Nakazawa, Kazuo

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Technology, Department of System Design Engineering (Yagami)

Position

Associate Professor

External Links

Profile Summary 【 Display / hide

  • 工場などの整備された環境から我々の身の回りに進出しつつあるロボットは,環境を認識し自らの行動を創発するための機能を埋め込む必要がある.当研究室では,ロボットにそのような機能を実現するために,学習のアルゴリズム,自律分散化されたロボットやコントローラをコンピュータシミュレーションや実際に製作した実ロボットにより検証し,また世界最速レベルの組み込みコントローラを製作し,人や自然と共生するための仕組み創りを模索している.

Career 【 Display / hide

  • 1989.04
    -
    1992.03

    慶應義塾大学理工学部 ,助手

  • 1991.02
    -
    1991.03

    通産省工業技術院電子技術総合研究所知能システム部 , 流動研究員(非常勤)

  • 1992.04
    -
    Present

    慶應義塾大学理工学部 ,専任講師

  • 2000.04
    -
    Present

    Associate Professor

Academic Background 【 Display / hide

  • 1984.03

    Keio University, Faculty of Engineering, 機械工学科

    University, Graduated

  • 1986.03

    Keio University, Graduate School, Division of Engineering, 機械工学専攻

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 1989.03

    Keio University, Graduate School, Division of Science and Engineeri, 電気工学専攻

    Graduate School, Completed, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 工学 , 1989.03

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Robotics

 

Books 【 Display / hide

  • 21世紀の医学 -最先端技術と人に優しい医療-

    NAKAZAWA KAZUO, 1998.11

  • 21世紀の医学 -最先端テクノロジと人にやさしい医療

    慶應義塾大学出版会, 1998.11

  • 工学設計 -体系的アプローチ-

    NAKAZAWA KAZUO, 1995.02

Papers 【 Display / hide

  • Load distribution and skid compensation control of omni-directional vehicle with independent driving modules

    Yuji Ishi, Kazuo Nakazawa

    Mechanical Engineering Journal (JSME)  4 ( 1 ) 1 - 13 2017.01

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

     View Summary

    全方位移動車両(ODV)の走行制御を阻害することなくODVが過負荷を受けている場合にモータ負荷を分散させる手法と,タイヤが空転した際に総駆動力を一定に維持する手法を提案する.

  • 全方向移動のための分散協調制御と環境負荷分散制御

    NAKAZAWA KAZUO

    日本機械学会論文集(C編) (日本機械学会)  Vol.80 ( No.817 ) pp.1 - 19 2014

    Research paper (scientific journal), Accepted

     View Summary

    4つの走行モジュールにより全方位移動車両を提案し,移動に伴い生じる環境負荷を分散させることで更にモータ運用効率を改善する手法についての報告。

  • 遺伝的ネットワークプログラミングを用いたキャパシタ・バッテリ併用HEVの走行コスト低減

    NAKAZAWA KAZUO

    日本機械学会論文集(C編) 79 ( 803 ) 2259 - 2272 2013.07

    Research paper (scientific journal), Accepted

  • Novel Scheme of Real-Time Direction Finding and Tracking of Multiple Speakers by Robot-Embedded Microphone Array

    Daobilige Su, Masashi Sekikawa, Kazuo Nakazawa, Nozomu Hamada

    Advances in Intelligent Systems and Computing Vol.208   pp.453 - 462 2013

    Research paper (scientific journal), Accepted

     View Summary

    マイクロフォンアレイによる複数音源の検出と追跡に関する手法についての報告。

  • 走行場を学習し判断する創発型制御システムの研究

    古郡 了

    マツダ技報  2012

    Research paper (scientific journal), Single Work, Except for reviews

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Presentations 【 Display / hide

  • Novel scheme of real-time direction finding and tracking of multiple speakers by robot-embedded microphone array

    Daobilige Su

    1st International Conf. on Robot Intelligence Technology and Applications (Gwangju, Korea) , 2012.12, Oral Presentation(general)

  • 走行場の時間軸変動に対応した創発型のハイブリッド自動車制御システムの提案

    Taku YAMAZAKI

    日本機械学会 第22 回設計工学・システム部門講演会・ (広島市) , 2012.09, Oral Presentation(general)

