Masuda, Shinya

写真a

Affiliation

Faculty of Nursing and Medical Care (Shonan Fujisawa)

Position

Professor

External Links

Career 【 Display / hide

  • 1995.04
    -
    1996.09

    洗足学園短期大学(心理学概論、心理学実験) ,非常勤講師

  • 1995.04
    -
    1998.03

    日本社会事業学校ほか ,非常勤講師

  • 1995.10
    -
    1996.03

    日本社会事業大学社会事業研究所 ,研究員

  • 1996.04
    -
    1996.09

    横浜市立大学(データ処理法) ,非常勤講師

  • 1996.04
    -
    1996.09

    立正大学(産業心理学) ,非常勤講師

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1990.03

    Keio University, Faculty of Literature

    University, Graduated

  • 1992.03

    Keio University, Graduate School, Division of Sociology

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 1995.03

    Keio University, Graduate School, Division of Sociology

    Graduate School, Withdrawal after completion of doctoral course requirements, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • Master of Sociology, Keio University, Coursework, 1992.03

  • Ph.D(Psychology), Keio University, Dissertation, 2007.02

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Social psychology (Social Psychology)

  • Experimental psychology (Experimental Psychology)

Research Themes 【 Display / hide

  • 不確実状況下の意思決定、対人援助職者のバーンアウト, 

     

 

Books 【 Display / hide

  • 健康心理学事典

    増田真也, 丸善出版, 2019

    Scope: バーンアウト,  Contact page: 334-335

  • 心理学が描くリスクの世界:行動的意思決定入門 第3版

    MASUDA SHINYA, 慶應義塾大学出版会, 2018.01

    Scope: 80-101,104-109

  • 心理学ワールド

    MASUDA SHINYA, 日本心理学会, 2011.03

    Scope: 162-167

  • 感情と思考の科学事典

    MASUDA SHINYA, 朝倉書店, 2010.04

    Scope: 5-5-6曖昧性 394-395

  • 意思決定と経済の心理学

    MASUDA SHINYA, 朝倉書店, 2009.11

    Scope: 125-139

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • 小児集中治療室入室児の両親の不安・抑うつ・ PTSD の実態と経時的変化

    西名諒平・岩田真幸・増田真也…戈木クレイグヒル滋子

    小児保健研究 79 ( 2 ) 140 - 151 2020.03

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • Comparison among methods for improving response quality of surveys

    Shinya Masuda, Takayuki Sakagami, and Masahiro Morii

    心理学研究 90 ( 5 ) 463 - 472 2019.12

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

     View Summary

    Certain participants are insincere when responding to questionnaires. Two current approaches for detecting unmotivated or dishonest respondents, the instructional manipulation check (IMC), and the seriousness check, were examined. We also attempted to improve the quality of survey responses by asking respondents to take an oath that they would be serious before they started answering the questionnaire (TO). The respondents in two Web surveys were randomly assigned to one of four versions of the questionnaire. The main results indicated that (a) response quality tended to improve when respondents who did not follow instructions were excluded from the sample; and (b) respondents that who took an oath to answer seriously chose fewer “don’t know” options, straight line responses, and midpoint responses than the control group, suggesting that respondents behaved consistently with their initial commitment. The results indicate that although IMC is superior for improving data quality, techniques for deterring less serious responses including TO were desirable in that they did not reduce the sample size.

  • PICUに子どもが入室した両親の担った役割 第4報子どもの頑張りを支える

    MASUDA SHINYA

    看護研究 52 ( 2 ) 150 - 165 2019.04

    Research paper (other science council materials etc.), Joint Work

  • バーンアウトへの介入 仕事とうまくつき合うための6 つの戦略の試行

    増田 真也

    KEIO SFC JOURNAL 18   218 - 234 2019.03

    Research paper (scientific journal), Single Work

  • 心理尺度の回答カテゴリに関する検討

    増田真也

    哲学 142   245 - 267 2019.03

    Research paper (bulletin of university, research institution), Single Work, Except for reviews

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

display all >>

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • あなたにもできる尺度開発

    MASUDA SHINYA

    日本地域看護学会誌 20 ( 2 ) 95 - 101 2017

    Lecture materials etc. (seminar, tutorial, course, lecture and others), Single Work

