増田 真也 (マスダ シンヤ)

Masuda, Shinya

写真a

所属(所属キャンパス)

看護医療学部 (湘南藤沢)

職名

教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1996年09月

    洗足学園短期大学(心理学概論、心理学実験) ,非常勤講師

  • 1995年04月
    -
    1998年03月

    日本社会事業学校ほか ,非常勤講師

  • 1995年10月
    -
    1996年03月

    日本社会事業大学社会事業研究所 ,研究員

  • 1996年04月
    -
    1996年09月

    横浜市立大学(データ処理法) ,非常勤講師

  • 1996年04月
    -
    1996年09月

    立正大学(産業心理学) ,非常勤講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年03月

    慶應義塾, 文学部

    大学, 卒業

  • 1992年03月

    慶應義塾, 社会学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 1995年03月

    慶應義塾, 社会学研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 社会学修士, 慶應義塾, 課程, 1992年03月

  • 博士(心理学), 慶應義塾, 論文, 2007年02月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会心理学 (Social Psychology)

  • 実験心理学 (Experimental Psychology)

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 不確実状況下の意思決定、対人援助職者のバーンアウト, 

     

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 心理学が描くリスクの世界:行動的意思決定入門 第3版

    増田 真也, 慶應義塾大学出版会, 2018年01月

    担当範囲: 80-101,104-109

  • 心理学ワールド

    増田 真也, 日本心理学会, 2011年03月

    担当範囲: 162-167

  • 感情と思考の科学事典

    増田 真也, 朝倉書店, 2010年04月

    担当範囲: 5-5-6曖昧性 394-395

  • 意思決定と経済の心理学

    増田 真也, 朝倉書店, 2009年11月

    担当範囲: 125-139

  • バーンアウト 仕事とうまくつきあうための6つの戦略

    増田 真也, 金子書房, 2008年07月

    担当範囲: 1-71

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 調査回答の質の向上のための方法の比較

    増田 真也, 坂上 貴之, 森井 真広

    心理学研究 90 ( 5 )  2019年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    調査で,真剣に回答しない回答者がいる。やる気がなかったり,不真面目であるような回答者を検出するための,近年用いられている2つの方法(インストラクショナル・マニピュレーション・チェック(IMC),シリアスネス・チェック)について検討した。さらに,回答者に,調査票への回答前に真面目に回答するという宣誓してもらうこと(冒頭宣誓)で,調査回答の質の向上を試みた。2つのWeb調査での回答者が,4条件のいずれかにランダムに割りふられた。主な結果は以下の通りである。(a)指示に従わなかった回答者をサンプルから除くと,回答の質が向上した。(b)真面目に回答すると宣誓した回答者は,「わからない」の選択,同一回答,中間選択が,統制群よりも少なかった。すなわち回答者は,当初のコミットメントと一貫した行動を示した。データの質を向上させる上でIMCは優れているが,冒頭宣誓のような不真面な回答を防ぐためのやり方は,サンプルサイズが減少しないという点で望ましい。

  • PICUに子どもが入室した両親の担った役割 第4報子どもの頑張りを支える

    戈木クレイグヒル滋子・西名諒平・岩田真幸・村山有利子・西川菜央・清水称喜・渡井恵・森智史・佐藤貴之・増田 真也・中田諭・辻尾有利子・Ardith Z. Doorenbos

    看護研究 52 ( 2 ) 150 - 165 2019年04月

    研究論文(その他), 共著

  • バーンアウトへの介入 仕事とうまくつき合うための6 つの戦略の試行

    増田 真也

    KEIO SFC JOURNAL 18   218 - 234 2019年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • 心理尺度の回答カテゴリに関する検討

    増田真也

    哲学 142   245 - 267 2019年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読無し

  • PICUに子どもが入室した両親の担った役割 第3報場のモニタリング

    戈木クレイグヒル滋子・西名諒平・岩田真幸・村山有利子・西川菜央・清水称喜・渡井恵・森智史・佐藤貴之・増田 真也・中田諭・辻尾有利子・Ardith Z. Doorenbos

    看護研究 52 ( 1 ) 62 - 76 2019年02月

    研究論文(その他), 共著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • あなたにもできる尺度開発

    増田 真也

    日本地域看護学会誌 20 ( 2 ) 95 - 101 2017年

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他), 単著

  • 「日本版Areas of Worklife Survey (AWS)-2011年版:個人と職場環境6つのミスマッチ診断」の妥当性について

    北岡和代、増田真也、佐々木恵、長田恭子、森岡広美、川村みどり、中本明世、川口めぐみ、坂上章、竹澤翔

    看護実践学会誌 (看護実践学会)  29 ( 1 ) 19 - 25 2016年09月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌), 共著

     概要を見る

    日本版AWS-2011年版:個人と職場環境6つのミスマッチ診断を作成し、信頼性と妥当性について検討した。調査対象者は看護師878名。日本版AWS-2000年版に引き続き、原版と同じ6因子構造を認めることができたが、各因子に属する28項目のうち、1項目については日本版においては必ずしも用いる必要のない項目であることが示唆された。また、逆転項目については検討すべき課題が残った。下位尺度の内的整合性はすべて.75以上で確保されていた。さらに、基準関連妥当性も認められたことから、AWS-2011年版も実用性があると考えられた。

