藤井 進也 (フジイ シンヤ)

FUJII Shinya

写真a

所属(所属キャンパス)

環境情報学部 (湘南藤沢)

職名

准教授

HP

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学環境情報学部准教授.京都大学総合人間学部卒,京都大学大学院博士課程修了,博士(人間・環境学) .日本学術振興会特別研究員DC1(京都大学),PD(東京大学,ハーバード大学・ベスイスラエルディコーネスメディカルセンター),海外特別研究員(トロント大学サニーブルックヘルスサイエンスセンター),東京大学大学院教育学研究科特任助教,慶應義塾大学専任講師を経て,2019年9月より現職.ドラマーとしてアンミュージックスクール京都校を特待生認定修了.専門は音楽神経科学・音楽身体科学.

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 巧みで美しい身体運動は、音楽や芸術行為の中に満ち溢れています。ドラマーとして音楽を演奏する傍ら、ヒトの身体運動の不思議さに魅了され、一流ドラマーの身体科学研究をはじめました。研究をすればするほど、そもそもヒトはなぜ、リズムを奏でるのか、ヒトにとって音楽とは何か、より本質的な問いに迫りたいと思うようになりました。最近では、神経科学や発達脳科学の観点から、ヒトの音楽性の進化・発達的起源や、音楽・言語リズムの脳内処理過程、聴覚フィードバックを用いた運動学習やリハビリテーションについても研究を進めています。音楽や芸術についての神経科学・身体科学は、まだまだ未開拓の研究領域です。皆さんと一緒に、SFCから世界に向けて、エクストリームでおもしろい研究を発信していきたいと思います。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 環境情報学部, 准教授

  • 2016年09月
    -
    2019年09月

    慶應義塾大学, 環境情報学部, 専任講師

  • 2015年09月
    -
    2016年08月

    東京大学, 大学院 教育学研究科 身体教育学コース, 特任助教

  • 2013年11月
    -
    2015年09月

    トロント大学 サニーブルック研究所, カナディアン・パートナーシップ・フォー・ストロークリカバリー, 博士研究員

  • 2011年05月
    -
    2013年10月

    ハーバード大学 メディカルスクール, ベス・イスラエル・ディコーネス・メディカルセンター, 博士研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    京都大学, 大学院 人間・環境学研究科, 共生人間学専攻 認知・行動科学講座

    日本, 大学院, 修了, 博士

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    京都大学, 大学院 人間・環境学研究科, 共生人間学専攻 認知・行動科学講座

    日本, 大学院, 修了, 修士

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    京都大学, 総合人間学部, 自然環境学科 環境適応論講座

    日本, 大学, 卒業, その他

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    アンミュージックスクール京都校, ドラムス科, マスターコース

    日本, その他, 修了

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(人間・環境学), 京都大学, 課程, 2010年03月

    熟練ドラム奏者の最速リズム運動制御機構

  • 修士(人間・環境学), 京都大学, 課程, 2007年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 身体教育学

  • 感性情報学

  • 知覚情報処理

  • 認知科学

  • 脳計測科学

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ドラム

  • ハーバードビート評価テスト

  • リズム知覚生成

  • 世界最速ドラマー

  • 両手協調

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 乳児の運動計測技術による発達理解とその未来

    新屋 裕太, 藤井 進也, 奥絢介, 渡辺はま, 多賀厳太郎, 中央法規出版, 2021年02月

    担当ページ: 95-126

  • ヒトの動き百話 ―スポーツの視点からリハビリテーションの視点まで―

    藤井 進也(市橋 則明・小田 伸午編), 市村出版, 2011年02月

    担当範囲: 「変わらないために変わり続ける身体」pp. 36-37, 「ムチのようにしなる身体の動き」pp.46-47, 「世界最速ドラマーの筋活動」pp. 60-61, 「眼で聴く音楽」pp. 62-63,「身体の動きでリズムを感じる」pp. 66-67

     概要を見る

    「変わらないために変わり続ける身体」「ムチのようにしなる身体の動き」「世界最速ドラマーの筋活動」「眼で聴く音楽」「身体の動きでリズムを感じる」の5話を執筆した。

  • Studies in Perception and Action IX: Fourteenth International Conference on Perception and Action

