重野 寛 (シゲノ ヒロシ)

Shigeno, Hiroshi

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 情報工学科 (矢上)

職名

教授

HP

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • コンピュータネットワーク,モバイル・ユビキタスコンピューティングの分野で,通信のプロトコルや仕組み,アーキテクチャ,アプリケーションを研究しています.現在は,無線ネットワーク,ITSのための通信プロトコル,情報指向ネットワーキング,モバイル・エッジ・コンピューティング,ネットワークセキュリティなどの研究を進めています.

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • デジタルメディア・コンテンツ統合研究センター, 所長

  • 理工学研究科, 開放環境科学専攻, 情報工学専修

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学(理工学部情報工学科), 教授

  • 2019年04月
    -
    継続中

    内閣府, 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付, 上席科学技術政策フェロー(非常勤)

  • 1994年11月
    -
    1995年02月

    慶應義塾大学理工学部, 嘱託助手

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

    慶應義塾大学(理工学部情報工学科), 助手(有期)

  • 2000年04月
    -
    2003年03月

    慶應義塾大学(理工学部情報工学科), 専任講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年03月

    慶應義塾, 理工学部, 計測工学

    大学, 卒業

  • 1992年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 計測工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1997年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 計測工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 慶應義塾, 課程, 1997年03月

    モーバイル・コンピューティングのためのコミュニケーション・プラットフォーム

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報ネットワーク

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ネットワーク・アーキテクチャ

  • ネットワーク・プロトコル

  • モバイル・コンピューティング

  • 無線ネットワーク

  • 高度交通システム

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 情報学基礎 第2版

    重野 寛, 岡田謙一他, 共立出版, 2013年11月

  • 情報学基礎

    重野 寛, 岡田謙一他, 共立出版, 2013年03月

  • ユビキタスコンピューティング

    重野 寛, オーム社, 2009年07月

  • IPv6プロトコル徹底解説

    生田りえ子,勝本道哲,重野寛, 日経BP社, 2001年03月

  • IT TEXTシリーズ コンピュータネットワーク

    松下温,重野寛,屋代智之, オーム社, 2000年09月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A scheduling scheme for autonomous vehicle highway merging with an outflow traffic and fairness analysis

    Kunibe M., Asahina H., Shigeno H., Sasase I.

    IEEE Access (IEEE Access)  9   49219 - 49232 2021年

     概要を見る

    Recently, vehicle-to-infrastructure (V2I) communication-based scheduling schemes for connected and automated vehicles (CAVs) on highway on-ramps have received attention because the schemes assign optimal merging times to CAVs based on their criteria, such as first-in first-out order or minimizing CAV total travel time. However, these schemes cause traffic congestion due to the criteria when the vehicle inflow traffic becomes high. To mitigate traffic congestion, a scheduling scheme should assign merging times to CAVs to decrease road vehicle density. In this paper, we propose a scheduling scheme for autonomous vehicle highway merging with an outflow traffic and fairness analysis. We formulate a multiobjective function that achieves both outflow traffic maximization and fairness in assigned merging times. Since more vehicles pass a highway on-ramp as highway on-ramp outflow traffic increases, the proposed scheme decreases vehicle density on roads by maximizing the outflow traffic. Furthermore, the proposed scheme distributes the vehicle density on both the main and ramp roads by fairly assigning their merging times. Simulation results show that the proposed scheme mitigates the potential traffic congestion of previous scheduling schemes. Furthermore, the proposed scheme improves outflow traffic from highway on-ramps by more than 200 veh/h compared with the previous scheduling schemes.

  • A Scheduling Scheme for Cooperative Merging at a Highway On-Ramp with Maximizing Average Speed of Automated Vehicles

    Yoshida M., Asahina H., Shigeno H., Sasase I.

