桑原 武夫 (クワハラ タケオ)

Kuwahara, Takeo

写真a

所属(所属キャンパス)

総合政策学部 (湘南藤沢)

職名

教授

HP

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年10月
    -
    1989年05月

    嘱託(非常勤)(総合企画室)

  • 1989年06月
    -
    1990年03月

    藤沢新学部(総合政策学部・環境情報学部)開設準備室室員(嘱託(非常勤))

  • 1990年04月
    -
    1993年03月

    大学助手(嘱託)(総合政策学部)

  • 1993年04月
    -
    1999年03月

    大学専任講師(総合政策学部)

  • 1994年09月
    -
    1995年09月

    大学総合政策学部学習指導副主任

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年03月

    慶應義塾大学, 文学部

    大学, 卒業

  • 1986年03月

    慶應義塾大学, 社会学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 1990年03月

    慶應義塾大学, 社会学研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 社会学, 慶應義塾大学, 1993年01月

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本経済新聞社

    桑原武夫、中村雅子、日本消費経済研究所, 1999年06月

     概要を見る

    集合的ステレオ・フォトエッセイ法を用いて、現代の消費者の「幸福」「価値」の意味を解釈し、描き出した上で、今後のマーケティングについてのインプリケーションを引き出した。

  • 慶應義塾大学出版会

    片岡正昭、加藤剛、今井むつみ、桑原武夫, 1998年05月

     概要を見る

    授業「データ分析法」のためのテキスト

  • 日本経済新聞社

    桑原武夫、日本消費経済研究所, 1994年11月

     概要を見る

    日本の有力ブランドを対象に、消費者調査を行い、そのマーケティングにとって、あるいは、エクイティとしての価値を分析したもの。

  • 消費者行動研究

    桑原武夫、青木幸弘(共編), 1994年09月

     概要を見る

    第8回消費者行動研究コンファレンスを、社会学的視点からのアプローチをテーマとしてコーディネイト、編集したもの。

  • 有斐閣

    大澤豊、片平秀貴、中西正雄、田中克明、古川勇吉、青木幸弘、小川孔輔、上田隆穂、中島望、丸山雅祥、新宅純二郎、桑原武夫, 1992年05月

    担当範囲: 第8章

     概要を見る

    現代マーケティングと消費者行動研究における成果と課題をまとめたもの。新製品の採用と普及のモデルを担当した。

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 大手コンビニエンスストアのイメージ後退

    消費&マーケティング 211 2002年05月

    単著

     概要を見る

    日系企業イメージ調査データの分析によって、コンビニエンス・ストア・チェーンの大手3社のイメージが低下していることを実証し、広告メディア・プランニング再構成の必要性を論じた。

  • ポストモダン・アプローチの展開と構図

    DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー 第26巻6号(通巻153号) 2001年06月

    単著

     概要を見る

    ポストモダン・マーケティング、ポストモダン消費者研究を特集する号を企画し、同時に、これまでの系譜を整理し、現代マーケティングにおける意義を論じた。

  • 21世紀に向けて望まれるマーケティング・リサーチ?MR領域における研究・開発と課題

    JMRA/日本マーケティングリサーチ協会 創立25周年特別号 2000年10月

    単著

     概要を見る

    今後のマーケティング・リサーチに求められる課題として、情報技術の利用と、解釈学的深みをつけることの双方を提案した。

  • 「冒険する」楽しみ:クリエーティブに見るポストモダン

    月刊アドバタイジング 44 ( 3 )  1999年12月

    単著

     概要を見る

    広告クリエーティブの現場において、ポストモダンの思考方法がどのよに生かされているのかを、インタビューによって明らかにした。

  • 窮屈さと息苦しさからの脱出:ポストモダン・マーケティングの今後

    月刊アドバタイジング 44 ( 3 )  1999年12月

    単著

     概要を見る

    日本におけるポストモダン・マーケティングの動向を整理、概観した上で、今後の展開について論じた。

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 抽象的概念を投影した消費者の価値観の解釈

    第15回日本消費者行動研究コンファレンス, 

    1997年11月

     概要を見る

    集合的ステレオ・フォトエッセイ法を用いて、消費者のもつ「秩序と混沌」に投影される価値観を解釈的アプローチによって描き出した。

  • ポストモダン消費者研究の方法:集合的ステレオ・フォトエッセイ・アプローチを中心として

    日本商業学会, 

    1997年06月

     概要を見る

    ポストモダン消費者研究、および、解釈的消費者研究について解説、意義を述べるとともに、消費の経験的側面にアプローチするための方法について論じた。

  • 情報機器のイメージ分析

    小林ポオル・嶋田敦夫

    計測自動制御学会、第12回ヒューマン・インターフェイス・シンポジウム, 

    1996年10月

     概要を見る

    使いやすい情報機器デザインのための基礎的情報を得るために、質問紙とインタビューによって情報機器のイメージを分析、新しいインターフェース・デザインのための指針を得た。

  • ユーザーフィードバックにおける図像表示システムの有効性

    小林ポオル・嶋田敦夫

    計測自動制御学会、第12回ヒューマン・インターフェイス・シンポジウム, 

    1996年10月

     概要を見る

    新しいインターフェース・デザインによって試作したファクスを用い、実験によってその効果を測定した。重要なデザイン要因が見出された。

  • 「正確な「操作の指示からイメージ生成支援へ

    小林ポオル,嶋田敦夫,桑原武夫

    計測自動制御学会、第12回ヒューマン・インターフェイス・シンポジウム, 

    1996年10月

     概要を見る

    真に使い安い情報機器のユーザー・ターフェース・デザインのための指針を、過去2年にわたって行った実験・調査を踏まえて提出した。認知科学的方向とは一線を画し、多様なかつダイナミックなフィードバックの重要性を提言した。

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • ポストモダン消費者研究(1)-(6)

    1996年12月
    -
    継続中

    その他, 単独

     発表内容を見る

    日本では、ほとんど知られていなかった、ポストモダン消費者研究について、その概要と考え方を紹介した。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 統計解析

    2022年度

  • 研究会A

    2022年度

  • 修士研究会

    2022年度

  • マーケティング戦略

    2022年度

  • 情報技術とマーケティング

    2022年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 神奈川県消費生活審議会

    2000年07月
    -
    継続中
  • 米国コロンビア大学大学院ビジネススクール 大学

    1995年09月
    -
    1997年03月
  • 東京都生活文化局 生活情報提供企画委員会 小委員会

    1992年04月
    -
    1994年03月
  • 総務庁統計センター 専科 政府機関

    1988年10月
    -
    1990年11月
  • (財)日本生産性本部・経営アカデミー 財団法人

    1987年04月
    -
    1992年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本消費者行動研究学会, 

    1992年11月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年07月
    -
    継続中

    委員, 神奈川県消費生活審議会

  • 1995年09月
    -
    1997年03月

    客員研究員, 米国コロンビア大学大学院ビジネススクール 大学

  • 1992年11月
    -
    継続中

    会員・幹事・監事, 日本消費者行動研究学会

  • 1992年04月
    -
    1994年03月

    座長, 東京都生活文化局 生活情報提供企画委員会 小委員会

  • 1988年10月
    -
    1990年11月

    講師, 総務庁統計センター 専科 政府機関

全件表示 >>