新幡 智子 (アラハタ トモコ)

Arahata, Tomoko

写真a

所属(所属キャンパス)

看護医療学部 (湘南藤沢)

職名

専任講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    聖路加看護大学, 看護学研究科, がん看護・緩和ケア

    大学院, 修了, 修士

  • 2012年04月
    -
    2015年

    筑波大学大学院, 人間総合科学研究科, 看護科学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 看護学(博士), 筑波大学大学院人間総合科学研究科, 課程

  • 看護学(修士), 聖路加看護大学, 2007年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 臨床看護学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 緩和ケア

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 緩和ケア・がん看護 臨床評価ツール大全

    宮下光令 編, 青梅社, 2020年12月

    担当範囲: Ⅵ. 1. 医療者の知識,  担当ページ: 273-278

  • 系統看護学講座 別巻 緩和ケア 第3版

    恒藤暁, 田村恵子 編, 医学書院, 2020年02月

    担当範囲: 第5章 A. 身体的ケア:苦痛をやわらげ日常生活を営むための援助,  担当ページ: 80-96

  • 看護学テキストNiCE 緩和ケア(改訂第2版)

    梅田恵, 射場典子 編, 南江堂, 2018年01月

    担当範囲: 第Ⅲ章 2. I. 補完代替療法による痛みの緩和,  担当ページ: 121-124

  • 経過別成人看護学④終末期看護:エンド・オブ・ライフ・ケア

    田村恵子 編, メヂカルフレンド社, 2017年10月

    担当範囲: 第3章 Ⅰ. 緩和ケアとは, Ⅱ. 緩和ケアにおける看護の役割,  担当ページ: 148-154

論文 【 表示 / 非表示

  • 専門的緩和ケア看護師教育プログラム受講後の臨床実践における変化―自己評価と他者評価

    新幡智子, 市原香織, 田村恵子, 二見典子, 川村三希子

    木村看護教育振興財団看護研究集録 25   1 - 22 2018年09月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等), 共著, 査読有り

  • Development of an Instrument for Evaluating Nurses' Knowledge and Attitude Toward End-of-Life Care

    Arahata T., Miyashita M., Takenouchi S., Tamura K., Kizawa Y.

    Journal of Hospice and Palliative Nursing (Journal of Hospice and Palliative Nursing)  20 ( 1 ) 55 - 62 2018年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  15222179

     概要を見る

    This study aimed to develop a scale focusing on knowledge and attitudes toward palliative care and end-of-life care for nurses and to confirm the scale's validity and reliability. We conducted a self-administered questionnaire survey with 1745 nurses of 10 hospitals all over Japan. We also examined the test-retest reliability of items for 205 of the nurses, 2 weeks after the first survey was completed. We used item-response theory, factor analysis, and intraclass correlation coefficients. The response rate was 44.5% (n = 762). Ninety items in 9 domains about knowledge of palliative care and end-of-life care were selected by using item-response theory. For knowledge items, Kuder-Richardson-20 was 0.85, and intraclass correlation coefficient was 0.84 in all domains. Ten items in 3 domains about attitudes toward palliative care and end-of-life care were selected by using exploratory factor analysis. For attitude items, Cronbach's α coefficient was.90, and intraclass correlation coefficient was 0.80 in all domains. The developed scale, named the End-of-Life Nursing Education Consortium - Japan Core Quiz, has sufficient validity and reliability. This scale may contribute to assessing the effectiveness of the End-of-Life Nursing Education Consortium - Japan Core Curriculum Nursing Education Program in Japan.

  • Empowering Nurses through Translating the End-of-Life Nursing Education Consortium: The End-of-Life Nursing Education Consortium-Japan Core Curriculum Project

    Takenouchi S, Sasahara T, Miyashita M, Kawa M, Umeda M, Kuwata M, Arahata T, Kizawa Y, Tamura K

    Journal of Hospice and Palliative Nursing 19 ( 6 ) 539 - 549 2017年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 専門的緩和ケアを担う看護師に求められるコアコンピテンシーとその教育プログラム

    新幡智子

    2015年04月

    学位論文(博士), 単著, 査読有り

  • がん性疼痛緩和ケアを目的とした看護師によるマッサージの活用と関連要因の検討

    新幡 智子, 小松浩子

    Palliative Care Research 5 ( 1 ) 101 - 113 2010年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 緩和ケア×IT×教育:SPACE-N(Specialized Palliative Care Education for Nurses)プログラムの取り組み

    新幡智子

    緩和ケア 31 ( 増刊 ) 132 - 135 2021年06月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 専門的緩和ケアを担う看護師に対する教育