    IEEE Vehicular Technology Conference (IEEE Vehicular Technology Conference)  2020-November 2020年11月

    ISSN  9781728194844

     概要を見る

    Recently, connected and automated vehicles have potential to mitigate traffic congestion and improve traffic efficiency at a highway on-ramp. Especially, vehicle to infrastructure communication based scheduling schemes are paid attention because a central control server can assign merging timing to automated vehicles to improve traffic efficiency on whole roads. Although several schemes calculate merging timing based on their criteria, these schemes cause traffic congestion when inflow traffic becomes high. In order to solve this problem, it is necessary to schedule merging timing of vehicles such that density of vehicles decreases on whole roads. In this paper, we propose a scheduling scheme for cooperative merging at a highway on-ramp with maximizing average speed of automated vehicles. The main idea of the proposed scheme is to utilize the traffic model that density and speed of vehicles have a negative correlation. By utilizing the traffic model, the proposed scheme preferentially assigns merging timing to vehicles which are on a congested road by maximizing average speed of all vehicles on whole roads. Simulation result shows that the proposed scheme decreases density of vehicles on whole roads even if inflow traffic becomes high. Furthermore, the proposed scheme improves outflow traffic from a highway on-ramp by 400 (veh/h) at most in comparison with related schemes.

  • Dynamic Task Offload System Adapting to the State of Network Resources in Mobile Edge Computing

    Satake H., Kobayashi Y., Tani R., Shigeno H.

    2020 IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops, PerCom Workshops 2020 (2020 IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops, PerCom Workshops 2020)  2020年03月

    ISSN  9781728147161

     概要を見る

    © 2020 IEEE. In disaster situation, collecting information about victims and disaster area quickly is required. However, it is expected that the communication environment is not fully prepared because communication facilities may be damaged. Mobile Edge Computing (MEC) is attracting attention, in which servers are distributed to the vicinity of end users. Thus, dynamic task offloading adapting to changes of network resources is useful in unstable network. This paper proposes a dynamic task offload system based on the state of network. The proposed offload system consists of two mechanisms. First mechanism is Software Defined Mobile Edge Computing (SDMEC) architecture. Second mechanism is dynamic task placement based on the state of network resources. We formulated an optimization problem to minimize the total response time while application execution. In the proposed offload system, multiple tasks are placed dynamically depending on the load of servers and network resources to minimize response time of application. We implemented the prototype of the proposed offload system and evaluated its performance.

  • モバイルクラウドセンシングにおける持続的な協力のためのインセンティブメカニズム

    浅井菜々香, 五箇奏乃子, 重野寛

    情報処理学会論文誌 61 ( 2 ) 397 - 405 2020年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • A Task Placement System for Face Recognition Applications in Edge Computing

    Satake H., Tani R., Shigeno H.

    2020 IEEE 17th Annual Consumer Communications and Networking Conference, CCNC 2020 (2020 IEEE 17th Annual Consumer Communications and Networking Conference, CCNC 2020)  2020年01月

    ISSN  9781728138930

     概要を見る

    © 2020 IEEE. Mobile devices have certain restrictions such as processing power and network bandwidth. Edge computing can reduce load and delay by migrating the parts of application processing from mobile devices to edge servers. Edge computing is a method that extends cloud computing to the edge of network. Conventional schemes of face recognition based on edge computing can reduce the amount of network transmission data between the edge servers and the cloud servers by preprocessing data on the edge servers. However, the schemes execute each task on a certain resource, thus application response time may increase according to the conditions of computational resources and network. Hence, a task placement system considering the conditions of computational resources and network is necessary. This paper proposes a task placement system for face recognition applications in edge computing. The proposed system calculates estimated response time of possible task placements based on the task placement decision formula. The formula parameterizes power and CPU utilization of computational resources and delay and bandwidth of network. The task placement that minimizes estimated response time is determined. We implemented a prototype of the proposed task placement system and evaluated its performance through experiment.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • IoTサービス基盤から考えるネットワーク仮想化技術 —情報流の視点から—

