘

    臨床薬理 ((一社)日本臨床薬理学会)  50 ( 6 ) 247 - 257 2019.11

    ISSN  0388-1601

     View Summary

    ディシジョン・エイド(DA)の質基準を用いた説明文書評価と関係者へのインタビュー分析を行った。治験を含む臨床試験の説明文書20件を収集し分析したところ、DAとしての各説明文書のスコアは平均12.55点であり、全体として半数以上の評価項目の記載がなかった。DQ standards項目の記載については、領域1:意思決定のための選択肢に関する十分かつ詳細な情報提供のうち、「不参加」による利益および不利益に関する記載、「利益・不利益を比較する図表・工夫」に関してすべての説明文書に記載がなかった。また、患者7名、Institutional Review Board委員2名、治験責任医師2名、臨床研究コーディネータ3名、治験依頼者2名、計16名を対象にインタビューを実施した結果、「患者の利益・不利益の判断は暖昧」な場合があることや「不参加による利益・不利益の記載は不適切」という問題提起が見出された。

  • Decision coaching for people making healthcare decisions (Protcol)

    Janet Jull, Sascha Köpke, Laura Boland, Angela Coulter, Sandra Dunn, Ian D Graham, Brian Hutton, Jürgen Kasper, Simone Maria Kienlin, France Légaré, Krystina B Lewis, Anne Lyddiatt, Wakako Osaka, Tamara Rader, Anne C Rahn, Claudia Rutherford, Maureen Smith, Dawn Stacey

    Cochrane Systematic Review - Intervention - Protocol (Cochrane Database of Systematic Reviews)  2019 ( 7 )  2019.07

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

     View Summary

    © 2019 The Cochrane Collaboration. Published by John Wiley & Sons, Ltd. This is a protocol for a Cochrane Review (Intervention). The objectives are as follows: To determine the effects of decision coaching when used to provide non-directive support to help people prepare to make decisions related to their health care.

display all >>

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • がん治療における意思決定支援およびバイオシミラーに関する看護師の認識

    田島 健太郎, 大坂 和可子, 大木 恵美子

    保健の科学 63 ( 5 )  2021.05

    Introduction and explanation (commerce magazine), Joint Work

  • Diversity sensitive communication in healthcare

    Hirono Ishikawa, Yuko Takeda, Wakako Osaka, Sawako Okamoto, Kazuhiko Fujisaki

    The Journal of the Japanese Association of Health Communication 12 ( 1 ) 19 - 29 2021.04

    Introduction and explanation (scientific journal), Joint Work

  • 多様性を理解し、支える医療コミュニケーション

    石川 ひろの, 武田 裕子, 大坂 和可子, 岡本 左和子, 藤崎 和彦

    日本ヘルスコミュニケーション学会雑誌 (日本ヘルスコミュニケーション学会)  12 ( 1 ) 19 - 29 2021.04

     View Summary

    治療における患者の主体的な参加、意思決定の共有など、近年、保健医療のさまざまな場面で患者・市民の参加、医療者との協働が求められている。患者・市民が自分の健康を主体的に管理し、健康や医療に関するさまざまな意思決定に積極的に関わることが、健康アウトカムの向上、医療の質の向上につながることが示唆されてきた。一方、それを阻害する要因や、意思決定への参加、医療者との協働に困難を抱えがちな人々の属性も指摘されてきている。医療者、医療機関が、患者や市民の多様性を理解し、受け手に合わせたコミュニケーションを通じて、その主体化や参加を促していくことは、困難な立場にある患者・市民の支援、格差の解消につながる可能性がある。本稿では、このような医療者・医療機関側の取り組みや教育の例を取り上げた学術集会シンポジウムにおける報告と議論を共有するとともに、医療者・専門家と患者・市民との協働に向けたコミュニケーションについて、日本における取り組みの現状と今後の課題を議論する。(著者抄録)

  • 悩ましい医療の選択を助ける意思決定ガイド

    大坂 和可子

    週刊医学界新聞(看護号)  ( 3413 )  2021.03

    Introduction and explanation (commerce magazine), Single Work

  • 【医療の場におけるチームで取り組む意思決定支援】治療の選択に関する意思決定支援 ディシジョンエイドを活用した支援

    大坂 和可子

    保健の科学 ((株)杏林書院)  62 ( 5 ) 315 - 320 2020.05

    Other article, Single Work,  ISSN  0018-3342

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • シンポジウム 医療における当事者・家族意思決定支援の実装 「がん医療における 意思決定ガイドを活用した意思決定支援の 実装に向けた取り組みと課題」

