末永 聖武 (スエナガ キヨタケ)

Suenaga, Kiyotake

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 化学科 (矢上)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年03月
    -
    1996年03月

    名古屋大学理学部助手

  • 1996年04月
    -
    2001年03月

    名古屋大学大学院理学研究科助手

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    静岡県立大学薬学部助手

  • 2003年04月
    -
    2004年03月

    筑波大学化学系講師

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    筑波大学大学院数理物質科学研究科講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年03月

    名古屋大学, 理学部, 化学科

    大学, 卒業

  • 1995年02月

    名古屋大学, 理学研究科, 化学専攻

    大学院, 退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学), 名古屋大学, 論文, 1997年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 生物分子化学 (天然物化学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 全合成

  • 単離構造決定

  • 活性発現機構

  • 海洋シアノバクテリア

  • 生物活性物質

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 天然物化学II—自然からの贈り物—、科学のとびら64

    末永 聖武, 東京化学同人, 2018年

    担当範囲: ビセリングビアサイドの化学

  • 天然物化学—魅力と展望— 科学のとびら60

    末永 聖武, 東京化学同人, 2016年

    担当範囲: ラン藻類の化学

  • Marine Pharmacognosy: Trends and Applications

    Toshiaki Teruya, Osamu Ohno, Kiyotake Suenaga, CRC Press, 2012年12月

    担当範囲: Bioactive Compounds from Okinawan Marine Cyanobacteria.

  • ソレル 有機化学

    末永 聖武, 東京化学同人, 2009年12月

    担当範囲: 551-610

  • 天然物化学—海洋生物編

    末永聖武、照屋俊明, アイピーシー, 2008年

    担当範囲: サンゴの生態化学

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Total synthesis of acetylene-containing lipopeptides odookeanynes A and B

    Lo Y.H., Umeda K., Kurisawa N., Jeelani G., Nozaki T., Suenaga K.

    Tetrahedron Letters (Tetrahedron Letters)  130 2023年10月

    ISSN  00404039

     概要を見る

    The total synthesis of acetylene-containing lipopeptides odookeanynes A (1) and B (2), isolated from the marine cyanobacterium Okeania sp., has been achieved. A biological evaluation using synthetic odookeanynes revealed their potent antitrypanosomal activity. This report not only describes a synthetic pathway for structurally related compounds for SAR studies but also offers new insights into their potential as antiparasitic agents.

  • Total Synthesis of Ikoamide, a Highly N-Methylated Antimalarial Lipopeptide

    Lo Y.H., Iwasaki A., Suenaga K.

    Journal of Organic Chemistry (Journal of Organic Chemistry)  88 ( 15 ) 10565 - 10573 2023年08月

    ISSN  00223263

     概要を見る

    Ikoamide (1) is a highly N-methylated antimalarial lipopeptide that was isolated from a marine cyanobacterium, an Okeania sp. in 2018, which shows strong antimalarial activity without cytotoxicity against human cancer cell lines. To establish a synthetic method for obtaining enough ikoamide for its biological evaluations, we have established a total synthesis of ikoamide. The synthetic method presented here lays the foundation for the development of novel ikoamide analogues, which may lead to a discovery of pharmaceutically unique antimalarial drug leads.

  • Differentiation-Promoting Effects of Okeaniamides A and B from an Okeania sp. Marine Cyanobacterium on Preadipocytes

    Ozaki K., Asato Y., Natsume N., Tojo S., Sumimoto S., Iwasaki A., Suenaga K., Teruya T.

    Journal of Natural Products (Journal of Natural Products)  86 ( 6 ) 1564 - 1570 2023年06月

    ISSN  01633864

     概要を見る

    The linear lipopeptides okeaniamide A (1) and okeaniamide B (2) were isolated from an Okeania sp. marine cyanobacterium collected in Okinawa. The structures of these compounds were established by spectroscopic analyses, and the absolute configurations were elucidated based on a combination of chemical degradations, Marfey’s analysis, and derivatization reactions. Okeaniamide A (1) and okeaniamide B (2) dose-dependently promoted the differentiation of mouse 3T3-L1 preadipocytes in the presence of insulin.

  • Unique Initiation and Termination Mechanisms Involved in the Biosynthesis of a Hybrid Polyketide-Nonribosomal Peptide Lyngbyapeptin B Produced by the Marine Cyanobacterium Moorena bouillonii

    Kudo F., Chikuma T., Nambu M., Chisuga T., Sumimoto S., Iwasaki A., Suenaga K., Miyanaga A., Eguchi T.

