柿沼 康弘 (カキヌマ ヤスヒロ)

Kakinuma, Yasuhiro

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 システムデザイン工学科 (矢上)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

    21世紀COEプログラム 「知能化から生命化へのシステムデザイン」RA

  • 2005年04月
    -
    2008年03月

    慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科 助手(有期)

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科 専任講師

  • 2010年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科 准教授

  • 2012年09月
    -
    2013年08月

    ライプニッツ大学ハノーファー,工作機械研究所,客員教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月

    慶應義塾, 理工学部, システムデザイン工学科

    大学, 卒業

  • 2004年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 総合デザイン工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2006年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 総合デザイン工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 慶應義塾, 課程, 2006年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生産工学・加工学 (Production Engineering/Processing Studies)

  • 設計工学・機械機能要素・トライボロジー (設計工学・機械機能要素・トライポロジー)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • マイクロ・ナノ加工

  • 機械要素

  • 機能性流体・エラストマ

  • 知能化工作機械

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 状態融合外乱オブザーバを応用した軸統合型広帯域加工力推定による革新的プロセス監視, 

    2015年04月
    -
    継続中

  • マルチタレット型複合加工機による複雑形状の簡易・確実・高精度な知的加工システムの研究開発, 

    2014年10月
    -
    継続中

  • 電気粘着効果を発現する機能性表面の開発と極限環境保持機構への応用, 

    2012年
    -
    2015年

  • 周波数帯分離型位置-力ハイブリッド制御による能動安定化切削加工法の開発, 

    2012年
    -
    2014年

  • 拡張ナノ空間プロセシングよる高度光利用の創出, 

    2011年
    -
    2013年

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Basic study on electro-adhesive surface applying 3-dimensional micro structures

    Yamada Soichiro, Koike Ryo, Arano Shintaro, Kakinuma Yasuhiro, Aoyama Tojiro

    International Journal of Automation Technology 10 ( 1 ) 48 - 54 2016年

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  1881-7629

     概要を見る

    <p>Electro Adhesive Gel (EAG) has the unique characteristic of changing its surface adhesive property with the intensity of the electrical field applied. This propertymakes EAG useful in applications to fixing devices and mechanical brakes. Although its adhesion performance depends on the distribution of the electrorheological particles in the EAG, it is difficult to arrange the particle distribution uniformly in a wide area from the perspective of production process. In this study, a novel functional elastomer that has the same function as EAG is developed, Electro Adhesive Surface (EAS). In EAS, micro photolithography is used to fabricate strut pyramids distributed uniformly on a substrate, and then silicone gel is poured into the structure. When an electrical field is applied, the silicone gel rises to the tops of the pyramids formed by the struts, and adhesion occurs to an object on EAS. To determine a micro structure design for EAS, the fixing force was measured with various struts diameter and gaps. Experimental result shows that the larger struts diameter and the narrower gaps enhance the fixing force of EAS.</p>

  • Replication of skilled polishing technique with serial-parallel mechanism polishing machine

    Oba Yuta, Yamada Yuki, Igarashi Keisuke, Katsura Seiichiro, Kakinuma Yasuhiro

    Precision Engineering 2015年10月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  0141-6359

     概要を見る

    <p>Currently, viscoelastic polymers are used to coat automotive body to prevent scratches. On the other hand, the application of a polymer with high viscoelasticity makes the repair polishing process of the coated body more difficult. Hence, performing the polishing process requires the operator to be technically skilled. However, the number of workers with necessary technical skill has been decreasing because of an aging population. In addition, the surface quality and process time are dependent on the proficiency level of the worker. To automate the repair polishing process, in our past research, a serial-parallel mechanism polishing machine was developed to simultaneously control the tool trajectory, tool posture, and polishing force. The present study aims to construct a replication system of a skilled polishing technique on the basis of the above three physical parameters by applying the developed polishing machine. First, the tool trajectory, tool posture, and polishing force of a skilled worker, which reflect the polishing technique, were acquired using a high-speed camera and a dynamometer. By inputting the acquired data to the developed machine, the machine can copy the polishing technique because the tool trajectory, tool posture, and polishing force can be independently controlled. From the results of the polishing test, the surface quality after polishing was comparable to that of the skilled worker output, which satisfies the criteria of surface quality.</p>

  • Experimental study of crystal anisotropy based on ultra-precision cylindrical turning of single-crystal calcium fluoride

    柿沼 康弘

    PRECISION ENGINEERING-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL SOCIETIES FOR PRECISION ENGINEERING AND NANOTECHNOLOGY 40   172 - 181 2015年04月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  0141-6359

  • Evaluation of subsurface damage caused by ultra-precision turning in fabrication of CaF2 optical micro resonator

    柿沼 康弘

    CIRP ANNALS-MANUFACTURING TECHNOLOGY 64 ( 1 ) 117 - 120 2015年

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  0007-8506

  • Ultrasonic vibration-assisted machining of chemically strengthened glass with workpiece bending

    柿沼 康弘

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING 9 ( 2 )  2015年

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  1881-3054

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Sensor-less chatter vibration monitoring by mechanical power factor

    T. Hirano, Y. Yamada, Y. Kakinuma

    The 8th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century, 2015年10月, 口頭(一般)

  • Sensorless cutting force estimation in large scale ball-screw-driven machine tool

