Ohgi, Yuji

写真a

Affiliation

Graduate School of Media and Governance (Shonan Fujisawa)

Position

Professor

E-mail Address

E-mail address

Related Websites

External Links

Message from the Faculty Member 【 Display / hide

  • スポーツ工学・スポーツ情報科学は今後ますます発展が期待される分野です。多くの学生が集うことを期待しています。

Profile Summary 【 Display / hide

  • 研究テーマは「スポーツ工学」、「スポーツ情報科学」です。運動者に装着可能なセンサデータロガーの開発と、得られるデータからスポーツ技能を見出すアルゴリズムの開発、さらにはこうしたセンサデータを用いたスポーツコーチングを目指しています。

Career 【 Display / hide

  • 1997.04
    -
    Present

    SPINOUT代表

  • 1999.04
    -
    2000.03

    大学助手(嘱託)(環境情報学部)

  • 2000.04
    -
    2001.03

    大学助手(嘱託)(環境情報学部)

  • 2001.04
    -
    2002.03

    大学専任講師(有期)(環境情報学部)

  • 2002.04
    -
    2003.03

    大学専任講師(有期)(環境情報学部)

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1990.03

    University of Tsukuba, School of Health and Physical Education

    University, Graduated

  • 1992.03

    University of Tsukuba, Graduate School, Division of Physical Education

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 1997.03

    University of Tsukuba, Graduate School, Division of Physical Fitness and

    Graduate School, Withdrawal after completion of doctoral course requirements, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • Master of Physical Education, University of Tsukuba, Coursework, 1992.03

  • Ph.D of Media and Gorvernance, Keio University, Dissertation, 2003.03

Licenses and Qualifications 【 Display / hide

  • Amateur Fourth-Class Radio Operator, 1991.04

  • License of Junior High School Teacher (Health and Physical Education), 1995.03

  • License of High School Teacher (Health and Physical Education), 1995.03

Matters concerning Career Achievements 【 Display / hide

  • 2013.04
    -
    Present

    SFC研究所スポーツ・ダイナミクス・アンド・インフォマティクスラボ設立 代表

  • 2015.04
    -
    Present

    SFC Research Institute, Director of Sports and Health Consortium

     View Details

    For the sports and health area, we are focusing on the manufacturing technology, standardization of the sports data, etc. Now we are heading to 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games.

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Sports science (Sports Science)

  • Electron device/Electronic equipment (Sports Engineering)

  • Measurement engineering

  • Rehabilitation science/Welfare engineering

Research Keywords 【 Display / hide

  • Golf

  • Gyroscope

  • sports

  • Sports Engineering

  • sensor engineering

display all >>

Research Themes 【 Display / hide

  • Development of an inertial sensor device for swimming stroke analysis, 

    2000
    -
    2007

     View Summary

    水泳選手が腕に装着することで各人のストローク技能を計測・評価できるような慣性センサデバイスを開発している。将来的にはこれを用いたコーチングを想定している

  • Aerodynamic force estimation in ski jumping using inertia sensors, 

    2005
    -
    2010

     View Summary

    スキーテイクオフからフライト中の大空間にわたる空力特性をスキージャンパーの身体に装着した加速度センサ・ジャイロセンサなどの慣性センサによって同定する試みである。将来的にはフライト直後にジャンパーがその都度、フライト全体の評価を知ることができるシステムを構築することが目的である

  • Development of Golf Swing Analysis, 

    2003
    -
    2005

     View Summary

    加速度センサと映像を併用してゴルフスイングの技能を評価するための装置を開発しています。

  • Aerodynamics analysis on ball flight, 

    2005
    -
    2010

     View Summary

    加速度センサをボール内に内蔵することにより、飛翔中のボールの運動を計測すると共に得られる運動学情報から空力特性を推定する

  • An development of inner socks for the foot alignment malfunction, 

    2008
    -
    2009

Proposed Theme of Joint Research 【 Display / hide

  • Development of an interface design using an accelerometer

    Interested in joint research with industry (including private organizations, etc.),  Desired form: Technical Consultation, Funded Research, Cooperative Research

  • 加速度センサ・ジャイロセンサを用いた生体計測

    Interested in joint research with industry (including private organizations, etc.),  Desired form: Technical Consultation, Funded Research, Cooperative Research

  • Skill assessment on sports athletes

    Interested in joint research with industry (including private organizations, etc.),  Desired form: Technical Consultation, Funded Research, Cooperative Research

  • 福祉用具の開発やコンサルタント

    Interested in joint research with industry (including private organizations, etc.),  Desired form: Technical Consultation, Funded Research, Cooperative Research