  • 「日本版Areas of Worklife Survey (AWS)-2011年版:個人と職場環境6つのミスマッチ診断」の妥当性について

    北岡和代、増田真也、佐々木恵、長田恭子、森岡広美、川村みどり、中本明世、川口めぐみ、坂上章、竹澤翔

    看護実践学会誌 (看護実践学会)  29 ( 1 ) 19 - 25 2016.09

    Prompt report, short report, and research note, etc. (scientific journal), Joint Work

     View Summary

    日本版AWS-2011年版:個人と職場環境6つのミスマッチ診断を作成し、信頼性と妥当性について検討した。調査対象者は看護師878名。日本版AWS-2000年版に引き続き、原版と同じ6因子構造を認めることができたが、各因子に属する28項目のうち、1項目については日本版においては必ずしも用いる必要のない項目であることが示唆された。また、逆転項目については検討すべき課題が残った。下位尺度の内的整合性はすべて.75以上で確保されていた。さらに、基準関連妥当性も認められたことから、AWS-2011年版も実用性があると考えられた。

  • Rate of burnout among Japanese mental health nurses assessed using the revised exhaustion+1 criterion: A comparison across occupations and countries.

    KAZUYO KITAOKA, MASUDA SHINYA, KAYOKO OHNISHI, JUN NAKAHARA, SHOU TAKEZAWA, YUKO MORIKAWA, HIDEAKI NAKAGAWA, KUNIHIRO NISHIMURA, FUMIAKI NAKAMURA & KOJI IIHARA

    北陸公衆衛生学雑誌 42   69 - 75 2016.03

    Prompt report, short report, and research note, etc. (scientific journal), Joint Work

     View Summary

    This study assesses the rate of burnout among mental health nurses in Japan.In addition to that, we compared these results to data from physicians, company employees, and Finnish mental health nurses. Results shows that almost all Finnish mental health nurses were working in a good health. On the other hand, approximately one third of Japanese mental health nurses were working in a burned-out state.

  • 日本版Areas of Worklife Survey (AWS) -個人と職場環境6つのミスマッチ診断-

    KITAOKA KAZUYO, MASUDA SHINYA

    経営行動科学 28 ( 1 ) 53 - 63 2015.04

    Prompt report, short report, and research note, etc. (scientific journal), Joint Work

     View Summary

    仕事における6つのミスマッチ領域を測定するAreas of Worklife Survey (AWS)の翻訳版を作成し,信頼性と妥当性を検討した。確認的因子分析では6因子モデルが支持されたが,適合度は十分とは言い切れず,今後検討を重ねていく課題が2つ認められた。AWS日本語翻訳版の6つの下位尺度のCronbachのα係数は0.66-0.88であった。AWS日本語翻訳版はMBI-GS日本版の3つの下位尺度と仕事の負担-職務効力感の間を除いて,全て有意な相関が認められ,基準関連妥当性が確認できた。以上のことから,AWSの日本語翻訳版は使用に耐えうると考えられた。

  • Academic report on burnout among Japanese nurses

    Kazuyo Kitaoka, MASUDA SHINYA

    Japan Journal of Nursing Science 10 ( 2 ) 273 - 279 2013.12

    Prompt report, short report, and research note, etc. (scientific journal), Joint Work

     View Summary

    AIM:
    Japanese nurses have increasingly experienced "burnout" in the past several years. Studies on Japanese nurses are required in order to explore how to prevent nursing burnout. The objectives of this report were to: (i) introduce the concept, definition, and measurement of burnout; (ii) look at an overview of the prevalence, possible causes, and consequences of burnout among Japanese nurses; and (iii) explore how to prevent burnout among nurses.
    METHODS:
    The authors and co-researchers have been studying burnout among Japanese workers for more than 15 years. Therefore, previously performed studies were reviewed and summarized.
    RESULTS:
    In Japan, approximately 36% of human services professionals, such as nurses, were burned out compared to 18% of civil servants, and 12% of company employees. It was quite obvious that nurses are prone to burnout. The possible causes and consequences of burnout among Japanese nurses were reviewed. Excessive workloads and interpersonal conflict in the workplace were possible causes of burnout among Japanese nurses. The consequences of nurse burnout are potentially very serious, including medical accidents/errors. Issues to prevent nursing burnout were then reviewed. Enhancement of cognitive coping skills for female nurses and problem-solving skills for male nurses could contribute to prevention of burnout in nurses.
    CONCLUSION:
    The authors' previous study revealed that the new model of the organizational context of burnout developed by Leiter and Maslach could be applied to Japanese. Further examination is needed. This report supports the call to scale up burnout prevention strategy for Japanese nurses.