    Y. Yamada, Y. Kakinuma, T. Ito, J. Fujita , A. Tada, M. Sagara

    ISAAT2015, 2015年10月, 口頭(一般)

  • Identification of stable spindle rotation in milling with disturbance observer

    R. Koike, Y. Kakinuma, T. Aoyama, K. Ohnishi

    38th International MATADOR Conference, 2015年03月, 口頭(一般)

  • Helical milling of carbon fiber reinforced plastics using ultrasonic vibration and liquid nitrogen

    柿沼 康弘

    New production technologies in aerospace industry - 5th machining innovations conference (MIC 2014), Procedia CIRP, 2014年11月, 口頭(一般)

  • Tool collision detection in high-speed feeding based on disturbance observer

    柿沼 康弘

    Procedia CIRP, 2014年06月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 光学材料の超精密研削におけるクラック抑制サーボ制御手法の開発

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 柿沼 康弘, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 光共振援用による次世代光学素子の高能率超精密加工への挑戦

    2016年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 柿沼 康弘, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  代表

  • 状態融合外乱オブザーバを応用した軸統合型広帯域加工力推定による革新的プロセス監視

    2015年04月
    -
    継続中

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金, 

  • 新構造材料適用省エネ型工作機機械の研究開発

    2015年04月
    -
    2016年03月

    新エネルギー・産業技術総合開発機構, 戦略的省エネルギー技術革新プログラム(インキュベーション研究開発), 受託研究,  分担

  • マルチタレット型複合加工機(ターニング・ミーリング)による複雑形状の簡易・確実・高精度な知的加工システムの研究開発

    2014年10月
    -
    継続中

    内閣府, SIP革新的設計生産技術, 受託研究, 

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • システムデザイン工学的思考に立脚した次世代先進加工システムを目指して

    柿沼 康弘

    2011年01月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 真空下での高速基板搬送を目的とした電気粘着保持機構の開発

    柿沼 康弘

    2011年01月
    -
    継続中

    その他

  • 粘弾性材料の極低温マイクロマシニング

    柿沼 康弘

    2010年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 電気で粘着性が変化する新素材“ERゲル”とその応用デバイス

    柿沼 康弘

    2010年03月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 工作機械用リニアモータ駆動テーブルの仮想モータ制御

    柿沼 康弘

    2007年07月
    -
    継続中

    その他, 単独

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 加工力監視システム及びそれを用いた工作機械

    特願: 2009-122644  2009年05月 

    特許, 国内出願

  • マイクロ加工方法,及びそのための装置

    特願: 2008-121709  2008年05月 

    特許, 共同, 国内出願

  • 電気レオロジーゲル及びそのシート

    特願:   2004年03月 

    特開: 2005-255701   

    特許: 2004-65019 

    特許, 国内出願

  • 研磨材,研磨工具,研磨装置,研磨材の製造方法,研磨工具製造方法及び研磨方法

    特願: 2000-108581   

    特開: 2006-281424   

    特許, 国内出願

  • テーブル装置及びその制御方法

    特願: 2005-9472   

    特開: 2006-195919   

    特許, 国内出願

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 文科省若手科学者賞

    2014年04月, 文部科学省, 電気粘着エラストマの開発と精密機械の機能化に関する研究

  • 日本学術会議会長賞

    柿沼 康弘, 2012年09月, 日本学術会議, “外乱オブザーバ応用技術の開発”による

    受賞区分: その他の賞

  • 優秀論文表彰

    柿沼 康弘, 2012年05月, マザック財団, “Detection of Chatter Vibration in End Milling applying Disturbance Observer”, CIRP Annals-Manufacturing Technology, Vol. 60, No.1, (2011)109-112”

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 砥粒加工学会奨励賞

    柿沼 康弘, 2011年09月, 砥粒加工学会, センサレス力制御を応用した低弾性樹脂材の定圧研磨加工

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Best Paper Award

    柿沼 康弘, 2010年10月, The 14th International Conference on Mechatronics Technology, Hybrid Control for Machine Tool Table applying Sensor-less Cutting Force Monitoring

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • システムデザイン工学輪講

    2021年度

  • 生産システム

    2021年度

  • マニュファクチュアリングアナリシス

    2021年度

  • 理工学基礎実験

    2021年度

  • 複合領域の理工学入門

    2021年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • CIRP Research Affiliate, 

    2013年01月
    -
    継続中
  • ICPE2012 Program Committee, 

    2011年04月
    -
    2012年11月
  • 日本機械学会RC249「多軸多機能工作機械の先進化技術に関する研究分科会」, 

    2010年04月
    -
    2012年03月
  • 日本機械学会誌第88期トピックス委員会, 

    2010年04月
    -
    2012年03月
  • 日本機械学会生産加工・工作機械部門, 

    2010年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年01月
    -
    継続中

    幹事, CIRP Research Affiliate

  • 2011年04月
    -
    2012年11月

    委員, ICPE2012 Program Committee

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    研究協力委員, 日本機械学会RC249「多軸多機能工作機械の先進化技術に関する研究分科会」

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    委員, 日本機械学会誌第88期トピックス委員会

  • 2010年04月
    -
    継続中

    委員, 日本機械学会生産加工・工作機械部門

全件表示 >>