    Kudo K, Fujii S, Ohtsuki T, & Oda S, Taylor & Francis Group, 2007年07月

    担当範囲: Motor Automaticity as an Emergent Property of a Dynamical System, pp 28-31

     概要を見る

    音楽やドラム演奏において運動の自動化と演奏パフォーマンスの無意識化が生じるプロセスについて、ダイナミカルシステムの創発的特性の観点から概説した。

  • 京大人気講義シリーズ 運動科学 実践編

    藤井 進也, 丸善出版, 2007年06月

    担当範囲: ドラムの研究と実践,pp. 160-187

     概要を見る

    第6章「ドラムの実践と研究」を分担執筆し、ドラムの実践経験を研究活動に結びつけるプロセス、ドラム奏者の手の機能的左右差に関する研究の概説、音楽家のリズム処理に関する神経科学研究の紹介や解説を行った。

  • スポーツ百科事典

    藤井 進也, 丸善出版, 2007年01月

    担当範囲: リズム感とスポーツ,pp. 714-715

     概要を見る

    リズムの語源と定義、及びリズム感とスポーツの関連性について解説した。

論文 【 表示 / 非表示

  • Frontostriatal Structural Connectivity and Striatal Glutamatergic Levels in Treatment-Resistant Schizophrenia: An Integrative Analysis of DTI and 1H-MRS

    Ochi R., Tarumi R., Noda Y., Tsugawa S., Plitman E., Wada M., Honda S., Matsushita K., Chakravarty M.M., Graff-Guerrero A., Fujii S., Matsui M., Uchida H., Mimura M, Nakajima S.

    Schizophrenia Bulletin Open (Oxford Academic)  1 ( 1 )  2020年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Given that approximately one-third of patients with schizophrenia do not respond to antipsychotics, different neurobiological bases may underlie treatment resistance in schizophrenia. Previous studies showed that treatment response is associated with both frontostriatal connectivity and glutamatergic neurometabolite levels in the caudate in patients with schizophrenia, which leads to the hypothesis that the relationship between them may be altered, specifically in patients with treatment-resistant schizophrenia (TRS). Employing analyses of covariance and subsequent partial correlation analyses, we compared the relationship between glutamate+glutamine (Glx) levels in the caudate and fractional anisotropy (FA) values in the tract between the dorsolateral prefrontal cortex and caudate in 19 patients with TRS, 20 patients responsive to first-line antipsychotics (FL-Resp), and 19 healthy controls (HCs). TRS was defined by severe positive symptomatology despite first-line antipsychotic treatment. Patients with TRS had lower FA values in the bilateral frontostriatal tracts than patients with FL-Resp and HCs (P < .001), while no group differences were found in caudate Glx levels. There was a significant frontostriatal FA value-by-group interaction on caudate Glx levels (F = 7.37, P = .009). Frontostriatal FA values positively correlated with caudate Glx levels in HCs (r = −.55, P = .028), while they were negatively associated with caudate Glx levels in the TRS group (r = .53, P = .043). Furthermore, in the FL-Resp group, frontostriatal FA values did not significantly correlated with caudate Glx levels. The altered relationship between white matter integrity and the glutamate system in the frontostriatal circuit in the TRS group may reflect the pathophysiology underlying treatment response/resistance in schizophrenia.

  • Perceptual vs. automated judgments of music copyright infringement

    Yuan Y., Oishi S., Cronin C., Müllensiefen D., Atkinson Q. D., Fujii S., Savage P. E.

    Proceedings of the 21st International Society for Music Information Retrieval Conference (ISMIR 2020) (ISMIR)     23 - 29 2020年10月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り

  • Resting-state isolated effective connectivity of the cingulate cortex as a neurophysiological biomarker in patients with severe treatment-resistant schizophrenia

    Wada M., Nakajima S., Tarumi R., Masuda F., Miyazaki T., Tsugawa S., Ogyu K., Honda S., Matsushita K., Kikuchi Y., Fujii S., Blumberger D.M., Daskalakis Z.J., Mimura M., Noda Y.