 

Books 【 Display / hide

  • ワイヤレスセンサシステム

    佐藤 光, 東京電機大学出版局, 2012.10

    Scope: 第4章ワイヤレスセンサシステムの研究事例・実用事例 pp.161-175

     View Summary

    広い分野で活用されているセンシングシステムについて解説。センサデバイスでは温度センサから放射線センサまで解説。ワイヤレスデバイスではZigBeeをはじめとする各種デバイスの解説に加え、標準化・法制度についても解説。実用事例および研究事例では、ヘルスケアをはじめとして動物や社会システムまで取り上げた。

  • バイオロギング―最新科学で解明する動物生態学 (WAKUWAKUときめきサイエンスシリーズ)

    日本バイオロギング研究会, 京都通信社, 2009.10

    Scope: コラム担当pp.197-198.

     View Summary

    生物生態研究分野であるバイオロギング研究者らと共に,高校生・一般人を対象に
    した啓蒙書を発刊した.執筆内容はコラムとして,加速度センサを応用して開発した水中歩数計について,ヒトの代謝と力学量の計測をわかりやすくまとめた.

  • Digital Sport for Performance Enhancement and Competitive Evolution: Intelligent Gaming Technologies

    Nigel K. Ll. Pope, Kerri-ann L. Kuhn, John J. H. Forster (編集), Information Science Publishing, 2009.05

    Scope: Chapter VII

     View Summary

    客員准教授を勤めるGriffith大学の研究者との共同執筆で,「デジタルスポーツ」と
    いう本の内容に沿う昨今のセンサを用いたスポーツ実践応用事例を紹介した.担当した内容はゴルフスイング解析,スキージャンプ解析である.

  • スキルサイエンス入門

    OHGI YUJI, 人工知能学会編, オーム社, 2009.03

  • 創発する社会 : 慶應SFC-DNP創発プロジェクトからのメッセージ

    国領 二郎, 日経BPコンサルティング, 2006.11

    Scope: 第3章担当,pp.46-60

     View Summary

    2004年から2007年まで行った共同研究(SFC-DNPプロジェクト)のまとめとして,
    10名の研究者それぞれが考える「創発」について執筆した.仰木は,生物学に学ぶ創発,と題してヒトの創発現象を執筆した.

Papers 【 Display / hide

  • Prediction of physical activity intensity with accelerometry in young children

    Tanaka C., Hikihara Y., Ando T., Oshima Y., Usui C., Ohgi Y., Kaneda K., Tanaka S.

    International Journal of Environmental Research and Public Health (International Journal of Environmental Research and Public Health)  16 ( 6 )  2019.03

    ISSN  16617827

     View Summary

    © 2019 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Background: An algorithm for the classification of ambulatory and non-ambulatory activities using the ratio of unfiltered to filtered synthetic acceleration measured with a triaxial accelerometer and predictive models for physical activity intensity (METs) in adults and in elementary school children has been developed. The purpose of the present study was to derive predictive equations for METs with a similar algorithm in young children. Methods: Thirty-seven healthy Japanese children (four-to six-years old) participated in this study. The five non-ambulatory activities including low-intensity activities, and five ambulatory activities were selected. The raw accelerations using a triaxial accelerometer and energy expenditure by indirect calorimetry using the Douglas bag method during each activity were collected. Results: For non-ambulatory activities, especially light-intensity non-ambulatory activities, linear regression equations with a predetermined intercept (0.9) or quadratic equations were a better fit than the linear regression. The equations were different from those for adults and elementary school children. On the other hand, the ratios of unfiltered to filtered synthetic acceleration in non-ambulatory activities were different from those in ambulatory activities, as in adults and elementary school children. Conclusions: Our calibration model for young children could accurately predict intensity of physical activity including low-intensity non-ambulatory activities.

  • Development of a kick timing estimation algorithm in the crawl stroke for a biofeedback training system using neural oscillators

    Motomu NAKASHIMA, Takahiro MIYAZAWA, Yuji OHGI

    Mechanical Engineering Journal 5 ( 3 ) 17-00518 2018.04

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • 光学式モーションキャプチャシステムと大面積圧力センサを用いた歩行解析

    OHGI YUJI

    シンポジウム: スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス講演論文集 2017 ( 0 ) A-36 2017

  • Dealing with Stiffness: Shaft Dynamics in the Golf Swing

    Ken Ohta, Yuji Ohgi, Kazuhiro Shibuya

    The Engineering of Sport 10 (ISEA)  72   298 - 303 2014.06

    Research paper (scientific journal), Joint Work

  • Sensor Data Mining on the Kinematical Characteristics of the Competitive Swimming