Presentations 【 Display / hide

  • 縦断調査での冒頭宣誓の効果

    増田真也

    日本行動計量学会第48回大会 (早稲田大学) , 2020, Poster (general)

     View Summary

    増田・坂上・森井(2019)は、調査の開始時に「真面目に回答する」という宣誓を求めると、同一回答や中間選択などが少なくなることを見出した。また増田・大野(2019)では、WEB調査で設問を必須回答とすることと、宣誓の影響を検討した。その結果、非回答が可能かどうかは回答に影響を及ぼさなかったが、宣誓を求めると指示項目での非遵守や、「わからない」(DK)の選択率や特定の回答を指示する項目での非遵守率が減少した。そこで本研究では、パネル調査における初回調査での冒頭宣誓が、2回目の調査での回答者の脱落率や、回答の質に影響を及ぼすかどうかについて検討した。まず4群の回答率は83.3~89.0%で有意な差はなかった。またt1では、冒頭宣誓が求められたA、B群の方が、C、D群よりも、DK回答や非遵守回答、同一回答が少なかったが、宣誓が求められなかったt2では差が無くなるか小さくなった。すなわち、t1での冒頭宣誓はその調査での回答の質は高めるものの、その効果は一時的であった。その一方で、冒頭宣誓に応じるのが、そもそも真面目な回答者だけであったわけではないことも示唆された。

  • Effect of response format on tendency of increasing middle category response

    増田真也

    日本心理学会第84回大会 (東洋大学) , 2020, Poster (general)

     View Summary

    回答形式がグリッド型か個別回答型かで、すべての項目で同じ回答カテゴリを選ぶという同一回答の生起や、心理尺度の後半で中間選択が増加するという傾向に違いが生じるかどうかを検討した。内閣府世論調査の「社会に対する意識」10項目を回答者ごとにランダムに配置し、5件法で回答を求めた。成人1200人を回答形式の異なる以下の4群にランダムに割り振った。群Aでは10項目がグリッドで配置された(グリッド一括)。群Bもグリッドであるが、5項目目の後で再度回答カテゴリのラベルが表示された(グリッド分割)。 群Cと群Dは、10項目のそれぞれで選択肢が用意され、縦に並べられたが、Cでは全項目が同じ大問中に位置づけられていた(大問内個別)。一方Dは、各項目が全く別の設問であるかのように、大問単位で項目番号が付されていた(完全個別)。その結果、A(8.3%)、B(6.3%)、C(5.7%)よりもD(3.7%)の方が、同一回答率が低かった。また群Dだけで、中間選択の増加傾向は見られなかった。すなわち、グリッド型か個別型かではなく、複数の項目が大問単位でまとまっているかどうかが、中間選択の増加や同一回答の生起に影響を及ぼすことが示された。

  • 3つの研究法をめぐる看護科学と心理科学の共同

    坂上貴之・鎌倉やよい・増田真也・伊藤正人・飛田伊都子・北岡和代・山本則子・野村晴夫・丹野義彦・岡谷恵子・仲上豪二朗

    日本心理学会第84回大会 (東洋大学) , 2020, Symposium, Workshop, Panelist (nomination)

     View Summary

    高齢化や格差社会化などが進展し、我が国の医療、健康上の課題が山積みとなっている中、看護学と心理学とが共同して取り組むべき研究領域はこれまで以上に増えているものと思われる。本シンポジウムは、看護科学と心理科学のそれぞれの強みを改めて理解、確認しつつ、さらなる共同を促進していく機会とすることを目的としている。具体的には、実験研究法(特にシングルケース研究法)、調査研究法、質的研究法の3つのアプローチに関して、看護学研究者、心理学研究者の双方から話題提供を行い、共同研究がいかになされたのかや、今後の発展の可能性を、参加者との積極的な討論を通じて探る。(なお、本シンポジウムは日本心理学会と日本看護科学学会の共同で企画された)

  • 心理学研究におけるWeb調査の利用可能性

    山田一成・増田真也・成田健一・森井真弘・鷹阪龍太

    日本心理学会第84回大会, 2020, Symposium, Workshop, Panelist (nomination)

