藤代 一成 (フジシロ イッセイ)

Fujishiro, Issei

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 情報工学科 26-208C (矢上)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 1960年生.1985年筑波大学大学院博士課程工学研究科電子・情報工学専攻修士号取得退学.1988年理学博士(東京大学).東京大学理学部情報科学科助手(1985~1988年),筑波大学電子・情報工学系助手・講師(1988~1991年),お茶の水女子大学理学部情報科学科助教授・教授(1991~2004年),東北大学流体科学研究所教授(2004~2009年)を経て,2009年より現職.2015年特選塾員.米国・ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校コンピュータサイエンス学科客員教授(1994~1995年).2020年から中国・杭州電子科技大学計算機学院客員教授を兼任.形状表現とモデリングパラダイムや,応用可視化デザインと出自管理,知的環境メディアに関する研究に従事し,原著論文322編.芸術科学会第16回CG Japan Award,The Most Cited Paper Award for the Journal Graphical Models 2004-2006 (Elsevier Science),平成18年度情報処理学会論文賞を含む受賞49件.編著書41編のうち,主なものにCAD/CAM(丸善,1990年,編著),コンピュータビジュアリゼーション(共立出版,2000年,共編著),コンピュータグラフィックス(画像情報教育振興協会,2004/2015年,編集委員長),等.IEEE CG&Aを含む国内外の学術誌ゲスト編集・監修12編,論説90編.IEEE TVCG (1999~2003, 2018~), Computers & Graphics (2003~2013), Visual Informatics (2016~)他の国際学術誌エディタ.IEEE SciVisおよびIEEE PacificVisの常任運営委員を歴任.Volume Graphics 2003/2005 (Tokyo/Stony Brook), IEEE Shape Modeling International 2006 (Matsushima), IEEE PacificVis 2008/2014 (Kyoto/Yokohama), Cyberworlds 2013/2019 (Yokohama/Kyoto), ACM VRACAI 2014/2015 (Shenzhen/Kobe), TopoInVis 2017 (Tokyo), CG International 2017 (Yokohama), PacificVAST 2018 (Kobe), IEEE SciVis 2018/2019 (Berlin/Vancouver)をはじめとする関連国際会議大会・プログラム委員長35件,プログラム委員179件等.情報知識学会理事,画像電子学会会長・副会長・理事・評議員・代議員・VC委員会委員長,芸術科学会副会長・理事・評議員,可視化情報学会ビジュアルデータマイニング研究会初代主査・理事,副会長他を歴任.現在,日本学術会議連携会員,可視化情報学会会長,画像情報教育振興協会評議員,情報科学国際交流財団理事.日本工学会フェロー,画像電子学会名誉会員,情報処理学会フェロー,IEEE (Computer Society/VGTC), ACM (SIGGRAPH), 各シニア会員.Eurographics, CGS, 電子情報通信学会,日本バーチャルリアリティ学会,映像情報メディア学会各会員.

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • どの科目においても,情報工学特有の理念とポテンシャルをわかりやすく説明することを心がけています.

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 区間型ボリュームによるボリューム可視化

    可視化支援システムVIDELICET

    位相強調型ボリューム可視化

    色鉛筆画のボリュームモデリング

    視覚計算,特に 1) ボリューム可視化・グラフィックスとその応用 2) 可視化ライフサイクル管理とユーザ支援 3) 多感覚情報呈示による知的環境メディアの実現.

