藤井 進也 (フジイ シンヤ)

FUJII Shinya

写真a

所属(所属キャンパス)

環境情報学部 (湘南藤沢)

職名

准教授

HP

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学環境情報学部准教授.京都大学総合人間学部卒,京都大学大学院博士課程修了,博士(人間・環境学) .日本学術振興会特別研究員DC1(京都大学),PD(東京大学,ハーバード大学・ベスイスラエルディコーネスメディカルセンター),海外特別研究員(トロント大学サニーブルックヘルスサイエンスセンター),東京大学大学院教育学研究科特任助教,慶應義塾大学専任講師を経て,2019年9月より現職.ドラマーとしてアンミュージックスクール京都校を特待生認定修了.専門は音楽神経科学・音楽身体科学.

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 巧みで美しい身体運動は、音楽や芸術行為の中に満ち溢れています。ドラマーとして音楽を演奏する傍ら、ヒトの身体運動の不思議さに魅了され、一流ドラマーの身体科学研究をはじめました。研究をすればするほど、そもそもヒトはなぜ、リズムを奏でるのか、ヒトにとって音楽とは何か、より本質的な問いに迫りたいと思うようになりました。最近では、神経科学や発達脳科学の観点から、ヒトの音楽性の進化・発達的起源や、音楽・言語リズムの脳内処理過程、聴覚フィードバックを用いた運動学習やリハビリテーションについても研究を進めています。音楽や芸術についての神経科学・身体科学は、まだまだ未開拓の研究領域です。"ワクワク感とオリジナリティの追究" をモットーに、”おもろい” 研究を開拓・発信していきたいと思います。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 環境情報学部, 准教授

  • 2016年09月
    -
    2019年09月

    慶應義塾大学, 環境情報学部, 専任講師

  • 2015年09月
    -
    2016年08月

    東京大学, 大学院 教育学研究科 身体教育学コース, 特任助教

  • 2013年11月
    -
    2015年09月

    トロント大学 サニーブルック研究所, カナディアン・パートナーシップ・フォー・ストロークリカバリー, 博士研究員

  • 2011年05月
    -
    2013年10月

    ハーバード大学 メディカルスクール, ベス・イスラエル・ディコーネス・メディカルセンター, 博士研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    京都大学, 大学院 人間・環境学研究科, 共生人間学専攻 認知・行動科学講座

    大学院, 修了, 博士

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    京都大学, 大学院 人間・環境学研究科, 共生人間学専攻 認知・行動科学講座

    大学院, 修了, 修士

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    京都大学, 総合人間学部, 自然環境学科 環境適応論講座

    大学, 卒業, その他

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

    アンミュージックスクール京都校, ドラムス科, マスターコース

    その他, 修了

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(人間・環境学), 京都大学, 課程, 2010年03月

    熟練ドラム奏者の最速リズム運動制御機構

  • 修士(人間・環境学), 京都大学, 課程, 2007年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 体育、身体教育学

  • 情報通信 / 感性情報学

  • 情報通信 / 知覚情報処理

  • 人文・社会 / 認知科学

  • ライフサイエンス / 基盤脳科学

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ドラム

  • ハーバードビート評価テスト

  • ハーバードビート評価テスト

  • リズム知覚生成

  • リズム知覚生成

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Building sustainable global collaborative networks: Recommendations from music studies and the social sciences

    Savage P. E., Jacoby N., Margulis E. H., Daikoku H., Anglada-Tort M., Castelo-Branco S. E.-S., Nweke F. E., Fujii S., Hegde S., Chuan-Peng H., Jabbour J., Lew-Williams C., Mangalagiu D., McNamara R., Müllensiefen D., Opondo P., Patel A., & Schippers H., MIT Press, 2022年