    大坂 和可子

    第40回日本看護科学学会学術集会, 2020.12, Symposium, Workshop, Panelist (nomination)

  • 多様性を理解し、支える医療コミュニケーション Shared Decision Makingを促進する意思決定ガイドの活用

    大坂 和可子

    第12回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会, 2020.09, Symposium, Workshop, Panelist (nomination), 日本ヘルスコミュニケーション学会

  • 標準治療を受けながら緩和ケア外来に通院しているがん患者の経験

    藤本 麗子, 大坂 和可子, 櫻井 尚子

    第34回日本がん看護学会学術集会, 2020.02, Oral Presentation(general), (一社)日本がん看護学会

  • 自然分娩・無痛分娩を選択する女性への意思決定エイド 国際基準に合わせたエイド開発までの道のり

    平安名 彩恵, 宍戸 恵理, 大坂 和可子, 堀内 成子

    母性衛生, 2019.09, Other, (公社)日本母性衛生学会

  • Development of a decision aid for pregnant women about analgesia before childbirth

    Eri Shishido, Ayame Henna, Wakako Osaka, Naoko Arimori, Shigeko Horiuchi

    10th International SHARED DECISION making conference (Quebec) , 2019.07, Poster (general)

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 「複雑な意思決定」を支援するわかりやすいディシジョンエイドのチェックリスト開発

    2020.07
    -
    2023.03

    St. Luke's International University, 中山 和弘, 米倉 佑貴, 大坂 和可子, Grant-in-Aid for Challenging Research (Exploratory)

     View Summary

    本研究の目的は、先進国で広く利用が進んできている患者中心の意思決定を支援するツールであるディシジョンエイド(decision aid)において、エビデンスが不十分で長所(利益)と短所(リスク)の不確実性が高い場合に、自分の価値観を中心に決める必要がある「複雑な意思決定」を、よりシンプルで、親しみやすく、わかりやすくするために必要な要件を探り、ディシジョンエイドのチェックリストを作成することである。ディシジョンエイドにおいて、日本人の半分が、確率情報の比較及び選択が困難な可能性があり、価値観の明確化を可能にする方法に関するエビデンスもない。わかりやすい方法を当事者への調査から明らかにする。

  • 日本人に不足するヘルスリテラシーを前提から支える意思決定スキル学習コンテンツ開発

    2020.04
    -
    2024.03

    St. Luke's International University, 中山 和弘, 安酸 史子, 佐居由美, 戸ヶ里 泰典, 瀬戸山 陽子, 石川 ひろの, 米倉 佑貴, 大坂 和可子, Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

     View Summary

    本研究の目的は健康を決める力ヘルスリテラシー(HL)の根幹をなす、判断・意思決定が困難な日本人並びにその支援者の看護職に、HLの前提となる意思決定のスキルを学習するツール開発である。国際比較研究では日本人はEUやアジアよりHLが低く、死亡率の低下が鈍化し、慢性疾患の管理も悪く、喫煙率や自殺率は高く、警鐘が鳴らされている。しかし日本人は学校教育や生涯教育において、意思決定できることが幸せであること、その基本的な方法として選択肢を探し、それぞれの長所と短所を比較し自分の価値観に合ったものを選ぶことを学習する機会がない。これは意思決定を支援する看護職でも同様で、共にそれらを学び合うことを可能にする。

  • がん患者向けディシジョンエイドを系統的に開発し活用できる医療者育成プログラム開発

    2018.04
    -
    2022.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 大坂 和可子, 中山 和弘, 米倉 佑貴, Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Principal Investigator