    Journal of Personalized Medicine (Journal of Personalized Medicine)  10 ( 3 ) 1 - 12 2020年08月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

     概要を見る

    Background: The neural basis of treatment-resistant schizophrenia (TRS) remains unclear. Previous neuroimaging studies suggest that aberrant connectivity between the anterior cingulate cortex (ACC) and default mode network (DMN) may play a key role in the pathophysiology of TRS. Thus, we aimed to examine the connectivity between the ACC and posterior cingulate cortex (PCC), a hub of the DMN, computing isolated effective coherence (iCoh), which represents causal effective connectivity. Methods: Resting-state electroencephalogram with 19 channels was acquired from seventeen patients with TRS and thirty patients with non-TRS (nTRS). The iCoh values between the PCC and ACC were calculated using sLORETA software. We conducted four-way analyses of variance (ANOVAs) for iCoh values with group as a between-subject factor and frequency, directionality, and laterality as within-subject factors and post-hoc independent t-tests. Results: The ANOVA and post-hoc t-tests for the iCoh ratio of directionality from PCC to ACC showed significant findings in delta (t = 7.659, p = 0.008) and theta (t = 8.066, p = 0.007) bands in the left side (TRS < nTRS). Conclusion: Left delta and theta PCC and ACC iCoh ratio may represent a neurophysiological basis of TRS. Given the preliminary nature of this study, these results warrant further study to confirm the importance of iCoh as a clinical indicator for treatment-resistance. 45 45

  • Thalamic and striato-pallidal volumes in schizophrenia patients and individuals at risk for psychosis: A multi-atlas segmentation study

    Takahashi T., Tsugawa S., Nakajima S., Plitman E., Chakravarty M.M., Masuda F., Wada M., Kurose S., Ochi R., Matsushita K., Sasabayashi D., Nakamura M., Nishikawa Y., Takayanagi Y., Nishiyama S., Higuchi Y., Mizukami Y., Furuichi A., Kido M., Hashimoto R., Noguchi K., Fujii S., Mimura M., Noda Y., Suzuki M.

    Schizophrenia Research (Elsevier)  2020年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  09209964

     概要を見る

    Despite previous neuroimaging studies demonstrating morphological abnormalities of the thalamus and other subcortical structures in patients with schizophrenia, the potential role of the thalamus and its subdivisions in the pathophysiology of this illness remains elusive. It is also unclear whether similar changes of these structures occur in individuals at high risk for psychosis. In this study, magnetic resonance imaging was employed with the Multiple Automatically Generated Templates (MAGeT) brain segmentation algorithm to determine volumes of the thalamic subdivisions, the striatum (caudate, putamen, and nucleus accumbens), and the globus pallidus in 62 patients with schizophrenia, 38 individuals with an at-risk mental state (ARMS) [4 of whom (10.5%) subsequently developed schizophrenia], and 61 healthy subjects. Cognitive function of the patients was assessed by using the Brief Assessment of Cognition in Schizophrenia (BACS) and the Schizophrenia Cognition Rating Scale (SCoRS). Thalamic volume (particularly the medial dorsal and ventral lateral nuclei) was smaller in the schizophrenia group than the ARMS and control groups, while there were no differences for the striatum and globus pallidus. In the schizophrenia group, the reduction of thalamic ventral lateral nucleus volume was significantly associated with lower BACS score. The pallidal volume was positively correlated with the dose of antipsychotic treatment in the schizophrenia group. These results suggest that patients with schizophrenia, but not those with ARMS, exhibit volume reduction in specific thalamic subdivisions, which may underlie core clinical features of this illness.

  • Proximal Binaural Sound Can Induce Subjective Frisson

    Honda S, Ishikawa Y, Konno R, Imai E, Nomiyama N, Sakurada K, Koumura T, Kondo HM, Furukawa S, Fujii S, Nakatani M

    Frontiers in Psychology (Frontiers)  11 ( 316 ) 1 - 11 2020年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    バイノーラル録音した物音や音楽が、ヒトの主観的鳥肌感を増大させることを実験的に示した。

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 精神疾患と音楽機能の関連性:精神医学分野における音楽神経科学の発展可能性