    OHGI YUJI, Koichi Kaneda, Akira Takakura

    The Engineering of Sport 10 (ISEA)  72   829 - 834 2014.06

    Research paper (scientific journal), Joint Work

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • センシングが拓くエビデンスベースドスポーツの未来

    仰木裕嗣

    クリーンテクノロジー  2017.10

    Introduction and explanation (commerce magazine), Single Work

  • 可能性満点!スポーツ×センサ最前線

    仰木裕嗣

    インターフェース (CQ出版社)   ( 8 ) 16 - 19 2016.08

    Introduction and explanation (commerce magazine), Single Work

  • この道うん十年の私のおすすめ!スポーツ&ヘルスケア・スマホ・アプリ

    仰木裕嗣

    インターフェース (CQ出版社)   ( 8 ) 87 - 88 2016.08

    Introduction and explanation (commerce magazine), Single Work

  • 運動器動作・疾患解析に有用な動作解析①—モーションキャプチャー

    仰木裕嗣

    関節外科 35 ( 11 ) 24 - 28 2016

    Introduction and explanation (scientific journal), Single Work

  • スポーツバイオメカニクスと生体計測

    仰木裕嗣

    自動車技術 70 ( 10 ) 71 - 76 2016

    Introduction and explanation (scientific journal), Single Work

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • センシング技術によるスポーツの変革

    仰木裕嗣

    インターフェース誌500号記念ワークショップ (秋葉原,東京) , 2019.02, Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others, CQ出版社

  • スポーツ工学とヘルスケア総論

    仰木裕嗣

    フレキシブルエネルギーデバイスコンソーシアム平成30年度第4回講演会 (東京) , 2019.01, Oral Presentation(guest/special), フレキシブルエネルギーデバイスコンソーシアム

  • Evidence-based Sports の時代 スポーツセンシングで2020年の後,我々は何を目指すか?

    仰木裕嗣

    慶應義塾大学−NTT技術交流会 (東京) , 2018.12, Oral Presentation(guest/special), 慶應義塾大学ーNTT

  • 短距離走における曲走路への進入局面での力学量変化

    石塚 辰郎,仰木 裕嗣,前田 時生,大沼 勇人,松尾 彰文

    日本機械学会シンポジウム:スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2018 (金沢,石川) , 2018.11, Oral Presentation(general), 日本機械学会

  • A quantitative analysis of the swimming stroke skill using a wrist mounted inertia sensor

    Yuji Ohgi, Tetsuro Tanigawa, Hui Wang, Xiaohui Ma

    XIIIth INTERNATIONAL SYMPOSIUM on BIOMECHANICS and MEDICINE in SWIMMING (Tsukuba, Ibaraki, Japan) , 2018.09, Oral Presentation(general)

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 泳者の水中聴覚に関する研究

    2019.04
    -
    2022.03

    日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C), Yuji OHGI, Kenzo NARITA, Tetsuro TANIGAWA, 小区分20010:機械力学およびメカトロニクス関連, Research grant, Principal Investigator

  • 力学解析による義足の調整方法および、セルフリハビリテーション方法の基盤開発

    2014.04
    -
    2015.03

    公益財団法人 立石科学技術振興財団, Research grant

  • モーションによるゴルフスイング全般の力学的解析、これに基づく新しい計測法・指導法の確立および、これらを他の競技種目に応用することの検討

    2014.04
    -
    2015.03

    慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科仰木研究室, セイコーエプソン株式会社, Joint research, Principal Investigator

  • マタニティ水着に関する研究

    2013.07
    -
    2014.03

    慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科仰木研究室, 株式会社ゴールドウイン, Joint research

  • スポーツ飛翔体に作用する流体力推定と飛翔初期条件を決定づける身体技能の評価

    2013.04
    -
    2016.03

    仰木裕嗣(慶應義塾大学), Grant-in-Aid for Scientific Research, Research grant, Principal Investigator

display all >>

Works 【 Display / hide

  • MEMSセンサによる水泳・水中運動の評価:無線位置・加速度センサを用いた水中歩数計の開発とその応用

    「スポーツ×MEMS マッチングフォーラム」 東北大学片平さくらホール, 

    2012.10

    Other

     View Details

    2009年4月に出願した特許技術である,水中歩行用エネルギ消費量計につい
    て技術紹介と,これを開発する上で行った生理学的基礎実験,無線位置計測実験な
    どについて紹介した.