  • Bio-inspired Vehicle Based on the Application of Timeaxis Design Theory

    Y. Ujiie (Keio Univ.), S. Takano (Keio Univ.), K. Nakazawa (Keio Univ.), Y. Matsuoka (Keio Univ.)

    第4回横幹連合コンファレンス (北陸先端科学技術大学院大学&石川ハイテク交流センター) , 2011.11, Oral Presentation(general)

  • Transition of Bipedal Robot Control Law Using Neural Network

    Yoshihiko Nara NAKAZAWA KAZUO

    Proc. of 8th France-Japan and 6th Europe-Asia Congress on Mechatronics (Yokohama) , 2010.11, Oral Presentation(general)

  • Three-Dimensional Data Construction Method of Objects using Stereo Vision Attached on Autonomous Mobile Robot

    Kazuo NAKAZAWA, Hidenori Kanbayashi

    5th World Conference on Structural Control and Monitoring (Japan) , 2010.07, Oral Presentation(general)

display all >>

Works 【 Display / hide

  • 制御実験装置の開発

    2010
    -
    2015

    Other

  • 電気自動車の設計製作

    NAKAZAWA KAZUO

    1999.09
    -
    Present

    Other

     View Details

    システム設計を演習する為の教材開発である.学生の発想を具体化するための支援を目的としたもので,電気自動車を例題とし,機構,制御用CPU,センサなどをユニット化し限られた時間で実現することを可能とした.

  • 計測制御におけるCプログラミング演習装置

    NAKAZAWA KAZUO

    1998.09
    -
    Present

    Other, Joint

     View Details

    システム制御におけるCプログラミングを体感できる演習装置を開発し,教育に実践している.

Awards 【 Display / hide

  • AMC 2014 Recognition Award

    2014

  • Mecatronics 2010 Recognition Award

    2010

  • 論文校閲感謝状

    2001.09, 日本機械学会

  • 日本ロボット学会 研究奨励賞

    中澤 和夫, 1988.05, 日本ロボット学会

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • SPECIAL LECTURE ON SPACE AND ENVIRONMENT DESIGN ENGINEERING 1

    2020

  • SEMINAR IN SYSTEM DESIGN ENGINEERING

    2020

  • MECHATRONICS

    2020

  • LABORATORIES IN SYSTEM DESIGN ENGINEERING 2)

    2020

  • INTERACTIVE ROBOTICS

    2020

display all >>

Courses Previously Taught 【 Display / hide

  • SD工学実験第2

    Keio University, 2017, Major subject, Laboratory work/practical work/exercise

  • SD工学演習

    Keio University, 2017, Autumn Semester, Laboratory work/practical work/exercise

  • プログラミング演習

    Keio University, 2017, Autumn Semester, Major subject, Seminar

  • メカトロニクス

    Keio University, 2017, Autumn Semester, Major subject, Lecture

 

Social Activities 【 Display / hide

  • INTUITIVE SURGICAL社 da Vinci

    2008.07
    -
    2012
  • 未来開拓学術研究推進事業研究評価委員会複合系評価部会

    2001.01
    -
    2001.08
  • 高齢者特性データ収集・活用のための技術開発委員会

    2000.04
    -
    2002.03
  • 内視鏡等による高度手術支援システム開発委員会(NEDOの委託)

    2000.04
    -
    2002.03
  • 知的基盤創成・利用技術研究開発・検討委員会

    2000.04
    -
    2001.03

display all >>

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 日本コンピュータ外科学会評議委員, 

    2017.01
    -
    Present
  • コンピュータ外科学会 広報委員, 

    2016.10
    -
    2018.09
  • 日本機械学会賞委員会審査委員, 

    2016.09
    -
    2017.01
  • 日本機械学会ロボティスク・メカトロニクス講演会, 

    2012.01
    -
    2012.05
  • 日本機械学会, 

    2011.04
    -
    2013.03

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2012.01
    -
    2012.05

    セッションオーガナイザー, 日本機械学会ロボティスク・メカトロニクス講演会

  • 2011.04
    -
    2013.03

    校閲委員, 日本機械学会

  • 2011.01
    -
    2013.03

    実行委員長, 日本コンピュータ外科学会第20回大会

  • 2011.01
    -
    2011.11

    第20回講演会実行委員長, 日本コンピュータ外科学会

  • 2011.01
    -
    2011.05

    セッションオーガナイザー, 日本機械学会ロボティスク・メカトロニクス講演会

display all >>