    本多 栞, 野田 賀大, 中島 振一郎, 藤井 進也

    KEIO SFC JOURNAL (慶應SFC学会)  20 ( 2 ) 70 - 82 2021年03月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

     概要を見る

    精神疾患を罹患することにより、音楽のメロディーやリズム、和声などを知覚・生成する脳の音楽機能は、どのように変化するのだろうか。本稿では、サヴァン症候群・前頭側頭型認知症の精神疾患を罹患して音楽機能が亢進する事例、及び、うつ病・統合失調症を罹患して音楽機能が低下する事例を取り上げ、精神疾患の病態と音楽機能の関係性について概説する。さらに、現状における研究の限界と課題を指摘し、精神疾患患者に対する科学的エビデンスに基づいた音楽療法分野の開拓に向け、精神医学分野における音楽神経科学研究の発展可能性について述べる。

  • 巻頭言:音楽と科学

    藤井 進也

    KEIO SFC JOURNAL (慶應SFC学会)  20 ( 2 ) 6 - 7 2021年03月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • コロナ時代の音楽の実学

    村井 純, 真鍋 大度, 藤井 進也(司会進行)

    KEIO SFC JOURNAL (慶應SFC学会)  20 ( 2 ) 8 - 20 2021年03月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • 歌の科学

    北山 陽一, パトリック サベジ, 藤井 進也

    KEIO SFC JOURNAL (慶應SFC学会)  20 ( 2 ) 22 - 33 2021年03月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • Urban Composition -都市の現象を応用することによる音楽・サウンドアート表現の探求

    田中 堅大, 藤井 進也

    KEIO SFC JOURNAL (慶應SFC学会)  20 ( 2 ) 108 - 129 2021年03月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

     概要を見る

    本稿では、未知なる次の音楽を創造することを究極の目的に、都市の現象を音楽・サウンドアート作品へと応用する「都市作曲(Urban Composition)」の可能性を探求する。20世紀以降の都市におけるサウンドアートの歴史的文脈を概説し、都市と音楽の邂逅領域を明らかにする。また、筆者らが行ってきた都市作曲の実践を紹介し、都市空間と音楽の相互関係について考察する。最後に、実空間と情報空間が分かち難く結びつくことで「未知なる音楽(x-Music)」が創造される可能性を推論し、都市作曲の未来について展望する。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Motion Analysis of Finger-bowing Skill in Violin Playing with A High Speed Camera: A Case Study

    Fukatsu H., Honda K, Ishizuka T., Ohgi Y., Fujii S.

    ICMPC16-ESCOM11: The 16th International Conference on Music Perception and Cognition / The 11th Triennial Conference of ESCOM, 2021年07月, ポスター(一般)

     概要を見る

    Background
    The finger-bowing (also termed as the Detache in French or Yubi-Yumi in Japanese) is a skill used in violin playing to maintain a smooth sound before and after the moment of direction change of a bow. The skill is practiced on a daily basis among violinists as Simon Fischer, a violinist and a pedagogue, described the way of practice in his textbook (Fischer, 2004). Acquiring the skill is fundamental for expert violin performance, yet no kinematic study has been conducted to clarify how a player coordinates the motions of bow and violin body to realize the smooth sound.
    Aims
    The aim of this case study was to clarify the fine motion of a violin body and a string in relation to the bow motion during the finger-bowing skill using a high speed camera.
    Methods
    A violinist, who graduated from Toho Gakuen School of Music and awarded multiple competitions, played a G3 (196.9 Hz) tone with the finger-bowing skill while maintaining the sound as smooth as possible. The movements during the performance were recorded using a high speed camera (FASTCAM Mini AX, Photron). The shutter speed of the camera was 1/25000 sec and the data were recorded at 10,000 Hz. The motion of the violin body, a string, and a bow were tracked using the DeepLabCut software (Mathis et al., 2018; Nath et al., 2019). The motion of the violin body and bow was smoothed by a 2nd-order Butterworth low-pass filter with a cut-off frequency of 10 Hz to analyze the directional change. The string motion was smoothed by a 2nd-order Butterworth high-pass filter with a cut-off frequency of 20 Hz to analyze the vibration. We first detected the moment at which the direction of a bow was changed. We then analyzed the violin body and string motion before and after the moment of bow change.
    Results
    As for the violin body motion, we found that the body changed the direction about 55 msec before the bow changed the direction. As for the string vibration, the amplitude was kept small at around the bow directional change. It was noteworthy that the amplitude of the string vibration increased about 80 msec before the bow changed the direction.
    Conclusion and Implications
    Our results indicate that the player accomplishes the smooth violin sound by changing the direction of the violin body as well as increasing the amplitude of string just before the directional change of a bow. As far as we know, this is the first case study that captured the fine motion coordination of bow, violin body, and string with a high speed camera during the finger bowing skill. Our finding may be useful for developing objective training methods for violin learners.