    新幡智子

    ホスピス緩和ケア白書2019 ホスピス緩和ケアにおける看護―教育・制度の現状と展望を中心に (青梅社)     29 - 31 2019年04月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 価値観の探究に活用できるツールーThe Good Thinker's Toolkit

    新幡智子

    緩和ケア 28 ( 2 ) 114 - 116 2018年03月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 専門的緩和ケアを担う看護師に求められるもの

    新幡智子

    緩和ケア 27 ( 3 ) 153 - 156 2017年05月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 多死の時代,看護師に求められるエンド・オブ・ライフ・ケアの質向上に向けた教育

    梅田恵, 新幡 智子

    看護管理 23 ( 4 ) 250 - 252 2013年04月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 専門的緩和ケアを担う看護師に求められるコアコンピテンシー尺度の開発ー信頼性・妥当性の検証

    新幡智子, 田村恵子, 市原香織, 高野純子, 川村三希子

    第35回日本がん看護学会学術集会, 

    2021年02月

    ポスター発表

  • わが国の専門的緩和ケアに従事する看護師のクリニカルラダーの開発

    高野純子, 田村恵子, 川村三希子, 新幡智子, 市原香織, 菅野喜久子

    第35回日本がん看護学会学術集会, 

    2021年02月

    ポスター発表

  • The Spread of the Specialized Palliative Care Education Program for Nurses in Japan

    Tamura K, Arahata T, Ichihara K, Futami N, kawamura M

    13th Asia Pacific Hospice Conference (Indonesia) , 

    2019年08月

    ポスター発表

  • 専門的緩和ケア看護師教育プログラムの有効性の検証―臨床実践における自己評価と他者評価

    新幡智子, 市原香織, 田村恵子, 二見典子, 川村三希子

    第23回日本緩和医療学会学術大会, 

    2018年06月

    口頭発表(一般)

  • 看護師による多施設共同無作為化比較試験を実行するためのkey points経口抗がん薬の服薬自己管理プログラムの有効性

    小松浩子, 矢ヶ崎香, 森文子, 垣本看子, 和泉秀子, 藤井恵美, 錦見直子, 高坂有紗, 朝鍋美保子, 鈴木牧子, 志田則子, 渡邉眞理, 茂木光代, 関宣明, 河野ひろみ, 關本翌子, 上杉英生, 源典子, 本間織恵, 伊藤由紀子, 梅田恵, 我妻志保, 武井比呂美 新幡智子

    第32回日本がん看護学会学術集会, 

    2018年02月

    その他

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀ポスター賞

    2014年06月, 日本緩和医療学会, 看護師に対するELNEC-Jコアカリキュラム看護師教育プログラムの有効性の検証 Wait list controlによる無作為化比較試験

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • ライフステージと発達看護論

    2022年度

  • 慢性期看護学

    2022年度

  • 慢性期病態学各論

    2022年度

  • 終末期看護学

    2022年度

  • プロジェクトⅡ(応用)

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 慢性期ケア実践

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    秋学期, 実習・実験

  • 終末期ケア実践

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    秋学期, 実習・実験

  • 慢性期看護学

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    春学期, 講義

  • 医療システムアプローチ

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    春学期

  • 終末期看護学

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    春学期, 講義

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 第26回日本緩和医療学会学術大会 講演:緩和ケアにおける対話を通した教育

    2021年06月
  • 日本ホスピス緩和ケア協会2015年度年次大会 シンポジウム:緩和ケアにおける対話

    2015年07月
  • 東邦大学医療センター大森病院 エンド・オブ・ライフ・ケア研修会

    2014年10月
  • 沖縄県立中部病院 ELNEC-Jコアカリキュラム看護師教育プログラム

    2014年02月
  • 横浜医療センター ELEC-Jコアカリキュラム看護師教育プログラム

    2012年10月

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 第42回日本死の臨床研究会年次大会 ワークショップ2:対話を通して考える「相手の価値観を理解し尊重するとは」

    2018年12月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本緩和医療学会

     
  • 聖路加看護学会

     
  • 日本がん看護学会

     
  • 日本看護科学学会

     
  • 日本ホスピス緩和ケア協会

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年02月
    -
    継続中

    日本緩和医療学会 代議員

  • 2015年07月
    -
    継続中

    日本ホスピス緩和ケア協会 看護師教育支援委員会

  • 2020年08月
    -
    継続中

    日本緩和医療学会 教育・研修委員会 ELNEC-JコアカリキュラムWPG

  • 2020年12月
    -
    継続中

    日本がん看護学会 がん薬物療法の血管外漏出の予防・対応に関する合同ガイドライン システマティックレビュー実行委員

  • 2016年08月
    -
    継続中

    日本ホスピス緩和ケア協会 看護師教育支援委員会 SPACE-Nワーキンググループ

全件表示 >>