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 杭州電子科技大学, 計算機学院, 客員教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1988年03月

    東京大学, 理学部, 助手

  • 1988年04月
    -
    1989年02月

    筑波大学, 電子・情報工学系, 助手

  • 1989年02月
    -
    1991年03月

    筑波大学, 電子・情報工学系, 講師

  • 1991年04月
    -
    1998年07月

    お茶の水女子大学, 理学部, 助教授

  • 1994年02月
    -
    1995年01月

    ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校, コンピュータサイエンス学科, 客員教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1979年04月
    -
    1983年03月

    筑波大学, 第三学群, 情報学類

    日本, 大学, 卒業

  • 1983年04月
    -
    1985年03月

    筑波大学, 工学研究科, 電子・情報工学

    日本, 大学院, 修了, 博士前期

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士, 東京大学, 論文, 1988年10月

  • 工学修士, 筑波大学, 課程, 1985年03月

  • 工学士, 筑波大学, 課程, 1983年03月

    ルール獲得の記述を基にした適応型CAI システム

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 高性能計算

  • マルチメディア・データベース (メディア情報学・データベース)

  • ヒューマンインタフェース・インタラクション

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • コンピュータ可視化

  • コンピュータグラフィックス

  • バーチャルリアリティ

  • 知的環境メディア

  • 知覚心理

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 計算法科学データ可視化環境, 

    2013年
    -
    継続中

  • 疎性モデリングを促進する視覚分析論, 

    2013年
    -
    継続中

  • 裸眼立体視ディスプレイ, 

    2012年
    -
    継続中

  • 知的環境可視化, 

    2012年
    -
    継続中

  • 粒子ベース流体シミュレーション, 

    2009年
    -
    継続中

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Topological Methods in Data Analysis and Visualization V: Theory, Algorithms, and Applications

    Hamish Carr, Issei Fujishiro, Filip Sadlo, Shigeo Takahashi (eds.), Springer International Publishing, 2020年12月,  ページ数: 270

     概要を見る

    This collection of peer-reviewed workshop papers provides comprehensive coverage of cutting-edge research into topological approaches to data analysis and visualization. It encompasses the full range of new algorithms and insights, including fast homology computation, comparative analysis of simplification techniques, and key applications in materials and medical science. The book also addresses core research challenges such as the representation of large and complex datasets, and integrating numerical methods with robust combinatorial algorithms.

    In keeping with the focus of the TopoInVis 2017 Workshop, the contributions reflect the latest advances in finding experimental solutions to open problems in the sector. They provide an essential snapshot of state-of-the-art research, helping researchers to keep abreast of the latest developments and providing a basis for future work. Gathering papers by some of the world’s leading experts on topological techniques, the book represents a valuable contribution to a field of growing importance, with applications in disciplines ranging from engineering to medicine.

    公開用PDF1

  • 改訂新版 コンピュータグラフィックス

    藤代 一成,他20名, 東京・公益財団法人 画像情報教育振興協会, 2015年03月

    担当範囲: 編集委員長,可視化(chapter 7-3)

     概要を見る

    CG技術に関する標準的なテキストの改訂版.

  • ビジュアル情報処理―CG・画像処理入門― [改訂新版]

    藤代 一成,奥富 正敏, 東京・画像情報教育振興協会, 2017年03月

    担当範囲: CG系編集委員長,3-8(ボリュームレンダリング),9-1(CGと画像処理の融合)

     概要を見る

    CGおよび画像処理の本格的入門書.旧版を13年ぶりに全面改訂.CG/画像処理エンジニア検定ベーシックに準拠.

  • 電子情報通信学会100年史

    藤代 一成, 電子情報通信学会, 2017年09月

    担当範囲: コンピュータグラフィックス

     概要を見る

    第2 部「電子情報通信技術100 年の発展」,D 情報・システム,5 章映像メディアの2 節として,コンピュータグラフィックス技術の誕生から現在に至るまでの研究開発の流れを俯瞰した.

