松原 輝彦 (マツバラ テルヒコ)

Matsubara, Teruhiko

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 生命情報学科 (矢上)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 複合糖質および複合糖質に関わる分子の機能発現および構造解析。生体分子間相互作用を探索するための生体高分子の創成および改変。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年01月
    -
    2000年06月

    日本学術振興会 特別研究員

  • 2000年07月
    -
    2003年03月

    徳島大学工学部 助手

  • 2003年04月
    -
    継続中

    大学助手(理工学部生命情報学科)

  • 2007年04月
    -
    継続中

    大学助教(職名変更による)(理工学部生命情報学科)

  • 2008年04月
    -
    継続中

    大学専任講師(理工学部生命情報学科)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年03月

    岡山大学, 工学部, 生体機能応用工学科

    大学, 卒業

  • 1997年03月

    岡山大学, 工学研究科, 生体機能応用工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2000年03月

    東京工業大学, 生命理工学研究科, バイオテクノロジー

    大学院, 修了, 博士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生体関連化学 (Chemistry Related to Living Body)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ガングリオシド

  • ファージディスプレイ

  • ペプチドライブラリー

  • 複合糖質

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 顕微鏡観察による生体膜内ドメイン形成過程の動態解析手法の開発, 

    2004年

  • 脂質膜に自発的挿入するペプチド分子の動的高次構造と細胞内挙動の解析, 

    2002年
    -
    2004年

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • オリゴ糖鎖のクラスターに結合する分子の利用

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,  希望形態: 受託研究, 共同研究, その他

  • ファージ提示法による標的分子および物質に対するランダムライブラリーからのペプチドおよびタンパク質の選択

    大学等の研究機関との共同研究を希望する

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ペプチド医薬品のスクリーニング・安定化・製剤化技術

    110名, 技術情報協会, 2017年12月

    担当範囲: 6章1節

  • 生体分子化学-基礎から応用まで

    杉本 直己, 内藤 昌信, 橋詰 峰雄, 高橋 俊太郎, 田中 直毅, 建石 寿枝, 遠藤 玉樹, 津本 浩平, 長門石 曉, 松原 輝彦, 上田 実, 朝山 章一郎, 講談社サイエンティフィク, 2017年01月

    担当範囲: 9章(p197-224)

  • 超分子サイエンス&テクノロジー

    松原 輝彦・佐藤智典, NTS, 2009年05月

    担当範囲: 1036-1042

  • Contemporary Trends in Bacteriophage Research

    MATSUBARA TERUHIKO, Nova Science Publishers, Inc., 2009年05月

    担当範囲: 407-419

  • 分子間相互作用解析ハンドブック

    松原輝彦・佐藤智典, 羊土社, 2007年

    担当範囲: 16-22

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Responsibility of lipid compositions for the amyloid ß assembly induced by ganglioside nanoclusters in mouse synaptosomal membranes

    Teruhiko Matsubara, Takahiro Kojima, Ryoto Fukuda, Kazutoshi Iijma, Miwa Hirai, Naoki Yamamoto, Katsuhiko Yanagisawa, and Toshinori Sato

    Polymer J 2018年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Size and shape of amyloid fibrils induced by ganglioside nanoclusters: role of sialyl oligosaccharide in fibril formation

    Teruhiko Matsubara, Masaya Nishihara, Hanaki Yasumori, Mako Nakai, Katsuhiko Yanagisawa, Toshinori Sato

    Langmuir 33 ( 48 ) 13874 - 13881 2017年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Design of glycopolymers carrying sialyl oligosaccharides for controlling the interaction with the influenza virus

    Masanori Nagao, Yurina Fujiwara, Teruhiko Matsubara, Yu Hoshino, Toshinori Sato, Yoshiko Miura

    Biomacromolecules 18 ( 12 ) 4385 - 4392 2017年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Kohamamides A, B and C, Cyclic Depsipeptides from an Okeania sp. Marine Cyanobacterium

    Arihiro Iwasaki, Ikuma Shiota, Shinpei Sumimoto, Teruhiko Matsubara, Toshinori Sato, Kiyotake Suenaga