  • 乳児の運動計測技術による発達理解とその未来

    新屋 裕太, 藤井 進也, 奥絢介, 渡辺はま, 多賀厳太郎, 中央法規出版, 2021年02月

    担当ページ: 95-126

  • ヒトの動き百話 ―スポーツの視点からリハビリテーションの視点まで―

    藤井 進也(市橋 則明・小田 伸午編), 市村出版, 2011年02月

    担当範囲: 「変わらないために変わり続ける身体」pp. 36-37, 「ムチのようにしなる身体の動き」pp.46-47, 「世界最速ドラマーの筋活動」pp. 60-61, 「眼で聴く音楽」pp. 62-63,「身体の動きでリズムを感じる」pp. 66-67

     概要を見る

    「変わらないために変わり続ける身体」「ムチのようにしなる身体の動き」「世界最速ドラマーの筋活動」「眼で聴く音楽」「身体の動きでリズムを感じる」の5話を執筆した。

  • Studies in Perception and Action IX: Fourteenth International Conference on Perception and Action

    Kudo K, Fujii S, Ohtsuki T, Oda S, Taylor & Francis Group, 2007年07月

    担当範囲: Motor Automaticity as an Emergent Property of a Dynamical System, pp 28-31

     概要を見る

    音楽やドラム演奏において運動の自動化と演奏パフォーマンスの無意識化が生じるプロセスについて、ダイナミカルシステムの創発的特性の観点から概説した。

  • 京大人気講義シリーズ 運動科学 実践編

    藤井 進也, 丸善出版, 2007年06月

    担当範囲: ドラムの研究と実践,pp. 160-187

     概要を見る

    第6章「ドラムの実践と研究」を分担執筆し、ドラムの実践経験を研究活動に結びつけるプロセス、ドラム奏者の手の機能的左右差に関する研究の概説、音楽家のリズム処理に関する神経科学研究の紹介や解説を行った。

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Towards a cross-cultural framework for predictive coding of music

    Savage P. E., & Fujii S.

    Nature Reviews Neuroscience (Springer Nature)  2022年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 最終著者, 査読有り

  • Transition between individually different and common features in skilled drumming movements

    Takiyama K., Hirashima M., & Fujii S

    Frontiers in Sports and Active Living (Frontiers)  4 2022年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 最終著者, 査読有り

     概要を見る

    Why do professional athletes and musicians exhibit individually different motion patterns? For example, baseball pitchers generate various pitching forms, e.g., variable wind-up, cocking, and follow-through forms. However, they commonly rotate their wrists and fingers at increasingly high speeds via shoulder and trunk motions. Despite the universality of common and individually different motion patterns in skilled movements, the abovementioned question remains unanswered. Here, we focus on a motion required to hit a snare drum, including the indirect phase of task achievement (i.e., the early movement and mid-flight phases) and the direct phase of task achievement (i.e., the hit phase). We apply tensor decomposition to collected kinematic data for the drum-hitting motion, enabling us to decompose high-dimensional and time-varying motion data into individually different and common movement patterns. As a result, individually different motion patterns emerge during the indirect phase of task achievement, and common motion patterns are evident in the direct phase of task achievement. Athletes and musicians are thus possibly allowed to perform individually different motion patterns during the indirect phase of task achievement. Additionally, they are required to exhibit common patterns during the direct phase of task achievement.

  • Tapping Performance of Professional and Amateur Darbuka Players

    Honda K. and Fujii S

    Frontiers in Psychology (Frontiers)  13 ( 861821 )  2022年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 最終著者, 査読有り

