清水 唯一朗 (シミズ ユイチロウ)

Shimizu, Yuichiro

写真a

所属(所属キャンパス)

総合政策学部 (湘南藤沢)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 1999年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業(政治学科開設100周年記念論文最優秀)。
    2001年、同法学研究科政治学専攻前期博士課程修了。
    2003年、同後期博士課程単位取得、退学。
    同年、東京大学先端科学技術研究センター特任助手(~2007年)。
    2005年、博士(法学)(慶應義塾大学)。
    2007年、慶應義塾大学総合政策学部専任講師。
    2010年、同准教授(~2017年)、大学院政策・メディア研究科委員(~現在)。
    2014年、ハーバード大学ライシャワー日本研究所客員研究員(米国、~2015年)。
    2015年、国立政治大学国際事務学院日本研究学位学程客座副教授(台湾、~2016年)。
    2017年、慶應義塾大学総合政策学部教授(~現在に至る)。
    2018年、ルール大学ボーフム校日本学科客員教授(ドイツ)。
    専門は日本政治外交、政官関係論、官僚制、オーラルヒストリー。主著に『政党と官僚の近代』(藤原書店、2007年)、『近代日本の官僚』(中央公論新社、2013年)、『憲法判例からみる日本』(共編著、日本評論社、2016年)。

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 大学院政策・メディア研究科, 委員

  • 大学院政策・メディア研究科, SFC研究所日本研究プラットホーム・ラボ 共同代表

  • グローバルリサーチインスティテュート, 所員

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 総合政策学部, 教授

  • 2011年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 大学院政策・メディア研究科, 委員

  • 2010年06月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, グローバルセキュリティ研究所, 研究員

  • 2015年05月
    -
    継続中

    東京大学, 先端科学技術研究センター, 客員研究員

  • 2016年10月
    -
    継続中

    人事院, 国家公務員採用総合職試験(大卒程度)(政策論文)(総合論文)試験専門委員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月

    慶應義塾, 法学部, 政治学科

    大学, 卒業

  • 2001年03月

    慶應義塾, 法学研究科, 政治学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2003年03月

    慶應義塾, 法学研究科, 政治学専攻

    大学院, 退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(法学), 慶應義塾, 論文, 2005年12月

  • 修士(法学), 慶應義塾, 課程, 2001年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 政治学 (Political Science)

  • 日本史 (History of Japan)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 日本政治論

  • 日本政治外交史

  • オーラルヒストリー

  • 日本近代史

  • 政官関係論

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 日本の統治構造、政官関係、官僚制, 

    1999年04月
    -
    継続中

  • 日本の選挙区制度と選挙区割り, 

    2011年04月
    -
    継続中

  • オーラル・ヒストリーメソッドによる研究・教育方法の開発, 

    2001年07月
    -
    継続中

  • 議場と議事堂の国際比較分析, 

    2009年04月
    -
    継続中

  • 内閣法制局の研究, 

    2008年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 近代日本の官僚―維新官僚から学歴エリートへ―

    清水 唯一朗, 中央公論新社, 2013年04月,  ページ数: 356

    担当ページ: 1-356

     概要を見る

    明治維新後、新政府の急務は近代国家を支える官僚の確保・育成だった。当初は旧幕臣、藩閥出身者が集められたが、高等教育の確立後、全国の有能な人材が集まり、官僚は「立身出世」の一つの到達点となる。本書は、官僚の誕生から学歴エリートたちが次官に上り詰める時代まで、官僚の人材・役割・実態を明らかにする。激動の近代日本の中、官僚たちの活躍・苦悩と制度の変遷を追うことによって、日本の統治内部を描き出す。

  • 政党と官僚の近代―日本における立憲統治構造の相克―

    清水 唯一朗, 藤原書店, 2007年01月,  ページ数: 334

    担当ページ: 1-334

     概要を見る

    明治維新から昭和の政党内閣期に至る時代、立憲政治の導入から定着に至る過程を政党と官僚の関係から捉えなおすことで、近代日本における統治構造の形成と展開を論じた。

  • 憲法判例からみる日本―法×政治×歴史×文化

    山本 龍彦, 清水 唯一朗, 出口 雄一 編, 日本評論社, 2016年09月,  ページ数: 304

    担当範囲: 憲法「土着化」プロセスにみえる「公務員」秩序とは,  担当ページ: 67-91

     概要を見る

    憲法訴訟が起きた背景には何があったのか。政治・歴史・文化の視点とかけあわせると、判決文だけでは知ることのできない新たな日本のすがたがみえてくる。憲法判例は、法学の外からみるとおもしろい!