  • 日本の精神保健看護師のバーンアウト率について;他職業集団および他国精神保険看護師集団との比較

    北岡和代・増田 真也・大西香代子・中原純・竹澤翔・森河裕子・中川秀昭・西村邦宏・中村文明・飯原弘二

    北陸公衆衛生学雑誌 42   69 - 75 2016年03月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌), 共著

     概要を見る

    This study assesses the rate of burnout among mental health nurses in Japan.In addition to that, we compared these results to data from physicians, company employees, and Finnish mental health nurses. Results shows that almost all Finnish mental health nurses were working in a good health. On the other hand, approximately one third of Japanese mental health nurses were working in a burned-out state.

  • 日本版Areas of Worklife Survey (AWS) -個人と職場環境6つのミスマッチ診断-

    北岡和代・増田真也・森河裕子・中川秀昭

    経営行動科学 28 ( 1 ) 53 - 63 2015年04月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌), 共著

     概要を見る

    仕事における6つのミスマッチ領域を測定するAreas of Worklife Survey (AWS)の翻訳版を作成し,信頼性と妥当性を検討した。確認的因子分析では6因子モデルが支持されたが,適合度は十分とは言い切れず,今後検討を重ねていく課題が2つ認められた。AWS日本語翻訳版の6つの下位尺度のCronbachのα係数は0.66-0.88であった。AWS日本語翻訳版はMBI-GS日本版の3つの下位尺度と仕事の負担-職務効力感の間を除いて,全て有意な相関が認められ,基準関連妥当性が確認できた。以上のことから,AWSの日本語翻訳版は使用に耐えうると考えられた。

  • Academic report on burnout among Japanese nurses

    Kazuyo Kitaoka, MASUDA SHINYA

    Japan Journal of Nursing Science 10 ( 2 ) 273 - 279 2013年12月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌), 共著

     概要を見る

    AIM:
    Japanese nurses have increasingly experienced "burnout" in the past several years. Studies on Japanese nurses are required in order to explore how to prevent nursing burnout. The objectives of this report were to: (i) introduce the concept, definition, and measurement of burnout; (ii) look at an overview of the prevalence, possible causes, and consequences of burnout among Japanese nurses; and (iii) explore how to prevent burnout among nurses.
    METHODS:
    The authors and co-researchers have been studying burnout among Japanese workers for more than 15 years. Therefore, previously performed studies were reviewed and summarized.
    RESULTS:
    In Japan, approximately 36% of human services professionals, such as nurses, were burned out compared to 18% of civil servants, and 12% of company employees. It was quite obvious that nurses are prone to burnout. The possible causes and consequences of burnout among Japanese nurses were reviewed. Excessive workloads and interpersonal conflict in the workplace were possible causes of burnout among Japanese nurses. The consequences of nurse burnout are potentially very serious, including medical accidents/errors. Issues to prevent nursing burnout were then reviewed. Enhancement of cognitive coping skills for female nurses and problem-solving skills for male nurses could contribute to prevention of burnout in nurses.
    CONCLUSION:
    The authors' previous study revealed that the new model of the organizational context of burnout developed by Leiter and Maslach could be applied to Japanese. Further examination is needed. This report supports the call to scale up burnout prevention strategy for Japanese nurses.

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 世論調査における選択肢分割効果―社会階層意識における「中」回答の検討

    日本社会心理学会第60回大会 (東京都品川区) , 2019年11月, ポスター(一般), 立正大学

  • 中間(央)選択者数を推測する

    日本社会心理学会第60回大会 (東京都品川区) , 2019年11月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 立正大学

  • 心理尺度における回答行動(応募シンポジウム:パーソナリティ研究の迷い道 ―何を,どう測り,どう役立てるのか?―)

    増田 真也

    日本心理学会第83回大会 (立命館大学) , 2019年09月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

     概要を見る

    パーソナリティを含む多くの心理特性が,自記式の心理尺度で測定されている。本話題提供では,分析結果に影響を与えるにもかかわらず,尺度を作成したり,利用したりする際にほとんど顧みられることのない,回答形式,調査票のレイアウト,不良回答の問題を取り上げる。具体的には,こうした本来の研究内容とは無関係な要因によって,特定の結果が得られやすくなることを示し,心理学研究に及ぼす影響について論じた。

  • 回答形式の違いが項目間相関に与える影響

    増田 真也・坂上 貴之

    日本心理学会第83回大会 (立命館大学) , 2019年09月, ポスター(一般)

     概要を見る

    全く同じ文言からなる質問項目であっても、回答形式が異なると回答が変化することがある。したがって、回答形式の違いによって、回答分布の変化だけでなく、項目間の相関関係も変わることが予想される。本研究では、回答形式の言語ラベルの昇降順が同じかどうかや、回答内容のフレームがポジティブかネガティブかによって、項目間相関に違いが生じるかどうかを検討した。その結果、類似した回答形式を持つ項目間の相関が高くなることを見出した。心理学の研究論文においては、どのような回答形式で測定がなされたのかについて、十分に記されていないことも多いが、調査研究の結果に回答形式が及ぼす影響について、もっと注目する必要があるだろう。