     概要を見る

    Motor learning is a process whereby the acquisition of new skills occurs with practice, and can be influenced by the provision of feedback. An important question is what frequency of feedback facilitates motor learning. The guidance hypothesis assumes that the provision of less augmented feedback is better than more because a learner can use his/her own inherent feedback. However, it is unclear whether this hypothesis holds true for all types of augmented feedback, including for example sonified information about performance. Thus, we aimed to test what frequency of augmented sonified feedback facilitates the motor learning of a novel joint coordination pattern. Twenty healthy volunteers first reached to a target with their arm (baseline phase). We manipulated this baseline kinematic data for each individual to create a novel target joint coordination pattern. Participants then practiced to learn the novel target joint coordination pattern, receiving either feedback on every trial i.e., 100% feedback (n = 10), or every other trial, i.e., 50% feedback (n = 10; acquisition phase). We created a sonification system to provide the feedback. This feedback was a pure tone that varied in intensity in proportion to the error of the performed joint coordination relative to the target pattern. Thus, the auditory feedback contained information about performance in real-time (i.e., “concurrent, knowledge of performance feedback”). Participants performed the novel joint coordination pattern with no-feedback immediately after the acquisition phase (immediate retention phase), and on the next day (delayed retention phase). The root-mean squared error (RMSE) and variable error (VE) of joint coordination were significantly reduced during the acquisition phase in both 100 and 50% feedback groups. There was no significant difference in VE between the groups at immediate and delayed retention phases. However, at both these retention phases, the 100% feedback group showed significantly smaller RMSE than the 50% group. Thus, contrary to the guidance hypothesis, our findings suggest that the provision of more, concurrent knowledge of performance auditory feedback during the acquisition of a novel joint coordination pattern, may result in better skill retention.

  • Anticipatory regulation of cardiovascular system on emergence of auditory-motor interaction in young infants

    Shinya Y., Oku K., Watanabe H., Taga G., Fujii S

    Experimental Brain Research (Springer)  240   1661 - 1671 2022年05月

    研究論文(学術雑誌), 最終著者, 査読有り

     概要を見る

    Humans develop auditory-motor interaction to produce a variety of rhythmic sounds using body movements, which are often produced and amplified with tools, such as drumming. The extended production of sounds allows us to express a wide range of emotions, accompanied by physiological changes. According to previous studies, even young infants enhance movements in response to auditory feedback. However, their exhibition of physiological adaptation on the emergence of auditory-motor interaction is unclear. We investigated the movement and cardiac changes associated with auditory feedback to spontaneous limb movements in 3-month-old infants. The results showed that infants increased the frequency of limb movements inducing auditory feedback, while they exhibited a more regular rhythm of the limb movements. Furthermore, heart rate increase associated with the limb movement was first inhibited immediately after the timing of the auditory feedback, which may reflect sustained attention to the auditory stimuli. Then, through auditory-motor experience, the heart rate increase was inhibited even prior to the auditory feedback, leading to suppression of the peak intensity of the heart rate increase. These findings suggest that young infants regulate the cardiovascular system as well as limb movements in anticipation of the auditory feedback. The anticipatory regulation associated with movement and attentional changes may contribute to reduced cardiovascular stress in auditory-motor interaction, and provide a developmental basis for more sophisticated goal-directed behavior of producing rhythmic sounds.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Physiological synchronization among audiences in live musical concert

    miwa, Honda K., Saijo N., Samma T., Sakakibara Y., Komine M., Kashino M, & Fujii S.

    The 2022 Meeting of the Society for Music Perception and Cognition (SMPC 2022) (Portland, OR) , 

    2022年08月

    口頭発表(一般), Society for Music Perception and Cognition

  • Replicability of Sight-over-sound Effect in Performance Judgement of Japanese Brass Ensemble Competition

    Samma T., Savage P. E., & Fujii S.

    The 2022 Meeting of the Society for Music Perception and Cognition (SMPC 2022) (Portland, OR) , 

    2022年08月

    口頭発表(一般), Society for Music Perception and Cognition

  • Pitch perception and production ability in patients with schizophrenia

    Tobari Y., Ogyu K., Noda Y., Honda S., Matsushita K.,Koizumi T., Koreki A., Mimura M., Nakajima S., & Fujii S.

    The 2022 Meeting of the Society for Music Perception and Cognition (SMPC 2022) (Portland, OR) , 

    2022年08月

    口頭発表(一般), Society for Music Perception and Cognition

  • Sight vs. sound in the judgment of music performance: Cross-cultural evidence from classical piano and Tsugaru shamisen competitions

    Chiba G., Ozaki Y., Fujii S., & Savage P. E.

