Ishizaki, Shun

写真a

Affiliation

Faculty of Environment and Information Studies (Mita)

Position

Professor Emeritus

Related Websites

External Links

Profile Summary 【 Display / hide

  • 自然言語処理を中心に、人間の言語記憶のモデル化と言語理解プロセスの解明に興味を持ち、連想オントロジーの開発、言語脳科学の研究の一環として光脳機能計測装置を使用する言語機能の計測実験を行っている。

Career 【 Display / hide

  • 1992.04
    -
    Present

    大学教授(環境情報学部)

  • 1994.04
    -
    Present

    大学院政策・メディア研究科委員

  • 1999.10
    -
    2001.09

    大学環境情報学部運営委員

Academic Background 【 Display / hide

  • 1970.03

    The University of Tokyo, Faculty of Engineering, 計数工学科

    University, Graduated

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 工学, The University of Tokyo, 1981.11

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Intelligent informatics (Intelligent Informatics)

Research Keywords 【 Display / hide

  • Understanding

  • Associative Ontolkogy

Research Themes 【 Display / hide

  • Natural Language Processing, 

    2006
    -
    2013

 

Books 【 Display / hide

  • 情報処理学会50年のあゆみ

    石崎 俊, 一般社団法人情報処理学会, 2010.11

  • 自然言語処理

    AMANO SHINYA,ISHIZAKI SHUN,UTURO TAKEHITO,NARITA MASUMI,FUKUMOTO JUNICHI, (株)オーム社, 2007.10

    Scope: 182

     View Summary

    コンピュータで言葉を解析する自然言語処理の基礎から応用までを大学の学部生用に教科書として編集している。基礎としては統語解析、意味解析やコーパスと統計処理を採用し、応用としては機械翻訳、情報検索、質問応答などを取り上げている

  • 自然言語処理

    ISHIZAKI Shun, 昭晃堂, 1995.05

     View Summary

    自然言語処理の最新の研究成果をまとめ、特に意味の扱いを詳しく述べている。形態素解析から初めて構文解析、意味解析に加えて文脈解析の新しい手法、文生成でも独自の手法を提案している。章立ては以下の通り。第1章はじめに、;2章 形態素と形態素解析;3章 文法;4章 構文解析;5章 意味;6章 意味解析;7章 文脈;8章 文生成全(171頁)

  • 共立出版

    堀浩一,石崎俊, 1992.03

    Scope: 441-452, 513-528

     View Summary

    認知科学の各内容分野の現状を、総合的にかつバランスよく記述。著名なNormanによる'認知科学のための12の主題'を参考に内容分野を構成。認知科学の主要な内容分野をカバーし、内外の重要なトピックを評論した多数の論文を収録。

Papers 【 Display / hide

  • 文脈ネットワークを用いた語の多義性解消

    OKAMOTO JUN, ISHIZAKI SHUN

    慶應義塾大学沼南藤沢学会,KEIO SFC JOURNAL 12 ( 1 ) 97-111 2012.09

    Research paper (scientific journal), Single Work, Accepted

  • an Associative Concept Dictionary for Natural Language Processing: Text Summarization and Word Sense Disambiguation

    OKAMOTO JUN, ISHIZAKI SHUN

    Journal of Cognitive Science 12   259-276 2011.11

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • 連想情報を用いた省略語の推定法と評価

    TERAOKA TAKEHIRO, OKAMOTO JUN, ISHIZAKI SHUN

    慶應義塾大学沼南藤沢学会SFCジャーナル 11 ( 1 ) 185-198 2011.09

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

     View Summary

    本研究では、コンピュータの言語理解の精度向上を図るために動詞連想概念辞書を構築した。動詞連想概念辞書は、動詞を刺激語としてその深層格に入る単語を実験参加者が答える連想実験で得られた大量のデータから構成されている。そこで本研究は、動詞連想概念辞書を動詞に関連した既存の辞書と比較してその特徴を確認するとともに、応用として文中の省略語を推定するシステムを構築した。評価実験で他の3つのベースラインと比較した結果、本システムは実際に人間が推測した結果により近いことが示された。

  • 酸素代謝を用いたヒトの脳活動の生理的指標の作成 ---NIRを用いたウェルニッケ野における単語聴取実験

    YOSHINO KAYOKO, ISHIZAKI SHUN, KATOU YOSHINORI

    慶應義塾大学湘南藤沢学会SFCジャーナル (藤沢市・慶應義塾大学湘南藤沢学会)  11 ( 1 ) 155-170 2011.09

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

     View Summary

    海馬は胎児期から生後にかけて海馬溝を巻き込みながら急速に発達する脳の器官である。この海馬の回旋が完了せず、その形状が遺残した
    海馬回旋遅滞症(HIR)は、広汎性発達障害を引き起こす主因として報告された。本研究は海馬構造を明瞭に観察できる高磁場3 テスラMRI を
    使用し、成人のHIR群と非HIR 群の海馬の形態解析を行った。HIR群では左海馬の海馬体の厚み、海馬溝の開閉角、海馬傍回の白質角度等
    の7 つの計測指標で有意な形態的発達遅滞を認めた。本結果はHIR 診断の定量指標と回旋異常の検出基準の設定に寄与する。

