河内 卓彌 (コウチ タクヤ)

Kochi, Takuya

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 化学科 (矢上)

職名

准教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年10月
    -
    2006年03月

    東京大学大学院工学系研究科 産学官連携研究員

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

    日本学術振興会 特別研究員PD

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    慶應義塾大学理工学部化学科 助教

  • 2010年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学理工学部化学科 専任講師

  • 2017年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学理工学部化学科 准教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年03月

    東京大学, 工学部, 化学生命工学科

    大学, 卒業

  • 2000年03月

    東京大学, 工学系研究科, 化学生命工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2004年09月

    カリフォルニア大学バークレー校, 化学科

    アメリカ合衆国, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士, カリフォルニア大学バークレー校, 課程, 2004年12月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学 (Synthetic Chemistry)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 均一系触媒

  • 有機合成化学

  • 有機金属化学

  • 遷移金属錯体

  • 高分子合成

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ハートウィグ有機遷移金属化学(翻訳)

    小宮三四郎、穐田宗隆、岩澤伸治(監訳)、穐田宗隆、石井洋一、伊藤肇、岩澤伸治、上野圭司、大江浩一、河内 卓彌、小宮三四郎、近藤輝幸、中尾佳亮、西原康師、水田勉(共訳), 東京化学同人, 2015年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • Selective Monoarylation of Aromatic Ketones via C-H Bond Cleavage by Trialkylphosphine Ruthenium Catalysts

    Suzuki I., Kondo H., Kochi T., Kakiuchi F.

    Journal of Organic Chemistry (Journal of Organic Chemistry)  2019年

    ISSN  00223263

     概要を見る

    © 2019 American Chemical Society. A catalyst system consisting of RuHCl(CO)(PiPr3)2, CsF, and a styrene derivative was found to be applicable to selective monoarylation of aromatic ketones via ortho C-H bond cleavage. The reaction of 2′-methoxyacetophenone with arylboronates gave C-H arylation products without cleaving the ortho C-O bond. Acetophenone was also converted to monoarylation products with high selectivity. Cyclohexanone was found to be an effective solvent for the C-H arylation using the catalyst system.

  • Nondissociative chain walking as a strategy in catalytic organic synthesis

    Kochi T., Kanno S., Kakiuchi F.

    Tetrahedron Letters (Tetrahedron Letters)  60 ( 37 )  2019年09月

    ISSN  00404039

     概要を見る

    © 2019 Elsevier Ltd “Nondissociative” chain walking is a mechanism where an alkylmetal species undergoes rapid β-hydride elimination and reinsertion to move the metal center along the alkyl chain without dissociating an alkene intermediate during the migration process. This digest summarizes the unique characteristics of the nondissociative chain walking mechanism compared to the stepwise alkene isomerization mechanism and their use in catalytic organic synthesis.

  • Iron-Catalyzed Ortho-Selective C−H Alkylation of Aromatic Ketones with N-Alkenylindoles and Partial Indolylation via 1,4-Iron Migration

    Kimura N., Kochi T., Kakiuchi F.

    Asian Journal of Organic Chemistry (Asian Journal of Organic Chemistry)  8 ( 7 ) 1115 - 1117 2019年07月

    ISSN  21935807

     概要を見る

    © 2019 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim An ortho-selective C−H alkylation of aromatic ketones with N-alkenylindoles proceeded in the presence of just a Fe(PMe3)4 catalyst. In addition, C−H indolylation products, which are considered to be formed via 1,4-iron migration, were also observed as minor products.

  • Synthesis of N-Arylpyrazoles by Palladium-Catalyzed Coupling of Aryl Triflates with Pyrazole Derivatives

    Onodera S., Kochi T., Kakiuchi F.

    Journal of Organic Chemistry (Journal of Organic Chemistry)  84 ( 10 ) 6508 - 6515 2019年05月

    ISSN  00223263

     概要を見る

    © 2019 American Chemical Society. A method for the synthesis of N-arylpyrazoles by palladium-catalyzed coupling of aryl triflates with pyrazole derivatives is described. Using tBuBrettPhos as a ligand, the palladium-catalyzed C-N coupling of a variety of aryl triflates including ortho-substituted ones with pyrazole derivatives proceeded efficiently to give N-arylpyrazole products in high yields. 3-Trimethylsilylpyrazole was found to be an excellent pyrazole substrate for the coupling, and the corresponding product, 1-aryl-3-trimethylsilylpyrazole, also served as a great template for the syntheses of N-arylpyrazole derivatives, as demonstrated by regioselective halogenation at the 3-, 4-, and 5-positions of the pyrazole ring.

  • Metal-Catalyzed Sequential Formation of Distant Bonds in Organic Molecules: Palladium-Catalyzed Hydrosilylation/Cyclization of 1,n-Dienes by Chain Walking

    Kochi T., Ichinose K., Shigekane M., Hamasaki T., Kakiuchi F.

    Angewandte Chemie - International Edition (Angewandte Chemie - International Edition)  58 ( 16 ) 5261 - 5265 2019年04月

    ISSN  14337851

     概要を見る

    © 2019 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Sequential formation of distant bonds in organic molecules was achieved for the palladium-catalyzed hydrosilylation/cyclization of various 1,n-dienes by chain walking of the metal catalyst. The reaction was applicable to various 1,n-dienes, including a 1,13-diene, to form a cyclopentane ring as well as a carbon–silicon bond at a remote site. The use of “nondissociative” chain walking provides a fascinating strategy in organic synthesis to functionalize distant parts of organic molecules, in a particular order, within a catalytic cycle by effectively moving the reactive center from a remote position.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • チェーンウォーキング機構を基軸とした離れた位置での連続的結合形成反応の開発

    2018年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 河内 卓彌, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 精密反応場を利用したチェーンウォーキングを経る不活性炭素-水素結合の不斉官能基化

    2018年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 河内 卓彌, 新学術領域研究(研究領域提案型), 補助金,  研究代表者

  • チェーンウォーキングを活用したプロキラルなメチレンの不斉官能基化

    2016年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 河内 卓彌, 新学術領域研究(研究領域提案型), 補助金,  研究代表者

  • チェーンウォーキングを活用するための遷移状態制御による触媒設計に関する研究

    2015年07月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 河内 卓彌, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度有機合成化学奨励賞

    河内 卓彌, 2016年02月, 公益社団法人 有機合成化学協会, 革新的な物質活性化法を駆使した新しい触媒的分子変換法の開発

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Thieme Chemistry Journals Award 2015

    Takuya Kochi, 2015年01月, Georg Thieme Verlag

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞,  受賞国: ドイツ連邦共和国

  • Banyu Chemist Award 2014

    河内 卓彌, 2014年12月, 公益財団法人 万有生命科学振興国際交流財団, 新規物質活性化法を駆使した革新的な触媒的官能基変換法の開発

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 第1回新化学技術研究奨励賞

    河内 卓彌, 2012年05月, 公益社団法人 新化学技術推進協会, 元素資源代替としての電気を利用した革新的触媒プロセスの開発

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    河内 卓彌, 2012年04月, 遷移金属触媒を用いた革新的な極性官能基導入法の研究

    受賞区分: その他

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 有機金属化学特論第2

    2022年度

  • 化学輪講

    2022年度

  • 有機合成化学研究法

    2022年度

  • 理工学基礎実験

    2022年度

  • 化学実験第2

    2022年度

全件表示 >>