    The 2022 Meeting of the Society for Music Perception and Cognition (SMPC 2022) (Portland, OR) , 

    2022年08月

    口頭発表(一般), Society for Music Perception and Cognition

  • Synchronization Error and Sound Amplitude during Drum-kit Playing with A Metronome in A Professional Drummer with Musician’s Dystonia

    Honda K., Sata S., Komine K., Yamaguchi S., Kashino M., & Fujii S.

    The 2022 Meeting of the Society for Music Perception and Cognition (SMPC 2022) (Portland, OR) , 

    2022年08月

    口頭発表(一般), Society for Music Perception and Cognition

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ライヴ音楽演奏における表現者と鑑賞者の心の動きの時間的同調性

    2021年07月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 藤井 進也, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    本研究では、ライブ音楽演奏における表現者と鑑賞者の心の動きの時間的同調性の解明を目的に研究を行う。研究者とアーティストが協力し、アコースティック弾き語り形式のライブ音楽演奏実験を実施し、ウェアラブルマルチ生体センサーによって、表現者の心拍、呼吸、加速度、及び、鑑賞者の主観的な感動度、心拍、呼吸、加速度を計測する。位相同期解析の手法を用いて、表現者と鑑賞者の心理生理反応の時間的同調性を明らかにすることで、音楽演奏における表現者と鑑賞者の心の動きの時間的同調性を明らかにする。本研究を通じて、ヒトに感動を与える演奏とは一体何か、音楽が喚起する感動の本質について、科学的な理解を得ることに挑戦する。