    重野 寛

    電子情報通信学会2017年総合大会, 2017年03月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • Reputation Aggregation Method Considering Reliability of Newly Joining Peers in Unstructured P2P Networks

    Takashi Yajima, Hiroki Ushikubo, Hiroshi Shigeno

    International Conference on Broadband, Wireless Computing, Communication and Applications (BWCCA 2012) (Victoria, Canada) , 2012年11月, 口頭(一般)

  • Comparative Evaluation of Information Dissemination Method for Dynamic Vehicular Route Planning

    Koichiro Hara, Masaki Suzuki, Taisei Tokuda, Hiroshi Shigeno

    International Conference on ITS Telecommunications (ITST 2012) (Taipei, Taiwan) , 2012年11月, 口頭(一般)

  • P2Pライブストリーミングサービスにおける拡散率に基づくチャンク交換手法

    酒田良樹, 高山和幸, 遠藤伶, 重野寛

    第20回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (愛媛県松山市) , 2012年10月, 口頭(一般), 情報処理学会

  • A Chunk Scheduling based on Chunk Diffusion Ratio on P2P Live Streaming

    Yoshiki Sakata, Kazuyuki Takayama, Rei Endo, Hiroshi Shigeno

    International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS2012) (Melbourne, Australia) , 2012年09月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 混在交通における協調走行のための自動車通信による統合交通環境認識技術

    2020年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 重野 寛, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 自動車アドホックネットワークにおける情報指向アプローチによる分散情報共有基盤

    2016年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 重野 寛, 基盤研究(B), 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会 フェロー

    2019年06月, 情報処理学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 独立行政法人日本学術振興会「科研費」審査員表彰

    2015年10月, 独立行政法人日本学術振興会

    受賞区分: その他の賞

  • 電子情報通信学会通信ソサエティ活動功労賞

    2015年09月, 電子情報通信学会通信ソサエティ

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第24回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2016) 優秀論文賞

    小川紘基, 柳田諒, 五味和良, 重野寛, 2016年10月, 第24回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2016), インフラレスの動的走行経路案内のための双方向シミュレーションの実装と評価

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 情報処理学会 2016年度学会活動貢献賞「第78回全国大会開催への貢献」

    2017年06月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • ネットワーク工学Ⅱ

    2021年度

  • 情報工学実験第2

    2021年度

  • 情報学基礎

    2021年度

  • 開放環境科学課題研究

    2021年度

  • 開放環境科学特別研究第2

    2021年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 実環境を想定した自動走行支援通信のメッセージセット及びプロトコルに関する調査検討会 委員

    2018年10月
    -
    2019年03月
  • 公益財団法人佐藤陽国際奨学財団 選考委員

    2018年09月
    -
    2020年08月
  • 平成30年度Connected Car社会の実現に向けた既存ITS用無線システムの高度化を行うための技術的条件等に関する調査検討会

    2018年09月
    -
    2019年03月
  • Connected Car社会の実現に向けた既存ITS用無線システムを補完する新たな無線システムの技術的条件等に関する調査検討会

    2018年08月
    -
    2019年03月
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構 高度通信・研究会開発委託研究評価委員会 委員

    2018年04月
    -
    2020年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会

     
  • 電子情報通信学会

     
  • ACM

     
  • IEEE

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年06月
    -
    2019年06月

    理事, (社)情報処理学会

  • 2019年06月
    -
    2022年06月

    委員長, ITS情報通信システム推進会議 高度化専門委員会

  • 2018年04月
    -
    継続中

    主査, (社)情報処理学会 高度交通システムとスマートコミュニティ研究会

  • 2018年01月
    -
    2019年12月

    Information Services Committee, Co-Chair, IEEE ComSoc Asia Pacific Board

  • 2018年11月
    -
    2020年10月

    技術推進機構 SIPインフラ連携委員会 新技術の地域実装促進小委員会(仮称) 幹事, (社)土木学会

全件表示 >>