大前 学 (オオマエ マナブ)

Omae, Manabu

写真a

所属(所属キャンパス)

政策・メディア研究科 (湘南藤沢)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2001年03月

    大学助手(嘱託)(環境情報学部)

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    大学専任講師(有期)(環境情報学部)

  • 2005年04月
    -
    2013年03月

    大学准教授(政策・メディア研究科)

  • 2013年04月
    -
    継続中

    現職

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年03月

    東京大学, 工学部

    大学, 卒業

  • 1997年03月

    東京大学, 工学系研究科, 産業機械工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2000年03月

    東京大学, 工学系研究科, 産業機械工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 東京大学, 課程, 2000年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス (Machine Mechanics/Control)

  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム (Intelligent Mechanics/Mechanical System)

  • 自動車工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Introduction of prototype of remote type automated vehicle system by using communication between operator and vehicles in real environment

    Hashimoto N., Thompson S., Takinami Y., Mizushima K., Otsuka T., Omae M., Kato S.

    Proceedings of 2018 16th International Conference on Intelligent Transport System Telecommunications, ITST 2018 (Proceedings of 2018 16th International Conference on Intelligent Transport System Telecommunications, ITST 2018)  2018年12月

    ISSN  9781538655443

     概要を見る

    © 2018 IEEE. Automated vehicles are expected to solve traffic issues. Many projects of automated vehicles are ongoing all over the world. Under current law in Japan, the experiments of an automated vehicle without a driver in the car are prohibited in the real world. This means that level 4 or 5 automated vehicles are prohibited in the real world in SAE level definition. In Japan, the guide line was issued in 2017 for realizing the experiments of an automated vehicle without people in the vehicle in the real world. We proposed a prototype of remote type automated vehicle system, which was suitable for the guideline. In this demonstration paper, we introduce the automated vehicle system, and explain the system configuration, communication and results. The first experiment, which was demonstrated in Japan, will be explained briefly.

  • Control Procedures and Exchanged Information for Cooperative Adaptive Cruise Control of Heavy-Duty Vehicles using Broadcast Inter-Vehicle Communication, International Journal of Intelligent Transportation Systems Research

    Manabu OMAE, Ryoko FUKUDA, Takeki OGITSU, Wen-Po CHIANG

    International Journal of Intelligent Transportation Systems Research (Springer)  12 ( 3 )  2014年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 大型トラックの協調型ACCにおける車間距離制御アルゴリズムの開発

    大前 学,小木津 武樹,福田 亮子,江 文博

    自動車技術会論文集 (自動車技術会)  44 ( 6 ) 1509 - 1515 2013年11月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • Automatic Vehicle Guidance Control by Infrastructure Using Information Obtained by Sensors on Infrastructure

    Manabu Omae, Takeki Ogitsu, Noriyasu Hasejima, Atsushi Harada, Akira Takeno and Mio Okuyama

    Proceedings of the 20th World Congress on Intelligent Transport Systems 2013年10月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り

  • Spacing Control of Cooperative Adaptive Cruise Control for Heavy-Duty Vehicles

    Manabu OMAE,Ryoko FUKUDA,Takeki OGITSU,Wen-Po CHIANG

    Proceedings of 7th IFAC Symposium on Advances in Automotive Control (IFAC-AAC 2013)    58 - 65 2013年09月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 自動車技術の進化 ~自動車の自動運転車への進化を考える~

    大前 学

    運輸と経済 74 ( 2 ) 81 - 87 2014年02月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 自動車の遠隔操縦における体感情報の欠如や視覚情報の条件が低速運転に与える影響の評価

    大前 学;小高 悠詩;藤井 健太

    自動車技術会論文集 (東京:自動車技術会)  43 ( 2 ) 649-654 2012年03月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌), 共著,  ISSN  0287-8321

  • カー・ロボティクス 超小型電気自動車を用いた自動運転システムの研究開発

    RAKSINCHAROENSAK Pongsathorn, 大前学

    自動車技術 66 ( 3 ) 81-87 2012年03月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著,  ISSN  0385-7298

  • 情報化と制御による自動車交通の高効率化と安全性向上に関する調査報告

    川辺武俊, 大前学, 井上健士, 大口敬, 大塚敏之, 梶原康也, 小山敏博, 後藤幸夫, 新中新二

    電気学会技術報告 1002   81 2005年02月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著,  ISSN  09199195

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Lateral Control for Autonomous Driving based on Vehicle-Following Method

    M. Omae

    FISITA Youth Congress (パリ) , 

    1998年

    口頭発表(招待・特別), FISITA

受賞 【 表示 / 非表示

  • 1st Prize

    1998年10月, FISITA (The International Federation of Automotive Engineering Societies), 「車両追従方式による自動車の自動操舵制御に関する研究」

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究会B

    2022年度

  • 修士研究会

    2022年度

  • 特別研究

    2022年度

  • 卒業プロジェクト2

    2022年度

  • 卒業プロジェクト1

    2022年度

全件表示 >>