  • Human and automated judgements of musical similarity in a global sample

    Daikoku H., Shenghao D., Benetos E., Wood A. L. C., Fujii S., Savage P. E.

    ICMPC16-ESCOM11: The 16th International Conference on Music Perception and Cognition / The 11th Triennial Conference of ESCOM, 2021年07月, ポスター(一般)

  • Reliability of automated and human transcriptions of non-Western music

    Ozaki Y., McBride J., Benetos E., Pfordresher P., Six J., Tierney A. T., Fujii S., Savage P. E.

    ICMPC16-ESCOM11: The 16th International Conference on Music Perception and Cognition / The 11th Triennial Conference of ESCOM, 2021年07月, ポスター(一般)

  • Are pitches discrete? An information-theoretic framework and a corpus study

    McBride J. M., Tierney A. T., Pfordresher P., Six J., Fujii S., Savage P. E.

    ICMPC16-ESCOM11: The 16th International Conference on Music Perception and Cognition / The 11th Triennial Conference of ESCOM, 2021年07月, ポスター(一般)

  • Perceptual vs. automated judgements of music copyright infringement

    Yuchen Y., Cronin C., Müllensiefen D., Fujii S., Savage P. E.

    ICMPC16-ESCOM11: The 16th International Conference on Music Perception and Cognition / The 11th Triennial Conference of ESCOM, 2021年07月, ポスター(一般)

     概要を見る

    Inappropriate music copyright lawsuits inhibit music creativity and waste millions of taxpayer dollars annually, but there are few objective guidelines for applying copyright law in claims involving musical works. Recent research has proposed objective algorithms to automatically calculate musical similarity, but there remains almost no relevant perceptual data.
    Aims
    Our study aims at supporting the legal system to make decisions on music copyright lawsuits more efficiently and accurately. Current proposed automated algorithms for music similarity reduce subjectivity in music copyright decisions but have not been tested against perceptual data. Thus, we collected both perceptual and automated data to help determine objective standards for how much copying is required to be considered as substantial similarity.
    Methods
    In previous study (Yuan et al., 2020), we chose 17 adjudicated copyright cases whose main copyright issue focused on substantial similarity of melodies. To improve it, we expanded our database to include a larger and more diverse sample of 46 cases from the Music Copyright Infringement Resource (Cronin, 2020), including cases focused on similarity in timbre, lyrics, etc. as well as melodic similarity. We will conduct a perceptual experiment to collect 20 participants' perceptual judgements on music similarity of the 46 copyright cases and compare the results with the similarity levels calculated by 2 automated algorithms which were designed to calculate melodic and audio similarity, respectively. We will apply Percent Melodic Identity method which was developed to quantify melodic evolution based on automatic sequence alignment algorithms to measure melodic similarity (Savage et al., 2015). We plan to test CQTNet model, which used Convolutional Neural Network architecture for audio cover song identification (Yu et al., 2020), for its ability to evaluate audio similarity and music copyright infringement.
    Results
    Our previous application found the 20 participants’ judgement of infringement matched the official decisions in between 49-58% of the 17 selected cases in all three conditions (given full-audio, melody-only, or lyrics-only versions). Both automated algorithms designed for melodic and audio similarity respectively were able to match past decisions with identical accuracy of 71% (12/17 cases). The updated study with larger sample of 46 cases which were selected with strictly-designed criteria would probably reduce the failures in automatic analysis caused by non-musical aspects. We also expect the newly-introduced CQTNet model could show better performance in music similarity.
    References
    Cronin, C. (2020). Music Copyright Infringement Resource, http://mcir.usc.edu.
    Savage, P. E., & Atkinson, Q. D. (2015). Automatic tune family identification by musical sequence alignment. ISMIR. Yu, Z., Xu, X., Chen, X., & Yang, D. (2020). Learning a Representation for Cover Song Identification Using Convolutional Neural Network. ICASSP.
    Yuan, Y., Oishi, S., Cronin, C., Müllensiefen, D., Atkinson, Q. D., Fujii, S., & Savage, P. E. (2020). Perceptual vs. automated judgements of music copyright infringement. ISMIR.