  • コンピュータビジュアリゼーションーインターネット時代の数学 4

    中嶋 正之,藤代 一成, 共立出版, 2000年11月,  ページ数: 207

    担当範囲: 共編著

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Adjusting control parameters of topology-accentuated transfer functions for volume raycasting

    Yuriko Takeshima, Shigeo Takahashi, Issei Fujishiro

    Topological Methods in Data Analysis and Visualization V: Theory, Algorithms, and Applications (Springer International Publishing)     71 - 86 2020年12月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り

     概要を見る

    The design of automatic transfer functions for volume rendering is a perennial problem in volume visualization. Over the last three decades, a variety of design methodologies have been proposed. However, sensitive adjustment of related control parameters remains entrusted to users, because rendering conditions,such as the thickness of emphasized subvolumes in the ray direction and the size of a target dataset, differ on a case-by-case basis. Our group previously proposed one-dimensional transfer functions to accentuate topological changes in the scalar field of the target dataset. However, the method forces us to determine the actual control parameter values for the transfer functions in an empirical manner. In this paper, we propose a supplementary mechanism with which to judiciously define an appropriate profile of the opacity values. More specifically, the height and width of the hat opacity transfer functions that accentuate feature isosurfaces are determined according to the number of voxels belonging to the relevant topologically equivalent scalar field interval. The feasibility of the proposed method is evaluated by its application to five kinds of volume datasets.

  • TimeTubesX: A query-driven visual exploration of observable, photometric, and polarimetric behaviors of blazars

    Naoko Sawada, Makoto Uemura, Johanna Beyer, Hanspeter Pfister, Issei Fujishiro:

    IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics (IEEE)  2020年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1077-2626

     概要を見る

    Blazars are celestial bodies of high interest to astronomers. In particular, through the analysis of photometric and polarimetric observations of blazars, astronomers aim to understand the physics of the blazar's relativistic jet. However, it is challenging
    to recognize correlations and time variations of the observed polarization, intensity, and color of the emitted light. In our prior study, we proposed TimeTubes to visualize a blazar dataset as a 3D volumetric tube. In this paper, we build primarily on the TimeTubes
    representation of blazar datasets to present a new visual analytics environment named TimeTubesX, into which we have integrated sophisticated feature and pattern detection techniques for effective location of observable and recurring time variation patterns in
    long-term, multi-dimensional datasets. Automatic feature extraction detects time intervals corresponding to well-known blazar behaviors. Dynamic visual querying allows users to search long-term observations for time intervals similar to a time interval of interest
    (query-by-example) or a sketch of temporal patterns (query-by-sketch). Users are also allowed to build up another visual query guided by the time interval of interest found in the previous process and refine the results. We demonstrate how TimeTubesX has been used
    successfully by domain experts for the detailed analysis of blazar datasets and report on the results.

  • Visual simulation of weathering coated metallic objects

    Akinori Ishitobi, Masanori Nakayama, Issei Fujishiro

    The Visual Computer (Springer-Verlag)  36 ( 10-12 ) 2383 - 2393 2020年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0178-2789

     概要を見る

    Weathering, referring to techniques for depicting outdoor objects as having suffered rain and wind damage, has a long history of research, and many methods can be found in the literature. Metal is a representative target of weathering, as metallic surface corrosion is a widespread deterioration phenomenon in our daily life. However, few weathering methods consider the effects of rust-preventive paint, while real metal is usually treated with a preservative. This paper presents a novel procedural method for weathering coated metal objects. In our method, a coated surface is imposed on a 3D triangular mesh. We enable the mechanical deterioration of coating film, and we deform the mesh model to express cracking and peeling. As further defacing elements on the coating film, runoff rust and darkening are reproduced by changing the color and reflectance of the surface. Besides, by locally adjusting the control parameters of the designated areas on the surface, the process of deterioration can be arbitrarily directed. Several visual simulation results are shown to prove empirically the faithfulness of the proposed methods.

  • Enhancing visual performance of hemianopia patients with overview window

    Xi Zhao, Issei Fujishiro, Kentaro Go, Masahiro Toyoura, Kenji Kashiwagi, Xiaoyang Mao

    Computers & Graphics (Elsevier)  89   59 - 67 2020年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Visual field defect (VFD) is a type of ophthalmic disease that causes the loss of part of the patient’s field of view (FoV). In this paper, we propose a method to enlarge the restricted FoV with an optical see-through head-mounted display (OST-HMD) equipped with a camera that captures an overview and overlays it on the persisting FoV. Because the overview window occludes the real background scene, it is important to create a balance between the augmented contextual information and the unscreened local information. We recruited twelve participants and conducted an experiment to seek the best size, position, and opacity for the overview window through a Whac-A-Mole task (a touchscreen game). We found that the performance was better when the overview window was of medium size (FoV of 9.148 degree x 5.153 degree, nearly one third of FoV of the used OST-HMD) and placed lower in the visual field. Either too large or too small a size decreases the performance. The performance increases with increased opacity. The obtained results can legitimate the default setting for the overview window.