     View Summary

    本研究は、がん患者の意思決定への参加を促進するディシジョンエイド(Decision aids; DA)の系統的開発と、DAを活用した意思決定支援が出来る医療者を育成する教育プログラムを開発することを目的としている。本年度は、1)ディシジョンエイド開発に関心を持つ研究者のヒアリング、2)文献検討と欧米のDA開発およびDAを活用した教育プログラムに関する情報収集を行った。1)では、がん患者向けのDA開発者2名、精神疾患のある患者向けのDA開発者1名の計3名より、開発過程におけるニーズを聴取した。系統的開発手順に関する知識、DA国際基準に沿って開発する際の専門用語に関する知識、DA開発が適している内容かどうかの検討方法についての知識へのニーズもあった。いずれの研究者らも、伝えたい情報を盛り込むと情報量が多すぎてしまうことや、いかにわかりやすく伝えるかに悩んでいることもわかった。2)では、情報収集の結果、最も詳細にDA開発に関する情報を集積しているOttawa decision aidウェブサイトおよびInternational Patient Decision Aids Standards(IPDAS) Collaborationウェブサイトのコンテンツと情報源となる文献を参考に教材の骨子を固めた。教材骨子としては、意思決定支援の基本となる意思決定の基礎知識、意思決定支援とは何か、意思決定ガイド開発のプロセス、意思決定ガイド提供の効果、意思決定ガイドの更新とした。次年度教材案の作成後、DA開発経験者へのヒアリングを行い、内容妥当性と教材提供方法について聴取し教育プログラム案を作成することとした。
    今年度の計画を見直しがん医療に携わる医療者のニーズ把握を、教育プログラム作成後に、内容妥当性と合わせて実施する計画に変更した。その結果、より本研究の独創的な点でもあるDA開発者も活用できる教育プログラムに必須となる教材作成に着手するとができた。
    今後の研究推進のために、分担研究者との連携を強化することに加え、DA開発者を研究協力者として募りネットワークづくりに取り組む。

  • 産科医療施設における倫理的葛藤を低減する共有意思決定教育プログラムの介入研究

    2017.04
    -
    2022.03

    Niigata University, 有森 直子, 堀内 成子, 大坂 和可子, Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

     View Summary

    本研究は、本邦における産科医療機関の共有意思決定(Shared Decision Making:以下SDM)の現状を医療者と妊婦を対象にした質問紙法、聞き取り調査により明らかにし、最終的には医療者を対象にした共有意思決定の教育プログラムを評価することを目的としている。5年間の期間に3段階(第Ⅰ段階:質問紙による実態調査、第Ⅱ段階:聞き取り調査、第Ⅲ段階:教育プログラムの介入)の計画で研究を進める。
    2年目にあたる2018年度は、初年度に引き続き実態調査の質問紙の検討を行った。すなわち、ドイツで開発された質問紙として用いるSDMQ9を日本の産科医療のシステムを考慮し妊婦、医療者双方に行う上での修正、配慮点について検討した(4~6月)。また、研究協力を得るために、仲介者等への手続きに関しての検討を行った(12施設への打診、各施設の倫理委員会に関する調整等)。研究計画書は、2019年2月28日に研究代表者の所属する新潟大学倫理審査委員会より承認を得た。
    さらに介入研究における実施者(ファイシリテーター)の準備として、国際アドバイザリー委員会、海外研究協力者のDawn Stacey氏の招聘に関する打ち合わせ(日程調整等)をウエブにて行い、2019年3月24日に設定した。ところが、Dawn Stacey氏の急病により、同氏の招聘は中止となり、代理としてLaura Boland氏への交渉を開始した。
    2019年3月24日に、Laura Boland氏による、SDM教育実施者を対象にした演習を実施した。今回は、研究メンバー以外にも本テーマに関心をもつ保健医療関係者の参加も認め、26人の参加者に修了証を授与した。
    2019年7月にISDM(カナダ)にて、Dawn Stacey氏より、コンサルテーションを受けた。
    国際アドバイザリー委員会海外研究協力者のDawn Stacey氏の急病により、予定していた研究のコンサルテーションが延期になり、予算を繰り越して翌年7月に持ち越されたが、介入研究に必要となる、ファイシリテーターへの演習は実施されたので、おおむね順調に経過している。
    第一段階の質問紙・聞き取り調査の協力施設の増やすために、研究組織の再考(具体的には、分担研究者の増加等)を進める。

Awards 【 Display / hide

  • 平成29年度看護学研究奨励賞

    2019.07, 一般社団法人日本私立看護系大学協会, Effect of a decision aid with patient narratives in reducing decisional conflict in choice for surgery among early-stage breast cancer patients: A three-arm randomized controlled trial

  • 第10回看護のアイディアde賞「IT de 賞」

    2019.07, 国際モダンホスピタルショウ2017

  • 平成23年度日本がん看護学会学術奨励賞(教育・実践部門)

    2012.02, 日本がん看護学会

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • TERMINAL CARE NURSING

    2021

  • SENIOR PROJECT 2

    2021

  • SENIOR PROJECT 1

    2021

  • SEMINAR IN TERMINAL CARE

    2021

  • SEMINAR IN CHRONIC CARE

    2021

display all >>