新保 史生 (シンポ フミオ)

Shimpo, Fumio

写真a

所属(所属キャンパス)

総合政策学部 (湘南藤沢)

職名

教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月
    -
    2001年03月

    (財)国際通信経済研究所第一研究部嘱託研究員

  • 2000年04月
    -
    2000年08月

    姫路独協大学法学部非常勤講師

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    二松学舎大学国際政治経済学部兼任講師

  • 2001年04月
    -
    2015年03月

    明治大学法学部兼任講師

  • 2001年11月
    -
    2002年10月

    (財)日本情報処理開発協会情報セキュリティ部プライバシー事務局研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1994年03月

    法政大学, 経済学部, 経済学科

    大学, 卒業

  • 1994年04月
    -
    1996年03月

    駒澤大学, 大学院法学研究科公法学専攻修士課程

    大学院, 修了

  • 1996年04月
    -
    1999年03月

    駒澤大学, 大学院法学研究科公法学専攻博士後期課程

    大学院, 修了

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(法学), 駒澤大学, 課程, 1999年03月

    プライバシーの権利の実体的研究 : 憲法学上の新視座

  • Ph.D.in Law, Komazawa University, 課程, 1999年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 公法学 (Public Law)

  • 人文・社会 / 新領域法学 (New Types of Jurisprudence)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • AI

  • サイバー法

  • プライバシー

  • ロボット

  • ロボット法

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • AIと法

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,  希望形態: 受託研究, 共同研究, その他

  • バイオメトリクスの利用と法

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,  希望形態: 共同研究

  • ロボットと法

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,  希望形態: 受託研究, 共同研究

  • 個人情報保護

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,  希望形態: 共同研究

 

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Pandemics and the Protection of Privacy and Personal Information: Issues concerning the Restriction on the Right to Privacy in Emergencies

    Fumio Shimpo

    Japanese Society and Culture  No.5 2023年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者, 査読有り,  ISSN  2434-1738

     概要を見る

    This article focuses on issues which need to be considered in aiming to ensure both the effectiveness of infectious disease control measures and the protection of the right to privacy from the following perspectives.
     (1) Issues regarding the restriction of the right to privacy in emergency situations, including (i) the types of measures taken in emergency situations and issues with respect to the restriction of the right to privacy in emergency situations, (ii) the normalisation, constancy and fixation of exceptional measures in emergency situations, (iii) dual-use and use for purposes different from those originally intended, (iv) acquisition of secondary information and the emergence of unexpected situations (e.g. the applicability of "body temperature" to special care-required personal information and the acquisition of secondary information associated with the measurement of body temperature, and examples of mission creep); and (5) the need to respond to over-reaction without recognising the urgency of the situation.
     (2) Issues concerning privacy in countermeasures against infectious diseases, including (i) the procedures for requesting and disclosing personal information and privacy, (ii) the obligation to cooperate in active epidemiological investigations of specific patients and others based on the amended Infectious Diseases Control Act and restrictions on the right to privacy, (iii) the applicability of personal information concerning the acceptance of tests and other examinations as special care-required personal information, and (iv) the need to respond to over-reaction without recognising the urgency of the situation. (ii) the necessity of the implementation of information security management measures in relation to infectious disease countermeasures.
     (3) Issues concerning the use of technology for the purpose of countermeasures against infectious diseases and privacy, including (i) the use of GPS location information, (ii) considerations required to resolve concerns in the introduction and spread of contact confirmation applications, (iii) the acquisition of biometric information and the use of biometrics, and (iv) sewage epidemiological surveys and privacy (privacy of drainage).

  • サイバネティック・アバターの認証と制度的課題 - 新次元領域法学の展開構想も踏まえて -

    新保 史生

    日本ロボット学会誌 (日本ロボット学会)  41 ( 1 ) 18 - 22 2023年01月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者, 査読有り

  • Legal Issues Concerning Cybernetic Avatars -ELSI (Ethical, Legal and Social Implications) of the Avatar Symbiotic Society-

    Fumio Shimpo

    Robophilosophy, Social Robots in Social Institutions (Robophilosophy)  2022年12月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 単著, 筆頭著者

     概要を見る

    The purpose of this paper is to examine the legal implications of cybernetic avatars (CA), which will be used in our daily life as remotely operated and autonomous robots. Such legal aspects consider the research, development, and use of 'cyber-physical systems (CPS)', which combine 'cyber' and 'physical' elements, and are referred to as the ‘avatar law’. The legal issues regarding CA need to be considered from the same perspective not only in Japan but also internationally.