  • 3D distance field-based apparel modeling

    Masanori Nakayama, Takami Yamamoto, Issei Fujishiro

    Proceedings of IEVC 2021 (IIEEJ)  2021年09月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り

     概要を見る

    This study aims to effectively design an apparel item by converting a polygon model of the human body obtained through 3D scan into a volume model. From the model, we can quickly generate a curved surface that retains a constant distance from the body surface, and thus design clothing material that ensures accurate “allowance” by defining the distance field for the body surface. Furthermore, by drawing a design line on the curved surface, the pattern required for actual sewing can be designed in three dimensions. A dynamics simulation is applied to smooth the curvatures so that the desired flat surface pattern can finally be obtained. As a result of actually sewing the virtually designed pattern and try-on, it was proven that we can generate clothes with the appropriate allowance and proportions.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • ろくろ型三次元透明キャンバスを用いたエフェクト描画インタフェース

    池田 理和乃,藤代 一成

    情報処理学会第83回全国大会講演論文集 (情報処理学会)  4   75 - 76 2021年03月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議), 共著

  • 自然に振る舞う NPC 群衆シーンの覚醒度–感情価モデルに基づく生成

    大字 諒,李 睿哲,中山 雅紀,藤代 一成

    情報処理学会第83回全国大会講演論文集 (情報処理学会)  4   95 - 96 2021年03月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議), 共著

  • 二色塗り分けスパークラインを用いた COVID-19 感染データの可視化

    本田 健悟,斎藤 隆文,藤代 一成

    情報処理学会第83回全国大会講演論文集 (情報処理学会)  4   89 - 90 2021年03月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議), 共著

  • Edge Indicator を用いた半盲患者の視野外情報補償

    一瀬 佳祐,趙 希,藤代 一成,豊浦 正広,柏木 賢治,郷 健太郎,茅 暁陽

    情報処理学会第83回全国大会講演論文集 (情報処理学会)  4   85 - 86 2021年03月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議), 共著

  • 画像変換デザインに基づく縦編みレースの三次元モデル生成

    多田 一輝,藤代 一成

    情報処理学会第83回全国大会講演論文集 (情報処理学会)  4   81 - 82 2021年03月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議), 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 二色塗分けスパークライン:COVID-19 感染データの可視化 が読者に与える影響の調査

    本田健悟,斎藤隆文,藤代 一成

    第49回 可視化情報シンポジウム (オンライン開催) , 2021年09月, 口頭(一般), 可視化情報学会

  • FORSETI: A visual analysis environment for authoring autopsy reports in extended legal medicine mark-up language

    Issei Fujishiro, Baoquin Wang

    CGI Workshop in memory of Prof. Tosiyasu L. Kunii (onlile) , 2021年09月, 口頭(招待・特別), Computer Graphics Society

     概要を見る

    Prof. Tosiyasu L. Kunii passed away in November 2020. He had been a professor at Department of Information Sciences, Faculty of Science, the University of Tokyo and was the founding president of the University of Aizu. CGI 2021 held a workshop in memory of Prof. Kunii since the conference was founded by him in 1987. Fujishiro started his carrier as an assistant professor to work with Prof. Kunii at the University of Tokyo in 1985 and hence, he was invited to provide a talk for the workshop. Fujishiro picked up a topic of FORSETI, a computational forensic visualization system under development. It is because in 1985, the first paper coauthored by Prof. Kunii and Fujishiro proposed a medical imaging method. The paper was published in the second volume of the Visual Computer journal, which was also initiated by Prof. Kunii as the first editor in chief in 1985. Following Fujishiro’s brief message in homage to Prof. Kunii, the main body of the talk was delivered by Baoqing Wang (D3). The original paper on FORSETI is to be published in a forthcoming issue in memory of Prof. Kunii of the Visual Computer Journal.