  • 日本研究的轉化與重構:社會科學領域的學術對話

    遠藤乾・李世暉 編, 翰蘆圖書出版(台湾), 2019年05月,  ページ数: 304

    担当範囲: 日本的選區如何變遷:以空間政治制度連續性的觀點考察

     概要を見る

    本書主題為「日本研究的轉化與重構」,係國立政治大學日本研究學位學程,邀請日本、台灣與星國學者專家,針對日本社會科學領域的重要發展,展開學術性的對話。

  • オーラル・ヒストリーに何ができるか

    御厨 貴 編, 岩波書店, 2019年03月,  ページ数: 307

    担当範囲: オーラル・ヒストリーの方法論,  担当ページ: 43-60

     概要を見る

    政治学にオーラル・ヒストリーの手法が導入されて25年.以来,さまざまな研究成果が生み出され,成熟の時を迎えつつある.数々のオーラル・ヒストリーの研究プロジェクトに携わり,実践してきた研究者たちが集い,自らの体験にもとづいた方法論や活用法,今後の課題などを縦横無尽に論じる.これからオーラル・ヒストリーを始める人たちにとっても最良のテキストとして使える本.

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 「国家、政党、国民―重心なきトライアングルの政治史」

    清水 唯一朗

    『アステイオン』 (CCCメディアハウス)   ( 90 ) 14 - 28 2019年05月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

  • 「日本における代表制―その歴史的展開と課題」

    清水 唯一朗

    『法律時報』 (日本評論社)   ( 1135 ) 102 - 107 2019年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し,  ISSN  03873420

  • 「明治維新―人才登用的革命」

    清水 唯一朗

    『南開日本研究』 (天津人民出版社(中国))   ( 2018 ) 58 - 68 2018年12月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

  • 「政治主導の完成か、官邸主導の確立か―第二・三次安倍内閣の政治運営」

    清水 唯一朗

    『日本與亜太研究季刊』 (当代日本研究学会(台湾))  1 ( 3 ) 137 - 155 2017年07月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し,  ISSN  2519-9978

  • 「日本の政治と学生―政治との隔絶、政策への接近―」

    清水 唯一朗

    『問題と研究』 (国立政治大学国際関係研究センター(台湾))  45 ( 4 ) 129 - 157 2016年12月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  0228-7738

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 政治空間としての選挙区―区割りは何をもたらすのか

    2017年04月
    -
    2021年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

  • 政治的リーダシップと政党ガバナンス

    2017年04月
    -
    2018年03月

    慶應義塾大学, 慶應義塾学事振興資金, 補助金,  代表

  • Reformatting Elites in Modern Japan

    2015年06月

    村田学術振興財団研究者海外派遣援助, 清水唯一朗, 補助金,  代表

  • 政党支持概念の比較歴史分析―連続と断絶

    2015年04月
    -
    2016年03月

    慶應義塾学事振興資金, 補助金,  代表

  • 選挙区割と地域政治の基礎的研究

    2014年04月
    -
    2017年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • ワークショップ「オーラル・ヒストリーの新たな方法」