    J. Nat. Prod. 80 ( 6 ) 1948 - 1952 2017年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Selective Intracellular Delivery of Ganglioside GM3-Binding Peptide through Caveolae/Raft-Mediated Endocytosis

    Teruhiko Matsubara, Ryohei Otani, Miki Yamashita, Haruka Maeno, Hanae Nodono, and Toshinori Sato

    Biomacromolecules 18 ( 2 ) 355 - 362 2017年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Selection and functional analysis of oligosaccharide-binding peptides

    Teruhiko Matsubara, Kazutoshi Iijima, Hiroyuki Kubota, Toshinori Sato

    The International Conference of 43rd Japanese Peptide Symposium and 4th Peptide engineering Meeting (43JPS/PEM4) (Yokohama, Japan) , 2006年11月, 口頭(一般)

  • Identification of peptides that inhibit influenza virus infection

    Teruhiko Matsubara and Toshinori Sato

    The Second International Symposium on Biomolecular Chemistry (IBC2006) (Kobe, Japan) , 2006年08月, ポスター(一般)

  • Inhibition of influenza virus infection by sialylgalactose-binding peptides selected from a phage-displayed random library

    T. Matsubara, M. Sumi, T. Taki, T. Sato

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM2005) (Honolulu, USA) , 2005年12月, ポスター(一般)

  • Atomic force microscope study of ganglioside-containing lipid raft

    K. Iijima, T. Matsubara, T. Sato

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM2005) (Honolulu, USA) , 2005年12月, ポスター(一般)

  • The structural transition of the 15-residue peptide on the ganglioside GM1 mcelles

    Naoki Fujitani, Hiroki Shimizu, Teruhiko Matsubara, Takashi Ohta, Noriko Nagahori, Yuki Komata, Toshinori Sato, and Shin-ichiro Nishimura

    The 44th Annual Meeting of Japanese NMR Society and The 1st Asia-Pacific NMR Symposium (Yokohama, Japan) , 2005年11月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 全方位非接触界面による革新的バイオリアクターの開発

    2020年07月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 松原 輝彦, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  代表

  • 難合成糖鎖受容体を分子模倣した修飾ペプチドの活性機構解明

    2015年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 松原 輝彦, 基盤研究(C), 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 東京糖鎖研究会(GlycoTOKYO)奨励賞

    松原 輝彦, 2010年11月, 東京糖鎖研究会(GlycoTOKYO), ライブラリーを用いた糖鎖-タンパク質間相互作用を制御するペプチドの設計

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 若い世代の特別講演会(第23回)講演証

    松原 輝彦, 2009年03月, 日本化学会第89春季年会2009, ライブラリー選択法で得られた新規ペプチドによる細胞表面糖鎖の機能制御

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • バイオ関連化学合同シンポジウム講演賞

    松原 輝彦, 2006年09月, バイオ関連化学合同シンポジウム(日本化学会生体関連化学部会、バイオテクノロジー部会、生命化学研究会), ヘマグルチニン糖鎖結合ポケットを認識するペプチド分子設計

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • ISBC 2003 Poster Award

    松原 輝彦, 2003年12月, First International Symposium on Biomolecular Chemistry, Functions of carbohydrate-binding peptides selected from phage-displayed peptide library

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

     説明を見る

    First International Symposium on Biomolecular Chemistry (ISBC 2003), December 4, 2003

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 生命システム情報特別講義A

    2021年度

  • 生命情報特別講義第2

    2021年度

  • 生命情報輪講

    2021年度

  • 自然科学実験

    2021年度

  • 生物学序論

    2021年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • Trends in Glycoscience and Glycotechnology, 

    2011年01月
    -
    継続中
  • FCCA, 

    2011年01月
    -
    継続中
  • グライコサイエンス若手の会, 

    2004年04月
    -
    2011年03月
  • 日本化学会生体機能関連化学部会若手の会, 

    2001年04月
    -
    2003年03月

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年01月
    -
    継続中

    ASSOCIATE EDITOR, Trends in Glycoscience and Glycotechnology

  • 2011年01月
    -
    2017年12月

    Financial Secretary, FCCA

  • 2004年04月
    -
    2011年03月

    幹事, グライコサイエンス若手の会

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    中国四国支部幹事, 日本化学会生体機能関連化学部会若手の会