  • Panel at C-J Vis 2021

    Issei Fujishiro, Baoqing Wang, Shigeo Takahashi, Naohisa Sakamoto, Koji Koyamada, Takayuki Itoh, Kazuo Misue, Xiaoru Yuan, Jiawan Zhang, Gang Liu, Shen Ying, Jun Tao, Chongke Bi, Wei Zeng, Lingyun Yu, Le Liu

    Fourth Chinese-Japanese Joint Visualization Workshop (C-J Vis 2021) (Wuhan, China (online)) , 2021年07月, 口頭(招待・特別), China-Japan Visualization Consortium

     概要を見る

    The following three topics were discussed:

    1. To extend the influence of the Asian visualization community in the visualization field, besides of ChinaVis and the Journal of Visualization, how can we further explore the collaboration possibilities between CSIG-VIS and the visualization community in Japan?

    2. Can you discuss the interaction between visualization and other domain fields. For instance, what implications does the development of AI have in the field of visualization? How can visualization and visual analytics be applied in emerging topics like Tokyo Olympics, Peking winter Olympics, and the Covid-19 pandemic?

    3. Do you have any suggestions for visualization researchers, especially those doing scientific visualization on how shall we adopt display and interaction modalities. For instance, how to develop visualizations in VR/AR environment? How shall we conduct user studies to make the visualizations more convincing?

  • FORSETI and THEMIS: Visual analysis environments for computational forensics

    Baoqing Wang, Yume Asayama, Issei Fujishiro

    Fourth Chinese-Japanese Joint Visualization Workshop (C-J Vis 2021) (Wuhan, China (online)) , 2021年07月, 口頭(招待・特別), China-Japan Visualization Consortium

     概要を見る

    In this talk, the latest results of the Computational Forensics project were introduced with focus on the systems FORSETI and THEMIS.

  • Visual exploration of time-varying multi-dimensional datasets

    Issei Fujishiro

    2021 International Summer School on Visual Analytics (Hangzhou, China) , 2021年07月, 口頭(招待・特別), Zhejiang University

     概要を見る

    Many problems are observed in the form of time-varying multi-dimensional datasets. In this lecture, we will discuss how to visually explore large datasets of that kind, with a particular focus on automatic feature extraction, dynamic visual querying, and clustering. Automatic feature extraction is dedicated to the discovery of dynamic time variations over multiple variables and their characteristic derivatives. Dynamic visual querying provides more efficient exploration of recurring time variation patterns and subsequences to validate specific hypotheses. Clustering helps to identify hidden universalities in a long-term dataset by classifying subsequences according to their similarities. These concepts will be illustrated with several examples executed in a system, called TimeTubeX, for blazar observation research.

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • スパースモデリングを促進する可視化基盤の強化

    2013年07月
    -
    2018年03月

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 藤代一成, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究は,スパースモデリングにより抽出されたデータの十数から数十次元の説明変数を,可視化を用いてさらに2,3,4 次元まで圧縮し,所与の問題を記述する物理スペースにおけるデータの振舞いを視覚的に理解させる情報スペースに変換する基盤技術を構築する.ここでは,そのデータ解析処理に対し明示的に解析者の視覚的フィードバックを取り込み,スパースモデリングに基づく高次元データの解析処理において,人の対話処理が可能となるHuman-in-the-Loop を実現し,データ駆動科学に対し大幅な促進を図る.