  • 音楽感動共創による人類社会の持続と幸福の実現及び地球文化普遍性の宇宙響鳴に関する調査研究

    2021年01月
    -
    2021年07月

    国立研究開発法人科学技術振興機構, ムーンショット型研究開発事業:新たな目標検討のためのビジョン策定(ミレニア・プログラム), 未設定

  • 音楽家の脳機能の解明: MRS-TMS-EEGを用いた横断研究

    2020年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 藤井 進也, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    近年、音楽経験を豊富に積んだ高齢者は、音楽経験の少ない高齢者に比べて、ワーキングメモリーや実行機能など、認知課題の成績が優れていると報告された。これらの先行研究を踏まえると、音楽はヒトの認知機能の改善や維持、長寿健康社会の実現に有用であると示唆されるが、その神経生理メカニズムは十分に解明されていない。そこで本研究では、核磁気共鳴スペクトロスコピー(MRS)と、経頭蓋磁気刺激と高解像度脳波の同時計測手法(TMS-EEG)を用いて、音楽家と非音楽家の前頭前野グルタミン酸・γアミノ酪酸(GABA)神経機能を横断比較し、音楽機能・認知機能との関連性を解明する。
    音楽家の脳機能の解明、特に音楽機能と認知機能の関連性や両機能を支える神経基盤の解明を目的とし、以下の通り研究を推進した。(1) 研究分担者と連携し、マルチモーダル脳機能イメージング手法(核磁気共鳴画像法 [MRI]、核磁気共鳴スペクトロスコピー法 [MRS]、経頭蓋磁気刺激[TMS]-高解像度脳波[EEG]の同時計測法 [TMS-EEG])を用いた神経科学実験を推進した。(2) 音楽家の認知機能と音楽機能に関して予備的データ解析を実施した。具体的には、音楽家において得られた認知機能評価タスク(RBANS, JART, LNS, EXIT)と音楽機能評価タスク(Harvard Beat Assessment Test: H-BAT)のスコア群について其々主成分分析を施した後、認知機能評価タスク群の第1主成分得点と音楽機能評価タスク群の第1主成分得点間の相関関係を分析した。解析の結果、音楽機能が高いほど、認知機能が高いことが明らかとなった。(3) 協和音の嗜好性と安静時脳機能ネットワークの関連性について予備的解析を行った。その結果、左側坐核ー右上頭頂回、前帯状回ー後上側頭回の安静時脳機能ネットワークが協和音の嗜好性に関連している可能性を得た。(4)演奏評価判断中の視聴覚情報処理過程について調査した。予備的解析の結果、音楽家と非音楽家とで演奏評価判断時の視聴覚情報処理過程が異なる可能性を得た。(5)その他、音楽機能と精神疾患の関連性(本多, 野田, 中島, 藤井, 2021)、歌の科学(北山, サベジ, 藤井, 2021)、コロナ時代の音楽(村井, 真鍋, 藤井, 2021)、音楽表現の発展可能性(田中と藤井, 2021)、巧みな音楽演奏にみられる時間ゆらぎとグルーヴ(藤井, 2020)について総説・解説記事をまとめて発表した。
    上記研究実績欄で述べた(1)-(5)の成果を総合的に判断し、「おおむね順調に進展している」と判断した。本研究の目的は、MRSやTMS-EEGなどのマルチモーダル脳機能イメージングを用いて、音楽家の脳機能や音楽機能と認知機能の関連性を解明することであり、音楽家はリズムやピッチ、和音などの音楽的構成要素を高次に処理する脳の働き(=音楽機能)を備えており、音楽機能の高い個人は認知機能にも優れているのではないかという仮説を立てた。上記(1)(2)に記載の通り、実験を推進しながら予備的解析を行い、音楽機能が高い個人ほど認知機能が高いという仮説を支持する結果を得ることができた。また、協和音の嗜好性と安静時脳機能ネットワークの関連性や、音楽家と非音楽家の演奏評価判断時の視聴覚情報処理過程についても研究を推進することができた。加えて、音楽機能と精神疾患の関連性、歌の科学、コロナ時代の音楽、音楽表現の発展可能性、巧みな音楽演奏にみられる時間ゆらぎとグルーヴについての総説・解説記事をまとめ、ジャーナル誌上に発表することができた。また、音楽科学に関する国際研究会議(CLaME Event: Building sustainable global collaborative research networks)に参加し、日本と北米の音楽科学の現状について発表し、国際的に連携して持続的な音楽科学研究をするにはどうすべきか議論をおこなった(藤井, 2021)。これら現在までの進捗状況を俯瞰し、今後の研究につながる成果を得ることができたため、「おおむね順調に進展している」と判断した。
    今後の研究の推進方針として、まずはマルチモーダル脳機能イメージングを用いた神経科学実験を引き続き推進することを計画している。多様な音楽経験を持つ健常者の音楽機能と認知機能データに加え、精神疾患患者の音楽機能と認知機能についても研究を推進する予定である。またデータ収集と並行して、音楽機能・認知機能データ、マルチモーダル脳機能イメージングデータの予備的分析もさらに推進していく予定である。具体的には、音楽機能評価としては、ハーバードビート評価テスト(Harvard Beat Assessment Test: H-BAT)のスコアだけでなく、ピッチ方向識別課題、和音判別課題、バルセロナ式音楽報酬質問紙(BMRQ)等の音楽機能評価スコアの解析を進める予定である。MRS、TMS-EEGデータについては、まずMRSデータの解析に焦点をあて、グルタミン酸指標と音楽機能・認知機能の関連性について研究を進める予定である。加えて、Voxel-based Morphometry(VBM)解析、Cortical Thickness(皮質厚)解析等を行い、脳イメージング指標と音楽機能評価指標・認知機能評価指標の関連性についても研究を進める予定である。協和音の嗜好性と安静時脳機能ネットワークの関連性や、音楽家と非音楽家とで演奏評価判断時の視聴覚情報処理過程については、これまでの成果をさらに発展させてデータ解析や追加実験を行い、成果を国際音楽神経科学会議(Neurosciences & Music VII)にて発表する予定である。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に関する社会情勢等を踏まえ、オンライン調査の実施、音楽家に関する既取得データの解析、関連文献レビューにも焦点を当てるなど、適宜柔軟に対応しながら音楽家の脳機能について精力的に研究を推進する方策である。