  • 「水着の歴史的変遷と工学の記録向上への貢献」

    仰木裕嗣

    日本繊維機械学会第65回年次大会 特別講演会 大阪科学技術センタービル, 

    2012.06
    -
    Present

    Other

     View Details

    泳ぎの文化的背景と水着が発展してきた歴史を俯瞰したうえで,20世紀に
    入ってからの急速な記録向上において水着が果たした役割を,素材,デザイン,流
    体力学による研究成果の貢献について網羅的に紹介した.

  • 小山透氏出版記念パネルディスカッション「科学技術の発展における出版およびメディアの役割」

    仰木裕嗣

    慶應義塾大学日吉キャンパス協生館藤原洋記念ホール, 

    2011.07

    Other, Joint

     View Details

    司会:藤原 洋 (株)インターネット総合研究所 代表取締役所長
       (株)ナノオプトニクス・エナジー/ナノオプトメディア 代表取締役
       慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授
    パネリスト(敬称略):
       小山 透 (近代科学社代表取締役、元共立出版『bit』編集長)
       内村直之 (朝日新聞社『メディカル朝日』編集長)
       亀井哲治郎(亀書房、元日本評論社『数学セミナー』編集長)
       吉田宇一 (岩波書店、『科学』元編集長)
       仰木裕嗣 (慶應義塾大学SFC准教授,スポーツ科学/工学)
    概要 : SFC学部授業「テクニカルライティング」の非常勤講師として仰木が招聘した,小山透氏(近代科学社代表取締役社長,元共立出版編集長)が,SFCでの講義をまとめ,「科学技術系のライティング技法」を慶應義塾大学出版会より2011年4月に上梓した.これに関連し,科学技術と出版/メディアの役割について討論を行った.

  • 「LZR RacerTM」に至る水着開発の変遷

    仰木裕嗣

    プラスチック成形加工学会誌,成形加工, 

    2011

    Other

     View Details

    プラスチック成形加工学会誌,成形加工,第23巻,第6号,pp.330-335. 2011.
    概要:英国SPEEDO社の開発したLZR-Racerによる競泳記録の大幅な向上が何に由来するのか,流体力学の研究成果によって発展して来た競泳水着の変遷を概説した.

  • 魔女の水着と魔法の水着

    繊維機械学会誌「せんい」, 

    2011

    Other, Single

     View Details

    繊維機械学会誌「せんい」,Vol.64, No.2,pp.15-21, 2011.
    概要:中世における水泳の位置づけを,魔女狩りを事例に挙げて論述し,中世から近代に至る水着の変遷と,今世紀に入って飛躍的に発達した水着開発の最前線を解説した.

display all >>

Intellectual Property Rights, etc. 【 Display / hide

  • 解析システム、解析装置、電子機器、解析方法およびプログラム

    Application No.: 2013-139188  2013.07 

    Announcement No.: 2014-61262  2014.04 

    Patent, Joint, National application

  • 電子機器、泳法判別方法、及び泳法判別プログラム

    Application No.: 2012-188091  2012.08 

    Announcement No.: 2014-42757  2014.03 

    Patent, Joint, National application

  • 生体情報検出装置

    Application No.: 2012-188088  2012.08 

    Announcement No.: 2014-42756  2014.03 

    Patent, Joint, National application

  • エネルギー消費量報知装置

    Application No.: 2009-98373  2009.04 

    Announcement No.: 2010-246689  2010.11 

    Registration No.: 特許第5571904  2014.07

    Patent, Joint, National application

  • スイング動作評価方法、スイング動作評価装置、スイング動作評価システム及びスイング動作評価プログラム

    Application No.: 2008-299478  2008.11 

    Announcement No.: 2009-50721  2009.03 

    Patent, Joint, National application

display all >>

Awards 【 Display / hide

  • ヤマハ最優秀発表賞

    Yuji OHGI, Koichi KANEDA, Akira TAKAKURA, 2012.10, Japanese Society of Science in Swimming and Water Exercise, 胸部加速度からの泳タイムの推定

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium.  Country: JAPAN

  • -ispo-TUM Academic Challenge Award 2003, Innovation in Sports Technology

    OHGI YUJI, 2003.01, ミュンヘン工科大学, Development of a tri-axial accelerometer and a tri-axial accelerometer with tri-axial gyroscope data logger for the swimming research and coaching

    Type of Award: International Academic Awards

     View Description

    In order to observe underwater stroke motion in swimming, the author developed a tri-axial acceleration data logger (Prototype I) and a tri-axial acceleration/angular velocity data logger (Prototype II). Those sensor devices were attached on the wrist joint of the swimmers. Then we achieved the long term accelerometry in the swimming training using these devices. The obtained acceleration and angular velocity in swimming were indicated swimmer's stroke characteristics.