     備考を見る

    新学術領域「スパースモデリングの深化と高次元データ駆動科学の創成」計画研究C01-4

  • スパースモデリングと高次元データ駆動科学創成への支援と広報

    2013年07月
    -
    2018年03月

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 岡田真人, 補助金,  分担

     研究概要を見る

    とどまることを知らない計測技術の向上が大量の高次元観測データを日々生み続けている.また,生命情報科学のように,各論的なデータ科学が推進される中,天文学における高次元データ解析手法が,全く対象とスケールの異なる生命科学でも有効に働くような状況に遭遇する.こうした多様な視点の導入は様々な場面で革新的展開を生み出す原動力となっている.本計画研究では,多様な視点の導入による革新的展開を引き起こす方法論として,スパースモデリングに着目する.右図下のように,理科第2分野に属する生物学・地学の幅広い分野の実験・計測研究者と情報科学研究者の有機的連携により,高次元データから隠れた規則性を発見する高次元データ駆動科学ともいうべき新学術領域を創成する.

     備考を見る

    新学術領域「スパースモデリングの深化と高次元データ駆動科学の創成」総括班

  • 計算法科学データ分析可視化統合環境の強化

    2017年04月
    -
    2021年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 藤代一成, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究はH26~28基盤研究(A)26240015の後続研究である.本研究課題では,先行研究で開発したLMMLで記述される案件を捜査や裁判にまで拡充し,その特徴を高次元ベクトル空間で規定することにより,法科学文書とその出自に一定の意味を付与する.これにより,判例照合(類似検索)や争点誘導(部分空間交差判定),量刑評価(クラスタリング)等の複雑なタスクが自動化され,裁判の効率化・高品質化だけでなく,量刑の妥当性向上という計算法科学特有の社会的役割を具現化する.

     備考を見る

    基盤研究(A)

  • 計算法科学データ分析可視化統合環境の開発

    2014年04月
    -
    2017年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 藤代一成, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究では,計算法科学データ分析可視化統合環境を開発した.まず,家房タスクを標準化するために,法科学オントロジーを定義した.次にこのオントロジーに基づいて,専用の法科学マークアップ言語LMMLを設計士,そのオーサリングツールとブラウザを開発した.この環境を利用して,個別3次元人体モデルの自動生成や生体内外統合血流シミュレーションや可視化を実行することができる.これにより,複雑な証拠データ間の相互関係を明らかにする分析可視化が実行できるようになった.

     備考を見る

    基盤研究(A)

  • コンピュテーショナル・オプサルモロジー:AR を用いた視覚障害者の視力の適応的増強

    2017年04月
    -
    2022年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 茅暁陽, 補助金,  分担

     研究概要を見る

    本研究では,最新の拡張現実技術を駆使し,視覚障害者の社会生活の質を劇的に改善するアプローチとして「コンピュテーショナル・オプサルモロジー(計算眼科学)」と称する技術を開発する.実際に,代表的な眼科疾患である色覚異常,視野異常,両眼複視の3例をケーススタディに選び,それぞれに対し,各種のセンシングデバイスを組み合わせて実環境シーンの客観的構成や患者個人の主観的意図を捉え,疾患特有の色覚・視界特性を補整するような視覚的刺激を光学的シースルー/ビデオシースルー型ヘッドマウントディスプレイを介して呈示する方式を開発する.そして,従来の光学的器具や単純な画像変換の利用では困難であった適応的視力増強の効果が,提案技術によって達成できることを臨床的に検証する.

     備考を見る

    基盤研究(A)

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • Duality

    NAKAYAMA Masanori, FUJISHIRO Issei

    アジアデジタルモデリングコンテスト2017,東京大学駒場キャンパス, 

    2017年08月

    その他, 共同

     発表内容を見る

    人間の二面性を,頭部のボリュームデータを左右に分割し,各々3次元ボロノイ分割とドロネー三角化で表現した作品.同コンテストで最優秀賞を受賞.