  • 法からみる自動化・自律化の進展と規制・制度整備のあり方

    新保史生

    運輸と経済 (一般財団法人交通経済研究所)  2022年 ( 5月 ) 36 - 40 2022年05月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者

  • Pandemics and the Protection of Privacy and Personal Information: Issues with Regard to the Use and Protection of Information on the Basis of Improving Public Health in the Fight Against Infectious Diseases

    Fumio Shimpo

    Japanese Society and Culture  No.4   13 - 43 2022年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者, 査読有り,  ISSN  2434-1738

     概要を見る

    In order to make use of the response to the new the coronavirus disease (COVID-19) for pandemic countermeasures due to infectious diseases that may have a serious impact on the lives and health of the people, which may occur in the future, the handling of personal information and the protection of privacy necessary to ensure the effectiveness of countermeasures against infectious diseases will be
    examined. This paper intends to establish to comprehensively understand the systems for the collection and publication of information related to infectious diseases based on the Infectious Diseases Control Law, and to clarify the structure and issues of the current systems and mechanisms for the collection and management of information on infected persons.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • EUのGDPR(一般データ保護規則)の特色と新たな個人データ移転の枠組み

    新保 史生

    ブリタニカ(2019年版) (ブリタニカ・ジャパン)   2019年04月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

  • 自動運転の導入に向けた制度的課題 -国内外におけるルール作りの最新動向-

    新保 史生

    高速道路と自動車 60 ( 3 ) 1 - 2 2017年05月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • ロボット、AI、IoTと法

    新保 史生

    旬刊経理情報 (中央経済社)  No.1477 ( 2017.4.10 ) 1 - 1 2017年04月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 情報セキュリティの変遷とそのゆくえ

    新保 史生

    三田評論  ( 2月 ) 2 - 8 2017年02月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 法学、経済学、倫理学、工学など学際的に議論進む:米国のロボット法学研究の熱気

    新保 史生

    日経Robotics 2016.08   2 - 5 2016年07月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • サイバネティック・アバターの研究開発と社会実装に向けた課題

    新保史生、栗原佑介、小塚荘一郎、齊藤邦史、曽我部真裕、原田伸一朗、湯淺 墾道

    情報ネットワーク法学会第22回研究大会 第6分科会 (九州大学病院キャンパス医学部百年講堂) , 

    2022年12月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 情報ネットワーク法学会

     概要を見る

    サイバネティック・アバター(CA)は、人間が遠隔操作する有体物のロボットや無体物のCGエージェント等である。その研究開発が進み社会で実装するためには、CAを安全かつ信頼して利用できる社会受容基盤の検討が必要である。自律化・自在化が進んだCAは、それ自体で独立した存在に近づくことになるが、単なる道具ではなく、人間らしい身体を具備し人間と親和的に関わることができる存在となる。
    第8回ロボット法研究会では、CAの研究開発、利用、社会実装及びに受容性に係る法的課題を明らかにするとともに、当該諸課題において検討が必要な課題の解明を目指すための、新次元領域法学(AI・ロボット・アバター法)の展開の可能性について検討する。

  • Cybernetic Avatars: Authentication, Notarisation and Regulatory Visions from a Japanese Perspective

    Fumio Shimpo

    Vulnerability in the Robot Society (VIROS) Symposium 2022 (University of Oslo) , 

    2022年09月

    口頭発表(基調), Norwegian Research Center for Computers and Law

  • The Japanese Characteristics of Corporate AI Ethical Principles

    Fumio Shimpo, Kimie Hatakeyama, Hideyuki Matsumi

    We Robot 2022 (University of Washington) , 

    2022年09月

    ポスター発表, We Robot 2022

     概要を見る

    Since the mid-2010’s, the debate surrounding AI ethics has become more realistic rather than hypothetical as a futuristic projection of the world of science fiction. A variety of organizations has published AI ethics principles, including international organizations, governmental agencies, academic bodies, various private organizations and religious organizations. As of 2022, the values deemed important have seen tentative agreement, and the discussion has shifted to AI governance, which is an initiative to implement these principles. As physical robots and humanoids will be used in various real-world situations in the future, ethical issues which were not major problems with AI as a system will become more apparent. However, on the current discussion of AI ethical principles, may we say that the world shares the same values, or should we share the same values?
    In a survey of AI principles across 40 companies in Japan, Europe, North America and Asia, there were clear idiosyncrasies within the Japanese principles. Three of the items adopted by Japanese companies which are distinctive will be discussed here; i) Human-Centric, ii) communication and, iii) Human Resources Development.

  • The Legal Implications of Cybernetic Avatars and a Proposed Method of Authenticating Them

    Fumio Shimpo, Takayuki Kato, Kimie Hatakeyama

    We Robot 2022 (University of Washington) , 

    2022年09月

    ポスター発表, We Robot 2022

     概要を見る

    The purpose of this report is to start examining the legal implications of Cybernetic Avatars, (CAs) which will be used as remotely-operated and autonomous robots. We will consider the legal issues with respect to CAs, which involve the research, development, and use of 'Cyber-Physical Systems, (CPS)', where both 'cyber' and 'physical' issues are combined.