  • 小田急沿線都市データの可聴化による音風景の創作

    2019年11月
    -
    2021年03月

    小田急電鉄株式会社, 藤井 進也、田中 堅大, 共同研究契約,  研究代表者

  • 歩容データの可視化・可聴化に基づく認知・行動変容の研究

    2019年11月
    -
    2021年03月

    株式会社 no new folk studio, 藤井 進也, 共同研究契約,  研究代表者

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学 藤井進也研究室 Synthesize: x-Music Exhibition

    x-Music Laboratory

    横浜 大さん橋ホール, 

    2021年11月

    芸術活動, 共同

     発表内容を見る

    慶應義塾大学 x-Music Lab からの作品を紹介。サウンドインスタレーションもしくはライブパフォーマンスの形態を踏襲し、未だ嘗て聴いたことのない音楽の在り方を社会へと問いかける構成。

  • Drum Session with Odakyu Railway

    Shinya Fujii / x-Music Lab / Keio University SFC

    2021年03月
    -
    継続中

    芸術活動, 共同

     発表内容を見る

    Drum Session with Odakyu Railway, Keio SFC Shinya Fujii / x-Music Lab.
    Drums / Supervisor: Dr. Shinya Fujii
    Project Lead: Kenta Tanaka
    System / Visual Programming: Ryo Yumoto
    Programming: Santa Naruse
    Composition / Sound Programming: Reo Anzai
    Technical Support: Miku Fujimoto
    Project Support: Hazuki Ota / Ryo Simon
    Film Direction / Cinematography: Kazuki Takahashi
    Film Edit: Yuma Matsuoka

  • <ORF実行委員会特別企画>The x-Music Live ORF 2019

    藤井 進也, 徳井 直生, 魚住 勇太, 青木 聖也, 脇田 玲

    東京ミッドタウン, 

    2019年11月

    芸術活動, 共同

     発表内容を見る

    藤井進也のDrumming、脇田玲のVisual Art、徳井直生のDJ、魚住勇太のSound Art、青木聖也のLaserがクロスオーバーした、未知なる次の音楽 x-Music" Live Performanceを披露(Support: 中嶋亮介、野原恵祐 from "x-Groove"、松橋百葉、天野真、安斎励應、西門亮)。

  • KEIO SFC ORF 2019 展示「NeuroMusicLab」

    藤井進也研究会

    東京ミッドタウン, 

    2019年11月

    その他, 共同

     発表内容を見る

    人類にとって音楽とは一体何でしょうか。私たちが普段何気なく聴き、演奏し、楽しむ音楽は、実はヒトの文化・進化・発達の起源や、社会性や創造性、知覚、認知、運動、記憶、情動、学習といったヒトの脳機能を理解する上で、極めて重要な研究対象です。本展示では、藤井進也研究会(音楽神経科学ラボ・NeuroMusicLab / エクス・ミュージックラボ・x-MusicLab)が、現在行なっている「音楽と脳のサイエンス / 未知なる次の音楽」について紹介。

  • x-Music Exhibition vol.0 @ KATA

    x-Music Laboratory

    KATA(東京都渋谷区東3-16-6 LIQUIDROOM 2F), 

    2019年08月

    芸術活動, 共同

     発表内容を見る

    慶應義塾大学 x-Music Lab からの作品を紹介。サウンドインスタレーションもしくはライブパフォーマンスの形態を踏襲し、未だ嘗て聴いたことのない音楽の在り方を社会へと問いかける構成。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • SFC FACULTY AWARD 2021

    藤井進也, 2022年04月, 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス, 顕著な成果を挙げた者

    受賞区分: 塾内表彰等

     説明を見る

    情熱をもって教育研究に携わり、常に学生を強く引きつける授業を行っている。

  • 第11回衛星放送協会オリジナル番組アワード審査員長賞

    町田樹, 藤井進也, 2021年09月, 一般社団法人衛星放送協会, 町田樹のスポーツアカデミア 【Dialogue:研究者、スポーツを斬る②】 ~音楽神経科学~ 慶應義塾大学 環境情報学部 藤井進也准教授

    受賞区分: その他

  • SFC FACULTY AWARD 2020

    藤井進也, 2021年04月, 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス, 顕著な成果を挙げた者