  • 機械翻訳への期待

    ISHIZAKI SHUN

    AAMT Journal (アジア太平洋機械訳協会)  45 2010.11

    Research paper (scientific journal), Single Work, Except for reviews

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • インパクトの視点に基づくWEB上のユーザレビューの分析

    ANDOU MAYA, ISHIZAKI SHUN

    言語処理学会第14回次大会 (広島市立大学) , 2012.03, Poster (general)

  • 楽天トラベルビューにおけるインパクトのある表現の分析

    ANDOU MAYA, ISHIZAKI SHUN

    Rakuten R&D Symposium (東京) , 2011.11, Poster (general)

  • 統語構造が認知傾向に及ぼす影響について―眼球運動測定による検証―

    TAJIMA YAYOI, ISHIZAKI SHUN, FUKUDA RYOUKO

    日本言語学会第143回大会 (大阪大学) , 2011.11, Oral Presentation(general)

  • Automated Detection of Usage Errors in non-native English Writing using One-Class Support Vector Machines

    SATORU FUJISHIMA, ISHIZAKI SHUN

    The 13th Industrial Electronics Seminar 2011 (IES 2011) (Electronic Engineering Polytechnic Institute of Surabaya (EEPIS), Indonesia) , 2011.10, Oral Presentation(general)

  • Important Sentence Extraction Using Contextual Semantic Network

    OKAMOTO JUN, ISHIZAKI SHUN

    the Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics(PACLING 2011) (Kuala Lunpur, Malaysia) , 2011.06, Oral Presentation(general)

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 自然言語処理におけるオントロジ―の構築と利用の研究

    2007.04
    -
    2012.03

    「論理とフォーマルオントロジー」オープンリサーチ拠点 オントロジー部門(JCOR), オープンリサーチ拠点(文部科学省), Commissioned research

  • 失読症の研究

    2000
    -
    Present

    No Setting

  • 日本語語彙体系と連想概念辞書の比較

    2000
    -
    Present

    Promotion Program for Fundamental Research on Transport Technology (FRonT), Joint research

Works 【 Display / hide

  • SFC Global Campusでの授業配信

    ISHIZAKI SHUN

    2004.04
    -
    2004.07

    Other, Single

     View Details

    自然言語論という授業をGlobal Campusとして、春学期13回分をビデオで収録し公開した。

Awards 【 Display / hide

  • フェローの称号を受賞

    ISHIZAKI SHUN, 2009.03, (社)情報処理学会

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

  • 義塾賞

    ISHIZAKI SHUN, 2008.11

    Type of Award: Keio commendation etc.

  • フェローの称号を受賞

    ISHIZAKI SHUN, 2001.09, (社)電子情報通信学会

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

  • Best Paper Award

    岡本潤, 2001.09, Pacific Association for Computational Linguistics

  • 研究奨励賞

    安藤まや、岡本潤, 2001.05, 人工知能学会

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • DATA SCIENCE OF COGNITIVE SCIENCE

    2019

  • PATTERN INFORMATION PROCESSING

    2019

 

Social Activities 【 Display / hide

  • 経済産業省 情報技術国際標準化活動

    2002.01
    -
    Present
  • 文部科学省 学術支援活動

    2001.03
    -
    2002.03
  • 通商産業省

    2001.02
    -
    Present
  • (社)日本電子工業振興協会 調査研究活動

    2000.04
    -
    2001.03
  • (特)科学技術振興事業団 研究推進活動

    2000.01
    -
    2002.03

display all >>

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • (社)電子情報通信学会 , 

    2001.09
    -
    Present
  • (社)情報処理学会, 

    2000.04
    -
    Present
  • 太平洋地域計算言語学国際会議, 

    2000.04
    -
    2001.09
  • 認知科学国際会議(ICCS99), 

    1998.08
    -
    1999.07
  • (社)電子情報通信学会, 

    1998.05
    -
    2000.05

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2002.01
    -
    Present

    委員, 経済産業省 情報技術国際標準化活動

  • 2001.09
    -
    Present

    フェロー, (社)電子情報通信学会 

  • 2001.03
    -
    2002.03

    専門調査員, 文部科学省 学術支援活動

  • 2001.02
    -
    Present

    日本工業標準調査会臨時委員, 通商産業省

  • 2000.04
    -
    Present

    代表委員, (社)情報処理学会

display all >>