  • サイバネティック・アバター認証と本人確認手続の変革

    新保史生

    第40回 日本ロボット学会 学術講演会 (東京大学) , 

    2022年09月

    口頭発表(一般), 日本ロボット学会

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 対話知能システムの研究開発及び社会実装のための法社会規範の研究

    2019年06月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 新保 史生, 新学術領域研究(研究課題提案型), 補助金,  研究代表者

  • IoT環境における自律ロボットの法的課題

    2017年04月
    -
    2020年03月

    公益財団法人KDDI財団, 公益財団法人KDDI財団2017年度調査研究助成, 新保 史生, 補助金,  研究代表者

  • 法・経済・経営とAI・ロボット技術の対話による将来の社会制度の共創

    2016年11月
    -
    2019年10月

    科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX), 「人と情報のエコシステム」研究開発領域, 新保 史生, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    AIや自律型ロボットが日常生活に於いて広く利用される社会の到来に向けて、法、経済、倫理及び社会の側面と技術開発との関係において検討が必要な課題の研究を行うことにより、それらの研究開発の推進と社会への普及に必要な社会精度及び法制度の構築に必要な研究を実施する。
    ロボットとAI、IoTの組み合わせにより、プログラムの範囲内で動作する産業用ロボットとは異なる自律型ロボットの普及に伴い生ずることが想定される新たな課題への対応のあり方について研究及び提言を行う。
    AI及びロボットの普及に伴う課題の検討を文理融合の研究グループによる社会と技術の共進化促進のための研究として実現することにより、技術と人の共存を前提とした制度設計を行う基礎理論を構築することを可能にするとともに、本研究の実施により将来の制度設計やルールづくりの方向性を示す。

  • 海外学会等参加助成

    2015年11月
    -
    2016年03月

    公益財団法人KDDI財団, 海外学会等参加助成, 新保 史生, 補助金,  研究代表者

  • ユーザ中心のプライバシー保護と個人情報セキュリティ確立に関する学際的国際比較研究

    2015年04月
    -
    2018年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金, アダムス アンドリュー, 補助金,  研究分担者

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • ビッグデータの取扱いをめぐる法的責任と情報管理のあり方

    新保 史生

    東京, 

    2013年02月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • プライバシー保護の世界的新潮流 ~プライバシー保護におけるPbDの意図~

    新保 史生

    東京, 

    2012年11月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • マイナンバー制度について

    新保 史生

    千葉県, 

    2012年11月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • スマートフォン利用者の個人情報保護

    新保 史生

    東京, 

    2012年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • マイナンバー導入による個人情報保護の責務と施策

    新保 史生

    東京, 

    2012年09月
    -
    継続中

    その他, 単独

     発表内容を見る

    [講義項目]1.マイナンバー法の構造
    2.マイナンバー法案の修正点
    3.安心できる番号制構築のための仕組み
    4.個人番号情報保護委員会(三条機関)設置の意義
    5.特定個人情報保護評価指針の構成
    6.マイナンバー時代の個人情報保護のあり方

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度情報通信月間推進協議会会長表彰

    2018年06月, 情報通信月間推進協議会, 情報通信功績賞

    受賞区分: その他

     説明を見る

    経済協力開発機構(OECD)デジタル経済政策委員会(CDEP)のデジタル経済セキュリティ・プライバシー作業部会(SPDE)の副議長を務めるなど、情報通信分野における国際的な制度枠組みの構築に多大な貢献をした。

  • Nextcom 情報通信論文賞

    新保 史生, 2017年01月, 公益財団法人KDDI財団, ロボット法学の幕開け

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 第18回「電気通信普及財団賞」

    新保 史生, 2003年, 電気通信普及財団, テレコム社会科学賞 奨励賞

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 第1回「ドコモ・モバイル・サイエンス賞」

    新保 史生, 2003年, モバイル・コミュニケーション・ファンド, 奨励賞

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 特別研究プロジェクトA

    2022年度

  • 研究会A

    2022年度

  • 修士研究会

    2022年度

  • 情報セキュリティの法と政策

    2022年度

  • 情報法

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 情報実践

    二松学舎大学

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 情報関係法

    愛知淑徳大学

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • メディア文化と法

    平成国際大学

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 政策デザインワークショップ

    慶應義塾大学

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 知的財産権論

    慶應義塾大学

    2018年04月
    -
    2019年03月

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 情報法制学会, 

    2016年12月
    -
    継続中
  • 人工知能学会, 

    2016年04月
    -
    継続中
  • 電子情報通信学会, 

    2012年04月
    -
    継続中
  • 情報処理学会, 

    2007年
    -
    継続中
  • 日本公法学会, 

    2007年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年08月
    -
    継続中

    情報通信学会副会長, 情報通信学会

  • 2021年01月
    -
    継続中

    情報法制学会代表, 情報法制学会

  • 2020年04月
    -
    継続中

    日本ロボット学会「ロボットの法及び倫理に関する研究専門委員会」幹事, 日本ロボット学会

  • 2019年08月
    -
    2021年07月

    情法通信学会編集委員, 情法通信学会

  • 2019年07月
    -
    2021年03月

    産業構造審議会 通商・貿易分科会 安全保障貿易管理小委員会, 経済産業省

全件表示 >>