    受賞区分: 塾内表彰等

     説明を見る

    研究者、教員、ドラマーとして、夢とリアルを実践を通して探求する姿が学生にとって真に先導的であった。

  • 特に優れた業績による大学院第一種奨学金全額返還免除

    2007年

    受賞区分: その他

  • アン・ミュージックスクール京都校ドラムス科 マスターコース 特待生認定修了(授業料免除)

    2003年03月

    受賞区分: その他

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 2005年

     内容を見る

    日本学生支援機構 特に優れた業績による大学院第一種奨学金全額返還免除

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究会B

    2022年度

  • 体育2~5

    2022年度

  • 音楽と脳

    2022年度

  • 修士研究会

    2022年度

  • 特別研究

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 音楽と脳

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 専任

  • データドリブンアート

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    秋学期, 兼担

  • 特別研究プロジェクトA

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    秋学期, 専任

  • 卒業プロジェクト2

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    秋学期, 専任

  • 卒業プロジェクト1

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    秋学期, 専任

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 「環境情報学」ゲスト講義

    2020年05月

    , 教育方法・実践に関する発表、講演

  • GIGAフレッシュマンセッション

    2019年09月

    , その他特記事項

     内容を見る

    慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの新入GIGA生のファシリテーターを担当。新入生各人がSFCで取り組みたいことをグループ内で順に発表し、その発表についてコメントやアドバイスをおこなった。

  • さだまさし慶應義塾大学特別招聘教授特別授業「うたをつくる」開催

    2019年08月

    , その他特記事項

     内容を見る

    さだまさし特別招聘教授、北山陽一特別招聘講師、村井純教授、サベジパトリック特任准教授、徳井直生准教授と共同で、特別授業「うたをつくる」を開講した。

  • 「芸術と科学」Special Lecture: Musician and Scientist

    2019年05月

    , 教育方法・実践に関する発表、講演

     内容を見る

    脇田 玲 教授の「芸術と科学」の授業にて、「音楽家と科学者」と題し、音楽家と科学者の表現者としての共通点・接点について特別講演をおこなった。

  • 「環境情報学」Special Live Performance: Audio-Visual Live Drumming

    2019年04月

    , 教育内容・方法の工夫

     内容を見る

    2019年4月11日に開催した「環境情報学」の第一回授業(慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスθ館開催)にて、ドラムの生ライブ演奏とメディアアートを融合した Audio-Visual Live Drumming Performance を披露した。

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • Creative Cooking Battle Youth 審査員

    Creative Cooking Battle, Creative Cooking Battle Youth (Cookpad 本社)

    2019年06月

     概要を見る

    Cookpad 本社にて開催されたクリエイティブクッキングバトル Youth 関東予選6の審査員を務めた。

  • ファブ3Dコンテスト2018 カテゴリー3「FAB甲子園:Sounds FABulous!」審査委員長

    2018年07月
    -
    2018年11月

     概要を見る

    ファブ3Dコンテスト2018 カテゴリー3「FAB甲子園:Sounds FABulous!」審査委員長を務め、応募作品の審査と表彰を行った。

  • ファブ3Dコンテスト2017 カテゴリー3「FAB甲子園」審査委員長

    2017年07月
    -
    2017年11月

     概要を見る

    ファブ3Dコンテスト2017 カテゴリー3「FAB甲子園」の審査委員長を務め、応募作品の審査と表彰を行った。

  • External Reviewer, Evaluation Committee of French National Research Agency (ANR)

    2015年

メディア報道 【 表示 / 非表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • Society for Music Perception and Cognition (SMPC), 

    2013年08月
    -
    継続中
  • Society for Neuroscience (SfN), 

    2010年04月
    -
    2010年12月
  • Organization for Human Brain Mapping (OHBM), 

    2011年06月
    -
    2013年03月
  • Cognitive Neuroscience Society (CNS), 

    2014年10月
    -
    2015年10月
  • 日本体育学会, 

    2005年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    2018年

    Editorial Board (Consulting Editor), Musicae Scientiae

  • 2012年06月
    -
    継続中

    Editorial Board (Review Editor), Frontiers in Auditory Cognitive Neuroscience