  • 華の早慶戦!私学の雄がCG エンジニア検定エキスパートの舞台で激戦!~CG エンジニア教育最前線!両校40人の熱き戦い~

    CG-ARTS EDUCATION REPORT, 

    2017年05月
    -
    継続中

    その他, 共同

     発表内容を見る

    2016年11月29日(日).私学の雄,早稲田大学と慶應義塾大学が神宮球場でも,秩父宮ラグビー場でもなく2016年後期CG-ARTS検定の場で熱き戦いを繰り広げた.これまでも,毎年各校で受験していたが,奇しくも,今回は早慶理工学部3年生それぞれ40人の学生が「CGエンジニア検定エキスパート」を受験した.本レポートは,「CG-ARTS検定 華の早慶戦」と題し,担当教員の早稲田大学森島教授,慶應義塾大学藤代教授にその結果を見ながら,戦いの総括をしていただいた.

  • 5.3 主専攻指導教員から送る言葉

    藤代一成

    SUPER DOCTOR を目指した9 人の学生たち| リーディングプログラム5 年の軌跡 第3部(pp. 227-228),慶應義塾大学出版会, 

    2017年03月
    -
    継続中

    その他

  • 情報科学の名探偵! 魔法の数式 スパースモデリング

    岡田 真人

    NHK Eテレ サイエンスZERO No. 514, 

    2015年08月

    その他, 共同

     発表内容を見る

    今話題の情報処理技術・スパースモデリング.スパースとは「すかすか」,「少ない」を意味し,少ない情報から全体像を的確にあぶり出すという,まるで名探偵のような数式だ.MRIの撮影時間を3分の1に短縮し,過去の津波到達範囲の判別につながる方法を開発.さらにはブラックホールの正体にも迫ろうとしている.複雑な事がらをスパース(すかすか)にすることで本質を浮かび上がらせるという魔法の数式に迫る(番組紹介).関連する科研費新学術領域計画研究の一つとして可視化班の研究テーマが紹介された.

  • 慶應義塾大学の藤代一成教授に聞く 法科学や医療にもCGが活用される時代について

    五十嵐 悠紀

    エンジニアtype, 

    2015年05月
    -
    継続中

    その他, 単独

     発表内容を見る

    計算法科学データ可視化分析統合環境を開発する科研費基盤研究(A)の目的と計算法科学の社会的インパクトについてわかりやすく紹介した.

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 特選塾員(特第14-18号)

    藤代一成, 2015年01月, 慶應義塾

    受賞区分: 塾内表彰等,  受賞国: 日本

  • 日本工学会 フェロー

    藤代 一成, 2019年06月, 公益社団法人 日本工学会, 工学・工業の分野における極めて顕著な業績

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

  • 画像電子学会 名誉会員

    藤代一成, 2018年06月, 画像電子学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

  • 情報処理学会 2020年度フェロー

    藤代 一成, 2021年06月, 情報処理学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

     説明を見る

    可視化分野における先駆的研究および同分野における教育・普及に対する貢献

  • 画像電子学会 フェロー

    藤代一成, 2018年06月, 画像電子学会, CG・可視化分野の研究教育推進と学会貢献

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 科学的知見の創出に資する可視化—文理融合研究と新パラダイム策定—

    2020年09月

     内容を見る

    日本学術会議総合工学委員会科学的知見の創出に資する可視化分科会報告

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • ビジュアルコンピューティングⅡ

    2021年度

  • ビジュアルコンピューティングⅠB

    2021年度

  • ビジュアルコンピューティングⅠA

    2021年度

  • 情報工学輪講

    2021年度

  • 図形処理B

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 情報工学実験第1

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 実習・実験, 兼任, 3時間, 100人

    コンピュータグラフィックス,モデリング,POV-Ray

  • 情報工学実験第1

    慶應義塾, 2014年度, 春学期, 専門科目, 実習・実験, 兼任, 3時間, 100人

    コンピュータグラフィックス,モデリング,POV-Ray

  • コンピュータ可視化特論

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 45人

    可視化

  • コンピュータ可視化特論

    慶應義塾, 2014年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 45人

    可視化

  • アルゴリズム第1

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 100人

    基本データ構造,探索,整列,木,グラフ

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • ビジュアル情報処理ーCG・画像処理入門ー [改訂新版]

    2017年03月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    コンピュータグラフィックスと画像処理の入門書.奥富正敏氏(東京工業大学教授)とともに編集委員長として編纂.CGエンジニアリング検定・画像処理エンジニア検定のベーシックの教則本として,主催する公益財団法人画像情報教育振興協会から出版.日本語による同分野への入門レベルの教科書として,全国の大学・専門学校等で長年にわたり,幅広く利用されている旧版を13年ぶりに全面改訂.