  • 看護師の就業継続意思に影響を及ぼす要因の検討:病院調査とWeb調査の比較から

    増田 真也 ・ 北岡 和代 ・ 森岡 広美

    第39回日本看護科学学会学術集会 , 2019.12, Poster (general)

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 内閣府世論調査の測定誤差の研究

    2018.04
    -
    2021.03

    吉村治正, 基盤研究(B), Research grant, Co-investigator

  • 多肢選択肢における回答行動の統合的研究:質問紙・ウェブ調査法の設計と妥当性の検討

    2016.04
    -
    2019.03

    Grant-in-Aid for Scientific Research, 坂上貴之, Co-investigator

  • PICUの環境と医療者の関わりが両親に及ぼす影響:混合研究法と日米比較による検討

    2015.04
    -
    2020.03

    Grant-in-Aid for Scientific Research, 戈木クレイグヒル滋子, Co-investigator

  • 調査における回答行動の実験的分析

    2015.04
    -
    2016.03

  • 評価データにおける系列的誤差の要因解明に向けた統合的研究

    2015.04
    -
    2016.03

    Keio University Special Grant-in-Aid for Innovative Collaborative Research Projects, 川畑秀明, Research grant, Co-investigator

display all >>

Works 【 Display / hide

  • 慶應義塾大学通信教育課程教科書(社会心理学)

    2019.03
    -
    Present

    Educational Materials, Single

     View Details

    6章「健康」
    9章「社会調査・世論調査・ランキング」

Other 【 Display / hide

  • 2017年05月

     View Details

    2017年度日本基礎心理学会第1回フォーラム(三田哲学会 共催)
    基礎心理学は社会心理学に貢献できるか- 社会心理学における実験の姿 -
    話題提供:社会調査における回答行動に対する実験的アプローチ

  • 2016年06月

     View Details

    平成28年度の研究活動推進委員会主催第1回研究セミナー講師
    「テーマ:尺度開発のツボと落とし穴」  

  • 2016年05月

     View Details

    「多肢選択肢における回答行動の統合的研究:質問紙・ウェブ調査法の設計と妥当性の検討」キックオフシンポジウム「多肢選択肢における回答行動の統合的研究をめざして」話題提供:回答指示の非遵守者の回答傾向(科研費Aによる)

  • 2014年01月

     View Details

    慶應義塾大学 思考と行動判断の研究拠点・慶應義塾大学 三田哲学会共催 シンポジウム「質問紙の科学:その可能性と展望」話題提供

  • 2012年09月

     View Details

    日本心理学会公開シンポジウム 選択の科学―心理学から見た行動経済学― 話題提供

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • UNDERSTANDING THE HUMAN MIND

    2020

  • STRESS MANAGEMENT

    2020

  • SERVICE LEARNING IN NURSING AND HEALTH CARE

    2020

  • SENIOR PROJECT 2

    2020

  • SENIOR PROJECT 1

    2020

display all >>

Courses Previously Taught 【 Display / hide

  • 心の理解と共有(A,C)

    Keio University, 2016, Spring Semester

  • プロジェクトⅡ

    Keio University, 2016, Autumn Semester

  • 統計学Ⅱ

    Keio University, 2016, Autumn Semester

  • 人間生命を考える

    Keio University, 2016, Autumn Semester

  • ボランティア体験

    Keio University, 2016, Autumn Semester

display all >>

 

Social Activities 【 Display / hide

  • ワークライフバランス研究センター

    2008.04
    -
    2011.03
  • ソシオプロジェクト

    2006.04
    -
    Present
  • 全国福祉公社等連絡協議会調査検討委員

    1994.10
    -
    1996.03

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 日本応用心理学会, 

    2018.11
    -
    Present
  • 看護実践学会, 

    2015.08
    -
    Present
  • 日本基礎心理学会, 

    2015.08
    -
    Present
  • 看護科学学会, 

    2011
    -
    Present
  • 北陸公衆衛生学会, 

    2011
    -
    2015.03

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2013.07
    -
    2015.03

    記念出版実行委員会委員, 日本健康心理学会

  • 2012.04
    -
    2015.03

    常任理事, 日本コミュニティ心理学会

  • 2012.04
    -
    2015.03

    代議員, 日本健康心理学会

  • 2012.04
    -
    2015.03

    編集委員長, 日本コミュニティ心理学会

  • 2011
    -
    Present

    会員, 看護科学学会

display all >>