  • Young Investigator Award, Archimedes Award(若手奨励賞、アルキメデス賞)

    #H仰木裕嗣#H, 2002.06, 9th World Symposium Biomechanics and Medicine in Swimming (第9回国際水泳科学会議), Fatigue evaluation by using microcomputer-based acceleration data logger for swimming research

    Type of Award: International Academic Awards

Other 【 Display / hide

  • センシングが拓くエビデンスベースドスポーツの未来

    2016年12月

     View Details

    セミコンジャパン2016
    セッション名称:STS MEMS・センサセッション(1)〜広がるセンサアプリケーション
    日時: ,12月14日(水)10:20-12:00
    場所: 東京ビッグサイト 東3ホール TechSTAGE INNOVATION and IOT,東京

  • 首都圏ネットワーク

    2016年11月

     View Details

    パラリンピック研究開発の紹介,及びスポーツ・アンド・ヘルスイノベーションコンソーシアムによる活動「3Dプリンティング技術による車椅子マラソン用グローブの開発」の紹介

  • NHK総合 おはよう日本

    2016年11月

     View Details

    パラリンピック研究開発の紹介,及びスポーツ・アンド・ヘルスイノベーションコンソーシアムによる活動「3Dプリンティング技術による車椅子マラソン用グローブの開発」の紹介

  • 2014年07月

     View Details

    研究成果の製品化,マタニティ水着 (株式会社GOLDWINとの共同研究成果,マタニティ水着)

  • 2014年04月

     View Details

    研究成果の製品化,M-Tracer (株式会社SEIKO EPSONとの共同研究成果,ゴルフスイング解析装置)

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • SPORTS ENGINEERING

    2019

  • SPORTS BIOMECHANICS

    2019

  • SEMINAR A

    2019

  • MASTER SEMINAR

    2019

  • INDEPENDENT RESEARCH

    2019

display all >>

Courses Previously Taught 【 Display / hide

  • Sports Engineering

    Keio University, 2014, Autumn Semester, Major subject, Lecture, Within own faculty, 1h, 100people

  • Sports Biomechanics

    Keio University, 2014, Autumn Semester, Major subject, Lecture, Within own faculty, 1h, 25people

  • 身体運動解析

    Keio University, 2014, Spring Semester

  • 身体論

    Keio University, 2014, Spring Semester

  • スポーツスキルサイエンス論

    Keio University, 2014, Spring Semester, Lecturer outside of Keio

display all >>

Educational Activities and Special Notes 【 Display / hide

  • 慶應義塾大学體育会水泳部競泳部門技術顧問

    2010.12
    -
    2015.03

    , Special Affairs

 

Social Activities 【 Display / hide

  • Japan Amateur Swimming Federation coaching staff

    1993.04
    -
    1995.03
  • JOCアトランタオリンピック強化コーチ

    1994.04
    -
    1996.03
  • Swimming Science Camp for Kids 2006

    2006.08
  • Swimming Science Camp 2005

    2005.09
  • Japan Olympic Committee

    2004.04
    -
    2009.03

display all >>

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • Japan Society for Mechanical Engineering, Joint Symposium 2008, 

    2008.11
  • International Sports Engineering Association, 

    2008.07
    -
    2010.07
  • Japan Society of Mechanical Engineering, Sports Engineering section, 

    2008.04
    -
    2010.03
  • Japanese Society of Sciences in Swimming and Water Exercise 2007, 

    2007.11
  • Japan Society for Mechanical Engineering, Joint Symposium 2007, 

    2007.11

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2019.03
    -
    2020.02

    日本機械学会 バイオエンジニアリング部門 第97期 運営委員, 日本機械学会 バイオエンジニアリング部門

  • 2018.04
    -
    Present

    スポーツ・アンド・ヒューマンダイナミクス専門会議第94期運営委員 , (一般社団法人)日本機械学会

  • 2016.04
    -
    2018.03

    スポーツ・アンド・ヒューマンダイナミクス専門会議第93期運営委員 , (一般社団法人)日本機械学会

  • 2014.04
    -
    2016.03

    スポーツ・アンド・ヒューマンダイナミクス専門会議第92期運営委員, (一般社団法人)日本機械学会

  • 2013.04
    -
    2015.03

    科学委員会副委員長, (公益財団法人)日本水泳連盟

display all >>