  • 改訂新版 コンピュータグラフィックス

    2015年03月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    編集委員長として編纂したコンピュータグラフィックスの教科書の改訂新版.CGエンジニアリング検定エクスパートの教則本として,主催する公益財団法人画像情報教育振興協会から出版.日本語による同分野の定番テキストとして,担当する情報工学科・数理科学科対象の「コンピュータグラフィックス/図形処理」をはじめ,全国の企業・大学・専門学校等で幅広く利用されている.

  • 情報学基礎

    2013年03月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    本学理工学部が開設する必修科目「情報学基礎」のテキストとして共立出版より出版.第8章「図の作成法」を担当.2013年11月25日に第2版が出版.

  • コンピュータグラフィックス

    2004年09月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    編集委員長として編纂したコンピュータグラフィックスの教科書.CGエンジニアリング検定エクスパートの教則本として,主催する公益財団法人画像情報教育振興協会から出版.日本語による同分野の定番テキストとして,担当する情報工学科・数理科学科対象の「コンピュータグラフィックス/図形処理」をはじめ,全国の企業・大学・専門学校等で幅広く利用されている.

  • ビジュアル情報処理ーCG・画像処理入門ー

    2004年04月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    コンピュータグラフィックスと画像処理の入門書.奥富正敏氏(東京工業大学教授)とともに編集委員長として編纂.CGエンジニアリング検定・画像処理エンジニア検定のベーシックの教則本として,主催する公益財団法人画像情報教育振興協会から出版.日本語による同分野への入門レベルの教科書として,全国の大学・専門学校等で長年にわたり,幅広く利用されている.

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本学術会議総合工学員会・科学的知見の創出に資する可視化分科会・新しい可視化パラダイム策定小委員会(第24期)委員長

    2018年10月
    -
    2020年09月
  • 日本学術会議総合工学員会・科学的知見の創出に資する可視化分科会・新しい可視化パラダイム策定小委員会(第24期)委員

    2018年07月
    -
    2018年10月
  • 日本学術会議総合工学員会・科学的知見の創出に資する可視化分科会(第24期)委員

    2018年03月
    -
    2020年09月
  • 日本学術会議総合工学員会・機械工学委員会合同計算科学シミュレーションと工学設計分科会(第24期)委員

    2017年12月
    -
    2020年09月
  • 日本学術会議情報学委員会・環境知能分科会(第24期)委員

    2017年12月
    -
    2020年09月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • Computer Graphics Society, 

    1986年04月
    -
    1987年12月
  • 情報処理学会, 

    1987年06月
    -
    継続中
  • IEEE Computer Society, 

    1989年
    -
    継続中
  • 情報知識学会, 

    1990年04月
    -
    2000年03月
  • ACM, 

    1992年09月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年08月
    -
    2022年08月

    第33期会長, 可視化情報学会

  • 2022年06月

    International Program Committee member for EuroVis 2022, Eurographics

     特記事項を見る

    Rome

  • 2022年04月
    -
    2024年04月

    International Program Committee member for Pacific Visualization 2022, IEEE

     特記事項を見る

    Tsukuba

  • 2022年02月

    Co-Organizer of Shonan Meeting on Visualization for Explainable AI, National Institute of Informatics

     特記事項を見る

    Hayama,
    with Seokhee Hong and Daniel Keim

  • 2022年01月

    International Program Committee member, Fourth Leipzig Symposium on Visualization in Applications (LEVIA22)

     特記事項を見る

    Leipzig University, Germany

全件表示 >>