    清水唯一朗

    立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科「社会デザイン学特殊研究25」, 

    2019年08月

    その他

  • 記事「ディスカッション 軍隊に対する憲法の規整力とは」

    「憲法の規整力」研究会

    『法律時報』91巻6号, 

    2019年06月

    その他, 共同

  • 記事「ディスカッション 「代表制」の原理的・制度的基盤は何か?」

    「憲法の規整力」研究会

    『法律時報』91巻4号, 

    2019年04月

    その他, 共同

  • 報告「政治における保守と行政における革新」

    清水 唯一朗

    戦後理念型保守政治家の群像研究会・立正大学, 

    2019年03月

    単独

  • 記事「ディスカッション 八月革命、一日にして成らず」

    「憲法の規整力」研究会

    『法律時報』91巻2号, 

    2019年02月

    その他, 共同

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本選挙学会賞

    2016年05月, 日本選挙学会, 優秀ポスター発表

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

     説明を見る

    「選挙区の線引きはどう行われたのか」に対して

  • 日本公共政策学会賞

    2014年06月, 日本公共政策学会, 奨励賞

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

     説明を見る

    『近代日本の官僚―維新官僚から学歴エリートへ』に対して

  • 第27回大平正芳記念賞

    2011年06月, 公益財団法人大平正芳記念財団, 特別賞

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞,  受賞国: 日本

     説明を見る

    小林道彦・中西寛編『歴史の桎梏を超えて』に対して

  • 慶應義塾大学法学部政治学科開設百周年記念論文

    1999年11月, 慶應義塾大学, 最優秀賞

     説明を見る

    「清浦内閣の一考察―貴族院の政治対立」『政治学研究』29号に対して

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究会B

    2019年度

  • 研究会A

    2019年度

  • オーラルヒストリーワークショップ

    2019年度

  • 日本の近現代

    2019年度

  • 修士研究会

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • Modern Japanese History

    Keio University SFC, 2018年度

  • 日本の近現代

    慶應義塾, 2017年度, 春学期, 教養科目, 講義, 専任, 1時間, 100人

  • 日本の近現代

    慶應義塾大学SFC, 2018年度

  • オーラルヒストリーワークショップ

    慶應義塾, 2017年度, 春学期, 教養科目, 演習, 専任, 1時間, 25人

  • 古典と現在

    慶応義塾大学SFC, 2018年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学DOLCE(吹奏楽)

    2019年01月
    -
    継続中

    , 学友会・同好会等の指導

     内容を見る

    会長

  • 秋祭実行委員会

    2015年10月
    -
    2017年09月

    , 学友会・同好会等の指導

     内容を見る

    会長

  • 七夕祭実行委員会

    2015年10月
    -
    2017年09月

    , 学友会・同好会等の指導

     内容を見る

    会長

  • 慶應義塾大学KRAM(室内楽)

    2009年04月
    -
    継続中

    , 学友会・同好会等の指導

     内容を見る

    会長

  • オーラルヒストリーメソッドの開発と実践

    2008年04月
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 研修「政策の形成過程と記録」

    国立公文書館, 国立公文書館アーカイブス研修・公文書管理研修Ⅲ (国立公文書館)

    2019年09月
  • 吉野作造記念館次世代人材育成研修会

    NPO法人古川学人, 吉野作造記念館次世代人材育成研修会 (吉野作造記念館)

    2019年08月
    -
    2019年09月
  • 「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」運営指導委員

    長野県長野高等学校,  (長野県長野高等学校)

    2019年06月
    -
    継続中
  • 講演「本格的政党内閣とは何だったのか―原敬内閣から日本の民主主義を考えるー」

    原敬を想う会, 原敬を想う会 講演会 (サンセール盛岡)

    2019年06月
  • 研修「政治と行政、代表性と専門性―二つの正統性から考える」

    人事院公務員研修所, 課長級研修 (人事院公務員研修所)

    2018年12月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本政治学会, 

    2001年05月
    -
    継続中
  • 日本行政学会, 

    2010年10月
    -
    継続中
  • 日本選挙学会, 

    1999年05月
    -
    継続中
  • 日本公共政策学会, 

    2002年10月
    -
    継続中
  • 日本法政学会, 

    1999年05月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    継続中

    企画委員, 日本行政学会

  • 2017年10月
    -
    継続中

    SFCジャーナル編集委員長, 湘南藤沢学会

  • 2017年09月
    -
    継続中

    幹事, 湘南藤沢学会

  • 2016年10月
    -
    継続中

    運営委員(政治・法律分野), 日韓次世代学術フォーラム

  • 2016年10月
    -
    継続中

    国家公務員採用総合職試験(大卒程度)(政策論文)(総合論文)試験専門委員, 人事院

全件表示 >>