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 音楽感動共創による人類社会の持続と幸福の実現及び地球文化普遍性の宇宙響鳴に関する調査研究

    2021年01月
    -
    2021年07月

    国立研究開発法人科学技術振興機構, ムーンショット型研究開発事業:新たな目標検討のためのビジョン策定(ミレニア・プログラム)

  • 音楽家の脳機能の解明: MRS-TMS-EEGを用いた横断研究

    2020年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 藤井 進也, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 小田急沿線都市データの可聴化による音風景の創作

    2019年11月
    -
    2021年03月

    小田急電鉄株式会社, 藤井 進也, 田中 堅大, 共同研究契約,  代表

  • 歩容データの可視化・可聴化に基づく認知・行動変容の研究

    2019年11月
    -
    2021年03月

    株式会社 no new folk studio, 藤井 進也, 共同研究契約,  代表

  • Understanding global diversity in music perception and production

    2019年10月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, サベジ パトリック, 味見 純 , 藤井 進也, 徳井 直生, 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)), 分担

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • Drum Session with Odakyu Railway

    Shinya Fujii / x-Music Lab / Keio University SFC

    2021年03月
    -
    継続中

    芸術活動, 共同

     発表内容を見る

    Drum Session with Odakyu Railway, Keio SFC Shinya Fujii / x-Music Lab.
    Drums / Supervisor: Dr. Shinya Fujii
    Project Lead: Kenta Tanaka
    System / Visual Programming: Ryo Yumoto
    Programming: Santa Naruse
    Composition / Sound Programming: Reo Anzai
    Technical Support: Miku Fujimoto
    Project Support: Hazuki Ota / Ryo Simon
    Film Direction / Cinematography: Kazuki Takahashi
    Film Edit: Yuma Matsuoka

  • <ORF実行委員会特別企画>The x-Music Live ORF 2019

    藤井 進也, 徳井 直生, 魚住 勇太, 青木 聖也, 脇田 玲

    東京ミッドタウン, 

    2019年11月

    芸術活動, 共同

     発表内容を見る

    藤井進也のDrumming、脇田玲のVisual Art、徳井直生のDJ、魚住勇太のSound Art、青木聖也のLaserがクロスオーバーした、未知なる次の音楽 x-Music" Live Performanceを披露(Support: 中嶋亮介、野原恵祐 from "x-Groove"、松橋百葉、天野真、安斎励應、西門亮)。

  • KEIO SFC ORF 2019 展示「NeuroMusicLab」

    藤井進也研究会

    東京ミッドタウン, 

    2019年11月

    その他, 共同

     発表内容を見る

    人類にとって音楽とは一体何でしょうか。私たちが普段何気なく聴き、演奏し、楽しむ音楽は、実はヒトの文化・進化・発達の起源や、社会性や創造性、知覚、認知、運動、記憶、情動、学習といったヒトの脳機能を理解する上で、極めて重要な研究対象です。本展示では、藤井進也研究会(音楽神経科学ラボ・NeuroMusicLab / エクス・ミュージックラボ・x-MusicLab)が、現在行なっている「音楽と脳のサイエンス / 未知なる次の音楽」について紹介。

  • x-Music Exhibition vol.0 @ KATA

    x-Music Laboratory

    KATA(東京都渋谷区東3-16-6 LIQUIDROOM 2F), 

    2019年08月

    芸術活動, 共同

     発表内容を見る

    慶應義塾大学 x-Music Lab からの作品を紹介。サウンドインスタレーションもしくはライブパフォーマンスの形態を踏襲し、未だ嘗て聴いたことのない音楽の在り方を社会へと問いかける構成。