  • 必須回答と冒頭宣誓がWeb調査の回答に及ぼす影響

    増田 真也・大野浩

    日本行動計量学会第47回大会 (大阪大学) , 2019年09月, ポスター(一般)

     概要を見る

    WEB調査では、必須回答を設けることで、項目非回答を無くすことができる。しかしながら、質問の意味がわからなかったり、あてはまる選択肢がなかったりしても、何らかの回答をしなければならなくなるため、不適切な回答をしたり、回答へのモチベーションが低下したりする可能性がある。そこで本研究では、WEB調査での非回答の可不可が、回答の質に影響を与えるかどうかについて検討した。また増田・坂上・森井(印刷中)は、調査の開始時に「真面目に回答する」という宣誓を求めると、同一回答や中間選択傾向などが少なくなることを見出した。本研究では、こうした冒頭宣誓が項目非回答を減少させるかどうかや、回答の質を向上させるかどうかについても検討した。すると非回答の可否は結果に影響しなかったが、宣誓を求めると、中間選択、非遵守回答、「わからない」の選択率が減少した。本研究は縦断調査であるため、冒頭宣誓が第2時点の回答にも影響を及ぼすかどうかについて、今後検討を進める。

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 内閣府世論調査の測定誤差の研究

    2018年04月
    -
    2021年03月

    吉村治正, 基盤研究(B), 補助金,  分担

  • 多肢選択肢における回答行動の統合的研究:質問紙・ウェブ調査法の設計と妥当性の検討

    2016年04月
    -
    2019年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 坂上貴之, 補助金,  分担

  • PICUの環境と医療者の関わりが両親に及ぼす影響:混合研究法と日米比較による検討

    2015年04月
    -
    2020年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 戈木クレイグヒル滋子, 補助金,  分担

  • 調査における回答行動の実験的分析

    2015年04月
    -
    2016年03月

    補助金, 

  • 評価データにおける系列的誤差の要因解明に向けた統合的研究

    2015年04月
    -
    2016年03月

    慶應義塾大型研究助成, 川畑秀明, 補助金,  分担

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学通信教育課程教科書(社会心理学)

    2019年03月
    -
    継続中

    教材, 単独

     発表内容を見る

    6章「健康」
    9章「社会調査・世論調査・ランキング」

その他 【 表示 / 非表示

  • 2017年05月

     内容を見る

    2017年度日本基礎心理学会第1回フォーラム(三田哲学会 共催)
    基礎心理学は社会心理学に貢献できるか- 社会心理学における実験の姿 -
    話題提供:社会調査における回答行動に対する実験的アプローチ

  • 2016年06月

     内容を見る

    平成28年度の研究活動推進委員会主催第1回研究セミナー講師
    「テーマ:尺度開発のツボと落とし穴」  

  • 2016年05月

     内容を見る

    「多肢選択肢における回答行動の統合的研究:質問紙・ウェブ調査法の設計と妥当性の検討」キックオフシンポジウム「多肢選択肢における回答行動の統合的研究をめざして」話題提供:回答指示の非遵守者の回答傾向(科研費Aによる)

  • 2014年01月

     内容を見る

    慶應義塾大学 思考と行動判断の研究拠点・慶應義塾大学 三田哲学会共催 シンポジウム「質問紙の科学:その可能性と展望」話題提供

  • 2012年09月

     内容を見る

    日本心理学会公開シンポジウム 選択の科学―心理学から見た行動経済学― 話題提供

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 心理学基礎Ⅱ

    2019年度

  • 心の理解と共有

    2019年度

  • ストレスマネジメント

    2019年度

  • ボランティア体験

    2019年度

  • プロジェクトⅡ(応用)

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • プロジェクトⅡ

    慶應義塾, 2016年度, 秋学期

  • 統計学Ⅱ

    慶應義塾, 2016年度, 秋学期

  • 人間生命を考える

    慶應義塾, 2016年度, 秋学期

  • ボランティア体験

    慶應義塾, 2016年度, 秋学期

  • ストレスマネジメント

    慶應義塾, 2016年度, 秋学期

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • ワークライフバランス研究センター

    2008年04月
    -
    2011年03月
  • ソシオプロジェクト

    2006年04月
    -
    継続中
  • 全国福祉公社等連絡協議会調査検討委員

    1994年10月
    -
    1996年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本応用心理学会, 

    2018年11月
    -
    継続中
  • 看護実践学会, 

    2015年08月
    -
    継続中
  • 日本基礎心理学会, 

    2015年08月
    -
    継続中
  • 看護科学学会, 

    2011年
    -
    継続中
  • 北陸公衆衛生学会, 

    2011年
    -
    2015年03月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年07月
    -
    2015年03月

    記念出版実行委員会委員, 日本健康心理学会

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

    常任理事, 日本コミュニティ心理学会

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

    代議員, 日本健康心理学会

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

    編集委員長, 日本コミュニティ心理学会

  • 2011年
    -
    継続中

    会員, 看護科学学会

全件表示 >>