    ACS Chemical Biology (ACS Chemical Biology)  18 ( 4 ) 875 - 883 2023年04月

    ISSN  15548929

     概要を見る

    Lyngbyapeptin B is a hybrid polyketide-nonribosomal peptide isolated from particular marine cyanobacteria. In this report, we carried out genome sequence analysis of a producer cyanobacterium Moorena bouillonii to understand the biosynthetic mechanisms that generate the unique structural features of lyngbyapeptin B, including the (E)-3-methoxy-2-butenoyl starter unit and the C-terminal thiazole moiety. We identified a putative lyngbyapeptin B biosynthetic (lynB) gene cluster comprising nine open reading frames that include two polyketide synthases (PKSs: LynB1 and LynB2), four nonribosomal peptide synthetases (NRPSs: LynB3, LynB4, LynB5, and LynB6), a putative nonheme diiron oxygenase (LynB7), a type II thioesterase (LynB8), and a hypothetical protein (LynB9). In vitro enzymatic analysis of LynB2 with methyltransferase (MT) and acyl carrier protein (ACP) domains revealed that the LynB2 MT domain (LynB2-MT) catalyzes O-methylation of the acetoacetyl-LynB2 ACP domain (LynB2-ACP) to yield (E)-3-methoxy-2-butenoyl-LynB2-ACP. In addition, in vitro enzymatic analysis of LynB7 revealed that LynB7 catalyzes the oxidative decarboxylation of (4R)-2-methyl-2-thiazoline-4-carboxylic acid to yield 2-methylthiazole in the presence of Fe2+ and molecular oxygen. This result indicates that LynB7 is responsible for the last post-NRPS modification to give the C-terminal thiazole moiety in lyngbyapeptin B biosynthesis. Overall, we identified and characterized a new marine cyanobacterial hybrid PKS-NRPS biosynthetic gene cluster for lyngbyapeptin B production, revealing two unique enzymatic logics.

  • Isolation of Hennaminal and Isolation and Total Synthesis of Hennamide, Pyrrolinone Compounds from the Marine Cyanobacterium Rivularia sp.

    Takahashi H., Iwasaki A., Ebihara A., Taguchi R., Jeelani G., Nozaki T., Suenaga K.

    Organic Letters (Organic Letters)  25 ( 14 ) 2400 - 2404 2023年04月

    ISSN  15237060

     概要を見る

    Two new natural products were isolated from the marine cyanobacterium Rivularia sp. collected in Japan. Hennaminal possesses a very rare functional group, β,β-diamino unsaturated ketone, which has only been found in bohemamine-type natural products so far. Hennamide possesses a reactive N-acyl pyrrolinone moiety, which induces self-dimerization. The isolation and structure determination supported by computational chemistry and total synthesis, as well as the antitrypanosomal activities of hennaminal and hennamide are described.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 粟国島産未記載種海洋シアノバクテリア由来Terukufazoline類の単離、構造決定、生物活性および合成研究

    田口黎武、海老原玲、恒松雄太、Ghulam Jeelani、野崎智義、末永聖武、岩崎有紘

    第65回天然有機化合物討論会 (東京大学安田講堂) , 

    2023年09月

    口頭発表(一般)

  • 粟国島産未記載種海洋シアノバクテリア由来Terukufazoline類の単離、構造決定、生物活性および合成研究

    田口黎武、海老原玲、恒松雄太、Ghulam Jeelani、野崎智義、末永聖武、岩崎有紘

    第69回トキシンシンポジウム (京都産業大学) , 

    2023年09月

    口頭発表(一般)

  • 海洋シアノバクテリア由来新規鎖状ペプチド hedoamide の構造と生物活性

    栗澤 尚瑛、岩﨑 有紘、Ghulam Jeelani、Yulia Rahmawati、野崎 智義、末永 聖武

    日本化学会第103春季年会 (東京理科大学野田キャンパス) , 

    2023年03月

    口頭発表(一般)

  • Biselyngbyaside 人工類縁体の合成研究

    先山 佳寿、岩崎 有紘、末永 聖武

    日本化学会第103春季年会 (東京理科大学野田キャンパス) , 

    2023年03月

    口頭発表(一般)

  • 海洋シアノバクテリア由来の新規配糖体マクロリドakunolide類の単離及び構造決定

    梅田 海里、岩崎 有紘、末永 聖武

    日本化学会第103春季年会 (東京理科大学野田キャンパス) , 

    2023年03月

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 海洋シアノバクテリア由来の熱帯病治療薬リード化合物の創製

    2020年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 末永 聖武, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 特異な化学構造をもつ海洋産リポペプチドの生合成機構解明に基づく人工誘導体生産

    2019年06月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 末永 聖武, 新学術領域研究(研究課題提案型), 補助金,  研究代表者

  • 特異な化学構造をもつ海洋産リポペプチドの生合成機構解明に基づく人工誘導体生産

    2017年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 末永 聖武, 新学術領域研究(研究領域提案型), 補助金,  研究代表者

  • カルシウムポンプに作用する海洋天然物を基盤とした破骨細胞分化抑制剤の創製

    2016年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 末永 聖武, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 有用海洋シアノバクテリアの培養株構築と生合成遺伝子の解析

    2016年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 末永 聖武, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会進歩賞

    末永 聖武, 2003年03月, 日本化学会, 抗腫瘍性・摂食誘引等の生物活性を有する海洋天然物の生物有機化学的研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 井上研究奨励賞

    末永 聖武, 1998年02月, 井上科学振興財団

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 生物有機化学特論

    2023年度

  • 化学輪講

    2023年度

  • 有機構造決定法

    2023年度

  • 微生物学

    2023年度

  • 自然科学実験

    2023年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会, 

    2001年04月
    -
    継続中
  • 有機合成化学協会, 

    1995年04月
    -
    継続中
  • 日本化学会, 

    1992年04月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2023年04月
    -
    継続中

    世話人, 天然有機化合物討論会

  • 2023年03月
    -
    継続中

    副会長, 私立大学環境保全協議会

  • 2015年04月
    -
    継続中

    理事, 私立大学環境保全協議会

  • 2014年04月
    -
    継続中

    企画委員, 私立大学環境保全協議会

  • 2013年01月
    -
    2013年03月

    審査員, 関東地区化学クラブ発表会

全件表示 >>