  • Brain Orchestra

    Ryo Yumoto, Kenta Tanaka, Reo Anzai, Makoto Amano, Shoya Maruyama

    スタンフォード大学, 

    2019年03月

    芸術活動

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 特に優れた業績による大学院第一種奨学金全額返還免除

    2007年

    受賞区分: その他の賞

  • アン・ミュージックスクール京都校ドラムス科 マスターコース 特待生認定修了(授業料免除)

    2003年03月

    受賞区分: その他の賞

その他 【 表示 / 非表示

  • 2005年

     内容を見る

    日本学生支援機構 特に優れた業績による大学院第一種奨学金全額返還免除

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究会B

    2021年度

  • 体育2~5

    2021年度

  • 音楽と脳

    2021年度

  • 修士研究会

    2021年度

  • 特別研究

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 音楽と脳

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専任

  • データドリブンアート

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 兼担

  • 特別研究プロジェクトA

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専任

  • 卒業プロジェクト2

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専任

  • 卒業プロジェクト1

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専任

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 「環境情報学」ゲスト講義

    2020年05月

    , 教育方法・実践に関する発表、講演

  • GIGAフレッシュマンセッション

    2019年09月

    , その他特記事項

     内容を見る

    慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの新入GIGA生のファシリテーターを担当。新入生各人がSFCで取り組みたいことをグループ内で順に発表し、その発表についてコメントやアドバイスをおこなった。

  • さだまさし慶應義塾大学特別招聘教授特別授業「うたをつくる」開催

    2019年08月

    , その他特記事項

     内容を見る

    さだまさし特別招聘教授、北山陽一特別招聘講師、村井純教授、サベジパトリック特任准教授、徳井直生准教授と共同で、特別授業「うたをつくる」を開講した。

  • 「芸術と科学」Special Lecture: Musician and Scientist

    2019年05月

    , 教育方法・実践に関する発表、講演

     内容を見る

    脇田 玲 教授の「芸術と科学」の授業にて、「音楽家と科学者」と題し、音楽家と科学者の表現者としての共通点・接点について特別講演をおこなった。

  • 「環境情報学」Special Live Performance: Audio-Visual Live Drumming

    2019年04月

    , 教育内容・方法の工夫

     内容を見る

    2019年4月11日に開催した「環境情報学」の第一回授業(慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスθ館開催)にて、ドラムの生ライブ演奏とメディアアートを融合した Audio-Visual Live Drumming Performance を披露した。

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • Creative Cooking Battle Youth 審査員

    Creative Cooking Battle, Creative Cooking Battle Youth (Cookpad 本社)

    2019年06月

     概要を見る

    Cookpad 本社にて開催されたクリエイティブクッキングバトル Youth 関東予選6の審査員を務めた。

  • ファブ3Dコンテスト2018 カテゴリー3「FAB甲子園:Sounds FABulous!」審査委員長

    2018年07月
    -
    2018年11月

     概要を見る

    ファブ3Dコンテスト2018 カテゴリー3「FAB甲子園:Sounds FABulous!」審査委員長を務め、応募作品の審査と表彰を行った。

  • ファブ3Dコンテスト2017 カテゴリー3「FAB甲子園」審査委員長

    2017年07月
    -
    2017年11月

     概要を見る

    ファブ3Dコンテスト2017 カテゴリー3「FAB甲子園」の審査委員長を務め、応募作品の審査と表彰を行った。

  • External Reviewer, Evaluation Committee of French National Research Agency (ANR)

    2015年

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • Society for Music Perception and Cognition (SMPC), 

    2013年08月
    -
    継続中
  • Society for Neuroscience (SfN), 

    2010年04月
    -
    2010年12月
  • Organization for Human Brain Mapping (OHBM), 

    2011年06月
    -
    2013年03月
  • Cognitive Neuroscience Society (CNS), 

    2014年10月
    -
    2015年10月
  • 日本体育学会, 

    2005年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    2018年

    Editorial Board (Consulting Editor), Musicae Scientiae

  • 2012年06月
    -
    継続中

    Editorial Board (Review Editor), Frontiers in Auditory Cognitive Neuroscience